ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ゴンサロ・ピサロ

索引 ゴンサロ・ピサロ

ゴンサロ・ピサロ(Gonzalo Pizarro、1502年 - 1548年4月10日)は、スペインのコンキスタドール。フランシスコ・ピサロの異母弟。 カスティーリャ王国エストレマドゥーラのトルヒージョ出身。他の兄弟とともに兄のインカ帝国征服に協力し良質なエンコミエンダを手に入れた。 しかし、1541年にアマゾン地方の探検に出かけ失敗し翌年、ペルーに帰った。スペイン王室がエンコミエンダの苛政と苛烈な収奪を制限しようとするとそれに反発する現地のスペイン人反乱のリーダーとなって反逆したが捕らえられ処刑された。 Category:スペイン史の人物 Category:コンキスタドール Category:1502年生 Category:1548年没.

12 関係: トルヒーリョ (スペイン)フランシスコ・ピサロインカ帝国エンコミエンダ制エストレマドゥーラ州カスティーリャ王国コンキスタドールスペイン死刑1502年1548年4月10日

トルヒーリョ (スペイン)

トルヒーリョ (Trujillo)は、スペイン・エストレマドゥーラ州カセレス県のムニシピオ(基礎自治体)。トルヒージョ、トルヒーヨとの表記も見られる。現在のペルーにあたる地域を征服したコンキスタドールとして知られるフランシスコ・ピサロの出身地である。.

新しい!!: ゴンサロ・ピサロとトルヒーリョ (スペイン) · 続きを見る »

フランシスコ・ピサロ

フランシスコ・ピサロ フランシスコ・ピサロ(Francisco Pizarro、1470年頃 - 1541年6月26日)は、スペインの軍人、探検家、コンキスタドール。ペルーのインカ帝国を征服したことで有名である。.

新しい!!: ゴンサロ・ピサロとフランシスコ・ピサロ · 続きを見る »

インカ帝国

インカ帝国(インカていこく、スペイン語:Imperio Inca、ケチュア語:タワンティン・スウユ(Tawantinsuyo, Tahuantinsuyo))は、南アメリカのペルー、ボリビア(チチカカ湖周辺)、エクアドルを中心にケチュア族が築いた国。文字を持たない社会そして文明であった。 首都はクスコ。世界遺産である15世紀のインカ帝国の遺跡「マチュ・ピチュ」から、さらに千メートル程高い3,400mの標高にクスコがある。1983年12月9日、クスコの市街地は世界遺産となった。 前身となるクスコ王国は13世紀に成立し、1438年のパチャクテク即位による国家としての再編を経て、1533年にスペイン人のコンキスタドールに滅ぼされるまで約200年間続いた。最盛期には、80の民族と1,600万人の人口をかかえ、現在のチリ北部から中部、アルゼンチン北西部、コロンビア南部にまで広がっていたことが遺跡および遺留品から判明している。 インカ帝国は、アンデス文明の系統における最後の先住民国家である。メキシコ・グアテマラのアステカ文明、マヤ文明と対比する南米の原アメリカの文明として、インカ文明と呼ばれることもある。その場合は、巨大な石の建築と精密な石の加工などの技術、土器や織物などの遺物、生業、を含めたすぐれた統治システムなどの面を評価しての呼称である。なお、インカ帝国の版図に含まれる地域にはインカ帝国の成立以前にも文明は存在し、プレ・インカと呼ばれている。 インカ帝国は、被征服民族についてはインカ帝国を築いたケチュア族の方針により比較的自由に自治を認めていたため、一種の連邦国家のような体をなしていた。.

新しい!!: ゴンサロ・ピサロとインカ帝国 · 続きを見る »

エンコミエンダ制

ンコミエンダ制(スペイン語:Encomienda)とは、スペインによるアメリカ大陸の植民地支配時代、及び、スペインによるフィリピンの植民地支配時代に採用されていた、植民地住民支配のための制度である。.

新しい!!: ゴンサロ・ピサロとエンコミエンダ制 · 続きを見る »

エストレマドゥーラ州

トレマドゥーラ州(Extremadura、エストレマドゥーラ語: Estremaura)は、スペインを構成する自治州の1つである。北はカスティーリャ・イ・レオン州、東はカスティーリャ=ラ・マンチャ州、南はアンダルシア州、西はポルトガルと接している。州都はメリダ。 北部にはタホ川、南部にはグアディアーナ川が流れる。モンフラグエ自然公園があり、野生動物が保護されている。.

新しい!!: ゴンサロ・ピサロとエストレマドゥーラ州 · 続きを見る »

カスティーリャ王国

ティーリャ王国(カスティーリャおうこく、Reino de Castilla)は、中世ヨーロッパ、イベリア半島中央部にあった王国である。キリスト教国によるレコンキスタ(国土回復運動)において主導的役割を果たし、後のスペイン王国の中核となった。 Castillaの日本語表記は、カスティーリャ、カスティーリヤ、カスティリャ、カスティーリァ、カスティーリア、カスティリア、カスティーヤ、カスチラ、カストリヤ、カストリア、カステリヤ、カステリア、カスティージャと様々に音写されている。また菓子のカステラは、王国名のポルトガル語発音である「カステーラ」(Castela)からとされている。.

新しい!!: ゴンサロ・ピサロとカスティーリャ王国 · 続きを見る »

コンキスタドール

ンキスタドール()とは、スペイン語で「征服者」を意味するが、とくに15世紀から17世紀にかけてのスペインのアメリカ大陸征服者、探検家を指す。.

新しい!!: ゴンサロ・ピサロとコンキスタドール · 続きを見る »

スペイン

ペイン王国(スペインおうこく、Reino de España)、通称スペインは、南ヨーロッパのイベリア半島に位置し、同半島の大部分を占める立憲君主制国家。西にポルトガル、南にイギリス領ジブラルタル、北東にフランス、アンドラと国境を接し、飛地のセウタ、メリリャではモロッコと陸上国境を接する。本土以外に、西地中海のバレアレス諸島や、大西洋のカナリア諸島、北アフリカのセウタとメリリャ、アルボラン海のアルボラン島を領有している。首都はマドリード。.

新しい!!: ゴンサロ・ピサロとスペイン · 続きを見る »

死刑

死刑(しけい)は、対象者(死刑囚)を死亡させる刑罰である。抽象的な表現として「極刑(きょっけい)」あるいは「処刑(しょけい)」とも表現される。刑罰の分類上は生命刑に分類される。.

新しい!!: ゴンサロ・ピサロと死刑 · 続きを見る »

1502年

土曜日から始まる。.

新しい!!: ゴンサロ・ピサロと1502年 · 続きを見る »

1548年

記載なし。

新しい!!: ゴンサロ・ピサロと1548年 · 続きを見る »

4月10日

4月10日(しがつとおか)はグレゴリオ暦で年始から100日目(閏年では101日目)にあたり、年末まではあと265日ある。誕生花はチューリップ、ベニバナアセビ。.

新しい!!: ゴンサロ・ピサロと4月10日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

ゴンサーロ・ピサロ

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »