ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ジョン・ハーシェル

索引 ジョン・ハーシェル

ー・ジョン・フレデリック・ウィリアム・ハーシェル準男爵(Sir John Frederick William Herschel, 1st Baronet、1792年3月7日 - 1871年5月11日)は、イギリスの天文学者、数学者。ナイト勲爵士(KH)、王立協会フェロー(FRS)。 天王星を発見した天文学者ウィリアム・ハーシェルの息子として、ウィンザー郊外のスラウで生まれる。イートン・カレッジを経てケンブリッジ大学に入学し、1813年に卒業。1834年から1838年に帰国するまでの4年間、ケープ植民地(後の南アフリカ共和国)のケープタウンで、北半球からは観測できない南天の天体を観察、記録を残した。.

59 関係: 南アフリカ共和国天王星天文学者彗星土星北半球ミマス (衛星)ノーマン・ポグソンチオ硫酸ナトリウムチタニア (衛星)ネガフィルムバッキンガムシャーユリウス通日ラランド賞リバーサルフィルムレア (衛星)ロイヤル・メダルトーマス・グレアムテティス (衛星)ディオネ (衛星)ベテルギウスアリエル (衛星)イートン・カレッジイアペトゥス (衛星)イギリスウンブリエルウィリアム・ハーシェルウィンザー (イングランド)エンケラドゥス (衛星)オベロン (衛星)ケント (イングランド)ケンブリッジ大学ケープタウンケープ植民地コプリ・メダルジュリア・マーガレット・カメロンスラウタイタン (衛星)写真王立協会フェロー王立天文学会王立天文学会ゴールドメダル青写真衛星金コロイド恒星準男爵指紋流星数学者...1792年1836年1838年1842年1847年1849年1871年3月7日5月11日 インデックスを展開 (9 もっと) »

南アフリカ共和国

南アフリカ共和国(みなみアフリカきょうわこく)、通称南アフリカは、アフリカ大陸最南端に位置する共和制国家。イギリス連邦加盟国のひとつ。東にスワジランド、モザンビーク、北にジンバブエ、ボツワナ、西にナミビアと国境を接し、レソトを四方から囲んでいる。南アフリカは首都機能をプレトリア(行政府)、ケープタウン(立法府)、ブルームフォンテーン(司法府)に分散させているが、各国の大使館はプレトリアに置いていることから国を代表する首都はプレトリアと認知されている。.

新しい!!: ジョン・ハーシェルと南アフリカ共和国 · 続きを見る »

天王星

天王星(てんのうせい、Uranus)は、太陽系の太陽に近い方から7番目の惑星である。太陽系の惑星の中で木星・土星に次ぎ、3番目に大きい。1781年3月13日、イギリスの天文学者ウィリアム・ハーシェルにより発見された。名称のUranusは、ギリシア神話における天の神ウーラノス(Ουρανός、ラテン文字転写: Ouranos)のラテン語形である。 最大等級+5.6等のため、地球最接近時は肉眼で見えることもある。のちにハーシェル以前に恒星として20回以上の観測記録(肉眼観測も含む)があることが判明した。.

新しい!!: ジョン・ハーシェルと天王星 · 続きを見る »

天文学者

リレオ・ガリレイはしばしば近代天文学の父と呼ばれる。 天文学者(てんもんがくしゃ)とは、惑星、恒星、銀河等の天体を研究する科学者である。 歴史的に、astronomy では天空で起きる現象の分類や記述に重点を置き、astroplane ではこれらの現象の説明やそれらの間の差異を物理法則を使って説明することを試みてきた。今日では、2つの差はほとんどなくなっている。プロの天文学者は高い教育を受け、通常物理学か天文学の博士号を持っており、研究所や大学に雇用されている。多くの時間を研究に費やすが、教育、施設の建設、天文台の運営の補助等にも携わっている。アメリカ合衆国のプロの天文学者の数は少なく、北米最大の天文学者の組織であるアメリカ天文学会には7,700人が所属している。天文学者の数の中には、物理学、地学、工学等の別の分野出身で天文学に関心を持ち、深く関わっているの者も含まれている。国際天文学連合には、博士課程以上の学生を含めて89カ国から9259人が所属している。 世界中のプロの天文学者の数は小さな町の人口にも満たないが、アマチュア天文学者のコミュニティは数多くある。多くの市に、定期的に会合を開催しているアマチュア天文学者のクラブがある。太平洋天文協会は、70カ国以上からプロやアマチュアの天文学者、教育者が参加する世界最大の組織である。他の趣味と同様に、自身をアマチュア天文学者だと考える多くの人々は、月に数時間を天体観測や最新の研究成果を読むことに費やす。しかし、アマチュアは、いわゆる「アームチェア天文学者」と呼ばれる人々から、自身の天体望遠鏡を所持して野望を持ち、新しい発見をしたりプロの天文学者の研究を助けたりする者まで、幅広く存在する。.

新しい!!: ジョン・ハーシェルと天文学者 · 続きを見る »

彗星

アメリカ合衆国アリゾナ州のカタリナ天文台で1974年11月1日に撮影されたコホーテク彗星 クロアチアのパジンで1997年3月29日に撮影されたヘール・ボップ彗星 彗星(すいせい、comet)は、太陽系小天体のうち主に氷や塵などでできており、太陽に近づいて一時的な大気であるコマや、コマの物質が流出した尾(テイル)を生じるものを指す。.

新しい!!: ジョン・ハーシェルと彗星 · 続きを見る »

土星

土星(どせい、、、)は、太陽から6番目の、太陽系の中では木星に次いで2番目に大きな惑星である。巨大ガス惑星に属する土星の平均半径は地球の約9倍に当る。平均密度は地球の1/8に過ぎないため、巨大な体積の割りに質量は地球の95倍程度である。そのため、木星型惑星の一種とされている。 土星の内部には鉄やニッケルおよびシリコンと酸素の化合物である岩石から成る中心核があり、そのまわりを金属水素が厚く覆っていると考えられ、中間層には液体の水素とヘリウムが、その外側はガスが取り巻いている。 惑星表面は、最上部にあるアンモニアの結晶に由来する白や黄色の縞が見られる。金属水素層で生じる電流が作り出す土星の固有磁場は地球磁場よりも若干弱く、木星磁場の1/12程度である。外側の大気は変化が少なく色彩の差異も無いが、長く持続する特徴が現れる事もある。風速は木星を上回る1800km/hに達するが、海王星程ではない。 土星は恒常的な環を持ち、9つが主要なリング状、3つが不定的な円弧である。これらはほとんどが氷の小片であり、岩石のデブリや宇宙塵も含まれる。知られている限り62個の衛星を持ち、うち53個には固有名詞がついている。これにはリングの中に存在する何百という小衛星(ムーンレット)は含まれない。タイタンは土星最大で太陽系全体でも2番目に大きな衛星であり、水星よりも大きく、衛星としては太陽系でただひとつ有意な大気を纏っている。 日本語で当該太陽系第六惑星を「土星」と呼ぶ由来は、古代中国において五惑星が五行説に当てはめて考えられた際、この星に土徳が配当されたからである。英語名サターンはローマ神話の農耕神サートゥルヌスに由来する。.

新しい!!: ジョン・ハーシェルと土星 · 続きを見る »

北半球

北半球(黄色に塗られた範囲) 北半球 円周が赤道に相当する 北半球(きたはんきゅう)とは、天体を赤道で二分したとき、北側に相当する部分を指す。以下、特に断らない限り地球の北半球について述べる。 大陸のうちユーラシア大陸・北アメリカ大陸のほか、アフリカ大陸の1/2以上、南アメリカ大陸の約1/7が北半球に含まれる。六大州としてはアジア・ヨーロッパ・北アメリカの全域が北半球に位置する。海洋の分布では、太平洋・大西洋・インド洋の一部、および北極海・地中海・メキシコ湾・東シナ海などの付属海を含む。.

新しい!!: ジョン・ハーシェルと北半球 · 続きを見る »

ミマス (衛星)

ミマス (Saturn I Mimas) は、土星の第1衛星。1789年に天文学者ウィリアム・ハーシェルによって発見された。その後、ウィリアムの息子のジョン・ハーシェルが1847年にギリシア神話の巨人族の一人ミマースにちなみ命名、発表した。.

新しい!!: ジョン・ハーシェルとミマス (衛星) · 続きを見る »

ノーマン・ポグソン

ノーマン・ロバート・ポグソン (Norman Robert Pogson, 1829年3月23日 - 1891年6月23日)は、イギリスの天文学者。 娘のアイシス・ポグソン (Isis Pogson、1852年-1945年)も天文学者となり、気象学者としても活動した。.

新しい!!: ジョン・ハーシェルとノーマン・ポグソン · 続きを見る »

チオ硫酸ナトリウム

チオ硫酸ナトリウム(チオりゅうさんナトリウム、sodium thiosulfate)は、化学式 で表されるナトリウムのチオ硫酸塩である。「チオ硫酸」という呼称は、硫酸が持つ酸素が1つ硫黄に置き換わっていることを示している。.

新しい!!: ジョン・ハーシェルとチオ硫酸ナトリウム · 続きを見る »

チタニア (衛星)

チタニア(タイタニア、ティターニア、Uranus III Titania)は、天王星の第3衛星で、天王星の5大衛星の1つである。.

新しい!!: ジョン・ハーシェルとチタニア (衛星) · 続きを見る »

ネガフィルム

ネガフィルムの例・上から順に135フィルム・110フィルム・ミノックス用フィルム ネガフィルムとは、被写体の明暗や色が反転した画像がつくられる写真フィルムである。「ネガ」は「ネガティブ (negative)」の略であり、英語ではnegative filmと表記する。カラーフィルムの場合、色は被写体の色の補色(ネガ、陰画)が現れる。プリント時に再反転されることで普通に見られる画像(ポジ、陽画)となる。 なお、ここでは主にカラーフィルムについて解説する。モノクロフィルムについてはモノクロフィルムの項を参照のこと。.

新しい!!: ジョン・ハーシェルとネガフィルム · 続きを見る »

バッキンガムシャー

バッキンガムシャー(Buckinghamshire)(略称バックス(Bucks))はイングランド南東部の地域であり、バッキンガムシャー州(the county of Buckinghamshire、Buckinghamshire county)とも呼ばれる。州都はアイルズベリである。 バッキンガムシャー州はアイルズベリヴェール、チルターン、サウス・バックス、ウィコムの4区に分かれる。公式にはミルトン・キーンズも含む。 伝統的な州境界線の詳細はバッキンガムシャーの歴史(英文)を参照のこと。 公式にはオックスフォードシャー州、ノーサンプトンシャー州、ベッドフォードシャー州、ハートフォードシャー州、バークシャー州、大ロンドンと接している。1974年の地方制度改革でバッキンガムシャーはスローとイートンをバークシャー州に譲り、1998年からスローとウィンザー・メイデンヘッドの自治権が強まった。ミルトン・キーンズは1997年に自治権が強化された。 バッキンガムシャー州は農業州で、南にチルターンヒルズ、北にヴェイルオブアイルズベリ(アイルズベリ谷)がある。最高地点はウェンドーヴァー近くの海抜876フィート(267メートル)のクーンビヒルである。肥沃な農業地があり、多くは所有者のいる土地で、特に19世紀はロスチャイルド家が所有していた(バッキンガムシャーのロスチャイルドの資産(英文)を参照のこと)。産業は農業を主体に家具造り(伝統的にハイウィコムが中心)、製薬会社、サービス業と販売業がある。南のロンドンとは通勤電車が走っている。.

新しい!!: ジョン・ハーシェルとバッキンガムシャー · 続きを見る »

ユリウス通日

ユリウス通日(ユリウスつうじつ、Julian Day、JD)とは、ユリウス暦本稿で言うユリウス暦は、西暦8年以前についてもユリウス暦の暦法(4年に1度閏年を実施)を機械的に遡って適用したと仮定したを指す。実際のユリウス暦では、その初期である紀元前45年 から 紀元前8年の間では、閏年を3年に1度とするという正しくない運用がなされていたので(ユリウス暦#初期のユリウス暦の運用)、この先発ユリウス暦とは一致しない。また、紀元前45年以前にはユリウス暦そのものが存在しない。紀元前4713年1月1日、すなわち西暦 -4712年1月1日の正午(世界時)からの日数である。単にユリウス日(ユリウスび)ともいう。時刻値を示すために一般には小数が付けられる。 例えば、協定世界時(UTC)でのCURRENTYEAR年CURRENTMONTHNAMECURRENTDAY日 のユリウス日の値は、おおむねである。.

新しい!!: ジョン・ハーシェルとユリウス通日 · 続きを見る »

ラランド賞

ラランド賞(Le Prix Lalande)は1802年から1970年の間、フランス科学アカデミーによって授与されていた天文学の賞である。天文学者ジェローム・ラランドが1801年に行った寄付に基づいて設立された。同じく天文学者のバンジャマン・ワルツの名をとって作られたバンジャマン・ワルツ賞と統合され、ラランド=バンジャマン・ワルツ賞Prix Lalande-Benjamin Valz となった。さらに1997年からは、他の同種の122の基金と統合され、科学アカデミー大賞(Grande Médaille)となった。.

新しい!!: ジョン・ハーシェルとラランド賞 · 続きを見る »

リバーサルフィルム

リバーサルフィルム、反転フィルム(はんてんフィルム、Reversal film, transparency film)は、現像の過程において露光・第一現像後、反転現像によってポジ画像(陽画)を得る構造をもつ写真フィルムである、2011年12月11日閲覧。、2011年12月11日閲覧。、2011年12月11日閲覧。。リバーサル写真フィルムはスライドおよび商業印刷に、16mmフィルムおよび8mmフィルム等の映画フィルムは映画の上映に使用される(映画の場合は、リバーサルフィルムで撮影することもあるが、ネガフィルムに撮影してそのネガ像でポジフィルムを露光させ、リバーサル現像ではなくネガ現像でポジ像を得ることがある。この場合ポジフィルムであるが、リバーサルではない。この記事では以下もっぱら写真について説明する)。ネガフィルムとは逆に画像の色や明るさをそのとおりに見ることができるため、ポジフィルムあるいは陽画フィルム(ようがフィルム)とも呼ばれる、2011年12月11日閲覧。。スライドプロジェクタで拡大投影して使われることもあるため、スライドフィルムとも呼ばれる。日本では富士フイルム、コダック等が製造販売している。 ほとんどの製品はカラーフィルムであるが、イルフォード(イギリス)、ORWO(ドイツ)、フォマ・ボヘミア(チェコ)等各社が白黒リバーサルフィルムを製造販売している。過去においてはコニカ(コニパンリバーサル)アグフア・ゲバルトも製造販売していたが、それらは2005年(平成17年)に製造終了となった。16mmフィルム、スーパー8やシングル8等、映画用フィルムでは、白黒リバーサルフィルムが2011年(平成23年)現在、日本でも製造販売されている。 本項ではもっぱらカラーリバーサルフィルムについて述べる。白黒のリバーサルフィルムについては白黒リバーサルフィルムの記事を参照のこと。.

新しい!!: ジョン・ハーシェルとリバーサルフィルム · 続きを見る »

レア (衛星)

レア (Saturn V Rhea) は、土星の第5衛星である。土星の衛星の中ではタイタンに次いで2番目に大きい。.

新しい!!: ジョン・ハーシェルとレア (衛星) · 続きを見る »

ロイヤル・メダル

ョージ4世が1826年にこの賞を創設した。 ロイヤル・メダル(Royal Medal)は、王立協会が毎年イギリス連邦内で「自然界についての知識の発展に最も重要な貢献をした」2人の人物と「応用科学の分野で顕著な貢献をした」1人の人物に与える賞で、金メッキされた銀メダルが授与される。1826年、ジョージ4世が創設した。当初は毎年2つのメダルを、前年に重要な発見をした者に与えていた。その後対象期間が5年間に伸び、さらに3年間に短縮された。形式はウィリアム4世とヴィクトリア女王が受け継ぎ、特にヴィクトリア女王は1837年に条件を変更したため、数学も3年おきに選考対象とされるようになった。1850年に再び条件が変更され、イギリス連邦内で10年前から1年前までの間に発表された自然科学への重要な貢献2件を表彰することになった。 1965年、現在の形式となり、王立協会の推薦に基づいてイギリス王室が3つのメダルを毎年授与するようになった。自然科学全般を対象とするため、選考委員会は生物学関連部門と物理学関連部門に分かれている。.

新しい!!: ジョン・ハーシェルとロイヤル・メダル · 続きを見る »

トーマス・グレアム

トーマス・グレアム(Thomas Graham, 1805年12月21日 - 1869年9月16日)は、スコットランドの化学者である。気体の拡散速度が分子量の平方根に逆比例するグレアムの法則などで知られる。 グラスゴーに生まれた。父親は裕福な繊維業者であった。グラスゴー大学で学んだ後、王立科学・技術大学(後のストラスクライド大学)、ロンドン大学などの化学の教授を務めた。1841年にロンドン化学協会を設立し、初代の会長を務めた。1862年にコプリ・メダルを受賞した。晩年の15年間は造幣局長官を務めた。これはかつてアイザック・ニュートンが務めた官職である。 科学的な業績としては、気体の拡散速度が分子量の平方根に逆比例するグレアムの法則を発見した。またコロイド化学のパイオニアで、研究のなかで透析膜を発見した。1836年王立協会フェロー選出。.

新しい!!: ジョン・ハーシェルとトーマス・グレアム · 続きを見る »

テティス (衛星)

テティス (Saturn III Tethys) は、土星の第3衛星である。土星の衛星の中では5番目に大きい。1684年3月21日にジョヴァンニ・カッシーニによってディオネと共に発見された。.

新しい!!: ジョン・ハーシェルとテティス (衛星) · 続きを見る »

ディオネ (衛星)

ディオネ (Saturn IV Dione) は、土星の第4衛星である。1684年3月21日にジョヴァンニ・カッシーニによってテティスと共に発見された。.

新しい!!: ジョン・ハーシェルとディオネ (衛星) · 続きを見る »

ベテルギウス

ベテルギウス(Betelgeuse)は、オリオン座α星、オリオン座の恒星で全天21の1等星の1つ。おおいぬ座のシリウス、こいぬ座のプロキオンとともに、冬の大三角を形成している。.

新しい!!: ジョン・ハーシェルとベテルギウス · 続きを見る »

アリエル (衛星)

アリエル (Uranus I Ariel) は、天王星の第1衛星で、天王星の5大衛星の1つである。5大衛星の中では4番目に大きい。1851年にウィリアム・ラッセルによって発見された。.

新しい!!: ジョン・ハーシェルとアリエル (衛星) · 続きを見る »

イートン・カレッジ

イートン・カレッジ(Eton College、またはイートン校。正式名称King's College of Our Lady of Eton beside Windsor)は、1440年に創設された英国の男子全寮制のパブリックスクール。ロンドン西郊に位置する。 王室のある街ウィンザーとはテムズ川を渡って対岸に位置するバークシャー州イートンに広大な学校敷地を持ち、ゴシック様式の校舎や礼拝堂、歴史博物館などが軒を並べる。各界に多くの著名人を輩出し、特に過去19人の首相を出している英国一の名門校とされている。.

新しい!!: ジョン・ハーシェルとイートン・カレッジ · 続きを見る »

イアペトゥス (衛星)

イアペトゥス (Saturn VIII Iapetus) は、土星の第8衛星。1671年10月25日にフランスの天文学者ジョヴァンニ・カッシーニが発見した。日本語ではイアペタス、ヤペタス、イアペトスなどの表記もある。 土星から約356万キロ離れたところを79日ほどで公転しており、軌道傾斜角が15.47°と他の衛星に比べて大きい。地球-月系と同様、イアペトゥスの公転周期と自転周期は同期しており1回公転するごとに1回自転する。平均直径は1436kmで、土星の衛星の中ではタイタン、レアに次ぎ3番目に大きい。密度が1.27と小さいことから主な成分は水の氷であり、一部、岩石が混ざっていると考えられている。 名前はギリシア神話のティーターンの一人で、プロメーテウスやエピメテウスらの父であるイーアペトスに由来する。 2004年12月31日には、無人土星探査機カッシーニがイアペトゥスから17万kmまで接近し、鮮明な写真を撮影している。.

新しい!!: ジョン・ハーシェルとイアペトゥス (衛星) · 続きを見る »

イギリス

レートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称の一例としてイギリス、あるいは英国(えいこく)は、ヨーロッパ大陸の北西岸に位置するグレートブリテン島・アイルランド島北東部・その他多くの島々から成る同君連合型の主権国家である。イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されている。 また、イギリスの擬人化にジョン・ブル、ブリタニアがある。.

新しい!!: ジョン・ハーシェルとイギリス · 続きを見る »

ウンブリエル

ウンブリエル (Uranus II Umbriel) は、天王星の第2衛星で、天王星の5大衛星の1つである。内側から13番目に回っており、3番目に大きい。 天王星の全ての衛星は、ウィリアム・シェイクスピアもしくはアレクサンダー・ポープの作品にちなんで名づけられる。ウンブリエルはポープの『髪盗人』の登場する悪霊ウンブリエルにちなんで付けられた。.

新しい!!: ジョン・ハーシェルとウンブリエル · 続きを見る »

ウィリアム・ハーシェル

ー・フレデリック・ウィリアム・ハーシェル(Sir Frederick William Herschel, 1738年11月15日 - 1822年8月25日)は、ドイツのハノーファー出身のイギリスの天文学者・音楽家・望遠鏡製作者。ドイツ語名はフリードリヒ・ヴィルヘルム・ヘルシェル(Friedrich Wilhelm Herschel)である。天王星の発見や赤外線放射の発見など、天文学における数多くの業績で知られる。.

新しい!!: ジョン・ハーシェルとウィリアム・ハーシェル · 続きを見る »

ウィンザー (イングランド)

ウィンザー(Windsor)はイギリスのイングランド南東部、バークシャーに属するタウン。西隣のメイデンヘッドとウィンザー・メイデンヘッド(Royal Borough of Windsor and Maidenhead)独立行政区を形成している。 ウィンザー城の所在地として有名。城は丘の上にあり、そのふもとをテムズ川が流れ、川の対岸には名門校イートン・カレッジに位置する。 ロンドンのチャリング・クロスから34kmの位置にあり、鉄道で1時間ほどなので毎年多くの観光客が訪れている。.

新しい!!: ジョン・ハーシェルとウィンザー (イングランド) · 続きを見る »

エンケラドゥス (衛星)

ンケラドゥス (Saturn II Enceladus) は、土星の第2衛星。直径498km、土星からの距離は約24万km、土星の周りを33時間ほどで公転している。生命の可能性を持つ衛星として知られる。エンケラドス、エンセラダスとも称される。 1789年に天文学者ウィリアム・ハーシェルによって発見された。その後、1847年にギリシア神話のギガース族の1人エンケラドスにちなみ、息子のジョン・ハーシェルが命名・発表した。.

新しい!!: ジョン・ハーシェルとエンケラドゥス (衛星) · 続きを見る »

オベロン (衛星)

ベロン(オバロン、オーバロン、Uranus IV Oberon)は、天王星の第4衛星で、天王星の5大衛星の1つである。天王星の衛星の中ではチタニアに次いで大きい。オベロンは1787年1月11日にウィリアム・ハーシェルによって発見された。 天王星の全ての衛星は、ウィリアム・シェイクスピアもしくはアレクサンダー・ポープの作品にちなんで名づけられる。オベロンは、シェイクスピアの戯曲『夏の夜の夢』に登場する、チタニアの夫である妖精の王オベロンにちなんで付けられた。.

新しい!!: ジョン・ハーシェルとオベロン (衛星) · 続きを見る »

ケント (イングランド)

ント(Kent)はイングランドの地域で、ロンドンの南東にあり、ケント州(the county of Kent, Kent county)とも呼ばれる。州都はメイドストーンである。ケントはイースト・サセックス、サリー、大ロンドンと接し、テームズ川中流にエセックスとのはっきりした境界がある。ケントには英仏海峡トンネルに沿ってフランスと名ばかりの境界が途中まであり、ケントという名前は、ケント王国から来ている。 ケントには市が2つあり、カンタベリー大主教のいるカンタベリーとロチェスター主教のいるロチェスターである。しかし、地方政府が再編された1998年からロチェスターは行政上の監督のできる市としての権限を失ったが、現在復活に向けた試みが行われている。その他の町は、下記の一覧表を参照のこと。 「イングランドの庭園」という渾名のためにケントは絵に描いたような田園州と思われているかも知れないが、農業経営は今も産業である。何世紀以上も他の多くの産業は重要であったし、今も重要なものがある。羊毛製の生地製造、製鉄、製紙、セメント、工学、以上全ては工業分野である。漁業と観光は(特に海岸のリゾート地で)多くの人が従事している。東部ケントの炭田は、20世紀に採掘され、ダンゲネスにダンゲネス発電所がある。それでもサネット地域はイングランド南東部の最貧地区の1つと考えられている。 フェリー港、英仏海峡トンネル、2つの自動車道は、ヨーロッパ大陸と結んでいる。マンストンとロチェスターに空港が、ヘッドコーンとリッドに小規模の飛行場がある。 ケントに住む有名人は、チャールズ・ディケンズとチャールズ・ダーウィンなどがいる。ウィンストン・チャーチルの家だったチャートウェルもケントにある。 ケントの史跡調査は、ヴィクトリア朝州史調査制度で制限されているが、広範囲にわたる調査は、1755年 - 1805年にエドワード・ヘイステッドにより50年以上にわたって行われた。ウィリアム・ランバルドは16世紀初期の作家であった。 ケントはケント紙の発祥の地である。またタバコのケントも同地に由来があるとも言われている。 テニス選手権の最高峰ウィンブルドン選手権で、優勝者を表彰するのはケント公である。.

新しい!!: ジョン・ハーシェルとケント (イングランド) · 続きを見る »

ケンブリッジ大学

ンブリッジ大学(University of Cambridge)は、イギリスの大学都市ケンブリッジに所在する総合大学であり、イギリス伝統のカレッジ制を特徴とする世界屈指の名門大学である。中世に創設されて以来、英語圏ではオックスフォード大学に次ぐ古い歴史をもっており、アンシャン・ユニヴァシティーに属する。 ハーバード大学、シカゴ大学、オックスフォード大学等と並び、各種の世界大学ランキングで常にトップレベルの優秀な大学として評価されており、公式のノーベル賞受賞者は96人(2016年12月現在)と、世界の大学・研究機関で最多(内、卒業生の受賞者は65人)。総長はで、副総長は。 公式サイトでは国公立大学(Public University)と紹介している。法的根拠が国王の勅許状により設立された自治団体であること、大学財政審議会(UFC)を通じて国家から国庫補助金の配分を受けており、大学規模や文科・理科の配分比率がUFCにより決定されていること、法的性質が明らかに違うバッキンガム大学等の私立大学が近年新設されたことによる。ただし、自然発生的な創立の歴史や高度な大学自治、独自の財産と安定収入のあるカレッジの存在、日本でいう国公立大学とは解釈が異なる。 アメリカ、ヨーロッパ、アジア、アフリカ各国からの留学生も多い。2005年現在、EU外からの学生は3,000人を超え、日本からの留学生も毎年十数人~数十人規模となっている。研究者の交流も盛んで、日本からの在外訪問研究者も多い。.

新しい!!: ジョン・ハーシェルとケンブリッジ大学 · 続きを見る »

ケープタウン

市街風景 ケープ岬(衛星画像より作成) ケープタウン(、、)は、南アフリカ共和国西ケープ州に位置する都市(都市圏)である。立法府所在地で、同州の州都。アフリカ有数の世界都市である。.

新しい!!: ジョン・ハーシェルとケープタウン · 続きを見る »

ケープ植民地

ープ植民地(ケープしょくみんち、Cape Colony、オランダ語・Kaapkolonie)は、かつてオランダ東インド会社が設立した、南アフリカにあった植民地。ケープタウンを中心に発展し、1795年にイギリス領植民地となった。.

新しい!!: ジョン・ハーシェルとケープ植民地 · 続きを見る »

コプリ・メダル

プリ・メダル()は 科学業績に対して贈られる最も歴史の古い賞である。イギリス王立協会によって1731年に創立され、毎年贈られている。 裕福な地主で1761年に王立協会のメンバーになったゴッドフリー・コプリ卿の基金をもとに設立された。物理学、生物学の分野の研究者に贈られ、受賞者は協会のフェローあるいは外国人会員に選出される。.

新しい!!: ジョン・ハーシェルとコプリ・メダル · 続きを見る »

ジュリア・マーガレット・カメロン

ュリア・マーガレット・カメロン (Julia Margaret Cameron、1815年6月11日 - 1879年1月26日)は、イギリスの写真家。当時の有名人の肖像写真、アーサー王その他の伝説的な主題の写真で有名。 カメロンの写真家としての経歴は、晩年の短期間(約12年間)であった。その作品は写真術の発展に大きな衝撃をもたらし、特にその短く刈り込まれた肖像写真はこんにちなお模倣されている。ワイト島のディンボラ・ロッジ(Dimbola Lodge)に在る彼女の家にはいまなお訪問することが可能である。.

新しい!!: ジョン・ハーシェルとジュリア・マーガレット・カメロン · 続きを見る »

スラウ

ラウ (Slough) は、イギリスバークシャーにあるバラかつ単一自治体である。ロンドン中心部から西へ約32kmに位置している。ロンドン郊外でも最も多種多様な民族の住むエリアである。.

新しい!!: ジョン・ハーシェルとスラウ · 続きを見る »

タイタン (衛星)

タイタン (Saturn VI Titan) は、土星の第6衛星。1655年3月25日にクリスティアーン・ホイヘンスによって発見された。地球の月、木星の4つのガリレオ衛星に次いで、6番目に発見された衛星である。.

新しい!!: ジョン・ハーシェルとタイタン (衛星) · 続きを見る »

写真

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、.

新しい!!: ジョン・ハーシェルと写真 · 続きを見る »

王立協会フェロー

王立協会フェロー(おうりつきょうかいフェロー、Fellowship of the Royal Society)は、「数学・工学・医学を含む自然知識の向上への多大な貢献」をした個人に対して、ロンドンの王立協会から付与される賞およびフェローシップ(会員資格)である。 最古の科学アカデミーである王立協会のフェローシップは、歴史上、多くの有名な科学者に与えられた重要な名誉である。フェローには、アイザック・ニュートン(1672年)、チャールズ・ダーウィン(1839年)、マイケル・ファラデー(1824年)、アーネスト・ラザフォード(1903年)、シュリニヴァーサ・ラマヌジャン(1919年)、アルベルト・アインシュタイン(1921年)、ウィンストン・チャーチル(1941年)、スブラマニアン・チャンドラセカール(1944年)、ドロシー・ホジキン(1947年)、アラン・チューリング(1951年)、フランシス・クリック(1959年)などがいる。現在では、スティーヴン・ホーキング(1974年)、ティモシー・ハント(1991年)、エリザベス・H・ブラックバーン(1992年)、ティム・バーナーズ=リー(2001年)、ヴェンカトラマン・ラマクリシュナン(2003年)、 アンドレ・ガイム(2007年)、ジェームズ・ダイソン(2015年)、(2015年)を始めとして合計8000人以上がフェローとなり、1900年以降で280人以上のノーベル賞受賞者のフェローがいる。2016年現在、約1600名の存命のフェロー(外国人会員・名誉フェローを含む)がいる。 王立協会のフェローシップはガーディアン紙によると「オスカー特別功労賞に匹敵する名誉」とされ、受賞者が所属する研究機関はその名誉を広報するのが普通である。.

新しい!!: ジョン・ハーシェルと王立協会フェロー · 続きを見る »

王立天文学会

王立天文学会(おうりつてんもんがっかい、、略称:RAS)は、天文学研究を支援するために1820年に設立された学術団体(学会)である。ロンドン天文学会として設立され、1831年にイギリス王ウィリアム4世からの勅許を受けて現在の名称となった。当初は男性のみ入会が許されていたが、1915年の勅許により女性の入会も認められるようになった。王立天文学会はScience Councilの一員であるとともにイギリス天文学界を代表する組織として国際天文学連合に加盟しており、天文学、太陽系科学、地球物理学と周辺の科学分野の研究の振興を行っているRAS Website "About the RAS" page; 。王立天文学会は、学術雑誌および定期刊行物も発行している。3000人以上が会員となっており、その3分の1がイギリス国外に居住している。さらに、天文学や地球科学に興味があり学会の運営を支援する一般会員は、王立天文学会のと呼ばれる。ロンドン、ピカデリーのバーリントンハウスにある。.

新しい!!: ジョン・ハーシェルと王立天文学会 · 続きを見る »

王立天文学会ゴールドメダル

王立天文学会ゴールドメダルは、イギリスの王立天文学会の賞である。 1964年からは原則的に毎年2つのメダルが贈与され、天文学の分野の功績、地球物理学の分野の功績に対して贈られている。.

新しい!!: ジョン・ハーシェルと王立天文学会ゴールドメダル · 続きを見る »

青写真

ハイデルベルクの街並み(1881年撮影) 青写真(あおじゃしん、)は、サイアノタイプ、日光写真ともいい、鉄塩の化学反応を利用した写真・複写技法で、光の明暗が青色の濃淡として写るためこう呼ばれる。 工学史上、機械図面や建築図面の複写(青図、)に多用されたため、「設計図面」の意味で使用されるようになり、また、これから転じて、将来の計画などを指して「人生の青写真」あるいは「組織改革の青写真」などと言うこともある。 ジアゾ式複写機の普及によって、実務には使われなくなっていったが、印刷・複写業の法人名にその名残は多い。.

新しい!!: ジョン・ハーシェルと青写真 · 続きを見る »

衛星

主要な衛星の大きさ比較 衛星(えいせい、natural satellite)は、惑星や準惑星・小惑星の周りを公転する天然の天体。ただし、惑星の環などを構成する氷や岩石などの小天体は、普通は衛星とは呼ばれない。.

新しい!!: ジョン・ハーシェルと衛星 · 続きを見る »

金コロイド

粒子径が異なる金ナノコロイド溶液の色。 金コロイド(きんころいど)は、1マイクロメートル以下の金微粒子(ナノ粒子)が、流体中に分散しているコロイド。色は液の状態によっても変わるが、10ナノメートル程度の微粒子の場合は概ね赤であり、粒径が小さくなると薄黄色、大きくなると紫~薄青、100ナノメートルを超えると濁った黄色となるBernhard Wessling, Conductive Polymer / Solvent Systems: Solutions or Dispersions?, 1996 (University of Edinburgh School of Physics: 。金コロイドは光学的、電気的に特徴があり、電子顕微鏡、電子工学、ナノテクノロジーPaul Mulvaney, University of Melbourne, The beauty and elegance of Nanocrystals, C. N. Ramachandra Rao, Giridhar U. Kulkarni, P. John Thomasa, Peter P. Edwards, Metal nanoparticles and their assemblies, Chem.

新しい!!: ジョン・ハーシェルと金コロイド · 続きを見る »

恒星

恒星 恒星(こうせい)は、自ら光を発し、その質量がもたらす重力による収縮に反する圧力を内部に持ち支える、ガス体の天体の総称である。人類が住む地球から一番近い恒星は、太陽系唯一の恒星である太陽である。.

新しい!!: ジョン・ハーシェルと恒星 · 続きを見る »

準男爵

準男爵(准男爵、じゅんだんしゃく)、バロネット(baronet)は、イギリスの世襲称号の1つ、またそれを持つ者。男爵(baron)の下、ナイト(knight)の上に位置する君塚(2004) p.242。 準男爵は世襲称号の中では最下位で、貴族ではなく平民である小川(2009) p.90。貴族院にも議席を有さない神戸(2005) p.100。敬称はナイトと同様であるが、一代限りのナイトと違って世襲の称号である。 女性形はバロネテス(baronetess)で、女準男爵と訳すことがある。これは女性が当主である場合である。準男爵の妻はレディ(lady)の敬称で呼ばれる。短縮形は、baronetはBtまたはBart、baronetessはBtss。.

新しい!!: ジョン・ハーシェルと準男爵 · 続きを見る »

指紋

指紋(しもん、Fingerprint)とは、指先の皮膚にある汗腺の開口部が隆起した線(隆線)により出来る紋様。またはこの隆線の形作る模様が物体の表面に付着した跡。.

新しい!!: ジョン・ハーシェルと指紋 · 続きを見る »

流星

流星(りゅうせい、英語:meteor、shooting star)、天体現象の1つで夜間に天空のある点で生じた光がある距離を移動して消える現象。一般的に流れ星とも呼ばれる。原因としては流星物質と呼ばれる太陽の周りを公転する小天体が、地球(または他の天体)の大気に衝突、突入し発光したものである。 流星の元になる小天体は、0.1mm以下のごく小さな塵のようなものから、数cm以上ある小石のようなものまで様々な大きさがある。こうした天体が地球の大気に秒速数kmから数十kmという猛スピードで突入し、上層大気の分子と衝突してプラズマ化したガスが発光する(小天体が大気との空力加熱などにより燃えた状態が流星として見えているわけではない)。これが地上から流星として観測される。通常流星は地上より150kmから100km程度の高さで光り始め、70kmから50kmの高さで消滅する。しかし、元の小天体が特に大きい場合などには、燃え尽きずに隕石として地上に達することがある。なお、見た目に消滅する場合にも流星塵として地球に降り注いでいる。 -3等から-4等程度よりも明るい流星は、火球と呼ばれる。中には満月より明るい光を放ち、夜空全体を一瞬閃光のように明るくするものもある。 流星を観測する方法としては、流星電波観測、流星眼視観測、流星写真観測、流星TV観測がある。.

新しい!!: ジョン・ハーシェルと流星 · 続きを見る »

数学者

数学者(すうがくしゃ、mathematician)とは、数学に属する分野の事柄を第一に、調査および研究する者を指していう呼称である。.

新しい!!: ジョン・ハーシェルと数学者 · 続きを見る »

1792年

記載なし。

新しい!!: ジョン・ハーシェルと1792年 · 続きを見る »

1836年

記載なし。

新しい!!: ジョン・ハーシェルと1836年 · 続きを見る »

1838年

記載なし。

新しい!!: ジョン・ハーシェルと1838年 · 続きを見る »

1842年

記載なし。

新しい!!: ジョン・ハーシェルと1842年 · 続きを見る »

1847年

記載なし。

新しい!!: ジョン・ハーシェルと1847年 · 続きを見る »

1849年

記載なし。

新しい!!: ジョン・ハーシェルと1849年 · 続きを見る »

1871年

記載なし。

新しい!!: ジョン・ハーシェルと1871年 · 続きを見る »

3月7日

3月7日(さんがつなのか)は、グレゴリオ暦で年始から66日目(閏年では67日目)にあたり、年末まであと299日ある。.

新しい!!: ジョン・ハーシェルと3月7日 · 続きを見る »

5月11日

5月11日(ごがつじゅういちにち)は、グレゴリオ暦で年始から131日目(閏年では132日目)にあたり、年末まではあと234日ある。誕生花はニセアカシア。.

新しい!!: ジョン・ハーシェルと5月11日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

ジョン・F・W・ハーシェルジョン・フレデリック・ウィリアム・ハーシェル

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »