ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

スヘルトーヘンボス

+ コンセプトを保存する

ヘルトーヘンボス('s-Hertogenbosch; )またはデン・ボス(Den Bosch; デンボスとも記述される)は、オランダ南部に位置する都市または広域行政区。北ブラバント州の州都。 ブラバント公アンリ1世の猟場であったことから、's-Hertogenbosch「公爵の森」と名付けられた。ただし、現代のオランダ語の日常会話では Den Bosch の方がよく使われる。 同広域行政区には、近隣の市町村 Bokhoven、Deuteren、Dieskant、Empel、Engelen、Gewande、Hintham、Kruisstraat、Maliskamp、Meerwijk、Orthen、Oud-Empel、ロスマーレンも含まれる。.

48 関係: 女子テニス協会宗教改革中央ヨーロッパ夏時間中央ヨーロッパ時間北ブラバント州ネーデルラント連合王国ネーデルラント連邦共和国リエージュルネサンスロスマーレンロスマーレン・グラスコート選手権ブラバント公ブルジョワジーヒエロニムス・ボスピエール・ド・ラ=リューデジデリウス・エラスムスフランドル楽派フランス帝国フランス革命フレデリック・ヘンドリック (オラニエ公)ホラント伯ベルト・レーリンク判事アンリ1世 (ブラバント公)アーノルド・スコルテンオランダオランダの行政区分オランダ語カトリック教会キキ・ラーマースクレメンス・ノン・パパ八十年戦争四旬節男子プロテニス協会裁判官謝肉祭都市FCデン・ボスHASデン・ボスStoas高等専門大学極東国際軍事裁判法学者教区1185年1385年1629年1792年1815年

女子テニス協会

女子テニス協会(じょしてにすきょうかい Women's Tennis Association)は女子プロテニスを統括する団体。.

新しい!!: スヘルトーヘンボスと女子テニス協会 · 続きを見る »

宗教改革

フスの殉教 宗教改革(しゅうきょうかいかく、Protestant Reformation)とは、16世紀(中世末期)のキリスト教世界における教会体制上の革新運動である。贖宥状に対するルターの批判がきっかけとなり、以前から指摘されていた教皇位の世俗化、聖職者の堕落などへの信徒の不満と結びついて、ローマ・カトリック教会からプロテスタントの分離へと発展した。 ルターによるルター教会、チューリッヒのツヴィングリやジュネーヴのカルヴァンなど各都市による改革派教会、ヘンリー8世によって始まったイギリス国教会などが成立した。また、当時はその他にアナバプテスト(今日メノナイトが現存)など急進派も力を持っていた。.

新しい!!: スヘルトーヘンボスと宗教改革 · 続きを見る »

中央ヨーロッパ夏時間

中央ヨーロッパ夏時間(ちゅうおうヨーロッパなつじかん、Central European Summer Time:略称CEST)は、中央ヨーロッパ時間の夏時間のことである。 協定世界時(UTC)を2時間進ませた標準時で、中央ヨーロッパ時間より1時間進めた時間である。 日本標準時との時差は-7時間。 3月の最終日曜日午前2時(.

新しい!!: スヘルトーヘンボスと中央ヨーロッパ夏時間 · 続きを見る »

中央ヨーロッパ時間

中央ヨーロッパ時間(ちゅうおうヨーロッパじかん、Central European Time - CET)は、協定世界時 (UTC) を1時間進ませた標準時である (UTC+1) 。日本標準時との時差はマイナス8時間。 3月最終日曜日の午前2時(夏時間では午前3時)から10月最終日曜日の午前2時(夏時間では午前3時)までは、夏時間の中央ヨーロッパ夏時間 (Central European Summer Time) が使用される。 第二次世界大戦以前の1920年から1940年までの間は、リトアニアでも使われていた。戦時中にドイツが自国の占領した区域に導入させた後、フランス、ベルギー、オランダ、ルクセンブルクではそれがそのまま残った。戦後、モナコ、スペイン、アンドラ、ジブラルタルも中央ヨーロッパ時間を導入した(スペインについては、カナリア諸島はUTCを採用、スペイン本土より1時間遅れ)。 現在、中央ヨーロッパ時間を使用している国の中には、実際の経度がUTC+1のタイムゾーンから外れている国もあり、スペイン、フランスなどは、国土のほとんどがUTC+0のタイムゾーンにあたる経度に位置している。特にスペインガリシア地方西部には、UTC-1のタイムゾーンにあたる経度に位置するところもある。 アイルランド、UKでも、1968年から1971年までの間、試験的に導入されたことがあったが、暗い冬の朝に通学する子供の交通事故が増加するなどしたため、すぐに元に戻された。また、ポルトガルでも、1966-1976年、1992-1996年の間、導入されていたことがある。 Category:標準時 Category:ヨーロッパの時間.

新しい!!: スヘルトーヘンボスと中央ヨーロッパ時間 · 続きを見る »

北ブラバント州

北ブラバント州(きたブラバントしゅう、Noord-Brabant)は、オランダ南端部の州の1つである。州都はスヘルトーヘンボス(デン・ボス)。北はヘルダーラント州、南ホラント州、西はゼーラント州、東はリンブルフ州。南はベルギーのアントウェルペン州、リンブルフ州と境界を接する。なお、南ブラバント州は、ベルギー領となった後にブラバント州と改名され、それから後に分割されて消滅したため、「北」だけが残存する形となっている。.

新しい!!: スヘルトーヘンボスと北ブラバント州 · 続きを見る »

ネーデルラント連合王国

ネーデルラント連合王国(ネーデルラントれんごうおうこく、Verenigd Koninkrijk der Nederlanden、Royaume-Uni des Pays-Bas、Vereinigtes Königreich der Niederlande、United Kingdom of the Netherlands)は、ナポレオン戦争中にフランス帝国領となっていたネーデルラントに、1815年のウィーン会議によって成立した国家。正式な国名はネーデルラント王国(Koninkrijk der Nederlanden、Royaume des Pays-Bas、Königreich der Niederlande)である。 その領域は現在のオランダとベルギーとルクセンブルクに相当し、フランス革命戦争以前のネーデルラント連邦共和国と南ネーデルラント、およびリエージュ司教領から作られた。この新しい国の国王には、共和国の総督を代々務めてきたオラニエ=ナッサウ家の当主が就いた。.

新しい!!: スヘルトーヘンボスとネーデルラント連合王国 · 続きを見る »

ネーデルラント連邦共和国

ネーデルラント連邦共和国(ネーデルラントれんぽうきょうわこく、Republiek der Zeven Verenigde Nederlanden、Republic of the Seven United Netherlands)は、16世紀から18世紀にかけて現在のオランダおよびベルギー北部(フランデレン地域)に存在した国家。現在のオランダ王国の原型であり、そのことからオランダ共和国などと呼ばれることもある。 連邦共和国はヘルダーラント州、ホラント州、ゼーラント州、ユトレヒト州、フリースラント州、オーファーアイセル州、フローニンゲン州のネーデルラント北部7州からなり、これにドレンテ準州、国境地帯の連邦直轄領ブラーバント、リンブルフ、フランデレンなどが加わっていた。中でもホラント州が連邦の経費の半分以上を負担し、人口、富、対外関係の面で他の6州より抜きんでていた。そのため、この州の名がそのまま連邦共和国、さらに今日の王国の通称となった。日本語名の「オランダ」もホラントのポルトガル語名に由来する。.

新しい!!: スヘルトーヘンボスとネーデルラント連邦共和国 · 続きを見る »

リエージュ

リエージュは、ベルギー東部ワロン地域のリエージュ州にある工業都市で、同州の州都である。ベルギー第5の都市。表記はフランス語で Liège(1946年以前はLiége)、ワロン語でLîdje、オランダ語でLuik、ドイツ語でLüttich。.

新しい!!: スヘルトーヘンボスとリエージュ · 続きを見る »

ルネサンス

レオナルド・ダ・ヴィンチによるウィトルウィウス的人体図、科学と芸術の統合 ルネサンス(Renaissance ルネサーンスイギリス英語発音: リネイスンス、アメリカ英語発音: レナサーンス)は「再生」「復活」を意味するフランス語であり、一義的には、古典古代(ギリシア、ローマ)の文化を復興しようとする文化運動であり、14世紀にイタリアで始まり、やがて西欧各国に広まった(文化運動としてのルネサンス)。また、これらの時代(14世紀 - 16世紀)を指すこともある(時代区分としてのルネサンス)。 日本では長らく文芸復興と訳されており、ルネサンスの時代を「復興期」と呼ぶこともあったが、文芸のみでなく広義に使われるため現在では余り使われない。ルネッサンスとも表記されるが、現在の歴史学、美術史等ではルネサンスという表記が一般的である。.

新しい!!: スヘルトーヘンボスとルネサンス · 続きを見る »

ロスマーレン

マーレン(Rosmalen)は、オランダ南部北ブラバント州にある街。スヘルトーヘンボス基礎自治体に属する。 近隣のHintham、Kruisstraat、Maliskampを含む独立した基礎自治体であったが、1996年1月1日、スヘルトーヘンボス基礎自治体に統合された。 カーニバル期間中は、架空の国Zandhazendurpと呼ばれる。.

新しい!!: スヘルトーヘンボスとロスマーレン · 続きを見る »

ロスマーレン・グラスコート選手権

マーレン・グラスコート選手権 (Rosmalen Grass Court Championships)は、1990年から毎年6月にオランダ・スヘルトーヘンボスで開催されている国際プロテニス大会である。サーフェスは屋外グラスコート。全仏オープン終了後からウィンブルドン選手権開幕までの約1ヶ月の期間中に前哨戦として開催される、数少ないグラスコートサーフェスのツアー大会の一つである。2010年現在の大会カテゴリは男子がATP250、女子がインターナショナルに属す。当初は男子ATPツアーのみを開催していたが、1996年大会から女子WTAツアーも同時開催するようになり、以降男女共催ツアー大会として開催されている。これまでにイギリスの小売企業ウィルキンソン、ハイネケングループ、オランダの企業オルディナ社、ユニセフなどが冠スポンサーを務めた。.

新しい!!: スヘルトーヘンボスとロスマーレン・グラスコート選手権 · 続きを見る »

ブラバント公

ブラバント公の紋章 ブラバント公()は、中世ネーデルラントのブラバント公国の領主である。 ベルギー王国の成立後は、儀礼称号としてベルギー王家の法定推定相続人に授けられるようになった(イギリス王室のプリンス・オブ・ウェールズやスペイン王室のアストゥリアス公などと同様)。1991年の憲法改正により、男女の区別のない長子相続制王位継承に改められた。2013年、フィリップのベルギー王即位に伴い、その長女エリザベートが建国以来初のブラバント女公となった。.

新しい!!: スヘルトーヘンボスとブラバント公 · 続きを見る »

ブルジョワジー

ブルジョワジー(Bourgeoisie)は、中産階級の事であり、特に17 - 19世紀においては革命の主体になりうるほどの数と広がりを持つ階層であったが、市民革命における革命の推進主体となった都市における有産の市民階級をさす場合も有る。貴族や農民と区別して使われた。 短くブルジョワ(Bourgeois)ともいうが、これは単数形で個人を指す。20世紀の共産主義思想の下で産業資本家を指す言葉に転化し、共産主義者の間では概ね蔑称として用いられたが、この資本家階級という意味では上層ブルジョワジーのみをさしている。.

新しい!!: スヘルトーヘンボスとブルジョワジー · 続きを見る »

ヒエロニムス・ボス

ヒエロニムス・ボス(Hieronymus Bosch 、1450年頃 - 1516年8月9日)は、ルネサンス期のネーデルラント(フランドル)の画家。初期フランドル派に分類される。本名はイェルーン・ファン・アーケン(Jeroen van Aken)。オランダ語でイェロニムス・ボス(Jheronimus Bosch )、ドイツ語でヒエローニュムス・ボシュと発音するが、日本ではヒエロニムス・ボッシュと表記されることもある。.

新しい!!: スヘルトーヘンボスとヒエロニムス・ボス · 続きを見る »

ピエール・ド・ラ=リュー

ピエール・ド・ラ=リュー(Pierre de La Rue, 1460年頃~1518年11月20日)はルネサンス音楽の作曲家。ジョスカン・デ・プレと同世代の作曲家で、アレクサンダー・アグリーコラやアントワーヌ・ブリュメル、ロイゼ・コンペール、イザーク、ヤーコプ・オブレヒト、ガスパル・ファン・ヴェールベケらと並んで、15世紀末から16世紀初頭にかけてネーデルラント楽派様式の指導力を担った一人。フラマン語名ペテレス・ファン・ストラーテン(Peteren van Straten)も伝えられている。.

新しい!!: スヘルトーヘンボスとピエール・ド・ラ=リュー · 続きを見る »

デジデリウス・エラスムス

デジデリウス・エラスムス(Desiderius Erasmus Roterodamus, 1466年10月27日 - 1536年7月12日)は、ネーデルラント出身の人文主義者、カトリック司祭、神学者、哲学者。ラテン語名には出身地をつける当時の慣習から「ロッテルダムのエラスムス」とも呼ばれる。なお、名前の「エラスムス」は洗礼名でカトリック教会の聖人フォルミアのエラスムス(Erasmus of Formiae)からとられているが、「デジデリウス」は1496年から自分自身で使い始めた名前である。 主な著作に『痴愚神礼賛』(Moriae encomium)、『エンキリディオン』(キリスト教戦士の手引き、Enchiridion militis Christiani)、『平和の訴え』などがあり、著作の中では一貫して「キリスト者の一致と平和」をテーマとした。また、エラスムスの『校訂版 新約聖書』(新約聖書のラテン語・ギリシア語対訳、Novum Instrumentum)は広く読まれ、マルティン・ルターのドイツ語訳聖書の原版になった。エラスムスの思想は宗教改革運動と対抗宗教改革運動の双方に大きな影響を与えた。『ユートピア』を著したトマス・モアとの親交や自由意志に関するマルティン・ルターとの論争でも知られる。 宗教改革の時代を生きたエラスムスは「カトリック教会を批判した人文主義者」と表現されることが多いが、実際にはローマ教皇庁を含めカトリック教会内に知己が多く、生涯を通してカトリック教会に対して忠実であり、カトリック教会の諸問題を批判しながらも中道を標榜してプロテスタント側に投じることはなかった。 エラスムスは1536年にバーゼルで逝去し、もともとカトリック教会のバーゼル司教座聖堂だった教会に埋葬された。.

新しい!!: スヘルトーヘンボスとデジデリウス・エラスムス · 続きを見る »

フランドル楽派

フランドル楽派( - がくは)は、15世紀後半から16世紀、フランドルを中心に活躍したルネサンス音楽を代表する作曲家達である。15世紀中頃にルネサンス音楽を開拓したブルゴーニュ楽派と合わせて、かつてはネーデルランド楽派と呼ばれていた。 15世紀のデュファイに始まるブルゴーニュ楽派を引き継ぎ、16世紀中期になるとフランドルだけでなくイタリアを始めヨーロッパ全体で支配的な地位を占めるようになった。つまり、フランドル楽派の様式は、ヨーロッパ全体に普遍的な様式となり、それが次のバロック音楽を準備した。ヨハネス・オケゲム(1430頃 - 1495)、ヤーコプ・オブレヒト(1450頃 - 1505)、ジョスカン・デ・プレ(1455頃 - 1521)、ハインリヒ・イザーク(1450頃 - 1517)、ピエール・ド・ラ=リュー(1460頃 - 1518)がフランドルを中心に活躍した。後期になると、ニコラ・ゴンベール(1495頃 - 1560)、クレメンス・ノン・パパ(1510頃 - 1556)、アドリアン・ヴィラールト(1480頃 - 1562)、ジャック・アルカデルト(1514頃 - 1562)、チプリアーノ・デ・ローレ(1516 - 1565)、オルランド・ディ・ラッソ(1532頃 - 1594)らが活躍した。フランドル生まれのアドリアン・ヴィラールトは、イタリアでヴェネツィア楽派を創立し、17世紀になってバロック音楽を開拓したモンテヴェルディにつながる。 その音楽技法は、それぞれの声部が対等の価値をもちお互いに旋律要素を模倣しあいながら展開していく通模倣様式が用いられた。和声では、デュファイらのブルゴーニュ楽派が3声での書法が中心だったが、フランドル楽派は4声のポリフォニーによる楽曲を作った。ミサ、モテット、シャンソンが主な作品であるが、とりわけオケゲム、ジョスカン・デ・プレ、ラッソによるミサ曲はこの時代を代表する音楽作品となっている。15世紀は厳格なカノン的書法が優勢だが、16世紀にはこの傾向は廃れて、自由な模倣形式へと進化した。.

新しい!!: スヘルトーヘンボスとフランドル楽派 · 続きを見る »

フランス帝国

フランス帝国(フランスていこく、Empire français)と呼ばれたものとしては、フランス史上、フランス第一帝政、フランス第二帝政、フランス植民地帝国の3つが存在した。前2者はフランスにおける政体の1つを指す。後者はフランスの植民地の集合体を指し、本国の政体・王朝に関わりなくこのように呼ばれる。.

新しい!!: スヘルトーヘンボスとフランス帝国 · 続きを見る »

フランス革命

フランス革命(フランスかくめい、Révolution française, French Revolution)は、18世紀(1789年5月5日 – 1799年11月9日)にフランス王国(ブルボン朝)で起きた市民革命。 世界史上の代表的な市民革命で、前近代的な社会体制を変革して近代ブルジョア社会を樹立した革命。フランス革命戦争を通して、カリブ海から中東まで戦争が波及した。歴史家はフランス革命を世界史の中で最も重要な出来事の一つであると見なしている。 1787年にブルボン朝の絶対王権に対する貴族の反抗に始まった擾乱は、1789年から全社会層を巻き込む本格的な革命となり、政治体制は絶対王政から立憲王政、そして共和制へと移り変わった。さらに1794年のテルミドール反動ののち退潮へ向かい、1799年にナポレオン・ボナパルトによるクーデターと帝政樹立に至る(1799年11月9日のブリュメール18日のクーデター)。一般的には1787年の貴族の反抗から1799年のナポレオンによるクーデターまでが革命期とされている。 フランスの王政とアンシャン・レジームが崩壊する過程で、封建的諸特権が撤廃されて近代的所有権が確立される一方、アッシニア紙幣をめぐって混乱が起こった。.

新しい!!: スヘルトーヘンボスとフランス革命 · 続きを見る »

フレデリック・ヘンドリック (オラニエ公)

ラニエ公フレデリック・ヘンドリック フレデリック・ヘンドリック(Frederik Hendrik van Oranje, 1584年1月29日 - 1647年3月14日)は、オランダ総督、オラニエ公。ウィレム1世の末子で、マウリッツの異母弟。母はウィレム1世の4番目の妻でガスパール・ド・コリニーの娘ルイーズ。父の政治能力と兄の軍事能力をバランス良くあわせ持っていたと言われ、オランダ共和国の内政・対外政策ともに中庸策をとって、国内の平穏と八十年戦争の終結に貢献した。.

新しい!!: スヘルトーヘンボスとフレデリック・ヘンドリック (オラニエ公) · 続きを見る »

ホラント伯

ホラント伯(オランダ語:graaf van Holland, ドイツ語:Graf von Holland)は、中世ネーデルラントのホラント伯領の領主である。.

新しい!!: スヘルトーヘンボスとホラント伯 · 続きを見る »

ベルト・レーリンク

ベルナルト・ヴィクトール・アロイジウス・(ベルト)・レーリンク(Bernard Victor Aloysius (Bert) Röling、1906年12月26日 – 1985年3月16日)は、オランダの法学者、裁判官。日本では、極東国際軍事裁判(東京裁判)において判事を務めた。.

新しい!!: スヘルトーヘンボスとベルト・レーリンク · 続きを見る »

判事

判事(はんじ)は、日本の裁判官の職位の1つ(裁判所法5条2項)。旧法下においては、現在の「裁判官」に相当する意味で用いられていた。ただし旧憲法では裁判官と称していた。現行法においては、旧法下の「判事」に代わり「裁判官」が最高裁判所長官から判事補に至るまでの総称的な官名かつ訴訟法上の地位となっており、「判事」はその「裁判官」の中の1つの職名となっている。現在でも通俗的には裁判官全体の総称を指すことがある。.

新しい!!: スヘルトーヘンボスと判事 · 続きを見る »

アンリ1世 (ブラバント公)

アンリ1世(Henri Ier, 1165年 - 1235年9月5日)は、ブラバント公(在位:1184年 - 1235年)。父はルーヴェン伯兼下ロレーヌ公ゴドフロワ8世(7世とも)、母はリンブルク公ハインリヒ2世の娘マルガレーテ。 1184年、神聖ローマ皇帝フリードリヒ1世にブラバント公の称号を与えられ、ブラバント公国を創設した(父も共同統治)。1185年にスヘルトーヘンボスを自治都市に指定、繁栄の基礎を築いた。1190年の父の死により下ロレーヌ公爵位も相続した(但し、実権の伴わない名誉職)。神聖ローマ帝国の内乱ではオットー4世を支持、娘マリアを娶わせたが、1214年、ブーヴィーヌの戦いに参戦して敗北、フリードリヒ2世に降伏した。1234年に婿のホラント伯フロリス4世と共にブレーメンへ遠征した。 1235年、ケルンで死去。遺体はルーヴェンの聖ペテロ教会へ埋葬された。.

新しい!!: スヘルトーヘンボスとアンリ1世 (ブラバント公) · 続きを見る »

アーノルド・スコルテン

アーノルド・スコルテン(Arnold Scholten, 1962年12月5日-)は、オランダ・デン・ボス出身の元サッカー選手、サッカー指導者。 選手時代は中盤の底、右サイド、そしてリベロとして活躍。ブラジルの名選手にたとえられ「白いソクラテス (Witte Soctrates)」と呼ばれた。 FCデン・ボスでプロとしてのキャリアを始め、選手としての全盛期をアヤックスやフェイエノールトといったビッグクラブで過ごした。1997年7月から日本のジェフユナイテッド市原に1年半在籍し、通算45試合出場2得点を記録した。 1998-99シーズン後半からFCデン・ボスに復帰し、エーレディヴィジ昇格に貢献。1シーズンで降格したが、2000-01シーズンに再度FCデン・ボスをエールディヴィジ昇格に導き、同シーズン限りで引退した。 現在はフェイエノールトユースの監督を務めている。.

新しい!!: スヘルトーヘンボスとアーノルド・スコルテン · 続きを見る »

オランダ

ランダ(Nederland 、; Nederlân; Hulanda)は、西ヨーロッパに位置する立憲君主制国家。東はドイツ、南はベルギーおよびルクセンブルクと国境を接し、北と西は北海に面する。ベルギー、ルクセンブルクと合わせてベネルクスと呼ばれる。憲法上の首都はアムステルダム(事実上の首都はデン・ハーグ)。 カリブ海のアルバ、キュラソー、シント・マールテンと共にオランダ王国を構成している。他、カリブ海に海外特別自治領としてボネール島、シント・ユースタティウス島、サバ島(BES諸島)がある。.

新しい!!: スヘルトーヘンボスとオランダ · 続きを見る »

オランダの行政区分

ランダの行政区分(オランダのぎょうせいくぶん)は広域自治体と基礎自治体の2階層で成り立っている。1986年1月1日から「オランダ」たる本土(ヨーロッパ・オランダ)は12の広域自治体である州(Provincie)に分かれている。 なお、カリブ海には特別自治体 (bijzondere gemeenten) として、旧オランダ領アンティルに属したボネール、シント・ユースタティウスおよびサバ(カリブ・オランダ)がある。また、州はさらに441の基礎自治体であるヘメーンテ(Gemeente)に分割されている 。 なお、日本の市町村に相当する区分は存在せず、基礎自治体は大都市も田舎も同じヘメーンテであるが、カリブ・オランダの特別自治体はヘメーンテに含まれない。これとは別に、治安・防災に関しては本土を25の区域に分割した治安・防災広域行政区域を採用している。 かつてカリブ海に存在した自治領(旧植民地)の旧オランダ領アンティルの一部であったアルバ、キュラソー、シント・マールテンに関しては各島の項目を、またオランダ本土とこれら構成国との関係についてはオランダ王国を参照。.

新しい!!: スヘルトーヘンボスとオランダの行政区分 · 続きを見る »

オランダ語

ヨーロッパにおける低地フランク語の分布 オランダ語(オランダご、Nederlands )は、インド・ヨーロッパ語族の西ゲルマン語群に属し、オランダおよびベルギー北部を中心に2300万人以上が使っている言語。ベルギー方言はフラマン語と言うことがある。 日本語では現在は主にオランダ語と言うが、江戸時代には蘭語(らんご)とも呼ばれ、今でも蘭(らん)という略称が広く使われている。.

新しい!!: スヘルトーヘンボスとオランダ語 · 続きを見る »

カトリック教会

トリック教会(カトリックきょうかい、)は、ローマ教皇を中心として全世界に12億人以上の信徒を有するキリスト教最大の教派。その中心をローマの司教座に置くことからローマ教会、ローマ・カトリック教会とも呼ばれる。.

新しい!!: スヘルトーヘンボスとカトリック教会 · 続きを見る »

キキ・ラーマース

・ラーマース(Kiki Lamers、1964年9月1日-、)は、フランスで活躍するオランダ出身の女流画家。ポートレート画を得意とする。 オランダのナイメーヘン生まれ。1989年デン・ボス王立芸術アカデミー卒業、1992年アムステルダムのライクスアカデミー卒業。90年代後半よりニューヨーク、パリ、ローマ、ロンドン、ミュンヘンさらにメキシコなどで展示会を開催し、国際的な評価を確立。大型のキャンバスと、青やオレンジ、黄褐色などを基調にした独特の色使いで知られる。写実的だが、遊び心に満ちたような子供の裸体画が多い。オランダ・ニューアートの代表的存在。 ラーマースは2000年にフランスの警察によって児童ポルノ・虐待法違反で告発される。絵画製作のために自分や友人の子供のわいせつな写真を撮影した疑い。2005年2月の判決は有罪で禁固8ヶ月罰金5000ユーロ。同時に彼女の前夫のルイス・ティッセン(Louis Thijssen)も、ラーマースの児童ポルノ製造の共犯、およびインターネットでの児童ポルノ閲覧の容疑でフランスの検察に告発された。この事件はヨーロッパの美術界に大きな衝撃を与えた。 ラーマース作品のコレクションはオランダのアルンヘム現代美術館、スペインのサンディエゴ現代美術中央博物館などにある。.

新しい!!: スヘルトーヘンボスとキキ・ラーマース · 続きを見る »

クレメンス・ノン・パパ

レメンス・ノン・パパ(Jacob Clemens non Papa)は盛期ルネサンスのフランドル楽派の作曲家。実名ジャック・クレマン (Jacques Clément)。流行のさまざまな様式によって多くの作品を残す。とりわけオランダ語による詩篇唱の編曲集が有名。.

新しい!!: スヘルトーヘンボスとクレメンス・ノン・パパ · 続きを見る »

八十年戦争

八十年戦争(はちじゅうねんせんそう、Tachtigjarige Oorlog)は、1568年から1648年にかけて(1609年から1621年までの12年間の休戦を挟む)ネーデルラント諸州がスペインに対して反乱を起こした戦争。これをきっかけに後のオランダが誕生したため、オランダ独立戦争と呼ばれることもある『スペイン・ポルトガルを知る事典』(平凡社)や『世界史B用語集』(山川出版社)等で、オランダ独立戦争の名称も並称されている。。この反乱の結果として、ネーデルラント17州の北部7州はネーデルラント連邦共和国として独立することになった。北部7州は、1581年にスペイン国王フェリペ2世の統治権を否認し、1648年のヴェストファーレン条約によって独立を承認された。.

新しい!!: スヘルトーヘンボスと八十年戦争 · 続きを見る »

四旬節

四旬節(しじゅんせつ、)は、カトリック教会などの西方教会において、復活祭の46日前(四旬とは40日のことであるが、日曜日を除いて40日を数えるので46日前からとなる)の水曜日(灰の水曜日)から復活祭の前日(聖土曜日)までの期間のこと。 聖公会では「大斎節」と呼び、プロテスタントの教派によっては「受難節」と呼ぶこともある。復活祭は3月22日から4月25日のいずれかの日曜日(年によって一定ではない)なので、四旬節は2月4日から3月10日のいずれかの日に始まる。 正教会では「大斎(おおものいみ)」に相当する。ただし、正教会における大斎の始まりは日曜日日没(教会暦でいう月曜日・教会暦は日没を一日の境目と捉える)であることや、東方教会の復活祭の日付は西方教会と必ずしも一致しないため大斎と四旬節は年によって1週から5週ほどのずれを生じていることなどにより、期間には相違がある。 本項はカトリック教会の四旬節について詳述する。.

新しい!!: スヘルトーヘンボスと四旬節 · 続きを見る »

年越し

年越し(としこし)は1年の最後の日、グレゴリオ暦で12月31日であり、多くの地域ではシルヴェスターの日と呼ぶ。多くの国で、年越しの夜の会合で多くの人が踊り、食べ、酒を飲んで、新年を迎える花火で祝う。年越しの礼拝に行く人たちもいる。祝祭は通常、深夜0時を過ぎ1月1日(元日)まで続く。キリバスとサモアが最も早く新年を迎える国であり、ハワイ州ホノルルが最後の地域である。.

新しい!!: スヘルトーヘンボスと年越し · 続きを見る »

年末年始

年末年始(ねんまつねんし)は、厳密な定義はないが、1年の終わりから翌年の初頭の期間の総称である(具体的な期間は使用する場面によって異なる)。 当項目では日本における年末年始を主題として解説している。.

新しい!!: スヘルトーヘンボスと年末年始 · 続きを見る »

クリスマス

リスマス()は、イエス・キリストの降誕(誕生)を祝う祭である(誕生日ではなく降誕を記念する日)『キリスト教大事典 改訂新版』350〜351頁、教文館、1977年 改訂新版第四版。毎年12月25日に祝われるが、正教会のうちユリウス暦を使用するものは、グレゴリオ暦の1月7日に該当する日にクリスマスを祝う()。ただし、キリスト教で最も重要な祭と位置づけられるのはクリスマスではなく、復活祭である正教会の出典:()カトリック教会の出典:(カトリック中央協議会)聖公会の出典:(日本聖公会 東京教区 主教 植田仁太郎)プロテスタントの出典:『キリスト教大事典』910頁、教文館、1973年9月30日 改訂新版第二版。 キリスト教に先立つユダヤ教の暦、ローマ帝国の暦、およびこれらを引き継いだ教会暦では日没を一日の境目としているので、クリスマス・イヴと呼ばれる12月24日夕刻から朝までも、教会暦上はクリスマスと同じ日に数えられる。教会では降誕祭といった表記もある。 一般的年中行事としても楽しまれ、ジングルベルなどのクリスマスソングは多くの人に親しまれている。.

新しい!!: スヘルトーヘンボスとクリスマス · 続きを見る »

クリスマス・イヴ

リスマス・イヴ』1904年 - 1905年、 スウェーデン人画家のカール・ラーション(1853年 - 1919年)による水彩画。 クリスマス・イヴ()、クリスマス・イブは、クリスマスの前夜、すなわち12月24日の夜を指す英語の音訳である。「イヴ」() は「(夜、晩)」と同義の古語「」の語末音が消失したものである。 転じて、俗に12月24日全体を指すこともある。日常会話では単に「イヴ」と呼ばれることが多い。.

新しい!!: スヘルトーヘンボスとクリスマス・イヴ · 続きを見る »

元日

元日(がんじつ)は年の最初の日。日付はグレゴリオ暦では1月1日(改暦前は旧暦正月一日)。元旦(がんたん)ともいうが、この場合は特にその日の朝を指すこともある日本国語大辞典第二版編集委員会・小学館国語辞典編集部編『日本国語大辞典』第二版、小学館。.

新しい!!: スヘルトーヘンボスと元日 · 続きを見る »

新年

新年(しんねん、)は世界各地で使われている暦年の新しい年の始めをいう。学年、会計年度上の新年という場合もある。.

新しい!!: スヘルトーヘンボスと新年 · 続きを見る »

男子プロテニス協会

男子プロテニス協会(だんしぷろてにすきょうかい 英語:Association of Tennis Professionals ATP)とは男子プロテニスツアーを運営する団体である。1972年に男子プロテニス選手の権利・利益を保護する為にジャック・クレーマーやらが中心となって創設した。 現在の会長は2013年11月20日よりクリス・カーモード(英)が就任している。.

新しい!!: スヘルトーヘンボスと男子プロテニス協会 · 続きを見る »

裁判官

裁判官(さいばんかん、Judge)とは、司法権を行使して裁判を行う官職にある者をいう。 各国の訴訟法制に応じて裁判官の職掌は定まり、陪審制を採用している国などでは事実認定について裁判官が担当しないことがあることから、裁判官を法廷における審理を主宰する者として位置づけることがより妥当な場合もある。.

新しい!!: スヘルトーヘンボスと裁判官 · 続きを見る »

謝肉祭

仮面舞踏会のマスク姿のヴェネツィアのカーニバル 謝肉祭(しゃにくさい、カーニバル)は、もともとカトリックなど西方教会の文化圏で見られる通俗的な節期で、四旬節の前に行われる。仮装したパレードが行なわれたり、菓子や花を投げる行事などが行なわれてきたことから、現代では宗教的な背景のない単なる祝祭をもカーニバルと称することが少なくない。.

新しい!!: スヘルトーヘンボスと謝肉祭 · 続きを見る »

都市

都市(とし、city)とは、商業、流通などの発達の結果、限られた地域に人口が集中している領域である。.

新しい!!: スヘルトーヘンボスと都市 · 続きを見る »

FCデン・ボス

FCデン・ボス(Football Club Den Bosch)は、オランダ南部、北ブラバント州の都市デン・ボスに本拠地を置くサッカークラブチームである。オランダプロサッカーリーグの2部リーグ、エールステ・ディヴィジに所属する(2017-18シーズン時点)。「FCデン・ボッシュ」と表記されることもある。 クラブのロゴである竜は、周囲を沼地と石塀で囲んだ要塞都市デン・ボスのシンボル「Marsh Dragon」をモチーフにしたもの。.

新しい!!: スヘルトーヘンボスとFCデン・ボス · 続きを見る »

HASデン・ボス

HASデン・ボス HASデン・ボス(HAS Den Bosch University of Applied Sciences)はオランダの北ブラバント州、スヘルトーヘンボスにある高等職業教育機関(職業大学)。 2005年度時点の学生数は1,416人(内、交換留学生を含む外国人は50人)。スタッフ数186人。 高等教育の場としてだけではなく、食品業、農業、園芸業の専門情報機関、およびそのトレーニング機関としての役割を果たしており、民間企業(ユニリーバ、ハイネケン等)や政府機関へのコンサルタント業務や調査業務も提供している。.

新しい!!: スヘルトーヘンボスとHASデン・ボス · 続きを見る »

Stoas高等専門大学

Stoas高等専門大学(Stoas Hogeschool, 英:Stoas University of Applied Sciences)は、農業分野での教員養成を行うオランダの高等職業教育機関(職業大学)。ドロンテン、デン・ボスに校舎を持ち、事務局はエデに置いている。 1981年設立。生徒数は2004年時点で約850人(内、外国人留学生は50人)。スタッフ数170人。 デン・ボス校舎内には、フラワーデザイン国家資格であるDFA(Dutch Flower Arranger)、 ADFA(Advanced Dutch Flower Arranger)を認定する、EFDA(European Floral Design Academy)の事務局が置かれている。.

新しい!!: スヘルトーヘンボスとStoas高等専門大学 · 続きを見る »

極東国際軍事裁判

軍士官学校講堂 公判中の法廷内 極東国際軍事裁判(きょくとうこくさいぐんじさいばん、The International Military Tribunal for the Far East)とは、第二次世界大戦で日本が降伏した後の1946年(昭和21年)5月3日から1948年(昭和23年)11月12日にかけて行われた、連合国が「戦争犯罪人」として指定した日本の指導者などを裁いた一審制の軍事裁判のことである。東京裁判(とうきょうさいばん)とも称される。.

新しい!!: スヘルトーヘンボスと極東国際軍事裁判 · 続きを見る »

法学者

Smeden og bageren. 法学者(ほうがくしゃ)は、学問分野で法学として分類される領域で研究をおこなう学者・研究者。 日本においては、大学に所属する研究者のみを指すのが通常であるが、裁判官や弁護士などの法曹・法律家や、外交官でも法学(国際法・条約)の分野で研究業績のある者を「法学者」と呼ぶこともある。 現役の法学研究者の中にも、同時に実務家(法実務家)として活躍する者もいる。.

新しい!!: スヘルトーヘンボスと法学者 · 続きを見る »

教区

教区(きょうく、、)とは、宗教組織が行政や布教活動などのために地域ごとに設定する単位である。.

新しい!!: スヘルトーヘンボスと教区 · 続きを見る »

1185年

記載なし。

新しい!!: スヘルトーヘンボスと1185年 · 続きを見る »

1385年

記載なし。

新しい!!: スヘルトーヘンボスと1385年 · 続きを見る »

1629年

記載なし。

新しい!!: スヘルトーヘンボスと1629年 · 続きを見る »

1792年

記載なし。

新しい!!: スヘルトーヘンボスと1792年 · 続きを見る »

1815年

記載なし。

新しい!!: スヘルトーヘンボスと1815年 · 続きを見る »

2018年

この項目では、国際的な視点に基づいた2018年について記載する。.

新しい!!: スヘルトーヘンボスと2018年 · 続きを見る »

2019年

この項目では、国際的な視点に基づいた2019年について記載する。.

新しい!!: スヘルトーヘンボスと2019年 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

's-HertogenboschDen BoschS-Hertogenboschデン・ボッシュデン・ボスデンボッシュデンボスシェルトヘンボッシュシェルトヘンボシュシェルトゲンボッシュシェルトゲンボシュシェルトゲンボススヘルトヘンボッシュスヘルトヘンボススヘルトゲンボッシュスヘルトゲンボス

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »