ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ゲオルク (ザクセン=アルテンブルク公)

索引 ゲオルク (ザクセン=アルテンブルク公)

ン=アルテンブルク公ゲオルク、1820年頃 ゲオルク・カール・フリードリヒ・フランツ(ドイツ語:Georg Karl Friedrich Franz von Sachsen-Altenburg, 1796年7月24日 - 1853年8月3日)は、ザクセン=アルテンブルク公(在位:1848年 - 1853年)。 ザクセン=ヒルトブルクハウゼン公(1826年よりザクセン=アルテンブルク公)フリードリヒとその妃でメクレンブルク=シュトレーリッツ大公カール2世の娘であるシャルロッテの間の四男、事実上の次男として生まれた。1848年革命の煽りを受けて退位した兄ヨーゼフの後を継いで、ザクセン=アルテンブルク公となった。.

16 関係: メクレンブルク=シュヴェリーンメクレンブルク=シュトレーリッツモーリッツ・フォン・ザクセン=アルテンブルクヨーゼフ (ザクセン=アルテンブルク公)フリードリヒ (ザクセン=アルテンブルク公)フリードリヒ・ルードヴィヒ・ツー・メクレンブルクドイツ語エルンスト1世 (ザクセン=アルテンブルク公)カール2世 (メクレンブルク=シュトレーリッツ大公)ザクセン=アルテンブルク公国シャルロッテ・ツー・メクレンブルク (1769-1818)1796年1848年革命1853年7月24日8月3日

メクレンブルク=シュヴェリーン

メクレンブルク=シュヴェリーン(Mecklenburg-Schwerin)は、北ドイツに存在した公国(1815年より大公国)。1348年、メクレンブルク侯アルブレヒト2世とその弟ヨハン1世が、ローマ王カール4世によって公爵に昇叙され、1352年に領土を分割したことにより成立した。 メクレンブルク=シュヴェリーンはバルト海沿岸のホルシュタインとポンメルンに挟まれた位置にあり、神聖ローマ帝国内では比較的弱小な領邦であった。同国を治めたのはスラヴ人の血を引くメクレンブルク家の人々だった。.

新しい!!: ゲオルク (ザクセン=アルテンブルク公)とメクレンブルク=シュヴェリーン · 続きを見る »

メクレンブルク=シュトレーリッツ

メクレンブルク=シュトレーリッツ(ドイツ語:Mecklenburg-Strelitz)は、ドイツ北部に存在した公国(1815年より大公国)。中世より存在したメクレンブルク地方の東端5分の1程度の地域(およそ現在のメクレンブルク=シュトレーリッツ郡に相当)、およびかつてのラッツェブルク司教領であった飛び地(現在のシュレースヴィヒ=ホルシュタイン州の一部)から構成されていた。成立当時、公国の北端はスウェーデン領ポメラニアに、南端はブランデンブルク辺境伯領に接していた。.

新しい!!: ゲオルク (ザクセン=アルテンブルク公)とメクレンブルク=シュトレーリッツ · 続きを見る »

モーリッツ・フォン・ザクセン=アルテンブルク

モーリッツ・フォン・ザクセン=アルテンブルク(Moritz von Sachsen-Altenburg, 1829年10月24日 - 1907年5月13日)は、ドイツのザクセン=アルテンブルク家の公子。全名はモーリッツ・フランツ・フリードリヒ・コンスタンティン・アレクサンダー・ハインリヒ・アウグスト・カール・アルブレヒト (Moritz Franz Friedrich Constantin Alexander Heinrich August Carl Albrecht von Sachsen-Altenburg)。 ザクセン=アルテンブルク公ゲオルクとその妻でメクレンブルク=シュヴェリーン大公世子フリードリヒ・ルートヴィヒの娘であるマリーの間の三男として、テューリンゲンのアイゼンベルク (Eisenberg) に生まれた。イェーナとドレスデンで教育を受けた後、最初はバイエルン軍に、ついで1851年にプロイセン軍に入隊した。プロイセン軍では近衛驃騎兵連隊 (Garde-Husaren-Regiment) 所属の少尉から軍歴を始め、最終的に騎兵大将 (General der Kavallerie) となった。 東方歴史・考古研究団体の会長も務め、アルテンブルクに設立された博物館はモーリッツの名前に因んでマウリティアヌム (Mauritianum) と呼ばれた。1857年に軍務に専念するため会長職を辞した後も、ボン大学で研究を続けた。普仏戦争では義姉のアルテンブルク公爵夫人アグネスとともにドイツ赤十字社の活動を支援し、後に赤十字社のアルテンブルク支部の名誉支部長となった。 1862年10月15日にマイニンゲンにおいて、ザクセン=マイニンゲン公ベルンハルト2世の娘アウグステ(1843年 - 1919年)と結婚し、1男4女の5人の子供をもうけた。男子のない兄エルンスト1世の後継者に指名されたものの、兄より先にトレントアルコで亡くなった。.

新しい!!: ゲオルク (ザクセン=アルテンブルク公)とモーリッツ・フォン・ザクセン=アルテンブルク · 続きを見る »

ヨーゼフ (ザクセン=アルテンブルク公)

ン=アルテンブルク公ヨーゼフ、1848年頃 ヨーゼフ・ゲオルク・フリードリヒ・エルンスト・カール(ドイツ語:Joseph Georg Friedrich Ernst Karl von Sachsen-Altenburg, 1789年8月27日 - 1868年11月25日)は、ザクセン=アルテンブルク公(在位:1834年 - 1848年)。 ザクセン=ヒルトブルクハウゼン公(1826年よりザクセン=アルテンブルク公)フリードリヒとその妃でメクレンブルク=シュトレーリッツ大公カール2世の娘であるシャルロッテの間の次男、事実上の長男として生まれた。1814年には同盟国側についてナポレオン戦争に参加し、その後はザクセン王国軍に少将として仕えた。1834年に父の後を継いでザクセン=アルテンブルク公となった。ヨーゼフの政府は保守反動的だと見なされ、このためドイツで1848年革命が発生した際、ヨーゼフは退位を余儀なくされ、公爵位を弟のゲオルクに譲った。.

新しい!!: ゲオルク (ザクセン=アルテンブルク公)とヨーゼフ (ザクセン=アルテンブルク公) · 続きを見る »

フリードリヒ (ザクセン=アルテンブルク公)

ン=ヒルトブルクハウゼン公フリードリヒ、1790年頃 フリードリヒ(ドイツ語:Friedrich, 1763年4月29日 - 1834年9月29日)は、ザクセン=ヒルトブルクハウゼン公(在位1780年 - 1826年)、のちザクセン=アルテンブルク公(在位1826年 - 1834年)。 ザクセン=ヒルトブルクハウゼン公エルンスト・フリードリヒ3世と、その妻でザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ公エルンスト・アウグスト1世の娘であるエルネスティーネの一人息子として生まれた。1780年に父の死に伴ってヒルトブルクハウゼン公位を継承したが、まだ17歳と若かったため、曾祖父の弟でオーストリア元帥のヨーゼフ・フリードリヒ公子が摂政を務めた。1787年にヨーゼフ・フリードリヒが死ぬと、フリードリヒは親政を開始した。 1785年9月3日、フリードリヒはメクレンブルク=シュトレーリッツ大公カール2世の娘シャルロッテと結婚した。 フリードリヒは人気者で賢い為政者だった。治世中、彼とその美貌の妻シャルロッテのもとで、ヒルトブルクハウゼンの小さな町は文化の全盛期を迎えた。多くの詩人や芸術家がフリードリヒの宮廷を訪れ、ヒルトブルクハウゼンは「小ヴァイマル(Klein Weimar)」と呼ばれるようになった。1825年にザクセン=ゴータ=アルテンブルク公フリードリヒ4世が後継者なく没すると、エルネスティン系諸公国の間で領土再編が行われた。フリードリヒはザクセン=ヒルトブルクハウゼン公国をザクセン=マイニンゲン公国に譲渡し、1826年11月12日にザクセン=アルテンブルク公となった。 1831年、フリードリヒは新たな領国に最初の国家基本法を制定している。.

新しい!!: ゲオルク (ザクセン=アルテンブルク公)とフリードリヒ (ザクセン=アルテンブルク公) · 続きを見る »

フリードリヒ・ルードヴィヒ・ツー・メクレンブルク

メクレンブルク公子フリードリヒ フリードリヒ・ルードヴィヒ・ツー・メクレンブルク(ドイツ語:Friedrich Ludwig zu Mecklenburg, 1778年6月13日 - 1819年11月29日)は、メクレンブルク=シュヴェリーン大公フリードリヒ・フランツ1世の長子。父より先に亡くなったため、大公位を継承できなかった。1815年、メクレンブルク=シュヴェリーンへ攻め込んだナポレオン軍に抵抗し、将軍として指揮を執った。 メクレンブルク公子であったフリードリヒ・フランツと、ザクセン=ゴータ=アルテンブルク公女ルイーゼの第一子として、ルードヴィヒスルストで生まれた。1785年、父の公位継承によって継承予定者となった。ウィーン会議でロシア皇帝アレクサンドル1世の同盟者となったために、メクレンブルク=シュヴェリーンは大公国に昇格した。 わずか41歳で亡くなり、政治に関わることが少なかったために、フリードリヒ・ルードヴィヒの肖像画は非常に少なく、長い間忘れられていた。フリードリヒ・ルードヴィヒは1819年に亡くなり、かつてロシア正教会の礼拝堂であったエレナ・パヴロヴナ霊廟(ルードヴィヒスルスト)に埋葬されている。.

新しい!!: ゲオルク (ザクセン=アルテンブルク公)とフリードリヒ・ルードヴィヒ・ツー・メクレンブルク · 続きを見る »

ドイツ語

ドイツ語(ドイツご、独:Deutsch、deutsche Sprache)は、インド・ヨーロッパ語族・ゲルマン語派の西ゲルマン語群に属する言語である。 話者人口は約1億3000万人、そのうち約1億人が第一言語としている。漢字では独逸語と書き、一般に独語あるいは独と略す。ISO 639による言語コードは2字が de、3字が deu である。 現在インターネットの使用人口の全体の約3パーセントがドイツ語であり、英語、中国語、スペイン語、日本語、ポルトガル語に次ぐ第6の言語である。ウェブページ数においては全サイトのうち約6パーセントがドイツ語のページであり、英語に次ぐ第2の言語である。EU圏内では、母語人口は域内最大(ヨーロッパ全土ではロシア語に次いで多い)であり、話者人口は、英語に次いで2番目に多い。 しかし、歴史的にドイツ、オーストリアの拡張政策が主に欧州本土内で行われたこともあり、英語、フランス語、スペイン語のように世界語化はしておらず、基本的に同一民族による母語地域と、これに隣接した旧支配民族の使用地域がほとんどを占めている。上記の事情と、両国の大幅な領土縮小も影響して、欧州では非常に多くの国で母語使用されているのも特徴である。.

新しい!!: ゲオルク (ザクセン=アルテンブルク公)とドイツ語 · 続きを見る »

エルンスト1世 (ザクセン=アルテンブルク公)

ルンスト1世(Ernst I., 1826年9月16日 - 1908年2月7日)は、ザクセン=アルテンブルク公国の公(在位:1853年 - 1908年)。全名はエルンスト・フリードリヒ・パウル・ゲオルク・ニコラウス(Ernst Friedrich Paul Georg Nikolaus)。ザクセン=アルテンブルク公ゲオルクの長男。 エルンスト1世は1826年9月16日、ゲオルクとその妃であったメクレンブルク=シュヴェリーン大公パウル・フリードリヒの妹マリア(1803年 - 1862年)の間に第一子としてヒルトブルクハウゼン(現テューリンゲン州ヒルトブルクハウゼン郡)で生まれた。彼は1853年4月28日にアンハルト公レオポルト4世の娘アグネス(1824年 - 1897年)とデッサウで結婚し、同年8月3日に父が死去したため公位に即いた。 エルンスト1世は1862年にプロイセン王国との間に軍事同盟を結び、1867年には北ドイツ連邦に加盟した。1870年に勃発した普仏戦争ではプロイセン側について参戦し、翌年ドイツ帝国が成立すると皇帝ヴィルヘルム1世に忠誠を誓っている。 1908年2月7日、エルンスト1世はアルテンブルク(現テューリンゲン州アルテンブルガー・ラント郡)にて死去し、甥のエルンスト2世が公位を嗣いだ。.

新しい!!: ゲオルク (ザクセン=アルテンブルク公)とエルンスト1世 (ザクセン=アルテンブルク公) · 続きを見る »

カール2世 (メクレンブルク=シュトレーリッツ大公)

ール2世(Karl II., 1741年10月10日 - 1816年11月6日)は、メクレンブルク=シュトレーリッツ大公国の初代大公(在位:1816年)。初めはメクレンブルク=シュトレーリッツ公(在位:1794年 - 1816年)。全名はカール・ルートヴィヒ・フリードリヒ(Karl Ludwig Friedrich)。メクレンブルク=シュトレーリッツ公子カールの次男。.

新しい!!: ゲオルク (ザクセン=アルテンブルク公)とカール2世 (メクレンブルク=シュトレーリッツ大公) · 続きを見る »

ザクセン=アルテンブルク公国

ン=アルテンブルク公国 (Sachsen-Altenburg) は、ドイツ中部のテューリンゲン地方に存在した領邦国家。 17世紀に神聖ローマ帝国の領邦として存在したが、ザクセン=ゴータ=アルテンブルク公国に編入されて消滅。同公家が1825年に断絶すると領土の再編が行われて復活し、ドイツ帝国成立以後はその領邦となった。.

新しい!!: ゲオルク (ザクセン=アルテンブルク公)とザクセン=アルテンブルク公国 · 続きを見る »

シャルロッテ・ツー・メクレンブルク (1769-1818)

ン=ヒルトブルクハウゼン公爵夫人シャルロッテ、ヨハン・フィリップ・バッハ画、1790年頃 シャルロッテ・ゲオルギーネ・ルイーゼ・フリーデリケ・ツー・メクレンブルク(Charlotte Georgine Luise Friederike Herzogin zu Mecklenburg, 1769年11月17日 ハノーファー - 1818年5月14日 ヒルトブルクハウゼン(現在のテューリンゲン州ヒルトブルクハウゼン郡))は、ドイツのメクレンブルク=シュトレーリッツ公爵家の公女で、ザクセン=ヒルトブルクハウゼン公(後にザクセン=アルテンブルク公)フリードリヒの妻。プロイセン王妃ルイーゼの長姉である。 メクレンブルク=シュトレーリッツ公(のち大公)カール2世とその最初の妻でヘッセン=ダルムシュタット侯子ゲオルク・ヴィルヘルムの娘であるフリーデリケの間の第1子、長女として生まれた。1785年9月3日にヒルトブルクハウゼンにおいて、ザクセン=ヒルトブルクハウゼン公爵家の当主フリードリヒと結婚し、間に12人の子女をもうけた。.

新しい!!: ゲオルク (ザクセン=アルテンブルク公)とシャルロッテ・ツー・メクレンブルク (1769-1818) · 続きを見る »

1796年

記載なし。

新しい!!: ゲオルク (ザクセン=アルテンブルク公)と1796年 · 続きを見る »

1848年革命

1848年のヨーロッパ 1848年革命(1848ねんかくめい)は、1848年からヨーロッパ各地で起こり、ウィーン体制の崩壊を招いた革命。1848年から1849年にかけて起こった革命を総称して「諸国民の春」(Printemps des peuples, Völkerfrühling, Primavera dei popoli)ともいう。.

新しい!!: ゲオルク (ザクセン=アルテンブルク公)と1848年革命 · 続きを見る »

1853年

記載なし。

新しい!!: ゲオルク (ザクセン=アルテンブルク公)と1853年 · 続きを見る »

7月24日

7月24日(しちがつにじゅうよっか、しちがつにじゅうよんにち)はグレゴリオ暦で年始から205日目(閏年では206日目)にあたり、年末まであと160日ある。誕生花はエンレイソウ、オシロイバナ。.

新しい!!: ゲオルク (ザクセン=アルテンブルク公)と7月24日 · 続きを見る »

8月3日

8月3日(はちがつみっか)は、グレゴリオ暦で年始から215日目(閏年では216日目)にあたり、年末まであと150日ある。.

新しい!!: ゲオルク (ザクセン=アルテンブルク公)と8月3日 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »