ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

シコルスキー・エアクラフト

索引 シコルスキー・エアクラフト

ルスキー・エアクラフト(Sikorsky Aircraft Corporation)は、アメリカ合衆国のヘリコプター製造会社である。 ウクライナ(当時ロシア帝国領)出身で、1913年に世界初の4発エンジン飛行機を実用化、ロシア革命後にアメリカに亡命・帰化した航空技術者のイーゴリ・シコールスキイにより、1923年3月5日、ニューヨーク州ロングアイランドのルーズベルト飛行場近くの農場に設立されたシコルスキーエアクラフト ウェブサイト、。 初期のシコルスキー社は大型の固定翼機中心のメーカーで、最初の生産機S-29A(Aはアメリカ向けを指す)は双発複葉、乗客14人の旅客機だった。その後、1926年のS-34を皮切りに飛行艇にシフト、1920年代末から1930年代にかけては、S-38、S-39、S-42、S-43など、パンアメリカン航空向けをはじめとする中型・大型の飛行艇を多く生産した。 しかしその後、固定翼機(飛行艇)の業績不振もあり、1939年、同じくユナイテッド・エアクラフト傘下であったチャンス・ヴォートと合併しヴォート・シコルスキーと改称。 しかしその一方で、イーゴリ・シコールスキイは若い頃からの夢であったヘリコプター開発に取り掛かり、1939年、現在のヘリコプターでも主流となっている単一メイン・ローターとテール・ローターを持つVS-300を完成させた。1943年、世界初の実用ヘリコプターS-47(軍用呼称R-4)の量産契約獲得を機に、シコルスキー社はヴォートと分離した。 実用的ヘリコプターの開発に成功して以降、シコルスキー社は、ヘリコプター業界の老舗・リーディングカンパニーとなっており、同社の開発、生産するヘリコプターは歴史的に防衛・救難において重要な役割を果たしてきた。現在でも同社の製品はアメリカ合衆国のみならず、日本を含む世界各国で広く運用されている。本社はコネティカット州ストラトフォードにあり、軍用機製造拠点となる。その他、コネチカット州シェルトン・トランブル、ペンシルベニア州コーツビル等に主要拠点を置く。 長らく複合企業であるユナイテッド・テクノロジーズの一部門であったが、2015年11月6日付けにて、米ロッキード・マーティン社の傘下となり、軍事産業トップメーカーの一部門となった。 イーゴリ・シコールスキイの設計したヘリコプターは非常に優れており、後のヘリコプターの大部分がそれに基づいている。軍事用途でのノウハウは民間機種にも転用されている。 安全面に関しては検査や部品交換の手間を軽減するため、BIM(Blade inspection method)やIBIS (In-Flight Blade Inspection System)など、メインローターブレードの破損状況を監視する独自の検査システムを開発している。.

70 関係: 型式認証きかんしゃトーマス帰化三菱重工業亡命ペンシルベニア州ノックダウン生産ユナイテッド・テクノロジーズレシプロエンジンロングアイランドロッキード・マーティンロシア帝国ロシア革命ヴォート・エアクラフト・インダストリーズヘリコプターブライアン・シコースキーパンアメリカン航空ベル・エアクラフトアメリカ合衆国アメリカ空軍アメリカ海軍イーゴリ・シコールスキイウクライナエンジンコネチカット州コングロマリットシュワイザー・エアクラフトシェルトン (コネチカット州)シコルスキー S-42シコルスキー S-55シコルスキー S-58シコルスキー S-61シコルスキー S-61Rシコルスキー S-62シコルスキー S-64シコルスキー S-69シコルスキー S-70シコルスキー S-76シコルスキー S-92シコルスキー人力ヘリコプター賞ストラトフォード (コネチカット州)CH-53 (航空機)CH-53E (航空機)CH-54 (航空機)飛行艇航空航空自衛隊航空機メーカーの一覧自衛隊R-4 (航空機)...R-5 (航空機)SH-3 シーキングSH-60 シーホークUH-60 ブラックホーク朝日航洋海上自衛隊日本1923年1926年1939年1943年1953年1954年1961年1962年1963年1970年1973年1982年1992年 インデックスを展開 (20 もっと) »

型式認証

型式認証(Type Approval もしくは Certificate of Conformity)とは、最低限度の法規・技術要件・安全性を満たした製品に与えられる認証である。一般的に、型式認証は特定の国で製品の販売許可を得る際に要求されるものであり、そのため求められる要件は国ごとに異なる。英語圏外の欧州の国々では、「型式認証(Type Approval)」として知られるこの手続きおよび認証に対してホモロゲーション(英::en:Homologation)(あるいはその同根語)が名称として用いられる。 型式認証の定める基準を満たしていることは、第三者機関によって示され、製品の裏にそのことが記されている場合もある(例えばABS, TUV.

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトと型式認証 · 続きを見る »

きかんしゃトーマス

『きかんしゃトーマス』 は、鉄道模型及びCGアニメーションで制作されるイギリスの幼児向けテレビ番組である。.

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトときかんしゃトーマス · 続きを見る »

帰化

帰化(きか)は、ある国家の国籍を有しない外国人が、国籍の取得を申請して、ある国家がその外国人に対して新たに国籍を認めること。.

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトと帰化 · 続きを見る »

三菱重工業

三菱重工業株式会社(みつびしじゅうこうぎょう、)は、三菱グループの三菱金曜会及び三菱広報委員会に属する日本の企業。.

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトと三菱重工業 · 続きを見る »

亡命

亡命(ぼうめい)とは、主に政治的な事情により政治家や軍人、学者やスパイなどが他国に逃れることを意味する。また、亡命してきた志士・名士を亡命客と呼ぶ。.

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトと亡命 · 続きを見る »

ペンシルベニア州

ペンシルベニア州(Commonwealth of Pennsylvania、)は、アメリカ合衆国北東部、また大西洋岸中部に分類される州である。五大湖地方に含められることもある。「礎石の州」(Keystone State)とも呼ばれる。日本語ではペンシルヴェニア州、ペンシルバニア州、あるいはペンシルヴァニア州と表記される場合もある。ペンシルベニア州は、州(“State”)の代わりにコモンウェルス(“Commonwealth”)を用いる4つの州の1つである。ただし、日本語ではどちらも「州」と訳されている。なお、地質時代の区分の一つであるペンシルベニア紀(石炭紀の一部)は、ペンシルベニア州にちなんで付けられた名前である。名前の後半「シルベニア」はsilva(「森」の意)から取ったものであり、実際に自然が豊富である。 アメリカ合衆国50州の中で、陸地面積では第33位、人口では第6位であり、人口密度が第9位と高い。南東はデラウェア州、南はメリーランド州、南西はウェストバージニア州、西はオハイオ州、北西はエリー湖とカナダのオンタリオ州、北はニューヨーク州、東はニュージャージー州と接している。アパラチア山脈が州の中央を斜めに走り、東西に長い州である。 ヨーロッパ人として最初にペンシルベニアに入ってきたのはスウェーデンやオランダの入植者であったが、ペンシルベニアと命名したのは、イングランド王チャールズ2世である。クエーカーでイギリス人のウィリアム・ペンが「シルベニア」と名付けたものをウィリアム・ペンの父ウィリアム・ペン卿に敬意を表して改称した。ペンシルベニア州には、自由の鐘や独立記念館で有名なフィラデルフィア市と、重要な河港を持つピッツバーグ市の、2つの主要都市がある。州都はハリスバーグ市である。 ペンシルベニア州はアメリカ合衆国において最も歴史のある州の一つである。フィラデルフィアはアメリカ合衆国発祥の地と呼ばれることもある。フィラデルフィアは、独立宣言や合衆国憲法が立案された場所でもある。ゲティスバーグは南北戦争の激戦地であり、今も多数の大砲が保存されている古戦場跡として有名である。ブリンマーはフィラデルフィア郊外の閑静な住宅街として全米でもよく知られる。ポコノ山脈やデラウェア・ウォーター峡谷は保養地として有名である。.

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトとペンシルベニア州 · 続きを見る »

ノックダウン生産

ノックダウン生産(ノックダウンせいさん、knock-down kit, KD)とは、他国や他企業で生産された製品の主要部品を輸入して、現地で組立・販売する方式である。.

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトとノックダウン生産 · 続きを見る »

ユナイテッド・テクノロジーズ

ユナイテッド・テクノロジーズ(United Technologies Corporation、UTC)は、アメリカ合衆国・コネチカット州・ハートフォードに本部を置く、多国籍企業。事業内容は多岐にわたっており、狭義の意味での複合企業(コングロマリット)である。航空機のエンジン、宇宙産業、ヘリコプター、空調装置、燃料電池、エレベータ、エスカレータ、防火・消火製品およびセキュリティサービス、その他工業製品など、非常に多くの分野で研究開発、製造を行っている。2011年には航空部品大手のグッドリッチを買収して航空宇宙部門を強化する一方、ポンプ・コンプレッサ製造事業を売却するなど事業再編を進めている。.

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトとユナイテッド・テクノロジーズ · 続きを見る »

レシプロエンジン

レシプロエンジン(英語:reciprocating engine)は、往復動機関あるいはピストンエンジン・ピストン機関とも呼ばれる熱機関の一形式である。 燃料の燃焼による熱エネルギーを作動流体の圧力(膨張力)としてまず往復運動に変換し、ついで回転運動の力学的エネルギーとして取り出す原動機である。燃焼エネルギーをそのまま回転運動として取り出すタービンエンジンやロータリーエンジンと対置される概念でもある。 レシプロエンジンは、自動車や船舶、20世紀前半までの航空機、非電化の鉄道で用いられる鉄道車両、といった乗り物の動力源としては最も一般的なもので、他に発電機やポンプなどの定置動力にも用いられる。.

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトとレシプロエンジン · 続きを見る »

ロングアイランド

ングアイランド(英語:Long Island)は、アメリカ合衆国東海岸北部、ニューヨーク州南東部に位置する、大西洋に浮かぶ島である。アメリカ合衆国の領土でありニューヨーク州に属する。合衆国本土で最長最大の島であり、最西端のニューヨーク港から東西に約190km、最大幅約37kmの大きさを持ち、面積は3,629 km2になる。全米で11番目、世界で148番目に大きな島で、ロードアイランド州や、どのアメリカの海外領地よりも大きい(プエルトリコを除く)。2015年の国勢調査によれば、同島の人口は約783万人とされている。 同島はニューヨーク市の一部であるクイーンズ郡、キングス郡(ブルックリン区)と独立行政を行うナッソー郡、サフォーク郡の4つの自治体から成っており、後者2郡は広大な郊外型住宅地帯である。ブルックリンとクイーンズからはニューヨーク市を構成する他の3つの区(マンハッタン、スタテンアイランド、ブロンクス)に複数の橋とトンネルでアクセス可能になっている他、ニューヨーク都市圏の主要空港であるJFK空港、ラガーディア空港がある。サフォークからはロングアイランド湾を通ってコネチカット州とを結ぶフェリーが就航している。.

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトとロングアイランド · 続きを見る »

ロッキード・マーティン

ッキード・マーティン(Lockheed Martin、NYSE:)は、アメリカ合衆国の航空機・宇宙船の開発製造会社。1995年にロッキード社とマーティン・マリエッタ社が合併して現在のロッキード・マーティン社が生まれた。 ロッキード・マーティンは、ボーイング、BAEシステムズ、ノースロップ・グラマン、ジェネラル・ダイナミクス、レイセオンなどとともに、世界の主要な軍需企業である。ストックホルム国際平和研究所が発行するSIPRI Yearbookによると、軍需部門の売上高の世界ランキングは、1998年は1位、1999年は1位、2000年は1位、2001年は2位、2002年は2位、2003年は1位、2004年は2位、2005年は2位、2006年は2位、2007年は3位、2008年は2位、2009年は1位、2010年は1位である。 2012年現在で世界の最新鋭ステルス戦闘機であるF-22やF-35の開発・製造を行っていることで有名である。極秘先進技術設計チーム「スカンクワークス」が多数の傑作軍用機を生み出したことでも有名である。日本語では「ロッキード・マーチン」と表記されることもある。.

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトとロッキード・マーティン · 続きを見る »

ロシア帝国

ア帝国(ロシアていこく、 ラスィーイスカヤ・インピェーリヤ)は、1721年から1917年までに存在した帝国である。ロシアを始め、フィンランド、リボニア、リトアニア、ベラルーシ、ウクライナ、ポーランド、カフカーズ、中央アジア、シベリア、外満州などのユーラシア大陸の北部を広く支配していた。帝政ロシア(ていせいロシア)とも呼ばれる。通常は1721年のピョートル1世即位からロシア帝国の名称を用いることが多い。統治王家のロマノフ家にちなんでロマノフ朝とも呼ばれるがこちらはミハイル・ロマノフがロシア・ツァーリ国のツァーリに即位した1613年を成立年とする。.

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトとロシア帝国 · 続きを見る »

ロシア革命

ア革命(ロシアかくめい, Российская революция ラシースカヤ・レヴァリューツィヤ, Russian Revolution)とは、1917年にロシア帝国で起きた2度の革命のことを指す名称である。特に史上初の社会主義国家樹立につながったことに重点を置く場合には、十月革命のことを意味している。また逆に、広義には1905年のロシア第一革命も含めた長期の諸革命運動を意味する。 「二月革命」、「十月革命」は当時ロシアで用いられていたユリウス暦における革命勃発日を基にしており、現在一般的に用いられるグレゴリオ暦ではそれぞれ「三月革命」、「十一月革命」となる。この項目で使用されている月日は1918年2月14日のグレゴリオ暦導入までの事柄についてはユリウス暦による月日で表記しており、13日を加算するとグレゴリオ暦の月日に換算できる。.

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトとロシア革命 · 続きを見る »

ヴォート・エアクラフト・インダストリーズ

ヴォート・エアクラフト・インダストリーズ・インク(Vought Aircraft Industries, Inc. )は、アメリカ合衆国の航空機メーカー。旧チャンス・ヴォート(Chance Vought )。.

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトとヴォート・エアクラフト・インダストリーズ · 続きを見る »

ヘリコプター

一般的なシングルローター形態のヘリコプター、ベル 407 ヘリコプター(helicopter)は、エンジンの力で機体上部にあるメインローターと呼ばれる回転翼で揚力を発生し飛行する航空機の一種であり、回転翼機に分類される。 空中で留まる状態のホバリングや、ホバリング状態から垂直、水平方向にも飛行が可能であり、比較的狭い場所でも離着陸できるため、各種の広い用途で利用されている。 名前はギリシャ語の螺旋 (helico-,ヘリックス) と翼 (pteron,プテロン) に由来しており、「ヘリ(heli)」や「コプター(copter)」と略される他、「チョッパー(chopper)」とも呼ばれる。.

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトとヘリコプター · 続きを見る »

ブライアン・シコースキー

ブライアン・パトリック・シコースキー(Brian Patrick Sikorski, 1974年7月27日 - )は、アメリカ合衆国ミシガン州出身の元プロ野球選手(投手)。2016年から、テキサス・レンジャーズのスカウトを務める。.

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトとブライアン・シコースキー · 続きを見る »

パンアメリカン航空

パンアメリカン航空(パンアメリカンこうくう、Pan American Airways/Pan American World Airways、Pan Am、通称:パンナム)は、アメリカ合衆国に存在した航空会社である。「パンナム」は日本での呼び方であり、当時の日本でのCMや広告でも「パンナム」を使用していたが、より英語に近い発音は「パナム」 である。.

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトとパンアメリカン航空 · 続きを見る »

ベル・エアクラフト

ベル・エアクラフト(Bell Aircraft Corporation )はアメリカに存在した航空機メーカーである。第二次世界大戦中にいくつかの戦闘機を生産し、超音速実験機ベルX-1の製作も行っている。また、ヘリコプターメーカーとしても成功した。1960年にテキストロンに買収され、ヘリコプター部門はベル・ヘリコプターとして存続している。.

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトとベル・エアクラフト · 続きを見る »

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国(アメリカがっしゅうこく、)、通称アメリカ、米国(べいこく)は、50の州および連邦区から成る連邦共和国である。アメリカ本土の48州およびワシントンD.C.は、カナダとメキシコの間の北アメリカ中央に位置する。アラスカ州は北アメリカ北西部の角に位置し、東ではカナダと、西ではベーリング海峡をはさんでロシアと国境を接している。ハワイ州は中部太平洋における島嶼群である。同国は、太平洋およびカリブに5つの有人の海外領土および9つの無人の海外領土を有する。985万平方キロメートル (km2) の総面積は世界第3位または第4位、3億1千7百万人の人口は世界第3位である。同国は世界で最も民族的に多様かつ多文化な国の1つであり、これは多くの国からの大規模な移住の産物とされているAdams, J.Q.;Strother-Adams, Pearlie (2001).

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトとアメリカ合衆国 · 続きを見る »

アメリカ空軍

アメリカ空軍(アメリカくうぐん、United States Air Force, 略称:USAF(ユサフ))は、アメリカ軍の航空部門である。アメリカ合衆国空軍、あるいは単に合衆国空軍、ほかに米空軍とも呼ばれる。任務は「アメリカ合衆国を防衛し、航空宇宙戦力によってその国益を守ること」である。.

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトとアメリカ空軍 · 続きを見る »

アメリカ海軍

アメリカ海軍(アメリカかいぐん、United States Navy、略称:USN)は、アメリカ合衆国が保有する海軍である。.

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトとアメリカ海軍 · 続きを見る »

イーゴリ・シコールスキイ

イーゴリ・イヴァーノヴィチ・シコールスキイ(ロシア語:Игорь Иванович Сикорский イーガリ・イヴァーナヴィチュ・スィコールスキイ/英語:Igor Ivanovich Sikorsky イゴー・イヴァノヴィッチ・シコルスキー、1889年5月25日 - 1972年10月26日)は、ロシア帝国のキエフ(現ウクライナ)の生まれの航空機のパイオニア。自身飛行家でもあったイーゴリは、世界初の4発の大型機の開発をはじめ、多くの新型機を工業後進国であったロシア帝国で生産した。しかしながら、1917年のロシア革命を受けてアメリカ合衆国へ亡命し、以後ロシアへ帰ることはなかった。アメリカにおいて彼はシコルスキー・エアクラフトを創立し近代的なヘリコプターの開発をおこない、ベルと並んで同国のヘリコプターの代名詞となった。 シュラフタの家系の出身で、正教徒であった。父イヴァン・アレクセーエヴィチは心理学の教授、母マリーヤ・ステファーノヴナはロシア人とウクライナ人のハーフで、医師であった。 少年時代から航空機に親しみ、模型飛行機の作成などからはじまり、その面白さにのめり込んでいったという。サンクトペテルブルクの海軍兵学校に入り、その後当時の航空機研究の最先端の地であったフランスに渡り研究を重ねた。.

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトとイーゴリ・シコールスキイ · 続きを見る »

ウクライナ

ウクライナ(Україна、)は、東ヨーロッパの国。東にロシア連邦、西にハンガリーやポーランド、スロバキア、ルーマニア、モルドバ、北にベラルーシ、南に黒海を挟みトルコが位置している。 16世紀以来「ヨーロッパの穀倉」地帯として知られ、19世紀以後産業の中心地帯として大きく発展している。天然資源に恵まれ、鉄鉱石や石炭など資源立地指向の鉄鋼業を中心として重化学工業が発達している。 キエフ大公国が13世紀にモンゴル帝国に滅ぼされた後は独自の国家を持たず、諸侯はリトアニア大公国やポーランド王国に属していた。17世紀から18世紀の間にはウクライナ・コサックの国家が興亡し、その後ロシア帝国の支配下に入った。第一次世界大戦後に独立を宣言するも、ロシア内戦を赤軍が制したことで、ソビエト連邦内の構成国となった。1991年ソ連崩壊に伴い独立した。 歴史的・文化的には中央・東ヨーロッパの国々との関係が深い。 また本来の「ルーシ」「ロシア」とは、現在のロシア連邦よりもウクライナを指した。.

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトとウクライナ · 続きを見る »

エンジン

ンジン(engine)は、以下の用法がある。.

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトとエンジン · 続きを見る »

コネチカット州

ネチカット州(State of Connecticut、, )は、アメリカ合衆国北東部にあるニューイングランド地方では最南の州である。州の北はマサチューセッツ州に接し、東はロードアイランド州に、西はニューヨーク州、南は大西洋に続くロングアイランド湾に接している。イギリスから最初に独立した13州のうちの一つである。日本語ではコネティカット州と書く場合もある。.

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトとコネチカット州 · 続きを見る »

コングロマリット

ングロマリット(conglomerate)は、直接の関係を持たない多岐に渡る業種・業務に参入している企業体のこと。複合企業(ふくごうきぎょう)とも。主に異業種企業が相乗効果を期待して合併を繰り返して成立する。.

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトとコングロマリット · 続きを見る »

シュワイザー・エアクラフト

ュワイザー・エアクラフト(Schweizer Aircraft )はアメリカ合衆国の航空機メーカー。本社はニューヨーク。グライダーとヘリコプターを主力製品としている。2004年からはシコルスキー・エアクラフトの子会社となっている。 1930年代にグライダーを開発したのが始まりであり、アメリカ合衆国でも古参の航空機メーカーとなっている。元々はグライダーのメーカーとして名を馳せたメーカーであり多くの名機を生み出してきた。往年の機体は現在でも愛好家の手によって整備され飛行されている。.

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトとシュワイザー・エアクラフト · 続きを見る »

シェルトン (コネチカット州)

ェルトン(Shelton)は、アメリカ合衆国コネチカット州フェアフィールド郡西端に位置する都市である。2010年の国勢調査では人口39,559 人であり、州内では第15位、郡内では第5位の都市である。.

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトとシェルトン (コネチカット州) · 続きを見る »

シコルスキー S-42

ルスキー S-42は、アメリカ合衆国のシコルスキーが開発した旅客用飛行艇である。.

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトとシコルスキー S-42 · 続きを見る »

シコルスキー S-55

朝鮮戦争におけるH-19(1953年) シコルスキー S-55(Sikorsky S-55)は、アメリカ合衆国の航空機メーカー、シコルスキー・エアクラフト社が製造した実用貨物ヘリコプター。同社のS-51から発展させたもので、ふくらんだ機首先端に空冷星型レシプロエンジンを斜めに格納し、乗組員や貨物のための後部機内スペースを広く確保しているのが特徴である。 輸送ヘリコプターとして軍民共に世界各国で採用され、ヘリコプターの有用性を実証する先駆者的な業績を残した。全世界で1,828機が製造されたベストセラー機種である。.

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトとシコルスキー S-55 · 続きを見る »

シコルスキー S-58

ルスキー S-58(Sikorsky S-58)は、アメリカ合衆国の航空機メーカー、シコルスキー・エアクラフト社が開発したヘリコプター。シコルスキー S-55の機体を大型化し、エンジン出力も増大して実用性を高めた機体である。日本をはじめ世界各国へ輸出、イギリスやフランスでも生産が行われることで、全世界で2,261機が製造されるベストセラー機種となった。 S-58は同社の社内呼称であるが、販売にもこの名称を使用していた。.

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトとシコルスキー S-58 · 続きを見る »

シコルスキー S-61

ルスキー S-61(Sikorsky S-61)は、アメリカ合衆国の航空機メーカー、シコルスキー・エアクラフト社が開発した双発タービンエンジンの大型ヘリコプター。S-61はシコルスキー社内での呼び名で、各国軍では別の名称を使用している。.

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトとシコルスキー S-61 · 続きを見る »

シコルスキー S-61R

ルスキー S-61R(Sikorsky S-61R)は、アメリカ合衆国のシコルスキー社で輸送と捜索救難用にSH-3 シーキングから開発された双発ヘリコプターであり、イタリアのアグスタ社ではAS-61Rとしてライセンス生産された。S-61Rは、アメリカ空軍ではCH-3C/E シーキングとHH-3E ジョリーグリーンジャイアントとして、アメリカ沿岸警備隊ではHH-3F ペリカンとして使用されたUnited States Department of Defense.

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトとシコルスキー S-61R · 続きを見る »

シコルスキー S-62

ルスキー S-62(Sikorsky S-62)は、単発、1軸ローター式のヘリコプター。アメリカ沿岸警備隊や海上自衛隊、航空自衛隊によって救難機として使われたほか、民間でも広く輸送用に使用された。.

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトとシコルスキー S-62 · 続きを見る »

シコルスキー S-64

ルスキー S-64 スカイクレーン(Sikorsky S-64 Skycrane)は、アメリカ合衆国のシコルスキー社で開発されたアメリカ陸軍のCH-54 タルヘの民間向けモデルの双発クレーンヘリコプターである。現在はS-64 エアクレーンがエリクソン・エアクレーン社で生産されている。.

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトとシコルスキー S-64 · 続きを見る »

シコルスキー S-69

ルスキー S-69 (Sikorsky S-69) はヘリコプターにおける同軸反転ローターの先進回転翼実証計画の為に開発された複合ヘリコプター実験機である。初飛行は1973年7月26日。 この先進的な回転翼機には目的が2つあった。1つは従来の形式では高速飛行時に空気抵抗が増える領域での先進的な回転翼によってもたらされる揚力を生み出す特性の検証、2つ目は互いに反対方向に回転する回転翼によって反動を相殺する事により高速域においてテールローターによって反動トルクを打ち消す方法は不要である事を示すことであった。.

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトとシコルスキー S-69 · 続きを見る »

シコルスキー S-70

ルスキー S-70(Sikorsky S-70)は、シコルスキー・エアクラフト社製の軍用および民用型の中型ヘリコプター。 1979年にアメリカ陸軍の受注を勝ち取ったUH-60 ブラックホークの設計を元にしている。.

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトとシコルスキー S-70 · 続きを見る »

シコルスキー S-76

ルスキー S-76 (Sikorsky S-76) は、アメリカ合衆国の航空機メーカー、シコルスキー・エアクラフト社が開発した双発ターボシャフトエンジンの中型ヘリコプター。報道・警察・社用機など広く運用されている。初飛行は1977年3月13日。.

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトとシコルスキー S-76 · 続きを見る »

シコルスキー S-92

ルスキー S-92 (Sikorsky S-92) はアメリカ合衆国の航空機メーカー、シコルスキー・エアクラフト社が製作したヘリコプター。日本・中華人民共和国・ブラジル・スペイン・台湾の各企業が共同開発と分担生産に参加する国際共同事業でもある世界航空機年鑑 2007-2008 酣燈社 P322 ISBN 978-4873572703。1998年初飛行。.

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトとシコルスキー S-92 · 続きを見る »

シコルスキー人力ヘリコプター賞

ルスキー人力ヘリコプター賞(シコルスキーじんりきヘリコプターしょう、英:Igor I. Sikorsky Human Powered Helicopter Competition)とは、1980年にが設立した賞で、人力の回転翼機、すなわち人力ヘリコプターでの一定の条件の達成を目標として制定された。航空分野では最大級の賞の1つで、賞金額は3番目の大きさ。シコルスキー賞とも。.

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトとシコルスキー人力ヘリコプター賞 · 続きを見る »

ストラトフォード (コネチカット州)

トラトフォード(Stratford)は、アメリカ合衆国コネチカット州フェアフィールド郡南東部に位置する町である。ロングアイランド湾に面し、フーサトニック川の河口にある。ブリッジポート・スタンフォード・ノーウォーク大都市圏に属している。1639年にピューリタンが設立した。 2010年の国勢調査では人口51,384 人であり、州内の町では第6位、市を合わせても第18位の町である。航空、軍事。劇団についての歴史がある。ストラトフォードの西はブリッジポート市、北はトランブル町とシェルトン市に接し、東はフーサトニック川の対岸にミルフォード市がある。南はロングアイランド湾である。.

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトとストラトフォード (コネチカット州) · 続きを見る »

CH-53 (航空機)

CH-53 シースタリオン(CH-53 Sea stallion)は、アメリカ海兵隊の強襲作戦用に開発されたシコルスキー・エアクラフト社製の重量物輸送ヘリコプター(Heavy lift transport helicopter)。愛称のスタリオンは、成長した種馬の意。社内・輸出・民間型などの呼称はS-65。 原型は、当時西側諸国最大のヘリコプターとして初飛行し、アメリカ海兵隊への引渡しは1966年より開始されている。以来改良、強化、多用途化が続けられ、アメリカ海軍、アメリカ空軍はもとより、ドイツ、イスラエルなどにも輸出されている。.

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトとCH-53 (航空機) · 続きを見る »

CH-53E (航空機)

CH-53Eは、シコルスキー・エアクラフト・ディビジョン社がアメリカ海兵隊の要望によって開発した、重輸送を目的としたヘリコプター。愛称はスーパースタリオン(Super Stallion)、スタリオンは種牡馬の意。社内呼称はS-80E。 CH-53 シースタリオン(S-65)の改良型で、その後継機として作られた、現在西側諸国最大のヘリコプターである。.

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトとCH-53E (航空機) · 続きを見る »

CH-54 (航空機)

CH-54 タルヘ(CH-54 Tarhe)は、アメリカ陸軍向けにシコルスキー社で開発された双発クレーン・ヘリコプターである。本機の名称であるタルヘは、18世紀のワイアンドット族(アメリカ原住民)族の酋長の名から付けられた(また、彼のあだ名は「ザ・クレーン」であった)。民間モデルの名称はシコルスキー S-64である。.

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトとCH-54 (航空機) · 続きを見る »

飛行艇

飛行艇(ひこうてい、)とは、水面発着出来る機体のうち、胴体部分が水面に接するように設計された飛行機である。日本工業規格 (JIS) では「水上にあるとき、主に艇体によってその重量を支持する水上機」と定義される。この点で「フロートによってその重量を支持する」フロート水上機と区別される(JIS W 0106 航空用語(航空機一般))。 水面で機体を安定させる為に、主翼に補助フロートを備えるタイプと、胴体側面下部に横に広がった張り出し部分(スポンソン)を有するタイプがある(これらがないと横風を受けた時に傾いてしまう)。現在は格納式の降着装置を装備し、陸上からも発着できる水陸両用タイプが多い。.

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトと飛行艇 · 続きを見る »

航空

航空(こうくう)とは何らかの装置を用いて飛行することである。航空という言葉はフランス語を語源とする "aviation" に対応した日本語であり、aviation は鳥を意味する "avis" と接尾辞の "-ation" を組み合わせた言葉である。 飛行に用いる装置を航空機と言い、空気より軽い「軽航空機」と空気より重い「重航空機」に分類され、航空という言葉は一般に重航空機の飛行に関して用いられる。軽航空機には気球や飛行船が含まれ、重航空機には固定翼や回転翼を備えた飛行機、グライダー、ヘリコプターなどが含まれる。 航空はその目的により、「民間航空」と「軍事航空」に分けることができる。民間航空は軍事航空以外の全ての航空活動を指し、航空輸送や航空機を用いた調査・測量、航空スポーツなどが含まれる。警察や消防、海上保安庁などの公的な航空活動は民間航空に含むが、政府が直轄する救難・監視目的の活動は含まれない場合がある(→#目的による分類)。 航空に関する産業「航空産業」には、航空機の設計・生産・販売・メンテナンスに携わる「航空機産業」、人や貨物等を輸送する「航空運送」、そして航空機を用いて運送以外の薬剤散布、写真撮影、広告宣伝などを行う「産業航空」が含まれる。航空をシステムとして見ると、航空機の製造者、航空機の運用者(航空会社など)だけでなく、政府や国際機関、大学・研究機関、金融機関などが密接かつ複雑に関係している。 航空に関する学問分野には、航空のための技術および科学のあらゆる研究分野を含めた広い学問として「航空学」があり、飛行する航空機の各部に働く空気力やその運動を扱う「航空力学」や、航空機の設計、試験、製造および運用を扱う「航空工学」などがある。 航空の歴史を航空史と言い(→#歴史)、航空が関連する事故を航空事故と言う(→#航空事故)。.

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトと航空 · 続きを見る »

航空自衛隊

航空自衛隊(こうくうじえいたい)は日本の自衛隊のうちの航空部門にあたる組織である。また、官公庁の一つであり、防衛省の特別の機関である。 略称空自(くうじ)、英称 Japan Air Self-Defense Force (JASDF)。諸外国からは Japanese Air Force(日本空軍の意)に相当する語で表現されることがある。.

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトと航空自衛隊 · 続きを見る »

航空機メーカーの一覧

航空機メーカーの一覧(こうくうきメーカーのいちらん)は、世界の航空機製造会社の一覧である。 航空機メーカーの合併や改称がある場合、原則として記事執筆時点で存続している会社名の下にインデントして、合併前の会社や改名前の会社名を列挙する。会社名の後ろの括弧でくくった年号はその名前での活動期間である。 なお、合併によりどちらかが同名称で残った場合には重複して表記することはしない。.

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトと航空機メーカーの一覧 · 続きを見る »

自衛隊

自衛隊(じえいたい)は日本における実力組織である。1954年(昭和29年)7月1日設立。英称 Japan Self-Defense Forces、略称 JSDF。.

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトと自衛隊 · 続きを見る »

R-4 (航空機)

ルスキー R-4(Sikorsky R-4)は、シコルスキー・エアクラフト社で製造された世界初の量産ヘリコプターであり、アメリカ空軍に就役した最初のヘリコプターでもあった。.

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトとR-4 (航空機) · 続きを見る »

R-5 (航空機)

ルスキー R-5(Sikorsky R-5、1948年からH-5、シコルスキー社内名称VS-327)Fitzsimons, Bernard, general editor.

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトとR-5 (航空機) · 続きを見る »

SH-3 シーキング

SH-3 シーキング(SH-3 Sea King)は、シコルスキー・エアクラフト社が開発した双発哨戒ヘリコプターである。アメリカ海軍が運用していたH-34 チョクトーの後継に採用された。.

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトとSH-3 シーキング · 続きを見る »

SH-60 シーホーク

SH-60 シーホーク(SH-60 Seahawk)は、シコルスキー・エアクラフト社製、アメリカ海軍などで使用されている汎用ヘリコプターである。.

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトとSH-60 シーホーク · 続きを見る »

UH-60 ブラックホーク

UH-60 ブラックホーク(UH-60 Black Hawk)は、シコルスキー・エアクラフト社製の4翅シングルローター、双発エンジン搭載の中型多目的軍用ヘリコプターである。「Black Hawk」とはイリノイ州居留のインディアン(ネイティブ・アメリカン)・ソーク族の酋長の名。.

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトとUH-60 ブラックホーク · 続きを見る »

朝日航洋

朝日航洋株式会社(あさひこうよう)は、東京都江東区に本社を置く大手の航空事業・測量事業を行う企業。.

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトと朝日航洋 · 続きを見る »

海上自衛隊

海上自衛隊(かいじょうじえいたい)は日本の自衛隊のうちの海上部門にあたる組織である。また、官公庁の一つであり、防衛省の特別の機関の集合体である。 略称海自(かいじ)、英称 Japan Maritime Self-Defense Force (JMSDF)海上自衛隊公式HP。諸外国からは Japanese Navy(日本海軍の意)に相当する語で表現されることがある。.

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトと海上自衛隊 · 続きを見る »

日本

日本国(にっぽんこく、にほんこく、ひのもとのくに)、または日本(にっぽん、にほん、ひのもと)は、東アジアに位置する日本列島(北海道・本州・四国・九州の主要四島およびそれに付随する島々)及び、南西諸島・伊豆諸島・小笠原諸島などから成る島国広辞苑第5版。.

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトと日本 · 続きを見る »

1923年

記載なし。

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトと1923年 · 続きを見る »

1926年

記載なし。

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトと1926年 · 続きを見る »

1939年

記載なし。

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトと1939年 · 続きを見る »

1943年

記載なし。

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトと1943年 · 続きを見る »

1953年

記載なし。

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトと1953年 · 続きを見る »

1954年

記載なし。

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトと1954年 · 続きを見る »

1961年

記載なし。

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトと1961年 · 続きを見る »

1962年

記載なし。

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトと1962年 · 続きを見る »

1963年

記載なし。

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトと1963年 · 続きを見る »

1970年

記載なし。

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトと1970年 · 続きを見る »

1973年

記載なし。

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトと1973年 · 続きを見る »

1982年

この項目では、国際的な視点に基づいた1982年について記載する。.

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトと1982年 · 続きを見る »

1992年

この項目では、国際的な視点に基づいた1992年について記載する。.

新しい!!: シコルスキー・エアクラフトと1992年 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

シコルスキーエアクラフトシコルスキー社

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »