ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ストックホルム

索引 ストックホルム

トックホルム(Stockholm )はスウェーデンの首都で、スウェーデン最大の都市である。北欧を代表する世界都市であり、2014年、アメリカのシンクタンクが公表したビジネス・人材・文化・政治などを対象とした総合的な世界都市ランキングにおいて、世界第33位の都市と評価された (2014年4月公表)。ストックホルム県(Stockholms län)に属す。人口は約75万人。「水の都」、「北欧のヴェネツィア」ともいわれ、水の上に浮いているような都市景観をもつ。北欧で最大の人口を誇り、バルト海沿岸では、サンクトペテルブルクに次いで第2位。1912年に第5回夏季オリンピックが開催された。.

143 関係: ABBAAIKソルナさらば、ストックホルム博物学大北方戦争姉妹都市宮崎駿工業中央ヨーロッパ夏時間中央ヨーロッパ時間中世世界遺産世界都市帆船人口人口爆発人材亜寒帯湿潤気候佐々木譲地球温暖化北ヨーロッパ北方民族博物館ペール・ヴァールーペストマルティン・ベックノーベル博物館ノーベル賞ハンマルビーIFハンザ同盟ハイテクバルト海バルト海クルーズバロック音楽ポルトガルメーラレン湖メキシコ湾流ユーハン・ヘルミク・ルーマンユールゴーデンユールゴーデンIFユースホステルヨーロッパヨーテボリロココヴァーサ (戦列艦)ヴァイキングヴァイキングラインヴィスビューヴェネツィアビルカビジネス...デンマークドロットニングホルム宮殿ドイツ人ホーヴゴーデンダイナマイト列強刑事施設アメリカ海洋大気庁アルフレッド・ノーベルアイルランドアストリッド・リンドグレーンウップランド地方エリクソンオペラオランダ人カルマル同盟カロリンスカ研究所ガムラスタンクリスチャン2世 (デンマーク王)グローナルンド遊園地グスタフ1世 (スウェーデン王)グスタフ3世 (スウェーデン王)ゴットランド島シリヤラインシンクタンクストールストックホルムス・ロカールトラフィークストックホルムの密使ストックホルムの血浴ストックホルム宮殿ストックホルム中央駅ストックホルム市庁舎ストックホルム地下鉄ストックホルム・ブロンマ空港ストックホルム・アーランダ空港ストックホルム・スタディオンストックホルム県ストックホルム症候群ストックホルム近代美術館スウェーデンスウェーデンの地方スウェーデンの県スウェーデン国立美術館スウェーデン国立歴史博物館スウェーデン王立歌劇場スウェーデン語スカンディナヴィアスコーグスシュルコゴーデンタリンクサンクトペテルブルクサッカー商業共同体移動体通信移民生活史DNガラン要塞首都騎士魔女の宅急便茶室都市都市化野外博物館金融センター金融機関降水量陸上競技SJ AB残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約民族誌情報技術戦闘文化日照時間政治1250年代12月13世紀1520年1523年1600年1610年1680年1710年17世紀18世紀1912年1912年ストックホルムオリンピック19世紀2011年2014年20世紀 インデックスを展開 (93 もっと) »

ABBA

正式な表記は2文字目の「B」が逆向きである ABBA(アバ、)は、アグネッタ・フォルツコグ、ビョルン・ウルヴァース、ベニー・アンダーソン、アンニ=フリッド・リングスタッドによってストックホルムで結成されたスウェーデンのポップ・グループである。彼らは1974年から1982年まで世界中の音楽チャートで首位を獲得し、ポピュラー音楽の歴史上最も商業的に成功したグループの1つになった。ABBAはイギリスので行われたユーロビジョン・ソング・コンテスト1974に出場し、スウェーデン代表として初めて優勝した。競争に参加した中で最も成功を収めたグループである。 ABBAの売上の記録は不確実であり、様々な見積もりでは、1億4000万枚以上から5億以上とされる。これは彼らが最も売れた音楽アーティストの1つであることを意味する。ABBAは、イギリス、アイルランド、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、、アメリカ合衆国を含む英語圏の国々で、首尾一貫した成功を収めた最初のグループである。彼らはイギリスでアルバム8作連続1位を獲得している。グループはラテンアメリカ市場でも大きな成功を収め、ヒット曲のをスペイン語で収録した。 バンドの活発な活動期に、フォルツコグとウルヴァース、リングスタッドとアンダーソンは結婚した。彼らの人気の高さから両者の関係はひどく緊張し、結局、1979年にフォルツコグとウルヴァース、1981年にリングスタッドとアンダーソンはそれぞれ離婚した。これらの関係の変化は、グループの音楽に反映され、彼らの通常の純粋なポップ・サウンドとは対照的に、内省的で暗い歌詞になっていった。 1982年12月にグループが解散した後、アンダーソンとウルヴァ―スは舞台音楽の作曲で成功し、リングスタッドとフォルツコグは独創的な経歴を追求した。ABBAの音楽は、1989年にポリグラムにより旧譜発売の権利が買収され、1992年9月に発売されたグレイテスト・ヒッツ()は世界的大成功を収めた。1994年の「ミュリエルの結婚」、「プリシラ」などのいくつかの映画は、グループへの関心を高め、いくつかのトリビュートバンドを生み出した。1999年、ABBAの音楽は成功したミュージカル「マンマ・ミーア!」に起用され、世界的なヒットとなった。2008年に公開された同名の映画は、その年のイギリスで最も商業的に成功した映画となった。 ABBAは、2005年にユーロビジョン・ソング・コンテストの創立50周年を迎えると、その大ヒット曲「恋のウォータールー」がコンテストの歴史の中で最高の歌に選ばれた。グループは2010年にロックの殿堂入りを果たした。2015年に、彼らの歌「ダンシング・クイーン」がレコーディング・アカデミーのに選出された。.

新しい!!: ストックホルムとABBA · 続きを見る »

AIKソルナ

AIKソルナ(AIK Stockholm、正式名称:Allmänna Idrottsklubben、翻訳:一般運動協会)は、スウェーデンの首都、ストックホルム近郊、北部に位置するソルナに本拠地を置く総合スポーツクラブであり、サッカークラブも併せ持つ。他にアイスホッケークラブもある。 クラブは1891年に設立され、サッカークラブがスタートしたのは1896年。ストックホルム中心部に位置するユールゴーデンIFとはライバル関係にあり、ダービーマッチは常に白熱する。クラブのサポーターはブラックアーミーと呼ばれ、スウェーデン国内ではユールゴーデンIFサポーター、ブルーセインツと共に過激だと言われている。 クラブのメンバーにはスウェーデン王カール16世グスタフがいる。2005年まではUEFA会長のレナート・ヨハンソンがクラブの会長を務めていた。.

新しい!!: ストックホルムとAIKソルナ · 続きを見る »

さらば、ストックホルム

『さらば、ストックホルム』は、シェル=ウーロフ・ボーネマルク(Kjell-Olof Bornemark)著によるスウェーデンを舞台にしたスパイ小説である。.

新しい!!: ストックホルムとさらば、ストックホルム · 続きを見る »

博物学

博物学(はくぶつがく、Natural history, 場合によっては直訳的に:自然史)は、自然に存在するものについて研究する学問。広義には自然科学のすべて。狭義には動物・植物・鉱物(岩石)など(博物学における「界」は動物界・植物界・鉱物界の「3界」である)、自然物についての収集および分類の学問。英語の"Natural history" の訳語として明治期に作られた。東洋では本草学がそれにあたる。.

新しい!!: ストックホルムと博物学 · 続きを見る »

大北方戦争

大北方戦争(だいほっぽうせんそう、、、、、、、1700年 - 1721年)は、スウェーデンと反スウェーデン同盟(北方同盟)を結成した諸国とがスウェーデンの覇権をめぐって争った戦争であり、近世の北欧、中欧、そして東欧における重要な画期となった。.

新しい!!: ストックホルムと大北方戦争 · 続きを見る »

姉妹都市

姉妹都市(しまいとし、)は、文化交流や親善を目的とした地方同士の関係を指す。友好都市(ゆうこうとし)・親善都市(しんぜんとし)などとも呼ばれる。国同士の外交関係とは別のものである。.

新しい!!: ストックホルムと姉妹都市 · 続きを見る »

宮崎駿

宮﨑 駿(みやざき はやお、1941年1月5日 - )は、日本の映画監督、アニメーター、漫画家。別名として秋津 三朗(あきつ さぶろう)、照樹 務(てれこむ)がある。映画などのクレジットタイトルでは宮崎 駿(みやざき はやお)と表記されることもある。 株式会社スタジオジブリ取締役、公益財団法人徳間記念アニメーション文化財団理事長、三鷹市立アニメーション美術館(三鷹の森ジブリ美術館)館主。.

新しい!!: ストックホルムと宮崎駿 · 続きを見る »

工業

工業(こうぎょう、industry)は、原材料を加工して製品を造る(つくる)こと、および、製品を造ることにかかわる諸事項のことである。工業の語には、製品を造る働き、製品を造る事業などについても含まれる。 工業は、第二次産業のうち(鉱業を除く)建設業および製造業の大部分に該当し、加工組立業といったりもする。.

新しい!!: ストックホルムと工業 · 続きを見る »

中央ヨーロッパ夏時間

中央ヨーロッパ夏時間(ちゅうおうヨーロッパなつじかん、Central European Summer Time:略称CEST)は、中央ヨーロッパ時間の夏時間のことである。 協定世界時(UTC)を2時間進ませた標準時で、中央ヨーロッパ時間より1時間進めた時間である。 日本標準時との時差は-7時間。 3月の最終日曜日午前2時(.

新しい!!: ストックホルムと中央ヨーロッパ夏時間 · 続きを見る »

中央ヨーロッパ時間

中央ヨーロッパ時間(ちゅうおうヨーロッパじかん、Central European Time - CET)は、協定世界時 (UTC) を1時間進ませた標準時である (UTC+1) 。日本標準時との時差はマイナス8時間。 3月最終日曜日の午前2時(夏時間では午前3時)から10月最終日曜日の午前2時(夏時間では午前3時)までは、夏時間の中央ヨーロッパ夏時間 (Central European Summer Time) が使用される。 第二次世界大戦以前の1920年から1940年までの間は、リトアニアでも使われていた。戦時中にドイツが自国の占領した区域に導入させた後、フランス、ベルギー、オランダ、ルクセンブルクではそれがそのまま残った。戦後、モナコ、スペイン、アンドラ、ジブラルタルも中央ヨーロッパ時間を導入した(スペインについては、カナリア諸島はUTCを採用、スペイン本土より1時間遅れ)。 現在、中央ヨーロッパ時間を使用している国の中には、実際の経度がUTC+1のタイムゾーンから外れている国もあり、スペイン、フランスなどは、国土のほとんどがUTC+0のタイムゾーンにあたる経度に位置している。特にスペインガリシア地方西部には、UTC-1のタイムゾーンにあたる経度に位置するところもある。 アイルランド、UKでも、1968年から1971年までの間、試験的に導入されたことがあったが、暗い冬の朝に通学する子供の交通事故が増加するなどしたため、すぐに元に戻された。また、ポルトガルでも、1966-1976年、1992-1996年の間、導入されていたことがある。 Category:標準時 Category:ヨーロッパの時間.

新しい!!: ストックホルムと中央ヨーロッパ時間 · 続きを見る »

中世

中世(ちゅうせい、英語:middle ages)は、狭義には西洋史の時代区分の一つで、古代よりも後、近代または近世よりも前の時代を指す。17世紀初頭の西洋では中世の観念が早くも定着していたと見られ、文献上の初見は1610年代にまでさかのぼる。 また、広義には、西洋史における中世の類推から、他地域のある時代を「中世」と呼ぶ。 ただし、あくまでも類推であって、西洋史における中世と同じ年代を指すとは限らないし、「中世」という時代区分を用いない分野のことも多い。 また、西洋では「中世」という用語を専ら西洋史における時代区分として使用する。 例えば英語では日本史における「中世」を通常は「feudal Japan」(封建日本)や「medieval Japan」(中世日本)とする。.

新しい!!: ストックホルムと中世 · 続きを見る »

世界遺産

世界遺産(せかいいさん、World Heritage Site)は、1972年のユネスコ総会で採択された「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」(世界遺産条約)に基づいて世界遺産リスト(世界遺産一覧表)に登録された、文化財、景観、自然など、人類が共有すべき「顕著な普遍的価値」を持つ物件のことで、移動が不可能な不動産が対象となっている。なお、慣例的な用法として、その中の文化遺産を世界文化遺産、自然遺産を世界自然遺産と呼ぶことがある。 なお、世界遺産の制度では正式な文書は英語とフランス語で示され、日本語文献では英語が併記されることがしばしばある一方、フランス語が併記されることは普通ないため、以下では参照しやすさを考慮して、などに依拠して、主たる用語には英語を併記しておく。.

新しい!!: ストックホルムと世界遺産 · 続きを見る »

世界都市

UK ロンドン USA ニューヨーク FRA パリ 東京 CHN 北京 HKG 香港 CHN 上海 Singapore シンガポール 世界都市(せかいとし、world city)とは、主に経済的、政治的、文化的な中枢機能が集積しており、世界的な観点による重要性や影響力の高い都市のことである。グローバル都市(global city)ともいう。.

新しい!!: ストックホルムと世界都市 · 続きを見る »

帆船

ヨット(帆船)の例、背後の帆船は海王丸II世 シップの例(ノルウェー船籍のChristian Radich号) 帆船(はんせん)とは「帆」に風を受けて推進力とする船のことである。.

新しい!!: ストックホルムと帆船 · 続きを見る »

人口

人口(じんこう、仏: 英: Population、独: Bevölkerung)は、ある人間集団の総体を指す概念であり、またその集団を構成する人間の総数を指す統計上の概念である。.

新しい!!: ストックホルムと人口 · 続きを見る »

人口爆発

人口爆発(じんこうばくはつ)とは、人口が急激に増加することを指して言う言葉である。人口が留まる所を知らず増加するさまを、爆弾が爆発する例えにしている。.

新しい!!: ストックホルムと人口爆発 · 続きを見る »

人材

人材(じんざい)とは、才能があり、役に立つ人物。すなわち社会に貢献する個人のこと。人才とも。.

新しい!!: ストックホルムと人材 · 続きを見る »

亜寒帯湿潤気候

亜寒帯湿潤気候(あかんたいしつじゅんきこう)はケッペンの気候区分における気候区のひとつで亜寒帯(冷帯)に属する。冷帯湿潤気候(れいたいしつじゅんきこう)または冷帯多雨気候(れいたいたうきこう)ともいい、符号はDfa/Dfb/Dfc/Dfdで代表してDfで表すことが多い。Dは冷帯、fは湿潤(feucht)を表す。亜寒帯冬季少雨気候とは降水量(積雪)や湿度の違い以外はない。.

新しい!!: ストックホルムと亜寒帯湿潤気候 · 続きを見る »

佐々木譲

佐々木 譲(ささき じょう、1950年3月16日 - )は、日本の作家。本名は同じ漢字で、ささき ゆずると読む。東京農業大学客員教授。.

新しい!!: ストックホルムと佐々木譲 · 続きを見る »

地球温暖化

1940年–1980年の平均値に対する1999年から2008年の地表面の平均気温の変化 1990年–2010 年9月22日年の平均値に対する2070年から2100年の地表面の平均気温変化量の予測 地球温暖化(ちきゅうおんだんか、Global warming)とは、気候変動の一部で、地球表面の大気や海洋の平均温度が長期的に上昇する現象である。最近のものは、温室効果ガスなどの人為的要因や、太陽エネルギーの変化などの環境的要因によるものであるといわれている。単に「温暖化」とも言われている。.

新しい!!: ストックホルムと地球温暖化 · 続きを見る »

北ヨーロッパ

南ヨーロッパ 北ヨーロッパ(きたヨーロッパ)は、ヨーロッパの北部地域である。日本では北欧(ほくおう)とも呼ばれる。具体的にどの地方や国を含めるかは、国や国際機関などにより異なる。最も広い場合は、イギリスとアイルランド、そしてドイツやロシアのバルト海沿岸部も含まれる。.

新しい!!: ストックホルムと北ヨーロッパ · 続きを見る »

北方民族博物館

北方民族博物館(ほっぽうみんぞくはくぶつかん).

新しい!!: ストックホルムと北方民族博物館 · 続きを見る »

ペール・ヴァールー

ペール・ヴァールー(Per Fredrik Wahlöö, 1926年8月5日 - 1975年6月22日)は、スウェーデンの小説家。.

新しい!!: ストックホルムとペール・ヴァールー · 続きを見る »

ペスト

ペスト(, )とは、ヒトの体にペスト菌(Yersinia pestis 腸内細菌科 通性嫌気性/グラム陰性/無芽胞桿菌)が感染することにより発症する伝染病である。黒死病(, )とも。.

新しい!!: ストックホルムとペスト · 続きを見る »

マルティン・ベック

マルティン・ベック(Martin Beck)は、マイ・シューヴァル(Maj Sjöwall, 1935年 - )とペール・ヴァールー(Per Wahlöö, 1926年 - 1975年)の夫婦が合作した警察小説に登場する架空の警察官である。.

新しい!!: ストックホルムとマルティン・ベック · 続きを見る »

ノーベル博物館

ノーベル博物館 (スウェーデン語: Nobelmuseet) は、スウェーデンの首都ストックホルムの旧市街ガムラスタンにあるノーベル賞に関する博物館。 ノーベル賞100周年を記念して2001年春に開館した。スウェーデン・アカデミーが入居している旧証券取引所の一部が、ノーベル博物館となっている。ノーベル賞の歴史や、歴代受賞者、創設者アルフレッド・ノーベルに関する資料を館内で見ることができる。館内にはカフェがあり、2001年頃から受賞者が椅子の裏側にサインをすることが知られている。.

新しい!!: ストックホルムとノーベル博物館 · 続きを見る »

ノーベル賞

ノーベル賞(ノーベルしょう)は、ダイナマイトの発明者として知られるアルフレッド・ノーベルの遺言に従って1901年から始まった世界的な賞である。物理学、化学、生理学・医学、文学、平和および経済学の「5分野+1分野」で顕著な功績を残した人物に贈られる。 経済学賞だけはノーベルの遺言にはなく、スウェーデン国立銀行の設立300周年祝賀の一環としてノーベルの死後70年後にあたる1968年に設立されたものであり、ノーベル財団は「ノーベル賞ではない」としているが、一般にはノーベル賞の一部門として扱われることが多い。.

新しい!!: ストックホルムとノーベル賞 · 続きを見る »

ハンマルビーIF

ハンマルビーIF()は、スウェーデンの首都ストックホルムに本拠地を置くサッカークラブ。もともと同名の総合スポーツクラブの1部門であり、Idrottsföreningとは「スポーツクラブ」を意味する。チーム名は他のスポーツと区別するため、しばしばハンマルビー・フットボール(Hammarby Football)と表記されることがある。.

新しい!!: ストックホルムとハンマルビーIF · 続きを見る »

ハンザ同盟

ハンザ同盟(ハンザどうめい)は、中世後期に北ドイツを中心にバルト海沿岸地域の貿易を独占し、ヨーロッパ北部の経済圏を支配した都市同盟である。同盟の慣習法は海事法のもとになった。.

新しい!!: ストックホルムとハンザ同盟 · 続きを見る »

ハイテク

ハイテクは、ハイ・テクノロジー(High-Technology)の略で、先端分野の技術体系(先端技術)を指し、主に電子回路や情報処理に関連する、応用技術体系を指す。.

新しい!!: ストックホルムとハイテク · 続きを見る »

バルト海

3月のバルト海北部のボスニア湾は一部氷結している(衛星写真)。 バルト海(バルトかい、Baltic Sea)は、北ヨーロッパに位置する地中海。ヨーロッパ大陸とスカンディナビア半島に囲まれた海域である。ユーラシア大陸に囲まれた海域と説明されることもある「バルト海」『新版 地学事典』p.1046。 西岸にスウェーデン、東岸は、北から順にフィンランド、ロシア、エストニア、ラトビア、リトアニア、南岸は、東から西にポーランド、ドイツ、デンマークが位置する。.

新しい!!: ストックホルムとバルト海 · 続きを見る »

バルト海クルーズ

MSCスプレンディダ ノルウェーのフィヨルドを進む様子 MSCクルーズのシンボルマーク MSCクルーズの船の様子。 バルト海クルーズ(バルトかいクルーズ)とは、北ヨーロッパ、ユーラシア大陸とスカンディナヴィア半島に囲まれているバルト海におけるクルージングのこと。また、単に海上交通手段としてのクルーズも含まれる。.

新しい!!: ストックホルムとバルト海クルーズ · 続きを見る »

バロック音楽

バロック音楽(バロックおんがく)は、ヨーロッパにおける17世紀初頭から18世紀半ばまでの音楽の総称である。この時代はルネサンス音楽と古典派音楽の間に位置する。絶対王政の時代とほぼ重なる。.

新しい!!: ストックホルムとバロック音楽 · 続きを見る »

ポルトガル

ポルトガル共和国(ポルトガルきょうわこく、República Portuguesa、República Pertuesa)、通称ポルトガルは、南ヨーロッパのイベリア半島に位置する共和制国家である。北と東にスペインと国境を接し、国境線の総延長は1,214kmに及ぶ。西と南は大西洋に面している。ヨーロッパ大陸部以外にも、大西洋上にアソーレス諸島とマデイラ諸島を領有している。首都はリスボン。 ポルトガルはユーラシア大陸最西端の国家である。ヨーロッパで最初に海路で中国や日本など東アジアとの接触を持った。.

新しい!!: ストックホルムとポルトガル · 続きを見る »

メーラレン湖

メーラレン湖(メーラレンこ、Mälaren )は、スウェーデンでヴェーネルン湖・ヴェッテルン湖に次いで3番目に大きい湖。面積1140km2、最深64mである。 南西部から北西部に向かってセーデルテリエ運河(Södertälje kanal)、ハンマービー水門(Hammmarbyslussen)、カール・ヨハン水門(Karl Johanslussen)、ノッルストローム(Norrstrom)を経てバルト海へ注いでいる。湖の最東部の湾はストックホルム中心部に位置し、リッダーフィヨルド(Riddarfjarden)と呼ばれる。 湖はスヴェアランドにあり、ウップランド地方・セーデルマンランド地方・ネルケ地方・ヴェストマンランド地方の各地方にまたがっている。メーラレン湖の最も大きな島2つは Selaön(91km2)とSvartsjölandet(79km2)である。 ビェルケ島にヴァイキング時代の定住地ビルカが、隣接するアデルスユー島にホーヴゴーデンがあり、1993年ユネスコ世界遺産に登録された。また同じく世界遺産であるドロットニングホルム宮殿がローベン島にある。 なお小惑星(3057)メーラレンは、メーラレン湖に因んで命名された。.

新しい!!: ストックホルムとメーラレン湖 · 続きを見る »

メキシコ湾流

図下側から北赤道海流→'''メキシコ湾流'''→北大西洋海流→北上し東グリーンランド海流・東進しノルウェー海流 メキシコ湾流(メキシコわんりゅう、)とは、北大西洋の亜熱帯循環の西端に形成される狭く強い海流で、黒潮と並ぶ世界最大の海流である。単に湾流、またはカタカナでガルフストリームとも記される。.

新しい!!: ストックホルムとメキシコ湾流 · 続きを見る »

ユーハン・ヘルミク・ルーマン

ユーハン・ヘルミク・ルーマン(Johan Helmich Roman, 1694年10月26日 ストックホルム - 1758年11月20日)は、北欧で最も重要なバロック音楽の作曲家。北欧では 「スウェーデン音楽の父」 や 「スウェーデンのヘンデル」 と呼ばれる。実際ルーマンは、ロンドンに留学してヘンデルに入門し、イタリア・バロック音楽の様式について薫陶を受けている。.

新しい!!: ストックホルムとユーハン・ヘルミク・ルーマン · 続きを見る »

ユールゴーデン

ユールゴーデン(スウェーデン語:Djurgården)は、ストックホルムの中央部にある地区。スウェーデン語でDjurは動物、gårdenは庭園を意味し、直訳すると動物園である。 Djurgården地区には1891年に開業した動物園及び屋外美術館スカンセンがある。2013年にはスウェーデンのポップ・ミュージックグループABBAの博物館"ABBA THE MUSEUM"が開館した。.

新しい!!: ストックホルムとユールゴーデン · 続きを見る »

ユールゴーデンIF

ユールゴーデンIF()は、スウェーデンの首都、ストックホルムに本拠地を置く総合スポーツクラブであり、セミプロのサッカークラブも併せ持つ。.

新しい!!: ストックホルムとユールゴーデンIF · 続きを見る »

ユースホステル

ユースホステル(、)は、プロイセンのリヒャルト・シルマンが創設した、青少年少女の旅に安全かつ安価な宿泊場所を提供しようという主旨で始まった運動と、それにより生まれた、宿泊施設の世界的なシステムである。 略称「YH」。日本では「ユース」とも。 イギリス英語で、ユースホステルの利用者をホステラーという。ユースホステルを利用した旅をホステリングという。.

新しい!!: ストックホルムとユースホステル · 続きを見る »

ヨーロッパ

ヨーロッパ日本語の「ヨーロッパ」の直接の原語は、『広辞苑』第5版「ヨーロッパ」によるとポルトガル語・オランダ語、『デジタル大辞泉』goo辞書版「」によるとポルトガル語。(、)又は欧州は、地球上の七つの大州の一つ。漢字表記は欧羅巴。 地理的には、ユーラシア大陸北西の半島部を包括し、ウラル山脈およびコーカサス山脈の分水嶺とウラル川・カスピ海・黒海、そして黒海とエーゲ海を繋ぐボスポラス海峡-マルマラ海-ダーダネルス海峡が、アジアと区分される東の境界となる増田 (1967)、pp.38–39、Ⅲ.地理的にみたヨーロッパの構造 ヨーロッパの地理的範囲 "Europe" (pp. 68-9); "Asia" (pp. 90-1): "A commonly accepted division between Asia and Europe...

新しい!!: ストックホルムとヨーロッパ · 続きを見る »

ヨーテボリ

ヨーテボリ(スウェーデン語:、 )は、ヴェストラ・イェータランド県に属するスウェーデンの港湾都市で、県庁所在地である。人口は約52万人。スウェーデンではストックホルムに次ぎ、北欧では5番目に大きい都市である。町の名前は「ゴートの都市」を意味する。日本語ではイェーテボリ、イエテボリ、エーテボリなどとも呼ばれる。.

新しい!!: ストックホルムとヨーテボリ · 続きを見る »

ロココ

(Rococo)とは、美術史で使われた用語で、バロックに続く時代の美術様式を指す。18世紀、ルイ15世のフランス宮廷から始まり、ヨーロッパの他国にも伝えられ、流行した。.

新しい!!: ストックホルムとロココ · 続きを見る »

ヴァーサ (戦列艦)

ヴァーサ()は、スウェーデン海軍の64門戦列艦。 グスタフ2世アドルフの命によって1626年起工。もともと砲甲板は一層の予定であったが、建造途中で二層に増やされるなど無理な構造で、さらに重武装だったため極端にトップヘビーな艦になってしまった。1628年8月10日、波が穏やかな日に初航海に出たが、マストに帆を張り 1,300 m ほど帆走した地点で横風を受け、復原性の低さが災いしてそのまま横転沈没した。すぐに引き上げが試みられ、大砲や貴重品は1664年までにほぼ回収できたが、船体の回収にはことごとく失敗し、海底に沈んだ状態で放置された。 1950年代に入って、バルト海は水温や酸素濃度が低く、フナクイムシが生息していないことから、ヴァーサの船体が朽ちることなく復元可能な状態で沈んでいる可能性が持ち上がった。アマチュア考古学者の尽力もあり、ヴァーサは沈没から333年経った1961年、ついに引き上げられた。長期にわたる復元作業の後、1988年12月からヴァーサ博物館にて展示中。船体や調度などが非常に良く原形を残しており、当時の戦列艦の姿、建造方法、設備などを知る貴重な資料を提供している。 File:Vasa above bow2.jpg|ヴァーサの甲板 File:Stockholm ship Vasa.jpg|ヴァーサの砲門 File:The stern of the Wasa.jpg|豪奢なヴァーサの艦尾.

新しい!!: ストックホルムとヴァーサ (戦列艦) · 続きを見る »

ヴァイキング

'''ヴァイキングの航海''' 緑色はヴァイキングの居住地(植民地)、青線は経路、数字は到達年。黒海やカスピ海、北アメリカ大陸のニューファンドランド島にも到達している ヴァイキング(Viking、Viking、Wikinger)とは、ヴァイキング時代(Viking Age、800年 - 1050年)と呼ばれる約250年間に西ヨーロッパ沿海部を侵略したスカンディナヴィア、バルト海沿岸地域の武装船団(海賊)を指す言葉。 彼らは北方系ゲルマン人で、ゲルマン民族移動の時代には南下(デーン人のユトランド半島進出など)により、西ヨーロッパとより近く接触するようになったが、9世紀に入って侵略などを活発化させた。 後の研究の進展により、ヴァイキングは「その時代にスカンディナヴィア半島、バルト海沿岸に住んでいた人々全体」を指す言葉に変容した。そういった観点からは、ノルマン人とも呼ばれる。中世ヨーロッパの歴史に大きな影響を残した。西洋生活様式と思想は、個人主義がヴァイキングのイデオロギーに影響を受ける。 ヴァイキングは海賊・交易・植民を繰り返す略奪経済を生業としていたのではなく、ノルウェーの考古学者であるヘイエルダールが述べたように、故地においては農民であり漁民であった。http://www.history.com/topics/exploration/vikings-history--> また、ヴァイキングたちの収益の大部分が交易によるものだったと言われている。この事実から、ヴァイキングたちにとっても航海の主たる目的は交易であり、略奪の方がむしろ例外的なものだったと考えられる。金になるブリテン諸島、イベリア半島、イタリア半島、バルカン半島、ヨーロッパロシア、スカンディナヴィア半島、北アフリカ、西アジアとの交易路。例えばヴァリャーグからギリシャへの道でコンスタンティノープルとの貿易、ヴァイキングの通商路である。.

新しい!!: ストックホルムとヴァイキング · 続きを見る »

ヴァイキングライン

トックホルム港のヴァイキングシンデレラ号 ヴァイキングライン()は、フィンランドの大手船会社。大型のフェリーをヘルシンキを中心にマリエハムンなどオーランド諸島やスウェーデン、エストニアに就航させている。本社はフィンランド領オーランド諸島の都市マリエハムン。.

新しい!!: ストックホルムとヴァイキングライン · 続きを見る »

ヴィスビュー

ヴィスビュー(Visby )はゴットランド島に位置するスウェーデン王国南東部の都市である。10世紀に建設され、そのころの遺跡で国際的に有名。ゴットランド県とゴットランド市の中心都市である。英語発音に近いヴィスビーと表記される場合もある。 現在のスウェーデンにおいて、ヴィスビューは旧市街を囲む殆ど完全な姿の3.4kmの石の壁で知られている。この壁は"Ringmuren"(輪壁)と呼ばれる。.

新しい!!: ストックホルムとヴィスビュー · 続きを見る »

ヴェネツィア

ヴェネツィア(Venezia)は、イタリア共和国北東部に位置する都市で、その周辺地域を含む人口約26万人の基礎自治体(コムーネ)。ヴェネト州の州都、ヴェネツィア県の県都である。ヴの表記によりベネチアと表記されることもある。 中世にはヴェネツィア共和国の首都として栄えた都市で、「アドリア海の女王」「水の都」などの別名をもつ。英語では「Venice」と呼ばれ、これに由来して日本語でもヴェニス、ベニスと呼ばれることもある。.

新しい!!: ストックホルムとヴェネツィア · 続きを見る »

ビルカ

ビルカ(Birka)は、現在のスウェーデンの首都ストックホルム西方約29kmのメーラレン湖のビェルケ島にあるヴァイキング時代の都市遺跡である。.

新しい!!: ストックホルムとビルカ · 続きを見る »

ビジネス

ビジネス(business)は、経済行為を表す用語であり、狭義から広義まで様々な意味を持っていて、1つの日本語に置き換えて表現することはできない。以下に、ビジネスの代表的な意味を、簡単な表現事例とともに記す。.

新しい!!: ストックホルムとビジネス · 続きを見る »

デンマーク

デンマーク(Danmark, )は、北ヨーロッパのバルト海と北海に挟まれたユトランド半島とその周辺の多くの島々からなる立憲君主制国家。北欧諸国の1つであり、北では海を挟んでスカンディナヴィア諸国、南では陸上でドイツと国境を接する。首都のコペンハーゲンはシェラン島に位置している。大陸部分を領有しながら首都が島嶼に存在する数少ない国家の一つである(他には赤道ギニア、イギリスのみ)。 自治権を有するグリーンランドとフェロー諸島と共にデンマーク王国を構成している。 ノルディックモデルの高福祉高負担国家であり、市民の生活満足度は高く、2014年の国連世界幸福度報告では第1位であった。.

新しい!!: ストックホルムとデンマーク · 続きを見る »

ドロットニングホルム宮殿

ドロットニングホルム宮殿(Drottningholms slott)は、スウェーデン・ストックホルム郊外のローベン島にある離宮である。この宮殿は、スウェーデン王カール11世の母后ヘトヴィヒ・エレオノーラの命によって1662年に建設が始められ、庭園にバロック様式を採用して1686年に完成した。 「ドロットニングホルム」 はスウェーデン語で 「王妃の小島」 を意味する。「北欧のヴェルサイユ宮殿」 の勇名を馳せる。王家の住居を除いて一般に公開されており、観光地としても有名である。毎年夏には観光客用に演劇やオペラが上演される。.

新しい!!: ストックホルムとドロットニングホルム宮殿 · 続きを見る »

ドイツ人

ドイツ人(ドイツじん、)は、ドイツを中心としてヨーロッパに分布する住民の定義である。文脈により以下の三つの定義を有する。.

新しい!!: ストックホルムとドイツ人 · 続きを見る »

ホーヴゴーデン

ホーヴゴーデンは、スウェーデンのメーラレン湖に浮かぶアデルスユー島(Adelsö)に残る遺跡。この島はヴァイキングが10世紀から11世紀にかけて占領し、スウェーデン王国の王領地のネットワークであるUppsala ödに含まれていた。ホーヴゴーデンは王宮の所在地として、隣のビョルケー島の貿易拠点ビルカを見渡す行政上の中心地でもあった。ホーヴゴーデンにはバイキング時代以来の数千に及ぶ墓所があり、農民たちだけでなく、歴代の王族や豪族の墓もある。 Alsnöhus城と教会が中世に建造され、1279年には封建制度が確立した。.

新しい!!: ストックホルムとホーヴゴーデン · 続きを見る »

ダイナマイト

ダイナマイト(dynamite)はニトログリセリンを主剤とする爆薬の総称。アルフレッド・ノーベルが最初に発明したのはニトログリセリンを珪藻土にしみ込ませたものである。現代の日本においては、社団法人火薬学会の規格では6%をこえるニトロゲル(後述のブラスチングゼラチン)を含有する爆薬の総称と規定されている。.

新しい!!: ストックホルムとダイナマイト · 続きを見る »

列強

国連安保理で拒否権を持たない列強:日本, ドイツ 列強(れっきょう、great powers, major powers)とは、世界規模の影響力を持つ複数の国家を指す用語である。 列強は経済的、軍事的、外交的、文化的、政治的などの力を持ち、しばしば他の小国の行動に影響を与える。国際関係の理論では列強の位置づけは、その力を発揮できる能力や、領土などの空間や、国際的な地位などの面から特徴づけられる。 いくつかの諸国が広く列強と呼ばれているが、その明確な定義は存在せず、ウィーン会議などの国際会議や国際連合安全保障理事会などの国際組織によって公式に認識されるDanilovic, Vesna.

新しい!!: ストックホルムと列強 · 続きを見る »

刑事施設

刑事施設(けいじしせつ)とは、日本において自由刑に処せられた者、死刑確定者、勾留された被疑者・被告人を収容する施設をいう。旧監獄法令下にあっては、行刑施設(ぎょうけいしせつ)、監獄(かんごく)と呼称されていた。.

新しい!!: ストックホルムと刑事施設 · 続きを見る »

アメリカ海洋大気庁

アメリカ海洋大気庁(アメリカかいようたいきちょう、National Oceanic and Atmospheric Administration)は、アメリカ合衆国商務省の機関の一つ。海洋と大気に関する調査および研究を専門とする。略称はNOAA(ノア)。日本語圏ではアメリカ海洋大気局と表記されることも多い。.

新しい!!: ストックホルムとアメリカ海洋大気庁 · 続きを見る »

アルフレッド・ノーベル

アルフレッド・ベルンハルド・ノーベル(Alfred Bernhard Nobel, 1833年10月21日 - 1896年12月10日)は、ダイナマイトの発明で知られるスウェーデンの化学者、発明家、実業家。 ボフォース社を単なる鉄工所から兵器メーカーへと発展させた。350もの特許を取得し、中でもダイナマイトが最も有名である。ダイナマイトの開発で巨万の富を築いたことから、「ダイナマイト王」とも呼ばれた。 遺産を「ノーベル賞」の創設に使用させた。自然界には存在しない元素ノーベリウムはノーベルの名をとって名付けられた。Dynamit Nobel やアクゾノーベルのように現代の企業名にも名を残している(どちらもノーベルが創業した会社の後継)。.

新しい!!: ストックホルムとアルフレッド・ノーベル · 続きを見る »

アイルランド

アイルランド、またはアイルランド共和国(-きょうわこく)は、北西ヨーロッパ、北大西洋のアイルランド島の大部分を領土とする立憲共和制国家。首都はダブリン。島の北東部はイギリスのカントリーの一つである北アイルランドと接している。 独立前より北アイルランドも自国の領土であると主張し、イギリスとの対立と抗争を繰り返してきたが、1998年のベルファスト合意により領有権を放棄した。 2005年、『エコノミスト』の調査では最も住みやすい国に選出されている。.

新しい!!: ストックホルムとアイルランド · 続きを見る »

アストリッド・リンドグレーン

アストリッド・リンドグレーン(Astrid Lindgren, 1907年11月14日 - 2002年1月28日)は、スウェーデンの児童書の編集者で、同時に児童文学作家でもある。彼女の著書は、世界の70か国語以上に翻訳され、100以上の国で出版されている。.

新しい!!: ストックホルムとアストリッド・リンドグレーン · 続きを見る »

ウップランド地方

ウップランド地方()はスウェーデン中部スヴェアランドの地方の1つ。.

新しい!!: ストックホルムとウップランド地方 · 続きを見る »

エリクソン

リクソン(Telefonaktiebolaget LM Ericsson)は、スウェーデンの通信機器メーカー。世界最大の移動体通信(携帯電話)地上固定設備のメーカーとして知られるほか、スウェーデン国産戦闘機JAS 39 グリペンの電子機器を手がける。本社はスウェーデンのストックホルム。.

新しい!!: ストックホルムとエリクソン · 続きを見る »

オペラ

イタリア・ミラノにあるスカラ座。1778年に完成したこの歌劇場は、世界で最も有名である。 オペラ(イタリア語・英語: opera、フランス語: opéra、ドイツ語: Oper)は、演劇と音楽によって構成される舞台芸術である。歌劇(かげき)とも呼ばれる。.

新しい!!: ストックホルムとオペラ · 続きを見る »

オランダ人

ランダ人(オランダじん、Nederlanders)は、オランダ国民、またはオランダを父祖の土地とする民族のこと。 南部アフリカへ移民したオランダ人はアフリカーナーになった。さらにバルト・ドイツ人とともにロシアに移民したオランダ人もいた。オーストリア大統領のアレクサンダー・ファン・デア・ベレンは父がオランダ系ロシア貴族出身である。.

新しい!!: ストックホルムとオランダ人 · 続きを見る »

カルマル同盟

ルマル同盟(カルマルどうめい)は、1397年にデンマーク・ノルウェー・スウェーデンの3王国間で締結された同盟(物的同君連合)。締結場所が現スウェーデンのカルマルであったので「カルマル同盟」と呼ばれる。 1523年のスウェーデン独立以後は、デンマーク=ノルウェー二重王国となった。二重王国以後の歴史的、法的な経緯は、「デンマーク=ノルウェー」を参照のこと。.

新しい!!: ストックホルムとカルマル同盟 · 続きを見る »

カロリンスカ研究所

リンスカ研究所(カロリンスカけんきゅうじょ、Karolinska Institutet)はスウェーデンのストックホルムにある医科大学。カロリンスカ医科大学とも呼ばれる。.

新しい!!: ストックホルムとカロリンスカ研究所 · 続きを見る »

ガムラスタン

ムラスタン (Gamla stan) はスウェーデン・ストックホルムの旧市街で、スターズホルメン島を占めている。『古い街』を意味し、他に「橋の間の街」(Staden mellan broarna)と呼ばれることもある。 スターズホルメン島は徒歩で一時間もあれば一周できる広さである。島の周囲にある小島リッダルスホルメン、ヘルゲアンズホルメン、ストレンスボリは公式には含まれているが、日常的にはガムラスタンの一部ではない。 街の発祥は13世紀に遡る。中世の小路、玉石敷きの通り、古風な建築が保存されている。北ゲルマン建築が、旧市街建設に強い影響を与えている。古い中央部を挟んでヴェステルロンガータンとエステルロンガータン(西/東の長い通り)が通っている。.

新しい!!: ストックホルムとガムラスタン · 続きを見る »

クリスチャン2世 (デンマーク王)

リスチャン2世(Christian II,1481年7月1日 - 1559年1月25日)はデンマーク王・ノルウェー王(在位:1513年 - 1523年)、およびスウェーデン王(在位:1520年 - 1521年)。デンマーク王権の強化を図ったが、封建貴族・聖職者の反発にあい亡命に追い込まれた。カルマル同盟からの離脱を図るスウェーデンに対して強圧策をとり、ストックホルムの血浴と呼ばれる粛清を行ったことでかえって強い反発を招き、カルマル同盟を崩壊させた。.

新しい!!: ストックホルムとクリスチャン2世 (デンマーク王) · 続きを見る »

グローナルンド遊園地

ーナルンド遊園地(Tivoli Grona Lund)とは、スウェーデンストックホルムのユールゴーデン島(Djurgarden)にある遊園地である。ヨーテボリにあるリセベリと並んで、スウェーデンでは第二の規模の遊園地である。「グローナルンド」は、直訳すれば「緑の島」の意である。.

新しい!!: ストックホルムとグローナルンド遊園地 · 続きを見る »

グスタフ1世 (スウェーデン王)

タフ1世(Gustav I, Gustav Eriksson Vasa, 1496年5月12日 - 1560年9月29日)はスウェーデン国王(在位:1523年 - 1560年)。ヴァーサ王朝の祖。.

新しい!!: ストックホルムとグスタフ1世 (スウェーデン王) · 続きを見る »

グスタフ3世 (スウェーデン王)

タフ3世(Gustav III, 1746年1月13日(グレゴリオ暦1月24日) - 1792年3月29日)は、スウェーデン王国のホルシュタイン=ゴットルプ朝第2代の国王(在位:1771年 - 1792年)。 ロシア帝国やデンマークと戦って勝利し、ヨーロッパでの名声を高めた。またハンス・フォン・フェルセンを臣下とし、フランスとの友好関係を深めた。グスタフ3世の時代はスウェーデンの中興の時代であり、また文化面から「ロココの時代」とも呼ばれている。 1980年代に発行されていた50クローナ紙幣に肖像が使用されていた。.

新しい!!: ストックホルムとグスタフ3世 (スウェーデン王) · 続きを見る »

ゴットランド島

市の紋章 スウェーデン本土とゴットランドの位置関係 ゴットランド島(ゴットランドとう、またはゴトランド、Gotland)はスウェーデン最大の島で(エーランド島は2番目)、同国南部に位置する(地図参照)。面積3,183.7 km、バルト海で最大の島でもある。 島名の「ゴットランド」とは「ゴート族の地」の意。人口は 5万7221人(2009年時点)、主な収入源は観光と農業である。1950年頃までは地質学における年代区分において、シルル紀を「ゴットランド紀」と称していた。これは全島がシルル紀の化石サンゴ礁から構成されていることに由来する。 ゴットランドの主な都市は、多くの歴史的な建物とハンザ同盟時代の砦、城壁のほとんどを完全に残すヴィスビューである。 ゴットランドは以下の主島である:.

新しい!!: ストックホルムとゴットランド島 · 続きを見る »

シリヤライン

リヤライン(Tallink Silja Oy)は、かつてフィンランドに本拠を置いていた船会社であったが、2006年、エストニアのフェリー会社タリンク(AS Tallink Grupp)に買収された。.

新しい!!: ストックホルムとシリヤライン · 続きを見る »

シンクタンク

ンクタンク()は、諸分野に関する政策立案・政策提言を主たる業務とする研究機関。 シンクタンク、政策研究所、研究機関は、社会政策、政治戦略、経済、軍事、技術、文化などのテーマに関する研究とアドボカシーを行う組織であるが、こうした政策機関はほとんどが非営利団体であり、米国やカナダなどの一部の国では非課税状態。他のシンクタンクは、政府、 擁護団体 、または企業によって資金提供されているか、またはプロジェクトに関連するコンサルティングや研究活動から収益を得ている。 直訳すると、頭脳集団。よって、頭脳集団という意味での民間企業も多くある。.

新しい!!: ストックホルムとシンクタンク · 続きを見る »

ストールストックホルムス・ロカールトラフィーク

AB ストールストックホルムス・ロカールトラフィーク (アーベー ストールストックホルムス・ローカルトラフィーク、スウェーデン語:AB Storstockholms Lokaltrafik) はスウェーデン・ストックホルム県内の公共交通機関を担当する公営交通である。ストックホルム県ランスティングが所有する株式会社で、県内のバスを運行する他、近郊電車、スウェーデン国内唯一の地下鉄も運行している。しばしばSLと省略され、ロゴマークも省略形をあしらったものになっている。.

新しい!!: ストックホルムとストールストックホルムス・ロカールトラフィーク · 続きを見る »

ストックホルムの密使

『ストックホルムの密使』(ストックホルムのみっし)は、佐々木譲による日本の小説作品。第二次大戦秘話三部作のひとつである。 太平洋戦争終戦間際にストックホルムの日本海軍武官が米国の原子爆弾使用と、ドイツ降伏3カ月後にソビエトが対日参戦するという情報を得て密使を東京に送る。その密使の活躍を武官夫人が後年回想する形で物語は進行する。.

新しい!!: ストックホルムとストックホルムの密使 · 続きを見る »

ストックホルムの血浴

トックホルムの血浴 ストックホルムの血浴(デンマーク語:Stockholms blodbad)とは、デンマーク王クリスチャン2世が1520年に行なったスウェーデン人に対する処刑ないし粛清である。.

新しい!!: ストックホルムとストックホルムの血浴 · 続きを見る »

ストックホルム宮殿

トックホルム宮殿(スウェーデン語:Stockholms slott)は、スウェーデンの君主の公邸(国王一家の私邸はドロットニングホルム宮殿)であり、主要な王宮の一つである。.

新しい!!: ストックホルムとストックホルム宮殿 · 続きを見る »

ストックホルム中央駅

トックホルム中央駅(Stockholms centralstation)はスウェーデンの首都ストックホルムにあるスウェーデン最大のターミナル駅である。ストックホルム中央駅はストックホルムの中心部であるノルマルマ地区のヴァーサガータン通りに面している。開業は1871年7月18日で今日では毎日25万人以上が訪れスウェーデンのみならず、北欧諸国の交通の拠点ともなっている。通勤列車の旅客が10万5千人、アーランダ国際空港へのアクセス列車の旅客が2万5千人、その他の旅客が4万人、計17万人の旅客が毎日利用している。 駅舎は1867年から1871年にかけて建築家のAdolf W. Edelsvärdによって建設された。1925年までは線路が当初の駅に敷かれていたが、1925年から1927年にかけて改良され今までの位置より西側に移動したため、長さ119m、幅28m、高さ13mの待合ホールに転用されている。改良後は南側にも建物が拡張されている。現在では会議場として使用され、会議場の隣は王族が列車を利用する際の貴賓室として利用されている。 1951年以降、ヴァーサガータン方の建物面はよりシンプルな物に変わり、1957年には地下鉄駅が開業している。.

新しい!!: ストックホルムとストックホルム中央駅 · 続きを見る »

ストックホルム市庁舎

トックホルム市庁舎(ストックホルムしちょうしゃ)は、スウェーデンの首都ストックホルムの市庁舎である。ノーベル賞の記念晩餐会が行われる場所であり、ナショナル・ロマンティシズム建築の傑作としても知られる。.

新しい!!: ストックホルムとストックホルム市庁舎 · 続きを見る »

ストックホルム地下鉄

トックホルム地下鉄(ストックホルムちかてつ、スウェーデン語:Stockholms tunnelbana)は、スウェーデンの首都ストックホルムの地下鉄である。 全長105.7kmの3路線で、ちょうど100の駅がある。ストックホルム中心部から郊外の住宅地とを結んでおり、あるいは都心内部の移動手段としても利用されている。交通局の統計によると、年間の利用者数は2億9700万人(2006年)に上る。.

新しい!!: ストックホルムとストックホルム地下鉄 · 続きを見る »

ストックホルム・ブロンマ空港

トックホルム・ブロンマ空港(Stockholm-Bromma flygplats、Stockholm-Bromma Airport)は、スウェーデンの首都ストックホルム近郊に位置する空港である。.

新しい!!: ストックホルムとストックホルム・ブロンマ空港 · 続きを見る »

ストックホルム・アーランダ空港

トックホルム・アーランダ空港(英語:Stockholm-Arlanda Airport)は、スウェーデンの首都、ストックホルムの北42km及びウプサラの南東28kmに位置する国際空港である。.

新しい!!: ストックホルムとストックホルム・アーランダ空港 · 続きを見る »

ストックホルム・スタディオン

トックホルム・スタディオン(Stockholms stadion)またはストックホルム・オリンピアスタディオン(Stockholms Olympiastadion)は、スウェーデン・ストックホルムにある陸上競技場。1912年のストックホルムオリンピックの開催のために建設された。設計者はトールベン・グルート。以来、多くのスポーツ大会、特にサッカーとスウェーデン陸上競技選手権大会を開催。また、ローリング・ストーンズ、ロビー・ウィリアムズ、アイアン・メイデンらの多くのアーティストがコンサートを行った。ストックホルム地下鉄スタディオン駅が最寄駅。.

新しい!!: ストックホルムとストックホルム・スタディオン · 続きを見る »

ストックホルム県

トックホルム県(Stockholms län)は、スウェーデンの県の一つで、略号はAB。県庁所在地は首都でもあるストックホルム市(Stockholm)。スウェーデンの政治的中心地。県の面積は6,519 km2で、2007年6月30日現在の人口は国内最大の193万2763人(調べ)。スウェーデン国内で最も都市化の進んだ県でもある。ストックホルム県はスウェーデン第3の湖メーラレン湖の東側を囲むように位置し、そのバルト海への出口ともなっている。県内のバルト海海上にある群島はヴェストラ・イェータランド県やブレーキンゲ県にある群島と並んで、その美しさが有名である。夏の休暇ともなると、群島には全国からその美しさを目当てに、数週間単位でコテージを借りる観光客が押し寄せる。 産業的にはサービス関連産業の県内産業占める割合が85パーセントと全国平均の65パーセントを大きく上回っている。製造業では、エリクソン、IBMスウェーデン、アルファ・ラヴァル(Alfa Laval)等の大企業が県内に各地に拠点(必ずしも本社ではない)を置いている。医薬品業界の最大手アストラ・ゼネカも県内に拠点を設けている。首都を抱える県という性格上、中央政府の関係機関が多く、そこに勤める就業者の割合も他県に比べて高くなっている。カール16世グスタフ国王が公式行事を行うストックホルム宮殿もストックホルム市中心部の旧市街(ガムラスタン)に位置する。県内には国内線を中心とした便の発着があるストックホルム・ブロンマ空港がある。この飛行場は市内中心部からバスで30分前後の近さにあるので、国内のビジネス客や旅行者に頻繁に利用される。 最近では中近東・アジア・中南米からの移民が県内の特定の地域に特に独自のコミュニティーを形成している(形成せざるを得ない)状況がスウェーデン社会への統合という点から問題になっている。特に県内のスンドビーバーリ(Sundbyberg)市リンケビー地区(Rinkeby)やボートシルカ(Botkyrka)市などでは、移民と地元住民との生活上の摩擦、移民の住環境の悪化、移民の就職難が大きな問題となっている。.

新しい!!: ストックホルムとストックホルム県 · 続きを見る »

ストックホルム症候群

トックホルム症候群(ストックホルムしょうこうぐん、Stockholm syndrome)とは、誘拐事件や監禁事件などの犯罪被害者が、犯人との間に心理的なつながりを築くようになることをいう。名前に反して症候群ではなく、心的外傷後ストレス障害に分類される。.

新しい!!: ストックホルムとストックホルム症候群 · 続きを見る »

ストックホルム近代美術館

トックホルム近代美術館(Moderna museet)は、スウェーデンの首都ストックホルムにある美術館である。 1958年、20世紀美術のための美術館として開館。 1998年にはスペイン人建築家ラファエル・モネオによって新築された。しかしその後、建物に欠陥が見つかり、2002年に一旦閉館された。2004年に再びオープンした。.

新しい!!: ストックホルムとストックホルム近代美術館 · 続きを見る »

スウェーデン

ウェーデン王国(スウェーデンおうこく、スウェーデン語: )、通称スウェーデンは、北ヨーロッパのスカンディナヴィア半島に位置する立憲君主制国家。首都はストックホルム。西にノルウェー、北東にフィンランドと国境を接し、南西にカテガット海峡を挟んでデンマークと近接する。東から南にはバルト海が存在し、対岸のロシアやドイツとの関わりが深い。法定最低賃金は存在しておらず、スウェーデン国外の大企業や機関投資家に経済を左右されている。.

新しい!!: ストックホルムとスウェーデン · 続きを見る »

スウェーデンの地方

ウェーデンの地方(スウェーデンのちほう、ランドスカープ、:sv:Landskap)は、スウェーデンにおける古い政治的区分に由来する地理上の分類である。日常生活中では、天気予報やニュース番組では地方名としてのランドスカープが頻繁に使用される。スウェーデン人の出身地は、県名ではなくランドスカープ名で表されることが多い。.

新しい!!: ストックホルムとスウェーデンの地方 · 続きを見る »

スウェーデンの県

ウェーデンの県(スウェーデンのけん)は、第1レベル区分の地方自治体であり、役割の異なる2種類の行政組織、レーン (län)とランスティング (Landsting)からなる。前者は国会と政府の出先機関であり、後者は県民の代表である。レーンの総数は21で、ランスティングの数は20となっている。狭義に県は、レーンのみをさしている。 行政上、コミューンを第一次コミューン (primärkommun)、ランスティングを第二次コミューン (sekundärkommun) とする呼称もあり、法的にランスティングはコミューンの集合体とされている。 ランスティングの境はレーンの境とほぼ一致し、名称も「イェムトランド県ランスティング」などとレーンの名前を関したものが多いため、ランスティングをコミューンの一種とすることは日常的にはない。ゴットランド県は島という地理的性格上、レーンがランスティングの役割も担っているので、ランスティングの数はレーンよりも一つ少なくなっている。.

新しい!!: ストックホルムとスウェーデンの県 · 続きを見る »

スウェーデン国立美術館

ウェーデン国立美術館 - 王宮側から撮影。手前はノール運河。 国立美術館は夜にはライトアップされる 国立美術館3階に展示されている、フランスの画家フランソワ・ブーシェによる『ヴィーナスの凱旋』「ストックホルム国立美術館」4-5頁で確認した日本語題。。テッシンがブーシェに制作を依頼し1,600リーブルで買い上げた。この作品をきっかけにテッシンは一時期ブーシェのパトロンとなった。 スウェーデンの国立美術館(こくりつびじゅつかん、Nationalmuseum)は、首都ストックホルムにある。スウェーデン王家が収集した美術品が展示物の基礎をなしており、17世紀のオランダ絵画、18世紀のフランス絵画を中核としつつ、17世紀以降のスウェーデンの美術品、15世紀から現代までのヨーロッパの美術品を数多く展示している。.

新しい!!: ストックホルムとスウェーデン国立美術館 · 続きを見る »

スウェーデン国立歴史博物館

ウェーデン国立歴史博物館(-こくりつれきしはくぶつかん)は、スウェーデンのストックホルムにある、石器時代から16世紀にかけてのスウェーデンの文化史と美術品を展示紹介する博物館である。 スウェーデン語ではHistoriska museet、またはより正式にはStatens historiska museumとして知られる。英語表記はSwedish Museum of National Antiquities。 The portico and sculptures on the main façade were designed by the sculptor Bror Marklund in 1938.

新しい!!: ストックホルムとスウェーデン国立歴史博物館 · 続きを見る »

スウェーデン王立歌劇場

王立スウェーデン歌劇場(おうりつりかげきじょう、Royal Swedish Opera)は、スウェーデン・ストックホルムにある1773年にグスタフ3世によって設立されたヨーロッパで最も古い歌劇場の1つである。.

新しい!!: ストックホルムとスウェーデン王立歌劇場 · 続きを見る »

スウェーデン語

ウェーデン語(スウェーデンご、svenska )は、インド・ヨーロッパ語族ゲルマン語派北ゲルマン語群東スカンジナビア諸語に属する言語である。主にスウェーデンで使用される。.

新しい!!: ストックホルムとスウェーデン語 · 続きを見る »

スカンディナヴィア

ンディナヴィア スカンディナヴィア(Scandinavia (スキャンダネイヴィア))は、ヨーロッパ北部のスカンディナヴィア半島周辺の地域。.

新しい!!: ストックホルムとスカンディナヴィア · 続きを見る »

スコーグスシュルコゴーデン

ーグスシュルコゴーデン(Skogskyrkogården, 森の墓地)は、スウェーデンの首都ストックホルム郊外にある共同墓地。設計コンセプトと造形には、ナショナル・ロマンティシズムから北欧新古典主義を経て、成熟した近代建築へと到達した同国の建築潮流の変遷を反映されている。.

新しい!!: ストックホルムとスコーグスシュルコゴーデン · 続きを見る »

タリンク

タリンク(Tallink)は、エストニアの大手船会社。バルト海の航海のフェリーやRO-RO船を運航している。 1965年にソ連がエストニアのタリンに作った船舶会社が始まり、1990年代より急成長をとげ、フィンランドの大手船会社シリヤラインを2006年に買収したほか、シーウインドライン、シーレイルなども傘下に収め、最大手になっている。 エストニアからフィンランドとスウェーデン、ラトヴィアからスウェーデン、フィンランドからドイツなどへの運航を行っている。.

新しい!!: ストックホルムとタリンク · 続きを見る »

サンクトペテルブルク

'''サンクトペテルブルク周辺の人工衛星写真'''ラドガ湖から南西に流れ出したネヴァ川は北西に流路を変え、フィンランド湾最深部に流れ込む。サンクトペテルブルクの街はネヴァ川河口の三角州を中心に発達した。 サンクトペテルブルク(Санкт-Петербург,, IPA: )は、バルト海東部のフィンランド湾最東端に面するネヴァ川河口デルタに位置するロシア西部の都市、レニングラード州の州都。1917年までロシア帝国の首都であった。 都市建設ののち、第一次世界大戦まで(1703年 - 1914年)はペテルブルク(Петербург)、第一次世界大戦開戦以降(1914 - 24年)はペトログラード(Петроград)、ソビエト連邦時代(1924 - 91年)はレニングラード(Ленинград)と呼ばれた。.

新しい!!: ストックホルムとサンクトペテルブルク · 続きを見る »

サッカー

ッカー(soccer, football)は、丸い球体を用いて1チーム11人の2チーム間で行われるスポーツ競技のひとつである。アソシエーション・フットボール(association football; 協会式フットボールの意)ないしはアソシエーション式フットボール日本語ではこれを略して「ア式蹴球(あしきしゅうきゅう)」とも呼ぶことがある。とも呼ばれる。他のフットボールと比較して、手の使用が極端に制限されるという、大きな特徴がある。蹴球ともいう。 現在サッカーは、200を越える国と地域で、2億5千万人を超える選手達によってプレーされており、4年に一度行われるFIFAワールドカップのテレビ視聴者数は全世界で300億人を超えており、世界で最も人気のあるスポーツといえる。試合は、それぞれの短い方の端の中央にゴールがある長方形の芝生あるいは人工芝のフィールドでプレーされる。試合の目的は、相手ゴールにボールを入れ得点することである。 スポーツ文化としてのサッカーについては、サッカー文化を参照。.

新しい!!: ストックホルムとサッカー · 続きを見る »

商業

商業(しょうぎょう、commerce)とは、財やサービスなどの商品を所有している人または存在している場所と、必要としている人または必要としている場所を結びつけることにより利益を得る産業または経済活動である。多くは貨幣の媒介を経て市場や個々の店舗において取引(商取引)という形式をとって行われる。ただし、貨幣や市場などを媒介しないケースを含める場合には「交換」と呼ぶこともある。また、「商業的」という場合、「営利を目的として」という意味になる(例:商業的生産)。産業の類には含まれるものの、第一次産業と第二次産業とは大きく異なり、いわゆるサービス業に近い一面を持っている。.

新しい!!: ストックホルムと商業 · 続きを見る »

共同体

共同体(きょうどうたい)とは.

新しい!!: ストックホルムと共同体 · 続きを見る »

移動体通信

移動体通信(いどうたいつうしん、mobile communication)とは、片方または両方の端末が移動することのできる(通信線路に接続されていないかつ固定無線局でない)電気通信の総称である。移動通信とも言う。 上記の定義によれば、業務無線・特定小電力無線・第三者無線・市民バンド・アマチュア無線なども移動体通信に含む。電気通信事業者が公衆に提供する移動体通信サービスに限定する場合がある。定義はそれぞれの文脈に依存する。特に第三者無線や移動体通信サービスの場合、基地局主導によるマルチチャネルアクセス無線技術を用いている。また他の種類でも方式や程度の差は有るが、マルチチャネルアクセス無線技術も適用する場合が増えている。.

新しい!!: ストックホルムと移動体通信 · 続きを見る »

移民

移民(いみん)とは、異なる国家や異なる文化地域へ移り住む事象(immigration, emigration)、また移住する・移住した人々(immigrants, emigrants)を指す。.

新しい!!: ストックホルムと移民 · 続きを見る »

生活史

生活史(せいかつし).

新しい!!: ストックホルムと生活史 · 続きを見る »

DNガラン

DNガラン (DN Galan) は、スウェーデン・ストックホルムで開催されている国際陸上競技大会。スウェーデンの日刊紙ダーゲンス・ニュヘテル (Dagens Nyheter) より名づけられており、通常はこれを短縮してDN Galanと表記される。日本語ではストックホルム国際とも表記される。1967年7月4日、5日にストックホルム・スタディオンで第1回大会が行われて以来、毎年開催されている。1998年以降IAAFゴールデンリーグの、2010年からはIAAFダイヤモンドリーグの1戦として行われている。開催時期は年度によって変動しており、2011年は7月29日に行われた。1994年以降、大会記録を更新した選手に対して、時価10,000USドル相当の1カラットダイヤモンドを贈呈している。 DNガランはリチャード・チェリモの男子10000m27分07秒91 (1993年) 、ウィルソン・キプケテルの男子800m1分41秒73 (1997年) など、世界記録誕生の舞台となった。また、瀬古利彦が1980年と1985年の2回にわたって男子10000mを更新するなど日本新記録が誕生した。.

新しい!!: ストックホルムとDNガラン · 続きを見る »

要塞

堡式城郭の例。オランダのブールタング 要塞(ようさい)とは、外敵等から戦略上重要な地点を守る為に築かれた構築物。とりで(砦、堡、塞)、城砦(じょうさい)、城堡(じょうほ)ともいう。.

新しい!!: ストックホルムと要塞 · 続きを見る »

首都

ブラジルの首都、ブラジリア ボリビアの憲法上の首都、スクレ オーストラリアの首都、キャンベラ 南アフリカ共和国の首都の一つ、プレトリア フィリピンの首都圏、マニラ首都圏 ベトナムの首都、ハノイ 首都(しゅと、Capital city)とは、一国の中心となる都市のことを指す。ほとんどの場合にはその国の中央政府が所在し、国家元首等の国の最高指導者が拠点とする都市のことである。ただ、場合によっては、中央政府の所在とは別に、その国のシンボル的存在として認められている都市が首都とされることもある。首府・国都・都などとも呼ばれ、また、帝制国家や王制国家の場合は帝都・王都等の称がある。.

新しい!!: ストックホルムと首都 · 続きを見る »

騎士

騎士(きし)は、騎乗して戦う者を指す。.

新しい!!: ストックホルムと騎士 · 続きを見る »

魔女の宅急便

『魔女の宅急便』(まじょのたっきゅうびん)とは角野栄子による児童書(児童文学)である。宮崎駿監督によって1989年に同名でアニメ映画化された。また2014年、清水崇監督により実写映画化された(主演・小芝風花、詳細節参照)。 シリーズ1作目『魔女の宅急便』は、主人公のキキが親元を離れ、知らない町で魔女として一人立ちする姿を描く。オリジナルは1982年から1983年にかけて『母の友』に連載された。その後シリーズ化されており、福音館書店から刊行されている。表紙画、挿画は第1巻が林明子、第2巻が広野多可子、第3 - 6巻は佐竹美保がそれぞれ手がけた。英語、イタリア語、中国語、スウェーデン語版も出版されている。2009年10月、最終巻『魔女の宅急便その6 それぞれの旅立ち』が刊行され、24年に亘って描かれた同シリーズは完結した。その後『魔女の宅急便特別編』として2冊が刊行されている。.

新しい!!: ストックホルムと魔女の宅急便 · 続きを見る »

茶室

織田有楽好み。壁には連子窓(中央)と下地窓(右)を開ける。左の土間庇の下、右手に躙り口があるが、写真ではみえない。 天然図画亭の点前座。客座との間には中柱を立てる。客座と点前座の間を結界で仕切るのは珍しい。 金森宗和好み。三畳の開放的な茶室。 片桐石州好み。二畳台目。点前座の奥に床を設ける「亭主床」という珍しい形式。 細川三斎好み。点前座から客座を望む。天井は平天井と掛込天井(化粧屋根裏)を組み合わせる。 茶室(ちゃしつ)は、日本式の茶道において、茶事の主催者(主人、亭主)が客を招き、茶を出してもてなすために造られる施設である。「茶席」「囲い」あるいは「数寄屋」と呼ぶこともある。大別して草庵風のものと書院風のものがあるが、一般的には草庵風のものを指す場合が多い。独立した建物として造られる場合と、書院などの建物内に造り込まれる場合がある。いずれの場合も露地と称する庭園を伴うのが一般的であったが、現代ではホテルや公会堂、商業ビルの一角などに造られることもある。禅宗の「方丈(一丈四方の意)」から出た四畳半を標準として、それより狭いものを小間の茶室、広いものを広間の茶室という。室町末期から桃山期にかけて発展・完成したが、日本の建築の中でも特殊な位置を占める。.

新しい!!: ストックホルムと茶室 · 続きを見る »

都市

都市(とし、city)とは、商業、流通などの発達の結果、限られた地域に人口が集中している領域である。.

新しい!!: ストックホルムと都市 · 続きを見る »

都市化

深圳の風景。1980年代に急速に都市化し、常住人口1000万人以上の世界都市になった 都市化(としか、urbanization / urbanisation)とは、地域や国における都市部の人口が農村部に比べて増加すること。.

新しい!!: ストックホルムと都市化 · 続きを見る »

野外博物館

''Den gamle by''(古い街)デンマークのアールフスの町にある野外博物館 野外博物館(やがいはくぶつかん、Open Air Museum)は、建築物の集合体や、展示物が屋内ではなく、屋外にあり、見たり触ったりで体験して学んでもらうことに主眼を置いた博物館である。 ヨーロッパの野外博物館は「スカンセン」、「ミュージアムズ・オブ・ビルディング」(建物博物館)、「フォーク・ミュージアム」(民俗博物館)など様々な呼び方がある。最新の様式はフランス発祥のエコミュージアムである。発想としての、また設備、施設としての野外博物館のよくま とまった歴史ガイドは、 スウェーデンの博物館学者ステン・レンツホグ(Sten Rentzhog)の本『野外博物館 歴史と視覚的アイディアの将来』(Open air museums. The history and future of a visionary idea, 2007)などがある。 野外博物館の一種として「リビング・ファーム・ミュージアムズ」、「リビング・ミュージアムズ」などを含む昔の生活の実演は当時の衣装を着て当時の生活様式を見せる。アメリカにおいては植民地時代など、一般に昔、あるいはある特定の時代の建物、暮らし、道具や手仕事をそのままに見せるといった目的で作られているものが多い。この生活様式には屋外のかまどでの料理、バターの撹拌、紡績、織物、近代的な農機具を使わない農業などが含まれる。多くのリビング・ミュージアムでは鍛冶屋、樽や桶の製造、陶芸、製粉、製材、印刷、医療、商店など伝統的な手工業の実演が行われる。.

新しい!!: ストックホルムと野外博物館 · 続きを見る »

金融センター

ティ ニューヨークのウォール街 国際金融中心 金融センター(きんゆうセンター、financial centre)は、銀行、証券会社、保険会社など金融業において中心的な役割を持つ市場・都市・地域のことである。有力な証券取引所が所在し、外国為替市場などの国際金融取引が特に活発に行われている場を国際金融センターと呼ぶこともあり、その代表格としてロンドンとニューヨークが挙げられる。.

新しい!!: ストックホルムと金融センター · 続きを見る »

金融機関

金融機関(きんゆうきかん)とは、金融取引に関する業務を営む組織のこと。狭義には預貯金取扱金融機関のみを指すが、広義には保険会社や証券会社、ノンバンクも含む。 金融の本質は、資金を余剰している先から集め、不足している先に融通するところにある。 この事業の性質上、公共性が極めて高いことから、この事業を行うものに対しては、各国とも行政運営上、この事業の資金調達ならびに営業(個人、法人および事業性個人に対するものも含めて)に対して、免許制ないし認可制・登録制などの規制を行うことがほとんどである。この、行政によって認可・許可・登録などをなされた法人を、狭義の金融機関と定義することができる。 この業態でよく見られる例としては、銀行や信用金庫などが預金という形式で集めて融資を行ったり保険会社が保険料という形式で集めて融資を行うという間接金融形式、証券会社が事業法人が株式や社債を発行する直接金融の仲介を行う形式などを挙げることができる。 これらの金融機関は、金融市場において、立場はさまざまであるが、重要なプレーヤーとして機能する。.

新しい!!: ストックホルムと金融機関 · 続きを見る »

降水量

降水量(こうすいりょう)とは、大気から地表に落ちた水(氷を含む)の量。雨や雪を気象台の雨量計や、アメダスなどで観測し、計測する。通常、水に換算した体積を単位面積で除した値を mm で表す。.

新しい!!: ストックホルムと降水量 · 続きを見る »

陸上競技

屋外陸上競技場における競技の模様(女子400mH) 陸上競技場の例(敷島公園陸上競技場) 陸上競技(りくじょうきょうぎ、英語:athletics)は、主に野外競技場のトラックやフィールドあるいは道路で行われる、走る・跳ぶ・投げるの3基本技を中心とする競技の総称大辞泉。単に陸上(りくじょう)と呼ぶことも多い。.

新しい!!: ストックホルムと陸上競技 · 続きを見る »

SJ AB

SJ AB(エスイー・アーベー、Statens järnvägar aktiebolag: 国家鉄道株式会社)は、スウェーデンの国鉄線における旅客鉄道事業を行う国有企業である。日本語では、スウェーデン国鉄、スウェーデン鉄道とも呼ばれている。.

新しい!!: ストックホルムとSJ AB · 続きを見る »

残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約

残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約(ざんりゅうせいゆうきおせんぶっしつにかんするストックホルムじょうやく、英語:Stockholm Convention on Persistent Organic Pollutants)とは、早急な対応が必要と思われる残留性有機汚染物質(POPs)の減少を目的として、それらの指定物質の製造・使用・輸出入の禁止または制限をする条約。残留性有機汚染物質条約、ストックホルム条約、POPs条約とも呼ばれる。 2001年5月22日に採択、2004年5月17日に発効、日本は2002年に受諾している。.

新しい!!: ストックホルムと残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約 · 続きを見る »

民族誌

民族誌(みんぞくし、ethnography)は、フィールドワークに基づいて人間社会の現象の質的説明を表現する記述の一種。民族誌学(みんぞくしがく)とも。英語の ethnography は、ギリシア語のethnos=国民・民族と、graphein=記述に由来する。 民族誌は、あるシステムの様々な特性は、お互いに関係があり、単独では必ずしも正確に理解できないという考えに基づいた総合的な調査の結果である。 このジャンルは、形式と歴史において旅行記及び植民地政府の報告書の系譜を引く。いくつかの学問の伝統、特に構造主義と相対論的パラダイムにおいては、有効な研究方法として民族誌的な研究が要求される。.

新しい!!: ストックホルムと民族誌 · 続きを見る »

情報技術

情報技術(じょうほうぎじゅつ、information technology、IT)とは、情報に関する、特にコンピュータなどの技術(の総称)に関連した表現である。また、通信を含めて情報通信技術(じょうほうつうしんぎじゅつ、information and communication technology、ICT)という表現も使用されている。 米国のITAAの定義では「コンピュータをベースとした情報システム、特にアプリケーションソフトウェアやコンピュータのハードウェアなどの研究、デザイン、開発、インプリメンテーション、サポートあるいはマネジメント」である。 日本では戦前以来の縄張りに由来して、通信事業は総務省の所管であるため、総務省はICTの語を、経済産業省はITの語を用いることが多い。.

新しい!!: ストックホルムと情報技術 · 続きを見る »

戦闘

戦闘(せんとう、、proeliumプロエリウム)とは、相互に敵対する二つの勢力による暴力の相互作用である。戦斗、戰闘とも。 戦闘が行われている場所を戦場(せんじょう)、戦地といい、歴史的に戦闘(合戦など)が行われた場所は古戦場(こせんじょう)と呼ぶことがある。歴史的な慣習によって、「―の戦い」、「―の合戦」、「―の会戦」という用語も用いられる。 ここでは戦闘一般に関する軍事学の研究を概説する。 戦闘とは一般的に、敵対している部隊が特定の目的を達成するために戦闘力を行使する行動、またはその行動によって引き起こされる一連の交戦状況であり、具体的には発見(索敵)、機動、攻撃・防御、追撃・後退行動と段階的に進展する。戦闘において部隊を指導するのは戦術であり、戦闘の目的や投入される戦力の装備、規模は作戦計画によって決定される。戦闘では敵と敵施設に対して武器、兵器を使用して殺傷することによって抵抗行動を排除、破壊し、作戦目標を達成することが主要な作業となる。戦闘当事者である兵士たちは非常に強い肉体的・精神的なストレスを受けながら戦闘行動をとることになるため、被弾や被爆で死傷するだけでなく、衝撃的な経験からPTSDなどの精神疾患を患う場合もある。また戦闘は戦闘当事者双方ともに生死の狭間という極限状況において活動するため、戦場心理と呼ばれる特別な心理状態になることもある。そのため、戦闘力の要素として火力や機動力などのほかに軍事的リーダーシップが含まれると考えられている。.

新しい!!: ストックホルムと戦闘 · 続きを見る »

文化

文化(ぶんか、)にはいくつかの定義が存在するが、総じていうと人間が社会の成員として獲得する振る舞いの複合された総体のことである。社会組織(年齢別グループ、地域社会、血縁組織などを含む)ごとに固有の文化があるとされ、組織の成員になるということは、その文化を身につける(身体化)ということでもある。人は同時に複数の組織に所属することが可能であり、異なる組織に共通する文化が存在することもある。もっとも文化は、次の意味で使われることも多い。.

新しい!!: ストックホルムと文化 · 続きを見る »

日照時間

日照時間(にっしょうじかん、sunshine duration)とは、気象台やアメダスなど日照計により観測される太陽が照った時間数のことである。.

新しい!!: ストックホルムと日照時間 · 続きを見る »

政治

本記事では政治(せいじ)とは何かについて解説していく。.

新しい!!: ストックホルムと政治 · 続きを見る »

1250年代

1250年代(せんにひゃくごじゅうねんだい)は、西暦(ユリウス暦)1250年から1259年までの10年間を指す十年紀。.

新しい!!: ストックホルムと1250年代 · 続きを見る »

12月

12月(じゅうにがつ)は、グレゴリオ暦で年の第12の月(最後の月)に当たり、31日ある。 日本では、旧暦12月を「師走」、「師馳」(しわす・しはす)又は「極月」(きわまりづき・ごくげつ・ごくづき)と呼んできた。 今では「師走」及び「極月」は、新暦12月の別名としても用いられる。 英語での月名 December は、「10番目の月」の意味で、ラテン語で「第10の」という意味の「decem」の語に由来している。 実際の月の番号とずれているのは、紀元前46年まで使われていたローマ暦が3月起算で(そのため年末の2月は日数が少ない)、3月から数えて10番目という意味である。 グレゴリオ暦の12月1日はその年の9月1日と同じ曜日になる(→365日)。 明治時代に日本が太陰暦から太陽暦に変更した際に、政府が年末の給料を削減するために12月の日数を2日とした(明治5年12月2日の翌日を明治6年1月1日とした)。.

新しい!!: ストックホルムと12月 · 続きを見る »

13世紀

チンギス・ハーン像。 モンゴル帝国の発展。 モンゴル帝国の最大領域。 13世紀(じゅうさんせいき)は、西暦1201年から西暦1300年までの100年間を指す世紀。.

新しい!!: ストックホルムと13世紀 · 続きを見る »

1520年

記載なし。

新しい!!: ストックホルムと1520年 · 続きを見る »

1523年

記載なし。

新しい!!: ストックホルムと1523年 · 続きを見る »

1600年

400年に一度の世紀末閏年(16世紀最後の年)である100で割り切れるが、400でも割り切れる年であるため、閏年となる(グレゴリオ暦の規定による)。。.

新しい!!: ストックホルムと1600年 · 続きを見る »

1610年

記載なし。

新しい!!: ストックホルムと1610年 · 続きを見る »

1680年

記載なし。

新しい!!: ストックホルムと1680年 · 続きを見る »

1710年

記載なし。

新しい!!: ストックホルムと1710年 · 続きを見る »

17世紀

ルイ14世の世紀。フランスの権勢と威信を示すために王の命で壮麗なヴェルサイユ宮殿が建てられた。画像は宮殿の「鏡の間」。 スペインの没落。国王フェリペ4世の時代に「スペイン黄金時代」は最盛期を過ぎ国勢は傾いた。画像は国王夫妻とマルガリータ王女を取り巻く宮廷の女官たちを描いたディエゴ・ベラスケスの「ラス・メニーナス」。 ルネ・デカルト。「我思う故に我あり」で知られる『方法序説』が述べた合理主義哲学は世界の見方を大きく変えた。画像はデカルトとその庇護者であったスウェーデン女王クリスティナ。 プリンキピア』で万有引力と絶対空間・絶対時間を基盤とするニュートン力学を構築した。 オランダの黄金時代であり数多くの画家を輩出した。またこの絵にみられる実験や観察は医学に大きな発展をもたらした。 チューリップ・バブル。オスマン帝国からもたらされたチューリップはオランダで愛好され、その商取引はいつしか過熱し世界初のバブル経済を生み出した。画像は画家であり園芸家でもあったエマヌエル・スウェールツ『花譜(初版は1612年刊行)』の挿絵。 三十年戦争の終結のために開かれたミュンスターでの会議の様子。以後ヨーロッパの国際関係はヴェストファーレン体制と呼ばれる主権国家を軸とする体制へと移行する。 チャールズ1世の三面肖像画」。 ベルニーニの「聖テレジアの法悦」。 第二次ウィーン包囲。オスマン帝国と神聖ローマ帝国・ポーランド王国が激突する大規模な戦争となった。この敗北に続いてオスマン帝国はハンガリーを喪失し中央ヨーロッパでの優位は揺らぐことになる。 モスクワ総主教ニーコンの改革。この改革で奉神礼や祈祷の多くが変更され、反対した人々は「古儀式派」と呼ばれ弾圧された。画像はワシーリー・スリコフの歴史画「貴族夫人モローゾヴァ」で古儀式派の信仰を守り致命者(殉教者)となる貴族夫人を描いている。 スチェパン・ラージン。ロシアではロマノフ朝の成立とともに農民に対する統制が強化されたが、それに抵抗したドン・コサックの反乱を率いたのがスチェパン・ラージンである。画像はカスピ海を渡るラージンと一行を描いたワシーリー・スリコフの歴史画。 エスファハーンの栄華。サファヴィー朝のシャー・アッバース1世が造営したこの都市は「世界の半分(エスファハーン・ネスフェ・ジャハーン・アスト)」と讃えられた。画像はエスファハーンに建てられたシェイク・ロトフォラー・モスクの内部。 タージ・マハル。ムガル皇帝シャー・ジャハーンが絶世の美女と称えられた愛妃ムムターズ・マハルを偲んでアーグラに建てた白亜の霊廟。 アユタヤ朝の最盛期。タイでは中国・日本のみならずイギリスやオランダの貿易船も来訪し活況を呈した。画像はナーラーイ王のもとで交渉をするフランス人使節団(ロッブリーのプラ・ナーライ・ラーチャニーウエート宮殿遺跡記念碑)。 イエズス会の中国宣教。イエズス会宣教師は異文化に対する順応主義を採用し、中国の古典教養を尊重する漢人士大夫の支持を得た。画像は『幾何原本』に描かれたマテオ・リッチ(利瑪竇)と徐光啓。 ブーヴェの『康熙帝伝』でもその様子は窺える。画像は1699年に描かれた読書する40代の康熙帝の肖像。 紫禁城太和殿。明清交代の戦火で紫禁城の多くが焼亡したが、康熙帝の時代に再建がなされ現在もその姿をとどめている。 台湾の鄭成功。北京失陥後も「反清復明」を唱え、オランダ人を駆逐した台湾を根拠地に独立政権を打ち立てた。その母が日本人だったこともあり近松門左衛門の「国姓爺合戦」などを通じて日本人にも広く知られた。 江戸幕府の成立。徳川家康は関ヶ原の戦いで勝利して征夷大将軍となり、以後260年余にわたる幕府の基礎を固めた。画像は狩野探幽による「徳川家康像」(大阪城天守閣蔵)。 日光東照宮。徳川家康は死後に東照大権現の称号を贈られ日光に葬られた。続く三代将軍徳川家光の時代までに豪奢で絢爛な社殿が造営された。画像は「日暮御門」とも通称される東照宮の陽明門。 歌舞伎の誕生。1603年に京都北野社の勧進興業で行われた出雲阿国の「かぶき踊り」が端緒となり、男装の女性による奇抜な演目が一世を風靡した。画像は『歌舞伎図巻』下巻(名古屋徳川美術館蔵)に描かれた女歌舞伎の役者采女。 新興都市江戸。17世紀半ばには江戸は大坂や京都を凌ぐ人口を擁するまでとなった。画像は明暦の大火で焼失するまで威容を誇った江戸城天守閣が描かれた「江戸図屏風」(国立歴史民俗博物館蔵)。 海を渡る日本の陶磁器。明清交代で疲弊した中国の陶磁器産業に代わり、オランダ東インド会社を通じて日本から陶磁器が数多く輸出された。画像は1699年に着工されたベルリンのシャルロッテンブルク宮殿の「磁器の間」。 海賊の黄金時代。西インド諸島での貿易の高まりはカリブ海周辺に多くの海賊を生み出した。画像はハワード・パイルが描いた「カリブ海のバッカニーア」。 スペイン副王支配のリマ。リマはこの当時スペインの南米支配の拠点であり、カトリック教会によるウルトラバロックとも呼ばれる壮麗な教会建築が並んだ。画像は1656年の大地震で大破したのちに再建されたリマのサン・フランシスコ教会・修道院。 17世紀(じゅうしちせいき、じゅうななせいき)は、西暦1601年から西暦1700年までの100年間を指す世紀。.

新しい!!: ストックホルムと17世紀 · 続きを見る »

18世紀

Jean-Pierre Houëlが描いたバスティーユ襲撃(フランス国立図書館蔵)。 国立マルメゾン城美術館蔵)。 ロンドン・ナショナル・ギャラリー蔵)。 18世紀(じゅうはっせいき)は、西暦1701年から西暦1800年までの100年間を指す世紀。.

新しい!!: ストックホルムと18世紀 · 続きを見る »

1912年

記載なし。

新しい!!: ストックホルムと1912年 · 続きを見る »

1912年ストックホルムオリンピック

1912年ストックホルムオリンピックは、1912年5月5日から7月27日まで、スウェーデンのストックホルムで行われた夏季オリンピックである。.

新しい!!: ストックホルムと1912年ストックホルムオリンピック · 続きを見る »

19世紀

19世紀に君臨した大英帝国。 19世紀(じゅうきゅうせいき)は、西暦1801年から西暦1900年までの100年間を指す世紀。.

新しい!!: ストックホルムと19世紀 · 続きを見る »

2011年

この項目では、国際的な視点に基づいた2011年について記載する。.

新しい!!: ストックホルムと2011年 · 続きを見る »

2014年

この項目では、国際的な視点に基づいた2014年について記載する。.

新しい!!: ストックホルムと2014年 · 続きを見る »

20世紀

摩天楼群) 20世紀(にじっせいき、にじゅっせいき)とは、西暦1901年から西暦2000年までの100年間を指す世紀。2千年紀における最後の世紀である。漢字で二十世紀の他に、廿世紀と表記される場合もある。.

新しい!!: ストックホルムと20世紀 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

Stockholmストックホルム市

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »