ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

コザニ

索引 コザニ

ニ (Kozani (Κοζάνη))は、北ギリシャの都市。西マケドニア(ペリフェリエス)及びコザニ県の都。.

55 関係: 中央マケドニア市町村長地方マグニチュードマケドニアマケドニア (ギリシャ)マケドニア王国ネクロポリスポントスヤシ (ルーマニア)ヨアニナヨアニス・アマナティディスラリサラテンリガス・ヴェレスティンリス・フェレオスルーマニアロンドン (曖昧さ回避)ヴラフ人ヴォロストルコブリストル (コネチカット州)パトラピリッポス2世テッサリアテッサロニキディオニュシウスフロリナベグアナトリア半島アメリカ合衆国アリアクモン川イピロスイオニア海オリンピック航空オスマン帝国キリスト教ギリシャギリシャとトルコの住民交換ギリシャの地方行政区画ギリシャ人ギリシャ独立戦争ギリシャ軍ギリシャ正教会コザニ県スラヴ語派サフラン第一次バルカン戦争褐炭西マケドニア...謝肉祭鉄器時代Vienna控訴院東ヨーロッパ時間 インデックスを展開 (5 もっと) »

中央マケドニア

中央マケドニア(ちゅうおうマケドニア、Κεντρική Μακεδονία / Kentrikí Makedonía)は、ギリシャ共和国の広域自治体であるペリフェリア(地方)のひとつ。ギリシャ領マケドニアの中心をなす。首府はギリシャ第二の都市であるテッサロニキで、ペリフェリアとしてもアッティカ地方に次ぐ人口を抱える。面積は18,811 km2、人口1,931,870人(2005年)。.

新しい!!: コザニと中央マケドニア · 続きを見る »

市町村長

市町村長(しちょうそんちょう)とは、地方自治体である市・町・村の長であり、それぞれの長は市長・町長・村長と呼ばれる。市町村長はそれらの総称である。.

新しい!!: コザニと市町村長 · 続きを見る »

地方

地方(ちほう)とは、.

新しい!!: コザニと地方 · 続きを見る »

マグニチュード

地震のマグニチュード (magnitude) とは、地震が発するエネルギーの大きさを対数で表した指標値である。揺れの大きさを表す震度とは異なる。日本の地震学者和達清夫の最大震度と震央までの距離を書き込んだ地図に着想を得て、アメリカの地震学者チャールズ・リヒターが考案した。 リヒターの名からリヒター・スケール (Richter scale, 、読:リクター・スケール) ともいう。マグニチュードは地震のエネルギーを1000の平方根を底とした対数で表した数値で、マグニチュードが 1 増えると地震のエネルギーは約31.6倍になり、マグニチュードが 2 増えると地震のエネルギーは1000倍になる。 地震学ではモーメントマグニチュード (Mw) が広く使われる。日本では気象庁マグニチュード (Mj) が広く使われるが、長周期の波が観測できるような規模の地震(Mj5.0以上)ではモーメントマグニチュードも解析・公表されている。 一般的にマグニチュードは M.

新しい!!: コザニとマグニチュード · 続きを見る »

マケドニア

マケドニア。マケドニア共和国(赤)、ギリシャ(白)、ブルガリア(緑)、アルバニア(橙)、セルビア(桃)にまたがっている マケドニアの地形 マケドニア(ギリシア語:Μακεδονία、マケドニア語:Македонија、英語:Macedonia、ブルガリア語:Македония)は、東ヨーロッパのバルカン半島中央部にあたる歴史的・地理的な地域。67,000km2ほどの広さにおよそ465万人が住み、中心的な都市は南東部にあるギリシャ領のテッサロニキ(サロニカ)である。 現在はギリシャ、ブルガリアのそれぞれ一部と、独立国のマケドニア共和国(国際連合などでの呼称はマケドニア旧ユーゴスラビア共和国。詳細は後述)の3つの国の領土に分かたれており、南部を占めるギリシャがおおよそ50%、マケドニア共和国が北西部40%、ブルガリアが北東部10%ほどを占めている。 ギリシャ領となっている南部を「エーゲ・マケドニア」(エーゲ海に由来)、ブルガリア領の北東部を「ピリン・マケドニア」(ブルガリア・マケドニア国境に位置するピリン山脈に由来)、ユーゴスラビア領から独立してマケドニア共和国となった北西部を「ヴァルダル・マケドニア」(領内を流れるヴァルダル川に由来)と呼ぶ事もある。この名称はマケドニア地域の統一感を好むスラヴ系マケドニア人によって好んで用いられ、ギリシャ人やブルガリア人にとっては攻撃的で不快な呼称とみなされる。また、アルバニア領の「マラ・プレスパおよびゴロ・ブルド」、コソボ領の「ゴーラ」、セルビア領の「プロホル・プチニスキ」もマケドニアの一部と見なされる。.

新しい!!: コザニとマケドニア · 続きを見る »

マケドニア (ギリシャ)

リシャの地域としてのマケドニア マケドニア(Μακεδονία / ラテン文字転写: Makedonia)は、ギリシャの地理的・歴史的な地方のひとつ。ギリシャ全土を9つに分けた「地理な地方」のうちで最大の面積を持ち、人口は2番目に多い。テッサリア、および西トラキアとともに、「北部地方」と呼ばれる。 ギリシャのマケドニアは、アレキサンダー大王の出生地を含む、古代マケドニア王国の領域の大部分を占めている。このマケドニアという地域名称は、後により広範囲に拡大して用いられるようになり、今日の「マケドニア」として知られる地域名称のうち、ギリシャ領の部分は面積で52.4%、人口で52.9%を占めている。この拡大したマケドニアの領域は1912年までオスマン帝国に属していたが、1913年以降のバルカン戦争によってこの領域はギリシャ、セルビア、ブルガリアの3国によって分割された。新しいギリシャとオスマン帝国の国境線は1913年のアテネ条約によって確認された。.

新しい!!: コザニとマケドニア (ギリシャ) · 続きを見る »

マケドニア王国

マケドニア王国(Μακεδονικό βασίλειο)は、紀元前7世紀に古代ギリシア人によって建国された歴史上の国家である。現在のギリシャ共和国西マケドニア地方・中央マケドニア地方の全域と、マケドニア共和国南東部ドイラン・ボグダンツィ・ゲヴゲリヤ及び南西部レセン・オフリド各基礎自治体の一部、ブルガリア・ブラゴエヴグラト州のギリシャとの国境地帯、アルバニアのポグラデツ県・コルチャ県・デヴォル県の一部にまたがる地域にあった。北西ギリシア方言群のひとつであるマケドニア方言を話した。.

新しい!!: コザニとマケドニア王国 · 続きを見る »

ネクロポリス

ネクロポリス(necropolis, 複数形:necropolises or necropoleis)は、巨大な墓地または埋葬場所である。語源は、ギリシャ語のnekropolis(死者の都)。大都市近郊の現代の共同墓地の他に、古代文明の中心地の近くにあった墓所、しばしば人の住まなくなった都市や町を指す。.

新しい!!: コザニとネクロポリス · 続きを見る »

ポントス

ポントス地方 ポントス王国最大領域(ミトリダテス6世統治時期) ポントス(Πόντος)は、アナトリア地方の黒海南岸、特に南岸のうち東部の地方名である。ヘレニズム時代よりの歴史を有し、現在はトルコ共和国領内に属している。なお、ラテン語表記に基づきポントゥス(Pontus)とも呼ばれる。.

新しい!!: コザニとポントス · 続きを見る »

ヤシ (ルーマニア)

ヤシ(ルーマニア語:Iași;ハンガリー語:Jászvásár;ドイツ語:Jassy;ブルガリア語:Яш)はルーマニア北東部、モルダヴィア地方の中央に位置する都市である。ルーマニア東部の主要都市の1つで、かつてのモルダヴィア公国の首都。ルーマニア第2の都市でもある。ヤッシーとも。ヤースヴァーシャールというのはチャーンゴー人に好まれる言い方でもある。 現在は同名のヤシ県の県都である。 .

新しい!!: コザニとヤシ (ルーマニア) · 続きを見る »

ヨアニナ

ヨアニナ(Ιωάννινα / Ioanina)は、ギリシャ共和国イピロス地方の都市であり、その周辺地域を含む基礎自治体(ディモス)。イピロス地方の首府であり、ヨアニナ県の県都である。 パンヴォティサ湖の西側にある都市で、都市圏の人口は約10万人である。.

新しい!!: コザニとヨアニナ · 続きを見る »

ヨアニス・アマナティディス

ヨアニス・アマナティディス(Γιάννης Αμανατίδης, Ioannis Amanatidis, 1981年12月3日 - )はギリシャ・コザニ出身の元同国代表選手である。ポジションはFW(センターフォワード)。.

新しい!!: コザニとヨアニス・アマナティディス · 続きを見る »

ラリサ

ラリサ (Λάρισα, Lárisa, Larisa) またはラリッサ (Larissa) は、ギリシア中部の都市。テッサリア地方の中心都市であり、テッサリアの首府でラリサ県の県庁所在地。市街はピニオス川沿いに広がっている。 世界遺産のメテオラに近い。アテネ方面から列車でメテオラに向かう場合、ラリサ駅の手前約40kmのパレオファルサロスでカランバカ方面に乗り換える。.

新しい!!: コザニとラリサ · 続きを見る »

ラテン

ラテン(Latin。稀に漢字で「拉丁」「羅甸」とも)は、ローマの南東にあった古国ラティウム(Latium)の形容詞形 latinus に由来する言葉である。 日本語ではこの言葉が単独で使われることは少なく、おもに以下の複合語の形で使われる。.

新しい!!: コザニとラテン · 続きを見る »

リガス・ヴェレスティンリス・フェレオス

リガス・ヴェレスティンリス・フェレオス(希:、Rigas Velestinlis, Rigas Feraios, Rigas Constantinos, Рига од Фере (Riga od Fere), Riga Velestinac、1757年1798年)は、オスマン帝国支配下にあったギリシャの詩人。ギリシャ独立を訴える詩を書き上げた。.

新しい!!: コザニとリガス・ヴェレスティンリス・フェレオス · 続きを見る »

ルーマニア

ルーマニアは、東ヨーロッパに位置する共和制国家。南西にセルビア、北西にハンガリー、北にウクライナ、北東にモルドバ、南にブルガリアと国境を接し、東は黒海に面している。首都はブカレスト。 国の中央をほぼ逆L字のようにカルパティア山脈が通り、山脈に囲まれた北西部の平原をトランシルヴァニア、ブルガリアに接するワラキア、モルドバに接するモルダヴィア、黒海に面するドブロジャの4つの地方に分かれる。 東欧では数少ないロマンス系の言語であるルーマニア語を公用語として採用している国家であるが、宗教的には東方教会系のルーマニア正教会が多数派である。いっぽう北西のポーランドはスラヴ語派のうち西スラヴ語群に属するポーランド語が主に話されているが、宗教的にはカトリック教会が支配的であり、ルーマニアとは好対照をなしている。.

新しい!!: コザニとルーマニア · 続きを見る »

ロンドン (曖昧さ回避)

ンドン.

新しい!!: コザニとロンドン (曖昧さ回避) · 続きを見る »

ヴラフ人

ヴラフ人(Vlach )は、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、南東ヨーロッパにおいて、複数のラテン系の人々を指し示して使われる民族呼称である。ヴラヒ人、ワラキア人などと書かれることもある。ヴラフ人と呼ばれる人々には、現代のルーマニア人(ダコ=ルーマニア人)、アルーマニア人、モルラク人(Morlachs)、メグレノ=ルーマニア人(Megleno-Romanians)、イストロ=ルーマニア人(Istro-Romanians)などが含まれる。中でも、自民族の国としてルーマニアを持つルーマニア人を除いた人々を指すことが多い。 ヴラフ人という呼称は外名であった。ヴラフと呼ばれる各民族は、それぞれ「ローマ人」に由来する自称を用いてきた(Români、Rumâni、Rumâri、Aromâni、Arumâniなど)。メグレノ=ルーマニア人は現在は自称として「Vlaşi」を用いているが、歴史的には「Rămâni」を自称としていた。イストロ=ルーマニア人もまた「Vlaşi」という呼び名を受け入れているが、「Rumâni」や「Rumâri」も使われ続けている。 ヴラフ人は、トラキア人やイリュリア人、ギリシャ人などの古代からのバルカンの住民が「ローマ化」されたものと考えられることもある(ダキア人を含む)が、定説とまではなっていない。 ヴラフ人の言語は、東ロマンス諸語(Eastern Romance languages)と呼ばれ、共通の古ルーマニア語(Proto-Romanian language)から分化したものである。過去数世紀にわたり、ヴラフ人たちはそれぞれ細かいグループに分かれていき、スラヴ人やギリシャ人、アルバニア人、クマン人などの周辺の民族と混交していった。 中央ヨーロッパや南東ヨーロッパのほぼ全ての国にヴラフ人は少数民族として暮らしており、ハンガリー、ウクライナ、セルビア、クロアチア、マケドニア共和国、アルバニア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ギリシャ、ブルガリアなどがこれに含まれる。これ以外に、ポーランドやチェコ、スロバキア、モンテネグロでは周辺のスラヴ人に同化してヴラフ人は見られなくなった。ルーマニアとモルドバでは、(「ダコ=ルーマニア人」、あるいは単に「ルーマニア人」と呼ばれる)ヴラフ人が民族的に多数派を形成している。.

新しい!!: コザニとヴラフ人 · 続きを見る »

ヴォロス

ヴォロス(Βόλος)は、ギリシャのテッサリア地方マグニシア県の県都である。アテネの326km北、テッサロニキの215km南にあり、ギリシャ本土の中心に位置する港町である。.

新しい!!: コザニとヴォロス · 続きを見る »

トルコ

トルコ共和国(トルコきょうわこく、Türkiye Cumhuriyeti)、通称トルコは、西アジアのアナトリア半島(小アジア)と東ヨーロッパのバルカン半島東端の東トラキア地方を領有する、アジアとヨーロッパの2つの大州にまたがる共和国。首都はアナトリア中央部のアンカラ。 北は黒海、南は地中海に面し、西でブルガリア、ギリシャと、東でジョージア(グルジア)、アルメニア、アゼルバイジャン、イラン、イラク、シリアと接する。.

新しい!!: コザニとトルコ · 続きを見る »

ブリストル (コネチカット州)

ブリストル(Bristol)は、アメリカ合衆国コネチカット州ハートフォード郡南西隅に位置する都市である。州都のハートフォード市の南西20マイル (32 km) に位置している。2010年の国勢調査では人口60,477 人であり、州内では第10位、郡内では第3位の都市である。ウォルト・ディズニー・カンパニー傘下のスポーツ専門チャンネルESPNの中央スタジオが市内にある。またアメリカ最古で現在も稼働しているアミューズメントパーク、レイクコンパウンスがある。19世紀には時計の制作で知られ、アメリカ柱時計と腕時計の博物館がある。ブリストル市の綽名には、昔バネで動く革新的なドアベルを作っていたので「ベルの都市」、昔菊の大生産地であり、現在も毎年ブリストル・マム祭を開催しているので「マムの都市」(菊のラテン語クリサンセマムの最後の「マム」)がある。2010年、雑誌「マネー」の「アメリカで住みたい都市」のリストで第84位にランクされた。2013年、ハートフォード・マガジンが、ハートフォード大都市圏では「支出に見合うだけの価値」がある最良の自治体に挙げた。.

新しい!!: コザニとブリストル (コネチカット州) · 続きを見る »

パトラ

パトラ(Πάτρα / Pátra)は、ギリシャ共和国ペロポネソス半島北西部に位置する港湾都市。西ギリシャ地方の首府であり、アハイア県の県都でもある。古典ギリシャ語およびカサレヴサではパトライ(Πάτραι / Pátrai)と記され、パトラス(Patras)の名でも呼ばれる。周辺の市も含む都市圏人口は約26万人。アテネ・テッサロニキに次ぐ「ギリシャ第三の都市」と呼ばれるが、差は大きく開いている。また、市域のみの人口としてはアテネ大都市圏に含まれるピレウスの方が多く、4位である。 ローマ時代には東地中海世界の国際都市で、アンデレが殉教した土地でもある。ギリシャの「西の玄関」と呼ばれ、イタリアや西欧諸国との貿易が盛んである。国立大学2校と技術大学1校が有る、多くの学生が暮らす科学都市である。.

新しい!!: コザニとパトラ · 続きを見る »

ピリッポス2世

ピリッポス2世(Φίλιππος Β'、紀元前382年 - 紀元前336年)は、アルゲアス朝マケドニア王国のバシレウスである(在位紀元前359年 - 紀元前336年)。フィリッポス2世とも表記される。アミュンタス3世の子で、アレクサンドロス2世、ペルディッカス3世の弟で、先代の王アミュンタス4世(ペルディッカス3世の子)の叔父である。子としては次代のアレクサンドロス3世とそのまた次の王ピリッポス3世、カラノスらがいる。 ギリシアの弱小国であったマケドニアに国政改革を施し、当時先進国であったギリシア南部の諸ポリスにも張り合える強国に成長させた。カイロネイアの戦いでアテナイ・テーバイ連合軍を破り、コリントス同盟の盟主となってギリシアの覇権を握った。.

新しい!!: コザニとピリッポス2世 · 続きを見る »

テッサリア

テッサリア(Θεσσαλία / Thessalía、Thessaly)は、ギリシャ中部の地域名であり、ギリシャ共和国の広域自治体であるペリフェリエス(地方)のひとつである。 テッサリア平原の広がるこの地方は、ギリシャの穀倉地帯である。.

新しい!!: コザニとテッサリア · 続きを見る »

テッサロニキ

アギア・ソフィア聖堂。貴重なイコンや壁画が多く残されている。ギリシャ正教会。 テッサロニキ(Θεσσαλονίκη、ラテン文字転写:Thessaloniki )またはテサロニカ (Thessalonica)(or)は歴史的にはサロニカ(Salonica)の名で知られたギリシャの都市である。テサロニキとも表記する。同国では首都アテネに次ぐ2番目に大きな都市で、中央マケドニアの首府であり マケドニア・トラキア行政管区(Αποκεντρωμένη Διοίκηση Μακεδονίας-Θράκης)の首府でもある。テッサロニキには Συμπρωτεύουσα (Symprotévusa、共同の首都)と言う称号があり、東ローマ帝国時代にはコンスタンティノープルと並びビザンティンに君臨した都市であった。 2011年の国勢調査による統計でのテッサロニキ自治体の人口は322,240人でテッサロニキ自治体と隣接する自治体で構成される都市的地域のテッサロニキ都市圏の人口は790,824人 であった。バルカン半島ではイスタンブール、アテネ、ブカレスト、ソフィア、ベオグラードに次いで6番目に大きな都市圏を形成し、首都でない都市ではイスタンブールに次いで人口が多い都市である。テッサロニキ大都市圏は周辺地域 1455.62km2の範囲で広がり、2011年現在の人口は1,006,730人に達する。テッサロニキはギリシャ第2の都市として、経済や産業、商業、政治の中心であると共に南東ヨーロッパの交通の一大拠点で、テッサロニキ港はギリシャや南東ヨーロッパの後背地にとっては重要な役割を果たしている。 ギリシャにおいて有名な行事が行われたり、様々な時代の遺構が残されていることから文化的な首都であると考えられている。行事には毎年行われるテッサロニキ国際トレードフェアやテッサロニキ国際映画祭などがあり、半年ごとに行われるギリシャ・デゥアスポラの会議が開催される。 2014年の欧州青年首都に選ばれている。 テッサロニキは紀元前315年カッサンドロスによって創建され、以来2,300年の歴史がある都市で、ローマ時代には重要な大都市であった。テッサロニキはビザンティン時代には2番目に富める都市になっており、市内には多くの著名なビザンティン建築が残されている。その中には世界遺産に登録されたテッサロニキの初期キリスト教とビザンティン様式の建造物群も含まれ、同様にローマ時代やオスマン帝国時代のもの、セファルディムの遺構も残されている。 アテネが古代ギリシャを象徴する街なのに対して、中世東ローマ時代のギリシャを象徴する街と言われており、アトス山の修道院共同体もこのテッサロニキが入り口となる。テッサロニキ市のメインとなる大学のアリストテレス大学はギリシャやバルカンでは最大の学生数を誇っている。.

新しい!!: コザニとテッサロニキ · 続きを見る »

ディオニュシウス

ディオニュシオス(Διονύσιος)、または、ディオニュシウス(Dionysius)は、古代ギリシャおよびローマの人名。ギリシア神話の神ディオニューソスを語源とし、古代世界では一般的な名前であった。現在でも英語圏のデニス(Dennis)、フランス語圏のドゥニ(Denis)、ハンガリー語圏のデーネシュ(Dénes)などに残っている。.

新しい!!: コザニとディオニュシウス · 続きを見る »

フロリナ

フロリナ(ギリシャ語:Φλώρινα/Flórina、マケドニア語・ブルガリア語:Лерин/Lerin)は、ギリシャの西マケドニア地方のフロリナ県の県都である。また、正教会の府主教も置かれている。フロリナ市の標語は「ギリシャ人の起源の地」。町は木が生い茂った谷の間にあり、約13km北にはマケドニア共和国との国境がある。.

新しい!!: コザニとフロリナ · 続きを見る »

ベグ

ベグ(beg, begh, beğ)は、テュルク系の指導者、有力者の称号。.

新しい!!: コザニとベグ · 続きを見る »

アナトリア半島

アナトリア半島(アナトリアはんとう、Ανατολία, Anatolia / Aνατολή, Anatolē、Anadolu)は、アジア大陸最西部で西アジアの一部をなす地域である。現在はトルコ共和国のアジア部分をなす。日本語ではアナトリア半島と呼ばれる事が多いが、英語圏では「半島」をつけない、単なるアナトリアであり、地形ではなく人文地理的な地域を表す言葉である。小アジア(Μικρά Ασία, Mikra Asia, Asia Minor)とも言う。.

新しい!!: コザニとアナトリア半島 · 続きを見る »

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国(アメリカがっしゅうこく、)、通称アメリカ、米国(べいこく)は、50の州および連邦区から成る連邦共和国である。アメリカ本土の48州およびワシントンD.C.は、カナダとメキシコの間の北アメリカ中央に位置する。アラスカ州は北アメリカ北西部の角に位置し、東ではカナダと、西ではベーリング海峡をはさんでロシアと国境を接している。ハワイ州は中部太平洋における島嶼群である。同国は、太平洋およびカリブに5つの有人の海外領土および9つの無人の海外領土を有する。985万平方キロメートル (km2) の総面積は世界第3位または第4位、3億1千7百万人の人口は世界第3位である。同国は世界で最も民族的に多様かつ多文化な国の1つであり、これは多くの国からの大規模な移住の産物とされているAdams, J.Q.;Strother-Adams, Pearlie (2001).

新しい!!: コザニとアメリカ合衆国 · 続きを見る »

アリアクモン川

衛星写真を着色したアリアクモン川の流路図 セルビア近くのアリアクモン川をせきとめて出来た人造湖、ポリフィトス湖にかかる1352mの橋 アリアクモン川(Ἁλιάκμων、Aliákmon or Haliákmōn)は、ギリシャ最長の川。全長322km。かつての公用語であるカサレヴサでの名称で、多くの文献がこの名称を採用しているが、現在の公用語であるディモティキではアリアクモナス川 (Αλιάκμονας, Aliákmonas) という。また、英名にしたがってハリアクモン川 (Haliacmon) ともいわれる。スラヴ名はビストリツァ川 (Бистрица) 。西マケドニア(カストリア県、グレヴェナ県、コザニ県)と中央マケドニア(イマティア県、ピエリア県)の各地方を流れる。.

新しい!!: コザニとアリアクモン川 · 続きを見る »

イピロス

イピロス(ギリシャ語: Ήπειρος / Ípiros、Epirus、Epiri)は、ギリシャ共和国の広域自治体であるペリフェリア(地方)のひとつ。歴史的な地名としては、現在のギリシャとアルバニアにまたがるイオニア海沿岸の地域を指す。 古典ギリシャ語ではエペイロス(Ἤπειρος / Ēpeiros)、ラテン語ではエピルス(Epirus)と呼ばれた。日本語表記ではギリシャ語に基づく慣用形としてエピロスも用いられる。.

新しい!!: コザニとイピロス · 続きを見る »

イオニア海

イオニア海(イオニアかい、Ionian Sea)は、地中海の海域の一つである。ギリシャ半島(バルカン半島南部)とイタリア半島南部の間に広がり、北にアドリア海と接する。ギリシャ共和国およびアルバニア南部の西、イタリア本土の南、シチリア島の東にあたる。.

新しい!!: コザニとイオニア海 · 続きを見る »

オリンピック航空

リンピック航空(ギリシャ語名:Ολυμπιακές Αερογραμμές 英語名:Olympic Air)はギリシャの航空会社。本社はギリシャの首都アテネにある。 ギリシャの海運王アリストテレス・オナシス(Aristotle Onassis)が1957年にギリシャ国営航空会社T.A.E.を買収して設立。その後1974年にギリシャ政府が再び買収し、国営航空会社であった。2009年9月に民営化し、英語名をOlympic AirlinesからOlympic Airに変更(日本語名では変更なし)。 2010年2月、エーゲ航空との合併に合意したが、この計画は2011年1月に欧州委員会の審査で不認可となった。 その後、2012年10月22日に当社の大株主である Marfin Investment Group が、エーゲ航空への当社売却に合意。2013年10月9日に欧州委員会から売却の承認を得、当社は同年同月23日にエーゲ航空の子会社となった。.

新しい!!: コザニとオリンピック航空 · 続きを見る »

オスマン帝国

マン帝国(オスマンていこく、)は、テュルク系(後のトルコ人)のオスマン家出身の君主(皇帝)を戴く多民族帝国。英語圏ではオットマン帝国 (Ottoman Empire) と表記される。15世紀には東ローマ帝国を滅ぼしてその首都であったコンスタンティノポリスを征服、この都市を自らの首都とした(オスマン帝国の首都となったこの都市は、やがてイスタンブールと通称されるようになる)。17世紀の最大版図は、東西はアゼルバイジャンからモロッコに至り、南北はイエメンからウクライナ、ハンガリー、チェコスロバキアに至る広大な領域に及んだ。.

新しい!!: コザニとオスマン帝国 · 続きを見る »

キリスト教

リスト教で最も頻繁に用いられるラテン十字 アギア・ソフィア大聖堂にある『全能者ハリストス』と呼ばれるタイプのモザイクイコン。 キリスト教(キリストきょう、基督教、Χριστιανισμός、Religio Christiana、Christianity)は、ナザレのイエスをキリスト(救い主)として信じる宗教「キリスト教」『宗教学辞典』東京大学出版会、1973年、146頁。「キリスト教」『大辞泉』増補・新装版、小学館、1998年11月20日、第一版、714頁。 小学館、コトバンク。。イエス・キリストが、神の国の福音を説き、罪ある人間を救済するために自ら十字架にかけられ、復活したものと信じる。その多く(正教会正教会からの出典:・東方諸教会東方諸教会からの出典:・カトリック教会カトリック教会からの出典:・聖公会聖公会からの出典:・プロテスタントルーテル教会からの出典:改革派教会からの出典:バプテストからの出典:メソジストからの参照:フスト・ゴンサレス 著、鈴木浩 訳『キリスト教神学基本用語集』p103 - p105, 教文館 (2010/11)、ISBN 9784764240353など)は「父なる神」「御父」(おんちち、『ヨハネによる福音書』3:35〈『新共同訳聖書』〉)。と「その子キリスト」「御子」(みこ、『ヨハネによる福音書』3:35〈『新共同訳聖書』〉)・「子なる神」。と「聖霊」を唯一の神(三位一体・至聖三者)として信仰する。 世界における信者数は20億人を超えており、すべての宗教の中で最も多い。.

新しい!!: コザニとキリスト教 · 続きを見る »

ギリシャ

リシャ共和国(ギリシャきょうわこく、ギリシャ語: Ελληνική Δημοκρατία)、通称ギリシャは、南ヨーロッパに位置する国。2011年国勢調査によると、ギリシャの人口は約1,081万人である。アテネは首都及び最大都市であり、テッサロニキは第2の都市及び中央マケドニアの州都である。.

新しい!!: コザニとギリシャ · 続きを見る »

ギリシャとトルコの住民交換

1923年のギリシャとトルコの住民交換 (Ἡ Ἀνταλλαγή, Mübâdele)は、住民の信仰に基づき、トルコのギリシャ正教徒とギリシャのイスラム教徒を交換したものである。トルコ領内に居住する正教徒はギリシャ人と看做されギリシャへ追放され、ギリシャ領内に居住するイスラム教徒はトルコ人と看做されトルコ領内に追放された。これによって現代のギリシャとトルコが「一国家一民族」の国民国家となった。しかし大規模な強制的な住民交換、あるいは「合意の上の相互追放」であり、民族浄化であり、その過程で多くの難民を出した。 「ギリシャとトルコの住民交換の合意書 (":w:Convention Concerning the Exchange of Greek and Turkish Populations")」は1923年1月30日にスイスのローザンヌでギリシャ王国とトルコ共和国との間で調印された。これはおよそ200万人もの人々(130万人のとアナトリアのギリシャ人と35万4000人のギリシャ系イスラム教徒)を巻き込み、彼らのほとんどは、強制的に追放され、事実上、故国から国籍を剥奪された。 1922年の終わりまでに、小アジアのギリシャ人の大半が1914年から1922年のギリシャ人のジェノサイドの際に亡命しており、残るギリシャ人も1919年から1922年の希土戦争で敗北した。複数の概算によれば、1922年の秋の間に、90万人のギリシャ人がギリシャに到着した 住民交換はトルコによって公式の方針として認識され、恒久的なギリシャ人追放とされた。当初はトルコの新たな人口の減少した地域を占領するためにトルコから追放されたギリシャ人より少ない数のトルコ人がギリシャから新たに呼び寄せられた。このときギリシャは、新たな家財を失った「ギリシャ人難民」がトルコによってギリシャにもたらされたことを、ギリシャ系イスラム教徒のトルコへの移住とともに目の当たりにした。.

新しい!!: コザニとギリシャとトルコの住民交換 · 続きを見る »

ギリシャの地方行政区画

本項では、ギリシャの地方行政区画の詳細をしめす。あわせて、ギリシャの地方行政制度・地方自治制度についても触れる。 ギリシャでは2010年から「カリクラティス改革」と呼ばれる大規模な地方制度改革が行われ、行政区画は2011年1月1日付で大きく再編された。全土は13のペリフェリア(地方)、74のペリフェリアキ・エノティタ(県)、325のディモス(市)に区画されている。自治体は二層制で、ディモスが基礎自治体、ペリフェリアが広域自治体である。 ギリシャ共和国の主権の下に属する特殊な地域として、中央マケドニア南方のアトス自治修道士共和国(アトス山)がある。この地域はギリシャ正教修道士による特別な自治が認められており、一般の地方行政制度の外に置かれている。.

新しい!!: コザニとギリシャの地方行政区画 · 続きを見る »

ギリシャ人

リシャ人(ギリシャじん、ギリシア語:Ἕλληνες 現代ギリシア語, Hellēnes古代ギリシア語)とはバルカン半島周辺およびキプロスに出自を持ち、ギリシャ語を母語とする民族。国民としてのギリシャ人(ギリシャ共和国の国籍を有するもの)にはアルーマニア人、アルバニア人、トルコ系、国外からの移住者も含まれる。.

新しい!!: コザニとギリシャ人 · 続きを見る »

ギリシャ独立戦争

リシャ独立戦争(ギリシャどくりつせんそう、ギリシャ語:Ελληνική Επανάσταση του 1821(1821年ギリシャ革命)、英語:Greek War of Independence)は、オスマン帝国からのギリシャの独立を巡り争われた戦争である。 ギリシャは1821年に独立宣言をして戦闘を開始し、1822年に憲法を発布して暫定政府を設立した。1824年と1825年、イングランド銀行で戦時国債を募集した。 1827年のナヴァリノの海戦で優位を確定し、1829年のアドリアノープル条約によって自治国としての独立が承認され、1830年のロンドン議定書によって列強間でギリシャの完全な独立が合意され、最終的には1832年6月のコンスタンティノープル条約でギリシャの独立は正式に承認された。ギリシャでは1821年3月25日を独立記念日としている。 ギリシャ独立戦争の局面は大きく二つに分けられる。フィリキ・エテリアの蜂起からギリシャ軍が有利であった1821年から1825年までが第一期、オスマン帝国が有利になりギリシャ軍に壊滅の危機が迫った1825年から1827年が第二期であるが、1827年に列強三国(イギリス、フランス、ロシア)が介入したことによりギリシャの独立は現実味を帯びた。そして1830年ロンドン議定書が締結されたことで独立が決定されたが、そこには多くの問題が含まれていた。.

新しい!!: コザニとギリシャ独立戦争 · 続きを見る »

ギリシャ軍

リシャ軍(ギリシャぐん、Eλληνικές Ένοπλες Δυνάμεις)は、ギリシャ陸軍、ギリシャ海軍、ギリシャ空軍の3軍で構成されるギリシャ共和国の軍隊。管理・運営はギリシャ国防省が担当している。 ギリシャは徴兵制を採用しているため、18歳以上の男子は12ヶ月の兵役に就く義務があるが、将来的に職業軍人制へ移行することが計画されている。 ギリシャは欧州連合(EU)および北大西洋条約機構(NATO)の加盟国であり、アフガニスタンのISAF、ボスニアとチャドのEUFOR、コソボのKFORなど国際平和維持活動にも積極的に参加している。.

新しい!!: コザニとギリシャ軍 · 続きを見る »

ギリシャ正教会

リシャ正教会(ギリシャせいきょうかい)は、以下の三通りの意義に使われる、キリスト教の教派・教会組織を指す言葉。本項では下記1番の用例による、ギリシャ共和国に存在するギリシャ正教会について詳述する。.

新しい!!: コザニとギリシャ正教会 · 続きを見る »

コザニ県

ニ県(Περιφερειακή ενότητα Κοζάνης)は、ギリシャ共和国の西マケドニア地方を構成する行政区(ペリフェリアキ・エノティタ)のひとつ。県都はコザニ(Κοζάνη / Kozani)。.

新しい!!: コザニとコザニ県 · 続きを見る »

スラヴ語派

ラヴ語派(スラヴごは)とは、インド・ヨーロッパ語族バルト・スラヴ語派の一派で、スラヴ系諸民族が話す言語の総称。かつては同民族の祖先スラヴ人に話される「スラヴ祖語」が存在したと想定されるが、スラヴ人の民族大移動の頃(5 - 6世紀)から分化が進み、次第に各語群が独自の特徴を明確にし始め、12世紀には単一言語としての統一は完全に失われた。.

新しい!!: コザニとスラヴ語派 · 続きを見る »

サフラン

フラン(Crocus sativus、saffraan、saffron、safran)は、 西南アジア原産で、最初に栽培されたのがギリシアとされる、アヤメ科の多年草およびそのめしべを乾燥させた香辛料をさす。地中海の島で発掘された壁画によると、青銅器時代から栽培されたと考えられる。.

新しい!!: コザニとサフラン · 続きを見る »

第一次バルカン戦争

一次バルカン戦争(だいいちじバルカンせんそう)は、1912年10月から1913年5月まで行われ、オスマン帝国に対するバルカン同盟(セルビア、モンテネグロ、ギリシャ、ブルガリア)の戦争である。バルカン連合軍は兵員数で劣勢で戦略的にも劣勢なオスマン軍に勝利し、迅速な成功を成し遂げた。戦争の結果、欧州に残るオスマン帝国の領地は殆ど連合軍の手中に収められた。続いてアルバニアの独立にも結び付いた。成功にもかかわらずブルガリアは和平とオスマンの脅威が去ったことで不満を持ち、まもなく第二次バルカン戦争を始め、今度は第一次バルカン戦争の連合軍と闘うことになった。.

新しい!!: コザニと第一次バルカン戦争 · 続きを見る »

(けん)とは、地方のための行政機関の一種。正字の「縣」は釣り下がる意。元は中国の地方行政の名称で官庁を指したが、県の長の管轄する範囲も表すようになった。 現在の日本では地方自治法(昭和22年4月17日法律第67号)施行後、市町村を包括する広域の地方公共団体となり、県の事務所は県庁といい、法人格を持つ。.

新しい!!: コザニと県 · 続きを見る »

褐炭

ブリケット加工された褐炭。 ハンバッハでの褐炭露天掘り風景。ケルンの西方に多数存在するこれらの露天掘鉱山は、採掘終了後は巨大な人造湖になる予定。一方で、景観破壊、住民集団移転も問題になっている。 褐炭(かったん、Lignite、brown coal)とは、石炭の中でも石炭化度が低く、水分や不純物の多い、最も低品位なものを指す。ただし、褐炭のごく一部に黒玉として珍重されるものも存在する。.

新しい!!: コザニと褐炭 · 続きを見る »

西マケドニア

西マケドニア(にしマケドニア、Δυτική Μακεδονία / Ditikí Makedonía)は、ギリシャ共和国の広域自治体であるペリフェリア(地方)のひとつ。ギリシャ領マケドニアの西部にあたる。首府はコザニ。 2000m級の山々に囲まれた山国で、人口は約30万人。ギリシャ本土では最も人口が少なく、またギリシャ全土で最も人口密度が稀薄なペリフェリアである。石炭資源に恵まれており、火力発電によってギリシャの電力の70%を生産している。.

新しい!!: コザニと西マケドニア · 続きを見る »

謝肉祭

仮面舞踏会のマスク姿のヴェネツィアのカーニバル 謝肉祭(しゃにくさい、カーニバル)は、もともとカトリックなど西方教会の文化圏で見られる通俗的な節期で、四旬節の前に行われる。仮装したパレードが行なわれたり、菓子や花を投げる行事などが行なわれてきたことから、現代では宗教的な背景のない単なる祝祭をもカーニバルと称することが少なくない。.

新しい!!: コザニと謝肉祭 · 続きを見る »

鉄器時代

鉄器時代のケルトの銀器 (グンデストルブの大鍋) 鉄器時代(てっきじだい)は、デンマークのクリスチャン・トムセンが提唱した歴史区分法の1つ。主に利用されていた道具の材料で時代を、石器時代、青銅器時代、鉄器時代と3つに区分する三時代(時期)法を採用し、鉄器時代はその中の最後の時代に相当する。.

新しい!!: コザニと鉄器時代 · 続きを見る »

Vienna

* ウィーン - オーストリアの首都.

新しい!!: コザニとVienna · 続きを見る »

控訴院

控訴院(こうそいん)は、大審院の下級、地方裁判所の上級に置かれた裁判所。裁判所官制(明治19年勅令第40号、実効性喪失)及び裁判所構成法(明治23年法律第6号、1947年(昭和22年)廃止)に基づき、1886年(明治19年)から1947年(昭和22年)まで、日本各地にあった。裁判所法(昭和22年法律第59号)の高等裁判所に相当する。1947年(昭和22年)の改組時には、東京・大阪・宮城(仙台)・広島・名古屋・札幌・福岡の7ヶ所に置かれていた。 控訴院は、内地において、地方裁判所の判決に対する控訴の裁判を行った。東京控訴院では、民間人と皇族との間に起きた民事訴訟の第一審も扱った。長崎控訴院では、治外法権区域(租界)の領事裁判所の控訴審も扱った。.

新しい!!: コザニと控訴院 · 続きを見る »

東ヨーロッパ時間

東ヨーロッパ時間(ひがしヨーロッパじかん、Eastern European Time - EET)は、協定世界時 (UTC)を2時間進ませた標準時である。(UTC+2) 3月最終日曜日の午前3時(夏時間では午前4時)から10月最終日曜日の午前3時(夏時間では午前4時)までは、夏時間の東ヨーロッパ夏時間(Eastern European Summer Time) が使用される。.

新しい!!: コザニと東ヨーロッパ時間 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »