ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ザクセン王国

索引 ザクセン王国

ン王国(Königreich Sachsen)は、1806年から1918年までドイツに存在した王国。前身はザクセン選帝侯領。1918年のヴァイマル共和国の樹立によって消滅した。首都はドレスデンであった。最終的な領域は現在のザクセン州の領域とほぼ同じである。.

68 関係: 九州大学出版会平方キロメートル北ドイツ連邦ナポレオン・ボナパルトナッサウ公国ハノーファー王国ハプスブルク帝国ポーランド君主一覧ヨハン (ザクセン王)ライプツィヒワルシャワ公国ヴァイマル共和政ヴィルヘルム1世 (ドイツ皇帝)ヴィルヘルム2世 (ドイツ皇帝)ヴェッティン家ヘッセン=カッセル方伯領プロイセン王国ティルジットの和約フランクフルト・アム・マインフリードリヒ・アウグスト1世 (ザクセン王)フリードリヒ・アウグスト2世 (ザクセン王)フリードリヒ・アウグスト3世 (ザクセン王)ドレスデンドイツドイツ帝国ドイツ皇帝ドイツ革命ドイツ連邦制限選挙アルベルト (ザクセン王)アルベルティン家アントン (ザクセン王)アウステルリッツの戦いウィーン会議オーストリア帝国キール (ドイツ)ゲオルク (ザクセン王)ザクセン君主一覧ザクセン州ザクセン公国ザクセン選帝侯領スラヴ人ソルブ人サクソン人共和制王国神聖ローマ帝国第一次世界大戦選帝侯普墺戦争...普仏戦争普通選挙11月13日11月3日1806年1807年1813年1815年1827年1836年1848年革命1854年1866年1871年1873年1902年1904年1918年 インデックスを展開 (18 もっと) »

九州大学出版会

一般財団法人九州大学出版会(きゅうしゅうだいがくしゅっぱんかい、英称:Kyushu University Press)は、福岡県福岡市早良区百道浜の九州大学産学官連携イノベーションプラザ内に事務局を置き、中国・九州・沖縄地方の15大学の共同学術出版を行う法人である。設立は1975年。.

新しい!!: ザクセン王国と九州大学出版会 · 続きを見る »

平方キロメートル

平方キロメートル(へいほうキロメートル、記号km)は、国際単位系の面積の単位(SI組立単位)で、一辺の長さが1キロメートルである正方形の面積。平方キロと略称することもある。.

新しい!!: ザクセン王国と平方キロメートル · 続きを見る »

北ドイツ連邦

北ドイツ連邦の地図 北ドイツ連邦(きたドイツれんぽう、、)は、1867年4月26日にドイツ北部のプロイセン王国を主体に22の領邦から成立した連合体を指す。1871年のドイツ帝国(ドイツ国)の母体となり、機構の大部分は引き継がれた。 なお北ドイツ連邦は連邦国家ではなく、領邦や自由都市の緩やかな連合体すなわち国家連合であるとし、北ドイツ同盟と訳す考えもある。.

新しい!!: ザクセン王国と北ドイツ連邦 · 続きを見る »

ナポレオン・ボナパルト

ダヴィッド『ベルナール峠からアルプスを越えるボナパルト』 ナポレオン一世皇家の紋章 ナポレオン・ボナパルト(Napoléon Bonaparte、1769年8月15日 - 1821年5月5日)または、省略して、ナポレオンは、革命期のフランスの軍人・政治家である。ナポレオン1世(Napoléon Ier、在位:1804年 - 1814年、1815年)としてフランス第一帝政の皇帝にも即位した。 フランス革命後の混乱を収拾して軍事独裁政権を樹立した。大陸軍(グランダルメ)と名付けた巨大な軍隊を築き上げてナポレオン戦争を引き起こし、幾多の勝利と婚姻政策によって、イギリス、ロシア、オスマン帝国の領土を除いたヨーロッパ大陸の大半を勢力下に置いたが、最終的には敗北して失脚した。.

新しい!!: ザクセン王国とナポレオン・ボナパルト · 続きを見る »

ナッサウ公国

ナッサウ公国(独: Herzogtum Nassau)は、19世紀のドイツに存在し、ナッサウ家が統治していた領邦国家である。この領邦はライン同盟に加盟し、後にドイツ連邦に加盟したが、1866年の普墺戦争において敗れたオーストリア側についていたため、プラハ条約によりプロイセン王国に併合された。.

新しい!!: ザクセン王国とナッサウ公国 · 続きを見る »

ハノーファー王国

ハノーファー王国(Königreich Hannover)は、現在のドイツ北部、ニーダーザクセン州に存在した国家。 1803年にフランスに占領されたブラウンシュヴァイク=リューネブルク選帝侯領が領土を回復し、1814年のウィーン会議によって王国に昇格することで成立した。 ドイツ連邦の加盟国となり、1866年に普墺戦争に敗れてプロイセン王国に併合され、消滅した。以降は1946年までプロイセンの一州となった.

新しい!!: ザクセン王国とハノーファー王国 · 続きを見る »

ハプスブルク帝国

ハプスブルク帝国(ハプスブルクていこく)大津留厚「ハプスブルク帝国」世界民族問題事典、平凡社、2002年は、オーストリア系ハプスブルク家(のちハプスブルク=ロートリンゲン家)の君主により統治された、神聖ローマ帝国内外の領邦国家などの国家群による同君連合である。単一の「帝国」ではなかった、あるいは推戴する君主が「皇帝」でなかった時代もあるが、日本語ではこの呼称が用いられることが多い。ドイツ語では Habsburgermonarchie または Habsburgisches Reich であるが、前者は直訳するとハプスブルク君主国であり、後者の場合もライヒ (Reich) は必ずしも「帝国」を意味しない。 成立年はハプスブルク家がオーストリア大公国に加えてハンガリー王国、ボヘミア王国(ボヘミア王冠領)を獲得した1526年とされる。1804年までは公式の名称を持っていなかったが、同時代の人々ですらこれを事実上の国家として認識し、オーストリアと呼称していた。1804年から1867年まではオーストリア帝国、1867年から1918年まではオーストリア=ハンガリー帝国を総称とした。 ただし、これより古い時代の、神聖ローマ皇帝とスペイン王を兼ねたカール5世を君主とする国家群なども、広く「ハプスブルク家の帝国」といった意味で「ハプスブルク帝国」と呼ばれることがある。 ハプスブルク帝国(ハプスブルク家)の旗.

新しい!!: ザクセン王国とハプスブルク帝国 · 続きを見る »

ポーランド君主一覧

ポーランド君主一覧では、現在のポーランドにあった諸王朝、諸国の君主を一覧で挙げる。.

新しい!!: ザクセン王国とポーランド君主一覧 · 続きを見る »

ヨハン (ザクセン王)

ヨハン(Johann、1801年12月12日 - 1873年10月29日)は、ザクセン王国の第4代国王(在位:1854年 - 1873年)。ザクセン王太子マクシミリアン(1759年 - 1838年)の三男で、第3代ザクセン王フリードリヒ・アウグスト2世の弟。初代ザクセン王フリードリヒ・アウグスト1世、第2代ザクセン王アントンの甥。全名はJohann Nepomuk Maria Joseph Anton Xaver Vincenz Aloys Franz de Paula Stanislaus Bernhard Paul Felix Damasus。.

新しい!!: ザクセン王国とヨハン (ザクセン王) · 続きを見る »

ライプツィヒ

ライプツィヒ(ドイツ語: )は、ザクセン州に属するドイツの都市である。人口は約52万1千人(2012年12月現在)、ザクセン州では州都ドレスデンをやや上回って最大の都市で、旧東ドイツ地域ではベルリンに次いで2番目である。日本語ではライプチヒとも表記される(表記参照)。南部ドイツ語ではライプツィクと発音されることもある。 バッハやメンデルスゾーンそしてヴァーグナーらゆかりのドイツを代表する音楽の街、またベルリンの壁崩壊、ひいては東西両ドイツの統一の端緒となった住民運動の発祥地として知られる。.

新しい!!: ザクセン王国とライプツィヒ · 続きを見る »

ワルシャワ公国

ワルシャワ公国(ワルシャワこうこく)は、ナポレオン・ボナパルトによって作られた公国である。1807年のティルジット条約に基づき、プロイセン王国からの領土割譲によって作られた。ナポレオンが1812年にロシア遠征に失敗した後、公国はプロイセンとロシアに占領され、1815年のウィーン会議の結果2つの国に分割された。.

新しい!!: ザクセン王国とワルシャワ公国 · 続きを見る »

ヴァイマル共和政

ワイマール共和制下の自治体 ヴァイマル共和政(ヴァイマルきょうわせい、Weimarer Republik)は、1919年に発足して1933年に事実上崩壊した戦間期のドイツ国の政体。政治体制は1919年8月に制定・公布されたヴァイマル憲法に基づいている。ヴァイマル共和国、ワイマール共和政、ワイマール共和国などとも訳される。 ヴァイマル共和政下における正式な国号は、ドイツ社会民主党などが提案し、後に日本を始め他国の言語での翻訳でも実際に多く用いられた「ドイツ共和国(Deutsche Republik)」が拒否されたため、帝政時代からの正式な国号である「ドイツ国(Deutsches Reich、ドイチェス・ライヒ)」が引き続き用いられた。首都も帝政時代と同じくベルリンであり、ヴァイマルが首都であったわけではない。 憲法の社会政策と第一次世界大戦の賠償両面で財源を確保すべく、独占により産業合理化を推進した。合理化のため、アメリカ・イギリス・フランスから巨額の短期資本を導入し、銀行は長期貸しを行った。世界恐慌が起こるや否や短資は流出してしまい、その支払のため発行された手形が再割引きに出された。こうしてライヒスバンクは、1930年から1932年にかけて、地金・外貨準備の1/3を失った。失業者の数は1929年秋の約200万から翌年秋に倍の400万となり、1932年夏に600万となった。失業保険の過酷な受給要件が、1932年平均で受給者割合を2割に抑えた。 1924-1930年(この記事でいう合理化景気の時代)にNY市場で発行されたドル建て外債は、ドーズ公債とヤング公債の主幹事であったJPモルガンをはじめとして、諸邦債がブラウン・ブラザーズ・ハリマンやシティバンク、ゴールドマン・サックスやディロン・リードに発行されていた。.

新しい!!: ザクセン王国とヴァイマル共和政 · 続きを見る »

ヴィルヘルム1世 (ドイツ皇帝)

ヴィルヘルム1世( 1797年3月22日 - 1888年3月9日)は、第7代プロイセン王(在位:1861年1月2日 - 1888年3月9日)、北ドイツ連邦主席(在任:1867年7月1日 - 1871年1月18日)、初代ドイツ皇帝(在位:1871年1月18日 - 1888年3月9日)。 第5代プロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘルム3世の次男。兄である第6代プロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘルム4世に子供がなかったため、1861年の兄王の崩御でプロイセン王に即位した。軍制改革をめぐって衆議院との対立が深まる中の1862年にオットー・フォン・ビスマルクをに任じ、軍制改革を無予算統治で断行。ドイツ統一戦争に乗り出し、1871年の普仏戦争の勝利でドイツ皇帝に即位してドイツ統一を達成した。ビスマルクとはしばしば意見対立しながらも、崩御まで彼を首相として重用し続けた。.

新しい!!: ザクセン王国とヴィルヘルム1世 (ドイツ皇帝) · 続きを見る »

ヴィルヘルム2世 (ドイツ皇帝)

ヴィルヘルム2世(Wilhelm II., 1859年1月27日 - 1941年6月4日)は、第9代プロイセン王国国王・第3代ドイツ帝国皇帝(在位:1888年6月15日 - 1918年11月28日)。全名はフリードリヒ・ヴィルヘルム・ヴィクトル・アルベルト・フォン・プロイセン(Friedrich Wilhelm Viktor Albert von Preußen)。.

新しい!!: ザクセン王国とヴィルヘルム2世 (ドイツ皇帝) · 続きを見る »

ヴェッティン家

ヴェッティン家(Haus Wettin)は、中世以来、主にドイツのザクセン地方、テューリンゲン地方を支配した有力な諸侯の家系。.

新しい!!: ザクセン王国とヴェッティン家 · 続きを見る »

ヘッセン=カッセル方伯領

ヘッセン=カッセル方伯の紋章 1789年のヘッセン=カッセル(焦茶色で示された地域) ヘッセン=カッセル方伯領(Landgrafschaft Hessen-Kassel)は、神聖ローマ帝国の領邦国家。1567年のヘッセン方伯フィリップ1世の死に伴うヘッセン方伯領の分割相続によって成立した。フィリップ1世の長男ヴィルヘルム4世がヘッセン方伯領の北半地域を相続分として確保し、首都をカッセルに置いたためこの名称で呼ばれる。ヴィルヘルム4世の3人の弟達はそれぞれヘッセン=マールブルク、ヘッセン=ラインフェルス(Hessen-Rheinfels)、ヘッセン=ダルムシュタットの3つの方伯領を創設している。 ヘッセン=カッセル方伯領は1803年にヘッセン選帝侯国(Kurfürstentum Hessen)に改名した。しかし選帝侯国はナポレオン戦争中にフランス軍に占領され、その領土はフランスの衛星国であるヴェストファーレン王国に組み込まれた。ヘッセン選帝侯は1813年にその地位と領土を回復し、ドイツ連邦に加盟した。普墺戦争後の1866年にヘッセン選帝侯国はプロイセン王国に併合され、ヘッセン=ナッサウ県を構成した。.

新しい!!: ザクセン王国とヘッセン=カッセル方伯領 · 続きを見る »

プロイセン王国

プロイセン王国(プロイセンおうこく、Königreich Preußen)は、ホーエンツォレルン家の君主が統治したヨーロッパの王国。現在のドイツ北部からポーランド西部にかけてを領土とし、首都はベルリンにあった。 プロイセンの語源となったプルーセンはドイツ騎士団に征服され、1224年にドイツ騎士団国が作られた。ドイツ騎士団国は1525年にプロシア公領ないしプロイセン公国となる。1618年、公国はブランデンブルク選帝侯領とともに、同君連合であるブランデンブルク=プロイセンを構成した。君主フリードリヒ・ヴィルヘルムは、オランダ総督との姻戚関係によって威勢を増した。1701年にプロイセン王国となった。王国は北ドイツ連邦の盟主となるまで軍事国家として成長し続け、普仏戦争に勝利した。そのときプロイセンを盟主とするドイツ帝国ができた。1918年からドイツ革命によりヴァイマル共和政のプロイセン州となった。(#歴史).

新しい!!: ザクセン王国とプロイセン王国 · 続きを見る »

ティルジットの和約

ティルジットの和約(ティルジットのわやく、Paix de Tilsit, Peace of Tilsit)は、ナポレオン戦争中の1807年7月に、東プロイセンのネマン川沿いの町ティルジット(現・ロシア連邦カリーニングラード州ソヴィェツク)で結ばれた講和条約である。ティルジット講話条約(ティルジットこうわじょうやく、仏:Traités de Tilsit, 英:Treaties of Tilsit)とも呼ばれる。7月7日にフランスとロシアが、7月9日にフランスとプロイセンが条約を締結した。この条約により、プロイセンは国際社会での地位を後退させ、フランスとロシアとの間には協調関係が成立した。.

新しい!!: ザクセン王国とティルジットの和約 · 続きを見る »

フランクフルト・アム・マイン

マインハッタン」とも呼ばれるフランクフルト・アム・マインのスカイライン フランクフルト・アム・マイン (Frankfurt am Main) は、ドイツ連邦共和国ヘッセン州に属す郡独立市である。一般にフランクフルトと通称される。人口 72万人を超えるヘッセン州最大の都市(2016年現在)であり、ドイツ全体でもベルリン、ハンブルク、ミュンヘン、ケルンに次ぐ第5の都市である。 (PDF, 25.1 MB)(2013年2月28日 閲覧)、広義のライン=マイン大都市圏の総人口は550万人である。--> 中世以来、フランクフルトはドイツの中心都市の一つであった。794年には初めて文献に記録され、中世盛期の帝国自由都市であった。13世紀のライン都市同盟に参加している。 1806年まで神聖ローマ皇帝の選挙が行われる諸侯会議が開催された地であり、1562年以降は皇帝の戴冠式もこの都市で挙行された。1816年からドイツ連邦の議会がフランクフルト自由都市で開催され、1848年から49年にかけてはフランクフルト国民議会が開催された。1866年の普墺戦争により都市国家としての独立を喪失し、プロイセンに併合された。フランクフルトの人口は、1875年に10万人、1928年には50万人を超えた。 現在のフランクフルトは国際金融の中心地であり、工業や産業の中心でもある。経済的側面から世界都市の一つに数えられており、欧州中央銀行、ドイツ連邦銀行、フランクフルト証券取引所、ドイツ銀行、コメルツ銀行、ドイツ復興金融公庫、、(ヘラバ)の本社がある。ここに挙げきれない金融機関も多数存在する。  工業・産業・交通の要衝でもある。メッセ・フランクフルトは、世界最大の見本市会場の一つである。フランクフルト空港は世界最大級のハブ空港であり、鉄道についてもヨーロッパ最大級のターミナル駅であるフランクフルト中央駅がある。また、道路においてもフランクフルト・ジャンクションはドイツで最も自動車交通量が多いジャンクションの1つである。フランクフルトの は、データ転送量において世界最大のインターネット中継点である。.

新しい!!: ザクセン王国とフランクフルト・アム・マイン · 続きを見る »

フリードリヒ・アウグスト1世 (ザクセン王)

フリードリヒ・アウグスト1世(独:Friedrich August I., 1750年12月23日 - 1827年5月5日)は、ザクセン王国の初代国王(在位:1806年 - 1827年)。はじめはザクセン選帝侯(ザクセン選帝侯としてはフリードリヒ・アウグスト3世、在位:1763年 - 1806年)、一時兼ワルシャワ公(ワルシャワ公としてはフリデリク・アウグスト1世(ポーランド語:Fryderyk August I)、在位:1807年 - 1815年)。全名はフリードリヒ・アウグスト・ヨーゼフ・マリア・アントン・ヨハン・ネポムク・アロイス・クサーヴァ(独:Friedrich August Joseph Maria Anton Johann Nepomuk Aloys Xaver)で、「正義王」(独:der Gerechte)と呼ばれる。.

新しい!!: ザクセン王国とフリードリヒ・アウグスト1世 (ザクセン王) · 続きを見る »

フリードリヒ・アウグスト2世 (ザクセン王)

フリードリヒ・アウグスト2世(Friedrich August II., 1797年5月18日 - 1854年8月9日)は、ザクセン王国の第3代国王(在位:1836年 - 1854年)。ザクセン王太子マクシミリアン(1759年 - 1838年)の長男で、初代ザクセン王フリードリヒ・アウグスト1世、第2代ザクセン王アントンの甥。.

新しい!!: ザクセン王国とフリードリヒ・アウグスト2世 (ザクセン王) · 続きを見る »

フリードリヒ・アウグスト3世 (ザクセン王)

フリードリヒ・アウグスト3世(Friedrich August III.、1865年5月25日 - 1932年2月18日)は、ザクセン王国の第7代国王(在位:1904年 – 1918年)。第6代ザクセン王ゲオルクとその王妃であったポルトガル女王マリア2世の王女マリア・アナ(1843年 - 1884年)の長男。全名はフリードリヒ・アウグスト・ヨハン・ルートヴィヒ・カール・グスタフ・グレゴール・フィリップ(Friedrich August Johann Ludwig Karl Gustav Gregor Philipp)。.

新しい!!: ザクセン王国とフリードリヒ・アウグスト3世 (ザクセン王) · 続きを見る »

ドレスデン

ドレスデン(ドレースデン、Dresden、)は、ドイツ連邦共和国ザクセン州の州都でありエルベ川の谷間に位置している都市である。人口は約51万人(2008年)である。.

新しい!!: ザクセン王国とドレスデン · 続きを見る »

ドイツ

ドイツ連邦共和国(ドイツれんぽうきょうわこく、Bundesrepublik Deutschland)、通称ドイツ(Deutschland)は、ヨーロッパ中西部に位置する連邦制共和国である。もともと「ドイツ連邦共和国」という国は西欧に分類されているが、東ドイツ(ドイツ民主共和国)の民主化と東西ドイツの統一により、「中欧」または「中西欧」として再び分類されるようになっている。.

新しい!!: ザクセン王国とドイツ · 続きを見る »

ドイツ帝国

ドイツ帝国(ドイツていこく、)は、1871年1月18日から1918年11月9日まで存続した、プロイセン国王をドイツ皇帝に戴く連邦国家を指す歴史的名称である。帝政ドイツ(ていせいドイツ)とも呼ばれる。普仏戦争において、パリ郊外のヴェルサイユ宮殿でプロイセン王ヴィルヘルム1世の皇帝戴冠式が行われて成立した。しかし第一次世界大戦の敗北とドイツ革命の勃発により、皇帝ヴィルヘルム2世がオランダに亡命して崩壊した。オランダ資本は、帝国の勢力範囲拡大政策(#世界政策)とルール地方における工業開発(#経済)の両面に貢献している。.

新しい!!: ザクセン王国とドイツ帝国 · 続きを見る »

ドイツ皇帝

ヴィルヘルム1世 ドイツ皇帝(ドイツこうてい、Deutscher Kaiser)は1871年1月18日のプロイセン国王ヴィルヘルム1世の皇帝宣言に始まり、1918年11月18日のヴィルヘルム2世の公的な退位で終わったドイツ帝国の元首及び最高権力者である。ドイツ皇帝を称したヴィルヘルム1世、フリードリヒ3世、ヴィルヘルム2世の3人は、いずれも物的同君連合(Realunion)におけるプロイセン国王であった。.

新しい!!: ザクセン王国とドイツ皇帝 · 続きを見る »

ドイツ革命

ドイツ革命(ドイツかくめい、Novemberrevolution, German Revolution of 1918–19)は、第一次世界大戦末期に、1918年11月3日のキール軍港の水兵の反乱に端を発した大衆的蜂起と、その帰結としてドイツ皇帝ヴィルヘルム2世が廃位され、ドイツ帝国が打倒された革命である。ドイツでは11月革命とも言う。 これにより、第一次世界大戦は終結し、ドイツでは議会制民主主義を旨とするヴァイマル共和国が樹立された。また、革命の指導者のクルト・アイスナー、ローザ・ルクセンブルク、エルンスト・トラー、オイゲン・レヴィーネらがユダヤ人であったことから、ドイツ革命に反発した民族主義の右翼は、共産主義者とユダヤ人による「背後の一突き」でドイツを敗北へと導いたとする見方を広め、革命後のヴァイマル共和国では反ユダヤ主義が高まっていった。.

新しい!!: ザクセン王国とドイツ革命 · 続きを見る »

ドイツ連邦

フランクフルトに集まった各加盟諸邦の君主たち(1863年) ドイツ連邦(ドイツれんぽう)ないしドイツ同盟(ドイツどうめい、独:Deutscher Bund)は、旧神聖ローマ帝国を構成していたドイツの35の領邦と4つの帝国自由都市との連合体。1815年のウィーン議定書に基づき、オーストリア帝国を盟主として発足、1866年の普墺戦争のプロイセン王国の勝利をもって解消された。 ドイツ連邦は、あくまでも複数の主権国家の連合体、つまり国家連合(Staatenbund)であり、連邦国家(Bundesstaat)でない。そのため、「ドイツ連合」や「ドイツ国家連合」などとも訳される(下記「訳語」の項目を参照)。.

新しい!!: ザクセン王国とドイツ連邦 · 続きを見る »

制限選挙

制限選挙(せいげんせんきょ)とは、全ての人が選挙権を有する普通選挙とは反対に、選挙権の資格要件を設定して制限を設けた選挙制度を指す。 ただし、正確な政治的な意思判断が困難であると考えられる未成年者を対象とした年齢による資格制限や選挙違反などの選挙犯罪によって公民権を停止された者に対する制限は制限選挙の範疇には含まれない。また、普通選挙においても被選挙権の年齢要件を選挙権のそれよりも厳しくする例があるが、これも制限選挙とは別のものとされている。.

新しい!!: ザクセン王国と制限選挙 · 続きを見る »

アルベルト (ザクセン王)

アルベルト(Albert、1828年4月23日 - 1902年6月19日)またはアルブレヒト(Albrecht)は、ザクセン王国の第5代国王(在位:1873年 - 1902年)。全名はFriedrich August Albert Anton Ferdinand Joseph Karl Maria Baptist Nepomuk Wilhelm Xaver Georg Fidelis。第4代ザクセン王ヨハンとその妃であったバイエルン王マクシミリアン1世の王女アマーリエ・アウグステ(1801年 - 1877年)の長男。.

新しい!!: ザクセン王国とアルベルト (ザクセン王) · 続きを見る »

アルベルティン家

アルベルティン家の始祖、アルブレヒト勇敢公 アルベルティン家またはアルベルティン系()は、ドイツのザクセン地方を支配していたヴェッティン家の分枝。家名は始祖のアルブレヒト勇敢公に由来し、アルブレヒト系と呼ばれることもある。1485年から1918年に至るまで、ザクセンの公爵、選帝侯、王として君臨した。.

新しい!!: ザクセン王国とアルベルティン家 · 続きを見る »

アントン (ザクセン王)

アントン(Anton、1755年12月27日 - 1836年6月6日)は、ザクセン王国の第2代国王(在位:1827年 - 1836年)。全名はアントン・クレメンス・テオドール・マリア・ヨーゼフ・ヨハン・エヴァンゲリスタ・ヨハン・ネポムク・フランツ・クサーヴァー・アロイス・ヤヌアール(Anton Clemens Theodor Maria Joseph Johann Evangelista Johann Nepomuk Franz Xaver Aloys Januar)で、「温厚王」(der Gütige)と呼ばれる。ザクセン選帝侯フリードリヒ・クリスティアンの四男で、ザクセン王フリードリヒ・アウグスト1世の弟。.

新しい!!: ザクセン王国とアントン (ザクセン王) · 続きを見る »

アウステルリッツの戦い

アウステルリッツの戦い(アウステルリッツのたたかい、Bataille d'Austerlitz、Schlacht von Austerlitz、Битва под Аустерлицем)は、1805年12月2日(露暦11月20日、フランス革命暦フリメール11日)にオーストリア領(現チェコ領)モラヴィアのブルノ近郊の町アウステルリッツ(現在のスラフコフ・ウ・ブルナ)郊外で、ナポレオン・ボナパルト率いるフランス軍(大陸軍)が、ロシア・オーストリア連合軍を破った戦いである。 フランス皇帝ナポレオン1世、オーストリア皇帝フランツ1世(神聖ローマ皇帝フランツ2世)、ロシア皇帝アレクサンドル1世の3人の皇帝が参加したことから三帝会戦(さんていかいせん、bataille des Trois Empereurs、Dreikaiserschlacht、битва трёх императоров)とも呼ばれる。なお、実際にはフランツ2世は戦場から離れた場所にいた。 1805年、オーストリアはロシア、イギリスなどと第三次対仏大同盟を結成し、バイエルンへ侵攻した。ナポレオン率いるフランス軍はウルムの戦いでオーストリア軍部隊を降伏させ、11月13日にウィーンへ入城した。フランツ1世はモラヴィアへ後退し、アレクサンドル1世とクトゥーゾフの率いるロシア軍と合流した。 ナポレオンもドナウ川を渡ってモラヴィアへ進出し、アウステルリッツ西方へ布陣した。そのころ、いまだイタリア方面にはカール大公のオーストリア軍部隊がほぼ無傷で残っており、これらの部隊が集結する前にロシア・オーストリア連合軍主力を叩く必要があった。そこでナポレオンは、敵の攻撃を誘うため、罠を仕掛けた。 ナポレオンの戴冠式から1周年の記念日にあたる1805年12月2日午前8時、ロシア・オーストリア連合軍約85,000はアウステルリッツ西方のプラツェン高地へ進出し、優勢な兵力をもってフランス軍への攻撃を開始した。 フランス軍は73,000と劣勢であった。またその布陣は、後方との連絡線確保のうえで重要な右翼(南側)が手薄であった。アレクサンドル1世はこれを好機とみて、主力をプラツェン高地からフランス軍右翼へと向かわせた。フランス軍右翼を守るダヴーの第3軍団は攻撃に耐え切れずに押し下げられたかに見え、さらに多くの連合軍部隊がフランス軍の陣前を横切ってフランス軍右翼へ殺到した。 だが、ナポレオンは、手薄になった連合軍の中央部にニコラ=ジャン・ド・デュ・スールトの第4軍団を突入させた。中央を守っていたクトゥーゾフはロシア近衛軍団を投入し、フランス軍と激戦を繰り広げたが、ベルナドットの第1軍団の援護とナポレオンによる近衛隊の投入によってプラツェン高地の連合軍は突破された。中央突破に成功したスルト軍団は、ダヴー軍団と協力して、フランス軍右翼へ殺到していた連合軍部隊を挟撃した。夕刻までに、連合軍は15,000人の死傷者と多数の捕虜を出し、散り散りになって敗走した。 12月26日、オーストリアはプレスブルクの和約を締結してフランスへ屈服し、第三次対仏大同盟は崩壊した。フランツ2世は神聖ローマ皇帝位から退位。神聖ローマ帝国は解体され、ドイツにはライン同盟が成立した。 アウステルリッツの戦いとそれまでの戦役はヨーロッパ政治の性格を大きく変えた。3ヶ月間でフランス軍はウィーンを占領し、2カ国の軍隊を打ち破り、オーストリア帝国を屈服させた。アウステルリッツの戦いは10年近くに及ぶフランスによるヨーロッパの覇権を容易にしたが、より直接的な影響は翌1806年の対プロイセン戦役である。.

新しい!!: ザクセン王国とアウステルリッツの戦い · 続きを見る »

ウィーン会議

Jean-Baptiste Isabey画 ウィーン会議(ウィーンかいぎ、Wiener Kongress、Congrès de Vienne、Congress of Vienna.)は、1814年から1815年にかけて、オーストリア帝国の首都ウィーンにおいて開催された国際会議。 オーストリアの外相メッテルニヒが議長を務め、ヨーロッパ諸国の代表が集った。会場はシェーンブルン宮殿。.

新しい!!: ザクセン王国とウィーン会議 · 続きを見る »

オーストリア帝国

ーストリア帝国(オーストリアていこく、Kaisertum Österreich)は、1804年の成立から1867年のオーストリア=ハンガリー帝国への改組まで、オーストリアのハプスブルク=ロートリンゲン家(以下、単に「ハプスブルク家」と呼ぶ)がオーストリア皇帝として支配した多民族国家。 前身の、オーストリア大公国やボヘミア王国・ハンガリー王国などの同君連合国家群だった時代と、オーストリア帝国、オーストリア=ハンガリー帝国の時代とをあわせて、ハプスブルク帝国と総称される。 厳密には第一次世界大戦敗戦までオーストリア帝国は存続しているが、本記事ではアウスグライヒまでを扱う。.

新しい!!: ザクセン王国とオーストリア帝国 · 続きを見る »

キール (ドイツ)

ール(Kiel, )は、バルト海に面したドイツ北部の都市。シュレスヴィヒ=ホルシュタイン州の州都であり、人口242,041人(2011年)。 キールは、ハンブルクのおよそ北、フレンスブルクの南東、リューベックの北西に位置する。ドイツ北部の、ユトランド半島の南東、バルト海の南西という地理的条件により、キールはドイツ海事の中心地の1つとなった。また、国際セーリングイベントでも知られ、世界最大のセーリングイベントのも開催される。ベルリンオリンピックやミュンヘンオリンピックでは、セーリング競技がキールで開催された。.

新しい!!: ザクセン王国とキール (ドイツ) · 続きを見る »

ゲオルク (ザクセン王)

ルク(Georg、1832年8月23日 - 1904年10月15日)は、ザクセン王国の第6代国王(在位:1902年 - 1904年)。全名はフリードリヒ・アウグスト・ゲオルク・ルートヴィヒ・ヴィルヘルム・マクシミリアン・カール・マリア・ネポムク・バプティスト・クサヴァー・キリアクス・ロマヌス(Friedrich August Georg Ludwig Maximilian Karl Maria Nepomuk Baptist Xaver Cyriacus Romanus)。第4代ザクセン王ヨハンとその妃であったバイエルン王マクシミリアン1世の王女アマーリエ・アウグステ(1801年 - 1877年)の三男で、アルベルトの弟。.

新しい!!: ザクセン王国とゲオルク (ザクセン王) · 続きを見る »

ザクセン君主一覧

ン君主一覧は、中世から近代にかけてドイツのザクセン公国及びザクセン王国の君主の一覧である。.

新しい!!: ザクセン王国とザクセン君主一覧 · 続きを見る »

ザクセン州

ン州(Freistaat Sachsen)は、ドイツに16ある連邦州の1つである。1990年のドイツ再統一により加盟した5つの新連邦州の1つ。正式名称は「ザクセン自由州」。州都はドレスデン。 中世の初期には、ザクセンというと現在のニーダーザクセン州、ノルトライン=ヴェストファーレン州を合わせた地域を指していた。250~500年頃に現在のシュレースヴィヒ=ホルシュタイン州からこの地域にザクセン人が移住定着し、ザクセン公国の時代に領土を拡大した。その後、ザクセン王国、ドイツ帝国、ヴァイマル共和国、東ドイツなどの歴史を経てきており、ザクセン王国時代に現在の地域になった。.

新しい!!: ザクセン王国とザクセン州 · 続きを見る »

ザクセン公国

ン公国(ザクセンこうこく、Herzogtum Sachsen)は、中世から近世にかけて北部ドイツ地方一帯を支配した領邦。その版図は時代によって変遷があって一様ではないが、おおむね現在のドイツのザクセン州、ニーダーザクセン州、ノルトライン=ヴェストファーレン州、シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州、ザクセン=アンハルト州にまたがる。何度かの分裂と統合を経て、その一系統が1806年の神聖ローマ帝国の解体によってザクセン王国となった。.

新しい!!: ザクセン王国とザクセン公国 · 続きを見る »

ザクセン選帝侯領

ン選帝侯の旗 ザクセン選帝侯領(ザクセンせんていこうりょう、Kurfürstentum Sachsen)は、神聖ローマ帝国の領邦国家。クーアザクセン(Kursachsen)とも呼ばれる。1356年の金印勅書により、神聖ローマ皇帝カール4世がザクセン=ヴィッテンベルク公爵を選帝侯に指定したことで成立した。選帝侯領は1806年にザクセン王国となった。.

新しい!!: ザクセン王国とザクセン選帝侯領 · 続きを見る »

スラヴ人

南スラヴ人 スラヴ人(スラヴじん)は、中欧・東欧に居住し、インド・ヨーロッパ語族スラヴ語派に属する言語を話す諸民族集団である。ひとつの民族を指すのではなく、本来は言語学的な分類に過ぎない。東スラヴ人(ウクライナ人、ベラルーシ人、ロシア人)・西スラヴ人(スロバキア人、チェコ人、ポーランド人)・南スラヴ人(クロアチア人、セルビア人、ブルガリア人など)に分けられる。言語の共通性は見られ、特に西スラヴと東スラヴは時により北スラヴと分類されることがある。.

新しい!!: ザクセン王国とスラヴ人 · 続きを見る »

ソルブ人

ルブ人(高地ソルブ語:Serbja、低地ソルブ語:Serby)は、現在ドイツ連邦共和国の東部に在住するスラヴ人の一派である。ソルビア人とも呼ばれる。インド・ヨーロッパ語族のスラヴ語派、西スラヴ語群の一派であるソルブ語を話す。高地ソルブ語と低地ソルブ語の2つの言語グループに分かれている。 ソルブ人の旗.

新しい!!: ザクセン王国とソルブ人 · 続きを見る »

サクソン人

ン人またはザクセン人(Saxon, Sachsen, 低ザクセン語: Sassen, 低フランク語、Saksen)は、で形成されたゲルマン系の部族である。現在のドイツのニーダーザクセン地方を形成する主体となり、またイングランド人の民族形成の基盤を成した。.

新しい!!: ザクセン王国とサクソン人 · 続きを見る »

共和制

共和政(きょうわせい、republic)は、人民または人民の大部分が統治上の最高決定権を持つ政体で、政体のとる制度を共和制(きょうわせい、republic)という 。現代の一般的な定義では、「君主ではない元首を持っている政体」「君主制ではない政体」である。 共和制では政府の大半の意思決定が元首の裁量によらず制定法を参照して行われることから、現在では君主制は共和制では無いとされる場合が多い。.

新しい!!: ザクセン王国と共和制 · 続きを見る »

王国

王国(おうこく)は、君主制の国家のうち、国王を元首とする国家を指す。.

新しい!!: ザクセン王国と王国 · 続きを見る »

神聖ローマ帝国

聖ローマ帝国(しんせいローマていこく、,,, Holy Roman Empire)は、現在のドイツ、オーストリア、チェコ、イタリア北部を中心に存在していた国家。9~10世紀に成立し、1806年まで続いた。西ローマ帝国の後継国家を称した。.

新しい!!: ザクセン王国と神聖ローマ帝国 · 続きを見る »

第一次世界大戦

一次世界大戦(だいいちじせかいたいせん、World War I、略称WWI)は、1914年7月28日から1918年11月11日にかけて戦われた世界大戦である。.

新しい!!: ザクセン王国と第一次世界大戦 · 続きを見る »

選帝侯

ハインリヒ7世時代) 選帝侯(せんていこう、Kurfürst)は、神聖ローマ帝国において、ローマ王(ドイツ王)すなわち神聖ローマ帝国の君主に対する選挙権(選定権)を有した諸侯のことである。選挙権以外にも他の帝国諸侯とは一線を画した数々の特権を有した。選挙侯(せんきょこう)または選定侯(せんていこう)ともいう。.

新しい!!: ザクセン王国と選帝侯 · 続きを見る »

普墺戦争

普墺戦争(ふおうせんそう、Deutscher Krieg)は、1866年に起こったプロイセン王国とオーストリア帝国との戦争。当初は、オーストリアを盟主とするドイツ連邦が脱退したプロイセンに宣戦するという形で開始されたが、その後ドイツ連邦内にもプロイセン側につく領邦が相次ぎ、連邦を二分しての統一主導権争いとなった。ケーニヒグレーツの戦いでプロイセン軍がオーストリア軍に完勝し、戦争は急速に終結した。7週間戦争やプロイセン=オーストリア戦争とも呼ばれる。この戦争によって、ドイツ統一はオーストリアを除外してプロイセン中心に進められることになった。.

新しい!!: ザクセン王国と普墺戦争 · 続きを見る »

普仏戦争

普仏戦争(ふふつせんそう、Guerre franco-allemande de 1870、Deutsch-Französischer Krieg)は、フランス第二帝政期の1870年7月19日に起こり、1871年5月10日まで続いたフランスとプロイセン王国の間で行われた戦争である。ドイツ諸邦もプロイセン側に立って参戦したため独仏戦争とも呼ぶ他、フランス側では1870年戦争と呼称する。なお、日本の世界史の教科書ではプロイセン=フランス戦争と呼称する場合もある。プロイセンは北ドイツ連邦と南ドイツのバーデン大公国・ヴュルテンベルク王国・バイエルン王国と同盟を結び圧勝した。 もともとスペイン王位継承問題でプロイセンとフランスの対立が最高潮に達していたが、ドイツ首相ビスマルクはエムス電報事件でフランスとの対立を煽り開戦させた。フランスは7月19日にプロイセンのみに宣戦したが、ドイツ諸邦はプロイセン側に立って参戦した。野戦砲と鉄道輸送を巧みに活用したプロイセン軍の精強さは、ドイツ国境に侵攻したフランス軍を叩きのめした。防戦一方となったフランス軍は9月2日にセダンの戦いで包囲に置かれ、10万人のフランス兵と皇帝ナポレオン3世が降伏した。 第二帝政は終焉を迎えて第三共和政に移行した。新たに編成されたフランス軍も帝政時代と同じくプロイセン軍に一蹴され、5ヶ月間の北フランス攻撃を経て、1871年1月28日に首都パリを占領された。1871年5月10日、フランクフルト講和条約が締結され、正式にフランスはプロイセンに降伏した。 ジャコブ・マイエール・ド・ロチルドが1817年に設立したロチルド・フレール(de Rothschild Frères ロスチャイルド兄弟とも)は、50億フランにのぼる賠償金を支払うためのシンジケートを組成した。フランスはオスマン帝国に対する膨大な債権を回収してロチルドらに返済するつもりであったが、オスマン債務管理局の利権にドイツ帝国が割りこみ東方問題に佳境をもたらした。そして新たにカリブ海問題も生まれた。.

新しい!!: ザクセン王国と普仏戦争 · 続きを見る »

普通選挙

普通選挙(ふつうせんきょ、universal suffrage)とは、ある組織において選挙の際に、若干の例外を除き全ての成人が選挙権を行使できる選挙形式を指す。対比語は制限選挙など。 歴史的には、国政選挙において財産(納税額)等の制限を設けずに選挙権を行使できる選挙形式を指す場合が多く、当初は全男性成人が選挙権を持つ男子普通選挙も「普通選挙」という表現が使用され、女性成人も含む場合は「完全普通選挙」等とも呼ばれたが、現在では性別による選挙権の排除をする場合は「普通選挙」との表現は使用されなくなってきている。 若干の例外は、一般的に普通選挙と言われる場合にも存在する。知的障害者、重大な犯罪を犯し収監中の者、選挙法違反などによる公民権停止処分を受けた者などがあるが、これらの人々を選挙権から排除することの正当性をめぐっては、重要な議論がある(例えば日本における公職選挙法の制限の規定をめぐる訴訟などを参照)。日本の公職選挙法では、成年被後見人に対する選挙権の剥奪が行われていたが、違憲判決に基づいて、この制限は撤廃された。 また、通常、選挙権についてこの言葉は使われるが、広い意味では、選挙権と被選挙権ともに選挙権に含めるので、選挙権のみをすべての成人に認めても、被選挙権について成人年齢以上の制限を課したりするなど、成人であること以外の制限を課す場合にも、「普通選挙」とできるかにも議論がある。たとえば、日本の供託金は、国際的に見ると非常に高く、「高額な供託金制度は、経済的理由で選挙権・被選挙権の帰属ならびに行使を制限してはならないという普通選挙の原則に抵触する」という指摘もある。.

新しい!!: ザクセン王国と普通選挙 · 続きを見る »

11月13日

11月13日(じゅういちがつじゅうさんにち)はグレゴリオ暦で年始から317日目(閏年では318日目)にあたり、年末まであと48日ある。.

新しい!!: ザクセン王国と11月13日 · 続きを見る »

11月3日

11月3日(じゅういちがつみっか)はグレゴリオ暦で年始から307日目(閏年では308日目)にあたり、年末まであと58日ある。.

新しい!!: ザクセン王国と11月3日 · 続きを見る »

1806年

記載なし。

新しい!!: ザクセン王国と1806年 · 続きを見る »

1807年

記載なし。

新しい!!: ザクセン王国と1807年 · 続きを見る »

1813年

記載なし。

新しい!!: ザクセン王国と1813年 · 続きを見る »

1815年

記載なし。

新しい!!: ザクセン王国と1815年 · 続きを見る »

1827年

記載なし。

新しい!!: ザクセン王国と1827年 · 続きを見る »

1836年

記載なし。

新しい!!: ザクセン王国と1836年 · 続きを見る »

1848年革命

1848年のヨーロッパ 1848年革命(1848ねんかくめい)は、1848年からヨーロッパ各地で起こり、ウィーン体制の崩壊を招いた革命。1848年から1849年にかけて起こった革命を総称して「諸国民の春」(Printemps des peuples, Völkerfrühling, Primavera dei popoli)ともいう。.

新しい!!: ザクセン王国と1848年革命 · 続きを見る »

1854年

記載なし。

新しい!!: ザクセン王国と1854年 · 続きを見る »

1866年

記載なし。

新しい!!: ザクセン王国と1866年 · 続きを見る »

1871年

記載なし。

新しい!!: ザクセン王国と1871年 · 続きを見る »

1873年

記載なし。

新しい!!: ザクセン王国と1873年 · 続きを見る »

1902年

記載なし。

新しい!!: ザクセン王国と1902年 · 続きを見る »

1904年

記載なし。

新しい!!: ザクセン王国と1904年 · 続きを見る »

1918年

記載なし。

新しい!!: ザクセン王国と1918年 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »