ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

シャツ

索引 シャツ

ャツ(shirt、襯衣(しんい))とは、上半身の体幹部に着用する衣服の一種であり、肌着(襯)として着用するもの(例:Tシャツ)と、肌着の上に着用する中衣又は上着として使用するものがある。英語のshirtの語源は、古ゲルマン語のskurtaz(短く切る)である。丈が腰あたりまでしかない短めの衣類がこのように呼ばれており、skurtaz→scyrte(古英語)→shirte(中英語)→shirtと変化した。.

55 関係: 古代ローマ古英語坊つちやん夏目漱石太平洋戦争上着中世下着平凡パンチ北インドチュニックバブル崩壊ポロシャツランニングシャツルネサンスローライズワンピースワイシャツボタン (服飾)トレーニングシャツブラウスブリーフフランネルフリル (服飾)ダーツアロハシャツカフリンクスシースルースリットステッチスウェットズボンタンクトップタートルネックタックイン立襟綾織DCブランド被服袖口西洋かぶれTシャツ折襟比翼仕立て江戸時代木綿明治文明開化1980年代...1990年代19世紀2000年代2010年代20世紀 インデックスを展開 (5 もっと) »

古代ローマ

古代ローマ(こだいローマ、Roma antiqua)は、イタリア半島中部に位置した多部族からなる都市国家から始まり、領土を拡大して地中海世界の全域を支配する世界帝国までになった国家の総称である。当時の正式な国号は元老院ならびにローマ市民(Senatus Populusque Romanus)であり、共和政成立から使用されて以来滅亡まで体制が変わっても維持された。伝統的には476年のロムルス・アウグストゥルスの退位をもって古代ローマの終焉とするのが一般的であるが、ユスティニアヌス1世によってイタリア本土が再構成される554年までを古代ローマに含める場合もある。ローマ市は、帝国の滅亡後も一都市として存続し、世界帝国ローマの記憶は以後の思想や制度に様々な形で残り、今日まで影響を与えている。.

新しい!!: シャツと古代ローマ · 続きを見る »

古英語

古英語(こえいご、古英語:, )または古期英語、アングロ・サクソン語()は、5世紀半ばから12世紀を中心にイングランドで使われた、インド・ヨーロッパ語族ゲルマン語派に属し、現代英語の祖語にあたる言語。 言語学者によっては西ゲルマン語群に分類する。現在のドイツ語の古語に当たる古ドイツ語のうち、古フランク語および古ザクセン語などの「古低ドイツ語」とは近縁にある。辞書などではしばしばOEと略記する。現在は死語と化している。 バイキングによりイングランドに古ノルド語が持ち込まれ、古英語に影響を与えた。他のゲルマン諸語と古ノルド語はまだ相互理解可能であった。古英語は均一の言語ではなく、方言があり、時期によっても異なる。ゲルマン人の一派であるアングル人とサクソン人の言葉が、グレートブリテン島移住に伴い、イングランド(アングル人の地)へ持ち込まれたことに始まる。のちイングランドに来襲したデーン人の言語であるデーン語(古ノルド語の一種)などの要素も、入り込んだ。 古英語に対して、古英語以降16世紀までの英語を中英語、17世紀頃までを初期近代英語それ以降を現代英語と言う。古英語の使われた時期を確定することは困難である。おそらく4世紀半ばにはグレートブリテン島での古英語の使用は始まっていた。古英語と中英語の境として、ウィリアム1世によってノルマン・フランス語の語彙が大幅に流入した1066年のノルマン・コンクエストを採用することが多い。しかしこのことはこの時期以降、古英語が使われなくなったことを意味しない。.

新しい!!: シャツと古英語 · 続きを見る »

坊つちやん

『坊つちやん』(ぼっちゃん)は、夏目漱石による日本の中編小説。現代表記では、『坊っちゃん』となる。 1906年(明治39年)、『ホトトギス』第九巻第七号(4月1日発行)の「附録」(別冊ではない)として発表。1907年(明治40年)1月1日発行の『鶉籠(ウズラカゴ)』(春陽堂刊)に収録された。その後は単独で単行本化されているものも多い。 主人公は東京の物理学校(現在の東京理科大学の前身)を卒業したばかりの江戸っ子気質で血気盛んで無鉄砲な新任教師。登場する人物の描写が滑稽で、わんぱく坊主のいたずらあり、悪口雑言あり、暴力沙汰あり、痴情のもつれあり、義理人情ありと、他の漱石作品と比べて大衆的であり、漱石の小説の中で最も多くの人に愛読されている作品である。 漱石自身が高等師範学校(後の東京高等師範学校、旧東京教育大学、現在の筑波大学の前身)英語嘱託となって赴任を命ぜられ、愛媛県尋常中学校(松山東高校の前身)で1895年(明治28年)4月から教鞭をとり、1896年(明治29年)4月に熊本の第五高等学校へ赴任するまでの体験を下敷きにして、後年書いた小説である。.

新しい!!: シャツと坊つちやん · 続きを見る »

夏目漱石

夏目 漱石(なつめ そうせき、1867年2月9日(慶応3年1月5日) - 1916年(大正5年)12月9日)は、日本の小説家、評論家、英文学者。本名、夏目 金之助(なつめ きんのすけ)。江戸の牛込馬場下横町(現在の東京都新宿区喜久井町)出身。俳号は愚陀仏。 大学時代に正岡子規と出会い、俳句を学ぶ。帝国大学(後の東京帝国大学、現在の東京大学)英文科卒業後、松山で愛媛県尋常中学校教師、熊本で第五高等学校教授などを務めた後、イギリスへ留学。帰国後、東京帝国大学講師として英文学を講じながら、「吾輩は猫である」を雑誌『ホトトギス』に発表。これが評判になり「坊っちゃん」「倫敦塔」などを書く。 その後朝日新聞社に入社し、「虞美人草」「三四郎」などを掲載。当初は余裕派と呼ばれた。「修善寺の大患」後は、『行人』『こゝろ』『硝子戸の中』などを執筆。「則天去私(そくてんきょし)」の境地に達したといわれる。晩年は胃潰瘍に悩まされ、「明暗」が絶筆となった。 夏目漱石誕生之地碑.

新しい!!: シャツと夏目漱石 · 続きを見る »

太平洋戦争

太平洋戦争(たいへいようせんそう、Pacific War)は第二次世界大戦の局面の一つで、大日本帝国やドイツ国など枢軸国と、連合国(主にイギリス帝国、アメリカ合衆国、オランダなど)の戦争である。日本側の名称は1941年(昭和16年)12月12日に東条内閣が閣議で「大東亜戦争」と決定し、支那事変も含めるとされた(昭和16年12月12日 閣議決定)、国立国会図書館リンク切れ --> - 国立国会図書館リサーチ・ナビ(2012年12月20日版/2016年9月16日閲覧)。 日本軍のイギリス領マレー半島攻撃により始まり、その後アメリカ西海岸、アラスカからタヒチやオーストラリアを含む太平洋のほぼ全域から、東南アジア全域、インド洋のアフリカ沿岸までを舞台に、枢軸国と連合国とが戦闘を行ったほか、日本と英米蘭の開戦を機に蒋介石の中華民国政府が日本に対して正式に宣戦布告し、日中戦争(支那事変)も包括する戦争となった。.

新しい!!: シャツと太平洋戦争 · 続きを見る »

上着

上着(うわぎ).

新しい!!: シャツと上着 · 続きを見る »

中世

中世(ちゅうせい、英語:middle ages)は、狭義には西洋史の時代区分の一つで、古代よりも後、近代または近世よりも前の時代を指す。17世紀初頭の西洋では中世の観念が早くも定着していたと見られ、文献上の初見は1610年代にまでさかのぼる。 また、広義には、西洋史における中世の類推から、他地域のある時代を「中世」と呼ぶ。 ただし、あくまでも類推であって、西洋史における中世と同じ年代を指すとは限らないし、「中世」という時代区分を用いない分野のことも多い。 また、西洋では「中世」という用語を専ら西洋史における時代区分として使用する。 例えば英語では日本史における「中世」を通常は「feudal Japan」(封建日本)や「medieval Japan」(中世日本)とする。.

新しい!!: シャツと中世 · 続きを見る »

下着

女性下着(パンティー) ボクサーショーツ) 下着(したぎ)は中着(中着を着用ていない場合は上着)の下に着用する衣服。インナーとも呼ぶ。和服の重ね着の場合、最も内側に着用する衣服。下着のうち、上の服を身体からの汚れから守り、体の保温、快適さ、加えて衛生を維持する目的で肌に直接着けるものは肌着(はだぎ)と称される。一方、ブラジャーやガードルのように、女子の体形を美しく整えるための下着は、直接肌に付けるものでも肌着ではなく、ファウンデーションに分類される。.

新しい!!: シャツと下着 · 続きを見る »

平凡パンチ

『平凡パンチ』(へいぼんパンチ)はかつてマガジンハウスが発行していた日本の男性向け週刊誌。同社の中核を担う雑誌だった。1964年4月28日、マガジンハウスの前身、平凡出版から創刊された。東京五輪が開かれる年という高度成長期の真っ最中で、漫画雑誌『ガロ』も同年創刊である。 なお、同じ出版社から刊行されていた月刊誌『Monthly平凡パンチ』や、総合週刊誌『週刊平凡』とは別の雑誌である。.

新しい!!: シャツと平凡パンチ · 続きを見る »

北インド

北インド(英語:North India または Northern India、ヒンディー語:उत्तर भारत ラテン文字転写:Uttar Bhārat、شمالی ھندوستان ラテン文字転写:Shumālī Hindustān)は、インドの北半部を大まかに示す地理的概念である。ヒンドゥスターン(Hindustan)とも呼ばれる。文化圏として広く見る場合には現在のインドだけでなく、パキスタンやバングラデシュ、ネパールにもまたがる概念である(地図では黄緑色の部分)。いっぽう同じインド領内でも南インドのほか、北東インドもあまり含まれない。.

新しい!!: シャツと北インド · 続きを見る »

チュニック

チュニック (tunic、tunique) とは、衣服の名称の一つ。丈が長め(腰から膝ぐらいまで)の上着を指す。.

新しい!!: シャツとチュニック · 続きを見る »

バブル崩壊

バブル崩壊(バブルほうかい)は、日本のバブル景気後退期または後退期末期から景気回復に転じるまでの期間を指す。 内閣府景気基準日付でのバブル崩壊期間(平成不況(第1次平成不況)や複合不況とも呼ばれる)は、1991年(平成3年)3月から1993年(平成5年)10月までの景気後退期を指す。 バブル崩壊により1973年(昭和48年)12月から続いた安定成長期は終わり、失われた20年と呼ばれる低成長期に突入した。.

新しい!!: シャツとバブル崩壊 · 続きを見る »

ポロシャツ

ラコステブランドのポロシャツ ポロシャツの図 ポロシャツ()は、ニット製で平折襟のプルオーバータイプのスポーツシャツ。.

新しい!!: シャツとポロシャツ · 続きを見る »

ランニングシャツ

ランニングシャツは、たとえば陸上競技に着るシャツ。また、男性が下着として着るおなじ形のものもいう。単にランニングともいう。.

新しい!!: シャツとランニングシャツ · 続きを見る »

ルネサンス

レオナルド・ダ・ヴィンチによるウィトルウィウス的人体図、科学と芸術の統合 ルネサンス(Renaissance ルネサーンスイギリス英語発音: リネイスンス、アメリカ英語発音: レナサーンス)は「再生」「復活」を意味するフランス語であり、一義的には、古典古代(ギリシア、ローマ)の文化を復興しようとする文化運動であり、14世紀にイタリアで始まり、やがて西欧各国に広まった(文化運動としてのルネサンス)。また、これらの時代(14世紀 - 16世紀)を指すこともある(時代区分としてのルネサンス)。 日本では長らく文芸復興と訳されており、ルネサンスの時代を「復興期」と呼ぶこともあったが、文芸のみでなく広義に使われるため現在では余り使われない。ルネッサンスとも表記されるが、現在の歴史学、美術史等ではルネサンスという表記が一般的である。.

新しい!!: シャツとルネサンス · 続きを見る »

ローライズ

普通のパンツ(左)とローライズパンツ(右)の比較 下着の例 ローライズ(Lowrise)とは、衣服のデザインの一種。パンツなどのボトムスにおいて股上(またがみ)が浅い、つまり股間からウエストまでの丈が短いデザインのことである。フロントボタンがへそより下にくることが特徴。ヒップハングとほぼ同義語であるが、ローライズのほうがより股上が浅いものとされることが多い。 主に女性向けのファッションであるが、ジーンズを中心に男性用のローライズパンツも販売されるようになった。 腰周りに注目が集まることで、ウエストから上半身がスマートに見えるという特徴がある。また、腹が出た場合に一番出っ張る部分はへその辺りだが、ローライズパンツの場合ベルトラインがそこより下にあるため、結果として腹部を圧迫せずに穿くことができる。 ローライズおよびヒップハングの日本での流行は、1960年代から1970年代にすでに見られたが、当時は丈が長くゆったりとした上着と合わせる姿が一般的であった。2000年頃から欧米の女性歌手や女優のファッションとして国内に入ってきたローライズでは、丈の短い上着と合わせて腰周りや腹部を露出したファッションで多く使用されている。 デメリットとしては、屈んだ際にショーツやパンティーなどの下着、あるいは臀部そのものが腰の上から見えやすいという点である。下着の露出についてはこれを防止するために、同様にローライズのデザインとなったショーツやパンティストッキングが市販されるようになった。逆転の発想で、腰部分をリボンやラインストーンなどで装飾し、それを見せるおしゃれができるショーツ(いわゆる見せパン)も売られている。また、上着をパンツの中にインする着こなしは困難。このため、ボディスーツのように股にクロッチを付けてずり上がらないようにしたシャツなどが作られたこともある。.

新しい!!: シャツとローライズ · 続きを見る »

ワンピース

緑色のワンピース ミニのワンピース ワンピース(和製英語: one-piece)は、上衣とスカートが一緒となり繋がった形状の女性向けの衣類である。略称は「ワンピ」。.

新しい!!: シャツとワンピース · 続きを見る »

ワイシャツ

ワイシャツは、主に男性の背広の下に着用する、前開きで、ボタンと襟とカフスがついている白や淡色のシャツ。 一般的な着用スタイルとしては、ネクタイを装着するのが一般的だが、クールビスの浸透などに伴い、ビジネスの現場においてオープンカラーでの着こなしも一般的になってきている。.

新しい!!: シャツとワイシャツ · 続きを見る »

ボタン (服飾)

フスボタン。英語ではcuff links ボタンホール ボタン(ポルトガル語: botão、英語: button、釦、鈕)とは、衣服、鞄、靴などに止め具として使用される服飾物である 特許庁。多くは装飾を兼ねる。語源はポルトガル語 botão が最も有力な説とされる。 「飾りボタン」としてもっぱら装飾目的のみのものもある。11月22日は「ボタンの日」。また、男子の制服の心臓に一番近いボタン(多くの場合は第二ボタン)を好きな女子に渡す事もある。 日本は服飾用ボタン生産量で世界第3位である(テレビ東京、「世界を変える100人の日本人」より)。.

新しい!!: シャツとボタン (服飾) · 続きを見る »

トレーニングシャツ

トレーニングシャツは、ポリエステルや綿製のジャージ素材の衣服で、伸縮性がある。長袖でトレーニングパンツと上下になっているものが多く、冬季の学校指定体操服として主流を占めている。主に陸上など屋外系の部活動などで着用するウインドブレーカーシャツも、トレーニングシャツに含まれる。 市販品は前開き型でチャックをかける。チャックを上までかけるとタートルネック状になる。学校指定体操服用のものには、トレーナーのようにかぶってチャックをかける形のもの、またチャックがなく、前はVネック状で襟が付いているものもある。袖にライン等が入っているタイプが多く、学校によっては襟にライン等が入っているタイプもある。 裾は絞ってあるタイプと絞っていないタイプがある。 袖口は絞ってあるものが大半である。.

新しい!!: シャツとトレーニングシャツ · 続きを見る »

ブラウス

花柄のブラウス テニスのためにブラウスを着用した女性 (1890年-1900年頃) ブラウス()は、肩から胴回り線、あるいは腰まわり線辺りまでの、主に女性・子供用胴衣類の総称。JIS L0215では「中衣又は外衣」とされている。欧米では、男性用の作業着や軍服の上衣もそう呼ばれている。.

新しい!!: シャツとブラウス · 続きを見る »

ブリーフ

ブリーフ()とは、男性用の下半身の下着の一種である。股下を省略した下着であることから、(衣服が)短いという意味の「ブリーフ」と呼ばれる。多くの場合Y字型をしており、トランクスとは異なって体に密着する下着であり、伸縮性がある綿などの素材が使用される。スポーツ用に特に機能性を重視して作られたものを、サポーター、ジョックストラップ、あるいは、スポーツブリーフと呼ぶ。なお、欧米では女性用の深穿き及び浅穿きのパンティーもブリーフと呼ぶ場合がある。.

新しい!!: シャツとブリーフ · 続きを見る »

フランネル

フランネル(Flannel)は柔らかく軽い毛織物のこと。略してネルともいう。衣類、シーツと寝巻きに一般的に用いられる。経糸(たていと)と緯糸(よこいと)を交互に織る平織りや2-3本おきに交互に織られる綾織りがある。無地だけでなく、様々な模様が施される。フランネルは当初カーディングが施されたウールまたはウーステッド糸から作られたが、現在ではウールと綿、ウールと合成繊維から作られることもある。イギリスのフランネルは平織りで毛羽が軽く、一方ドイツのそれは綾織りで毛羽が多い。柔軟で弾力性・保温性に優れスーツ、シャツなどに用いられる。 フランネルで出来たシャツ。通称「ネルシャツ」。 フランネルの生地を拡大したもの.

新しい!!: シャツとフランネル · 続きを見る »

フリル (服飾)

フリル は、衣服の裾(すそ)、襟(えり)、袖口(そでぐち)などに施される装飾の一種。幅狭の別布、あるいは共布の縁を、絞ってギャザー(ひだ)を寄せたもの。別布の場合は薄く柔らかい布地が使われ、レースが使われることもある。 類義語にラッフル 、フラウンス がある。フラウンスは幅が広めのものを言う。 主に子供服や婦人服に使われるが、かつては男性用シャツの胸飾りなどにも使われた。 フリル(ラッフル)から発展した装飾に、襞襟(ラフ、)がある。 Image:Gullager Salisbury.jpg|1789年の肖像画 Image:Japanese_Gothic_lolita.jpg|ロリータファッション Image:A girl with a lolita fashion.jpg|ゴスロリ Image:Maid costume.jpg|メイド服 Image:Voiriot DesVoisins.jpg|男性のフリル(1792年) Category:衣類 Category:装飾 de:Volant.

新しい!!: シャツとフリル (服飾) · 続きを見る »

ダーツ

ダーツ()は、射的競技の一種である。.

新しい!!: シャツとダーツ · 続きを見る »

アロハシャツ

アロハシャツ アロハシャツ (Aloha shirt) とは、パイナップルやフラを踊る女性などのトロピカルなモチーフや、金魚、虎などのオリエンタルなモチーフ(和柄と呼ぶ)を華やかでカラフルな色彩で染め上げた、シルクやレーヨン、ポリエステル、綿などの生地を用いて作られる開襟シャツ。 "Aloha (アロハ)"とはハワイ語で「好意」、「愛情」、「慈悲」、「優しい気持ち」、「思いやり」、「挨拶」などの意味がある。 「アロハシャツ」の呼称が商標登録されていた(後述)ために、一般名詞として「ハワイアンシャツ」と呼ぶこともある。1930年代中頃からリゾート地として急速な発展を始めたハワイで、リゾートウェアあるいはハワイみやげとして作られるようになった。.

新しい!!: シャツとアロハシャツ · 続きを見る »

カフリンクス

フリンクスの着用例 Cufflink photographed by Paolo Monti. Fondazione BEIC カフリンクス(cuff links、左右対で複数形)とは、ドレスシャツ(ワイシャツ)やブラウスの袖口(カフ)を留めるための装身具。日本ではカフスボタン、カフスとも称されるが、前者は和製語であり、後者は衣服の両腕の袖口を意味する英単語(カフス、cuffs)であるためどちらも俗称である。.

新しい!!: シャツとカフリンクス · 続きを見る »

シースルー

180px シースルー(see-through)とは「透けて見える」(形容詞)および「透けて見える服」(名詞)を意味する。.

新しい!!: シャツとシースルー · 続きを見る »

スリット

ーバーコートのセンターベント スリット(Slit)とは、切れ目、隙間のこと。 曲げ等の加工の為や光を取り入れる為、換気や放熱(冷却)のための機械工作や、建築においては構造力学で応力を他の部材に伝達しない手段としてスリットを入れる事がある(但し、建築では構造体に使われるものであるのと同様に耐火性能を要求される)。 服飾では、スカートなどの裾に動きやすくするなどの目的で入れる切れ目を指す。チャイナドレスの大きなスリットは、ウマに乗りやすくするために設けられたものだが、今では単なる装飾になっている。.

新しい!!: シャツとスリット · 続きを見る »

ステッチ

テッチあるいはスティッチ() とは、裁縫、刺繍などにおいて、その縫い方や縫い目のことをいう。一般に縫い針を使う縫製品、刺繍、レース、編み物、タペストリー等において、針を使っての縫い方や運針によってできる縫糸の単位などを指す。.

新しい!!: シャツとステッチ · 続きを見る »

スウェット

ウェット(英:sweat)とは吸湿性の高い厚手の布で作られた、伸縮性、吸汗性、防寒性に優れたゆったりした生地。日本ではスウェットを生地ではなく衣類として扱われる傾向が強く、生地を指す場合は「スウェット生地」「スウェット素材」などと呼ばれる場合もある。.

新しい!!: シャツとスウェット · 続きを見る »

ズボン

ボン(洋袴)とは衣服のボトムスの一種で、2本に分かれた筒に片脚ずつを入れて穿く形のものを指す。下半身の下着を身に着けたその上に穿くものである。着用中にずり落ちてこないように、ベルトやサスペンダーなどで留められる。.

新しい!!: シャツとズボン · 続きを見る »

タンクトップ

タンクトップ タンクトップ(Tank-top)は、袖なしで、かつ、襟ぐりが幅広又は深く、また、合わせや衿のない上半身用下着、上衣または水着である。 名前は、1920年代の男子用又は女子競泳用水着であるタンクスーツ(Tank suits)の上部にデザインが似ていることからだといわれている。上衣としては男性用・女性用のいずれも存在するが、下着としては通例女性用のものをさし、男性用のものは、ランニングシャツに分類される。また、水着はもっぱら女性用である。 女性用にはブラジャーと一体化したタンクトップ(ブラトップ)がある。思春期で乳房が成長中(途中で初経を挟む約4年間)に着用するジュニアブラと一体化したタンクトップもあり、成長の前半段階を中心にジュニアブラよりブラトップの方が多く市販されている。.

新しい!!: シャツとタンクトップ · 続きを見る »

タートルネック

白いタートルネックの服を着たマネキン タートルネック とは、首に密着する丸く高い襟の一種、またはそのような襟を持つ衣服。主にセーターやTシャツ、スウェットに使われ、二重に折り返した状態で着用する。亀 が甲羅から首を出す様に似ることからこう呼ばれる。タートルネックはアメリカ英語で、イギリス英語ではポロネック と呼ぶ。日本ではその形状から徳利首、徳利襟、または単に徳利と呼ばれる。 画像:SP-bottes.JPG|ノースリーブのタートルネック 画像:ZARA_-_sous-pull_col_roul%C3%A9V2.jpg| 画像:Sous-pull_col_roul%C3%A9_sans_manche.jpg| Category:衣類.

新しい!!: シャツとタートルネック · 続きを見る »

タックイン

タックイン (tuck in) は、英語で「押し込む」の意。.

新しい!!: シャツとタックイン · 続きを見る »

立襟

イギリスの近衛兵。 立襟(たてえり、たちえり、Stand collar)は、折返らずに立った仕立て方の襟の総称。「立て襟」とも書く。 前あわせをホックやボタンで留めたり、形を整えるための芯材(通称カラー)が入るものもり、派生型の立折襟とともに「詰襟」と呼ばれる。.

新しい!!: シャツと立襟 · 続きを見る »

綾織

綾織の組織図(2/1) 綾織(あやおり、twill:ツイル)もしくは斜文織(しゃもんおり)とは織組織の一つで、タテ糸が2本もしく3本のヨコ糸の上を通過した後、1本のヨコ糸の下を通過することを繰り返して織られもの。平織、繻子織とあわせて三原組織の一つである。糸の交差する組織点が、斜紋線(しゃもんせん)または綾目(あやめ)と呼ばれる線を斜めに表し、できあがった模様は左右非対称になる。織組織の関係上、生地の表面はタテ糸の割合が多い。平織に比べると摩擦に弱く強度に欠けるが、地合は密で柔らかく、伸縮性に優れ、シワがよりにくい等の利点がある。 2本交差の場合を「三つ綾(2/1)」、3本交差の場合を「四つ綾(3/1)」と呼び、それぞれ斜線の角度は異なる。四つ綾(3/1)の織物を一般的に「ツイル」と呼んでいる。また(2/2)組織の綾織物もあり、これも四つ綾と呼ぶ。これはタテ糸とヨコ糸の割合が生地の表裏ともに同一で、斜線の角度が45°なのが特徴(生地の裏表は綾目の向きで判別する)。代表的な織物に「サージ」がある。.

新しい!!: シャツと綾織 · 続きを見る »

DCブランド

DCブランド(ディーシーブランド)とは、1980年代に日本国内で広く社会的なブームとなった、日本の衣服メーカーブランドの総称である。「DC」とはデザイナーズ(Designer's) & キャラクターズ(Character's)の略とされる。.

新しい!!: シャツとDCブランド · 続きを見る »

被服

Tシャツ(ウィキペディアのロゴのプリント柄) 被服(ひふく)とは、身体に着用するものである。人体の保護や装飾、社会的地位の表象等のために発展してきたもので、人間の文化の主要構成要素の一つである。もっとも典型的には、布(布帛)を縫合して着用に適した形状に仕立てた繊維製品である。また物品の元の目的が着用にない場合でも、これを身につけることで被服と捉えられる場合がある。 被服と類似の用語として、衣服(いふく)、衣(ころも・きぬ)、服(ふく)、衣類(いるい)、衣料・衣料品(いりょうひん)、着物(きもの)等がある。また、服飾、服装、衣装(衣裳)などの語も存在する。これらの用語は意味範囲が重複するものであるが、繊維等製品の製造や機能面に関する学術研究や教育・行政分野等では「被服」の語が用いられ(陸軍被服本廠・被服学等)、衣服文化を取り扱う分野においては服飾の用語が用いられる傾向がある(服飾史等)。本項では便宜上、製品としての被服について扱う。複数の製品を組み合わせた特定の装いについては服飾を参照。.

新しい!!: シャツと被服 · 続きを見る »

袖口

袖口(そでぐち)は、ワイシャツやブラウスなどのシャツ、ジャケットやジャンパー、外套などの上着、カーディガンなどトップス全般、上下一体のものでもワンピースなどで、腕を通す袖の端を言う。長袖では手首が出る部分であり、半袖など袖が短いものも腕の出る部分を指すが、タンクトップやランニングシャツなどノースリーブのものについては言わない。 英語のcuff(複数形:cuffs)がそのまま片仮名で「カフ」、「カフス」として使われるが、日本ではこれらは後述するワイシャツの袖口を指すことが多い。 襟や裾の部位と同様に、トップスの種類によって、袖と同じまま端を単に折り返して縫い、ほつれ止めしただけのものもあれば、特に長袖や七分丈などで、装飾や補強のために別に設えて縫い付けられたものもある。 また、単に筒状ではなく、手首よりも大きな掌部分を通しやすいよう、また体温調節や汚れ防止のために捲り上げやすいよう、裁ち開かれてスリット状になっているものがある。そこを留めるためにはボタンやカフリンクス、スナップ、ファスナー、面ファスナーなどが用いられる。 他には寒気や雨水の侵入を防ぐため、伸縮性のある素材を用いていたり、ゴムが入っているもの、ドローコードで締められるものなどがある。ものによっては、手袋と一体化するものもある。.

新しい!!: シャツと袖口 · 続きを見る »

ー・アーサー・ミールジーナー・マイヤーズの肖像より 襟・衿(えり)は、衣服において、首を取り囲む所につけられている部分のことである。英語の collar からカラーともいう。.

新しい!!: シャツと襟 · 続きを見る »

西洋かぶれ

西洋かぶれ(せいようかぶれ)とは、自身の所属する文化より西洋文化を良しとして、振る舞いや服装などを西洋文化のそれに似せること、あるいはそのように振る舞う人物を指す蔑称。類義語に外国かぶれがある。より範囲を限定したアメリカかぶれなどの語も存在する。.

新しい!!: シャツと西洋かぶれ · 続きを見る »

Tシャツ

Tの文字に見える Tシャツ Tシャツ(ティーシャツ、T-shirt または tee-shirt、 ティーシャートゥ)は、襟の付いていないシャツのこと。.

新しい!!: シャツとTシャツ · 続きを見る »

折襟

折襟または折り襟(おりえり)は、洋服の上着に用いられる襟の仕立て方の1つ。.

新しい!!: シャツと折襟 · 続きを見る »

比翼仕立て

比翼仕立て(ひよくじたて)あるいは比翼(ひよく)とは、2枚の着物を重ねて着ているように見せるために、着物の袖口、振り、衿、裾回し部分だけを二重に仕立てること。人形仕立てともいう。 留袖は、「祝いを重ねる」という意味合いから、白羽二重の下着を重ねて着るのが本来であった。これを比翼重ねというが、今日では簡略化され、付け比翼(つけびよく)を縫い付けることによって、二重に見えるように仕立てるようになった。本振袖もかつては振袖を二枚重ね着たが、現在は比翼仕立てとする。染織研究家の木村孝は、70年ほど前と比べて、帯を胸高に結び、半衿をあまり見せない着付けをするようになり、着物を二枚重ねで着ることが困難になったため、留袖や本振袖が比翼仕立てになったのであろうと推測している。 留袖は白羽二重の付け比翼仕立てが正式だが、振袖や訪問着、色無地などでは、付け比翼を模した別布の伊達衿(だてえり)を半衿と着物の間にのぞかせる場合もある。伊達衿は、比翼衿、伊達比翼とも呼ぶ。 File:Kuro tomesode 2010.jpg|黒留袖。衿元に白羽二重の付け比翼が見える。 File:Stylish person at Fukuoka City Hall.jpg|訪問着。衿元に朱色の伊達衿が見える。 洋服の場合は、合わせの上前の前端を二重に仕立て、隠しボタン、隠しスナップ、隠しジッパーとすることを比翼仕立てまたは比翼という。オーバーコート、ジャケット、トンビ、マントー、吾妻コート、ズボンの前あきなどに用いられる。英語では、フライ・フロント(fly front)またはフライ・ファスニングという。 File:Paletotcoat jan1903.jpg|合わせが隠しボタンになっているコート(左)(1903年)。 File:Closed fly.jpg|ズボンの前あき部分。隠しジッパー。.

新しい!!: シャツと比翼仕立て · 続きを見る »

江戸時代

江戸時代(えどじだい)は、日本の歴史において徳川将軍家が日本を統治していた時代である。徳川時代(とくがわじだい)とも言う。この時代の徳川将軍家による政府は、江戸幕府(えどばくふ)あるいは徳川幕府(とくがわばくふ)と呼ぶ。 藩政時代(はんせいじだい)という別称もあるが、こちらは江戸時代に何らかの藩の領土だった地域の郷土史を指す語として使われる例が多い。.

新しい!!: シャツと江戸時代 · 続きを見る »

木綿

収穫期の綿 走査型電子顕微鏡で見た木綿繊維 木綿・木棉(もめん)は、ワタの種子から取れる繊維。コットン(cotton)とも。ワタ自体のことを木綿と呼ぶこともあるが、ここでは繊維としての木綿について述べる。 ワタとはアオイ科ワタ属の多年草の総称で、木綿は種子の周りに付いている。繊維としては伸びにくく丈夫であり、吸湿性があって肌触りもよい。このため、現代では下着などによく使われるが、縮みやすいという欠点もある。主成分はセルロース。 単に棉・綿(めん)とも言う。摘み取った状態までのものが棉、種子を取り除いた後の状態のものが綿だが、区別しないことも多い。 ただし、「綿」と書いて「わた」と読むのは、本来は塊状の繊維全般を指す語である。布団や座布団の中身を繊維の種類を問わず「綿(わた)」と呼ぶが、これはその本来の用法である。古くは、中でも真綿(絹の原料)を意味することが多かった。.

新しい!!: シャツと木綿 · 続きを見る »

明治

明治(めいじ)は日本の元号の一つ。慶応の後、大正の前。新暦1868年1月25日(旧暦慶応4年1月1日/明治元年1月1日)から1912年(明治45年)7月30日までの期間を指す。日本での一世一元の制による最初の元号。明治天皇在位期間とほぼ一致する。ただし、実際に改元の詔書が出されたのは新暦1868年10月23日(旧暦慶応4年9月8日)で慶応4年1月1日に遡って明治元年1月1日とすると定めた。これが、明治時代である。.

新しい!!: シャツと明治 · 続きを見る »

文明開化

旧開智学校。明治政府による学校令が出されてから、建設された「近代学校」のための建造物である。「文明開化」とは西洋の文明や制度を導入するだけではなく西洋の文化風俗まで導入したところに特徴がある。 文明開化(ぶんめいかいか)とは、明治時代の日本に西洋の文明が入ってきて、制度や習慣が大きく変化した現象のことを指す。さらに、「西洋のものなら何でもよい」という考えすら出ていた。 近代化=西欧化そのものは明治時代に於いて一貫した課題であったが、文明開化という言葉は、一般に明治初期に、世相風俗がこれまでの封建社会から大きく変わった時期を指して使われる。その社会が変化していく時代を強調し「開化期(かいかき)」、「御一新(ごいっしん)」などの別称もある。.

新しい!!: シャツと文明開化 · 続きを見る »

1980年代

1980年代(せんきゅうひゃくはちじゅうねんだい)は、西暦(グレゴリオ暦)1980年から1989年までの10年間を指す十年紀。この項目では、国際的な視点に基づいた1980年代について記載する。.

新しい!!: シャツと1980年代 · 続きを見る »

1990年代

1990年代(せんきゅうひゃくきゅうじゅうねんだい)は、西暦(グレゴリオ暦)1990年から1999年までの10年間を指す十年紀。この項目では、国際的な視点に基づいた1990年代について記載する。.

新しい!!: シャツと1990年代 · 続きを見る »

19世紀

19世紀に君臨した大英帝国。 19世紀(じゅうきゅうせいき)は、西暦1801年から西暦1900年までの100年間を指す世紀。.

新しい!!: シャツと19世紀 · 続きを見る »

2000年代

2000年代(にせんねんだい).

新しい!!: シャツと2000年代 · 続きを見る »

2010年代

2010年代(にせんじゅうねんだい)は、西暦(グレゴリオ暦)2010年から2019年までの10年間を指す十年紀。2000年代をゼロ年代とするのにならって、2010年代をテン年代とする表現もある。この項目では、国際的な視点に基づいた2010年代について記載する。.

新しい!!: シャツと2010年代 · 続きを見る »

20世紀

摩天楼群) 20世紀(にじっせいき、にじゅっせいき)とは、西暦1901年から西暦2000年までの100年間を指す世紀。2千年紀における最後の世紀である。漢字で二十世紀の他に、廿世紀と表記される場合もある。.

新しい!!: シャツと20世紀 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

襯衣

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »