ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ジュゼッペ・ジャコーザ

索引 ジュゼッペ・ジャコーザ

ュゼッペ・ジャコーザ(Giuseppe Giacosa, 1847年10月21日 - 1906年9月1日)は、イタリアの詩人、劇作家、オペラ台本作家である。ルイージ・イッリカと共同でプッチーニのために書いたオペラ台本、『ラ・ボエーム』、『トスカ』、『蝶々夫人』によって特に有名である。.

28 関係: 劇作家ミラノ音楽院チェスラ・ボエーム (プッチーニ)リブレット (音楽)ルイージ・イッリカトリノトリノ大学トスカヘンリック・イプセンピエモンテ州判事アッリーゴ・ボーイトイタリアエミール・ゾラコッレレット・ジャコーザジャコモ・プッチーニ蝶々夫人詩人自然主義10月21日1847年1873年1896年1900年1904年1906年9月1日

劇作家

劇作家(playwright, dramatist)は、演劇の上演のために書かれる戯曲の作者。戯曲家と呼ばれることもある。日本においては演出家を兼ねている者が多い。現在までその作品が残っている最も古い劇作家としては、紀元前5世紀頃のアイスキュロス、ソフォクレス、エウリピデスなどの古代ギリシアにおける悲劇作家達が挙げられる。その作品である戯曲は、通常は俳優によって観客の前で演劇として上演するために執筆される。戯曲の中には、上演を目的とせず読まれることを目的に書かれたレーゼドラマや、戯曲の形式をとってはいるが上演は意図していない作品もある。 「プレイライト」という発音になる英語の playwright は、「play(プレイ.

新しい!!: ジュゼッペ・ジャコーザと劇作家 · 続きを見る »

ミラノ音楽院

ミラノ音楽院(ミラノおんがくいん、Conservatorio di Milano)またはジュゼッペ・ヴェルディ音楽院(イタリア語: Conservatorio di Musica "Giuseppe Verdi" di Milano)は、1808年に創立されたイタリア・ミラノの音楽大学。イタリアで、最も卓越した音楽の養成学校とされている。.

新しい!!: ジュゼッペ・ジャコーザとミラノ音楽院 · 続きを見る »

チェス

チェスの駒 チェス(chess、شطرنج šaṭranj シャトランジ)は、2人で行うボードゲーム、マインドスポーツの一種である。先手・後手それぞれ6種類16個の駒を使って、敵のキングを追いつめるゲームである。その文化的背景などから、チェスプレイヤーの間では、チェスはゲームであると同時に「スポーツ」でも「芸術」でも「科学」でもあるとされ、ゲームに勝つためにはこれらのセンスを総合する能力が必要であると言われている。.

新しい!!: ジュゼッペ・ジャコーザとチェス · 続きを見る »

ラ・ボエーム (プッチーニ)

『ラ・ボエーム』(La Bohème)は、ジャコモ・プッチーニの作曲した4幕オペラで、最もよく演奏されるイタリアオペラのひとつである。.

新しい!!: ジュゼッペ・ジャコーザとラ・ボエーム (プッチーニ) · 続きを見る »

リブレット (音楽)

リブレット(libretto, 複数:libretti)は、オペラ、オペレッタ、仮面劇(マスク)教会および世俗オラトリオ、カンタータ、ミュージカル、バレエといった長時間にわたる音楽作品で使われるテキスト、つまり台本のこと。librettoはイタリア語で、libro(本)に指小辞を付けた派生語である。リブレットにはすべての歌詞とト書きが含まれる。さらにこの言葉は、ミサ、レクイエム、教会カンタータといった典礼作品の歌詞を指すこともある。.

新しい!!: ジュゼッペ・ジャコーザとリブレット (音楽) · 続きを見る »

ルイージ・イッリカ

ルイージ・イッリカ。この写真でも右耳は写っていない。 ルイージ・イッリカ(Luigi Illica, 1857年5月9日 - 1919年12月16日)は、イタリアのオペラ台本作家。カタラーニ、プッチーニ、ジョルダーノなど「新イタリア楽派」のために書いた数々のオペラ台本によって名高い。 日本ではしばしば「イルリカ」とも表記される。.

新しい!!: ジュゼッペ・ジャコーザとルイージ・イッリカ · 続きを見る »

トリノ

トリノ(Torino)は、イタリア共和国ピエモンテ州にある都市で、その周辺地域を含む人口約87万人の基礎自治体(コムーネ)。ピエモンテ州の州都であり、トリノ県の県都。イタリア第4の人口規模を持つ。都市圏の人口は約170万人。一時は100万都市だったが昨今は人口減少が著しい。 ミラノに次ぐイタリア第2の工業都市であり、自動車工業の拠点である。近代にはサルデーニャ王国の首都が置かれた。サヴォイア王家の王宮群は世界遺産に登録されている。.

新しい!!: ジュゼッペ・ジャコーザとトリノ · 続きを見る »

トリノ大学

トリノ大学(トリノだいがく、University of Turin、Università degli Studi di Torino)は、イタリア北西部のピエモンテ州トリノにある国立大学。ヨーロッパで最も伝統があり、ノーベル賞受賞者を複数輩出した、格式高い名門大学の一つである。現在は12の学部と55の学科からなる。また国連との共同プログラムを設立する等の先進的な取組でも知られる。.

新しい!!: ジュゼッペ・ジャコーザとトリノ大学 · 続きを見る »

トスカ

『トスカ』(Tosca)は、ジャコモ・プッチーニのオペラである。その見せ場の多さから、オペラ史における重要な作品と見なされている。.

新しい!!: ジュゼッペ・ジャコーザとトスカ · 続きを見る »

ヘンリック・イプセン

ヘンリック(ヘンリク)・イプセン(Henrik Johan Ibsen、1828年3月20日 - 1906年5月23日)は、ノルウェーの劇作家、詩人、舞台監督。近代演劇の創始者であり、「近代演劇の父」と称される。シェイクスピア以後、世界でもっとも盛んに上演されている劇作家とも言われる。 代表作には、『ブラン』『ペール・ギュント』(グリーグが後に劇音楽を作曲する)『人形の家』『野鴨』『ロスメルスホルム』『ヘッダ・ガーブレル』などがある。自身はノルウェーを嫌い、長くドイツやイタリアで生活したため、ノルウェーの国民作家という意識は薄かったが、現在は国の象徴、そして世界史上最も重要な劇作家の一人として尊敬され、長らくノルウェーの最高額面の1000クローネ紙幣にその肖像が描かれていた。.

新しい!!: ジュゼッペ・ジャコーザとヘンリック・イプセン · 続きを見る »

ピエモンテ州

ピエモンテ州(Piemonte)は、イタリア共和国北西部に位置する州。州都はイタリア第四の都市であるトリノ。.

新しい!!: ジュゼッペ・ジャコーザとピエモンテ州 · 続きを見る »

判事

判事(はんじ)は、日本の裁判官の職位の1つ(裁判所法5条2項)。旧法下においては、現在の「裁判官」に相当する意味で用いられていた。ただし旧憲法では裁判官と称していた。現行法においては、旧法下の「判事」に代わり「裁判官」が最高裁判所長官から判事補に至るまでの総称的な官名かつ訴訟法上の地位となっており、「判事」はその「裁判官」の中の1つの職名となっている。現在でも通俗的には裁判官全体の総称を指すことがある。.

新しい!!: ジュゼッペ・ジャコーザと判事 · 続きを見る »

アッリーゴ・ボーイト

  アッリーゴ・ボーイト(Arrigo Boito, 1842年2月24日 - 1918年6月10日)は、イタリアの詩人、小説家、台本作家、音楽評論家そしてオペラの作曲家である。今日ではヴェルディなどのオペラ台本作家として、また自身のオペラ「メフィストーフェレ(英語版)」によって知られている。.

新しい!!: ジュゼッペ・ジャコーザとアッリーゴ・ボーイト · 続きを見る »

イタリア

イタリア共和国(イタリアきょうわこく, IPA:, Repubblica Italiana)、通称イタリアは南ヨーロッパにおける単一国家、議会制共和国である。総面積は301,338平方キロメートル (km2) で、イタリアではロスティバル(lo Stivale)と称されるブーツ状の国土をしており、国土の大部分は温帯に属する。地中海性気候が農業と歴史に大きく影響している。.

新しい!!: ジュゼッペ・ジャコーザとイタリア · 続きを見る »

エミール・ゾラ

マネ《エミール・ゾラの肖像》 1866年 エミール・フランソワ・ゾラ(、1840年4月2日 - 1902年9月29日)は、フランスの小説家で、自然主義文学の定義者であり、代表的存在でもあった。代表作品は全20作から成るルーゴン・マッカール叢書で、著名作は『ジェルミナール(芽月)』、『居酒屋』、『ナナ』。.

新しい!!: ジュゼッペ・ジャコーザとエミール・ゾラ · 続きを見る »

コッレレット・ジャコーザ

ッレレット・ジャコーザ(Colleretto Giacosa)は、イタリア共和国ピエモンテ州トリノ県にある、人口約600人の基礎自治体(コムーネ)。.

新しい!!: ジュゼッペ・ジャコーザとコッレレット・ジャコーザ · 続きを見る »

ジャコモ・プッチーニ

ャコモ・アントニオ・ドメニコ・ミケーレ・セコンド・マリア・プッチーニ(Giacomo Antonio Domenico Michele Secondo Maria Puccini、1858年12月22日 - 1924年11月29日)は、イタリアの作曲家。その作品である『トスカ』、『蝶々夫人』、『ラ・ボエーム』などのオペラは今日でも上演の機会が多いことで知られる。イタリアのルッカに生まれ、ベルギーのブリュッセルで没した。.

新しい!!: ジュゼッペ・ジャコーザとジャコモ・プッチーニ · 続きを見る »

蝶々夫人

『蝶々夫人』(ちょうちょうふじん、英語:Madama Butterfly または Madame Butterfly, マダム・バタフライ)は、以下の諸作品をさす。.

新しい!!: ジュゼッペ・ジャコーザと蝶々夫人 · 続きを見る »

詩人

詩人(しじん)とは、詩を書き、それを発表する者。また、そのことを職業にしている者。 後者でも詩作のみで生活している人はほとんどおらず、多くの場合、評論、随筆、翻訳、小説、音楽、絵画、演劇、漫画、歌の作詞など他の分野の創作活動を並行して行っていたり、あるいは(文学と縁遠い)他の職業を持っている。たとえば高村光太郎は彫刻家としても多数の作品を残しているし、草野心平にはバーや居酒屋の経営をしていた時期がある。アルチュール・ランボーは10代に残した業績によって詩人と呼ばれているが、詩作を止めた後は貿易商などさまざまな仕事に捧げた。 シンガーソングライターが詩人としても高い評価を得、詩集を出すまでに至る例もある。ボブ・ディラン、パティ・スミスなどがその例である。 また、詩人は古くから聴衆を前に自身の詩を朗読するのを常としていたが、その行為を、ポエトリーリーディングという表現形態において現代社会に甦らせた動きが、欧米のみならず、日本においても1990年代の半ば以降見受けられる、フランスのパリのレーベルで自身のポエトリーリーディングのCDを出している詩人であり美術家でありポエトリーリーディングアートパフォーマーである千葉節子等がその代表的な例である。 詩を書く者以外に対しても「詩人」という言葉が使われることがある。新明解国語辞典第六版(三省堂)にもそのような広義の意味が書かれているし、三好達治は『詩を読む人のために』(至文堂、1952年)の中で「誰かもいったように」と前書きした上で「詩を読み詩を愛する者は既に彼が詩人」であると書いている。 歌の歌詞の作者のことは一般に作詞家と呼ばれる。.

新しい!!: ジュゼッペ・ジャコーザと詩人 · 続きを見る »

自然主義

自然主義(しぜんしゅぎ)とは 文学において.

新しい!!: ジュゼッペ・ジャコーザと自然主義 · 続きを見る »

10月21日

10月21日(じゅうがつにじゅういちにち)はグレゴリオ暦で年始から294日目(閏年では295日目)にあたり、年末まであと71日ある。.

新しい!!: ジュゼッペ・ジャコーザと10月21日 · 続きを見る »

1847年

記載なし。

新しい!!: ジュゼッペ・ジャコーザと1847年 · 続きを見る »

1873年

記載なし。

新しい!!: ジュゼッペ・ジャコーザと1873年 · 続きを見る »

1896年

記載なし。

新しい!!: ジュゼッペ・ジャコーザと1896年 · 続きを見る »

1900年

19世紀最後の年である。100で割り切れるが400では割り切れない年であるため、閏年ではなく、4で割り切れる平年となる。.

新しい!!: ジュゼッペ・ジャコーザと1900年 · 続きを見る »

1904年

記載なし。

新しい!!: ジュゼッペ・ジャコーザと1904年 · 続きを見る »

1906年

記載なし。

新しい!!: ジュゼッペ・ジャコーザと1906年 · 続きを見る »

9月1日

9月1日(くがつついたち)は、グレゴリオ暦で年始から244日目(閏年では245日目)にあたり、年末まではあと121日ある。.

新しい!!: ジュゼッペ・ジャコーザと9月1日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

ジュゼッペ・ジャコーサ

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »