ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ジャン・コクトー

索引 ジャン・コクトー

ャン・コクトー、右端 ジャン・コクトー (Jean Cocteau, 1889年7月5日 - 1963年10月11日) は、フランスの芸術家。詩人、小説家、劇作家、評論家として著名であるだけでなく、画家、映画監督、脚本家としての活動も行った。自身は中でも詩人と呼ばれることを望んだという。ダダやシュルレアリスムと相互影響はあったと考えられるが、自身は直接は運動に参加せず、むしろ対立も多かった。.

109 関係: 劇作家ちくま学芸文庫双頭の鷲 (戯曲)堀口大學天才小説家尾上菊五郎 (6代目)岩波文庫中央公論新社中条省平平凡社ライブラリー佐藤朔心筋梗塞マルセル・プルーストマックス・ジャコブバレエバレエ・リュスメゾン=ラフィットモンパルナスモイズ・キスリングリュイ・ブラースルイス・ブニュエルレイモン・ラディゲヴァーツラフ・ニジンスキーヴィクトル・ユーゴーパラード (バレエ)パリパブロ・ピカソフランシス・プーランクフランスフランス6人組ダダイスム周防正行アメデオ・モディリアーニアンティゴネーアンドレ・ブルトンアヘンアカデミー・フランセーズイヴリーヌ県イーゴリ・ストラヴィンスキーエリック・サティエッフェル塔の花嫁花婿エディット・ピアフエソンヌ県オイディプースカルティエココ・シャネルシュルレアリスムシコふんじゃった。ジャズ...セルゲイ・ディアギレフゆまに書房光文社古典新訳文庫筑摩書房編集工房ノア美女と野獣美女と野獣 (1946年の映画)画家白水社鏡獅子角川文庫詩人詩人の血評論家高橋洋一 (著作家)黄金時代 (映画)鈴木力衛脚本家柄本明恐るべき子供たち東京創元社東郷青児求龍堂河出文庫河出書房新社河盛好蔵澁澤龍彦映画監督新潮文庫旺文社曽根元吉10月11日1889年1898年1909年1911年1915年1916年1917年1918年1920年1923年1926年1929年1930年1934年1936年1940年1945年1955年1960年1963年1994年2000年2003年2007年7月5日8月12日 インデックスを展開 (59 もっと) »

劇作家

劇作家(playwright, dramatist)は、演劇の上演のために書かれる戯曲の作者。戯曲家と呼ばれることもある。日本においては演出家を兼ねている者が多い。現在までその作品が残っている最も古い劇作家としては、紀元前5世紀頃のアイスキュロス、ソフォクレス、エウリピデスなどの古代ギリシアにおける悲劇作家達が挙げられる。その作品である戯曲は、通常は俳優によって観客の前で演劇として上演するために執筆される。戯曲の中には、上演を目的とせず読まれることを目的に書かれたレーゼドラマや、戯曲の形式をとってはいるが上演は意図していない作品もある。 「プレイライト」という発音になる英語の playwright は、「play(プレイ.

新しい!!: ジャン・コクトーと劇作家 · 続きを見る »

ちくま学芸文庫

ちくま学芸文庫(ちくまがくげいぶんこ)は、筑摩書房による学術部門・文庫判レーベル。.

新しい!!: ジャン・コクトーとちくま学芸文庫 · 続きを見る »

双頭の鷲 (戯曲)

『双頭の鷲』(そうとうのわし、L'Aigle à deux têtes)は、1946年に初演されたジャン・コクトー作の戯曲。.

新しい!!: ジャン・コクトーと双頭の鷲 (戯曲) · 続きを見る »

堀口大學

堀口 大學(ほりぐち だいがく、新字体:堀口 大学、1892年(明治25年)1月8日 - 1981年(昭和56年)3月15日)は、明治から昭和にかけての詩人、歌人、フランス文学者。訳詩書は三百点を超え、日本の近代詩に多大な影響を与えた。雅号は十三日月。葉山町名誉町民。.

新しい!!: ジャン・コクトーと堀口大學 · 続きを見る »

天才

天才の1人として挙げられることの多い物理学者アルベルト・アインシュタイン 天才(てんさい)とは、天性の才能、生まれつき備わった優れた才能(生まれつき優れた才能を備わった人物)のことである。天才は、人の努力では至らないレベルの才能を秘めた人物を指す。天才は、極めて独自性の業績を示した人物を評価したり、年若いのに、あまりに高い才能を示した人への賛辞的形容に使われる。それが、歴史や社会に影響を残すに至ったレベルの人物を指すことが多い(動物にも使用される場合がある)。しかし、「○○の天才」といったように芸術やスポーツ等様々な分野に一見限定した用法もある。 天才の類似表現として、ギフテッド、神童、神に愛された人などがある。.

新しい!!: ジャン・コクトーと天才 · 続きを見る »

小説家

小説家(しょうせつか)とは、継続的に小説作品の著述・発表を行っている者。 「小説家」と「小説の著者」とを明確に区別する基準は無い。一般的に小説家とは、職業として執筆した作品によって収入を得ている者をはじめ、兼業で、他の職業と両立して執筆している場合も「小説家」と呼ぶ場合が多い。小説による収入は少なく、講演活動や小説以外の著述で生計を維持している著作家の場合でも、作品が広く知られているために一般に小説家と見なされているケースも多いが、作品数が少ないか作品が広く出版されていない場合、小説家と見なされないのが普通である。 特に、著述を主たる職業とする者を「職業作家」・あるいは「プロの小説家」などと呼ぶこともある。一方で「アマチュア小説家」という言葉も存在するが、アマチュアである小説家の意で使われるだけでなく、著述活動が小説家と呼ぶには足りない者、という意味合いで使われることも多い。石原慎太郎など、小説が広く出版されて固定したファンもいる状況でありながら、正業として別に職業を持っている作家・いわゆる「兼業作家」もまた多く存在する。特に出版不況のもとでは、商業文芸雑誌に作品が掲載されても、それが単行本とならないケースも多く存在するため、有名人のゴーストライターを務めたり、兼業(文筆業とは限らない)を強いられるケースが少なくない。また、文学作家の中でも、大家・大作家のことを特に文豪と呼ぶこともある。.

新しい!!: ジャン・コクトーと小説家 · 続きを見る »

尾上菊五郎 (6代目)

六代目 尾上 菊五郎(ろくだいめ おのえ きくごろう、1885年(明治18年)8月26日 - 1949年(昭和24年)7月10日)は大正・昭和時代に活躍した歌舞伎役者。屋号は音羽屋。定紋は重ね扇に抱き柏、替紋は四つ輪。俳名に三朝がある。本名は寺島 幸三(てらしま こうぞう)。 初代中村吉右衛門とともに、いわゆる「菊吉時代」の全盛期を築いた。歌舞伎界で単に「六代目」と言うと、通常はこの六代目尾上菊五郎のことを指す。.

新しい!!: ジャン・コクトーと尾上菊五郎 (6代目) · 続きを見る »

岩波文庫

岩波文庫(いわなみぶんこ)は、株式会社岩波書店が発行する文庫本レーベル。1927年(昭和2年)7月10日に、ドイツのレクラム文庫を模範とし、書物を安価に流通させ、より多くの人々が手軽に学術的な著作を読めるようになることを目的として創刊された日本初の文庫本のシリーズ。最初の刊行作品は『新訓万葉集』などであった。.

新しい!!: ジャン・コクトーと岩波文庫 · 続きを見る »

中央公論新社

株式会社中央公論新社(ちゅうおうこうろんしんしゃ)は、日本の出版社である。読売新聞グループ本社の傘下。略称は中公(ちゅうこう)。 本項では、旧法人の株式会社中央公論社(ちゅうおうこうろんしゃ)についても述べる。.

新しい!!: ジャン・コクトーと中央公論新社 · 続きを見る »

中条省平

中条 省平(ちゅうじょう しょうへい、1954年11月23日 - )は、日本のフランス文学者で学習院大学文学部教授。研究分野は19世紀のフランス小説だが、映画評論、漫画評論などにも携わる。翻訳家としては中条志穂との共訳が多い。.

新しい!!: ジャン・コクトーと中条省平 · 続きを見る »

平凡社ライブラリー

平凡社ライブラリー(へいぼんしゃライブラリー)は、平凡社が刊行する叢書レーベルである。.

新しい!!: ジャン・コクトーと平凡社ライブラリー · 続きを見る »

佐藤朔

佐藤 朔(さとう さく、1905年(明治38年)11月1日 - 1996年(平成8年)3月25日)は、日本のフランス文学者、第13代慶應義塾塾長、日本芸術院会員。位階勲等は従三位勲一等。.

新しい!!: ジャン・コクトーと佐藤朔 · 続きを見る »

心筋梗塞

心筋梗塞(しんきんこうそく、myocardial infarction)は、虚血性心疾患のうちの一つ。心臓の筋肉細胞に酸素や栄養を供給している冠動脈に閉塞や狭窄などが起きて血液の流量が下がり、心筋が虚血状態になり壊死してしまった状態。通常は急性に起こる「急性心筋梗塞(AMI)」のことを指す。心臓麻痺・心臓発作(heart attack)とも呼ばれる。 心筋が虚血状態に陥っても壊死にまで至らない前段階を狭心症といい、狭心症から急性心筋梗塞までの一連の病態を総称して急性冠症候群(acute coronary syndrome, ACS)という概念が提唱されている。.

新しい!!: ジャン・コクトーと心筋梗塞 · 続きを見る »

マルセル・プルースト

ヴァランタン=ルイ=ジョルジュ=ウジェーヌ=マルセル・プルースト(Valentin Louis Georges Eugène Marcel Proust, 1871年7月10日 - 1922年11月18日)は、フランスの小説家。畢生の大作『失われた時を求めて』は後世の作家に強い影響を与え、ジェイムズ・ジョイス、フランツ・カフカと並び称される20世紀西欧文学を代表する世界的な作家として位置づけられている「第一章 プルーストの位置」()「はしがき」()「はじめに」()。 立身出世した医学者の父親と富裕なユダヤ人家系の母親の息子としてパリで生まれたマルセル・プルーストは、病弱な幼少期を過ごし、9歳の時に発症した喘息の持病を抱えながら文学に親しみ、リセから進んだパリ大学で法律と哲学を学んだ後はほとんど職には就かず、華やかな社交生活を送り、幾つかの習作を経た30代後半から51歳の死の直前まで、長篇『失われた時を求めて』を書き続けた「年譜」()。 この遺作は、プルースト自身の分身である語り手の精神史に重ね合わせながら、19世紀末からベル・エポックの時代にかけてのフランス社会の世相や風俗を活写した長大作であると共に「第二部 プルーストの作品と思想 第二章『失われた時を求めて』 おわりに」( )、その「無意志的記憶」を基調とする複雑かつ重層的な叙述と画期的な物語構造の手法は、後の文学の流れに決定的な影響を与えたことで知られる「第二部 プルーストの作品と思想 第二章『失われた時を求めて』 三 作品研究――その一」( )「第二回 『コンブレ―』に始まる文学発見の物語」()。.

新しい!!: ジャン・コクトーとマルセル・プルースト · 続きを見る »

マックス・ジャコブ

マックス・ジャコブ、1934年。カール・ヴァン・ヴェクテン撮影 マックス・ジャコブ(Max Jacob1876年7月12日 - 1944年4月5日)は、フランスの詩人、画家、評論家。.

新しい!!: ジャン・コクトーとマックス・ジャコブ · 続きを見る »

バレエ

バレエ(ballet)は、西ヨーロッパで発生し広まった、歌詞・台詞を伴わない舞台舞踊。及びその作品を構成する個々のダンス。音楽伴奏・舞台芸術を伴いダンスによって表現する舞台である。物語性をもち、複数の幕をもつ舞踊劇が多い(「くるみ割り人形」「白鳥の湖」「眠れる森の美女」「ドン・キホーテ」など)。しかし20世紀以降には物語性を否定する作品も生まれた。一方で短い小品でありながら優れた物語性をもつものもある(「瀕死の白鳥」など)。事前に振付家によってバレエ独特の所作を指定されたものを演じ、即興作品は少ない。振付の仕方を振付術(コレオグラフィー)という。.

新しい!!: ジャン・コクトーとバレエ · 続きを見る »

バレエ・リュス

レオン・バクスト:バレエ『火の鳥』(1910)のコスチューム レオン・バクスト:バレエ『火の鳥』(1910) のコスチューム2 バレエ・リュス(Ballets Russes)は、ロシア出身の芸術プロデューサー、セルゲイ・ディアギレフ(1872年 - 1929年)が主宰したバレエ団である。 「ロシア・バレエ団」とも呼ばれ、1909年にパリのシャトレ座で旗揚げをしてから、ディアギレフ死去後の1929年に解散するまでの間、パリを中心として活動し、今日のモダンバレエの基礎を築いた。集まった芸術家たちの気持ちは、ディアギレフを含め、必ずしも一枚岩ではなかったとしても、バレエ・リュスは多くの芸術を遺した。20世紀前半の舞踊・音楽・美術が、バレエ・リュスに結実した、と言うこともできよう。.

新しい!!: ジャン・コクトーとバレエ・リュス · 続きを見る »

メゾン=ラフィット

メゾン=ラフィット (Maisons-Laffitte)は、フランス、イル=ド=フランス地域圏、イヴリーヌ県のコミューン。.

新しい!!: ジャン・コクトーとメゾン=ラフィット · 続きを見る »

モンパルナス

モンパルナス地区(Quartier du Montparnasse)は、パリの第53番目のカルチエ(行政地区)で、セーヌ川左岸14区に所在する地区である。 但し、トゥール・モンパルナス(モンパルナス・タワー)は西側の15区に位置する。また、北側の5区、6区と接した地域で、モンパルナス大通りとラスパイユ大通りの交差点を中心とした一帯である。さらに、フランス国鉄や地下鉄のモンパルナス駅がある交通の要所となっており、ビジネスと商業の拠点としてオフィスビル、映画館、ショッピングセンターなどが集中する。商店やスーパーマーケット、レストランは、庶民的なものから高級なものまで何でも揃っている。 1920年代の狂乱の時代、エコール・ド・パリの時代の芸術家たちの中心地としても有名である。.

新しい!!: ジャン・コクトーとモンパルナス · 続きを見る »

モイズ・キスリング

モイズ・キスリング(Moïse Kisling、1891年1月22日 - 1953年4月29日)は、エコール・ド・パリ(パリ派)のポーランド人画家。 キスリングは、20代後半には画家として成功し、パリ派の陽気で面倒見の良いリーダーだった。「モンパルナスの帝王」とも呼ばれた。自殺したパスキン、アルコール中毒のモディリアーニ、ユトリロなど破滅型のイメージの強いエコール・ド・パリの画家たちの中では珍しく幸福な生涯を送った画家である。 スイス・ジュネーヴのプティ・パレ美術館に、世界最大のコレクションがある。.

新しい!!: ジャン・コクトーとモイズ・キスリング · 続きを見る »

リュイ・ブラース

『リュイ・ブラース』(Ruy Blas )は、フランスの作家ヴィクトル・ユゴーの戯曲。16世紀のスペインを舞台にする。王妃に恨みを抱くドン・サリュスト侯爵が、王妃を不倫の罪に陥れようと自分の部下で平民リュイ・ブラースを貴族ドン・セザールだと偽って近づける。しかしリュイは王妃と相思相愛になり、王妃を守るため、侯爵を殺し、自らも自殺して果てる。王妃はリュイの死を見守り、その偽りを許し、リュイへの愛を告げる。 王妃のモデルはスペイン王カルロス2世の2度目の妃マリア・アンナである。 また、フェリックス・メンデルスゾーンはこの戯曲のために序曲『リュイ・ブラース』を作曲した。ジャン・コクトーの脚本による映画(1948年)も有名。.

新しい!!: ジャン・コクトーとリュイ・ブラース · 続きを見る »

ルイス・ブニュエル

ルイス・ブニュエル(Luis Buñuel, 1900年2月22日 - 1983年7月29日)は、スペイン出身、のちにメキシコに帰化した映画監督、脚本家、俳優である。フランス、スペイン、アメリカ合衆国、メキシコ、国境を越えて多種多様な映画を撮った。特にシュルレアリスム作品とエロティシズムを描いた耽美的作品で有名である。キリスト教に関する作品もあり、物議を醸した。.

新しい!!: ジャン・コクトーとルイス・ブニュエル · 続きを見る »

レイモン・ラディゲ

レイモン(レモン)・ラディゲ(Raymond Radiguet, 1903年6月18日 - 1923年12月12日)は、フランスで生まれた小説家、詩人。代表作は、処女小説『肉体の悪魔』と、次作で遺作となった『ドルジェル伯の舞踏会』である。.

新しい!!: ジャン・コクトーとレイモン・ラディゲ · 続きを見る »

ヴァーツラフ・ニジンスキー

ヴァーツラフ・フォミッチ・ニジンスキー (Вацлав Фоми́ч Нижи́нский, 波: Wacław Niżyński, 英: Vaslav Fomich Nijinsky, 1890年3月12日 - 1950年4月8日) は、ロシアのバレエダンサー・振付師。バレエダンサー・振付家のブロニスラヴァ・ニジンスカは妹。.

新しい!!: ジャン・コクトーとヴァーツラフ・ニジンスキー · 続きを見る »

ヴィクトル・ユーゴー

ヴィクトル=マリー・ユーゴー(Victor, Marie Hugo、1802年2月26日 - 1885年5月22日)はフランス・ロマン主義の詩人、小説家。七月王政時代からフランス第二共和政時代の政治家。『レ・ミゼラブル』の著者として著名。 1959年から1965年まで発行されていた5フラン紙幣に肖像画が採用されていた。 日本での「Hugo」の表記は、「ユーゴー」と「ユゴー」が併用されているが、ここでは「ユーゴー」を採用する。.

新しい!!: ジャン・コクトーとヴィクトル・ユーゴー · 続きを見る »

パラード (バレエ)

『パラード』(Parade)は、セルゲイ・ディアギレフが率いるバレエ・リュス(ロシア・バレエ団)が1917年に上演した全1幕のバレエ、またエリック・サティによるバレエ音楽ならびに管弦楽組曲。.

新しい!!: ジャン・コクトーとパラード (バレエ) · 続きを見る »

パリ

ランドサット パリの行政区 パリ(Paris、巴里)は、フランス北部、イル=ド=フランス地域圏にある都市。フランスの首都であり、イル=ド=フランス地域圏の首府である。 フランス最大の都市であり、同国の政治、経済、文化などの中心である。ロンドン、ニューヨーク、香港、東京などと並ぶ世界トップクラスの世界都市でもある。行政上では、1コミューン単独で県を構成する特別市であり、ルーヴル美術館を含む1区を中心に、時計回りに20の行政区が並ぶ(エスカルゴと形容される)。.

新しい!!: ジャン・コクトーとパリ · 続きを見る »

パブロ・ピカソ

パブロ・ピカソ(Pablo Picasso, 1881年10月25日 - 1973年4月8日)は、スペインのマラガに生まれ、フランスで制作活動をした画家、素描家、彫刻家。 ジョルジュ・ブラックとともに、キュビスムの創始者として知られる。生涯におよそ1万3500点の油絵と素描、10万点の版画、3万4000点の挿絵、300点の彫刻と陶器を制作し、最も多作な美術家であると『ギネスブック』に記されている。.

新しい!!: ジャン・コクトーとパブロ・ピカソ · 続きを見る »

フランシス・プーランク

フランシス・ジャン・マルセル・プーランク(プランク)(Francis Jean Marcel Poulenc,1899年1月7日-1963年1月30日)は、フランスの作曲家。フランス6人組の一人。声楽、室内音楽、宗教的楽劇、オペラ、バレエ音楽、オーケストラ音楽を含むあらゆる主要な音楽ジャンルの楽曲を作曲している。その作風から、1950年7月のパリのプレス紙において評論家のクロード・ロスタンから「ガキ大将と聖職者が同居している」と評された。.

新しい!!: ジャン・コクトーとフランシス・プーランク · 続きを見る »

フランス

フランス共和国(フランスきょうわこく、République française)、通称フランス(France)は、西ヨーロッパの領土並びに複数の海外地域および領土から成る単一主権国家である。フランス・メトロポリテーヌ(本土)は地中海からイギリス海峡および北海へ、ライン川から大西洋へと広がる。 2、人口は6,6600000人である。-->.

新しい!!: ジャン・コクトーとフランス · 続きを見る »

フランス6人組

フランス6人組(フランスろくにんぐみ 仏:Les Six)は、20世紀前半フランスで活躍した作曲家の集団。単に「6人組」とも呼ばれる。全員で活動したのはたったの1回であった。 ロマン派音楽や印象主義音楽とは一線を画し、新古典主義音楽に含まれる傾向を示す。 彼等は一つのグループであっても、誰一人として「同じ音楽的傾向は持ち合わせていない」と語っていたものの、今日の音楽学者や批評家は彼らの音楽を「家族的作風」というひとつの傾向にまとめている。また、常に新しい音楽を提案していたグループとしても知られ、全音階(ドレミファソラシド)に最後の可能性を求めた音楽家集団でもあった。.

新しい!!: ジャン・コクトーとフランス6人組 · 続きを見る »

ダダイスム

ダダイスム(Dadaïsme)は、1910年代半ばに起こった芸術思想・芸術運動のことである。ダダイズム、あるいは単にダダとも呼ばれる。第一次世界大戦に対する抵抗やそれによってもたらされた虚無を根底に持っており、既成の秩序や常識に対する、否定、攻撃、破壊といった思想を大きな特徴とする。ダダイスムに属する芸術家たちをダダイストとよぶ。.

新しい!!: ジャン・コクトーとダダイスム · 続きを見る »

周防正行

周防 正行(すお まさゆき、1956年10月29日 - )は、日本の映画監督、脚本家。太田出版監査役。.

新しい!!: ジャン・コクトーと周防正行 · 続きを見る »

アメデオ・モディリアーニ

アメデオ・クレメンテ・モディリアーニ(Amedeo Clemente Modigliani、1884年7月12日 - 1920年1月24日)は、イタリアの画家、彫刻家。主にパリで制作活動を行った。芸術家の集うモンパルナスで活躍し、エコール・ド・パリ(パリ派)の画家の一人に数えられる。.

新しい!!: ジャン・コクトーとアメデオ・モディリアーニ · 続きを見る »

アンティゴネー

アンティゴネー(Ἀντιγόνη, Antigonē)はギリシア神話に登場するテーバイの王女。長母音を省略してアンティゴネとも表記される。父はオイディプース、母はその妃で母親のイオカステー。.

新しい!!: ジャン・コクトーとアンティゴネー · 続きを見る »

アンドレ・ブルトン

アンドレ・ブルトン(André Breton, 1896年2月19日 - 1966年9月28日)は、フランスの詩人、文学者、シュルレアリスト。ちなみに、誕生日については、ブルトン自身しばしば2月18日とも公言しているが、それは「詩的」な意味でのことで、書類などでも2月19日生まれとはっきり記されている。.

新しい!!: ジャン・コクトーとアンドレ・ブルトン · 続きを見る »

アヘン

アヘン(阿片、鴉片、)は、ケシ(芥子、)の実から採取される果汁を乾燥させたもので、いわゆる麻薬である。ケシの実から採取されるアルカロイドはオピエートと呼ばれ、そこから合成されるものがオピオイドである。麻薬(narcotic)とは、本来このようなオピエートやオピオイドを指す。ケシから採取されたアルカロイドや、そこから合成される化合物は、鎮痛、陶酔といった作用があり、また高用量の摂取では昏睡や呼吸抑制を引き起こす )。このようなアルカロイドや、合成化合物には、モルヒネ、ヘロイン、コデイン、オキシコドンを含む。 アヘンの名の由来は、英語名の中国語の音訳である阿片()を音読みしたものである。明代の中国、江戸時代の日本では阿芙蓉(あふよう)と書いた。 紀元前から鎮痛作用などが知られ用いられており、後に阿片戦争を引き起こすなど、重大な害悪を引き起こした。現在では、1912年のハーグ阿片条約、これを引き継ぐ1961年の麻薬に関する単一条約において国際統制下にある。日本でもあへん法によって規制されている。.

新しい!!: ジャン・コクトーとアヘン · 続きを見る »

アカデミー・フランセーズ

アカデミー・フランセーズ(l'Académie française)は、フランスの国立学術団体。フランス学士院を構成する5つのアカデミーの一角を占め、その中でも最古のアカデミーである。 日本語の翻訳としてフランス翰林院が存在するが、この訳語が用いられることは極めて稀である。.

新しい!!: ジャン・コクトーとアカデミー・フランセーズ · 続きを見る »

イヴリーヌ県

イヴリーヌ県(Yvelines)は、フランスのイル・ド・フランス地域圏に属し、パリの西に位置する。 かつてのセーヌ=エ=オワーズ県(fr)が解体され、1964年に新設された。人口では国内8位の県である。県庁所在地ヴェルサイユは、同名の宮殿の発展とともにアンシャン・レジーム時代に首都機能を持ち、1871年から1879年までのフランス第三共和政時代にも同様の役割を果たした。それ以降も、宮殿はフランス国会開会の際に議場として利用され、憲法改正の採択が行われた。.

新しい!!: ジャン・コクトーとイヴリーヌ県 · 続きを見る »

イーゴリ・ストラヴィンスキー

イーゴリ・フョードロヴィチ・ストラヴィンスキー(И́горь Фёдорович Страви́нский、1882年6月17日 - 1971年4月6日)は、ロシアの作曲家。 同じくロシアの芸術プロデューサーであるディアギレフから委嘱を受け作曲した初期の3作品(『火の鳥』、『ペトルーシュカ』、『春の祭典』)で知られるほか、指揮者、ピアニストとしても活動した。20世紀を代表する作曲家の1人として知られ、20世紀の芸術に広く影響を及ぼした音楽家の1人である。ニューヨークで没した。.

新しい!!: ジャン・コクトーとイーゴリ・ストラヴィンスキー · 続きを見る »

エリック・サティ

リック・アルフレッド・レスリ・サティ(Erik Alfred Leslie Satie、1866年5月17日 - 1925年7月1日)は、フランスの作曲家。音楽界の異端児、音楽界の変わり者などと称される。西洋音楽に大きな影響を与えたと見なされており、ドビュッシー、ラヴェルも影響を公言している。そして、印象主義の作曲家たちにも影響を与えたとされる。.

新しい!!: ジャン・コクトーとエリック・サティ · 続きを見る »

エッフェル塔の花嫁花婿

『エッフェル塔の花嫁花婿』(Les Mariés de la Tour Eiffel)は、フランス6人組のうちルイ・デュレを除く5人が参加した、合作のバレエ音楽である。.

新しい!!: ジャン・コクトーとエッフェル塔の花嫁花婿 · 続きを見る »

エディット・ピアフ

ディット・ピアフ(Édith Piaf, 1915年12月19日 - 1963年10月11日)は、フランスのシャンソン歌手。 フランスで最も愛されている歌手の一人であり、国民的象徴であった。彼女の音楽は傷心的な声を伴った痛切なバラードであり、その悲劇的な生涯を反映していたのが特徴であった。有名な曲としては「ばら色の人生 La vie en rose」(1946年)、「愛の讃歌 Hymne à l'amour」 (1949年)、「ミロール Milord」 (1959年)、「水に流して Non, je ne regrette rien」 (1960年)などがある。.

新しい!!: ジャン・コクトーとエディット・ピアフ · 続きを見る »

エソンヌ県

ンヌ県(Essonne)は、フランスのイル=ド=フランス地域圏にある行政区分番号91番の県。オー=ド=セーヌ県、ヴァル=ド=マルヌ県、セーヌ=エ=マルヌ県、ロワレ県、ウール=エ=ロワール県、イヴリーヌ県に隣接する。北部はほぼパリの都市経済圏に属し再開発が進んでいるが、南部は未だに地方色を濃く残している。県名の由来は圏域を流れるエソンヌ川:fr:Essonne (rivière) に因んで名づけられた。.

新しい!!: ジャン・コクトーとエソンヌ県 · 続きを見る »

オイディプース

イディプース(Οἰδίπους, Oidipūs, Oedipus)は、ギリシア神話の登場人物である。長母音を省略してオイディプス、あるいはエディプスとも表記される。テーバイの王ラーイオスとその妻イオカステーの間の子。名前は「膨れ上がった足」の意味。実の父を殺し、実の母と親子婚を行ったため、オイディプースの名は「エディプスコンプレックス」の語源になった。.

新しい!!: ジャン・コクトーとオイディプース · 続きを見る »

カルティエ

ルティエ(Cartier SA)は、フランスのジュエリー・高級時計ブランド。「Jeweller of kings, king of jewellers 王の宝石商、宝石商の王」(エドワード7世の言葉)と言われる名門ブランドである。 革製品、ライター、筆記用具なども扱っている。リシュモングループの傘下にある。 1980年代後半まで日本市場では「カルチェ」と表示、発音されていたが、それ以降本国や英語圏市場での発音に近い「カルティエ」に統一され現在に至っている。.

新しい!!: ジャン・コクトーとカルティエ · 続きを見る »

ココ・シャネル

・シャネル(Coco Chanel、1883年8月19日 - 1971年1月10日)は、20世紀に活動したフランスのファッションデザイナー。20世紀を代表するファッションデザイナーのひとりで、ファッションブランド「シャネル」の創業者。.

新しい!!: ジャン・コクトーとココ・シャネル · 続きを見る »

シュルレアリスム

ュルレアリスム(surréalisme、surrealism)は、フランスの詩人アンドレ・ブルトンが提唱した思想活動。一般的には芸術の形態、主張の一つとして理解されている。日本語で超現実主義と訳されている。シュルレアリスムの芸術家をシュルレアリスト(surréaliste)と呼ぶ。 日本ではフランス語と英語の発音が混同され「シュールレアリスム」、「シュールリアリスム」、「シュールレアリズム」、「シュールリアリズム」、「シュルレアリズム」、「シュルリアリズム」、「シュルリアリスム」といったバリエーションがあり、日本語のカタカナ表記においては様々である。 「シュール」は「非現実的」「現実離れ」の意味によく使われる。1970年代前後に「シュール」が日本の広告媒体で頻繁に使用された例がある。いずれにせよシュルレアリスム自体とは意味が異なる。 上記のように、日本語のシュールの用法、または「超現実」という日本語訳によって現実と完全に隔離された非現実を表現することと誤解されることが多い。 シュルレアリスムという名詞自体は詩人ギョーム・アポリネールの作品から引用された造語の固有名詞である。.

新しい!!: ジャン・コクトーとシュルレアリスム · 続きを見る »

シコふんじゃった。

『シコふんじゃった。』は、1992年公開の日本映画。監督・脚本は周防正行。主演は本木雅弘。 卒業のための単位と引き換えに、廃部寸前の弱小相撲部に入ることになった大学生の奮闘をコミカルに描いたコメディ映画。第35回ブルーリボン賞作品賞ならびに第16回日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞作品。 映画の公開後、監督の周防自身によって小説版も執筆された。.

新しい!!: ジャン・コクトーとシコふんじゃった。 · 続きを見る »

ジャズ

ャズ(jazz)は、19世紀末から20世紀初頭にかけてアメリカ南部の都市を中心に派生した音楽形式。西洋楽器を用いた高度な西洋音楽の技術と理論、およびアフリカ系アメリカ人の独特のリズム感覚と音楽形式とが融合して生まれた。演奏の中にブルー・ノート、シンコペーション、スウィング、コール・アンド・レスポンス(掛け合い演奏)、インプロヴィゼーション、ポリリズム(複合リズム)などの要素を組み込んでいることが、大きな特徴とされている。 その表現形式は自由なものだった。また、初期からポール・ホワイトマンやビックス・バイダーベックらの白人ミュージシャンも深くかかわり、黒人音楽であると同時に人種混合音楽でもあった。演奏技法なども急速に発展した。20世紀後半には世界の多くの国々で、ジャズが演奏されるようになった。.

新しい!!: ジャン・コクトーとジャズ · 続きを見る »

セルゲイ・ディアギレフ

ルゲイ・ディアギレフ(Sergei Diaghilev, Serge de Diaghilev,, 1872年3月31日(ユリウス暦3月19日) - 1929年8月19日)は、ロシアの芸術プロデューサー。 美術雑誌『芸術世界』の発起人や、バレエ・リュス(ロシア・バレエ団)の創設者として名高く、数多くのバレエダンサーや振付家を育成するとともに、当時の名だたる作曲家に歴史に残るバレエ音楽の傑作を依嘱した。.

新しい!!: ジャン・コクトーとセルゲイ・ディアギレフ · 続きを見る »

ゆまに書房

ゆまに書房は、東京都千代田区の出版社。 主に日本近世・近代史、日本近代文学関係の学術資料の復刻本などを出版している。 社名は、出版理念としているフランス語の「ユマニスム(HUMANISME)」にちなむ。.

新しい!!: ジャン・コクトーとゆまに書房 · 続きを見る »

光文社古典新訳文庫

光文社古典新訳文庫(こうぶんしゃこてんしんやくぶんこ)は、光文社が発行している文庫本レーベル。2006年9月創刊。キャッチコピーは「いま、息をしている言葉で」。 文学作品から哲学書まで、古典と呼ばれる作品を現代の読者にも読みやすい日本語で新訳するのがコンセプトの文庫シリーズ。表紙のイラストはすべて望月通陽。装丁は作品の言語圏別に5色に分類されている(青色はフランス語・イタリア語圏、赤色はロシア語圏、茶色はドイツ語圏、緑色は英語圏、桃色はその他、スペイン語圏・近代中国語・古典日本語・古代ギリシャ語・ポルトガル語圏)。 2008年にはドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』(亀山郁夫訳)の売上が全5巻合わせて100万部を突破したと発表され、社会現象にもなった。一方で翻訳に対しては批判もあり、野崎歓訳『赤と黒』は編集部も交えた論議を呼んだ(野崎歓#『赤と黒』誤訳論争)。.

新しい!!: ジャン・コクトーと光文社古典新訳文庫 · 続きを見る »

筑摩書房

株式会社筑摩書房(ちくましょぼう)は、日本の出版社。筑摩書房のマーク(空を截る鷹)のデザインは青山二郎作。 文学者を中心に個人全集は、増補改訂し繰り返し刊行するので、「全集の筑摩」と称されている。特に『世界文学全集』は多くの類書シリーズを刊行した。ほかに古典・現代文の教科書を現在まで毎年出版している。月刊PR誌に『ちくま』がある。.

新しい!!: ジャン・コクトーと筑摩書房 · 続きを見る »

編集工房ノア

編集工房ノア(へんしゅうこうぼうノア)は、大阪市北区中津にある出版社。.

新しい!!: ジャン・コクトーと編集工房ノア · 続きを見る »

美女と野獣

ウォルター・クレインによる『美女と野獣』挿絵 『美女と野獣』(びじょとやじゅう, La Belle et la Bête )は、フランスの異類婚姻譚である。1740年にガブリエル=シュザンヌ・ド・ヴィルヌーヴ(ヴィルヌーヴ夫人、)によって最初に書かれた。現在広く知られているのはそれを短縮して1756年に出版された、ジャンヌ=マリー・ルプランス・ド・ボーモン(ボーモン夫人、)版である。.

新しい!!: ジャン・コクトーと美女と野獣 · 続きを見る »

美女と野獣 (1946年の映画)

『美女と野獣』(びじょとやじゅう、フランス語原題:La Belle et la Bête )は、1946年にフランスで公開された恋愛ファンタジー映画である。J・L・ド・ボーモン夫人が描き、1757年にお伽噺の詞華集 (Le Magasin des Enfants, ou Dialogues entre une sage gouvernante et ses élèves, London 1757)の一端として発表された『美女と野獣』を映画化し、フランスの詩人であり映画製作者であるジャン・コクトー、ベル役のジョゼット・デイとジャン・マレーといった映画スターたちが結集した。 コクトーの映画構成は、野獣の花園から薔薇を摘んだことによって死刑にされるベルの父親を中心に展開される。ベルは野獣に父親を還してほしいと頼む。野獣はベルに恋をして、一晩中結婚を申し込むが、ベルは拒む。野獣はベルが家族の元に還ることを許すが、もし彼女が1週間以内に戻らなければ父親を殺すという試練を課す。最終的にベルは、野獣に魅かれるようになる。.

新しい!!: ジャン・コクトーと美女と野獣 (1946年の映画) · 続きを見る »

画家

Jost Ammanによる木版画(1568年) 画家(がか)は、絵画を制作する者の総称である。日本画や洋画など、画風や画材・作成スタイルなどによって、様々なタイプの画家が存在する。画家たちで形成されるコミュニティー(社会)を画壇(がだん)という。.

新しい!!: ジャン・コクトーと画家 · 続きを見る »

白水社

株式会社白水社(はくすいしゃ)は、日本の出版社。語学書や翻訳書の出版を多く手がける。新人劇作家の登竜門といわれる岸田國士戯曲賞を主催していることでも知られる。 社名は、屈原の長詩「離騒」の註の「淮南子に言ふ、白水は崑崙(こんろん)の山に出で、これを飲めば死せずと。神泉なり」に由来する。.

新しい!!: ジャン・コクトーと白水社 · 続きを見る »

鏡獅子

鏡獅子(かがみじし).

新しい!!: ジャン・コクトーと鏡獅子 · 続きを見る »

角川文庫

角川文庫(かどかわぶんこ)は、株式会社KADOKAWAが発行している文庫レーベル(角川書店ブランド)。.

新しい!!: ジャン・コクトーと角川文庫 · 続きを見る »

詩人

詩人(しじん)とは、詩を書き、それを発表する者。また、そのことを職業にしている者。 後者でも詩作のみで生活している人はほとんどおらず、多くの場合、評論、随筆、翻訳、小説、音楽、絵画、演劇、漫画、歌の作詞など他の分野の創作活動を並行して行っていたり、あるいは(文学と縁遠い)他の職業を持っている。たとえば高村光太郎は彫刻家としても多数の作品を残しているし、草野心平にはバーや居酒屋の経営をしていた時期がある。アルチュール・ランボーは10代に残した業績によって詩人と呼ばれているが、詩作を止めた後は貿易商などさまざまな仕事に捧げた。 シンガーソングライターが詩人としても高い評価を得、詩集を出すまでに至る例もある。ボブ・ディラン、パティ・スミスなどがその例である。 また、詩人は古くから聴衆を前に自身の詩を朗読するのを常としていたが、その行為を、ポエトリーリーディングという表現形態において現代社会に甦らせた動きが、欧米のみならず、日本においても1990年代の半ば以降見受けられる、フランスのパリのレーベルで自身のポエトリーリーディングのCDを出している詩人であり美術家でありポエトリーリーディングアートパフォーマーである千葉節子等がその代表的な例である。 詩を書く者以外に対しても「詩人」という言葉が使われることがある。新明解国語辞典第六版(三省堂)にもそのような広義の意味が書かれているし、三好達治は『詩を読む人のために』(至文堂、1952年)の中で「誰かもいったように」と前書きした上で「詩を読み詩を愛する者は既に彼が詩人」であると書いている。 歌の歌詞の作者のことは一般に作詞家と呼ばれる。.

新しい!!: ジャン・コクトーと詩人 · 続きを見る »

詩人の血

詩人の血(しじんのち).

新しい!!: ジャン・コクトーと詩人の血 · 続きを見る »

評論家

評論家(ひょうろんか、)とは、評論を仕事にしている者のことである。批評家ともいう。.

新しい!!: ジャン・コクトーと評論家 · 続きを見る »

高橋洋一 (著作家)

橋 洋一(たかはし よういち、1948年 - )は、フランス文学者、翻訳家。 東京都生まれ。一橋大学卒業。専攻・文化社会学・比較文化。ファッション・舞踊・文芸・美術などの評論活動を行う。 ジャン・コクトーを軸に19-20世紀フランス文学を翻訳・研究している。.

新しい!!: ジャン・コクトーと高橋洋一 (著作家) · 続きを見る »

黄金時代 (映画)

『黄金時代』(L'Âge d'or)は、1930年に製作されたフランスの前衛映画である。日本でのビデオ発売時のタイトルは『ルイス・ブニュエルの黄金時代』。白黒映画。 ルイス・ブニュエルの監督第2作。 右翼がスクリーンに向って爆弾を投げつける事件が起きて、その後50年間にわたり公開禁止となった。.

新しい!!: ジャン・コクトーと黄金時代 (映画) · 続きを見る »

鈴木力衛

鈴木 力衛(すずき りきえ、1911年5月1日 - 1973年6月14日)は、日本のフランス文学者、演劇評論家。 愛知県出身。第一高等学校、東京帝国大学仏文科を卒業後、フランス政府招聘給費留学生としてパリ大学に学び、帰国後は旧制学習院教授等を経て学習院大学文学部教授となった。 モリエール研究の第一人者。晩年に完成した単独訳の「モリエール全集 全4巻」(全作品を網羅してはいないが、全集の刊行冊子に「日本語の芝居として楽しめるモリエールのすべてと称しうる仕事」紹介されている)で、読売文学賞受賞。そうしたフランス演劇研究の成果を元に、新しい流れのフランス演劇も積極的に紹介し、俳優座養成所講師や文学座顧問もつとめ、戦後日本の興隆期の新劇運動に大きな影響を与えた。なお岩波文庫版のモリエール作品集は近年改版されている。 演劇関係以外でも、アレクサンドル・デュマ・ペールの『ダルタニャン物語』、ジャン・コクトーの『恐るべき子供たち』、マルセル・パニョル『笑いについて』、アンリ・ベルクソン『笑い』をはじめ多数の訳書がある。 学習院仏文科の骨格をほぼ一人で築き上げてゆき、優秀な教授陣を育成するために腕を振るい、そうした中から篠沢秀夫、豊崎光一、佐伯隆幸、末木利文(演出家)といった人達を育て上げていった。.

新しい!!: ジャン・コクトーと鈴木力衛 · 続きを見る »

脚本家

脚本家(きゃくほんか)とは、主に映画・テレビドラマ・アニメ・漫画・ゲーム・舞台・ラジオドラマなどの脚本を書く人のことを指す。シナリオライターとも言う。.

新しい!!: ジャン・コクトーと脚本家 · 続きを見る »

柄本明

柄本 明(えもと あきら、1948年11月3日 - )は、日本の俳優、コメディアン。愛称は、えもっちゃん、エモアキ。 東京都中央区銀座(旧・木挽町)出身 ノックアウト所属。東京都立王子工業高等学校機械科卒業。妻は角替和枝、息子は柄本佑、柄本時生、義娘 (佑の妻)は安藤サクラ。.

新しい!!: ジャン・コクトーと柄本明 · 続きを見る »

恐るべき子供たち

『恐るべき子供たち』(おそるべきこどもたち、Les Enfants Terribles)は、フランスの詩人ジャン・コクトーが書いた中編小説。.

新しい!!: ジャン・コクトーと恐るべき子供たち · 続きを見る »

東京創元社

株式会社東京創元社(とうきょうそうげんしゃ)は、日本の出版社である。.

新しい!!: ジャン・コクトーと東京創元社 · 続きを見る »

東郷青児

東郷 青児(とうごう せいじ、1897年(明治30年)4月28日 - 1978年(昭和53年)4月25日)は日本の洋画家。本名は東郷 鉄春。夢見るような甘い女性像が人気を博し、本や雑誌、包装紙などに多数使われ、昭和の美人画家として戦後一世を風靡した。派手なパフォーマンスで二科展の宣伝に尽力し、「二科会のドン」と呼ばれた。 独特のデフォルメを施され、柔らかな曲線と色調で描かれた女性像などが有名だが、通俗的過ぎるとの見方もある。後期には版画や彫刻も手掛けた。雑貨のデザインや本の装釘も数多い。 なお、彼の画風は弟子にあたる安食一雄に受け継がれている。 ダンディで社交的であったことから女性スキャンダルも少なくなく、愛人のひとり、作家の宇野千代の『色ざんげ』は、東郷をモデルにしている。.

新しい!!: ジャン・コクトーと東郷青児 · 続きを見る »

死(し、death)とは、.

新しい!!: ジャン・コクトーと死 · 続きを見る »

求龍堂

求龍堂(きゅうりゅうどう、Kyuryudo)は、東京都千代田区紀尾井町にある、老舗芸術出版社。1923年石原龍一(本名:足立隆一)が、絵画の売買および美術書籍の出版を目的に東京都神田連雀町に創立した。 社名の求龍(きゅうりゅう)は仏語の「CURIEUX」からとったものである。「芸術的あるいは知的好奇心を求める」「常に新しきを求める」ことを意味する。東洋の「龍」に理想を求め、洋の東西を問わず、優れた芸術書を出版することを標榜しており、制作技術の粋を尽くした出版により「芸術書の求龍堂」と認められるまでになった。.

新しい!!: ジャン・コクトーと求龍堂 · 続きを見る »

河出文庫

河出文庫(かわでぶんこ)は河出書房新社の文庫本。文庫戦線に参入する形で1980年6月に創刊。海外文学に、ジェイムズ・ジョイスやイタロ・カルヴィーノなど、玄人好みの作品が入っているのも特色である。1990年と、2005年に装丁を一新した。姉妹レーベルとして、性風俗・セクソロジーを中心に扱う「河出i文庫」(かわであいぶんこ)、雑学を中心に扱う「KAWADE夢文庫」(かわでゆめぶんこ)がある。 1950年前後の河出書房時代には、猪熊弦一郎装丁で刊行されていた。新版が「河出市民文庫」として一部カバー付で刊行されていた。なお澁澤龍彦の文庫デビュー作は、1954年に出されたサド短編集「恋の駈引き」である。1957年に一度目の経営破たんで刊行終了(二度目は1968年)。またカバーを付けたのは坂本一亀のアイデアでこの文庫判が最初である。現行の文庫判に引き継がれた書目は(年月を経て、性格を大きく変えている事もあり)無いが、何点かは新潮・角川の各文庫や、初期の講談社学術文庫で再出版された。.

新しい!!: ジャン・コクトーと河出文庫 · 続きを見る »

河出書房新社

株式会社河出書房新社(かわでしょぼうしんしゃ)は、日本の出版社である。本社は東京都渋谷区千駄ヶ谷にある。 3代目社長の河出朋久は歌人でもあり、歌集『白葉集』1-3(短歌研究社、2004-06)がある。佐佐木幸綱、高野公彦、小野茂樹など学生歌人を社員登用していたこともある。.

新しい!!: ジャン・コクトーと河出書房新社 · 続きを見る »

河盛好蔵

河盛 好蔵(かわもり よしぞう、1902年10月4日 - 2000年3月27日)は、日本のフランス文学者・評論家。仏文学者としてはモラリストの著作を日本に紹介した。.

新しい!!: ジャン・コクトーと河盛好蔵 · 続きを見る »

澁澤龍彦

澁澤 龍彥『彥』[U+5F65]は「偐」の旁部分(「彦」の旧字体)。数値文字参照:(しぶさわ たつひこ、本名、龍雄(たつお)、1928年(昭和3年)5月8日 - 1987年(昭和62年)8月5日)は、日本の小説家、フランス文学者、評論家。 別名のペンネームに澁川龍兒、蘭京太郎、Tasso S.などがある。晩年の号に呑珠庵、無聲道人がある。旧字を新字に直す慣例のある出版界でも珍しく、いまだに名前の漢字全てが旧字体のまま出版されているが、澁澤自身は生前自らの名前が「竜」の字で代用されるのを嫌っており、「私は署名をするときにも、竜彦などとは間違っても書かない。(略)これはタツではなくて、尻尾の生えたカメみたいではないか」(『記憶の遠近法』所収「ドラゴン雑感」)と記している。.

新しい!!: ジャン・コクトーと澁澤龍彦 · 続きを見る »

映画監督

映画監督(えいがかんとく、film director)とは、映画の映像作成を統括する責任者で、テレビではディレクターとも呼ぶ。一般に、製作を担当する製作者(プロデューサー)に対して、その映画のトップ2となる。 テレビ番組やビデオ作品などについても「監督」・「ディレクター」という言葉が用いられるが、「映画監督」は、劇場用映画(劇映画)や、フィルムで撮影されたまとまったドキュメンタリー作品の監督のみを意味することがある。商業映画であれば何百という人間が動くが、「映画は監督のモノ」と映画評論家に言われるほどその立場は重要で、程度の違いこそあれ制作現場では作品創作全体の統一のための権力を有しているが、映画は創作者集団による総合芸術であり、芸術としての映画を厳密公正に研究・分析する場合「制作者」は俳優やプロデューサーや監督以外にも制作創作スタッフ全体がその対象となる。 「映画監督」と「(テレビ番組やビデオ作品の)監督」の職務内容には、規模の違いこそあれ大きな差はないため、本稿では両者をまとめて扱う。.

新しい!!: ジャン・コクトーと映画監督 · 続きを見る »

新潮文庫

新潮文庫(しんちょうぶんこ、SHINCHO BUNKO)は、株式会社新潮社が発行している文庫レーベル。新潮文庫の歴史は4期に分かれている。岩波文庫と並ぶ、文庫レーベルの老舗である。世界文学の名作を収め、また日本文学作品も数多く収めている。 2014年8月28日、新潮文庫nex(しんちょうぶんこネックス)が刊行開始される。新潮文庫内の派生シリーズという位置づけ。.

新しい!!: ジャン・コクトーと新潮文庫 · 続きを見る »

旺文社

株式会社旺文社(おうぶんしゃ、Obunsha Co., Ltd.)は、1931年(昭和6年)に創業した教育専門の出版社。戦後日本の受験文化の成立に影響を与え、受験がひとつの産業になり得ることを証明した出版社でもある。.

新しい!!: ジャン・コクトーと旺文社 · 続きを見る »

曽根元吉

曽根 元吉(そね もときち、1912年10月12日 - 2000年9月28日)は、フランス文学の翻訳家、編集者。本名・谷口 正元。 京都帝大文学部仏文科卒業。1955年に、休刊していた文芸誌『同時代』の再刊に参加。同志社大学、大谷大学各講師を経て、関西日仏学館教授、明治大学教養部教授などを歴任。 東京創元社編集長もつとめ、『ジャン・コクトー全集』を編纂した。息子は谷口正和。.

新しい!!: ジャン・コクトーと曽根元吉 · 続きを見る »

10月11日

10月11日(じゅうがつじゅういちにち)はグレゴリオ暦で年始から284日目(閏年では285日目)にあたり、年末まであと81日ある。.

新しい!!: ジャン・コクトーと10月11日 · 続きを見る »

1889年

記載なし。

新しい!!: ジャン・コクトーと1889年 · 続きを見る »

1898年

記載なし。

新しい!!: ジャン・コクトーと1898年 · 続きを見る »

1909年

記載なし。

新しい!!: ジャン・コクトーと1909年 · 続きを見る »

1911年

記載なし。

新しい!!: ジャン・コクトーと1911年 · 続きを見る »

1915年

記載なし。

新しい!!: ジャン・コクトーと1915年 · 続きを見る »

1916年

記載なし。

新しい!!: ジャン・コクトーと1916年 · 続きを見る »

1917年

記載なし。

新しい!!: ジャン・コクトーと1917年 · 続きを見る »

1918年

記載なし。

新しい!!: ジャン・コクトーと1918年 · 続きを見る »

1920年

記載なし。

新しい!!: ジャン・コクトーと1920年 · 続きを見る »

1923年

記載なし。

新しい!!: ジャン・コクトーと1923年 · 続きを見る »

1926年

記載なし。

新しい!!: ジャン・コクトーと1926年 · 続きを見る »

1929年

記載なし。

新しい!!: ジャン・コクトーと1929年 · 続きを見る »

1930年

記載なし。

新しい!!: ジャン・コクトーと1930年 · 続きを見る »

1934年

記載なし。

新しい!!: ジャン・コクトーと1934年 · 続きを見る »

1936年

記載なし。

新しい!!: ジャン・コクトーと1936年 · 続きを見る »

1940年

記載なし。

新しい!!: ジャン・コクトーと1940年 · 続きを見る »

1945年

この年に第二次世界大戦が終結したため、世界史の大きな転換点となった年である。.

新しい!!: ジャン・コクトーと1945年 · 続きを見る »

1955年

記載なし。

新しい!!: ジャン・コクトーと1955年 · 続きを見る »

1960年

アフリカにおいて当時西欧諸国の植民地であった地域の多数が独立を達成した年であることに因み、アフリカの年と呼ばれる。.

新しい!!: ジャン・コクトーと1960年 · 続きを見る »

1963年

記載なし。

新しい!!: ジャン・コクトーと1963年 · 続きを見る »

1994年

この項目では、国際的な視点に基づいた1994年について記載する。.

新しい!!: ジャン・コクトーと1994年 · 続きを見る »

2000年

400年ぶりの世紀末閏年(20世紀および2千年紀最後の年)である100で割り切れるが、400でも割り切れる年であるため、閏年のままとなる(グレゴリオ暦の規定による)。。Y2Kと表記されることもある(“Year 2000 ”の略。“2000”を“2K ”で表す)。また、ミレニアムとも呼ばれる。 この項目では、国際的な視点に基づいた2000年について記載する。.

新しい!!: ジャン・コクトーと2000年 · 続きを見る »

2003年

この項目では、国際的な視点に基づいた2003年について記載する。.

新しい!!: ジャン・コクトーと2003年 · 続きを見る »

2007年

この項目では、国際的な視点に基づいた2007年について記載する。.

新しい!!: ジャン・コクトーと2007年 · 続きを見る »

7月5日

7月5日(しちがついつか)は、グレゴリオ暦で年始から186日目(閏年では187日目)にあたり、年末まであと179日ある。誕生花はアンスリウム、ロベリア。.

新しい!!: ジャン・コクトーと7月5日 · 続きを見る »

8月12日

8月12日(はちがつじゅうににち)はグレゴリオ暦で年始から224日目(閏年では225日目)にあたり、年末まであと141日ある。.

新しい!!: ジャン・コクトーと8月12日 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »