ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

シャールジャ

索引 シャールジャ

ャールジャ(الشارقة、 al-Shārqa, Sharjah)は、アラブ首長国連邦を構成する首長国のひとつ。.

28 関係: ペルシア湾ナワマダ (オマーン)ラアス・アル=ハイマドバイベッドタウンアラブ首長国連邦アブー・ムーサー島アジュマーンイランイギリスウンム・アル=カイワインオマーンオマーン湾オアシスオスマン帝国カルバキロメートルシャールジャ市シャールジャ国際空港飛地首長国高速道路港湾1727年1820年18世紀1971年

ペルシア湾

ペルシャ湾とオマーン湾周辺の地図 ペルシア湾(ペルシアわん、ペルシア語:خلیج فارس khalij-e fārs خلیج پارس Khalij-e Pars)は、イラン、イラク、クウェート、サウジアラビア、バーレーン、カタール、アラブ首長国連邦、オマーンに囲まれた細長い形状の湾。ペルシャ湾とも呼ぶ。.

新しい!!: シャールジャとペルシア湾 · 続きを見る »

ナワ

ナワ(Nahwa、النحوة An-Naḥwah アン・ナフワ)は、アラブ首長国連邦シャールジャ首長国の集落。アラブ首長国連邦領内にあるオマーン領の飛地マダ(ムサンダム特別行政区)に囲まれた、「飛地の中の飛地」(二重飛地)である。 マダのニュー・マダという町から、山道を西へおよそ8キロメートル行った地点で、民家は40軒ほど、警察署、学校、モスク、診療所がある。オマーン政府とアラブ首長国連邦政府の間では、領土を交換してナワの飛び地を解消しようと交渉しているが、住民たちは部族のつながりで領土交換には反対している。.

新しい!!: シャールジャとナワ · 続きを見る »

マダ (オマーン)

マダ(مدحاء マドハー,Madha,Madhah)はオマーンの飛地領土。オマーンの飛地領土であるムサンダム半島とオマーン本土に囲まれたアラブ首長国連邦の飛地であるシャールジャ首長国の飛地に囲まれたオマーンの飛地。ムサンダム特別行政区・マダ県に属する。北緯25度17分4秒、東経56度19分59秒に位置する,2010-07-28閲覧。。中心部の標高は41m。内陸部の飛び地であり、海岸線は有していない。)2003年現在の人口は2,246人。 この飛地はフジャイラとKhor Fakkanを結んだ道路上にある75km2の土地であり、道路からマダに向けられた出口は2ヶ所整備されている。この飛地の国境は1969年に画定された。 マダは「New Madha」と呼ばれる開発地区以外はほとんどが無人地帯で、「New Madha」には道路・学校・郵便局・銀行等があり、電力および真水の供給がなされ、滑走路及び警察も存在する。 また、マダ地内のナワ(Nahwa)という土地は法的にはシャールジャ首長国の一部とされており、飛地内の飛地(二重飛地)を形成しており、同心円状の飛地の多重構造を持つ。.

新しい!!: シャールジャとマダ (オマーン) · 続きを見る »

ラアス・アル=ハイマ

ラアス・アル=ハイマ( )は、アラブ首長国連邦を構成する首長国のひとつ。同連邦の北東端にあり、北部はオマーンの飛び地のムサンダム半島に接する。 主要都市は、首都であるラアス・アル=ハイマ。都市人口は19万1753人(2007年)。 ラアス・アル=ハイマ国際空港がある。 かつてはペルシャ湾の貿易に従事する海運国だった。現在では農耕を主産業とし、ナツメヤシや野菜や果物を生産する。1972年、他の連邦構成国の中で遅れて最後に連邦に加入した。 ドバイから約130kmという地の利を生かして(RAKEZ)www.rakez.comが設けられ、 経済発展が見込まれている。 アラブ首長国連邦の各首長国 12月の平均気温は摂氏16度~25度、7月は30度~40度だが、夏季は50度に達することもあり、湿度も高い。冬季に雷雨を伴う降雨が稀にある。 石油を産出しないため、経済は連邦予算に依存するところがあるが、漁業・農業のほか、不動産・観光・建築資材(セメント)・ハイテクなどの産業もある。交通手段として鉄道は無く、低料金のバスに加え、国内と近隣連邦諸国へタクシーの利用が盛んである。.

新しい!!: シャールジャとラアス・アル=ハイマ · 続きを見る »

ドバイ

ドバイ(、、 ドゥバイ)は、アラブ首長国連邦を構成する首長国のひとつ。また、ドバイ首長国の首都としてアラビア半島のペルシア湾の沿岸に位置する、アラブ首長国連邦第2の中心都市。人口は約244万人(2016年1月)。 中東屈指の世界都市並びに金融センターであり、21世紀に入ってから多くの超高層ビルや巨大モール、ビッグプロジェクトが建設されるなど、世界的な観光都市となっている。首長はムハンマド・ビン・ラーシド・アール・マクトゥームであり、アラブ首長国連邦の副大統領と首相も兼任している。連邦首都アブダビ市を擁するアブダビ首長国がアブダビ市以外にもいくつかの市によって構成されているのに対し、ドバイはドバイ市のみで首長国を構成する、事実上の都市国家である。ただし、首長とは別に市長が置かれ、主に民政を担当している。.

新しい!!: シャールジャとドバイ · 続きを見る »

ベッドタウン

ベッドタウン (bed town) とは都心へ通勤する人の住宅地を中心に発達した、大都市周辺の郊外化した衛星都市を指す言葉。 ベッドタウンは和製英語であり、英語では「commuter town」、「bedroom town」、「bedroom suburbs」、「dormitory town」などと呼ばれる。海外からは「(ラブ)ホテル街」と誤訳・解釈されやすい。.

新しい!!: シャールジャとベッドタウン · 続きを見る »

アラブ首長国連邦

アラブ首長国連邦(アラブしゅちょうこくれんぽう、الإمارات العربية المتحدة)、略称UAE(United Arab Emirates)は、西アジア・中東の国。アラビア半島のペルシア湾(アラビア語圏ではアラビア湾と呼ぶ)に面した地域に位置する7つの首長国からなる連邦国家である。首都はアブダビ。東部ではオマーンと、南部および西部ではサウジアラビアと隣接する。カタールとは国境を接していないものの、カタールとの間のサウジアラビアの一部地域の領有権をめぐり論争がある。.

新しい!!: シャールジャとアラブ首長国連邦 · 続きを見る »

アブー・ムーサー島

アブムサ島(あぶむさとう)は、ペルシャ湾東部に浮かぶ島。面積12平方キロメートル。ホルムズ海峡入り口付近にある、6個の島からなる諸島の一部。イランのホルモズガーン州に属するが、アラブ首長国連邦も領有権を主張している。 島は、古代からイランの一部であったが、20世紀初頭になるとイギリスが支配した。イギリスは、現在アラブ首長国連邦領の島と一緒にアブムサ島を統治した。1960年代後半、イギリスは統治権を、現在のアラブ首長国連邦の首長国の一つであるシャールジャに渡した。1968年にイギリスがペルシャ湾の支配放棄を宣言すると、イランがアブムサ島を併合した。1971年、アラブ首長国連邦とイランは、「島の主権はアラブ首長国連邦にあるが、イラン軍の島への駐留を認める」ことに合意した。 1980年、アラブ首長国連邦は領有権の主張を国連へ訴えた。1992年、イランは島の支配を強め、アラブ首長国連邦が援助している学校、病院、発電所で働く外国人労働者を追放した。 Category:イランの島 Category:ペルシャ湾の島 Category:ホルモズガーン州 Category:イランの領有権問題 Category:アラブ首長国連邦の領有権問題.

新しい!!: シャールジャとアブー・ムーサー島 · 続きを見る »

アジュマーン

アラブ首長国連邦の各首長国 アジュマーン(عجمان)は、アラブ首長国連邦に所属する首長国の一つ。首都の名もアジュマーンである。 面積は約260km2、人口は約23万5000人。現首長は、。連邦を構成する七首長国のうち、もっとも小さな首長国である。ペルシャ湾に面していて、シャールジャから10kmと近く、単なるシャールジャ郊外の町と勘違いする人も多い。 シャールジャの東端に飛び地があり、フジャイラに挟まれている。 アジュマーン首長国のアブドルアズィーズ・ビン・アリー・アン=ヌアイミー王子は、広島大学に留学した経験がある。.

新しい!!: シャールジャとアジュマーン · 続きを見る »

イラン

イラン・イスラム共和国(イラン・イスラムきょうわこく、جمهوری اسلامی ایران)、通称イランは、西アジア・中東のイスラム共和制国家。ペルシア、ペルシャともいう。北にアゼルバイジャン、アルメニア、トルクメニスタン、東にパキスタン、アフガニスタン、西にトルコ、イラクと境を接する。また、ペルシア湾をはさんでクウェート、サウジアラビア、バーレーン、カタール、アラブ首長国連邦に面する。首都はテヘラン。 1979年のルーホッラー・ホメイニー師によるイラン・イスラーム革命により、宗教上の最高指導者が国の最高権力を持つイスラム共和制を樹立しており、シーア派イスラームが国教である。世界有数の石油の産出地でもある。.

新しい!!: シャールジャとイラン · 続きを見る »

イギリス

レートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称の一例としてイギリス、あるいは英国(えいこく)は、ヨーロッパ大陸の北西岸に位置するグレートブリテン島・アイルランド島北東部・その他多くの島々から成る同君連合型の主権国家である。イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されている。 また、イギリスの擬人化にジョン・ブル、ブリタニアがある。.

新しい!!: シャールジャとイギリス · 続きを見る »

ウンム・アル=カイワイン

アラブ首長国連邦の各首長国 ウンム・アル=カイワイン(ام القيوين、ラテン文字表記例:Umm al-Quwain)は、アラブ首長国連邦を構成する首長国のひとつ。現首長は。 ペルシャ湾に面して、連邦の北東部に位置する。南西はシャールジャ、北東はラアス・アル=ハイマに接する。1775年に建国。連邦の構成国中2番目に小さい国である。人口は6.5万人(2010年推計)。首都はウンム・アル=カイワイン市。 古くから真珠採取で有名。.

新しい!!: シャールジャとウンム・アル=カイワイン · 続きを見る »

オマーン

マーン国(オマーンこく)、通称オマーンは、中東および西アジアの絶対君主制国家。首都はマスカット。アラビア半島の東端に位置し、アラビア海(インド洋)とオマーン湾に面する。また、石油ルートとして著名なホルムズ海峡の航路もオマーン領海内にある。 北西にアラブ首長国連邦(UAE)、西にサウジアラビア、南西にイエメンと隣接し、更にUAEを挟んだムサンダム半島先端部に飛地(ムサンダム特別行政区)を擁する。.

新しい!!: シャールジャとオマーン · 続きを見る »

オマーン湾

ペルシャ湾とオマーン湾周辺の地図 オマーン湾(オマーンわん、خليج عمان Khalīj ʿUmān、Gulf of Oman)は、インド洋の一部であり、アラビア海とペルシア湾とを結ぶ海域である。 アラビア海の北東にあり、沿岸国として北にイランとパキスタン、西にオマーン領ムサンダム半島とアラブ首長国連邦、南にオマーン本国がある。ペルシア湾とは湾の北西のホルムズ海峡を通じて結ばれており、そのため石油などを輸送するタンカーの通行も多い。.

新しい!!: シャールジャとオマーン湾 · 続きを見る »

オアシス

アシス(リビア) オアシス(英語:Oasis)とは砂漠・ステップなど乾燥地域における緑地。英語読みはオウエイスィス。.

新しい!!: シャールジャとオアシス · 続きを見る »

オスマン帝国

マン帝国(オスマンていこく、)は、テュルク系(後のトルコ人)のオスマン家出身の君主(皇帝)を戴く多民族帝国。英語圏ではオットマン帝国 (Ottoman Empire) と表記される。15世紀には東ローマ帝国を滅ぼしてその首都であったコンスタンティノポリスを征服、この都市を自らの首都とした(オスマン帝国の首都となったこの都市は、やがてイスタンブールと通称されるようになる)。17世紀の最大版図は、東西はアゼルバイジャンからモロッコに至り、南北はイエメンからウクライナ、ハンガリー、チェコスロバキアに至る広大な領域に及んだ。.

新しい!!: シャールジャとオスマン帝国 · 続きを見る »

カルバ

ルバ(كلباء Kalbāʾ、Kalba)は、アラブ首長国連邦の都市である。長母音を省略せず、カルバーとも。 オマーン湾に面するフジャイラの南にあるシャールジャ首長国の飛び地である。オマーンとの国境地帯にあるホール・カルバ(Khor Kalba خور كلباء)は、アラブ首長国連邦の主要なマングローブ原生林かつ自然保護区である。カルバは16世紀にポルトガル海上帝国の植民地となり、'Ghallah' と呼ばれていた。1811年3月にマスカット・オマーンのスルタンに占領されオマーン帝国の支配下となり、反海賊勢力の拠点となった。英国に承認された1936年からシャールジャに併合される1951年まで、トルーシャル・オマーンを構成する一首長国カルバ首長国であった。 ホール・カルバはシュルークによる観光地化(エコツーリズム)の為、現在閉鎖されており、一部の保護活動家や環境保護論者はこれに対して懸念を表明した。.

新しい!!: シャールジャとカルバ · 続きを見る »

キロメートル

メートル(kilometre、米国のみ1977年以降 kilometer、記号:km)は、国際単位系 (SI) の長さの単位で、1000 メートルに等しい。 km の記号は、長さのSI基本単位であるメートル m に 103 倍を表すSI接頭辞であるキロ k を付けたものである。 ヘクトメートル ≪ キロメートル ≪ メガメートル.

新しい!!: シャールジャとキロメートル · 続きを見る »

シャールジャ市

ャールジャ市()は、シャールジャ首長国の首都である。アラブ首長国連邦ではドバイ、アブダビ市に次ぐ第3の都市。シャールジャ市はペルシャ湾に臨み、主要な行政機関や商業施設が集積している一方で、いくつかの美術館を含む文化施設の開発事業が続々と進行している。 独特の歴史的建造物としてはイスラム世界の伝統的な様式を反映した2件の大きな屋根付きスーク(市場)があり、また多くの娯楽地区や、Al Jazeirah Fun Park や Al Buheirah Corniche などの公園もある。 また、この都市は、巨大で優美なモスク群でも著名である。外国との往来の窓口となるのは、シャールジャ国際空港とハーリド港である。.

新しい!!: シャールジャとシャールジャ市 · 続きを見る »

シャールジャ国際空港

ャールジャ国際空港(مطار الشارقة الدولي、Sharjah International Airport)はアラブ首長国連邦のシャールジャにある国際空港。.

新しい!!: シャールジャとシャールジャ国際空港 · 続きを見る »

飛地

飛地(とびち、飛び地)とは、一つの国の領土や行政区画、町会等の内、地理的に分離している一部分である。土地の一部が「他所に飛んでいる」と見られることからこう呼ばれる。 オエクシ)が飛地にあたる。.

新しい!!: シャールジャと飛地 · 続きを見る »

首長国

首長国(しゅちょうこく)は、イスラム世界の君主の称号の一つである「首長(アミール、amīr)」が君臨する国家のことを指し、君主制の一形態である。英語ではアミールの英語表記"Emir"から「Emirate」と表記される。かつての日本では「土侯国」と訳されたこともあるが、侮蔑的だとして現在は使われない。首長が絶対的な権力を持つ絶対君主制を基本としているが、湾岸戦争後、立憲君主制を採用する国も現れ始めた。 かつてのアフガニスタンにおけるターリバーン政権は、自らの国号を「アフガニスタン・イスラム首長国」としていたが、この政権は崩壊している。また、バーレーンは君主の称号を「アミール」から「マリク」に変更し、国号も「バーレーン王国」として自ら立憲君主制へ移行した。.

新しい!!: シャールジャと首長国 · 続きを見る »

高速道路

速道路(こうそくどうろ、日本における英語表記はExpressway)とは迅速な交通移動を達成することを主目的にした道路であり主に自動車が高速かつ安全に走行できるような構造になっている。国や地域の道路網の中で基幹的な役割を担うことが多い。.

新しい!!: シャールジャと高速道路 · 続きを見る »

港湾

港湾(こうわん、)とは、古くは泊(とまり)などから発展した港・湊(みなと)であり、島嶼・岬などの天然の地勢や防波堤などの人工構造物によって風浪を防いで、船舶が安全に停泊し人の乗降や荷役が行なえる海域と陸地を指す池田良穂監修 『船のすべてがわかる本』 ナツメ社 2009年2月9日発行 ISBN 9784816346408。水陸交通の結節点となる機能を持つ港湾には、物流・旅客輸送が円滑に行われるために各種の港湾施設が整備され、ポートオーソリティ(港務局・港湾局)・地方自治体などの組織によって管理・運営されている。.

新しい!!: シャールジャと港湾 · 続きを見る »

1727年

記載なし。

新しい!!: シャールジャと1727年 · 続きを見る »

1820年

記載なし。

新しい!!: シャールジャと1820年 · 続きを見る »

18世紀

Jean-Pierre Houëlが描いたバスティーユ襲撃(フランス国立図書館蔵)。 国立マルメゾン城美術館蔵)。 ロンドン・ナショナル・ギャラリー蔵)。 18世紀(じゅうはっせいき)は、西暦1701年から西暦1800年までの100年間を指す世紀。.

新しい!!: シャールジャと18世紀 · 続きを見る »

1971年

記載なし。

新しい!!: シャールジャと1971年 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

シャルジャ

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »