ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

コディアックヒグマ

索引 コディアックヒグマ

ディアックヒグマ は、ネコ目(食肉目)クマ科に属する哺乳類で、ヒグマの最大亜種。アラスカヒグマとも呼ばれる。 アラスカ半島沿岸部およびコディアック島近辺の島々に生息する。産卵のために川を遡るサケの恩恵に与っているため、内陸産のヒグマ(グリズリー)に比べ著しく大きくなる傾向にある(イエローストーンのグリズリーの平均体重260キログラムに対し、コディアックヒグマのオスの平均体重は390キログラム、最大級で800キログラム前後に達する)。大型個体ではホッキョクグマに匹敵する。 2005年の個体数は3,526頭、群島の個体密度は1000平方キロメートルあたり271.2頭、ここ10年間で個体数はゆっくりと増加している。.

16 関係: 亜種ノースダコタ州ネコ目ハイイログマヒグマビスマーク (ノースダコタ州)ホッキョクグマアラスカ半島アラスカ州イエローストーンクマクマ属コディアック島コディアックアイランド郡 (アラスカ州)サケ哺乳類

亜種

亜種(あしゅ、)は、生物の分類区分で、種の下位区分である。動物学では種の下位区分は亜種のみであるが、植物学では他に変種・品種も用いる。動物における品種は亜種よりさらに下位の区分として用いられることがある。(犬種・人種等。ただし人種・犬種は亜種とみなす見解もある)学名を単独で挙げる際には ssp.

新しい!!: コディアックヒグマと亜種 · 続きを見る »

ノースダコタ州

ノースダコタ州(State of North Dakota )は、アメリカ合衆国中西部の最北部、グレートプレーンズ(大平原)にある州である。州の北側はカナダ国境であり、サスカチュワン州およびマニトバ州に接している。東側はミネソタ州との州境にレッド川が流れている。西側はモンタナ州に、南側はサウスダコタ州に接している。人口は70万人に満たず、全米50州の中で少ない方から3番目であり、面積は第19位なので、人口密度も4番目に小さい。1889年11月2日に、それまでのダコタ準州が南北に分割され、サウスダコタ州とともに同時に州に昇格したが、ノースダコタ州が39番目、サウスダコタ州が40番目と認識されている。 州都はビスマーク市であり、人口最大の都市はファーゴ市である。公立大学の主要なものはグランドフォークスとファーゴに設立されている。アメリカ空軍がマイノットとグランドフォークスに基地を設営している。 ノースダコタの「ダコタ」という名前は、アメリカ・インディアンのダコタ族(「仲間」の意味)に由来する。 最近の10年以上、全国平均よりも低い失業率、雇用数と人口の増大、および低い住宅空き家率と、経済的な好調を持続してきた。これには州西部のバッケン・オイルシェール田の開発が大きく貢献しているが、技術やサービス産業の成長も寄与してきた。2011年6月に起こった洪水によってマイノット市が大きな被害を被り、州都ビスマーク市も脅かされた。.

新しい!!: コディアックヒグマとノースダコタ州 · 続きを見る »

ネコ目

ネコ目(ネコもく)は脊椎動物亜門 哺乳綱に属する動物の分類群。食肉目(しょくにくもく)、食肉類(しょくにくるい)ともいう。 本来は捕食者として特化したグループであり、獲物を捕えるのに必要な目、耳、鼻、触毛(ひげ)などの感覚器官と知能がよく発達しており、運動能力も高い。.

新しい!!: コディアックヒグマとネコ目 · 続きを見る »

ハイイログマ

ハイイログマ(灰色熊、学名 Ursus arctos horribilis)は、北アメリカに生息するクマ科の大型動物で、ヒグマの一亜種である。 日本に生息するエゾヒグマ(U.

新しい!!: コディアックヒグマとハイイログマ · 続きを見る »

ヒグマ

巨大なコディアックヒグマ 白い毛のエゾヒグマ。俗に「袈裟掛け」(けさがけ)という。 道路を渡るヒグマの仔(北海道) archivedate.

新しい!!: コディアックヒグマとヒグマ · 続きを見る »

ビスマーク (ノースダコタ州)

ノースダコタ州会議事堂 ビスマーク(Bismarck)は、アメリカ合衆国ノースダコタ州中央部に位置する同州の州都。ファーゴに次ぐ同州第2の都市であり、州中央部の商業・医療の中心地である。市名はドイツ宰相オットー・フォン・ビスマルクにちなんでいる。人口は55,532人(2000年国勢調査)。ミズーリ川の対岸、西郊にはマンダン市が位置する。 ビスマークはルイス・クラーク探検隊の北西部開拓ルートの中間点にあたる。そのため同市には同探検隊にまつわる史跡や博物館が多い。市内に公園が多く、周辺には小麦畑や原野が広がる、落ち着いた都市である。.

新しい!!: コディアックヒグマとビスマーク (ノースダコタ州) · 続きを見る »

ホッキョクグマ

ホッキョクグマ(北極熊、Ursus maritimus)は、クマ科クマ属に分類される食肉類。.

新しい!!: コディアックヒグマとホッキョクグマ · 続きを見る »

アラスカ半島

アラスカ半島(アラスカはんとう、Alaska Peninsula)は、アメリカ合衆国アラスカ州の南部にある半島。太平洋とベーリング海のプリストル湾の間にあり、南西にはアリューシャン列島が連なる。.

新しい!!: コディアックヒグマとアラスカ半島 · 続きを見る »

アラスカ州

アラスカ州(State of Alaska )は、アメリカ合衆国最北端にある州。アリューシャン列島を含む。北アメリカ大陸北西の端にあり、合衆国本土とはカナダを挟んで飛地になっている。アラスカでは、合衆国本土を"lower 48"(直訳:南方の48州。アメリカ50州からアラスカとハワイを除いたもの)と呼ぶことがある。 アメリカ合衆国の州の中では面積最大であり、東はカナダ、北は北極海、西と南は太平洋と接し、西のベーリング海を隔ててロシアとも海上の国境がある。2010年国勢調査による人口は710,231人であり、その約半分はアンカレッジ都市圏に住んでいる。州都はジュノー市で、最大都市はアンカレッジ市である。海港アンカレッジはかつてアジアとアメリカおよびヨーロッパを結ぶ航空路線の寄港地として知られた。アメリカ合衆国の州の中では人口密度が最小の州でもある。 アラスカは1867年3月30日にロシア帝国からアメリカ合衆国が買収した。その後幾つかの管理形態の変遷を経て、1912年5月11日にアラスカ準州、1959年1月3日にアラスカ州となった。.

新しい!!: コディアックヒグマとアラスカ州 · 続きを見る »

イエローストーン

イエローストーン.

新しい!!: コディアックヒグマとイエローストーン · 続きを見る »

クマ

は、食肉目クマ科(クマか、Ursidae)の構成種の総称類縁関係が比較的薄いジャイアントパンダ亜科は除くこともある。 北アメリカ大陸、南アメリカ大陸、ユーラシア大陸、インドネシア、スリランカ、台湾、日本、北極.

新しい!!: コディアックヒグマとクマ · 続きを見る »

クマ属

マ属(Ursus )はクマ科に含まれる属で、ヒグマやホッキョクグマが含まれる。学名は、クマを表すラテン語のursusから来た。.

新しい!!: コディアックヒグマとクマ属 · 続きを見る »

コディアック島

ディアックアイランド郡 コディアック島(Kodiak Island)は、アメリカ合衆国のアラスカ州に属する島。州南部の太平洋側にあり、本土とはシェリコフ海峡で隔てられている。面積は8,975km2で、アメリカ合衆国の島のうち、ハワイ島に次いで2番目に大きい。人口は約10,000人。 コディアック島はコディアックアイランド郡の中心地域である。最大の町は郡庁所在地のコディアックで、人口6,273人(2005年)。この町には沿岸警備隊の基地がある。島の主要産業は漁業で、サケ、オヒョウ、タラバガニなどを獲っている。また林業、畜産業、銅の採掘も行われている。 ヒグマの亜種コディアックヒグマが生息することで知られる。.

新しい!!: コディアックヒグマとコディアック島 · 続きを見る »

コディアックアイランド郡 (アラスカ州)

ディアックアイランド郡(Kodiak Island Borough)は、アメリカ合衆国アラスカ州の南海岸部、コディアック島に位置する郡である。2010年国勢調査での人口は13,592人である.

新しい!!: コディアックヒグマとコディアックアイランド郡 (アラスカ州) · 続きを見る »

サケ

0歳の稚魚(2004年5月 札幌市豊平川さけ科学館) 遡上する鮭(2005年11月) 産卵後の死骸。生息個体が特に多い小規模河川の河口部では、産卵期に多数見られる。'''ホッチャレ'''とも呼ばれる。 孵化したてのサケ サケ(鮭 Oncorhynchus keta)は、サケ目サケ科サケ属の魚。狭義には種としてのO.

新しい!!: コディアックヒグマとサケ · 続きを見る »

哺乳類

哺乳類(ほにゅうるい、英語:Mammals, /ˈmam(ə)l/、 学名:)は、脊椎動物に分類される生物群である。分類階級は哺乳綱(ほにゅうこう)とされる。 基本的に有性生殖を行い、現存する多くの種が胎生で、乳で子を育てるのが特徴である。ヒトは哺乳綱の中の霊長目ヒト科ヒト属に分類される。 哺乳類に属する動物の種の数は、研究者によって変動するが、おおむね4,300から4,600ほどであり、脊索動物門の約10%、広義の動物界の約0.4%にあたる。 日本およびその近海には、外来種も含め、約170種が生息する(日本の哺乳類一覧、Ohdachi, S. D., Y. Ishibashi, M. A. Iwasa, and T. Saitoh eds.

新しい!!: コディアックヒグマと哺乳類 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »