ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ジョン・ゲイ

索引 ジョン・ゲイ

ョン・ゲイ(またはジョン・ガイ、John Gay, 1685年6月30日 - 1732年12月4日)は、イングランドの詩人、劇作家。ゲイの作品で有名なものは、ヨハン・クリストフ・ペープシュが曲をつけた『ベガーズ・オペラ(乞食オペラ)』(1728年)で、ポリー・ピーチャム、マクヒースといった登場人物たちの名前は一般に広く浸透した。.

50 関係: 劇作家南海会社南海泡沫事件二行連チジック・ハウスハノーファーバラッド・オペラバーリントン・ハウス (ロンドン)ヨハン・クリストフ・ペープシュリチャード・ボイル (第3代バーリントン伯爵)ルイーズ・オブ・グレート・ブリテンロバート・ウォルポールロンドンプロジェクト・グーテンベルクパトロンパストラルテオクリトスベガーズ・オペラアルカディアアレキサンダー・ポープアン (イギリス女王)イングランドウィリアム・オーガスタス (カンバーランド公)ウェストミンスター寺院エドマンド・スペンサークイーンズベリー公爵グラマースクールジャック・シェパードジョナサン・ワイルドジョナサン・スウィフトサミュエル・ジョンソン風刺詩人法政大学出版局海保眞夫悲劇12月4日1685年1713年1714年1715年1716年1717年1720年1727年1728年1729年1732年1月29日6月30日

劇作家

劇作家(playwright, dramatist)は、演劇の上演のために書かれる戯曲の作者。戯曲家と呼ばれることもある。日本においては演出家を兼ねている者が多い。現在までその作品が残っている最も古い劇作家としては、紀元前5世紀頃のアイスキュロス、ソフォクレス、エウリピデスなどの古代ギリシアにおける悲劇作家達が挙げられる。その作品である戯曲は、通常は俳優によって観客の前で演劇として上演するために執筆される。戯曲の中には、上演を目的とせず読まれることを目的に書かれたレーゼドラマや、戯曲の形式をとってはいるが上演は意図していない作品もある。 「プレイライト」という発音になる英語の playwright は、「play(プレイ.

新しい!!: ジョン・ゲイと劇作家 · 続きを見る »

南海会社

南海会社(なんかいがいしゃ、The South Sea Company)は、18世紀イギリスで設立された勅許会社のひとつ。南アメリカ大陸およびその周辺諸島とイギリスとの貿易を独占すること、特にアフリカの奴隷をスペイン領西インド諸島に輸送し、その利益を得ることを主たる目的に、1711年イギリスで設立された勅許会社。のち金融会社へと変質をとげ、1720年には南海泡沫事件をひきおこす。南洋会社とも訳す。.

新しい!!: ジョン・ゲイと南海会社 · 続きを見る »

南海泡沫事件

Edward Matthew Wardによる作品 南海泡沫事件(なんかいほうまつじけん、South Sea Bubble)は、1720年にグレートブリテン王国(イギリス)で起こった投機ブームによる株価の急騰と暴落、およびそれに続く混乱を指すが、主に損害を蒙ったのはフランスであった。ロバート・ウォルポールがこの混乱を収拾、政治家として名をあげる契機となった。バブル経済の語源になった事件である。.

新しい!!: ジョン・ゲイと南海泡沫事件 · 続きを見る »

二行連

二行連(にぎょうれん;二行連句、対句、couplet, カプレット、カプリット、クプレ)は2行で1組の韻文(詩)。通常押韻され、同じ韻律を持っている。文化によっては、それぞれの文化に関連した装飾的な伝統を持っている。たとえばアフリカでは部族の精神的指導者が主に用いる。.

新しい!!: ジョン・ゲイと二行連 · 続きを見る »

チジック・ハウス

チジック・ハウス (Chiswick House) は、イギリス、西ロンドンのチジック、バーリントン通りに現存するパッラーディオ建築の建物 (ヴィラ) である。第3代バーリントン伯爵リチャード・ボイル (1694年 - 1753年) の設計で1729年に完成した。26.33ヘクタール (65.1エーカー)の敷地を持つ建物と庭園の大半は建築家で造園家のウィリアム・ケント (1685年 - 1748年) によって作られ、イギリス式庭園 (English landscape garden) の初期の代表作の一つである。 最初の所有者であるリチャード・ボイルが1753年に亡くなり、翌1754年には生き残っていた彼の最後の娘、シャーロット・キャヴェンディッシュ (1731年 - 1754年) が、そして1758年にリチャードの妻であったドロシー・サヴィル (1699年 - 1758年) が亡くなった。資産はシャーロットの夫であった第4代デヴォンシャー公爵ウィリアム・キャヴェンディッシュ (1720年 - 1764年) に譲られた。さらに1764年にウィリアムが亡くなると邸宅は彼らの長男、第5代デヴォンシャー公爵ウィリアム (1748年 - 1811年) (英語版) に譲られた。ウィリアムが1774年に結婚した妻、ジョージアナ・スペンサー (1757年 - 1806年) はファッションや政治の世界で非常に目立ち、物議を醸す存在であったが、彼女は長い間ここを別宅として、そしてまたホイッグ党の本拠地として使った。チャールズ・ジェームズ・フォックス (1749年 - 1806年) はここで亡くなり、トーリー党首相、ジョージ・カニング (1770年 - 1827年) もまたこの邸宅のジョン・ホワイトウィング にある寝室で亡くなった。 19世紀の間この邸宅は荒廃していき、1892年にはキャヴェンディッシュ家により貸し出されて、精神病院の収容棟、チジック・アサイラム (Chiswick Asylum) (英語版) として使われるようになった。1929年、第9代デヴォンシャー公爵ヴィクター・キャヴェンディッシュ (1868年 - 1938年) はミドルセックス州議会にチジック・ハウスを売却し、その後消防署として使われることとなった。建物は第二次世界大戦で損傷を受け、1944年にはドイツのV2ロケットで二つあるウィングの片方が破壊された。1956年には両ウィングとも取り壊された。 現在、この建物はイギリスの指定建造物 (Listed building) (英語版) のグレードIにリストアップされており、イングリッシュ・ヘリテッジ により維持されている。大きな庭園を有しているため、チジック・ハウス・アンド・ガーデンズという名称で呼ばれることもある。.

新しい!!: ジョン・ゲイとチジック・ハウス · 続きを見る »

ハノーファー

ルンスト・アウグスト 新市庁舎 旧市街の旧市庁舎 19世紀の国立オペラ劇場 ハノーファー(Hannover )は、ライネ川沿いにある北ドイツの主要都市のひとつ。ニーダーザクセン州の州都である。 人口515,948人(2004年)。地域の行政の中心地としても政治的力点の置かれた町である。日本語では、ドイツ語における一般的な発音に近いハノーファーまたはハノーファのほか、ハノーヴァー、ハノーバーと表記されることもある。.

新しい!!: ジョン・ゲイとハノーファー · 続きを見る »

バラッド・オペラ

バラッド・オペラ(ballad opera)は、18世紀に創始され、その後発展したイングランド演劇の1ジャンルを指す言葉。バラッド・オペラにはいくつものタイプ(サブジャンル)が存在する。.

新しい!!: ジョン・ゲイとバラッド・オペラ · 続きを見る »

バーリントン・ハウス (ロンドン)

バーリントン・ハウス (Burlington House) はロンドンのピカデリーにある建物である。 元々パッラーディオ建築によるバーリントン伯爵家のタウンハウスとして使われていた私邸だったものを、19世紀半ばに英国政府が買い上げ、その後拡張した。中心的な建物は中庭の北端にある、ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ (the Royal Academy of Arts) である。中庭の東西両翼と南端にあるピカデリーウィングは5つの協会で占められている。これらの協会は「中庭協会」 (the Courtyard Societies) として知られており、以下の通りである。.

新しい!!: ジョン・ゲイとバーリントン・ハウス (ロンドン) · 続きを見る »

ヨハン・クリストフ・ペープシュ

ヨハン・クリストフ・ペープシュ ヨハン・クリストフ・ペープシュ(Johann Christoph Pepusch, 1667年 ベルリン - 1752年7月20日 ロンドン) は、国際的に活動を行ったドイツ出身の後期バロック音楽作曲家。1700年ごろ以降はイギリスで活躍したためジョン・クリストファー・ペープシュの名でも知られる。.

新しい!!: ジョン・ゲイとヨハン・クリストフ・ペープシュ · 続きを見る »

リチャード・ボイル (第3代バーリントン伯爵)

3代バーリントン伯爵リチャード・ボイル( Richard Boyle, 3rd Earl of Burlington, KG, PC、1694年4月25日 - 1753年12月15日)は、イングランドの貴族、政治家、ガーター勲章勲爵士、枢密顧問官、建築家である。第2代バーリントン伯爵チャールズ・ボイルとジュリアナ・ノエル(Juliana Noel、1672年 - 1750年)の子としてヨークシャーで生まれた。バーリントンは枢密顧問官 (Privy Counsellor)、イギリス貴族院及びアイルランド貴族院 (Irish House of Lords) (英語版) 議員としての地位があったにもかかわらず、政治に関してはあまり興味を示さず、「芸術のアポロン」 (Apollo of the Arts)、「建築家伯爵」 (architect Earl) と呼ばれた。 バーリントンはイギリスとアイルランドにパラディオ様式建築を持ち込んだことで有名であり、彼の主要な作品に、バーリントン・ハウス、ウェストミンスター・スクール、チジック・ハウス、ノースウィック・パーク (Northwick Park) (英語版) 等がある。 ボイルの法則で知られるロバート・ボイル (Robert Boyle、1627年-1691年) は曾祖父リチャード・ボイル (初代バーリントン伯爵) (Richard Boyle, 1st Earl of Burlington、1612年-1698年) (英語版) の弟である。.

新しい!!: ジョン・ゲイとリチャード・ボイル (第3代バーリントン伯爵) · 続きを見る »

ルイーズ・オブ・グレート・ブリテン

ルイーズ・オブ・グレートブリテン(英:Louise of Great Britain, 1724年12月7日 - 1751年12月19日)は、デンマーク・ノルウェー王フレゼリク5世の最初の王妃。デンマーク語名ではルイーセ・ア・ストアブリタニエン(Louise af Storbritannien)と呼ばれた。.

新しい!!: ジョン・ゲイとルイーズ・オブ・グレート・ブリテン · 続きを見る »

ロバート・ウォルポール

初代オーフォード伯爵ロバート・ウォルポール(、1676年8月26日 - 1745年3月18日)は、イギリスの政治家、貴族。 1701年にホイッグ党の庶民院議員に当選して政界入り。高い討論力で頭角を現し、ホイッグ党政権(あるいはホイッグ党参加政権)で閣僚職を歴任した。1720年の南海泡沫事件の後処理を指揮。事件後にはホイッグ政権の最大の有力者となり、1721年に第一大蔵卿に就任した。与党を統制して閣議を主宰し、議会の支持を背景に政治を行ったため(責任内閣制)、この時期の彼を最初の「イギリス首相」とするのが一般的である。巧みな政治手腕で議会を掌握し続け、20年に及ぶ長期安定政権を築いてイギリスが商業国家として躍進する土台を築いた。1733年のタバコ消費税法案の挫折で求心力を落としはじめ、1741年ので与党の議席を大幅に減らしたため1742年に退陣した。.

新しい!!: ジョン・ゲイとロバート・ウォルポール · 続きを見る »

ロンドン

ンドン(London )はグレートブリテンおよび北アイルランド連合王国およびこれを構成するイングランドの首都。イギリスやヨーロッパ域内で最大の都市圏を形成している。ロンドンはテムズ川河畔に位置し、2,000年前のローマ帝国によるロンディニウム創建が都市の起源である。ロンディニウム当時の街の中心部は、現在のシティ・オブ・ロンドン(シティ)に当たる地域にあった。シティの市街壁内の面積は約1平方マイルあり、中世以来その範囲はほぼ変わっていない。少なくとも19世紀以降、「ロンドン」の名称はシティの市街壁を越えて開発が進んだシティ周辺地域をも含めて用いられている。ロンドンは市街地の大部分はコナベーションにより形成されている 。ロンドンを管轄するリージョンであるグレーター・ロンドンでは、選挙で選出されたロンドン市長とロンドン議会により統治が行われている。 ロンドンは屈指の世界都市として、芸術、商業、教育、娯楽、ファッション、金融、ヘルスケア、メディア、専門サービス、調査開発、観光、交通といった広範囲にわたる分野において強い影響力がある。また、ニューヨークと並び世界をリードする金融センターでもあり、2009年時点の域内総生産は世界第5位で、欧州域内では最大である。世界的な文化の中心でもある。ロンドンは世界で最も来訪者の多い都市であり、単一の都市圏としては世界で最も航空旅客数が多い。欧州では最も高等教育機関が集積する都市であり、ロンドンには大学が43校ある。2012年のロンドンオリンピック開催に伴い、1908年、1948年に次ぐ3度目のオリンピック開催となり、同一都市としては史上最多となる。 ロンドンは文化的な多様性があり、300以上の言語が使われている。2011年3月時点のロンドンの公式の人口は817万4,100人であり、欧州の市域人口では最大で、イギリス国内の全人口の12.7%を占めている。グレーター・ロンドンの都市的地域は、パリの都市的地域に次いで欧州域内で第2位となる8,278,251人の人口を有し、ロンドンの都市圏の人口は1200万人から1400万人に達し、欧州域内では最大である。ロンドンは1831年から1925年にかけて、世界最大の人口を擁する都市であった。2012年にマスターカードが公表した統計によると、ロンドンは世界で最も外国人旅行者が訪れる都市である。 イギリスの首都とされているが、他国の多くの首都と同様、ロンドンの首都としての地位を明示した文書は存在しない。.

新しい!!: ジョン・ゲイとロンドン · 続きを見る »

プロジェクト・グーテンベルク

プロジェクト・グーテンベルク(Project Gutenberg、略称PG)は、著者の死後一定期間が経過し、(アメリカ著作権法下で)著作権の切れた名作などの全文を電子化して、インターネット上で公開するという計画。1971年創始であり、最も歴史ある電子図書館。印刷の父、ヨハネス・グーテンベルクの名を冠し、人類に対する貢献を目指している。.

新しい!!: ジョン・ゲイとプロジェクト・グーテンベルク · 続きを見る »

パトロン

パトロン(patron)とは、後援者、支援者、賛助者、奨励者、または特権を持つ人や財政支援をする人をいう。現代でのパトロンは、必ずしも金銭援助に限るわけではなく、パトロンの人脈や影響力によって貢献するケースもある。後援、支援、賛助、奨励の行為そのものは、パトロネージュ(パトロネージ/パトロネッジ/パトロネジ/パトロナージュ)(patronage、patronage)と呼ぶ。 美術史や音楽史においてのパトロネージュは、王や教皇、資産家が、音楽家、画家や彫刻家等に与えた支援を指す。また、教会聖職禄授与権、得意客が店に与えるひいきや愛顧、また守護聖人を指すこともある。.

新しい!!: ジョン・ゲイとパトロン · 続きを見る »

パストラル

パストラル(、、、パストラーレ)は、形容詞としては羊飼いのライフスタイルや牧畜、つまり季節や水・食糧の入手可能性のために広大な陸地を家畜を移動することを表す言葉である。さらに羊飼いの生活を描いた文学・音楽をも指し、それは非常に理想化されていることが多い。また名詞の「パストラル」は詩(田園詩、牧歌)・美術(田園画)・音楽(田園曲)・ドラマ(牧歌劇)のことを指す。文学の「パストラル」(名詞・形容詞両方)はブコリック()とも言う。ギリシャ語の「牛飼い」を意味するブーコロス(βουκóλος)に由来する言葉で、牧畜の伝統がギリシャ起源であることを反映している。.

新しい!!: ジョン・ゲイとパストラル · 続きを見る »

テオクリトス

テオクリトス(ΘΕΟΚΡΙΤΟΣ, Θεόκριτος,, Theocritus)は、古代ギリシアの詩人である。ギリシア文学史の牧歌の範疇の創造者にして『小情景詩』(エイデュリア、ΕΙΔΥΛΛΙΟΝ, )32編の著者。 生年は紀元前310-前318年と推定され、現在のシチリアに生まれた。前290年-前283年頃、コス島でプトレマイオス2世の家庭教師ピレタスに師事。ニキアス、アスクレピアデス、レオニダスともに学ぶ。この頃『牧歌』第1、3、6、8、11及び12歌を創作した。前285年-前275年、シチリアに移り、『牧歌』第4、5、9、10歌を創作。ポエニ戦争のためシラクサの僭主ヒエロン2世が前275年-前278年支配権を有していたと雖も、同僭主への頌歌第16歌を献上すると雖も、ヒエロン2世はテオクリトスを保護しなかった。そのため、前274年-前270年にかけて、東方のアレクサンドリアに招聘され、アレキサンドリアの王、プトレマイオス2世の保護下に移り、宮廷詩人として同宮廷に迎えられる。この時期に、カリマコスと非常に親しくなり、詩作もカリマコスの詩法の影響を受ける。前270年頃、コス島に戻り、ミレトゥスの許で過ごす。没年は前270年以降とされるが不詳。.

新しい!!: ジョン・ゲイとテオクリトス · 続きを見る »

ベガーズ・オペラ

『ベガーズ・オペラ』または『乞食オペラ』(The Beggar's Opera)は、1728年にジョン・ゲイが書いた3幕のバラッド・オペラである。オーガスタン演劇(Augustan drama。オーガスタン時代も参照)の中で重大転機となった戯曲の1つで、かつて隆盛を極めた風刺的なバラッド・オペラのうち現在まで人気の続く唯一の作品である。 最初の上演は、当時最長と言われた62夜も続いた。この作品によりゲイは大変な成功を収め、続編『ポリー』も書いている。劇は以降も上演され続けた。1920年にはロンドン、ハマースミス(Hammersmith)のLyric Hammersmithで1463回という驚異的な上演記録を残した。当時の音楽劇で最長の上演回数だった。1928年には、ベルトルト・ブレヒト(音楽クルト・ヴァイル)がこの作品をモチーフに『三文オペラ』を書いた。.

新しい!!: ジョン・ゲイとベガーズ・オペラ · 続きを見る »

アルカディア

アルカディア(Ἀρκαδία / Arcadia, Arkadia)は、ギリシャのペロポネソス半島中央部にある古代からの地域名で、後世に牧人の楽園として伝承され、理想郷の代名詞となった。名称はギリシア神話に登場するアルカス(アルカディア人の祖)に由来する。英語風にアルケイディア、アーカディア、アーケイディア等と表記される場合もある。ラテン文字による綴りには「Arcadia」と「Arkadia」の2種が混在している(詳細については後述)。 実在のアルカディア地方は、現在のアルカディア県にあたる。.

新しい!!: ジョン・ゲイとアルカディア · 続きを見る »

アレキサンダー・ポープ

アレキサンダー・ポープ(Alexander Pope,1688年5月21日 - 1744年5月30日)はイギリスの詩人。父はカトリック教徒のリンネル商。 生来虚弱で学校教育を受けず、独学で古典に親しみ、幼少の頃から詩作を試みた。詩集『牧歌』(Pastorals, 1709年)は16歳の時の作という。『批評論』(An essay on criticism, 1711年)は簡潔な格言風の韻文で書かれた詩論で、当時の上流階級には好評を博した。ホメロスの『イーリアス』を1715年から1720年に、『オデュッセイア』を1725年から1726年にかけて翻訳し、予約者が訳者に6ギニーずつを支払って、出版業者が無償で本を作者に提供し、作者がそれを予約者に渡すという販売法でポープは経済上の独立を得た。同じく1725年に『シェイクスピア全集』を出版、編者としての本文校訂は学問的批判を免れなかったものの、序文では作品をゴシック建築に比して古典主義法則に拘束されずに評価した。 技巧と絶えざる彫琢を旨とする古典主義詩人の典型で、簡潔かつ流麗なヒロイック・カプレット(heroic couplet, 弱強五歩格二行聯句)を完成。その名句はシェイクスピアに次いでしばしば引用された。ポープの本領は諷刺詩(Satire)にあり、『髪盗人』はその傑作ともいわれる。その分野では『アーバスノットに与える書』『エピローグ』『ホラティウスに倣いて』も永続すべき業績であると文学史家のレズリー・スティーヴンは述べている。評論としては『愚物列伝』(The Dunciad, 1728年 - 1742年)、『人間論』(An essay on man, 1732年 - 1734年)があり、後者は友人のボリングブルック(en)から学んだ理神論を韻文にしたものであった。 当代の貴族達と親しく交際し、ポープの詩の中にもそれらの人々への賛辞が誇りをもって記されている。優雅で感受性にあふれた言葉遣い、当意即妙の機知、上品な作法はジョージ2世の宮廷で必要とされた素質であり、ポープの詩の特徴でもある。ポープはイギリス詩人の伝統をチョーサー、スペンサー、ジョン・ダン、ドライデンのような人々の流れとして理解していた。その列にシェークスピアやミルトンが欠けていることは多くを物語っている。.

新しい!!: ジョン・ゲイとアレキサンダー・ポープ · 続きを見る »

アン (イギリス女王)

アン(Anne Stuart, 1665年2月6日 - 1714年8月1日)は、最後のイングランド王国・スコットランド王国君主(女王、在位:1702年4月23日 - 1707年4月30日)で、最初のグレートブリテン王国君主(女王、在位:1707年5月1日 - 1714年8月1日)、及びアイルランド女王。ステュアート朝最後の君主でもある。ブランデー好きであったことから、ブランデー・ナン(Brandy Nan)の異名で知られている。.

新しい!!: ジョン・ゲイとアン (イギリス女王) · 続きを見る »

イングランド

イングランド(England)は、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(イギリス)を構成する4つの「国」(country)の一つである。人口は連合王国の83%以上、面積はグレートブリテン島の南部の約3分の2を占める。北方はスコットランドと、西方はウェールズと接する。北海、アイリッシュ海、大西洋、イギリス海峡に面している。 イングランドの名称は、ドイツ北部アンゲルン半島出身のゲルマン人の一種であるアングル人の土地を意味する「Engla-land」に由来する。イングランドは、ウェールズとともにかつてのイングランド王国を構成していた。.

新しい!!: ジョン・ゲイとイングランド · 続きを見る »

ウィリアム・オーガスタス (カンバーランド公)

ンバーランド公爵ウィリアム・オーガスタス(William Augustus, Duke of Cumberland, 1721年4月26日 - 1765年10月31日)は、イギリスの王族・軍人である。イギリス国王ジョージ2世とカロリーネ・フォン・アンスバッハの3男として生まれ、1726年にカンバーランド公に叙された。一般には、ジャコバイト蜂起による1746年のカロデンの戦いの鎮圧で有名であり、「屠殺者カンバーランド」という渾名でも知られている。カロデンの戦いの後の軍事経歴は華麗ではあったがことごとく失敗に終わり、1757年のクローステル・ツェーヴェン協定の後は戦場に赴くことはなく、政治と競馬に関心を向けた。.

新しい!!: ジョン・ゲイとウィリアム・オーガスタス (カンバーランド公) · 続きを見る »

ウェストミンスター寺院

ウェストミンスター寺院(ウェストミンスターじいん、英語:Westminster Abbey、中国語:西敏寺)は、イギリスのロンドン・ウェストミンスターにある、イングランド国教会の教会。聖ペテロ修道教会。戴冠式などの王室行事が執り行われ、内部の壁と床には歴代の王や女王、政治家などが多数埋葬されている。墓地としては既に満杯状態で、新たに埋葬するスペースはもはやなくなっている。国会議事堂(ウェストミンスター宮殿)が隣接している。 ウィリアム1世以来、エドワード5世、エドワード8世を除く全てのイギリスの歴代の王が、「エドワード懺悔王の礼拝室」で戴冠式を行っている。この部屋にはかつてスコットランドから持ち帰られた、スコットランド王権を象徴するスクーンの石が嵌めこまれた戴冠式用の玉座があったが、スクーンの石は1996年にスコットランドに返還された。 イギリス中世の大規模なゴシック建築である。11世紀にエドワード懺悔王が建設し、1066年以降、英国国王の戴冠式が行われている。1245年、ヘンリー3世により、フランスの建築家を招き、フランスのゴシック建築にならって改装を始めた。14世紀末までにおおよそ完成するが、墓所の増築や西側正面部分、塔など20世紀に至るまで長期間にわたり、時代によってさまざまな様式で増改築されている。 1987年、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録。 多くの学校や職場で使用されている始業、終業のチャイムの音階は、同寺院のために1927年に作曲された「ウェストミンスターの鐘」が元となっている。.

新しい!!: ジョン・ゲイとウェストミンスター寺院 · 続きを見る »

エドマンド・スペンサー

ドマンド・スペンサー(Edmund Spenser, 1552年頃 – 1599年1月13日)はイングランドの詩人で、エリザベス1世の時代に活躍した。仕立て職人ジョン・スペンサーを父に生まれる。アイルランドに赴任していた時に反イングランド暴動に遭遇した。『妖精の女王』が最も有名な作品である。.

新しい!!: ジョン・ゲイとエドマンド・スペンサー · 続きを見る »

クイーンズベリー公爵

イーンズベリー公爵(クインズベリー公爵/クイーンズベリ公爵; Duke of Queensberry)は、イギリスの公爵位。スコットランド貴族。 1684年に初代クイーンズベリー侯爵ウィリアム・ダグラスが叙位されたことに始まる。継承法の違いによりクイーンズベリー侯爵とクイーンズベリー公爵の保持者は4代公を最後に別人となり、以後公爵位はバクルー公爵に相続されている。.

新しい!!: ジョン・ゲイとクイーンズベリー公爵 · 続きを見る »

グラマースクール

ラマースクール()は、イギリスなどの英語を話す国の教育史における数個の異なった学校の一つである。現在この学校は中等教育を形成している。文法学校(ぶんぽうがっこう)ともいう。 中世のグラマースクールの当初の目的は、ラテン語を教えることにあった。時を経て、カリキュラムは広がり、初めは古代ギリシャ語や時にヘブライ語、後には英語などの欧州の言語が含まれ、同様に自然科学や数学、歴史、地理学などの科目が含まれることになった。後期ビクトリア時代、グラマースクールは異なる制度を発展させていたスコットランドを除きイギリス全土で中等教育を施すために再編成された。こうしたグラマースクールは、異なった手法で発展させていた英国領で創設されたものでもある。 グラマースクールは1940年代半ばから1960年代後半までイングランドとウェールズで行われ北アイルランドで続く国立の中等教育の3部編成の教育制度の選択肢の一つとなった。1960年代から1970年代の非選択型の総合教育に移行するとともに、グラマースクールによってはほとんどが廃止されるか総合教育学校化したとはいえ、私立学校化し授業料を徴収することになった。どちらもこの学校の多くは、名称に「グラマースクール」を残した。イングランドの一部では、3部構成の教育制度を維持し、別の総合学校形式を残しているグラマースクールも数校ある。現在のグラマースクールには16世紀以前にその歴史を辿れる学校がある。.

新しい!!: ジョン・ゲイとグラマースクール · 続きを見る »

ジャック・シェパード

ャック・シェパード ジャック・シェパード(Jack Sheppard、1702年3月4日 - 1724年11月16日)は、18世紀初頭のロンドンで主に犯行を重ねた、イギリスの有名な泥棒。 数多くの犯罪を犯しただけでなく、ニューゲート監獄から脱走を繰り返したことでも知られている。シェパードが繰り返し逮捕され続けたことが、18世紀初頭のイギリスの犯罪王にして官憲、ジョナサン・ワイルドの逮捕につながった。.

新しい!!: ジョン・ゲイとジャック・シェパード · 続きを見る »

ジョナサン・ワイルド

ョナサン・ワイルド(Jonathan Wild、1683年5月6日洗礼 - 1725年5月24日)は、18世紀初頭に活躍したイギリスの犯罪者。泥棒の元締めにして盗品故買屋であり組織犯罪の先駆けともいうべき存在である。 当初はスリだったが、購入した保安官助手の役職を利用し、自ら盗んだ盗品を、第三者を装い被害者に謝礼と引き換えに返していた。 そして、この仕事をロンドンに拡大して盗品故買屋を作った。ワイルドは、ロンドン中の泥棒を恐喝して自分の言い値で盗品を買い取り、これを本来の持ち主に謝礼と引き換えで返した。これは、当時のイギリスに警察制度が無く、治安判事も名誉職に過ぎないという問題に目をつけたものだった。 しかし、議会が新たに、金銭と引き換えに盗品の情報を提供することを禁止する特別法を制定したため、ワイルドは捕らえられてロンドンのタイバーンで絞首刑に処された。 1743年に弁護士・判事で作家のヘンリー・フィールディングが、長編小説の形で「ジョナサン・ワイルド伝」を出し後世に名が残った。(訳書は『大盗ジョナサン・ワイルド伝』 袖山栄真訳、集英社〈世界文学全集6.悪漢小説集〉、1979年).

新しい!!: ジョン・ゲイとジョナサン・ワイルド · 続きを見る »

ジョナサン・スウィフト

ョナサン・スウィフト(Jonathan Swift、1667年11月30日 - 1745年10月19日)は、イングランド系アイルランド人の諷刺作家、随筆家、政治パンフレット作者、詩人、および司祭。著名な作品に『ガリヴァー旅行記』『穏健なる提案』『ステラへの消息』『ドレイピア書簡』『書物合戦』『桶物語』などがある。スウィフトは英語の散文で諷刺作品を書いた古今の作家のなかでも第一級といってよいだろうが、詩作のほうはそれほど知られていない。彼は当初すべての著作を、レミュエル・ガリヴァー、アイザック・ビッカースタッフ、M・B・ドレイピアなどの筆名で、もしくは匿名で発表した。 1976年から発行されていたアイルランドの10ポンド紙幣に肖像が使用されていた。.

新しい!!: ジョン・ゲイとジョナサン・スウィフト · 続きを見る »

サミュエル・ジョンソン

ミュエル・ジョンソン(、1709年9月18日(ユリウス暦9月7日) - 1784年12月13日)は、イングランドの文学者(詩人、批評家、文献学者)。「英語辞典」(1755年)の編集で知られる。 18世紀英国において「文壇の大御所」と呼ばれた。親しげに「ジョンソン博士(ドクター・ジョンソン)」と称される。その有名な警句から、しばしば「典型的なイギリス人」と呼ばれる。主著に『英語辞典』、『詩人列伝』、『シェイクスピア全集』(校訂・注釈)など。.

新しい!!: ジョン・ゲイとサミュエル・ジョンソン · 続きを見る »

風刺

ナポレオンを風刺した漫画。ロウソク立てに据えられて、コサック兵に芯切りバサミで首を切られそうになっている。題名は『''Snuffing out Boney!''(墓に行け!)』 風刺(ふうし、諷刺とも)とは、 多くの場合、変化を誘発あるいは阻止する意図をもって、主題(人物、組織、国家など)の愚かしさを暴きだし嘲弄する、文章・絵画・劇・映像等さまざまな文化的領域で使われる表現技法である。ケルト人の社会において、吟遊詩人の風刺は呪いと同様の物理的な効果をもたらしえると考えられていた。 技法としてパロディと似ている面もあるが、同義ではない。パロディは滑稽な効果をもたらすために、誇張された方法で他の芸術作品を模倣するユーモアの一形式である。それゆえにパロディは何らかの模倣による表現であるが、風刺は必ずしも模倣ではない。また、ほぼ全てのパロディは必然的にユーモラスな調子を帯びているのだが、風刺はユーモラスである必要はなく、事実多くの風刺作品は悲劇に含まれる。風刺の主要な目的は政治的・社会的・倫理的な変化の誘発(もしくは抑止)であり、ユーモアは二次的な目的となる。ユーモアを含んだ風刺は、巧妙かつ偽装的であり、いわゆる「笑えない」要素を含んでいる。 風刺を導入するバーレスクの形式も、2つの異なるカテゴリーへ分類することができる。自然からそのままに採用された主題を高尚な形式で扱うハイ・バーレスクと、叙事詩や詩の様式で伝統的に扱われる主題を採用し、それを貶めるロウ・バーレスクである。.

新しい!!: ジョン・ゲイと風刺 · 続きを見る »

詩人

詩人(しじん)とは、詩を書き、それを発表する者。また、そのことを職業にしている者。 後者でも詩作のみで生活している人はほとんどおらず、多くの場合、評論、随筆、翻訳、小説、音楽、絵画、演劇、漫画、歌の作詞など他の分野の創作活動を並行して行っていたり、あるいは(文学と縁遠い)他の職業を持っている。たとえば高村光太郎は彫刻家としても多数の作品を残しているし、草野心平にはバーや居酒屋の経営をしていた時期がある。アルチュール・ランボーは10代に残した業績によって詩人と呼ばれているが、詩作を止めた後は貿易商などさまざまな仕事に捧げた。 シンガーソングライターが詩人としても高い評価を得、詩集を出すまでに至る例もある。ボブ・ディラン、パティ・スミスなどがその例である。 また、詩人は古くから聴衆を前に自身の詩を朗読するのを常としていたが、その行為を、ポエトリーリーディングという表現形態において現代社会に甦らせた動きが、欧米のみならず、日本においても1990年代の半ば以降見受けられる、フランスのパリのレーベルで自身のポエトリーリーディングのCDを出している詩人であり美術家でありポエトリーリーディングアートパフォーマーである千葉節子等がその代表的な例である。 詩を書く者以外に対しても「詩人」という言葉が使われることがある。新明解国語辞典第六版(三省堂)にもそのような広義の意味が書かれているし、三好達治は『詩を読む人のために』(至文堂、1952年)の中で「誰かもいったように」と前書きした上で「詩を読み詩を愛する者は既に彼が詩人」であると書いている。 歌の歌詞の作者のことは一般に作詞家と呼ばれる。.

新しい!!: ジョン・ゲイと詩人 · 続きを見る »

法政大学出版局

一般財団法人法政大学出版局(ほうせいだいがくしゅっぱんきょく、英語名: HOSEI UNIVERSITY PRESS、1948年12月 - )は、法政大学の出版部にあたる法人。法政大学総長を会長とし、法政大学の活動に対応した書籍を中心に出版を行う。 理事を学部や研究所から迎えるなど学校法人法政大学本体との関係は深いが、組織・財政は独立したものとなっている。.

新しい!!: ジョン・ゲイと法政大学出版局 · 続きを見る »

海保眞夫

海保 眞夫(海保 真夫、かいほ まさお、1938年11月15日 - 2003年4月12日)は、英文学者、元慶應義塾大学文学部教授。.

新しい!!: ジョン・ゲイと海保眞夫 · 続きを見る »

悲劇

悲劇(ひげき、tragedy)とは、古代ギリシアに成立し(ギリシア悲劇)、ルネサンス以降のヨーロッパにおいて継承・発展した演劇形式である。またその演劇の脚本・戯曲のことも悲劇と言う場合がある。多くは主人公となる人物の行為が破滅的結果に帰着する筋を持つ。転じて、同種の筋を持つ他地域の演劇や現実の出来事を指しても用いられる。なお、まれに悲劇のうちには「機械仕掛けの神」(デウス・エクス・マキナ)によって事件が解決される筋をもつものもある。.

新しい!!: ジョン・ゲイと悲劇 · 続きを見る »

12月4日

12月4日(じゅうにがつよっか)はグレゴリオ暦で年始から338日目(閏年では339日目)にあたり、年末まであと27日ある。.

新しい!!: ジョン・ゲイと12月4日 · 続きを見る »

1685年

記載なし。

新しい!!: ジョン・ゲイと1685年 · 続きを見る »

1713年

記載なし。

新しい!!: ジョン・ゲイと1713年 · 続きを見る »

1714年

記載なし。

新しい!!: ジョン・ゲイと1714年 · 続きを見る »

1715年

記載なし。

新しい!!: ジョン・ゲイと1715年 · 続きを見る »

1716年

記載なし。

新しい!!: ジョン・ゲイと1716年 · 続きを見る »

1717年

記載なし。

新しい!!: ジョン・ゲイと1717年 · 続きを見る »

1720年

記載なし。

新しい!!: ジョン・ゲイと1720年 · 続きを見る »

1727年

記載なし。

新しい!!: ジョン・ゲイと1727年 · 続きを見る »

1728年

記載なし。

新しい!!: ジョン・ゲイと1728年 · 続きを見る »

1729年

記載なし。

新しい!!: ジョン・ゲイと1729年 · 続きを見る »

1732年

記載なし。

新しい!!: ジョン・ゲイと1732年 · 続きを見る »

1月29日

1月29日(いちがつにじゅうくにち)は、グレゴリオ暦で年始から29日目に当たり、年末まであと336日(閏年では337日)ある。.

新しい!!: ジョン・ゲイと1月29日 · 続きを見る »

6月30日

6月30日(ろくがつさんじゅうにち)はグレゴリオ暦で年始から181日目(閏年では182日目)にあたり、年末まであと184日ある。6月の最終日である。誕生花はビヨウヤナギ、ヘリオトロープ。.

新しい!!: ジョン・ゲイと6月30日 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »