ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ココナッツファイバー

索引 ココナッツファイバー

ナッツファイバーは、ココナッツの果皮から得られる植物繊維である。用途としては、ブラシ、フロアマット、マットレス、ロープ、網、より糸に使われる。多くの場合、ココナッツから摂れるコプラ油の副産物である。英語でココナッツファイバーを意味するCoir(コイヤー、コイア)はマラヤーラム語で縄を意味するkayarを語源としている。.

17 関係: 基質ミズゴケ属マラヤーラム語マットレスマッシュルームロープブラシフロアマットアレルゲンコプラココナッツセイロン島国際連合食糧農業機関英語植物繊維海苔

基質

基質 (きしつ)とは.

新しい!!: ココナッツファイバーと基質 · 続きを見る »

ミズゴケ属

ミズゴケ属(みずごけぞく、学名:Sphagnum)は、ミズゴケ綱ミズゴケ科に分類されるコケ植物の1属。多孔質の植物体を形成し、多量の水を含むことができる。世界では約150種、日本では47種が分類されている。.

新しい!!: ココナッツファイバーとミズゴケ属 · 続きを見る »

マラヤーラム語

マラヤーラム語(マラヤーラムご、マラヤーラム語: മലയാളം)は、南インドのケーララ州などで話される言語である。インド憲法で認められている22の公用語のうちの一つであり、話者は約3,570万人。マラヤラム語を話す人々は マラヤーリ と呼ばれる。 マラヤーラム語はドラヴィダ語族に属する。言語の基本構造と正書法は、ともにタミル語によく似ている。マラヤーラム語は、独自の文字マラヤーラム文字をもっている。.

新しい!!: ココナッツファイバーとマラヤーラム語 · 続きを見る »

マットレス

イーンサイズのマットレス マットレス(mattress)とは、ベッドの上や敷き布団の下などに用いる寝具である。アラビア語で「横たわる場所」を意味するMatrah(مطرح)の語に由来する。 マットレスは大きく分けて、ベッド用と布団用に分けられる。ベッド用は主にベッドのボトムの上にのせて使用する。寝心地という面ではメインになるため様々なバリエーションがある。布団用は床の上に置きその上に布団がのる。あくまで敷き布団の補助といった意味合いで使われる。器械体操で使用されるマットは、マットレスではない。 なお、日本ではウレタンフォームマットレス及びスプリングマットレスについて家庭用品品質表示法の適用対象となっており雑貨工業品品質表示規程に定めがある。.

新しい!!: ココナッツファイバーとマットレス · 続きを見る »

マッシュルーム

マッシュルームとは.

新しい!!: ココナッツファイバーとマッシュルーム · 続きを見る »

ロープ

船舶係留用ロープ コイルロープ(Z縒り) ロープとは、紐や針金などの細長い繊維または素線を、さらに縒り合わせたもの。 けん引や支持などを目的とするロープは綱(つな)ともいい、縛るためのロープは縄(なわ)ともいう。また、登山の用途に用いるものをザイルと呼ぶことが多いが、これはドイツ語で「綱」の意味であり、英語のロープと同義語である。.

新しい!!: ココナッツファイバーとロープ · 続きを見る »

ブラシ

ブラシ (brush) は、多数の繊維や針金などを生やした、棒状の道具。漢字では「刷子」の字をあてる(ただし、「刷子」は「刷毛」と同様に「はけ」とも読まれる)。より英語の発音に近い発音のブラッシュが使われる場合も有る。.

新しい!!: ココナッツファイバーとブラシ · 続きを見る »

フロアマット

フロアマット.

新しい!!: ココナッツファイバーとフロアマット · 続きを見る »

アレルゲン

アレルゲン()とは、アレルギー疾患を持っている人の抗体と特異的に反応する抗原のこと。一般には、そのアレルギー症状を引き起こす原因となるものを言うが、感作はされているが具体的な症状があるわけではない人においても、その抗体と反応する抗原もアレルゲンと呼ぶ。さらに広義には、それに対するアレルギー患者が多いなど、アレルギーの原因によくなり得る物質のこと。 正確には抗体と反応してアレルギーを引き起こす物質(抗原)そのものを指すが、その抗原を含んだ物質(食品など)を指すことも多い。たとえばスギ花粉症におけるアレルゲンは Cry j 1(クリジェイワン)などの花粉に含まれるタンパク質が同定されているが、一般にはスギ花粉症のアレルゲンはスギ花粉として認識されている。 アレルギー物質ともいう(とくに、上記の「アレルギーの原因によくなり得る物質」のことや、「アレルゲンを含んだ物質」の意でそう呼ばれる)。 免疫反応のひとつである抗原抗体反応における抗体をアンチボディ (antibody)、抗原をアンチゲン (antigen) というが、アレルゲンとはアンチゲンとアレルギーとを合成した造語である。アレルギーという疾患(メカニズム)の提唱者であるオーストリアの小児科医フォン・ピルケーがそのように呼んだ。.

新しい!!: ココナッツファイバーとアレルゲン · 続きを見る »

コプラ

thumbコプラ(copra)は、ココヤシの果実の胚乳を乾燥したもの。灰白色で約40-65 %の良質脂肪分を含む。主に東南アジア諸国や太平洋諸島で生産され、住民の貴重な現金収入源となっている。.

新しい!!: ココナッツファイバーとコプラ · 続きを見る »

ココナッツ

熟果の断面。白い部分が固形胚乳。 ココナッツ()はヤシ科の単子葉植物、ココヤシの果実である。ココナツあるいは、単に椰子の実ともいう。.

新しい!!: ココナッツファイバーとココナッツ · 続きを見る »

セイロン島

イロン島(セイロンとう、Ceylon )は、インド洋に浮かぶ島嶼の一つ。現在はスリランカの呼称を使う場合もある。.

新しい!!: ココナッツファイバーとセイロン島 · 続きを見る »

国際連合食糧農業機関

国際連合食糧農業機関(こくさいれんごうしょくりょうのうぎょうきかん、Food and Agriculture Organization、FAO)は、飢餓の撲滅を世界の食糧生産と分配の改善と生活向上を通して達成するのを目的とする、国際連合の専門機関の一つである。 主にその活動は先進国と発展途上国の両方で行われ、国際的な農業水産林業に関する政策提言および協議をする際に各国が公平に話し合えるプラットホームとしての役割も果たしている。国際連合食糧農業機関(FAO) は、他にも知識と情報を蓄積する役割も担っており、発展途上国が農業水産林業分野で技術改善を進めて、その結果として発展途上国の一般市民がより栄養価の高い食物を入手できる手伝いをしている。近年は食糧安全保障を重要課題として掲げ、様々な国際的な調査に基づき、世界各国の農林水産業への勧告などを行ってもいる。 ロゴにも入っているfiat panisはこの機関のモットーで、ラテン語で「人々に食べ物あれ」という意味を持つ。.

新しい!!: ココナッツファイバーと国際連合食糧農業機関 · 続きを見る »

網と浮き玉 網(网、あみ)とは、柔軟性に富む糸などを用いて格子状に結びつけて編み込まれた物である。ネット(net)ともいう。.

新しい!!: ココナッツファイバーと網 · 続きを見る »

英語

アメリカ英語とイギリス英語は特徴がある 英語(えいご、)は、イ・ヨーロッパ語族のゲルマン語派に属し、イギリス・イングランド地方を発祥とする言語である。.

新しい!!: ココナッツファイバーと英語 · 続きを見る »

植物繊維

植物繊維(しょくぶつせんい)は、植物からとれる繊維である。主成分は植物細胞壁の骨格成分であるセルロース。 植物から得られる繊維は、植物組織のうち、より利用に適した部分だけを縒り出して糸とし、これを織って布として利用したりする場合もあれば、乾燥させた植物そのものを縒り合せて使用する場合もある。ただ後者は「繊維」とは別のものであるため、本項では主に前者に付いて説明する。多くの場合は繊維が揃っていて長いこともあり、ある程度の引っ張り強度を発揮するため、動物繊維を得るための家畜の利用が進まなかった地域では、主要な衣服の材料となった。 広く使われている植物繊維には、綿や麻・ジュートなどがある。布に用いる繊維としての特徴は、丈夫、熱や洗濯に強い、しわになりやすい、縮みやすいなどがある。衣類の材料としては、水との親和性が高く、吸湿性に優れるため高温多湿の地域では布の材料として好んで使われる植物繊維だが、逆に動物繊維のような撥水効果(水を防ぐこと)がないため、寒冷な地域での風雨に晒される防寒着には不適である。ただ、綿などは実から得られた繊維の塊を布の間に断熱材に挿むことで、防寒着として、また布団(寝具)などにも利用される。 紙は、植物からマトリクスであるリグニンおよびヘミセルロースを除去するパルプ化の後、パルプ繊維(細胞壁単位)を分離(離解)・叩解し、抄紙した素材である。セルロース繊維はその表面に水酸基を多数有するため、乾燥させると水素結合を形成して自己接着することで紙となる。乾燥後は、パルプ繊維の膨潤能・相互順応性が不可逆的に低下するホーニフィケーションと呼ばれる現象が起こる。布とは異なり、塗料を塗りこむことで防水性を持たせるなど、機能性モディファイが可能である。 なお、繊維によっては原料となる植物の繊維部分と肉質の部分を分離させる必要があり、水などに浸して肉質部分を腐らせ、繊維だけを取り出すものもある。例えばバショウなどはそうやって取り出した繊維から芭蕉布が作られるし、マニラアサからは強固な繊維が得られるため、綱の材料として古くから利用されている。植物の種類によっても得られる繊維の性質が違い、様々な植物から繊維が取り出され利用されている。 シロアリをはじめとする昆虫の食害に遭う場合もある。 近年、パルプ繊維を様々な手法により解繊することで、セルロースナノファイバーが抽出され、ナノテクノロジー分野での応用研究が世界的に盛んである。.

新しい!!: ココナッツファイバーと植物繊維 · 続きを見る »

海苔

海苔(のり)とは、紅藻・緑藻・シアノバクテリア(藍藻)などを含む、食用とする藻類の総称。日本では、古く「紫菜」・「神仙菜」であったが、食品として、それら藻類を加工した「生海苔」や「板海苔」などが食されており、江戸前寿司などで重要な材料となっている。 日本語の「ノリ」はヌラ(ぬるぬるするの意)を語源としており、水中の岩石に苔のように着生する藻類全般を表す語でもあるが、広義には食用とする紅藻類・藍藻類の総称である。平安末期は 「甘海苔」といい、アマノリを板海苔に成形した『浅草海苔』として広まった。 海苔はタンパク質、食物繊維、ビタミン、カルシウム、EPA、タウリン、ベーターカロテン、アミノ酸などが豊富に含まれており栄養に富んでいる。日本のほか、中国、韓国、イギリス、ニュージーランドで養殖もされている。1980年代にアメリカでも養殖が試されたが、失敗に終わっている。.

新しい!!: ココナッツファイバーと海苔 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »