ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

スウェーデン・アカデミー

索引 スウェーデン・アカデミー

ウェーデン・アカデミー(Svenska Akademien)は、グスタフ3世国王により1786年に設立された、スウェーデンの学士院(国立アカデミー)である。グスタフ3世がフランス文化の愛好者であったため、フランス学士院に倣っての設立であった。その大部分がグスタフ3世自身によって書かれた学士院規則にも、フランス学士院の影響が見られる。 スウェーデン・アカデミーはノーベル文学賞の選考委員会を兼ねることでも知られ、選考結果の発表には国内のみならず、海外からも多くのメディアが集まる。また、北欧諸国の作家を対象としたスウェーデン・アカデミー北欧賞(Svenska Akademiens nordiska pris)を主催している。.

60 関係: 中世ノーベル博物館ノーベル文学賞ヨハン・アウグスト・ストリンドベリヨン・フォッセヴィリアム・ハイネセンボ・カルペラントーマス・トランストロンメルトール・ヴィルヘルムソンデンマークフランス学士院アルネ・ネスカルマル同盟カール16世グスタフ (スウェーデン王)ガムラスタングドベルグー・ベルグッソングスタフ3世 (スウェーデン王)ストックホルムストックホルムの血浴スウェーデンスウェーデンアカデミー辞典スウェーデン語セルマ・ラーゲルレーヴソフィ・オクサネン国立アカデミー日本学士院1786年1986年1987年1988年1989年1990年1991年1992年1993年1994年1995年1996年1997年1998年1999年2000年2001年2002年2003年2004年2005年2006年2007年2008年...2009年2010年2011年2012年2013年2014年2015年2016年2017年2018年 インデックスを展開 (10 もっと) »

中世

中世(ちゅうせい、英語:middle ages)は、狭義には西洋史の時代区分の一つで、古代よりも後、近代または近世よりも前の時代を指す。17世紀初頭の西洋では中世の観念が早くも定着していたと見られ、文献上の初見は1610年代にまでさかのぼる。 また、広義には、西洋史における中世の類推から、他地域のある時代を「中世」と呼ぶ。 ただし、あくまでも類推であって、西洋史における中世と同じ年代を指すとは限らないし、「中世」という時代区分を用いない分野のことも多い。 また、西洋では「中世」という用語を専ら西洋史における時代区分として使用する。 例えば英語では日本史における「中世」を通常は「feudal Japan」(封建日本)や「medieval Japan」(中世日本)とする。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーと中世 · 続きを見る »

ノーベル博物館

ノーベル博物館 (スウェーデン語: Nobelmuseet) は、スウェーデンの首都ストックホルムの旧市街ガムラスタンにあるノーベル賞に関する博物館。 ノーベル賞100周年を記念して2001年春に開館した。スウェーデン・アカデミーが入居している旧証券取引所の一部が、ノーベル博物館となっている。ノーベル賞の歴史や、歴代受賞者、創設者アルフレッド・ノーベルに関する資料を館内で見ることができる。館内にはカフェがあり、2001年頃から受賞者が椅子の裏側にサインをすることが知られている。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーとノーベル博物館 · 続きを見る »

ノーベル文学賞

ノーベル文学賞(ノーベルぶんがくしょう、Nobelpriset i litteratur)はノーベル賞6部門のうちの一つ。文学の分野において理念をもって創作し、最も傑出した作品を創作した人物に授与される。原則として定数1名のみ受賞されるが、これまでに1904年のフレデリック・ミストラル、ホセ・エチェガライ・イ・アイサギレや1917年のカール・ギェレルプ、ヘンリク・ポントピダン、1966年のシュムエル・アグノン、ネリー・ザックス、1974年のエイヴィンド・ユーンソン、ハリー・マーティンソンが2人同時受賞となっている。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーとノーベル文学賞 · 続きを見る »

ヨハン・アウグスト・ストリンドベリ

ヨハン・アウグスト・ストリンドベリ( 、1849年1月22日 - 1912年5月14日)は、スウェーデンの劇作家、小説家。ユーアン・オーグスト・ストリンドバーリィとも。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーとヨハン・アウグスト・ストリンドベリ · 続きを見る »

ヨン・フォッセ

ヨン・フォッセ(Jon Fosse, 1959年9月29日 - )はノルウェーの劇作家、著作家。ハウゲスン出身。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーとヨン・フォッセ · 続きを見る »

ヴィリアム・ハイネセン

アンドレアス・ヴィリアム・ハイネセン(Andreas William Heinesen、1900年1月15日 - 1991年3月12日)は、フェロー諸島出身の詩人、小説家、児童文学作家、作曲家、画家。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーとヴィリアム・ハイネセン · 続きを見る »

ボ・カルペラン

ボ・カルペラン(Bo Carpelan、1926年10月25日 - 2011年2月11日)は、フィンランドの詩人。ヘルシンキ出身。 スウェーデン系の出自であり、スウェーデン語での作品を発表している。2度のフィンランド政府文学賞や北欧理事会文学賞受賞経験がある。またヘルシンキ市立図書館では副館長を務めていた。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーとボ・カルペラン · 続きを見る »

トーマス・トランストロンメル

トーマス・トランストロンメル(トンマス・イェスタ・トラーンストレメル、Tomas Gösta Tranströmer, 1931年4月15日 - 2015年3月26日)は、スウェーデンの詩人。ストックホルム生まれ。 戦後のスウェーデンを代表する詩人で、短い自由詩のなかに神秘的世界をイメージ豊かに描く詩人として知られる。音楽性も豊かで自然描写に優れ、独創的なメタファーを駆使することから「隠喩の巨匠」と呼ばれる。作品は60以上の言語に翻訳されている。来日経験はないものの、日本の俳句にも深い造詣を持つ。 2011年ノーベル文学賞受賞。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーとトーマス・トランストロンメル · 続きを見る »

トール・ヴィルヘルムソン

トール・ヴィルヘルムソン(Thor Vilhjálmsson、アイスランド語の発音:, 原語の発音; ソール・ヴィルヒャルムッソン、1925年8月12日 - 2011年3月2日)は、アイスランドの詩人。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーとトール・ヴィルヘルムソン · 続きを見る »

デンマーク

デンマーク(Danmark, )は、北ヨーロッパのバルト海と北海に挟まれたユトランド半島とその周辺の多くの島々からなる立憲君主制国家。北欧諸国の1つであり、北では海を挟んでスカンディナヴィア諸国、南では陸上でドイツと国境を接する。首都のコペンハーゲンはシェラン島に位置している。大陸部分を領有しながら首都が島嶼に存在する数少ない国家の一つである(他には赤道ギニア、イギリスのみ)。 自治権を有するグリーンランドとフェロー諸島と共にデンマーク王国を構成している。 ノルディックモデルの高福祉高負担国家であり、市民の生活満足度は高く、2014年の国連世界幸福度報告では第1位であった。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーとデンマーク · 続きを見る »

フランス学士院

フランス学士院(フランスがくしいん,Institut de France)は、フランスの国立アカデミーである。 現在、フランス学士院はアカデミー・フランセーズおよび4つのアカデミーで構成されている。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーとフランス学士院 · 続きを見る »

アルネ・ネス

アルネ・ネス(Arne Næss, 1912年1月27日 - 2009年1月12日)は、ノルウェーの哲学者。 ディープエコロジーの提唱者であり、20世紀後半の環境保護運動に重要な知的および精神的な影響を与えた人物。 ネス自身によると、レイチェル・カーソンの『沈黙の春』(1960)に多大な影響を受けたと言う。ネスは、自身の生態学的ビジョンとマハトマ・ガンディーの非暴力を結びつけて、しばしば直接行動に参加した。 ネスは1939年(27歳)にノルウェーのオスロ大学哲学科の教授となり、長年に渡り、ノルウェーの哲学及び社会研究の分野にて指導的役割を果たした。 ネスは学術分野に留まらず、行動家としても知られている。第二次世界大戦期のノルウェーはナチス・ドイツの占領下にあったが、ネスはレジスタンス運動に参加していた。 また、戦後は故国の大規模な開発に対して抗議運動を指導している。それら活動の際のネスの行動の特徴は、ガンディーの非暴力哲学に強く影響を受けており、そのように実践している。 ネスは私的活動では登山家であり、7000m級の山に足跡を残している。彼の甥のアルネ・ネス・ジュニア(Arne Næss jr.)もエベレストに登頂する程の登山家であったが、2004年1月に登山中の事故で死去。なお、ジュニアは歌手のダイアナ・ロスと1985年から1999年まで結婚しており二人の息子をもうけた。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーとアルネ・ネス · 続きを見る »

カルマル同盟

ルマル同盟(カルマルどうめい)は、1397年にデンマーク・ノルウェー・スウェーデンの3王国間で締結された同盟(物的同君連合)。締結場所が現スウェーデンのカルマルであったので「カルマル同盟」と呼ばれる。 1523年のスウェーデン独立以後は、デンマーク=ノルウェー二重王国となった。二重王国以後の歴史的、法的な経緯は、「デンマーク=ノルウェー」を参照のこと。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーとカルマル同盟 · 続きを見る »

カール16世グスタフ (スウェーデン王)

ール16世グスタフ(、カール・グスタフ・フォルケ・フーベルトゥス・ベルナドッテ、、1946年4月30日 - )は、ベルナドッテ王朝第7代のスウェーデン国王(在位:1973年9月15日 - )。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーとカール16世グスタフ (スウェーデン王) · 続きを見る »

ガムラスタン

ムラスタン (Gamla stan) はスウェーデン・ストックホルムの旧市街で、スターズホルメン島を占めている。『古い街』を意味し、他に「橋の間の街」(Staden mellan broarna)と呼ばれることもある。 スターズホルメン島は徒歩で一時間もあれば一周できる広さである。島の周囲にある小島リッダルスホルメン、ヘルゲアンズホルメン、ストレンスボリは公式には含まれているが、日常的にはガムラスタンの一部ではない。 街の発祥は13世紀に遡る。中世の小路、玉石敷きの通り、古風な建築が保存されている。北ゲルマン建築が、旧市街建設に強い影響を与えている。古い中央部を挟んでヴェステルロンガータンとエステルロンガータン(西/東の長い通り)が通っている。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーとガムラスタン · 続きを見る »

グドベルグー・ベルグッソン

ドベルグー・ベルグッソン(Guðbergur Bergsson 原語の発音;グズベルグル・ベルグッソン、1932年10月16日 - )はアイスランドの作家。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーとグドベルグー・ベルグッソン · 続きを見る »

グスタフ3世 (スウェーデン王)

タフ3世(Gustav III, 1746年1月13日(グレゴリオ暦1月24日) - 1792年3月29日)は、スウェーデン王国のホルシュタイン=ゴットルプ朝第2代の国王(在位:1771年 - 1792年)。 ロシア帝国やデンマークと戦って勝利し、ヨーロッパでの名声を高めた。またハンス・フォン・フェルセンを臣下とし、フランスとの友好関係を深めた。グスタフ3世の時代はスウェーデンの中興の時代であり、また文化面から「ロココの時代」とも呼ばれている。 1980年代に発行されていた50クローナ紙幣に肖像が使用されていた。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーとグスタフ3世 (スウェーデン王) · 続きを見る »

ストックホルム

トックホルム(Stockholm )はスウェーデンの首都で、スウェーデン最大の都市である。北欧を代表する世界都市であり、2014年、アメリカのシンクタンクが公表したビジネス・人材・文化・政治などを対象とした総合的な世界都市ランキングにおいて、世界第33位の都市と評価された (2014年4月公表)。ストックホルム県(Stockholms län)に属す。人口は約75万人。「水の都」、「北欧のヴェネツィア」ともいわれ、水の上に浮いているような都市景観をもつ。北欧で最大の人口を誇り、バルト海沿岸では、サンクトペテルブルクに次いで第2位。1912年に第5回夏季オリンピックが開催された。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーとストックホルム · 続きを見る »

ストックホルムの血浴

トックホルムの血浴 ストックホルムの血浴(デンマーク語:Stockholms blodbad)とは、デンマーク王クリスチャン2世が1520年に行なったスウェーデン人に対する処刑ないし粛清である。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーとストックホルムの血浴 · 続きを見る »

スウェーデン

ウェーデン王国(スウェーデンおうこく、スウェーデン語: )、通称スウェーデンは、北ヨーロッパのスカンディナヴィア半島に位置する立憲君主制国家。首都はストックホルム。西にノルウェー、北東にフィンランドと国境を接し、南西にカテガット海峡を挟んでデンマークと近接する。東から南にはバルト海が存在し、対岸のロシアやドイツとの関わりが深い。法定最低賃金は存在しておらず、スウェーデン国外の大企業や機関投資家に経済を左右されている。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーとスウェーデン · 続きを見る »

スウェーデンアカデミー辞典

ウェーデンアカデミー辞典(スウェーデンアカデミーじてん、Ordbok över svenska språket utgiven av Svenska Akademien)は、スウェーデン・アカデミーが編纂するスウェーデン語の辞典。項目は約45万。第一巻は1898年で2017年に完刊する予定である。1997年にオンライン版が作成され、ネット上で使用できる。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーとスウェーデンアカデミー辞典 · 続きを見る »

スウェーデン語

ウェーデン語(スウェーデンご、svenska )は、インド・ヨーロッパ語族ゲルマン語派北ゲルマン語群東スカンジナビア諸語に属する言語である。主にスウェーデンで使用される。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーとスウェーデン語 · 続きを見る »

セルマ・ラーゲルレーヴ

Jerusalem (bok)』に因んで命名された標識 1959年にソ連が作成したラーゲルレーヴの記念切手 1909年時のラーゲルレーヴ セルマ・ラーゲルレーヴ(Selma Ottilia Lovisa Lagerlöf、、1858年11月20日 - 1940年3月16日)は、スウェーデンの女性作家。 『ニルスのふしぎな旅』(1906年・1907年)の著者であり、女性初・スウェーデン人初のノーベル文学賞受賞者(1909年)として名高い。現行の20スウェーデン・クローナ紙幣には、表にラーゲルレーヴの肖像、裏にニルスが描かれている。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーとセルマ・ラーゲルレーヴ · 続きを見る »

ソフィ・オクサネン

フィ・オクサネン(Sofi Oksanen、1977年1月7日 - )は、フィンランドの現代作家。ユヴァスキュラで生まれた。父親はフィンランド人で、母親はエストニア人である。現在までのところ、彼女は一つの国際的ベストセラーを含む4作の小説と1作の戯曲を発表し、これらの活動によっていくつかの賞を獲得している。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーとソフィ・オクサネン · 続きを見る »

国立アカデミー

国立アカデミー(こくりつアカデミー、)とは、政府より金銭的支援や公認を受けており、学術的な研究活動や、学術分野における標準化を行っている学術団体。国により広く芸術・人文・科学分野をカバーしている国もあり、科学分野のみに集中している国もある。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーと国立アカデミー · 続きを見る »

日本学士院

日本学士院(にっぽんがくしいん、)は、日本学士院法(以下「法」)に基づいて設置されている日本の国立アカデミーであり、文部科学省の特別の機関である。1879年に東京学士会院として発足し、その後帝国学士院に改組された。太平洋戦争後に日本学士院となり現在に至る。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーと日本学士院 · 続きを見る »

1786年

記載なし。

新しい!!: スウェーデン・アカデミーと1786年 · 続きを見る »

1986年

この項目では、国際的な視点に基づいた1986年について記載する。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーと1986年 · 続きを見る »

1987年

この項目では、国際的な視点に基づいた1987年について記載する。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーと1987年 · 続きを見る »

1988年

この項目では、国際的な視点に基づいた1988年について記載する。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーと1988年 · 続きを見る »

1989年

この項目では、国際的な視点に基づいた1989年について記載する。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーと1989年 · 続きを見る »

1990年

この項目では、国際的な視点に基づいた1990年について記載する。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーと1990年 · 続きを見る »

1991年

この項目では、国際的な視点に基づいた1991年について記載する。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーと1991年 · 続きを見る »

1992年

この項目では、国際的な視点に基づいた1992年について記載する。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーと1992年 · 続きを見る »

1993年

この項目では、国際的な視点に基づいた1993年について記載する。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーと1993年 · 続きを見る »

1994年

この項目では、国際的な視点に基づいた1994年について記載する。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーと1994年 · 続きを見る »

1995年

この項目では、国際的な視点に基づいた1995年について記載する。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーと1995年 · 続きを見る »

1996年

この項目では、国際的な視点に基づいた1996年について記載する。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーと1996年 · 続きを見る »

1997年

この項目では、国際的な視点に基づいた1997年について記載する。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーと1997年 · 続きを見る »

1998年

この項目では、国際的な視点に基づいた1998年について記載する。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーと1998年 · 続きを見る »

1999年

1990年代最後の年であり、1000の位が1になる最後の年でもある。 この項目では、国際的な視点に基づいた1999年について記載する。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーと1999年 · 続きを見る »

2000年

400年ぶりの世紀末閏年(20世紀および2千年紀最後の年)である100で割り切れるが、400でも割り切れる年であるため、閏年のままとなる(グレゴリオ暦の規定による)。。Y2Kと表記されることもある(“Year 2000 ”の略。“2000”を“2K ”で表す)。また、ミレニアムとも呼ばれる。 この項目では、国際的な視点に基づいた2000年について記載する。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーと2000年 · 続きを見る »

2001年

また、21世紀および3千年紀における最初の年でもある。この項目では、国際的な視点に基づいた2001年について記載する。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーと2001年 · 続きを見る »

2002年

この項目では、国際的な視点に基づいた2002年について記載する。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーと2002年 · 続きを見る »

2003年

この項目では、国際的な視点に基づいた2003年について記載する。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーと2003年 · 続きを見る »

2004年

この項目では、国際的な視点に基づいた2004年について記載する。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーと2004年 · 続きを見る »

2005年

この項目では、国際的な視点に基づいた2005年について記載する。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーと2005年 · 続きを見る »

2006年

この項目では、国際的な視点に基づいた2006年について記載する。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーと2006年 · 続きを見る »

2007年

この項目では、国際的な視点に基づいた2007年について記載する。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーと2007年 · 続きを見る »

2008年

この項目では、国際的な視点に基づいた2008年について記載する。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーと2008年 · 続きを見る »

2009年

この項目では、国際的な視点に基づいた2009年について記載する。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーと2009年 · 続きを見る »

2010年

この項目では、国際的な視点に基づいた2010年について記載する。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーと2010年 · 続きを見る »

2011年

この項目では、国際的な視点に基づいた2011年について記載する。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーと2011年 · 続きを見る »

2012年

この項目では、国際的な視点に基づいた2012年について記載する。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーと2012年 · 続きを見る »

2013年

この項目では、国際的な視点に基づいた2013年について記載する。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーと2013年 · 続きを見る »

2014年

この項目では、国際的な視点に基づいた2014年について記載する。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーと2014年 · 続きを見る »

2015年

この項目では、国際的な視点に基づいた2015年について記載する。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーと2015年 · 続きを見る »

2016年

この項目では、国際的な視点に基づいた2016年について記載する。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーと2016年 · 続きを見る »

2017年

この項目では国際的な視点に基づいた2017年について記載する。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーと2017年 · 続きを見る »

2018年

この項目では、国際的な視点に基づいた2018年について記載する。.

新しい!!: スウェーデン・アカデミーと2018年 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

スウェーデン王立アカデミー

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »