ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

スクラム (ラグビー)

索引 スクラム (ラグビー)

ルーク・バージェスがスクラムにボールを入れている。 ラグビーユニオンのスクラムの横からの画像 スクラム(scrum)とは、ラグビーユニオンやラグビーリーグといったスポーツにおける試合再開の型(いわゆるセットプレー)の一つである。ノックオン、スローフォワードのような軽い反則後や、モール、ラックで密集からボールが出ない場合、ボールがラインの外に出た場合(ラグビーリーグのみ)にとられる方法である。スクラメージ(scrummage)の短縮型。 スクラムは、ラグビーリーグよりもラグビーユニオンにおいて行なわれることが多く、また重要度も高い。 どちらのスポーツでも、スクラムはフォワードに指定された選手が3列に組み合わさって作られる。次に、スクラムは相手チームと「エンゲージ」し、選手の頭は相手チームのフロントロー(前列)の選手の頭と連結される。反則を犯さなかったチームのスクラムハーフはフロントローの選手の脚の間のトンネルにボールを投げ入れる。どちらのチームも、フッカーが足でボールを後ろに掻きこむことでボールを奪い合う。 ユニオンとリーグの重要な違いは、ラグビーユニオンでは、どちらのフォワードもボールを争っている間相手を後ろに押そうとするため、ボールを投げ入れない方のチームもボールを得る機会がある。しかしながら、実際にはボールを投げ入れたチームが大抵ボールを得る。ラグビーリーグのスクラムは形式化しており、通常スクラムで押し合わず、しばしばトンネルではなく自チームのフロントローの足元にボールを投げ入れ、自チームがほぼ必ずボールを得る。.

15 関係: ノックオンモール (ラグビー)ラック (ラグビー)ラグビーのポジションラグビーユニオンラグビーリーグプロップフランカーフッカーアメリカンフットボールアメリカンフットボールの用語集カナディアンフットボールスポーツスローフォワード7人制ラグビー

ノックオン

ノックオン(Knock on)とは、ラグビーにおける反則の一つで、日本ラグビーフットボール協会のルールでは、次のように定義されている。 「前方へ」とは、相手側のデッドボールラインの方向へ(#参考、外部リンクのフィールドを参照)、という意味である。 例外として、相手側がキックすると同時に、またはキックした直後に、プレーヤーがそのボールをチャージダウンした場合は、たとえボールが手または腕にあたって前方に進んだとしてもノックオンとはされない。 スローフォワードと共に、「手でボールを前に進めてはいけない」というラグビーの特徴的なルールの一つで、攻防の大きな転換点となることが多く見られる(「痛恨のノックオン」でネット検索をかけるとヒットするページが幾つもある)。この原則は、タグラグビーでもとられている。.

新しい!!: スクラム (ラグビー)とノックオン · 続きを見る »

モール (ラグビー)

ニュージーランド代表(黒)と南アフリカ代表(緑)のモール ラグビーユニオンにおけるモール(Maul)とは、ラグビー試合中でのプレー状態の一つ。スクラムやラックなどと共に密集戦の一つであるが、ボールを保持した状態(地面に落としていない状態)で行われるのが特徴である。 ボールを保持したままモールを押し込む「ドライビングモール」などのバリエーションも見られる。.

新しい!!: スクラム (ラグビー)とモール (ラグビー) · 続きを見る »

ラック (ラグビー)

ラック ラグビーにおけるラック(Ruck)とは、試合中でのプレー状態の一つ。スクラムやモールなどと共に密集戦の一つである。ボールが地面にある状態で行われるという点ではスクラムに類似しているが、いったん静止状態から再開されるスクラムと異なり、プレー中に始まる点が異なる点である。 ラグビーユニオンでは重要であるが、攻撃権の概念があるラグビーリーグでは、ラックで選手が密集した状態は発生しない。.

新しい!!: スクラム (ラグビー)とラック (ラグビー) · 続きを見る »

ラグビーのポジション

ラグビーユニオンにおいて、フィールドプレーヤー15人にはそれぞれ決まったポジションが与えられており、フォワード8人とバックス7人に大きく分けられている。.

新しい!!: スクラム (ラグビー)とラグビーのポジション · 続きを見る »

ラグビーユニオン

ラグビーユニオン(rugby union)、または単にラグビー(rugby)は、19世紀初頭発祥のフルコンタクトチームスポーツである。.

新しい!!: スクラム (ラグビー)とラグビーユニオン · 続きを見る »

ラグビーリーグ

ラグビーリーグフットボール(rugby league football)、通称ラグビーリーグは、長方形の芝生のフィールド上で1チーム13人の2チームによって行われるフルコンタクトスポーツである。リーグラグビーと呼ばれることもある。ラグビーフットボールの2つのコード(ルール体系)のうちの1つであり、選手への支払い問題のためイングランドのラグビー・フットボール・ユニオンから分離した1895年に起源がある。日本で「ラグビー」と呼ばれているのは15人制のラグビーユニオンである。プロ化が分離の原因であったため、リーグ側は観客のためにより速く、より面白い試合を作り出す目的で徐々にルールを変更していった, quote: "When rugby league cast itself free of an arrogant rugby union 100 years ago, it did so with a sense of re-invention.

新しい!!: スクラム (ラグビー)とラグビーリーグ · 続きを見る »

プロップ

プロップ (prop) とは、映画や演劇で使われる物品の意味である。 日本語では「フ゛ロップ」という誤記も散見される。.

新しい!!: スクラム (ラグビー)とプロップ · 続きを見る »

フランカー

フランカー(Flanker, 側衛).

新しい!!: スクラム (ラグビー)とフランカー · 続きを見る »

フッカー

フッカー.

新しい!!: スクラム (ラグビー)とフッカー · 続きを見る »

アメリカンフットボール

アメリカンフットボール(American football)は、フットボールの一種であり、楕円形のボールを用いて2つのチームで得点を競い合うスポーツ(球技)。略称はアメフトまたはアメフット。米式蹴球あるいは鎧球(がいきゅう)とも。 2009年のプロボウルにおいてパスをキャッチするラリー・フィッツジェラルド.

新しい!!: スクラム (ラグビー)とアメリカンフットボール · 続きを見る »

アメリカンフットボールの用語集

アメリカンフットボールの用語集(アメリカンフットボールのようごしゅう)では、アメリカンフットボールで用いられる語について解説する。 米国生まれのスポーツであることから、用語の多くは英語をそのまま用いている。.

新しい!!: スクラム (ラグビー)とアメリカンフットボールの用語集 · 続きを見る »

カナディアンフットボール

ナディアンフットボール(Canadian Football)は、カナダで主に行われているフットボール。.

新しい!!: スクラム (ラグビー)とカナディアンフットボール · 続きを見る »

スポーツ

ポーツ 平田そういちろうが生み出した天才的文学.

新しい!!: スクラム (ラグビー)とスポーツ · 続きを見る »

スローフォワード

ーフォワード(Throw forward)とは、ラグビーにおける反則の一つで、プレーヤーが前方にボールを投げるか、またはパスすることをいう。 この「前方へ」とは、相手側のデッドボールラインの方向へ、という意味である。例外として、「前方へのバウンド」として、ボールを前方に投げたのではなく、プレーヤーまたは地面に当たった後、ボールが前方にバウンドしてもスローフォワードではない。 ノックオンと共にラグビーの特徴的なルールの一つで、ラグビー自体を離れた場面での話で使われることがある。例として、2000年11月、野田佳彦が、衆議院議員として国会で、後ろ向きなことの例えで、スローフォワードがラグビーにおける反則であることを持ち出している(s:ラグビーに関する日本国国会での発言#2000年11月21日衆議院本会議参照)。.

新しい!!: スクラム (ラグビー)とスローフォワード · 続きを見る »

7人制ラグビー

7人制ラグビー(しちにんせいラグビー、Rugby sevens)は1チームあたり7人の選手で、より短時間で行われるラグビーユニオン(15人制)の変種である。セブンズ(Sevens)ともいう。セブンズはラグビーユニオンの国際競技団体であるワールドラグビーによって管轄されている。セブンズはスコットランドのメルローズ発祥であり、現在も毎年メルローズセブンズ大会が開催されている。セブンズは全てのレベルで人気があり、一般的に毎年夏にアマチュアならびにクラブの大会が開催されている。セブンズは最もよく普及したラグビー形式の1つであり、アフリカ、アジア、ヨーロッパ、アメリカ州、そして特に南太平洋諸国で人気がある。 著名な国際大会としては、ワールドラグビーセブンズシリーズとラグビーワールドカップセブンズがある。セブンズはコモンウェルスゲームズ(1998年大会から)といった一部のスポーツ大会でもプレーされている。コモンウェルスゲームズでは2010年までニュージーランドが金メダルを獲得していたが、2014年大会は南アフリカが金メダルを手にした。 セブンズは現在オリンピックスポーツとして認められ、2016年夏季オリンピックから正式種目として採用された。.

新しい!!: スクラム (ラグビー)と7人制ラグビー · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »