ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

スペースX

索引 スペースX

ペース・エクスプロレーション・テクノロジーズ()、通称スペースX(SpaceX)は、ロケット・宇宙船の開発・打ち上げといった宇宙輸送(商業軌道輸送サービス)を業務とする、アメリカ合衆国の企業。2002年に決済サービスベンチャー企業PayPalの創設者、イーロン・マスクにより設立された。.

55 関係: 宇宙船射場企業低軌道マーリン (ロケットエンジン)マイナビメートルユナイテッド・ローンチ・アライアンスラプター (ロケットエンジン)ロナルド・レーガン弾道ミサイル防衛試験場ロケットロケットエンジントンファルコン1ファルコン9ファルコン9フル・スラストファルコンヘビードラコ (ロケットエンジン)ドラゴン (宇宙船)ニュートンホーソーン (カリフォルニア州)アメリカ合衆国アメリカ合衆国ドルインタープラネタリー・トランスポート・システムイーロン・マスクカリフォルニア州キログラムクェゼリン環礁グラスホッパー (ロケット)ケネディ宇宙センターケネディ宇宙センター第39発射施設ケープカナベラル空軍基地ケープカナベラル空軍基地第40発射施設ケストレル (ロケットエンジン)商業乗員輸送開発商業軌道輸送サービス国際宇宙ステーション火星の植民火星探査静止トランスファ軌道軍事衛星ITmediaPayPal民間宇宙飛行最高経営責任者最高技術責任者2000年代2002年2006年2010年...2012年2015年2016年2017年2020年代 インデックスを展開 (5 もっと) »

宇宙船

ェミニ 6号 スペースシャトルのオービタ(チャレンジャー、1983年) 宇宙船(うちゅうせん、)は、宇宙機のなかで、とくに人の乗ることを想定しているものを言う。有人宇宙機とも。.

新しい!!: スペースXと宇宙船 · 続きを見る »

射場

内之浦宇宙空間観測所。安全性を考慮して海岸沿いに建設されている。また傾斜発射する理由はロケットを早く海上に出して、万一事故が発生した場合の被害を少なくするためである。 ケネディ宇宙センター。 バイコヌール宇宙基地から打ち上げられたソユーズTMA-5(2004年10月14日) 射場(しゃじょう、launch site)とは、ロケット等を打ち上げる施設のこと。発射場とも呼ばれる。宇宙へ向けて人工衛星を打ち上げるローンチ・ヴィークルの射場については宇宙船基地などと呼ぶこともある。通常はNASAなどの宇宙開発機関が管理する。空軍の基地と人工衛星の射場が共用されていることもある。 静止衛星の射場は、地球の自転を利用してロケット燃料をなるべく使わずに軌道速度を得るため、赤道に近い場所にあることが多い。.

新しい!!: スペースXと射場 · 続きを見る »

企業

企業(きぎょう、business)とは、営利を目的として一定の計画に従って経済活動を行う経済主体(経済単位)である。社会的企業を区別するために営利企業とも言う。家計・政府と並ぶ経済主体の一つ。国(中央政府)や地方公共団体が保有する企業を公企業(こうきぎょう)、そうでない企業を私企業(しきぎょう)という。通常は企業といえば私企業を指す。日常用語としての「企業」は多くの場合、会社と同義だが、個人商店も企業に含まれるので、企業のほうが広い概念である。 広義の企業は、営利目的に限らず、一定の計画に従い継続的意図を持って経済活動を行う独立の経済主体(経済単位)を指す。.

新しい!!: スペースXと企業 · 続きを見る »

低軌道

低軌道 (ていきどう、英語: low orbit) は、人工衛星などの物体のとる衛星軌道のうち、中軌道よりも高度が低いもの。 地球を回る低軌道を地球低軌道 (low Earth orbit、LEO) と言う。LEOは、地球表面からの高度2,000km以下を差し、これに対し、中軌道(MEO)は2,000 kmから36,000 km未満、静止軌道(GEO)は36 000 km前後である。地球低軌道衛星は、約27400 km/h(約8 km/s)で飛行し、1回の周回に約1.5時間を要する(高度約350 kmの例)。 大気のある天体では、低軌道より低い軌道は安定せず、大気の抵抗で急激に高度を下げ、やがては大気中で燃え尽きてしまう。 低軌道は、地球に接近しているという点で、次のような利点がある。.

新しい!!: スペースXと低軌道 · 続きを見る »

マーリン (ロケットエンジン)

マーリン (Merlin) とは、ファルコン1・ファルコン9・ファルコンヘビーロケットで使用するためにスペースX社が開発を行っているロケットエンジンである。推進剤としてケロシン系の燃料であるRP-1と液体酸素を利用し、ガス発生器サイクルで燃焼させる。海上からの回収と再利用も可能なように設計されている。 推進剤は、2つのターボポンプによって単一のシャフトを通じ送り込まれる。ターボポンプは高圧のケロシンを油圧アクチュエーターにも供給し、独立した油圧系統を不要なものとしている。また、ロール制御のためにタービン排気口のノズルを回転させる動力にもターボポンプが利用される。.

新しい!!: スペースXとマーリン (ロケットエンジン) · 続きを見る »

マイナビ

株式会社マイナビ(Mynavi Corporation)は、就職・転職・進学情報の提供や人材派遣・人材紹介などを主業務とする日本の大手人材広告企業である。また、同名のブランドで人材情報サービスのポータルサイトを運営している。 1973年に株式会社毎日コミュニケーションズ(まいにちコミュニケーションズ、Mainichi Communications Inc.)として創業。2011年10月1日より現在の社名となった。.

新しい!!: スペースXとマイナビ · 続きを見る »

メートル

メートル(mètre、metre念のためであるが、ここでの「英」は英語(English language)による綴りを表しており、英国における綴りという意味ではない。詳細は「英語表記」の項及びノートの「英語での綴り」を参照。、記号: m)は、国際単位系 (SI) およびMKS単位系における長さの物理単位である。他の量とは関係せず完全に独立して与えられる7つのSI基本単位の一つである。なお、CGS単位系ではセンチメートル (cm) が基本単位となる。 元々は、地球の赤道と北極点の間の海抜ゼロにおける子午線弧長を 倍した長さを意図し、計量学の技術発展を反映して何度か更新された。1983年(昭和58年)に基準が見直され、現在は1秒の 分の1の時間に光が真空中を伝わる距離として定義されている。.

新しい!!: スペースXとメートル · 続きを見る »

ユナイテッド・ローンチ・アライアンス

ユナイテッド・ローンチ・アライアンス()は、ロッキード・マーティン社とボーイング社の合弁事業である。2006年12月に両社の衛星打上げ部門同士が合体し設立され、アメリカ合衆国連邦政府向けに打上げサービスを提供している。政府内の顧客には、アメリカ国防総省やアメリカ航空宇宙局等も含まれる。 ULAは、使い捨て型ロケットのデルタII、デルタIV、アトラスV等を用いて打上げを行っている。アトラスシリーズとデルタシリーズは50年以上に渡って気象衛星、通信衛星、偵察衛星等を含む様々なペイロードの運搬の他、深宇宙探査や惑星間探査等の科学研究に用いられた。また、非政府組織用の打上げサービスも提供している。なお、ロッキード・マーティン社、ボーイング社は、それぞれアトラス、デルタの商業化権を保持している。 ULAの本部はコロラド州センテニアルにあり、運用、技術開発、試験、ミッション支援等が行われている。製造、組立てはアラバマ州ディケーター、テキサス州ハーリンジェンで行われる。また打上げはフロリダ州のケープカナベラル空軍基地やカリフォルニア州のヴァンデンバーグ空軍基地で行われる。.

新しい!!: スペースXとユナイテッド・ローンチ・アライアンス · 続きを見る »

ラプター (ロケットエンジン)

ラプター は、アメリカ合衆国の宇宙企業スペースXが開発中の液体メタン/LOXの液体燃料ロケットエンジンである。創業者でCEOのイーロン・マスクによって火星へ物資を送るための打ち上げ機インタープラネタリー・トランスポート・システム (ITS) に搭載する事を目的として開発されている。.

新しい!!: スペースXとラプター (ロケットエンジン) · 続きを見る »

ロナルド・レーガン弾道ミサイル防衛試験場

ピースキーパー弾道ミサイル実験で大気圏再突入し落下する再突入体(MIRV) ロナルド・レーガン弾道ミサイル防衛試験場(Ronald Reagan Ballistic Missile Defense Test Site)は、太平洋のマーシャル諸島に存在するミサイル試射場。レーガン試験場やクェゼリン射場としても知られる。1,900,000 km2の範囲とクェゼリン環礁、ウェーク島、オール環礁のロケット射場が含まれる。主にアメリカのミサイル防衛と宇宙開発の研究施設として使われている。レーガン試験場は米軍クェゼリン環礁隊(USAKA)の指令下にある。.

新しい!!: スペースXとロナルド・レーガン弾道ミサイル防衛試験場 · 続きを見る »

ロケット

ット(rocket)は、自らの質量の一部を後方に射出し、その反作用で進む力(推力)を得る装置(ロケットエンジン)、もしくはその推力を利用して移動する装置である。外気から酸化剤を取り込む物(ジェットエンジン)は除く。 狭義にはロケットエンジン自体をいうが、先端部に人工衛星や宇宙探査機などのペイロードを搭載して宇宙空間の特定の軌道に投入させる手段として使われる、ロケットエンジンを推進力とするローンチ・ヴィークル(打ち上げ機)全体をロケットということも多い。 また、ロケットの先端部に核弾頭や爆発物などの軍事用のペイロードを搭載して標的や目的地に着弾させる場合にはミサイルとして区別され、弾道飛行をして目的地に着弾させるものを特に弾道ミサイルとして区別している。なお、北朝鮮による人工衛星の打ち上げは国際社会から事実上の弾道ミサイル発射実験と見なされており国際連合安全保障理事会決議1718と1874と2087でも禁止されているため、特に日本国内においては人工衛星打ち上げであってもロケットではなくミサイルと報道されている。 なお、推力を得るために射出される質量(推進剤、プロペラント)が何か、それらを動かすエネルギーは何から得るかにより、ロケットは様々な方式に分類されるが、ここでは最も一般的に使われている化学ロケット(化学燃料ロケット)を中心に述べる。 ロケットの語源は、1379年にイタリアの芸術家兼技術者であるムラトーリが西欧で初めて火薬推進式のロケットを作り、それを形状にちなんで『ロッケッタ』と名づけたことによる。.

新しい!!: スペースXとロケット · 続きを見る »

ロケットエンジン

ットエンジンとは推進剤を噴射する事によってその反動で推力を得るエンジンである。ニュートンの第3法則に基づく。 同義語としてロケットモータがある。こちらは固体燃料ロケットエンジンの場合に用いられるのが一般的である。.

新しい!!: スペースXとロケットエンジン · 続きを見る »

トン

トン(tonne, ton, 記号: t)は、質量の単位である。SI(国際単位系)ではなく、分・時・日、度・分・秒、ヘクタール、リットル、天文単位とともに「SI単位と併用される非SI単位」である(SI併用単位#表6 SI単位と併用される非SI単位)。 そのほか、質量以外の各種の物理量に対して使われるトンもある。.

新しい!!: スペースXとトン · 続きを見る »

ファルコン1

ファルコン1 (Falcon 1) はアメリカ合衆国の企業スペースX社により開発された2段式の商業用打ち上げロケット。.

新しい!!: スペースXとファルコン1 · 続きを見る »

ファルコン9

ファルコン9()はアメリカ合衆国の民間企業スペースX社により開発され、打ち上げられている2段式の商業用打ち上げロケット。低周回軌道に22,800 kgの打ち上げ能力を持つ中型クラスのロケット。 2010年6月4日に初打ち上げが行われて成功した。 徹底した低コスト化が図られたロケットであり、打ち上げ価格は6,200万ドル(約66億円)と100億円を超える同規模同世代のロケットと比較して遥かに安価で、商業衛星市場において大きなシェアを獲得している。 その大きなシャアを示すように、2017年には年間18回の打ち上げに成功しており、ファルコン9だけで中国(18回)やロシア(21回)等の一国の打ち上げ規模に匹敵する。 さらに、2018年には年間30回程度打ち上げることを目指すとイーロン・マスク氏(CEO)とグウィン・ショットウェル氏(COO)は述べている。 ファルコン9ロケットの名前は、スターウオーズのミレニアム・ファルコン号に由来しており、ファルコンロケットシリーズの後ろにつく1と9の数字は1段エンジンの数を表す。.

新しい!!: スペースXとファルコン9 · 続きを見る »

ファルコン9フル・スラスト

ファルコン9フル・スラスト(Falcon 9 Full ThrustまたはFalcon 9 v1.2)はスペースXが設計、製造し、部分的に再利用が可能な中量型打ち上げロケット。ファルコン9系統の3形式目であり、軌道到達するロケットとして初めて第1段ロケットの垂直着陸を達成した。2017年3月には、一度利用された後の第1段ロケットが他の軌道投入の打ち上げに再利用された。 設計は2014年から2015年にかけて行われ、ファルコン9 1.1型の実質的な改良型であり、技術的改良のために行われた2011年から2015年にかけての広範な技術開発計画に基づいて開発された。第1・2段エンジンの改良、大型化された第2段燃料タンク、燃料となる推進薬の高密度化などによって静止軌道に積荷を運び、ロケット噴射による垂直着陸で第1段ロケットを回収を行うことができる。 2015年12月に初打ち上げが行われ、ファルコン9フル・スラスト (FT) は衛星の投入に成功し、軌道の飛行経路から第1段の垂直着陸と回収に成功した最初のロケットとなった。2017年から2019年の間で50回以上の打ち上げが計画されている。.

新しい!!: スペースXとファルコン9フル・スラスト · 続きを見る »

ファルコンヘビー

ファルコンヘビー は、アメリカのスペースX社が開発した宇宙飛行用の大型ロケット(打ち上げ機)である。ファルコン9ロケットの発展型であり、以前は「ファルコン9ヘビー」とも呼ばれていた。二段式ロケットの構造をもち、一段目・二段目ともに推進剤にLOX/RP-1の組み合わせを使っている。2018年2月6日に初めて打ち上げられた。 ファルコンヘビーの打ち上げ能力はアポロ計画で使われたサターンVロケットの半分弱にも匹敵するもので、そのペイロードは低軌道に 、静止トランスファ軌道に 、火星軌道に にも上る。その積載能力から超大型重量貨物打ち上げ機 に分類されている。.

新しい!!: スペースXとファルコンヘビー · 続きを見る »

ドラコ (ロケットエンジン)

ドラコ は、スペースXで開発されたドラゴン宇宙船 とファルコン9の上段にスラスタとして使用される小型のロケットエンジンである。.

新しい!!: スペースXとドラコ (ロケットエンジン) · 続きを見る »

ドラゴン (宇宙船)

ドラゴン()は、ファルコン9ロケットによって打ち上げられる宇宙船である。この宇宙船は、アメリカ航空宇宙局 (NASA) の商業軌道輸送サービス (COTS) の契約に則り、スペースX社が開発しているもので、国際宇宙ステーション (ISS) への物資補給を目的としている。2010年12月に初の試験飛行を行い、軌道を2周したのち帰還し、商業的に開発され運用された民間宇宙機としては史上初となる回収に成功した。2012年5月には、同様に民間機としては史上初となるISSへのドッキングにも成功している。 ドラゴンの耐熱シールドは、月と火星からの帰還時の大気圏再突入速度にも耐えられるよう設計されている。開発費はNASAの商業軌道輸送サービス計画の予算の一部から拠出されている。 ドラゴンの名前は、ピーター・ポール&マリーの楽曲"Puff The Magic Dragon"(日本では「パフ」のタイトルで童謡として知られており、同曲を元にした絵本「魔法のドラゴン パフ」も出版されている)に由来している。イーロン・マスクが2002年にスペースX社を設立した際、多くの批評家はこの宇宙船の構想を実現不能なアイディアだと考えていた。そこでイーロンは、このフィクションに出てくるドラゴンを宇宙船の名前に付けたと語っている。.

新しい!!: スペースXとドラゴン (宇宙船) · 続きを見る »

ニュートン

ニュートン(newton、記号: N)は、 国際単位系 (SI)における力の単位。1ニュートンは、1kgの質量を持つ物体に1m/s2の加速度を生じさせる力。名称は古典力学で有名なイギリスの物理学者アイザック・ニュートンにちなむものである。.

新しい!!: スペースXとニュートン · 続きを見る »

ホーソーン (カリフォルニア州)

ホーソーンまたはホーソン(Hawthorne)はアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス郡南西部の都市。2010年国勢調査での人口は84,293人で、2000年の84,112人より増加した。.

新しい!!: スペースXとホーソーン (カリフォルニア州) · 続きを見る »

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国(アメリカがっしゅうこく、)、通称アメリカ、米国(べいこく)は、50の州および連邦区から成る連邦共和国である。アメリカ本土の48州およびワシントンD.C.は、カナダとメキシコの間の北アメリカ中央に位置する。アラスカ州は北アメリカ北西部の角に位置し、東ではカナダと、西ではベーリング海峡をはさんでロシアと国境を接している。ハワイ州は中部太平洋における島嶼群である。同国は、太平洋およびカリブに5つの有人の海外領土および9つの無人の海外領土を有する。985万平方キロメートル (km2) の総面積は世界第3位または第4位、3億1千7百万人の人口は世界第3位である。同国は世界で最も民族的に多様かつ多文化な国の1つであり、これは多くの国からの大規模な移住の産物とされているAdams, J.Q.;Strother-Adams, Pearlie (2001).

新しい!!: スペースXとアメリカ合衆国 · 続きを見る »

アメリカ合衆国ドル

アメリカ合衆国ドル(アメリカがっしゅうこくドル、United States Dollar)は、アメリカ合衆国の公式通貨である。通称としてUSドル、米ドル、アメリカ・ドルなどが使われる。アメリカ以外のいくつかの国や地域で公式の通貨として採用されているほか、その信頼性から、国際決済通貨や基軸通貨として、世界で最も多く利用されている通貨である。 通貨単位の呼称としての「ドル」は、カナダドル、香港ドル、シンガポールドル、オーストラリア・ドル、ニュージーランド・ドル、ジンバブエ・ドルなどようにいくつかの国や地域で用いられている呼称であるが、単に「ドル」と言った場合は『アメリカ合衆国ドル』を指す。.

新しい!!: スペースXとアメリカ合衆国ドル · 続きを見る »

インタープラネタリー・トランスポート・システム

インタープラネタリー・トランスポート・システム(、惑星間輸送システム)は、アメリカ合衆国の宇宙企業スペースXが民間資本により開発している、再使用型のロケットエンジン、打ち上げ機、それに宇宙船からなる宇宙飛行システム。火星への有人飛行を想定したシステムであり、当初はマーズ・コロニアル・トランスポーター(、火星植民輸送船)の名で呼ばれていた。 スペースXによるITS用大型ロケットエンジンラプターの開発開始は、2014年以前に遡る。同社は2016年6月にITSの構想を始めて公式にアナウンスし、ITSの最初の無人火星飛行を2022年に、次いで有人火星飛行を2024年に計画していることを示した スペースXのCEOイーロン・マスクは、ITSの詳細を2016年9月の第67回国際宇宙会議にて初めて明らかにした。この時発表された計画では打ち上げ機と宇宙船は合わせて全長122 mにも達する巨大なものであったが、翌2017年の第68回国際宇宙会議ではやや縮小され、BFRと呼ばれる現行の直径9 m、全長106 mでラプターエンジンを打ち上げ機に31基、宇宙船に6基搭載するものとなった。.

新しい!!: スペースXとインタープラネタリー・トランスポート・システム · 続きを見る »

イーロン・マスク

イーロン・マスク(Elon Musk, 1971年6月28日 - )は、南アフリカ共和国・プレトリア出身のアメリカの実業家、投資家、エンジニアである。スペースX社の共同設立者およびCEO、テスラの共同設立者およびCEO、テスラの子会社であるソーラーシティの会長を務める。2016年12月、フォーブスの世界で最も影響力のある人物ランキング21位に選出された。 PayPal社の前身であるX.com社を1999年に設立した人物でもある。.

新しい!!: スペースXとイーロン・マスク · 続きを見る »

カリフォルニア州

リフォルニア州(State of California、Estado de California、中:加利福尼亚州、加州)は、アメリカ合衆国西部、太平洋岸の州。アメリカ西海岸の大部分を占める。州都は、サクラメントである。.

新しい!!: スペースXとカリフォルニア州 · 続きを見る »

キログラム

ラム(kilogram, kilogramme, 記号: kg)は、国際単位系 (SI) における質量の基本単位である。国際キログラムともいう。 グラム (gram / gramme) はキログラムの1000分の1と定義される。またメートル系トン (tonne) はキログラムの1000倍(1メガグラム)に等しいと定義される。 単位の「k」は小文字で書く。大文字で「Kg」と表記してはならない。.

新しい!!: スペースXとキログラム · 続きを見る »

クェゼリン環礁

ピースキーパー弾道ミサイル実験で落下する疑似核弾頭 クェゼリン環礁(クェゼリンかんしょう、 )とはマーシャル諸島、ラリック列島にある環礁。クワジェリン、クワジャリンとも呼ばれる。.

新しい!!: スペースXとクェゼリン環礁 · 続きを見る »

グラスホッパー (ロケット)

ラスホッパー(Grasshopper)とは、アメリカのスペースX社が開発した試験用のロケットである。再利用型ファルコン9ロケット (F9R) の参考にする目的で開発されたもので、4本の脚を備え垂直離着陸が可能であった。実験機として開発されたため衛星の打ち上げ能力は持たなかった。2012年9月に初飛行に成功し、2013年10月に最後の飛行試験を行った。 2014年4月からは後継機となるF9R-Dev (Falcon 9 Reusable Development Vehicle) を使って、F9R (Falcon 9 Reusable) 開発のためのより本格的な飛行試験へ移行した。本項ではF9R-Devについても記述する。.

新しい!!: スペースXとグラスホッパー (ロケット) · 続きを見る »

ケネディ宇宙センター

ョン・F・ケネディ宇宙センター(ジョン・F・ケネディうちゅうセンター、John F. Kennedy Space Center, KSC)は、アメリカ合衆国フロリダ州ブレバード郡メリット島にある、アメリカ航空宇宙局 (NASA) のフィールドセンターの一つで、有人宇宙船発射場、打ち上げ管制施設及びペイロード整備系から構成される中核的研究拠点。フロリダ州の東海岸に位置しており、ケープカナベラル空軍基地 (CCAFS) の隣にある。.

新しい!!: スペースXとケネディ宇宙センター · 続きを見る »

ケネディ宇宙センター第39発射施設

ネディ宇宙センター第39発射施設(ケネディうちゅうセンターだい39はっしゃしせつ、Launch Complex 39、略称: LC-39)は、アメリカ合衆国フロリダ州メリット島にあるケネディ宇宙センター内のロケット発射場である。発射場および施設群は元々アポロ計画のために建設され、後にスペースシャトル計画のために改修された。2017年現在、運用中なのは39A発射台 (LC-39A) のみで、スペースX社のファルコン9とファルコンヘビーの打ち上げに使用されている。39B発射台 (LC-39B) はNASAのスペース・ローンチ・システム (SLS) の打ち上げに向けて改修中である。新しく、小さな39C発射台 (LC-39C) は2015年に完成し、小規模な打ち上げに対応するが、まだ使用されていない。 LC-39は、39A、39B、39Cの3基の発射台、およびビークル組立棟 (VAB)、VABと発射台との間でクローラー・トランスポーターがを輸送するために敷かれた運搬路である、オービタ整備施設 (OPF)、制御室 (the firing rooms) が入る、テレビ中継や写真撮影で象徴的に映されるカウントダウン時計で有名なに加え、さまざまな補給拠点や運用支援施設から構成されている。 スペースX社は39A発射台をNASAからリースして改修を施し、2017年以降のファルコン9の打ち上げに対応している。NASAはコンステレーション計画のために2007年から39B発射台の改修を開始していたが、2010年に同計画が中止となったため、現在は2019年12月に最初の打ち上げが予定されているスペース・ローンチ・システム (SLS) での運用に向けて準備中である。C発射台は元々アポロ計画のために建設する計画が挙がっていたが、実現することはなく、(もし建設されていたとしても)39Aと39Bの発射台の複製になっていたであろうとされる。その後、軽量級のロケットの打ち上げに対応できる、より小さな発射台となる39C発射台が2015年1月から6月までの期間に建設された。 NASAによるLC-39AおよびLC-39Bからの打ち上げは、発射台から約離れた場所に位置する打ち上げ管制センター (LCC) から管制が行われてきた。LC-39は、東部射場のレーダー管制および追尾業務を共に担う、数ある発射場のうちの一つである。.

新しい!!: スペースXとケネディ宇宙センター第39発射施設 · 続きを見る »

ケープカナベラル空軍基地

ープカナベラル空軍基地 (Cape Canaveral Air Force Station, CCAFS) は、アメリカ合衆国フロリダ州ケープカナベラルのメリット島にあるアメリカ空軍施設で、アメリカ国防総省の宇宙ロケット打ち上げ基地である。 通常の空軍基地 (Air Force Base) とは異なるため、ケープカナベラル空軍ステーションとも訳される。Cape Canaveral Air Station (CCAS) とも呼ぶ。 併設されているケネディ宇宙センター (KSC) と共に、アメリカ東部宇宙ミサイルセンターを成す。ケネディ宇宙センターが有人ロケット(スペースシャトル)の打ち上げを担当するのに対し、ケープカナベラル空軍基地はアトラスやタイタン、デルタなど主に無人ロケットの打ち上げを担当している。 近隣のパトリック空軍基地に司令部を持つ、空軍宇宙軍団第45宇宙航空団 (45th Space Wing) により運用されている。.

新しい!!: スペースXとケープカナベラル空軍基地 · 続きを見る »

ケープカナベラル空軍基地第40発射施設

ープカナベラル空軍基地第40発射施設 (Cape Canaveral Air Force Station Space Launch Complex 40, SLC-40) は、フロリダ州のケープカナベラル空軍基地北端にある発射台である。1965年から2005年まで、アメリカ空軍がタイタンIIIとタイタンIVの打上げに用いた。 2007年4月25日、アメリカ空軍はファルコン9を打ち上げるスペースXにSLC-40を貸与した。.

新しい!!: スペースXとケープカナベラル空軍基地第40発射施設 · 続きを見る »

ケストレル (ロケットエンジン)

試験中のケストレル ケストレル (Kestrel) とは、アメリカの民間企業スペースX社が開発したロケットエンジンである。推進剤としてはケロシンのRP-1と液体酸素の組み合わせを使用し、ファルコン1ロケットの上段用エンジンとして使用されていた。.

新しい!!: スペースXとケストレル (ロケットエンジン) · 続きを見る »

商業乗員輸送開発

商業乗員輸送開発(しょうぎょうじょういんゆそうかいはつ、)は、アメリカ航空宇宙局 (NASA) が進める政府の資金供給で民間企業の主導によって開発された、宇宙船で乗員を国際宇宙ステーション (ISS) へ送るための宇宙技術開発計画である。 複数のマイルストーンが設定されており、一定の条件を満たさない企業は落とされ、最終的にCST-100とドラゴンV2が選定された。.

新しい!!: スペースXと商業乗員輸送開発 · 続きを見る »

商業軌道輸送サービス

ドラゴン宇宙船 商業軌道輸送サービス(しょうぎょうきどうゆそうサービス、)は、NASAが計画し調整を行なっている国際宇宙ステーション (ISS) への民間企業による輸送サービス計画である。この計画は2006年1月18日に発表された。 NASAは『少なくとも2015年までには国際宇宙ステーションへの商業輸送が必要になるだろう』と提案した。 COTSは商業補給サービス (Commercial Resupply Services, CRS) 計画とは区別しなければならない。COTSは補給機の開発に関わるものであり、CRSは実際の運搬を行うサービスになる。COTSはマイルストーンの進捗に応じてNASAからの支払いが行われるもので、将来的な輸送契約を約束するものではない。一方、CRSは義務的な契約となるため、契約者は計画の失敗時には責任を有することになる。関連する計画に商業乗員輸送開発 があり、こちらは国際宇宙ステーションのクルーの交代サービスを行うための商業有人宇宙機だけの開発を目指す。COTS、CRS、CCDevの3つのプログラムは、NASAのCommercial Crew and Cargo Program Office (C3PO) が管理している。.

新しい!!: スペースXと商業軌道輸送サービス · 続きを見る »

国際宇宙ステーション

CGによる完成予想図。 国際宇宙ステーション(こくさいうちゅうステーション、International Space Station、略称:ISS、Station spatiale internationale、略称:SSI、Междунаро́дная косми́ческая ста́нция、略称:МКС)は、アメリカ合衆国、ロシア、日本、カナダ及び欧州宇宙機関 (ESA) が協力して運用している宇宙ステーションである。地球及び宇宙の観測、宇宙環境を利用した様々な研究や実験を行うための巨大な有人施設である。地上から約400km上空の熱圏を秒速約7.7km(時速約27,700km)で地球の赤道に対して51.6度の角度で飛行し、地球を約90分で1周、1日で約16周する。なお、施設内の時刻は、協定世界時に合わせている。 1999年から軌道上での組立が開始され、2011年7月に完成した。当初の運用期間は2016年までの予定であったが、アメリカ、ロシア、カナダ、日本は少なくとも2024年までは運用を継続する方針を発表もしくは決定している。運用終了までに要する費用は1540億USドルと見積もられている(詳細は費用を参照)。.

新しい!!: スペースXと国際宇宙ステーション · 続きを見る »

火星の植民

火星の植民(かせいのしょくみん)とは、宇宙移民構想の1つであり、ヒトが火星へと移住し、火星の環境の中で生活基盤を形成することである。かねてより火星への植民が可能かどうかは、デタラメな憶測からまじめな研究まで、多くの話題を集めてきた。.

新しい!!: スペースXと火星の植民 · 続きを見る »

火星探査

火星探査(かせいたんさ)とは、太陽系第4惑星である火星へと何らかの探査装置を送り込み、惑星の大地や大気、その他の情報を収集することである。.

新しい!!: スペースXと火星探査 · 続きを見る »

静止トランスファ軌道

静止遷移軌道、静止トランスファ軌道(せいしせんいきどう、せいしトランスファきどう、geostationary transfer orbit, GTO)とは、人工衛星を静止軌道にのせる前に、一時的に投入される軌道で、よく利用されるのは、遠地点が静止軌道の高度、近地点が低高度の楕円軌道である。.

新しい!!: スペースXと静止トランスファ軌道 · 続きを見る »

軍事衛星

軍事衛星(ぐんじえいせい、military satellite)とは、軍事目的に使用される人工衛星で主に無人のものを指す。.

新しい!!: スペースXと軍事衛星 · 続きを見る »

ITmedia

ITmedia(アイティメディア)は、ソフトバンクグループ傘下のアイティメディア株式会社(英文名称:ITmedia Inc.)が運営するIT系ニュースサイトである。ソフトバンクグループ子会社で出版・ブロードバンドコンテンツ等のメディアやマーケティング事業を統括する純粋持株会社「SBメディアホールディングス株式会社」の傘下にある。.

新しい!!: スペースXとITmedia · 続きを見る »

PayPal

PayPal Holdings Inc.(ペイパル、)は、電子メールアカウントとインターネットを利用した決済サービスを提供するアメリカの企業である。PayPal口座間やクレジットカードでの送金や入金を.

新しい!!: スペースXとPayPal · 続きを見る »

民間宇宙飛行

NASAの宇宙飛行士 民間宇宙飛行(みんかんうちゅうひこう、)とは、政府などの公的機関の宇宙計画ではない手段によって地上、カーマン・ラインより上方に到達し、宇宙飛行士の資格を得る宇宙飛行を指す。.

新しい!!: スペースXと民間宇宙飛行 · 続きを見る »

最高経営責任者

最高経営責任者(さいこうけいえいせきにんしゃ、chief executive officer、略語: CEO)とは、アメリカ合衆国内の法人において理事会(法人が会社の場合は取締役会)(board of directors) の指揮の下で法人のすべての業務執行を統括する役員、執行役員又は執行役(officer、または executive officer)の名称、若しくは最高経営責任者として選任された人物のことである。統括業務執行役員などと和訳されることもある。イギリスにおいては、同様の職務を行う役員を業務執行役員(managing director、略語: )、またはチーフ・エクゼクティブ(chief executive)という。また、非営利団体ではエグゼクティブ・ディレクター(executive director、略語: )の名称が使われることもある。.

新しい!!: スペースXと最高経営責任者 · 続きを見る »

最高技術責任者

最高技術責任者(さいこうぎじゅつせきにんしゃ)(chief technical officer または chief technology officer、CTOと略す)は ビジネス幹部のポジションで、会社における技術的な役割に焦点をあてたものである。研究開発ディレクターの立場を拡張したものとして、アメリカでは1980年代に登場した。 ドットコム時代と、1990年代のコンピュータブームの際に、多くの会社が主要な技術的人物に最高技術責任者という肩書を用いた。MISとITコミュニティはしばしば最高情報責任者(CIO)の同義語として、または、複雑な技術に精通した最高情報責任者の部下として、最高技術責任者という肩書を使った。最高技術責任者の役割は企業、産業の間で様々である。しかし、大体の場合、技術に関連している。以下のような役割が含まれる。.

新しい!!: スペースXと最高技術責任者 · 続きを見る »

2000年代

2000年代(にせんねんだい).

新しい!!: スペースXと2000年代 · 続きを見る »

2002年

この項目では、国際的な視点に基づいた2002年について記載する。.

新しい!!: スペースXと2002年 · 続きを見る »

2006年

この項目では、国際的な視点に基づいた2006年について記載する。.

新しい!!: スペースXと2006年 · 続きを見る »

2010年

この項目では、国際的な視点に基づいた2010年について記載する。.

新しい!!: スペースXと2010年 · 続きを見る »

2012年

この項目では、国際的な視点に基づいた2012年について記載する。.

新しい!!: スペースXと2012年 · 続きを見る »

2015年

この項目では、国際的な視点に基づいた2015年について記載する。.

新しい!!: スペースXと2015年 · 続きを見る »

2016年

この項目では、国際的な視点に基づいた2016年について記載する。.

新しい!!: スペースXと2016年 · 続きを見る »

2017年

この項目では国際的な視点に基づいた2017年について記載する。.

新しい!!: スペースXと2017年 · 続きを見る »

2020年代

2020年代(にせんにじゅうねんだい)は、西暦(グレゴリオ暦)2020年から2029年までの10年間を指す十年紀である。この項目では、国際的な視点に基づいた2020年代について記載する。.

新しい!!: スペースXと2020年代 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

SpaceXスペース Xスペースエックス

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »