ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

シコルスキー S-67

索引 シコルスキー S-67

ルスキー S-67 ブラックホーク(Sikorsky S-67 Blackhawk)は、アメリカ合衆国のシコルスキー・エアクラフト社の研究開発基金で自主開発された試作攻撃ヘリコプターである。.

57 関係: AH-56 シャイアンAH-64 アパッチ垂直尾翼対戦車ミサイル小翼マッハ数バレルロール (マニューバ)ライカミング T55ロッキードロケット弾ヘリコプタープロペラプロトタイプテストパイロットファーンボロー国際航空ショーフェネストロンアメリカ合衆国アメリカ陸軍エンジンシコルスキーシコルスキー S-61シコルスキー・エアクラフトスプリットSソビエト連邦タンデムターボシャフトエンジンサイドワインダー (ミサイル)兵士回転翼機空対空ミサイル空中戦闘機動複合ヘリコプター輸送航空ショー降着装置Mi-24 (航空機)SH-3 シーキングTOW (ミサイル)UH-60 ブラックホーク抗力暗視装置推進式 (航空機)機動機関砲武装攻撃ヘリコプター11月3日12月14日1964年1965年...1969年1970年1972年1974年2月19日8月1日8月20日 インデックスを展開 (7 もっと) »

AH-56 シャイアン

AH-56 シャイアンは、ロッキード社によって1960年代に開発された、アメリカ陸軍向けの試作攻撃ヘリコプターである。愛称のシャイアン(Cheyenne)は、アメリカ先住民のシャイアン族に由来する。世界初の攻撃ヘリコプターとして開発されたが採用は取り消され、陸軍主力攻撃ヘリコプターの座はAH-1 コブラが得る事となった。.

新しい!!: シコルスキー S-67とAH-56 シャイアン · 続きを見る »

AH-64 アパッチ

AH-64は、マクドネル・ダグラス社(現ボーイング)が開発した攻撃ヘリコプターである。アパッチ(Apache)の愛称は、アメリカ先住民のアパッチ族に由来する。.

新しい!!: シコルスキー S-67とAH-64 アパッチ · 続きを見る »

垂直尾翼

垂直尾翼(すいちょくびよく)は、飛行機を始めとする航空機の尾翼の一種で、垂直についている部分。潜水船・高速自動車・ホバークラフト等にも設けられることがある。.

新しい!!: シコルスキー S-67と垂直尾翼 · 続きを見る »

対戦車ミサイル

トライカー装甲車(ストライカーATGM)から発射されるTOW。有線誘導方式のため、発射機とミサイルがケーブルでつながっている 対戦車ミサイル(たいせんしゃミサイル、anti-tank missile, ATM)は、戦車を攻撃するために用いられるミサイルである。対戦車誘導ミサイル(anti-tank guided missile, ATGM)、対戦車誘導兵器(anti-tank guided weapon, ATGW)とも呼ばれる。 日本の防衛省(自衛隊)においては対戦車誘導弾(たいせんしゃゆうどうだん)と呼称し、MAT(missile anti-tank)の略号を与えている。これはATMを「アトム」と読み得る(実際の「核」の意味で書かれるアトムは「ATOM」である)ため、核兵器を使用しているとの誤解を避けることを目的として、敢えて語順を変更したものである。.

新しい!!: シコルスキー S-67と対戦車ミサイル · 続きを見る »

小翼

小翼は、「短翼」、「スタブ翼」(スタブ・ウイング)(stub 造りかけの、英俗:やり残しの)の別名で知られ、過去においては重航空機中の固定翼機にも散見されたが、ヘリコプターが実用利用の水準に到達した1950年代以降は、軍用機としての回転翼航空機に多く見られる、機体左右に張り出した短翼であり、軍用機の構成要素の1つ。 また、ミサイルやロケット弾の飛行姿勢を安定させる、あるいは飛行姿勢を変化・制御するための固定式や可動式の「フィン」(fin)の訳語としても小翼が用いられている#航空機搭載兵器 p.168。.

新しい!!: シコルスキー S-67と小翼 · 続きを見る »

マッハ数

マッハ数(マッハすう、Mach number)は、流体の流れの速さと音速との比で求まる無次元量である。 名称は、オーストリアの物理学者エルンスト・マッハ(Ernst Mach)に由来し、航空技師のにより名付けられた。英語圏ではMachを英語読みして(マーク・ナンバ)、あるいは、(メァク・ナンバ)と呼ぶ。.

新しい!!: シコルスキー S-67とマッハ数 · 続きを見る »

バレルロール (マニューバ)

バレルロール(barrel roll)は、航空機(戦闘機やアクロバット機)が空中で行う機動(マニューバ)の一つ。 横転(ロール)と機首上げ(ピッチアップ)を同時に行うもので、仮想の樽の胴(バレル)をなぞるように螺旋を描くことからその名がある。緩やかに操縦桿を引き、横に倒し、結果斜め手前に倒すことにより行う。敵機の背後をとるために有効とされる機動の一つである。 進行方向と高度は変わらず位置だけが左右にずれるので、簡単に言うと飛行機の側転にあたる。人間にたとえるなら、動く歩道に乗って(幅は無視して)進行方向と直角に側転する状態が近い。この場合、体の向きや進行方向はそのままで人の位置が変わるわけであるが、飛行機の場合重力や揚力にしたがって落ちたり上がったりするので、最初に斜め上に向かいながら回る必要がある。正面から見ると半円(円の上半分)を描くような軌跡。.

新しい!!: シコルスキー S-67とバレルロール (マニューバ) · 続きを見る »

ライカミング T55

ライカミング T55, (社内識別名称ライカミング LTC-4)は1950年代以降、アメリカ製のヘリコプターや(ターボプロップとして)固定翼機で使用されるターボシャフトエンジンである。コネチカット州ストラッドフォードのライカミング・タービンエンジン部門でより小型のライカミング T53を拡大することで設計された。両方のエンジンはハネウェル・エアロスペース社で製造される。T55はライカミング ALF502ギヤードターボファンエンジンのコアとしても使用される。.

新しい!!: シコルスキー S-67とライカミング T55 · 続きを見る »

ロッキード

ッキード トライスター ロッキード(Lockheed Corporation)は、アメリカ合衆国の航空機メーカーで主に軍用機を製造していた。マーティン・マリエッタ社と合併し、現在はロッキード・マーティンである。.

新しい!!: シコルスキー S-67とロッキード · 続きを見る »

ロケット弾

ット弾(ロケットだん)は、推進剤である火薬の燃焼や圧縮ガスの噴出によって推力を得、自力で飛行する能力のある爆弾、または砲弾である。.

新しい!!: シコルスキー S-67とロケット弾 · 続きを見る »

ヘリコプター

一般的なシングルローター形態のヘリコプター、ベル 407 ヘリコプター(helicopter)は、エンジンの力で機体上部にあるメインローターと呼ばれる回転翼で揚力を発生し飛行する航空機の一種であり、回転翼機に分類される。 空中で留まる状態のホバリングや、ホバリング状態から垂直、水平方向にも飛行が可能であり、比較的狭い場所でも離着陸できるため、各種の広い用途で利用されている。 名前はギリシャ語の螺旋 (helico-,ヘリックス) と翼 (pteron,プテロン) に由来しており、「ヘリ(heli)」や「コプター(copter)」と略される他、「チョッパー(chopper)」とも呼ばれる。.

新しい!!: シコルスキー S-67とヘリコプター · 続きを見る »

プロペラ

プロペラ は、飛行機や船などに装備され、原動機から出力される回転力を推進力へと変換するための装置である。揚力を得るための複数枚のブレード(羽根)、ブレードを支持するとともにシャフトからの出力を伝えるハブ、その他の部品によって構成される。 スクリューとも呼ばれる舶用のものについてはスクリュープロペラの記事を参照。 回転数を上げることでパワー(推力・速度)を上げることができるが、後述のように空気中でも水中でも限界がある。.

新しい!!: シコルスキー S-67とプロペラ · 続きを見る »

プロトタイプ

プロトタイプ(prototype)は、デモンストレーション目的や新技術・新機構の検証、試験、量産前での問題点の洗い出しのために設計・仮組み・製造された原型機・原型回路・コンピュータプログラムのことを指す。 「プロトタイプ」(原型)という言葉の原義的には、量産モデルに発展させることが前提、ないし少なくともそのつもりはあるという点が、実験機や試験機や試作機(車)などと異なるが、たとえば制式採用を決定するコンペで敗れるなどして結局量産されないこともままあり、厳密な区別は無い(難しい)。.

新しい!!: シコルスキー S-67とプロトタイプ · 続きを見る »

テストパイロット

テストパイロット(Test pilot)とは、新型あるいは改造型の航空機で特定の操縦を行い、その結果を測定し設計を評価する飛行士である。自衛隊では試験飛行操縦士と称する。 フランシス・エヴァンズ (USMC) は、スピンから回復する最適の方法を調査した (1917) テストパイロットは、軍事組織や(多くは航空宇宙関連の)民間企業に所属していることが多い。特に軍用機のテストは、平時では最も危険でやりがいのある飛行だと考えられ、つまり軍用航空の頂点に位置している。1950年代には、およそ1週間に1人の割合でテストパイロットが死亡していたが、1960年代以降、航空機技術の成熟、地上テストの向上、シミュレーションの導入などによって危険は急速に減少し、最近では実験機のテストを無人で行うことが多くなってきている。しかし、その他の航空機よりも実験機の操縦がはるかに危険であることに変わりはない。.

新しい!!: シコルスキー S-67とテストパイロット · 続きを見る »

ファーンボロー国際航空ショー

ファーンボロー国際航空ショー(ファーンボローこくさいこうくうショー、Farnborough International Airshow)は、イングランド南部のハンプシャー州にあるで偶数年の7月に開催される航空ショーである。航空産業の重要な見本市のうちの一つで、一番大規模なパリ航空ショーと交互に開催され、同じく重要視されているベルリン国際航空宇宙ショーとは数週間違いで行われている。開催期間は7日間で、そのうち初めの5日間が商用展示、最後の2日間のみ一般に公開される。.

新しい!!: シコルスキー S-67とファーンボロー国際航空ショー · 続きを見る »

フェネストロン

フェネストロン(或いはファンテイル)は、ヘリコプターの回転翼の反動を打ち消すためのテールローターと同等の働きをするダクテッドファンである。原型はシュド・アビアシオン(現在はEADSの一部門のユーロコプター)によって考案された。.

新しい!!: シコルスキー S-67とフェネストロン · 続きを見る »

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国(アメリカがっしゅうこく、)、通称アメリカ、米国(べいこく)は、50の州および連邦区から成る連邦共和国である。アメリカ本土の48州およびワシントンD.C.は、カナダとメキシコの間の北アメリカ中央に位置する。アラスカ州は北アメリカ北西部の角に位置し、東ではカナダと、西ではベーリング海峡をはさんでロシアと国境を接している。ハワイ州は中部太平洋における島嶼群である。同国は、太平洋およびカリブに5つの有人の海外領土および9つの無人の海外領土を有する。985万平方キロメートル (km2) の総面積は世界第3位または第4位、3億1千7百万人の人口は世界第3位である。同国は世界で最も民族的に多様かつ多文化な国の1つであり、これは多くの国からの大規模な移住の産物とされているAdams, J.Q.;Strother-Adams, Pearlie (2001).

新しい!!: シコルスキー S-67とアメリカ合衆国 · 続きを見る »

アメリカ陸軍

アメリカ陸軍(アメリカりくぐん、United States Army, 略称:USA)は、アメリカ合衆国の陸軍である。.

新しい!!: シコルスキー S-67とアメリカ陸軍 · 続きを見る »

エンジン

ンジン(engine)は、以下の用法がある。.

新しい!!: シコルスキー S-67とエンジン · 続きを見る »

シコルスキー

ルスキー (Sicorski, Sikorsky) は、スラヴ系の姓。シコルスキ、シコースキー、シコールスキイとも。.

新しい!!: シコルスキー S-67とシコルスキー · 続きを見る »

シコルスキー S-61

ルスキー S-61(Sikorsky S-61)は、アメリカ合衆国の航空機メーカー、シコルスキー・エアクラフト社が開発した双発タービンエンジンの大型ヘリコプター。S-61はシコルスキー社内での呼び名で、各国軍では別の名称を使用している。.

新しい!!: シコルスキー S-67とシコルスキー S-61 · 続きを見る »

シコルスキー・エアクラフト

ルスキー・エアクラフト(Sikorsky Aircraft Corporation)は、アメリカ合衆国のヘリコプター製造会社である。 ウクライナ(当時ロシア帝国領)出身で、1913年に世界初の4発エンジン飛行機を実用化、ロシア革命後にアメリカに亡命・帰化した航空技術者のイーゴリ・シコールスキイにより、1923年3月5日、ニューヨーク州ロングアイランドのルーズベルト飛行場近くの農場に設立されたシコルスキーエアクラフト ウェブサイト、。 初期のシコルスキー社は大型の固定翼機中心のメーカーで、最初の生産機S-29A(Aはアメリカ向けを指す)は双発複葉、乗客14人の旅客機だった。その後、1926年のS-34を皮切りに飛行艇にシフト、1920年代末から1930年代にかけては、S-38、S-39、S-42、S-43など、パンアメリカン航空向けをはじめとする中型・大型の飛行艇を多く生産した。 しかしその後、固定翼機(飛行艇)の業績不振もあり、1939年、同じくユナイテッド・エアクラフト傘下であったチャンス・ヴォートと合併しヴォート・シコルスキーと改称。 しかしその一方で、イーゴリ・シコールスキイは若い頃からの夢であったヘリコプター開発に取り掛かり、1939年、現在のヘリコプターでも主流となっている単一メイン・ローターとテール・ローターを持つVS-300を完成させた。1943年、世界初の実用ヘリコプターS-47(軍用呼称R-4)の量産契約獲得を機に、シコルスキー社はヴォートと分離した。 実用的ヘリコプターの開発に成功して以降、シコルスキー社は、ヘリコプター業界の老舗・リーディングカンパニーとなっており、同社の開発、生産するヘリコプターは歴史的に防衛・救難において重要な役割を果たしてきた。現在でも同社の製品はアメリカ合衆国のみならず、日本を含む世界各国で広く運用されている。本社はコネティカット州ストラトフォードにあり、軍用機製造拠点となる。その他、コネチカット州シェルトン・トランブル、ペンシルベニア州コーツビル等に主要拠点を置く。 長らく複合企業であるユナイテッド・テクノロジーズの一部門であったが、2015年11月6日付けにて、米ロッキード・マーティン社の傘下となり、軍事産業トップメーカーの一部門となった。 イーゴリ・シコールスキイの設計したヘリコプターは非常に優れており、後のヘリコプターの大部分がそれに基づいている。軍事用途でのノウハウは民間機種にも転用されている。 安全面に関しては検査や部品交換の手間を軽減するため、BIM(Blade inspection method)やIBIS (In-Flight Blade Inspection System)など、メインローターブレードの破損状況を監視する独自の検査システムを開発している。.

新しい!!: シコルスキー S-67とシコルスキー・エアクラフト · 続きを見る »

スプリットS

プリットS スプリットSアニメーション スプリットS(スプリットエス)とは、航空機のマニューバの一つである。180度ロール、ピッチアップによる180度ループを順次、あるいは連続的に行うことで、縦方向にUターンする空戦機動を指す。 これにより高度が下がり、進行方向と機体の方向はともに水平方向に逆向きになる。 主に下方を自機の進行方向と反対方向へ通り過ぎた敵機を追跡する際に用いられる。 充分な高度がなければロールの最中に墜落する恐れがあるため、ループの最中は一般的に速度を落とす。また、先にロールを実施し短時間ではあるが背面飛行を行わなければならないため、機体の性能によっては比較的機体負担の少ないインメルマンターンで代用することがある。高度不足である場合でもこの代用は見られる。 ピッチアップにてループを先に行ったのちロールにする、上向きUターンを行う機動はインメルマンターンと呼ぶ。.

新しい!!: シコルスキー S-67とスプリットS · 続きを見る »

ソビエト連邦

ビエト社会主義共和国連邦(ソビエトしゃかいしゅぎきょうわこくれんぽう、Союз Советских Социалистических Республик)は、1922年から1991年までの間に存在したユーラシア大陸における共和制国家である。複数のソビエト共和国により構成された連邦国家であり、マルクス・レーニン主義を掲げたソビエト連邦共産党による一党制の社会主義国家でもある。首都はモスクワ。 多数ある地方のソビエト共和国の政治および経済の統合は、高度に中央集権化されていた。.

新しい!!: シコルスキー S-67とソビエト連邦 · 続きを見る »

タンデム

タンデム()は、本来直列二頭立の馬車(前後に二頭の馬を並べる)。転じて、.

新しい!!: シコルスキー S-67とタンデム · 続きを見る »

ターボシャフトエンジン

ターボシャフトエンジン(Turboshaft engine)はジェットエンジン/ガスタービンエンジンの一種。ジェットエンジンが排気の噴出力を推進力として利用するのに対し、タービン排気より軸出力を取り出し、それを用いる方式である。戦車や船舶用ガスタービンなども軸出力を用いている点では同等であるが、航空機用エンジンとして用いられている場合、ターボシャフトエンジンと呼ばれる。特にヘリコプター向けとして用いられている。.

新しい!!: シコルスキー S-67とターボシャフトエンジン · 続きを見る »

サイドワインダー (ミサイル)

イドワインダー(Sidewinder)は、アメリカ合衆国が開発した短距離空対空ミサイル。アメリカ軍での制式符号はAIM-9。 発射すると独特の蛇行した軌跡を描きながら飛行する様子と、赤外線を探知して攻撃することから、ヨコバイガラガラヘビにちなんで名づけられた。.

新しい!!: シコルスキー S-67とサイドワインダー (ミサイル) · 続きを見る »

兵士

兵士(へいし)は、古代から現代まで国家の軍隊の軍人や、それに準ずる戦闘組織の構成員であり、将官や将校といった指揮官からの命令に従って任務をこなす。個人や部族社会の戦士とは異なり、公然と戦闘のために組織に属している場合に使われる。 日本の古代、律令制においては、中国の唐の兵制を参考に編成され、人員を年齢別に記載した戸籍である正丁から一定の割合で徴発された。兵士は軍団に所属し、有事の際の出兵や辺境防備のための防人、衛士として各地へ派遣された。792年(延暦11年)に一部を除いて原則的に廃止され、任務は健児に継承される。 日本語の兵士は近代軍隊における、上位の下士官、士官に対する兵卒を指すことが多い。あるいは朝鮮人日本兵を指すときのように、軍人と軍属の総称として用いられることもあり、いずれにせよ制度的な用語ではない。士官と下士官兵を併せて将兵、将士と呼ぶことがある。.

新しい!!: シコルスキー S-67と兵士 · 続きを見る »

回転翼機

回転翼機(かいてんよくき; rotorcraft)とは、回転する翼(回転翼)によって必要な揚力や推力の全部あるいは一部を得て飛行する航空機のことブリタニカ百科事典「回転翼航空機」。「回転翼航空機」とも。.

新しい!!: シコルスキー S-67と回転翼機 · 続きを見る »

空対空ミサイル

対空ミサイル(くうたいくうミサイル、air-to-air missile, AAM)は、兵器の1種であり、空中から発射され空中の目標を攻撃するためのミサイルである。.

新しい!!: シコルスキー S-67と空対空ミサイル · 続きを見る »

空中戦闘機動

中戦闘機動(Air Combat Manoeuvring、ACM、くうちゅうせんとうきどう)とは、戦闘機が空中戦の際に使用するマニューバ(空中動作、航空機動作)である。単機または複数機によるマニューバがある。航空戦術に含まれる。.

新しい!!: シコルスキー S-67と空中戦闘機動 · 続きを見る »

複合ヘリコプター

複合ヘリコプター(ふくごうヘリコプター、コンパウンド・ヘリコプター、compound helicopter)は回転翼機の分類の1つである。垂直離着陸機であり、回転翼の揚力によって自重を支えることで垂直離着陸やホバリングを行い、他の推進力で水平飛行を行なう。ジャイロダイン(Gyrodyne)もこの分類に含まれる。.

新しい!!: シコルスキー S-67と複合ヘリコプター · 続きを見る »

輸送

輸送(ゆそう)は、英語のTransportに相当する語の訳として使用される。 人類の発生以来存在し、人力、舟、牛馬、駱駝などが用いられていた。.

新しい!!: シコルスキー S-67と輸送 · 続きを見る »

航空ショー

航空ショー(こうくうショー)は航空機をテーマにしたイベント。新型機の見本市(発表と商談)、軍の広報活動などのために行われる。アトラクションとしてアクロバット(曲技飛行)も行われる場合が多く、一般人への公開も行われる。 観客への展示ではなく競技として飛行する曲技飛行の大会(エアレース)は含まれないが、レッドブル・エアレース・ワールドシリーズでは余興として開催国の軍や曲技飛行士、参加選手によるデモ飛行が行われる。.

新しい!!: シコルスキー S-67と航空ショー · 続きを見る »

降着装置

ボーイング747の右胴体主脚 降着装置(こうちゃくそうち)とは、航空機の機体を地上で支持する機構で、そのうち特に着陸の際の衝撃などを受けられるものを指す水上機には地上では機体を支持するが、着陸には使えない降着装置もある。。着陸装置、ランディングギア (Landing gear)、アンダーキャリッジ (undercarriage)、着陸脚ともいう。 通常は車輪と緩衝装置から構成されるが、水上用にフロート、雪上用のスキー、艦載機ではアレスティング・フック、ヘリコプターではスキッド(後述)を備えることもある。.

新しい!!: シコルスキー S-67と降着装置 · 続きを見る »

Mi-24 (航空機)

Mi-24(ミル24;ロシア語:Ми-24ミー・ドヴァーッツァチ・チトゥィーリェ)は、ソ連のミル設計局で開発された戦闘ヘリコプターである。北大西洋条約機構(NATO)の命名したNATOコードネームは「ハインド(Hind、雌アカシカの意)」。.

新しい!!: シコルスキー S-67とMi-24 (航空機) · 続きを見る »

SH-3 シーキング

SH-3 シーキング(SH-3 Sea King)は、シコルスキー・エアクラフト社が開発した双発哨戒ヘリコプターである。アメリカ海軍が運用していたH-34 チョクトーの後継に採用された。.

新しい!!: シコルスキー S-67とSH-3 シーキング · 続きを見る »

TOW (ミサイル)

BGM-71 TOW(トウ)は、アメリカ合衆国で開発された対戦車ミサイル。名称は (発射筒で発射され、光学的に追跡され、有線で誘導される)の頭文字に由来する。アメリカ軍における制式名称はBGM-71。 1970年以来、世界で最も多く利用されている対戦車ミサイルである。現用のTOWは、第3世代主力戦車の装甲を貫通できるとされている。陸上自衛隊では、1982年からAH-1S専用に導入されている。.

新しい!!: シコルスキー S-67とTOW (ミサイル) · 続きを見る »

UH-60 ブラックホーク

UH-60 ブラックホーク(UH-60 Black Hawk)は、シコルスキー・エアクラフト社製の4翅シングルローター、双発エンジン搭載の中型多目的軍用ヘリコプターである。「Black Hawk」とはイリノイ州居留のインディアン(ネイティブ・アメリカン)・ソーク族の酋長の名。.

新しい!!: シコルスキー S-67とUH-60 ブラックホーク · 続きを見る »

抗力

抗力(こうりょく)は、流体(液体や気体)中を移動する、あるいは流れ中におかれた物体にはたらく力の、流れの速度に平行な方向で同じ向きの成分(分力)である。流れの速度方向に垂直な成分は揚力という。 追い風で水面をかき分けて進んでいる帆船は、空気から進行方向の抗力を、それより弱い逆方向の抗力を水から受けている。また、レーシングカー等では揚力でダウンフォースを発生させている。抗力も揚力もケースバイケースで、その方向が字義通りではない場合がある。.

新しい!!: シコルスキー S-67と抗力 · 続きを見る »

暗視装置

イラクで使用されたアメリカ陸軍の暗視装置画像 暗視装置(; 暗視鏡とも)は、夜間や暗所でも視界を確保するための装置。航空機用のものについてはANVIS()と略称される。 元々は軍事技術として開発・発展したものだが、1980年代後半から天文用としても注目された。自動車や監視カメラなど民生用にも応用され、玩具や双眼鏡のような日用品としても販売される。.

新しい!!: シコルスキー S-67と暗視装置 · 続きを見る »

推進式 (航空機)

推進式(すいしんしき、またはプッシャー式、Pusher configuration)とは、航空機においてプロペラが機体後部に設置されている形式のことで、プロペラの回転によって生ずる空気の流れは機体を"押し出す"形になる。これに対して牽引式(トラクター式、Tractor configuration)では、プロペラが機体前部に設置されるため機体を"引っ張る"形になる。.

新しい!!: シコルスキー S-67と推進式 (航空機) · 続きを見る »

機動

機動(きどう、maneuver:マニューバ)とは、一般に作戦行動において戦力を適切な時点に、適切な地点に位置させるための部隊の運動である。.

新しい!!: シコルスキー S-67と機動 · 続きを見る »

機関砲

機関砲(きかんほう、)は、機関銃の銃弾より口径が大きい砲弾を連射することを目的とした砲。.

新しい!!: シコルスキー S-67と機関砲 · 続きを見る »

武装

武装(ぶそう)は、戦闘のための装備をすること。また、その装備のこと。武装をする権利のことを武装権という。.

新しい!!: シコルスキー S-67と武装 · 続きを見る »

攻撃ヘリコプター

攻撃ヘリコプター(こうげきヘリコプター、Attack Helicopter)は、武器を搭載し、対地攻撃を主任務とする軍用のヘリコプターである。 防衛省および自衛隊においては、日本国憲法第9条との兼ね合いから「攻撃」という表現が避けられる傾向にあるため、陸上自衛隊では装備するAH-1Sを対戦車ヘリコプター、AH-64Dを戦闘ヘリコプターと呼んでいる。.

新しい!!: シコルスキー S-67と攻撃ヘリコプター · 続きを見る »

11月3日

11月3日(じゅういちがつみっか)はグレゴリオ暦で年始から307日目(閏年では308日目)にあたり、年末まであと58日ある。.

新しい!!: シコルスキー S-67と11月3日 · 続きを見る »

12月14日

12月14日(じゅうにがつじゅうよっか、じゅうにがつじゅうよんにち)はグレゴリオ暦で年始から348日目(閏年では349日目)にあたり、年末まであと17日ある。.

新しい!!: シコルスキー S-67と12月14日 · 続きを見る »

1964年

記載なし。

新しい!!: シコルスキー S-67と1964年 · 続きを見る »

1965年

記載なし。

新しい!!: シコルスキー S-67と1965年 · 続きを見る »

1969年

記載なし。

新しい!!: シコルスキー S-67と1969年 · 続きを見る »

1970年

記載なし。

新しい!!: シコルスキー S-67と1970年 · 続きを見る »

1972年

協定世界時による計測では、この年は(閏年で)閏秒による秒の追加が年内に2度あり、過去最も長かった年である。.

新しい!!: シコルスキー S-67と1972年 · 続きを見る »

1974年

記載なし。

新しい!!: シコルスキー S-67と1974年 · 続きを見る »

2月19日

2月19日(にがつじゅうくにち)はグレゴリオ暦で年始から50日目にあたり、年末まであと315日(閏年では316日)ある。.

新しい!!: シコルスキー S-67と2月19日 · 続きを見る »

8月1日

8月1日(はちがつついたち)はグレゴリオ暦で年始から213日目(閏年では214日目)にあたり、年末まではあと152日ある。.

新しい!!: シコルスキー S-67と8月1日 · 続きを見る »

8月20日

8月20日(はちがつはつか、はちがつにじゅうにち)はグレゴリオ暦で年始から232日目(閏年では233日目)にあたり、年末まであと133日ある。.

新しい!!: シコルスキー S-67と8月20日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

S-67

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »