ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ジョルジュ・ネリス

索引 ジョルジュ・ネリス

ョルジュ・ネリス(Georges Nélis、1886年5月22日 - 1929年5月2日)はベルギーの航空のパイオニアである。ベルギーの軍で最初のパイロットである。サベナ・ベルギー航空の前身の航空会社SNETA(Syndicat National pour l'Étude des Transports Aériens)や航空機メーカーのSABCA(Société Anonyme Belge de Constructions Aéronautiques )の設立者であり、ベルギー民間航空の父と呼ばれる。 ハルに生まれた。士官学校に進み、Gérard Leman将軍に科学、数学の才能を認められた。航空に興味を持ち、パイロットに応募した唯一の将校となった。1910年10月3日、飛行士候補になった。航空機を購入し、飛行学校の設立を命じられた。フランスでファルマン HF3を購入し、操縦を学んだ。1910年12月21日に航空免許を得た。1911年の初め、Brasschaatに最初に軍の飛行場が造られた。ベルギーで最初の航空写真をとり、1912年頃に飛行学校の最初の技術主任となり、ファルマン機にルイス機関銃を取り付ける実験を行った。1913年4月16日ベルギー空軍が設立され、Brasschaatの飛行学校の司令官となった。 第一次世界大戦が始まると、ネリスは航空機の整備の行う部隊の司令官となり、整備はアントワープの会社、Bollekensで行われた。この会社で、ファルマン機を参考にGN1からGN6まで6機の航空機を製作した。 戦争が終わると、空港の技術サービスを設立し、1919年『航空によるベルギーの発展』("L’expansion Belge par l’aviation")を出版して民間航空の発展の必要性を説き、空軍が外国の機材に依存しないことの必要性を説いた。国王アルベール1世の援助と銀行の協力により、1919年11月11日にSNETAを設立し、軍を退役し、ディレクターとなった。SNETAは1923年に サベナ・ベルギー航空となった。1921年に航空機メーカーのSABCAを設立したが、SABCAは主に外国の航空機のライセンス生産を行った。1929年に43歳で没した。.

10 関係: ハルベルギーアルベール1世 (ベルギー王)アントウェルペンサベナ・ベルギー航空SABCA1886年1929年5月22日5月2日

ハル

ハル.

新しい!!: ジョルジュ・ネリスとハル · 続きを見る »

ベルギー

ベルギー王国(ベルギーおうこく)、通称ベルギーは、西ヨーロッパに位置する連邦立憲君主制国家。隣国のオランダ、ルクセンブルクと合わせてベネルクスと呼ばれる。首都のブリュッセル(ブリュッセル首都圏地域)は欧州連合(EU)の主要機関の多くが置かれているため、"EUの首都"とも言われており、その通信・金融網はヨーロッパを越えて地球規模である。憲法上の首都は19の基礎自治体から成るブリュッセル首都圏の自治体の一つ、ブリュッセル市である。 19世紀にネーデルラント連合王国から独立した国家で、オランダ語の一種であるフラマン語が公用語の北部フランデレン地域とフランス語が公用語の南部ワロン地域とにほぼ二分される(この他にドイツ語が公用語の地域もある)。建国以来、単一国家であったが、オランダ語系住民とフランス語系住民の対立(言語戦争)が続いたため、1993年にフランデレン地域とワロン地域とブリュッセル首都圏の区分を主とする連邦制に移行した。.

新しい!!: ジョルジュ・ネリスとベルギー · 続きを見る »

アルベール1世 (ベルギー王)

アルベール1世(、1875年4月8日 - 1934年2月17日)は、第3代ベルギー国王(在位:1909年 - 1934年)。.

新しい!!: ジョルジュ・ネリスとアルベール1世 (ベルギー王) · 続きを見る »

アントウェルペン

アントウェルペン州内のアントウェルペン行政区の位置 Stadhuis van Antwerpen) ルーベンスの三連祭壇画がある。現在も市内最大の建造物 アントウェルペン(,, )は、ベルギーのフランデレン地域・アントウェルペン州の州都で、同国最大の都市(首都圏地域の人口を合わせればブリュッセル市が最大)。英語名に由来するアントワープや、フランス語名に由来するアンヴェルス(アンベルス)も日本語の表記においてよく用いられる。2012年1月1日の総人口は502,604人。面積は204.51 km2, 人口密度は2,457.56人/km2である。.

新しい!!: ジョルジュ・ネリスとアントウェルペン · 続きを見る »

サベナ・ベルギー航空

ベナ・ベルギー航空 (Sabena, フランス語:Société Autonyme Belge d'Exploitation de la Navigation Aérienne) は、2001年まで存在したベルギーの航空会社。.

新しい!!: ジョルジュ・ネリスとサベナ・ベルギー航空 · 続きを見る »

SABCA

SABCA(Société Anonyme Belge de Constructions Aéronautiques)はベルギーの航空宇宙分野の企業である。ダッソーのグループ会社である。破産したフォッカーの保有していたSABCAの株式は Storkが保有している。民間航空や防衛産業の分野で航空機の装備品の設計、製作や航空機の保守業務をおこなっている。SABCAの事業所は3ヶ所あって、ブリュッセルのHaren空港に本社と航空機の近代化業務の部門があり、CharleroiのGosselies空港に航空機の保守、近代化業務の部門があり、ルーメンに装備品製作とエアバスなどに納入する航空機部品を製作する工場がある。 1920年12月6日にベルギーの航空産業の育成を推進したジョルジュ・ネリスによって創設された。ベルギー政府も資金を援助し、ベルギー空軍や、航空会社SNETAに対する納入に独占的な地位を与えた。第一次世界大戦後にドイツで製作された航空機の保守と修理から始まり、モラーヌ・ソルニエ MS.35やフォッカー F-VIIなどのライセンス生産を行った。独自設計の航空機の開発も行いベルギー領コンゴ向けに出荷されたが、おもな業務は他国で開発された航空機のライセンス生産であった。 第二次世界大戦後はベルギー空軍の航空機の保守業務を再開し、1952年にF-84のオーバーホールの契約を獲得し、1953年にGosseliesの工場が完成した。ホーカー ハンター、F-104 、F-16のライセンス生産を行った。1960年代にはダッソー・ブレゲーグループが株式を支配し、資本の一部はフォッカー・VFWが保有した。フォッカーが破綻した後、株式はStorkが保有した。2003年SABCAが改修を行ったミラージュはチリに売却された。 1973年から、エアバスを含むいろいろな航空機の部品の製造に重点を置くようになり、精密計器やサーボ機器の分野で高い評価を得ている。.

新しい!!: ジョルジュ・ネリスとSABCA · 続きを見る »

1886年

記載なし。

新しい!!: ジョルジュ・ネリスと1886年 · 続きを見る »

1929年

記載なし。

新しい!!: ジョルジュ・ネリスと1929年 · 続きを見る »

5月22日

5月22日(ごがつにじゅうににち)はグレゴリオ暦で年始から142日目(閏年では143日目)にあたり、年末まではあと223日ある。誕生花はフクシア。.

新しい!!: ジョルジュ・ネリスと5月22日 · 続きを見る »

5月2日

5月2日(ごがつふつか)はグレゴリオ暦で年始から122日目(閏年では123日目)にあたり、年末まではあと243日ある。誕生花はスズラン。.

新しい!!: ジョルジュ・ネリスと5月2日 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »