ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

サルコスクス

索引 サルコスクス

ルコスクスは白亜紀前期、アフリカに生息していた巨大なワニである。全長は11~12メートルと推定されている。デイノスクス(またはフォボスクス)と並び、現在知られている中では最大級のワニである。噛む力は8トンにも達したといわれ非常に強く、これはティラノサウルスの噛む力の2倍から3倍にあたるとされる。 最近まで知られていた化石はサハラ砂漠で発見された2、3の歯と装甲板だけあった。しかし、1997年と2000年に骨格のおよそ半分にあたる化石が発見された。フォリドサウルス科に分類される為、現生ワニとは無縁のワニである。しかし、その一方で口がガビアルのように細長く口先が膨らんでいる事からインドガビアルに近縁のガビアル科の可能性もある サルコスクスと他のワニ類及び人間との比較想像図 赤いシルエットがサルコスクス 画像:Sarcosuchus_imperator_teeth.JPG|最初に発見された歯の化石 画像:Sarcosuchus_imperator_front.JPG|発見されている部分化石 頭部正面方向より 画像:Sarcosuchus_imperator_body.JPG|発見されている部分化石 胴体部分.

13 関係: 主竜類化石ワニティラノサウルスデイノスクスアフリカインドガビアルサハラ砂漠絶滅した動物一覧白亜紀頭蓋骨1997年2000年

主竜類

このページでは主竜類および関連する上位の分類群主竜形類について扱う。 主竜類は現生ではワニ、鳥類、過去においては恐竜に代表される爬虫類の分類群である。現在ではランク無しの分類群とされることが多いが、上目として扱われる場合もある。恐竜およびその先祖を通じて中生代の支配的陸上動物であったため主竜類(Archosaurs、「支配的な爬虫類」を意味するギリシア語に由来)の名がついている。 主な特徴として以下のものがある。.

新しい!!: サルコスクスと主竜類 · 続きを見る »

化石

化石(かせき、ドイツ語、英語:Fossil)とは、地質時代に生息していた生物が死骸となって永く残っていたもの、もしくはその活動の痕跡を指す。 多くは、古い地層の中の堆積岩において発見される。化石の存在によって知られる生物のことを古生物といい、化石を素材として、過去の生物のことを研究する学問分野を古生物学という。なお、考古学において地層中に埋蔵した生物遺骸は「植物遺体」「動物遺体」など「遺体・遺存体」と呼称される。 資料としての化石は、1.古生物として、2.

新しい!!: サルコスクスと化石 · 続きを見る »

ワニ

ワニ(鰐、鱷)は、ワニ目(ワニもく、学名:ordo) に属する、肉食性で水中生活に適応した爬虫類の総称。 中生代三畳紀中期に出現して以来、初期を除く全ての時代を通して、ニシキヘビ等の大蛇と並び、淡水域の生態系において生態ピラミッドの最高次消費者の地位を占めてきた動物群である。.

新しい!!: サルコスクスとワニ · 続きを見る »

ティラノサウルス

ティラノサウルス(学名:genus Tyrannosaurus)は、約6850万- 約6550万年前(中生代白亜紀末期マストリヒシアン)の北アメリカ大陸(画像資料)に生息していた肉食恐竜。大型獣脚類の1属である。他に「ティランノサウルス」「チラノサウルス」「タイラノサウルス」など数多くある呼称については第一項にて詳しく述べる。 現在知られている限りで史上最大級の肉食恐竜の一つに数えられ、地上に存在した最大級の肉食獣でもある。恐竜時代の最末期を生物種として約300万年間生態系の頂点に君臨するが、白亜紀末の大量絶滅によって最期を迎えている。 非常に名高い恐竜で、『ジュラシック・パーク』等の恐竜をテーマにした各種の創作作品においては、脅威の象徴、また最強の恐竜として描かれることが多く高い人気を誇っている。また恐竜時代終焉の象徴として滅びの代名詞にも度々引用される(詳しくは「関連項目」を参照)。 Tyrannosaurus という名称は特に断りのない場合は属名を指す。Tyrannosaurus 属の種として広く認められているのは現在のところ Tyrannosaurus rex のみである。.

新しい!!: サルコスクスとティラノサウルス · 続きを見る »

デイノスクス

デイノスクス(学名:Deinosuchus)は、約8,000万- 7,300万年前(中生代白亜紀末期カンパニアン- マストリヒシアン)の北アメリカ大陸に棲息していた、既知で史上最大級のワニ。ワニ目-正鰐亜目-クロコダイル科に分類される肉食性爬虫類。テキサス州のに保存の良い完全な頭蓋骨が存在する。.

新しい!!: サルコスクスとデイノスクス · 続きを見る »

アフリカ

衛星画像 NASA) 南部アフリカ アフリカ(ラテン語:Āfrica、英語:Africa)は、広義にはアフリカ大陸およびその周辺のマダガスカル島などの島嶼・海域を含む地域の総称で、六大州の一つ。阿州。漢字表記は阿弗利加。.

新しい!!: サルコスクスとアフリカ · 続きを見る »

インドガビアル

インドガビアル(Gavialis gangeticus)は、ワニ目ガビアル科(クロコダイル科とする説もあり)インドガビアル属に分類されるワニ。本種のみでインドガビアル属を構成する。単にガビアルとも呼ばれる。.

新しい!!: サルコスクスとインドガビアル · 続きを見る »

サハラ砂漠

リビア西部のタドラート・アカクス砂漠 サハラ砂漠(サハラさばく)は、アフリカ大陸北部にある砂漠で、氷雪気候の南極を除くと世界最大の砂漠である。南北1,700kmに渡り面積は約1,000万km2であり、アフリカ大陸の3分の1近くを占め、アメリカ合衆国とほぼ同じ面積。.

新しい!!: サルコスクスとサハラ砂漠 · 続きを見る »

絶滅した動物一覧

絶滅した動物一覧(ぜつめつしたどうぶついちらん、List of extinct animals)は、地球上から絶滅した動物のリストである。野生個体の絶滅である「野生絶滅」も扱う。.

新しい!!: サルコスクスと絶滅した動物一覧 · 続きを見る »

白亜紀

白亜紀(はくあき、白堊紀、Cretaceous period)とは、地球の地質時代の一つで、約1億4500万年前から6600万年前を指す。この時代は、ジュラ紀に続く時代であり中生代の終わりの時代でもある。次の時代は、新生代古第三紀の暁新世である。 「白堊」の「堊(アク; アと読むのは慣習)」の字は粘土質な土、すなわち石灰岩を意味し、石灰岩の地層から設定された地質年代のため白堊紀の名がついた。また「白亜」の「亜」は、「堊」の同音の漢字による書きかえである。.

新しい!!: サルコスクスと白亜紀 · 続きを見る »

頭蓋骨

頭蓋骨(ずがいこつ、とうがいこつ)は、頭の全体的な枠組みとしてはたらく、有頭動物の骨様構造である。頭蓋骨は、顔の構造を支持し、脳を外傷から保護する。なお、一般的な読みとしては「ずがいこつ」「とうがいこつ」双方が用いられ、解剖学では「とうがいこつ」とのみ呼称、形質人類学では頭骨と表記して「とうこつ」と称し、「ずがいこつ」という読み方は学問的には用いられない。なお医療の場では他に橈骨が存在するため、「とうこつ」と呼ぶ事は稀である。英語ではskullまたはcranium、複数形craniaである。 白骨化した頭蓋骨は髑髏(どくろ、されこうべ、しゃれこうべ)と呼ばれる。頭蓋骨に関する文化的な側面はそちらを参照のこと。.

新しい!!: サルコスクスと頭蓋骨 · 続きを見る »

1997年

この項目では、国際的な視点に基づいた1997年について記載する。.

新しい!!: サルコスクスと1997年 · 続きを見る »

2000年

400年ぶりの世紀末閏年(20世紀および2千年紀最後の年)である100で割り切れるが、400でも割り切れる年であるため、閏年のままとなる(グレゴリオ暦の規定による)。。Y2Kと表記されることもある(“Year 2000 ”の略。“2000”を“2K ”で表す)。また、ミレニアムとも呼ばれる。 この項目では、国際的な視点に基づいた2000年について記載する。.

新しい!!: サルコスクスと2000年 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »