ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)

索引 ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)

ルギオス1世(、1845年12月24日 - 1913年3月18日)は、ギリシャの国王(在位:1863年3月30日 - 1913年3月18日)。元々はデンマーク王子だったが、1863年に議会で初代国王オソン1世の廃位と、自身の即位が可決されると、イギリスやフランス、ロシアなど列強諸国の支援もあって、17歳で王位に就いた。これに伴い、デンマークの国教であるルーテル教会からギリシャ正教会に改宗した。 王位に就いた当時は、ギリシャは後進国の位置に甘んじており、このような同国の問題点の解決に努めた。ゲオルギオス1世は一院制議会を施行し、ギリシャが立憲君主制国家であることを宣布し、経済面に力点を置いた近代化を志向した。中でも特に力を注いだ農村環境の改善は、1920年に実現することとなった。一方で、1864年にはイオニア諸島、1881年にはテッサリア、1912年にはマケドニア・イピロス・テッサロニキ、1913年にはクレタ島を獲得した。 しかし、ギリシャの領土獲得のためには手段を選ばないかのような発言を繰り返して周辺諸国の反発を買い、第一次バルカン戦争中の1913年に、前年オスマン帝国から奪還したテッサロニキを訪問した際、暗殺された。 没後、1954年から発行されていた10ドラクマ紙幣に肖像が使用されていた。.

167 関係: 大津事件外務・英連邦大臣安定多数希土戦争 (1897年)一院制ミハイル・ティス・エラザスマリア・フョードロヴナ (アレクサンドル3世皇后)マリア・ゲオルギエヴナマケドニア (ギリシャ)ハノーファー王国バルカン同盟バシレウスメガリ・イデアモンテネグロ王国ヨアニナルーテル教会ルイーゼ・フォン・ヘッセン=カッセルルイトポルト・フォン・バイエルンロシア君主一覧ロシア大公一覧ロシア帝国ヴァルデマー (デンマーク王子)ヴィルヘルム・フォン・ヘッセン=カッセル=ルンペンハイムヴィクトリア (イギリス女王)ヘンリー・ジョン・テンプル (第3代パーマストン子爵)ブルガリア人ブルガリア王国 (近代)プリンス・オブ・ウェールズパナシナイコスタジアムパーヴェル・アレクサンドロヴィチピレウスツェサレーヴィチテューラ・ア・ダンマーク (1853-1933)テッサリアテッサロニキデンマーク君主一覧デンマーク語デンマーク海軍フランス第二帝政フランソワーズ・ドルレアン (1902-1953)フリードリヒ・ヴィルヘルム (シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク=グリュックスブルク公)フレデリク7世 (デンマーク王)フレゼリク8世 (デンマーク王)フィリップ (エディンバラ公)ドミトリー・パヴロヴィチドラクマドイツ語ニコライ2世ニコラオス・ティス・エラザス (1872-1938)ホワイトタワー (テッサロニキ)...ホームレスベルリン会議 (1878年)ベルリン条約 (1878年)列強アルフレート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公)アルコール依存症アルタ (ギリシャ)アレクサンドラ・オブ・デンマークアレクサンドラ・ゲオルギエヴナアレクサンドル2世アレクサンドル3世アンドレアス (ギリシャ王子)アッティカアブデュルハミト2世アドリア海イピロスイオニア諸島イギリス君主一覧イギリス海軍エルンスト・アウグスト (ハノーファー王太子)エレフテリオス・ヴェニゼロスエディンバラ公エドワード7世 (イギリス王)オリンポス山オルガ (ギリシャ王妃)オスマン帝国オソン1世キリスト教ギリシャの首相ギリシャ国王の一覧ギリシャ王国ギリシャ議会ギリシャ陸軍ギリシャ正教会ギリシャ海軍ギリシア語クリミア戦争クリスチャン9世 (デンマーク王)クリストフォロス (ギリシャ王子)クレタ島グリュックスブルク家グリゴリー・ラスプーチングレートブリテン及びアイルランド連合王国ゲオルギー・ミハイロヴィチ (1863-1919)ゲオルギオス (ギリシャ王子)コペンハーゲンコリントス運河コンスタンチン・ニコラエヴィチコンスタンティノス1世 (ギリシャ王)シャルル・ド・フレシネジュール・フェリージョージ・ロビンソン (初代リポン侯爵)スピリドン・ルイスセルビア王国 (近代)サンクトペテルブルク立憲君主制第一次バルカン戦争総督生神女福音大聖堂 (アテネ)青年トルコ人革命首都議会近代オリンピック露土戦争 (1877年-1878年)英語暗殺推定相続人東ルメリ自治州民族統一主義最後通牒拷問普通選挙10月19日10月30日10月31日10月8日11月28日11月9日12月24日1832年1845年1852年1863年1864年1866年1868年1869年1870年1872年1876年1877年1878年1880年1881年1882年1888年1891年1896年1896年アテネオリンピック1897年1898年1901年1906年1908年1910年1912年1913年1920年1923年1938年1940年1944年1954年1957年1月22日3月18日3月30日 インデックスを展開 (117 もっと) »

大津事件

大津事件(おおつじけん)は、1891年(明治24年)5月11日に日本を訪問中のロシア帝国皇太子・ニコライ(後のニコライ2世)が、滋賀県滋賀郡大津町(現大津市)で警備にあたっていた警察官・津田三蔵に突然斬りつけられ負傷した暗殺未遂事件である。 当時の列強の一つであるロシア帝国の艦隊が神戸港にいる中で事件が発生し、まだ発展途上であった日本が武力報復されかねない緊迫した状況下で、行政の干渉を受けながらも司法の独立を維持し、三権分立の意識を広めた近代日本法学史上重要な事件とされる。裁判で津田は死刑を免れ無期徒刑となり、日本政府内では外務大臣・青木周蔵と内務大臣・西郷従道が責任を負って辞職し、6月には司法大臣・山田顕義が病気を理由に辞任した。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と大津事件 · 続きを見る »

外務・英連邦大臣

女王陛下の外務および英連邦大臣()は、イギリスの外務・英連邦省の長たる国務大臣。一般にForeign Secretaryと略され、他国の外務大臣に相当する。Great Offices of Stateと呼ばれる重要閣僚ポストの一つでもある。 諸外国との外交関係、英連邦と海外領土に関わる事項に加えて、海外におけるイギリスの国益の増進を担当する。また、秘密情報部 (MI6) および政府通信本部 (GCHQ) を監督する行政上の権限も有する。 現在の外務・英連邦大臣は、元ロンドン市長のボリス・ジョンソン下院議員で、2016年7月にテリーザ・メイ首相により任用された。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と外務・英連邦大臣 · 続きを見る »

安定多数

安定多数(あんていたすう)とは、国会で政権与党が安定した国会運営を行うために必要な議席数をいう。特に衆議院の議席数に対して使われる。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と安定多数 · 続きを見る »

希土戦争 (1897年)

希土戦争 (ギリシャ語 Ελληνοτουρκικός πόλεμος του 1897)は、1897年にギリシャ王国とオスマン帝国の間に勃発した戦争。オスマン帝国の支配下にあったクレタ島の帰属を巡って争われた。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と希土戦争 (1897年) · 続きを見る »

一院制

一院制(いちいんせい)とは、議会がただ1つの議院によって構成される制度。対義語は、両院制。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と一院制 · 続きを見る »

ミハイル・ティス・エラザス

ミハイル・ティス・エラザス・ケ・ザニアス(, 1939年1月7日 - )は、ギリシャの王族。ギリシャ王子およびデンマーク王子の称号を持つ。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とミハイル・ティス・エラザス · 続きを見る »

マリア・フョードロヴナ (アレクサンドル3世皇后)

マリア・フョードロヴナ(Мария Фёдоровнаマリーヤ・フョーダラヴナ / Maria Fyodorovna、1847年11月26日 - 1928年10月13日)は、デンマーク王クリスチャン9世と王妃ルイーゼの次女で、ロシア皇帝アレクサンドル3世の皇后。ミニーの愛称で呼ばれた。姉にイギリス王エドワード7世の妃アレクサンドラ、長兄にデンマーク国王フレゼリク8世、次兄にギリシャ国王ゲオルギオス1世、妹にハノーファー王国の元王太子エルンスト・アウグストの妃テューラがいる。 幼いうちに早世した第二皇子アレクサンドルを除き、3男2女が成人した。第一皇女クセニアの娘イリナの夫がグリゴリー・ラスプーチンを暗殺したフェリックス・ユスポフである。また姉アレクサンドラとは毎年パリで会っていて、互いにプレゼントを交換し合うほどの仲の良い姉妹だった。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とマリア・フョードロヴナ (アレクサンドル3世皇后) · 続きを見る »

マリア・ゲオルギエヴナ

マリア・ゲオルギエヴナ (Мария Георгиевна、Μαρία της Ελλάδας、1876年3月3日 - 1940年12月14日)は、ロシアの皇族、ロシア大公妃。ゲオルギー・ミハイロヴィチ大公(ニコライ1世の孫)の妻。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とマリア・ゲオルギエヴナ · 続きを見る »

マケドニア (ギリシャ)

リシャの地域としてのマケドニア マケドニア(Μακεδονία / ラテン文字転写: Makedonia)は、ギリシャの地理的・歴史的な地方のひとつ。ギリシャ全土を9つに分けた「地理な地方」のうちで最大の面積を持ち、人口は2番目に多い。テッサリア、および西トラキアとともに、「北部地方」と呼ばれる。 ギリシャのマケドニアは、アレキサンダー大王の出生地を含む、古代マケドニア王国の領域の大部分を占めている。このマケドニアという地域名称は、後により広範囲に拡大して用いられるようになり、今日の「マケドニア」として知られる地域名称のうち、ギリシャ領の部分は面積で52.4%、人口で52.9%を占めている。この拡大したマケドニアの領域は1912年までオスマン帝国に属していたが、1913年以降のバルカン戦争によってこの領域はギリシャ、セルビア、ブルガリアの3国によって分割された。新しいギリシャとオスマン帝国の国境線は1913年のアテネ条約によって確認された。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とマケドニア (ギリシャ) · 続きを見る »

ハノーファー王国

ハノーファー王国(Königreich Hannover)は、現在のドイツ北部、ニーダーザクセン州に存在した国家。 1803年にフランスに占領されたブラウンシュヴァイク=リューネブルク選帝侯領が領土を回復し、1814年のウィーン会議によって王国に昇格することで成立した。 ドイツ連邦の加盟国となり、1866年に普墺戦争に敗れてプロイセン王国に併合され、消滅した。以降は1946年までプロイセンの一州となった.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とハノーファー王国 · 続きを見る »

バルカン同盟

バルカン同盟(バルカンどうめい、Balkan League)は、1912年にバルカン半島に属する諸国である、ブルガリア、セルビア、ギリシャ、モンテネグロの間で結ばれたオスマン帝国に対する同盟。オスマン帝国が弱体化するに伴い、バルカン半島で増加するオーストリアの勢力を押しとどめるためにロシアの主導により締結された。同盟諸国は1912年にオスマン帝国に対し宣戦布告し、バルカン戦争が勃発した。 しかしバルカン同盟は、第一次バルカン戦争による同盟国側の勝利後に、獲得した領土を巡り同盟国同士が反目し、第二次バルカン戦争が勃発する。第一次世界大戦を誘発する伏線となり、同盟は事実上崩壊した。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とバルカン同盟 · 続きを見る »

バシレウス

+LEOn En ΘEO bASILEVS ROMEOn"(レオーン、神に(忠実なる)ローマ人のバシレウス)と書かれている。 バシレウス(Βασιλεύς; Basiléus)は、ギリシア語の君主の称号。元は「王」を意味するギリシア語であり、古代ギリシア世界ではラテン語の "rex" にあたるものであった。中世東ローマ帝国においては皇帝の称号となった。中世~現代ギリシア語では「ヴァシレフス」。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とバシレウス · 続きを見る »

メガリ・イデア

メガリ・イデア(ギリシア語 Μεγάλη Ιδέα、「偉大なる思想」の意味)とは、ギリシャ国王オソン1世によって唱えられた、ギリシア民族主義(民族統一主義)思想。ギリシャ化したヴラフ人でアリ・パシャの息子の侍医であったイオアニス・コレッティスが初めて用いたリチャード・クロッグ、(2004)、p55.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とメガリ・イデア · 続きを見る »

モンテネグロ王国

モンテネグロ王国(モンテネグロおうこく、Краљевина Црнa Горa / Kraljevina Crna Gora)は、1910年から1916年の間にバルカン半島の現在のモンテネグロにあった王国である。形式上は1918年まで存続した。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とモンテネグロ王国 · 続きを見る »

ヨアニナ

ヨアニナ(Ιωάννινα / Ioanina)は、ギリシャ共和国イピロス地方の都市であり、その周辺地域を含む基礎自治体(ディモス)。イピロス地方の首府であり、ヨアニナ県の県都である。 パンヴォティサ湖の西側にある都市で、都市圏の人口は約10万人である。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とヨアニナ · 続きを見る »

ルーテル教会

ルーテル教会(ルーテルきょうかい、, )は、マルティン・ルターによりドイツに始まる、キリスト教の教派または教団。ルター派(ルターは)とも呼ばれる。プロテスタントの一つであり、全世界に推定8260万人の信徒が存在する。発祥の地ドイツを始め、北欧諸国では国民の大半がルター派であり、そこから移民が渡った先のアメリカ合衆国、カナダ、ブラジル等の南アメリカ各国でも信徒数が多い。 パッヘルベル、J.S.バッハ、テレマン、メンデルスゾーンなど著名な音楽家が多く所属し、作曲家や音楽家に縁がある教会としても知られる。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とルーテル教会 · 続きを見る »

ルイーゼ・フォン・ヘッセン=カッセル

ルイーゼ・フォン・ヘッセン=カッセル(, 1817年9月7日 - 1898年9月29日)は、デンマーク国王クリスチャン9世の王妃。デンマーク語名はルイーセ・ア・ヘッセン=カッセル()。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とルイーゼ・フォン・ヘッセン=カッセル · 続きを見る »

ルイトポルト・フォン・バイエルン

摂政王子ルイトポルト ルイトポルト・フォン・バイエルン(Luitpold von Bayern, 1821年3月12日 - 1912年12月12日)は、バイエルン王国の王族。バイエルン摂政(在職:1886年 - 1912年)。ルートヴィヒ1世の三男で、全名はルイトポルト・カール・ヨーゼフ・ヴィルヘルム・ルートヴィヒ(Luitpold Karl Joseph Wilhelm Ludwig)。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とルイトポルト・フォン・バイエルン · 続きを見る »

ロシア君主一覧

記載なし。

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とロシア君主一覧 · 続きを見る »

ロシア大公一覧

アレクサンドル3世は、ロシア大公の称号に関する規定に重要な修正を加えた 以下はロシア帝室の成員のうち、ヴェリーキー・クニャージ(ロシア語:Великий князь)の称号を許された人物の一覧である。ヴェリーキー・クニャージは日本語では「大公」に相当する。その他、英語では「Grand Duke」と訳されることが多いものの、「Grand Prince」の方がより正確な訳語といえる。この儀礼称号はロシア皇帝の男系子孫のみに許される称号であり、殿下(His Imperial Highness)の称号と一緒に授けられた。ロシア大公は主権者ではないが、ロシア帝国を統べる一族に属し、帝国の支配者の一員とみなされていた。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とロシア大公一覧 · 続きを見る »

ロシア帝国

ア帝国(ロシアていこく、 ラスィーイスカヤ・インピェーリヤ)は、1721年から1917年までに存在した帝国である。ロシアを始め、フィンランド、リボニア、リトアニア、ベラルーシ、ウクライナ、ポーランド、カフカーズ、中央アジア、シベリア、外満州などのユーラシア大陸の北部を広く支配していた。帝政ロシア(ていせいロシア)とも呼ばれる。通常は1721年のピョートル1世即位からロシア帝国の名称を用いることが多い。統治王家のロマノフ家にちなんでロマノフ朝とも呼ばれるがこちらはミハイル・ロマノフがロシア・ツァーリ国のツァーリに即位した1613年を成立年とする。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とロシア帝国 · 続きを見る »

ヴァルデマー (デンマーク王子)

ヴァルデマー・ア・ダンマーク(Valdemar af Danmark, 1858年10月27日 - 1939年1月14日)は、デンマークの王族、海軍軍人。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とヴァルデマー (デンマーク王子) · 続きを見る »

ヴィルヘルム・フォン・ヘッセン=カッセル=ルンペンハイム

ヘッセン=カッセル=ルンペンハイム方伯ヴィルヘルム10世 ヴィルヘルム10世 ヴィルヘルム・フォン・ヘッセン=カッセル(Wilhelm von Hessen-Kassel, 1787年12月24日 - 1867年9月5日)は、ヘッセン選帝侯家の公子で、デンマークのコペンハーゲン都督を務めた。ヘッセン=カッセル=ルンペンハイム方伯の称号を有し、ヴィルヘルム10世(Wilhelm X. von Hessen-Kassel-Rumpenheim)とも呼ばれる。 ヘッセン=カッセル=ルンペンハイム方伯フリードリヒ(3世)とその妻でナッサウ=ウジンゲン侯カール・ヴィルヘルムの娘カロリーネ・ポリクセネの間の長男として生まれた。1837年に父が死ぬと、ヴィルヘルムはヘッセン=カッセル=ルンペンハイム方伯の称号を受け継ぎ、弟たちとの共同財産としてルンペンハイム宮殿(de)とその所領を相続した。 父の遺言に従い、ヴィルヘルムは2年ごとにルンペンハイム方伯家の全成員が集まってスポーツに興じる「ルンペンハイム一族の集いの日」という行事を始めた。この行事は、ドイツ諸侯の分家に過ぎないヘッセン=ルンペンハイム家が19・20世紀を通じてヨーロッパ諸王家との通婚関係によって繁栄する上で、重要な役割を果たした。 ヴィルヘルムは最初、ヘッセン選帝侯領の歩兵隊将軍を務めてヘッセン第2歩兵連隊を指揮したが、後にデンマーク軍で名誉的な将軍の地位を与えられ、コペンハーゲン都督を務めている。 1866年に選帝侯位を追われた従甥のフリードリヒ・ヴィルヘルム1世は貴賤結婚により自分の息子たちに後を継がせられないため、分家であるヴィルヘルムの子孫がヘッセン=カッセル家の家督とヘッセン選帝侯位請求者の地位を受け継いだ。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とヴィルヘルム・フォン・ヘッセン=カッセル=ルンペンハイム · 続きを見る »

ヴィクトリア (イギリス女王)

ヴィクトリア(、1819年5月24日 - 1901年1月22日)は、イギリス・ハノーヴァー朝第6代女王(在位:1837年6月20日 - 1901年1月22日)、初代インド皇帝(女帝)(在位:1877年1月1日 - 1901年1月22日)。 ハノーヴァー朝第3代国王ジョージ3世の孫。エドワード7世、ドイツ皇后ヴィクトリア、 ヘッセン大公妃アリスの母。2017年現在のイギリス女王であるエリザベス2世の高祖母にあたる。 世界各地を植民地化・半植民地化して繁栄を極めた大英帝国を象徴する女王として知られ、その治世は「ヴィクトリア朝」と呼ばれる。在位は63年7か月にも及び、歴代イギリス国王の中ではエリザベス2世に次ぐ長さである。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とヴィクトリア (イギリス女王) · 続きを見る »

ヘンリー・ジョン・テンプル (第3代パーマストン子爵)

3代パーマストン子爵ヘンリー・ジョン・テンプル(PC, 1784年10月20日 - 1865年10月18日)は、イギリスの政治家、貴族である。 ホイッグ党を自由党に改組した自由党初の首相であり、首相を2期務め(第一次:1855年-1858年、第二次:1859年-1865年)、またそれ以前には外務大臣を3期にわたって務めた(在職1830年-1834年、1835年-1841年、1846年-1851年)。内務大臣(在職1852年-1855年)を務めていた時期もある。 ウィリアム4世の治世からヴィクトリア朝中期にかけて主に外交の分野で活躍し、大英帝国の国益や英国民の利益が損なわれることを許容しない強硬外交を行ったことで知られる。ヨーロッパでは会議外交によって各国の利害を調整するバランサーの役割を果たしつつ、ヨーロッパ諸国の自由主義化・ナショナリズム運動を支援する自由主義的外交を行った。非ヨーロッパの低開発国に対しては砲艦外交で不平等条約による自由貿易を強要してイギリスの非公式帝国に組み込む「自由貿易帝国主義」を遂行した。大英帝国の海洋覇権に裏打ちされた「パクス・ブリタニカ」を象徴する人物である世界伝記大事典(1981)世界編7巻 p.438。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とヘンリー・ジョン・テンプル (第3代パーマストン子爵) · 続きを見る »

ブルガリア人

ブルガリア人()は、以下の2つの意味を持つ呼称。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とブルガリア人 · 続きを見る »

ブルガリア王国 (近代)

二次世界大戦で獲得した領土 ブルガリア王国(ブルガリアおうこく、Царство България / Tsarstvo Bulgaria, Kingdom of Bulgaria)は、1908年10月に大ブルガリア公国の大公フェルディナンド1世がツァール(国王)を称することで誕生したブルガリアの王国。君主号のツァールは皇帝の意味も持つため、第一次ブルガリア帝国、第二次ブルガリア帝国に次ぐものとして第三次ブルガリア帝国とも呼ばれる。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とブルガリア王国 (近代) · 続きを見る »

プリンス・オブ・ウェールズ

在のプリンス・オブ・ウェールズ、チャールズ王太子の紋章。紋章中央にインエスカッシャンされている赤と黄金の獅子の紋章が古プリンス・オブ・ウェールズ以来のプリンス・オブ・ウェールズの紋章である。 プリンス・オブ・ウェールズ(Tywysog Cymru、Prince of Wales)は、グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国(イギリス)で王子に与えられる称号のひとつで、ウェールズの君主「ウェールズ公」を意味する。14世紀以来、次期国王として王位を継承するべきイングランド国王(後にはグレートブリテン国王、連合王国国王)の最年長の王子がこの称号を与えられるようになり、王位の法定推定相続人の称号となった。現在は女王エリザベス2世の長男チャールズがプリンス・オブ・ウェールズである。 日本では、この称号を帯びる第一王位継承者(Crown prince)のことを皇太子と訳すことが多いが、「王太子」と訳すこともある。なお、"Prince of Wales" を「ウェールズ皇太子」や「ウェールズ王太子」と訳すこともあるが、この「prince」は君主を意味する語であって皇太子や王太子の意味では用いられていないため、誤訳と言ってよい(詳細は後述)。また、第一王位継承者が女性の場合、2013年王位継承法制定まで弟が生まれる可能性がほぼ無い場合であっても推定相続人のため、当該女性にはこの称号は付与されなかった(例えば、エリザベス2世は王位継承前には「エディンバラ公爵夫人エリザベス王女(The Princess Elizabeth, Duchess of Edinburgh)」と呼ばれていた)。 プリンス・オブ・ウェールズは、「殿下」(His Royal Highness)の敬称で呼ばれ、その妻はプリンセス・オブ・ウェールズ(Princess of Wales、ウェールズ大公妃あるいはウェールズ公妃)の称号を帯びる。ただし、現在のプリンセス・オブ・ウェールズであるチャールズの妻のカミラは、国民的人気が高い前妻のダイアナに遠慮し、コーンウォール公爵夫人(スコットランドにおいてはロスシー公爵夫人)の称号を名乗っている。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とプリンス・オブ・ウェールズ · 続きを見る »

パナシナイコスタジアム

パナシナイコスタジアム(Panathinaiko Stadium、ギリシャ文字: Παναθηναϊκό Στάδιο)は、ギリシャのアテネにある競技場。近代オリンピックが初めて開かれた場所でもある。古代オリンピックにならい、トラック(1周330m)の直線が極端に長く、コーナーはヘアピンカーブ。総大理石造りのスタンドは4~5万人収容。 紀元前329年に建設され、当時はパナテナイア祭の競技場として使われていた。紀元前250年に改築、紀元前131年には大理石によって再建された。また1895年には、翌1896年の第1回近代オリンピックの為に修復された。 2004年の第28回大会では、男女マラソンのゴール地点とアーチェリーの会場に使われた。競技場に隣接するエスニコス・スポーツクラブは、ウォームアップで使用され、道具を保管する場所や選手用のラウンジなど、数多くの設備を備える。 その他1997年世界陸上競技選手権大会の開会式や2004年のUEFA欧州選手権ギリシャ優勝報告会、コンサートの開催実績が残されている。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とパナシナイコスタジアム · 続きを見る »

パーヴェル・アレクサンドロヴィチ

パーヴェル・アレクサンドロヴィチ(, 1860年10月3日 - 1919年1月30日)は、ロシアの皇族、ロシア大公。ロシア皇帝アレクサンドル2世の第6皇子、母は皇后マリア・アレクサンドロヴナ。騎兵大将。軍人としてよりも、穏和で信仰心の深い紳士として知られていた。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とパーヴェル・アレクサンドロヴィチ · 続きを見る »

ピレウス

ピレウス(Πειραιάς / Pireás)は、ギリシャのアッティカ地方にある港湾都市で、アテネの首都圏を構成する。古代にはペイライエウス (Πειραιεύς / Peiraieús)と呼ばれ、アテナイの外港都市として発展した。アテネ市中心部から南西12km、サロニコス湾の東に位置する。今日ではエーゲ海の島々への船が、ピレウス港から出ていて、エーゲ海クルーズの拠点である。ピレウスは2011年時点ではギリシャ第4の都市であり、アテネ首都圏ではアテネに次いで人口が多い。はギリシャ最大の港で、年間2000万人が利用するヨーロッパ最大且つ世界第2位の旅客港である。貨物でも年間140万TEUを誇り、ヨーロッパ上位10港且つ東地中海最大である。1896年と2004年のアテネオリンピックで会場となった。 現代ギリシャ語での発音は であり、ピレアスと転記される。このほか、ピレエウス、ピラエウス、ピレエフスなどとも表記される。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とピレウス · 続きを見る »

ツェサレーヴィチ

ツェサレーヴィチ(Цесаре́вич、ラテン文字転写例:Cjesarjévich)は、ロシア皇帝の法定推定相続人ないし推定相続人に与えられる称号。ロシア皇太子と訳される場合が多い。名前および父称の前に付けて呼ばれる。また名前の代わりに呼ぶこともある。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とツェサレーヴィチ · 続きを見る »

テューラ・ア・ダンマーク (1853-1933)

テューラ・ア・ダンマーク(, 1853年9月29日 - 1933年2月26日)は、デンマークの王族、デンマーク王女()。ハノーファー元王太子エルンスト・アウグスト(2世)の妻。ドイツ語名はティーラ・フォン・デーネマルク()、英語名はタイラ・オブ・デンマーク()。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とテューラ・ア・ダンマーク (1853-1933) · 続きを見る »

テッサリア

テッサリア(Θεσσαλία / Thessalía、Thessaly)は、ギリシャ中部の地域名であり、ギリシャ共和国の広域自治体であるペリフェリエス(地方)のひとつである。 テッサリア平原の広がるこの地方は、ギリシャの穀倉地帯である。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とテッサリア · 続きを見る »

テッサロニキ

アギア・ソフィア聖堂。貴重なイコンや壁画が多く残されている。ギリシャ正教会。 テッサロニキ(Θεσσαλονίκη、ラテン文字転写:Thessaloniki )またはテサロニカ (Thessalonica)(or)は歴史的にはサロニカ(Salonica)の名で知られたギリシャの都市である。テサロニキとも表記する。同国では首都アテネに次ぐ2番目に大きな都市で、中央マケドニアの首府であり マケドニア・トラキア行政管区(Αποκεντρωμένη Διοίκηση Μακεδονίας-Θράκης)の首府でもある。テッサロニキには Συμπρωτεύουσα (Symprotévusa、共同の首都)と言う称号があり、東ローマ帝国時代にはコンスタンティノープルと並びビザンティンに君臨した都市であった。 2011年の国勢調査による統計でのテッサロニキ自治体の人口は322,240人でテッサロニキ自治体と隣接する自治体で構成される都市的地域のテッサロニキ都市圏の人口は790,824人 であった。バルカン半島ではイスタンブール、アテネ、ブカレスト、ソフィア、ベオグラードに次いで6番目に大きな都市圏を形成し、首都でない都市ではイスタンブールに次いで人口が多い都市である。テッサロニキ大都市圏は周辺地域 1455.62km2の範囲で広がり、2011年現在の人口は1,006,730人に達する。テッサロニキはギリシャ第2の都市として、経済や産業、商業、政治の中心であると共に南東ヨーロッパの交通の一大拠点で、テッサロニキ港はギリシャや南東ヨーロッパの後背地にとっては重要な役割を果たしている。 ギリシャにおいて有名な行事が行われたり、様々な時代の遺構が残されていることから文化的な首都であると考えられている。行事には毎年行われるテッサロニキ国際トレードフェアやテッサロニキ国際映画祭などがあり、半年ごとに行われるギリシャ・デゥアスポラの会議が開催される。 2014年の欧州青年首都に選ばれている。 テッサロニキは紀元前315年カッサンドロスによって創建され、以来2,300年の歴史がある都市で、ローマ時代には重要な大都市であった。テッサロニキはビザンティン時代には2番目に富める都市になっており、市内には多くの著名なビザンティン建築が残されている。その中には世界遺産に登録されたテッサロニキの初期キリスト教とビザンティン様式の建造物群も含まれ、同様にローマ時代やオスマン帝国時代のもの、セファルディムの遺構も残されている。 アテネが古代ギリシャを象徴する街なのに対して、中世東ローマ時代のギリシャを象徴する街と言われており、アトス山の修道院共同体もこのテッサロニキが入り口となる。テッサロニキ市のメインとなる大学のアリストテレス大学はギリシャやバルカンでは最大の学生数を誇っている。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とテッサロニキ · 続きを見る »

デンマーク君主一覧

デンマークの歴代君主。括弧内は、デンマーク王としての在位年を示す。 デンマークの君主制の歴史は深く、日本に次いで世界で2番目に古い君主国ともいわれている。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とデンマーク君主一覧 · 続きを見る »

デンマーク語

デンマーク語(デンマークご、dansk, dansk sprog )は、デンマーク本土などで話される言語で、デンマーク民族の母語である。 デンマークの自治領であるフェロー諸島とグリーンランドでは、それぞれ西ノルド語のフェロー語、及びエスキモー語であるグリーンランド語が話されているが、デンマーク語も公用語として一般的に通用する。また、ドイツのシュレースヴィヒ地方にはデンマーク語を母語とする「デンマーク少数民族」が約5万人ほど存在しているほか、アイスランドでも外国語として学ばれていることから同国でもデンマーク語が広く通用する。 デンマーク語の系統としてはインド・ヨーロッパ語族(印欧語族)ゲルマン語派のノルド諸語(北ゲルマン語群)東ノルド語に属する。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とデンマーク語 · 続きを見る »

デンマーク海軍

デンマーク海軍(デンマークかいぐん、デンマーク語:Søværnet)は、デンマーク王国が保有する海軍。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とデンマーク海軍 · 続きを見る »

フランス第二帝政

フランス第二帝政(フランスだいにていせい、Second Empire Français)は、1852年から1870年まで存在した君主政体。ナポレオン・ボナパルトの甥であるルイ=ナポレオン(ナポレオン3世)が1851年12月2日にによって議会を解散し、新たな憲法を制定した上で国民投票によってフランス皇帝に即位した。 第二共和政期において、とりわけ六月蜂起後に保守・反動化した議会は、幅広い民衆の支持を得ることに失敗していた。こうして反議会に傾いた民衆をルイ=ナポレオン大統領は取り込むことに成功した。クーデターによる議会打倒を経て成立した第二帝政(第二帝国)は、権威主義的・反議会主義的な統治体制である一方、国民投票によって指導者を選出し、幅広い民衆に支持基盤をおいた点で、人民主権的、民主主義的な性格も有していた。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とフランス第二帝政 · 続きを見る »

フランソワーズ・ドルレアン (1902-1953)

フランソワーズ・ドルレアン(Françoise d'Orléans, 1902年12月25日 - 1953年2月25日)は、フランスのオルレアン家の王族。フランス王ルイ・フィリップの玄孫にあたる。ギリシャ王子クリストフォロスの妻となった。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とフランソワーズ・ドルレアン (1902-1953) · 続きを見る »

フリードリヒ・ヴィルヘルム (シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク=グリュックスブルク公)

フリードリヒ・ヴィルヘルム・フォン・シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク=グリュックスブルク(, 1785年1月4日 - 1831年2月17日)は、シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク=グリュックスブルク(グリュクスボー)公(在位:1825年 - 1831年)。新グリュックスブルク家の祖。デンマーク語名はフレゼリク・ヴィルヘルム・ア・スレースヴィ・ホルステン=セナーボー=グリュクスボー()。デンマーク王クリスチャン9世の父親。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とフリードリヒ・ヴィルヘルム (シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク=グリュックスブルク公) · 続きを見る »

フレデリク7世 (デンマーク王)

フレデリク7世(Frederik VII, 1808年10月6日 - 1863年10月15日)は、デンマーク王(在位:1848年 - 1863年)。同国の絶対君主時代最後の君主で、治世初期に統治権をデンマーク政府に委ねる憲法に署名し、デンマークの立憲君主制国家への移行を認めた。これにより国内に住む成人男子は投票権を得ることになった。憲法は平和的な 「3月革命」の表れである。また治世の大半は、シュレースヴィヒ=ホルシュタイン問題とデンマーク王位継承問題に忙殺された。 フレデリク7世はデンマーク歴代の王のなかで最も敬愛される王になろうと努力した。これは絶対君主制を諦めていただけではなく、人柄の表れであるのかも知れない。同時代の人によって確認された、フレデリク7世のたくさんの弱さ、すなわち、虚言癖、飲酒、極端な振る舞いと気まぐれ、にもかかわらず、彼はまた実行者として天与の何かを有していた。フレデリク7世は素朴であることも純粋に温かくあることもでき、簡素で威厳ある君主として現れることもできた。王のモットーは「民の愛は、我が強さなり」であった。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とフレデリク7世 (デンマーク王) · 続きを見る »

フレゼリク8世 (デンマーク王)

フレゼリク8世(、1843年6月3日 - 1912年5月14日)は、デンマーク国王(在位:1906年1月29日 - 1912年5月14日)。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とフレゼリク8世 (デンマーク王) · 続きを見る »

フィリップ (エディンバラ公)

ディンバラ公フィリップ王配Princeの称号は必ずしも適当な訳語があるものではないが、外務省において「王配殿下」、宮内庁において「英国王配エディンバラ公フィリップ殿下」と呼称していることに鑑み、「王配」の訳を当てている。なお、エリザベス2世女王との間の息子らも同じ称号を名乗るが、この場合には同様の理由により「王子」の訳を当てている。イギリスにおけるPrinceという称号の意義についてはBritish princeを参照。(Prince Philip, Duke of Edinburgh、1921年6月10日 - )は、イギリス王室の成員、イギリス女王エリザベス2世の夫(王配)。次期王位継承者・チャールズの実父。爵位・称号は Prince of the United Kingdom、エディンバラ公爵、メリオネス伯爵、グリニッジ男爵、イギリス海陸空軍元帥、Lord High Admiral(:en:List of Lord High Admirals (United Kingdom)) 、日本学士院名誉会員。敬称は His Royal Highness(殿下)。 祖父にギリシャ王ゲオルギオス1世 、曾祖父にデンマーク王クリスチャン9世、高祖父にロシア皇帝ニコライ1世、高祖母にイギリス女王ヴィクトリアがいる。 イギリス海軍で第2次世界大戦に従軍後、当時即位前のエリザベスと結婚。女王即位後は海軍を退役し、長年女王を支えてきた。女王の公務の大半に同伴、単独での海外訪問も143カ国637回に上り、公務は単独でも65年間で2万2千件以上行った。現在も785団体の会長や支援者を務める読売新聞 東京本社版 2017年5月6日。 96歳と高齢になっていた2017年8月2日にバッキンガム宮殿でイギリス海兵隊を閲兵したのを最後に、全ての公務から引退した。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とフィリップ (エディンバラ公) · 続きを見る »

ドミトリー・パヴロヴィチ

ドミトリー・パヴロヴィチ(ドミートリイ・パーヴロヴィチ;ロシア語:Дмитрий Павлович Романов ドミートリイ・パーヴラヴィチュ・ラマーナフ;ラテン文字転写の例:Dmitri Pavlovich Romanov、1891年9月18日 - 1941年3月5日)は、ロシア大公。最後のロシア皇帝ニコライ2世の従弟にあたる。グリゴリー・ラスプーチン暗殺の実行者として知られる。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とドミトリー・パヴロヴィチ · 続きを見る »

ドラクマ

ドラクマ(ギリシア語: 単数形 δραχμή、複数形 δραχμές または δραχμαί、Drachma)とは、古代ギリシアおよびヘレニズム世界で広く用いられた通貨の単位であり、同時に近代に入って復活し、ユーロが導入される前のギリシャで用いられていた通貨単位でもある。 略号はGRD。通貨記号は(ユニコードではU+20AF)で、しばしばギリシア語で"Δρ"とも表記される。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とドラクマ · 続きを見る »

ドイツ語

ドイツ語(ドイツご、独:Deutsch、deutsche Sprache)は、インド・ヨーロッパ語族・ゲルマン語派の西ゲルマン語群に属する言語である。 話者人口は約1億3000万人、そのうち約1億人が第一言語としている。漢字では独逸語と書き、一般に独語あるいは独と略す。ISO 639による言語コードは2字が de、3字が deu である。 現在インターネットの使用人口の全体の約3パーセントがドイツ語であり、英語、中国語、スペイン語、日本語、ポルトガル語に次ぐ第6の言語である。ウェブページ数においては全サイトのうち約6パーセントがドイツ語のページであり、英語に次ぐ第2の言語である。EU圏内では、母語人口は域内最大(ヨーロッパ全土ではロシア語に次いで多い)であり、話者人口は、英語に次いで2番目に多い。 しかし、歴史的にドイツ、オーストリアの拡張政策が主に欧州本土内で行われたこともあり、英語、フランス語、スペイン語のように世界語化はしておらず、基本的に同一民族による母語地域と、これに隣接した旧支配民族の使用地域がほとんどを占めている。上記の事情と、両国の大幅な領土縮小も影響して、欧州では非常に多くの国で母語使用されているのも特徴である。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とドイツ語 · 続きを見る »

ニコライ2世

ニコライ2世(、ニコライ・アレクサンドロヴィチ・ロマノフ、、1868年5月18日(ユリウス暦5月6日) - 1918年7月17日(ユリウス暦7月4日))は、ロマノフ朝第14代にして最後のロシア皇帝(在位1894年11月1日 - 1917年3月15日)。 皇后はヘッセン大公国の大公女アレクサンドラ・フョードロヴナ(通称アリックス)。皇子女としてオリガ皇女、タチアナ皇女、マリア皇女、アナスタシア皇女、アレクセイ皇太子がいる。ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世やイギリス国王ジョージ5世は従兄にあたる。 日露戦争・第一次世界大戦において指導的な役割を果たすが、革命勢力を厳しく弾圧したためロシア革命を招き、1918年7月17日未明にエカテリンブルクのイパチェフ館において一家ともども虐殺された。東ローマ帝国の皇帝教皇主義の影響を受けたロシアにおいて、皇帝は宗教的な指導者としての性格も強いため、正教会の聖人(新致命者)に列せられている。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とニコライ2世 · 続きを見る »

ニコラオス・ティス・エラザス (1872-1938)

ニコラオス・ティス・エラザス・ケ・ザニアス(Νικόλαος της Ελλάδας και Δανίας, 1872年1月22日 - 1938年2月8日)は、ギリシャ王ゲオルギオス1世とその妻オルガ王妃との間の三男(第4子)。グリュックスブルク家の一員であり、ギリシャ王子およびデンマーク王子の称号を有した。父方の従兄であるロシア皇帝ニコライ2世と区別するため、「ギリシャのニッキー」の愛称で呼ばれた。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とニコラオス・ティス・エラザス (1872-1938) · 続きを見る »

ホワイトタワー (テッサロニキ)

白い塔(Λευκός Πύργος)はギリシャ テッサロニキのテルマイコス湾沿いに建てられている塔で、同市のランドマークでもある。12世紀頃のビザンティン時代に建てられたと言われている古い塔を取り壊した後、オスマン帝国時代に港を囲む城壁を作るときに改築され、最初は砦として、後に牢獄として使われた。1912年にテッサロニキがギリシャ領になった時に塔は改修され、洗浄され白さを取り戻した姿から「白い塔」と呼ばれるようになった。 白い塔は直径は23m、高さ27mの円柱形の主塔の上に、直径12m、高さ6mの櫓が乗る形態である。内部は6階分の床があり、銃眼はそれぞれの階および内部の螺旋階段に沿って割り付けられている。絵画などによれば、かつては円錐型の屋根が付いていた。1917年ごろには円錐屋根が撤去され、同時期に主塔の3倍の直径があった8角形の周壁(塔を囲む城壁)も撤去されたと考えられている。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とホワイトタワー (テッサロニキ) · 続きを見る »

ホームレス

ホームレス(homelessness)は、狭義には様々な理由により定まった住居を持たず、公園・路上を生活の場とする人々(路上生活者)、公共施設・河原・橋の下などを起居の場所とし日常生活を営んでいる野宿者や車上生活者のこと。広義には、一時施設居住や家賃滞納、再開発による立ち退き、ドメスティックバイオレンスのため自宅を離れなければならない人など住宅を失った人のこと。 言葉としてのホームレスは 1970年代頃のイギリスで使われ始めたといわれている。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とホームレス · 続きを見る »

ベルリン会議 (1878年)

ベルリン会議(ベルリンかいぎ、1878年6月13日 - 1878年7月13日)は、露土戦争の結果起こった国際紛争解決のために、ドイツのビスマルクが主催した国際会議。イギリス、フランス、ドイツ、オーストリア・ハンガリー帝国、ロシア、イタリア、オスマン帝国の7か国が参加し、バルカン半島の新独立国の領域が決定された。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とベルリン会議 (1878年) · 続きを見る »

ベルリン条約 (1878年)

ベルリン条約(ベルリンじょうやく)は、1878年6月13日から7月13日にかけて開催されたベルリン会議で結ばれた条約。露土戦争の講和条約であるサン・ステファノ条約を修正した。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とベルリン条約 (1878年) · 続きを見る »

列強

国連安保理で拒否権を持たない列強:日本, ドイツ 列強(れっきょう、great powers, major powers)とは、世界規模の影響力を持つ複数の国家を指す用語である。 列強は経済的、軍事的、外交的、文化的、政治的などの力を持ち、しばしば他の小国の行動に影響を与える。国際関係の理論では列強の位置づけは、その力を発揮できる能力や、領土などの空間や、国際的な地位などの面から特徴づけられる。 いくつかの諸国が広く列強と呼ばれているが、その明確な定義は存在せず、ウィーン会議などの国際会議や国際連合安全保障理事会などの国際組織によって公式に認識されるDanilovic, Vesna.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と列強 · 続きを見る »

アルフレート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公)

アルフレッドと妻マリヤ、長男アルフレッド アルフレート(Alfred, 1844年8月6日 - 1900年7月30日)は、第3代ザクセン=コーブルク=ゴータ公(在位:1893年 - 1900年)。全名はドイツ語でアルフレート・エルンスト・アルベルト(Alfred Ernst Albert)もしくは英語でアルフレッド・アーネスト・アルバート(Alfred Ernest Albert)。ニックネームはアッフィ(Alfie)。ザクセン=コーブルク=ゴータ公子アルベルト(英語名アルバート)とその妻であったイギリス女王ヴィクトリアの次男。イギリス王族としてエディンバラ公にも叙されていた。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とアルフレート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公) · 続きを見る »

アルコール依存症

アルコール依存症(アルコールいそんしょう、アルコールいぞんしょう、)、アルコール使用障害(、)とは、薬物依存症の一種で、飲酒などアルコール(特にエタノール)の摂取(以下、飲酒とする)によって得られる精神的、肉体的な薬理作用に強く囚われ、自らの意思で飲酒行動をコントロールできなくなり、強迫的に飲酒行為を繰り返す精神障害である。以前は慢性アルコール中毒(アル中)、慢性酒精中毒などと呼ばれていたこともある。 症状は精神的依存と身体的依存から成り立っており、飲酒が自分の意志でコントロールできなくなる症状を精神的依存、振戦せん妄などの退薬症状(アルコール離脱症候群、リバウンドともいう)を身体的依存と言う。患者は、アルコールによって自らの身体を壊してしまうのを始め、家族に迷惑をかけたり、様々な事件や事故・問題を引き起こしたりして社会的・人間的信用を失ったりすることがある(アルコール乱用)。 かつては、このような状態になってしまうのは本人の意志が弱く、道徳観念や人間性が欠けているからだとの考え方で済まされて納得されてきていたが、最近では社会的な必要性からも医学のカバーする範囲がより拡大されていくことに伴って、医学的見地から精神障害の一つとして治療を促す対象と考えられている。 世界保健機関 (WHO) は、アルコール乱用・依存の未治療率は78.1%であると推定している(2004年)。精神疾患の中でも罹患率が高く、各人の性格や意志にかかわらず誰でもかかる可能性がある病気であるとも言える。日本の飲酒人口は6,000万人程度と言われているが、このうちアルコール依存症の患者は230万人程度であると言われている。なお、この230万人という人数はWHOの算出方法により割り出されたものである。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とアルコール依存症 · 続きを見る »

アルタ (ギリシャ)

アルタ(Άρτα)は、ギリシャ北西部のイピロス地方にあるアルタ県の県都であり、長い歴史を持った町である。この町は古代にはアンプラキア(ギリシャ語:Αμπρακία/Amprakia)と呼ばれた。アルタの町の西側にある、アラフソス川に架かる古い橋はよく知られている。また、アルタはエピロス専制侯国があった地域であり、ギリシャで現存する最古の城の一つである、13世紀に建設された城も有名である。アルタには東ローマ帝国の遺物が残されており、その一つに東ローマ時代の教会がある。その中でも有名なパナギア・パリゴリティッサ教会(「パナギア:生神女マリヤの速やかなる慈憐」という意味)は、1290年ごろに専制君主ニケフォロス1世によって建設されたものである。また、アルタにはイピロス技術教育大学の本部がある。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とアルタ (ギリシャ) · 続きを見る »

アレクサンドラ・オブ・デンマーク

アレクサンドラ・オブ・デンマーク(Alexandra of Denmark,Alexandra af Denmark,1844年12月1日 - 1925年11月20日)はイギリス国王エドワード7世の妃でイギリス王妃、インド皇后。 リュクスボー朝初代デンマーク国王クリスチャン9世の長女。長兄にデンマーク王フレゼリク8世、弟にギリシャ王ゲオルギオス1世、妹にロシア皇帝アレクサンドル3世の皇后マリアとハノーファー王国の元王太子妃テューラ。 ジョージ5世とノルウェー王妃モードの母。女王エリザベス2世の曾祖母。 エドワード7世と結婚し、3男3女の母となる。夫エドワードの不倫と冷え切った夫婦関係や姑ヴィクトリア女王との愛憎表裏一体する複雑な確執などで心身ともに疲れ果てたが、王太子妃時代には戦争で亡くなった遺族の経済援助のためイギリス陸海空軍人家族協会を設立したり、王妃時代はイギリス陸軍看護施設を設立したりと功績を残した。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とアレクサンドラ・オブ・デンマーク · 続きを見る »

アレクサンドラ・ゲオルギエヴナ

アレクサンドラ・ゲオルギエヴナ(, 1870年8月30日 - 1891年9月24日)は、ギリシャの王女でロシアの皇族、ロシア大公妃。皇帝アレクサンドル2世の六男パーヴェル・アレクサンドロヴィチ大公の最初の妻。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とアレクサンドラ・ゲオルギエヴナ · 続きを見る »

アレクサンドル2世

アレクサンドル2世(、アレクサンドル・ニコラエヴィチ・ロマノフ、、1818年4月29日(ユリウス暦4月17日) - 1881年3月13日(ユリウス暦3月1日))は、ロマノフ朝第12代ロシア皇帝(在位:1855年3月2日 - 1881年3月13日)。ニコライ1世の第一皇子、母は皇后でプロイセン王女のアレクサンドラ・フョードロヴナ。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とアレクサンドル2世 · 続きを見る »

アレクサンドル3世

アレクサンドル3世(、アレクサンドル・アレクサンドロヴィチ・ロマノフ、、1845年3月10日 - 1894年11月1日)は、ロマノフ朝第13代ロシア皇帝(在位:1881年3月14日 - 1894年11月1日)。アレクサンドル2世と皇后マリア・アレクサンドロヴナの第2皇子。兄ニコライが22歳で早世したため、皇太子となった。妻は兄の婚約者であったデンマーク王クリスチャン9世の第2王女マリー・ソフィー・フレデリケ・ダウマー(ロシア名マリア・フョードロヴナ)で、ニコライ2世をはじめ4男2女に恵まれた。 帝政時代にロシア帝国銀行が発行していた25ルーブル紙幣に肖像が描かれていた。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とアレクサンドル3世 · 続きを見る »

アンドレアス (ギリシャ王子)

アンドレアス・ティス・エラザス・ケ・ザニアス(, 1882年2月2日(グレゴリオ暦) - 1944年12月3日)は、ギリシャ王ゲオルギオス1世と王妃オルガの四男(第7子)。コンスタンティノス1世の弟。グリュックスブルク家の一員であり、ギリシャ王子およびデンマーク王子であった。イギリス女王エリザベス2世の王配エディンバラ公フィリップの父である。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とアンドレアス (ギリシャ王子) · 続きを見る »

アッティカ

アッティカ(Attica, Attika)は、ギリシャのアテネ周辺を指す地域名であり、現在のギリシャ共和国の広域自治体であるペリフェリア(地方)の一つである。古典ギリシャ語でアッティケー(Ἀττική / Attikḗ)、現代ギリシャ語でアッティキ(Αττική / Attikí  発音:)とも表記される。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とアッティカ · 続きを見る »

アブデュルハミト2世

アブデュルハミト2世(II.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とアブデュルハミト2世 · 続きを見る »

アドリア海

アドリア海(Adriatic Sea; Mar Adriatico; Jadransko more)は、地中海の海域の一つ。イタリア半島とバルカン半島に挟まれている。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とアドリア海 · 続きを見る »

イピロス

イピロス(ギリシャ語: Ήπειρος / Ípiros、Epirus、Epiri)は、ギリシャ共和国の広域自治体であるペリフェリア(地方)のひとつ。歴史的な地名としては、現在のギリシャとアルバニアにまたがるイオニア海沿岸の地域を指す。 古典ギリシャ語ではエペイロス(Ἤπειρος / Ēpeiros)、ラテン語ではエピルス(Epirus)と呼ばれた。日本語表記ではギリシャ語に基づく慣用形としてエピロスも用いられる。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とイピロス · 続きを見る »

イオニア諸島

イオニア諸島(ギリシャ語: Ιόνια Νησιά / Iónia Nisiá)は、ギリシャ西部のイオニア海に位置する諸島。中世後期から近代にかけてヴェネツィア共和国・イギリスなどの支配下に置かれていたヘプタネサ(あるいはヘプタネソス。「七つの島」の意)とも呼ばれる島々を指す歴史的な地域区分であるとともに、ギリシャ共和国の広域自治体であるペリフェリア(地方)のひとつである。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とイオニア諸島 · 続きを見る »

イギリス君主一覧

ここでは、現在のイギリスにつながるグレートブリテン島の各地を支配した以下のイギリスの君主を対象とする。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とイギリス君主一覧 · 続きを見る »

イギリス海軍

王立海軍(おうりつかいぐん、Royal Navy)は、イギリスの海軍。イギリス海軍、英国海軍などとも表記される。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とイギリス海軍 · 続きを見る »

エルンスト・アウグスト (ハノーファー王太子)

ルンスト・アウグスト・フォン・ハノーファー(, 1845年9月21日 - 1923年11月14日)は、ハノーファー王国の王族。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とエルンスト・アウグスト (ハノーファー王太子) · 続きを見る »

エレフテリオス・ヴェニゼロス

レフテリオス・ヴェニゼロス エレフテリオス・ヴェニゼロス(Ελευθέριος Βενιζέλος, 1864年8月23日 – 1936年3月18日)は、ギリシャの政治家。20世紀前半のギリシャを代表する政治家のひとりで、9期、12年にわたって断続的に長期間首相を務めた。ヴェニゼロスはヨーロッパの政治の舞台で活躍した数少ないギリシャ人政治家であり、イギリスの外交官ハロルド・ニコルソンは「ヴェニゼロスとレーニンだけがヨーロッパにおける偉大な政治家である」と評した村田2012、p.142。また、ギリシャがバルカン半島の政治における主導的勢力となったのもヴェニゼロスの手腕に依るところが大きいウッドハウス(1997)、p.250.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とエレフテリオス・ヴェニゼロス · 続きを見る »

エディンバラ公

ディンバラ公(エディンバラこう、英:Duke of Edinburgh)は、スコットランドの首都エディンバラに因むイギリスの公爵位のひとつ。1726年以来、「エディンバラ公」として3期、「グロスター=エディンバラ公」(Duke of Gloucester and Edinburgh)として1期、計4回存在している。現在のエディンバラ公はエリザベス2世の夫フィリップ。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とエディンバラ公 · 続きを見る »

エドワード7世 (イギリス王)

ドワード7世(、アルバート・エドワード、、1841年11月9日 - 1910年5月6日)は、サクス=コバーグ・アンド・ゴータ朝の初代イギリス国王、インド皇帝(在位:1901年1月22日 - 1910年5月6日)。 母であるヴィクトリア女王の在位が長期にわたったため、2017年現在の皇太子であるチャールズに次いで長くプリンス・オブ・ウェールズ(皇太子)の立場にあった。 在位は1901年から1910年までの10年足らずであったが、その治世は「エドワード朝(Edwardian era)」と呼ばれる。在位中は1905年まで保守党(ソールズベリー侯爵とバルフォア)、その後は自由党(キャンベル=バナマンとアスキス)が政権を担当した。彼の治世下に日英同盟、英仏協商、英露協商が締結され、日本・フランス・ロシアとの関係が強化されたため、「ピースメーカー」と呼ばれた英露協商が結ばれた1907年には日仏協約と日露協約が結ばれた。したがってこの年だけで、露仏同盟をふくむドイツ帝国包囲網6条約のうち3つが成立したことになる。。 王妃はデンマーク国王クリスチャン9世の娘アレクサンドラ(愛称アリックス)。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とエドワード7世 (イギリス王) · 続きを見る »

オリンポス山

ミティカス オリンポス山(オリンポスさん、現代ギリシア語:, Óros Ólimpos, 英語:Mount Olympus あるいは Mount Ólympos)は、ギリシャのテッサリア地方にある標高2,917mの山。ギリシャの最高峰。現代ギリシア語に基く日本語表記ではオリンボス山とも。古典ギリシア語ではオリュンポス山という。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とオリンポス山 · 続きを見る »

オルガ (ギリシャ王妃)

リガ・コンスタンチノヴナ(Ольга Константиновна, 1851年9月3日 - 1926年6月18日)は、ギリシャ王ゲオルギオス1世の王妃、ロシア大公女。ギリシャ語名はオルガ()。ロシア皇帝ニコライ1世の次男コンスタンチン大公とその妻であるアレクサンドラ・イオシフォヴナ大公妃の長女として、パヴロフスクで生まれた。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とオルガ (ギリシャ王妃) · 続きを見る »

オスマン帝国

マン帝国(オスマンていこく、)は、テュルク系(後のトルコ人)のオスマン家出身の君主(皇帝)を戴く多民族帝国。英語圏ではオットマン帝国 (Ottoman Empire) と表記される。15世紀には東ローマ帝国を滅ぼしてその首都であったコンスタンティノポリスを征服、この都市を自らの首都とした(オスマン帝国の首都となったこの都市は、やがてイスタンブールと通称されるようになる)。17世紀の最大版図は、東西はアゼルバイジャンからモロッコに至り、南北はイエメンからウクライナ、ハンガリー、チェコスロバキアに至る広大な領域に及んだ。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とオスマン帝国 · 続きを見る »

オソン1世

ン1世(またはオトン1世、オットー1世、、全名オソン・フリデリコス・ルドヴィコス、、原全名オットー・フリードリヒ・ルートヴィヒ・フォン・ヴィッテルスバッハ、、1815年6月1日 - 1867年7月26日)は初代ギリシャ国王(在位:1833年2月6日 - 1862年10月23日)。1832年にイギリス、フランス、ロシア間で結ばれたに基づき即位した。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とオソン1世 · 続きを見る »

キリスト教

リスト教で最も頻繁に用いられるラテン十字 アギア・ソフィア大聖堂にある『全能者ハリストス』と呼ばれるタイプのモザイクイコン。 キリスト教(キリストきょう、基督教、Χριστιανισμός、Religio Christiana、Christianity)は、ナザレのイエスをキリスト(救い主)として信じる宗教「キリスト教」『宗教学辞典』東京大学出版会、1973年、146頁。「キリスト教」『大辞泉』増補・新装版、小学館、1998年11月20日、第一版、714頁。 小学館、コトバンク。。イエス・キリストが、神の国の福音を説き、罪ある人間を救済するために自ら十字架にかけられ、復活したものと信じる。その多く(正教会正教会からの出典:・東方諸教会東方諸教会からの出典:・カトリック教会カトリック教会からの出典:・聖公会聖公会からの出典:・プロテスタントルーテル教会からの出典:改革派教会からの出典:バプテストからの出典:メソジストからの参照:フスト・ゴンサレス 著、鈴木浩 訳『キリスト教神学基本用語集』p103 - p105, 教文館 (2010/11)、ISBN 9784764240353など)は「父なる神」「御父」(おんちち、『ヨハネによる福音書』3:35〈『新共同訳聖書』〉)。と「その子キリスト」「御子」(みこ、『ヨハネによる福音書』3:35〈『新共同訳聖書』〉)・「子なる神」。と「聖霊」を唯一の神(三位一体・至聖三者)として信仰する。 世界における信者数は20億人を超えており、すべての宗教の中で最も多い。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とキリスト教 · 続きを見る »

ギリシャの首相

リシャの首相(ギリシャのしゅしょう)は、ギリシャ王国、ギリシャ共和国の首相。現在のギリシャ共和国での正式な官職名は「ギリシャ共和国首相」()。 現在のギリシャでは大統領は基本的には儀礼上の国家元首であり、ギリシャ議会から選ばれた首相が行政府の長として実際の行政を担当する議院内閣制である。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とギリシャの首相 · 続きを見る »

ギリシャ国王の一覧

リシャ国王の一覧(ギリシャこくおうのいちらん)では近代ギリシャ王国(1832年 - 1924年、1935年 - 1941年、1944年 - 1974年)の国王について列挙する。オソン1世のみがギリシャ国王の称号を用い、その後継者であるゲオルギオス1世以降はギリシャ人の王の称号を用いた。 1832年から1862年までヴィッテルスバッハ家が統治し、それ以降はグリュックスブルク家(グリクシンブルグ家)が統治した。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とギリシャ国王の一覧 · 続きを見る »

ギリシャ王国

リシャ王国(希:, 1832年 - 1924年、1935年 - 1941年、1944年 - 1967年)は、ギリシャ独立戦争によりオスマン帝国から独立したギリシャに設けられた王国。列強諸国によってバイエルン王国、デンマークの王子が王に据えられたため国内での支持基盤が弱く、政変が相次ぎ安定しなかった。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とギリシャ王国 · 続きを見る »

ギリシャ議会

リシャ議会(ギリシャぎかい、)は、ギリシャ共和国の立法府である議会。アテネのシンタグマ広場を望む旧王宮を議事堂としている。ギリシャ議会は一院制で300人の議員で構成されており、任期は4年となっている。1844年から1863年にかけてと1927年から1935年にかけては二院制であった。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とギリシャ議会 · 続きを見る »

ギリシャ陸軍

リシャ陸軍のエンブレム。東ローマ帝国以来の伝統を持つ、双頭の鷲が描かれている 陸軍旗。竜を退治する聖ゲオルギオスが描かれている ギリシャ陸軍(ぎりしゃりくぐん、Ελληνικός Στρατός, Ellinikós Stratós)は、ギリシャの陸軍である。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とギリシャ陸軍 · 続きを見る »

ギリシャ正教会

リシャ正教会(ギリシャせいきょうかい)は、以下の三通りの意義に使われる、キリスト教の教派・教会組織を指す言葉。本項では下記1番の用例による、ギリシャ共和国に存在するギリシャ正教会について詳述する。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とギリシャ正教会 · 続きを見る »

ギリシャ海軍

リシャ海軍の軍艦旗(民用の商船旗、第二共和制時代の軍艦旗、現在の国旗と共通)。王制期は十字中央に王冠が配置されていた。 ギリシャ海軍のエンブレム ギリシャ海軍(ぎりしゃかいぐん、Πολεμικό Ναυτικό)はギリシャの海軍である。2007年時点の人員は19,000人。戦闘艦艇85隻、補助艦艇50隻と航空機29機を保有し、ピレウス、パトラ、テッサロニキに主要軍港を置く。ギリシャ沿岸警備隊を傘下に持つ。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とギリシャ海軍 · 続きを見る »

ギリシア語

リシア語(ギリシアご、現代ギリシア語: Ελληνικά, または Ελληνική γλώσσα )はインド・ヨーロッパ語族ヘレニック語派(ギリシア語派)に属する言語。単独でヘレニック語派(ギリシア語派)を形成する。ギリシア共和国やキプロス共和国、イスタンブールのギリシア人居住区などで使用されており、話者は約1200万人。また、ラテン語とともに学名や専門用語にも使用されている。省略形は希語。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とギリシア語 · 続きを見る »

クリミア戦争

リミア戦争(クリミアせんそう、Crimean War、Guerre de Crimée、Крымская война、Kırım Savaşı)は、1853年から1856年の間、クリミア半島などを舞台として行われた戦争である。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とクリミア戦争 · 続きを見る »

クリスチャン9世 (デンマーク王)

リスチャン9世(, 1818年4月8日 - 1906年1月29日)は、リュクスボー朝初代のデンマーク国王(在位:1863年11月15日 - 1906年1月29日)。グリュックスブルク家は前王家オレンボー家の遠い支族で、男系の先祖をデンマーク=ノルウェー王クリスチャン3世(在位:1534年 - 1559年)にたどることができる。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とクリスチャン9世 (デンマーク王) · 続きを見る »

クリストフォロス (ギリシャ王子)

リストフォロス・ティス・エラザス(Χριστόφορος της Ελλάδας, 1888年8月10日 - 1940年1月21日)は、ギリシャの王族。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とクリストフォロス (ギリシャ王子) · 続きを見る »

クレタ島

レタ島(Κρήτη / Kriti; Crete)は、ギリシャ共和国南方の地中海に浮かぶ同国最大の島。古代ミノア文明が栄えた土地で、クノッソス宮殿をはじめとする多くの遺跡を持つ。また、温暖な気候や自然景観から地中海の代表的な観光地でもある。 クレタ島は島全体で、ギリシャ共和国の広域自治体であるペリフェリア(地方)を構成する。首府はイラクリオ(イラクリオン)。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とクレタ島 · 続きを見る »

グリュックスブルク家

リュックスブルク家(, )は、現在のデンマーク王国とノルウェー王国の王家である。一族からはギリシャの国王も出ている。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とグリュックスブルク家 · 続きを見る »

グリゴリー・ラスプーチン

リゴリー・エフィモヴィチ・ラスプーチン(露:Григорий Ефимович Распутин グリゴーリィ・イフィーマヴィチュ・ラスプーチン、ラテン文字転写:Grigorii Efimovich Rasputin、1869年1月9日 - 1916年12月30日(ユリウス暦12月17日))は、帝政ロシア末期の祈祷僧。シベリア、トボリスク県ポクロフスコエ村出身。 奇怪な逸話に彩られた生涯、怪異な容貌から怪僧・怪物などと形容される。ロシア帝国崩壊の一因をつくり、歴史的な人物評は極めて低い反面、その特異なキャラクターから映画や小説など大衆向けフィクションの悪役として非常に人気が高く、彼を題材にした多くの通俗小説や映画が製作されている。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とグリゴリー・ラスプーチン · 続きを見る »

グレートブリテン及びアイルランド連合王国

historicalユニオン・フラッグ(1606年 - 1800年) historicalセント・パトリック・クロス historical上の2つの旗を合同したのユニオン・フラッグ グレートブリテン及びアイルランド連合王国(グレートブリテンおよびアイルランドれんごうおうこく、United Kingdom of Great Britain and Ireland)は、1801年にグレートブリテン王国とアイルランド王国が合同して成立した王国である。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とグレートブリテン及びアイルランド連合王国 · 続きを見る »

ゲオルギー・ミハイロヴィチ (1863-1919)

ルギー・ミハイロヴィチ(Георгий Михайлович, 1863年8月23日 - 1919年1月28日)は、ロシアの皇族。ニコライ1世の孫の一人で、ロシア大公の称号を有した。ミハイル・ニコラエヴィチ大公とその妻オリガ・フョードロヴナ妃のあいだに生まれた第四子、三男。第1次世界大戦中はロシア軍に司令官の一人として従軍した。ゲオルギー大公は1919年1月28日、兄ニコライ・ミハイロヴィチ大公、従兄のパーヴェル・アレクサンドロヴィチ大公およびドミトリー・コンスタンチノヴィチ大公と一緒に、ペトログラードで銃殺刑に処された。 ゲオルギーは1900年、ギリシア王ゲオルギオス1世の娘マリア(マリヤ・ゲオルギエヴナ)と結婚した。夫妻は二人の娘をもうけた。ゲオルギーの妻と娘たちは第1次世界大戦中はイギリスに滞在していたため、革命の難に遭遇することはなかった。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とゲオルギー・ミハイロヴィチ (1863-1919) · 続きを見る »

ゲオルギオス (ギリシャ王子)

ルギオス・ティス・エラザス (ギリシャ語表記:Γεώργιος της Ελλάδας、1869年6月24日 - 1957年11月25日)は、ギリシャ王国の王族。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とゲオルギオス (ギリシャ王子) · 続きを見る »

コペンハーゲン

ペンハーゲン(Kopenhagen )、クブンハウン(ケブンハウン)(København 、コゥペンヘイゲン(Copenhagen )は、デンマークの首都。デンマーク最大の都市で、自治市の人口は52万人。市名はデンマーク語の"Kjøbmandehavn"(商人たちの港)に由来する。「北欧のパリ」と比喩される。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とコペンハーゲン · 続きを見る »

コリントス運河

リントス運河(コリントスうんが、Διώρυγα της Κορίνθου; Corinth Canal)は、ギリシャのコリントス郊外にある運河。ペロポネソス半島の根元にあるコリントス地峡に開削されたもので、エーゲ海とコリンティアコス湾を結び、1893年に完成した。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とコリントス運河 · 続きを見る »

コンスタンチン・ニコラエヴィチ

ンスタンチン・ニコラエヴィチ大公 大公一家の肖像写真、コンスタンチン大公は前列右端で末息子ヴャチェスラフを膝に抱いている コンスタンチン・ニコラエヴィチ(ロシア語表記:Константин Николаевич,1827年9月9日 - 1892年1月13日)は、ロシア大公。ロシア皇帝ニコライ1世の次男、母は皇后アレクサンドラ・フョードロヴナ。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とコンスタンチン・ニコラエヴィチ · 続きを見る »

コンスタンティノス1世 (ギリシャ王)

ンスタンティノス1世(、1868年8月2日 - 1923年1月11日)は、ギリシャの国王(在位:1913年3月18日 - 1917年6月11日、1920年12月19日 - 1922年9月27日)。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とコンスタンティノス1世 (ギリシャ王) · 続きを見る »

シャルル・ド・フレシネ

ャルル・ド・フレシネ(Charles Louis de Saulces de Freycinet、1828年11月14日 - 1923年5月14日)は、フランスの政治家。フランス第三共和制時代、4期に渡り首相を務めた。 フォワ出身。エコール・ポリテクニークを卒業後、官界に入り鉱山関係の行政官として経歴を積んだ。1858年Compagnie de chemins de fer du Midiの交通責任者に就任。1862年技術部門に戻り、監察官inspector-generalの階梯にランクされた。その後、科学技術関係の特別任務で英国を含む各国を訪問。1867年Mémoire sur le travail des femmes et des enfants dans les manufactures de l'Angleterreを執筆している。 1870年普仏戦争にフランスは敗北し、将軍を首班とする臨時政府()が成立すると、レオン・ガンベタの知遇を得、タルヌ=エ=ガロンヌ県知事に任命され、10月には国防政府官房長官となった。 1876年ガンベタの推薦も得て上院議員となり、翌1877年10月内閣で公共事業相として入閣する。1979年の後継として首相に就任し外相を兼務する。首相としてはパリ・コミューンに参加した人々に対する恩赦を決定した。しかし、政教分離問題をめぐり後見人であるガンベタの支持を失い内閣は総辞職した。1882年第二次内閣を組閣する。エジプトをめぐる英国との対立で妥協案を探るが、不信任のため総辞職した。次いで内閣の外相となり、1886年第三次内閣を組閣した。積極的な内政改革案を引っさげて三度政権についたフレシネであったが、その本領は植民地獲得など外交面でむしろ発揮された。議会戦術、国会対策も巧みとされ、議会にさしたる敵対者もいなかったが、結局、多数派工作には失敗し1886年12月3日内閣総辞職をした。1887年大統領選挙に立候補するが、その日和見的な態度が急進派に嫌悪され、結局、マリー・フランソワ・サディ・カルノーに敗れた。1890年第四次内閣を組閣する。 1882年物理学者としての功績が認められ、フランス科学アカデミー会員となる。1890年アカデミー・フランセーズ会員となる。1923年死去。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とシャルル・ド・フレシネ · 続きを見る »

ジュール・フェリー

ュール・フェリー(Jules Ferry, ジュール・フランソワ・カミーユ・フェリー、1832年4月5日 - 1893年3月17日)は、フランスの政治家。第三共和政の下で首相を2度務めた。初等教育の無償化、世俗化、義務化を実現した。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とジュール・フェリー · 続きを見る »

ジョージ・ロビンソン (初代リポン侯爵)

初代リポン侯爵ジョージ・フレデリック・サミュエル・ロビンソン(George Frederick Samuel Robinson, 1st Marquess of Ripon, 、1827年10月24日 - 1909年7月9日)は、イギリスの政治家、貴族。 ヴィクトリア朝中期からエドワード朝にかけての自由党政権で閣僚職を歴任した。1880年から1884年にかけてはインド総督を務め、自由主義的なインド統治を行った。 元首相の初代ゴドリッチ子爵フレデリック・ジョン・ロビンソンは父である。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とジョージ・ロビンソン (初代リポン侯爵) · 続きを見る »

スピリドン・ルイス

ピロス・ルイスあるいはスピリドン・ルイス(ギリシャ語:Σπύρος (ή Σπυρίδων) Λούης、ラテン文字転写:Spyros (or Spyridon/Spiridon) Louis/Loues、1873年1月12日 - 1940年3月26日)は、ギリシャ出身の水運び人夫でアテネオリンピック(1896年)に出場した近代五輪史上最初のマラソン競技優勝者。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とスピリドン・ルイス · 続きを見る »

セルビア王国 (近代)

ルビア王国(セルビアおうこく)は、1882年から1918年にかけてバルカン半島に存在した国家。前身は1817年成立のセルビア公国。第一次世界大戦によるオーストリア=ハンガリー帝国の崩壊後、1918年成立のセルビア人・クロアチア人・スロベニア人王国に発展する形で消滅した。首都はベオグラード。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とセルビア王国 (近代) · 続きを見る »

サンクトペテルブルク

'''サンクトペテルブルク周辺の人工衛星写真'''ラドガ湖から南西に流れ出したネヴァ川は北西に流路を変え、フィンランド湾最深部に流れ込む。サンクトペテルブルクの街はネヴァ川河口の三角州を中心に発達した。 サンクトペテルブルク(Санкт-Петербург,, IPA: )は、バルト海東部のフィンランド湾最東端に面するネヴァ川河口デルタに位置するロシア西部の都市、レニングラード州の州都。1917年までロシア帝国の首都であった。 都市建設ののち、第一次世界大戦まで(1703年 - 1914年)はペテルブルク(Петербург)、第一次世界大戦開戦以降(1914 - 24年)はペトログラード(Петроград)、ソビエト連邦時代(1924 - 91年)はレニングラード(Ленинград)と呼ばれた。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)とサンクトペテルブルク · 続きを見る »

立憲君主制

立憲君主制(りっけんくんしゅせい、Constitutional monarchy)または制限君主制とは、君主の権力が憲法により規制されている君主制。君主制とは、ある政治共同体において世襲の君主が主権を持つ政治形態。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と立憲君主制 · 続きを見る »

第一次バルカン戦争

一次バルカン戦争(だいいちじバルカンせんそう)は、1912年10月から1913年5月まで行われ、オスマン帝国に対するバルカン同盟(セルビア、モンテネグロ、ギリシャ、ブルガリア)の戦争である。バルカン連合軍は兵員数で劣勢で戦略的にも劣勢なオスマン軍に勝利し、迅速な成功を成し遂げた。戦争の結果、欧州に残るオスマン帝国の領地は殆ど連合軍の手中に収められた。続いてアルバニアの独立にも結び付いた。成功にもかかわらずブルガリアは和平とオスマンの脅威が去ったことで不満を持ち、まもなく第二次バルカン戦争を始め、今度は第一次バルカン戦争の連合軍と闘うことになった。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と第一次バルカン戦争 · 続きを見る »

総督

総督(そうとく)とは、以下のことを指す。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と総督 · 続きを見る »

生神女福音大聖堂 (アテネ)

アテネの生神女福音大聖堂・修復中のファサード アテネの生神女福音大聖堂(しょうしんじょふくいんだいせいどう、Καθεδρικός Ναος Ευαγγελισμού της Θεοτόκου)は、アテネおよび全ギリシアの大主教の主教座聖堂である。ミトロポリス大聖堂との名でも知られる。 大聖堂の建設工事は、ギリシャ王オソン1世、ギリシャ王妃アマリア (ギリシャ王妃)によって礎石が、1842年の降誕祭に据えられて始まった。 工事には、大聖堂の巨大な壁を建設するために72の破壊された聖堂から集められた大理石が用いられた。完成には3人が建築設計にたずさわり、20年の年月を要した。1862年5月21日に完成した大聖堂は、王と王妃によって生神女福音(Ευαγγελισμός της Θεοτόκου)に捧げられた。大聖堂は3つの通路にドームを備えたバシリカ様式であり、長さ40メートル、幅20メートル、高さ24メートル。内部にはオスマン帝国支配時代にオスマン帝国によって殺害された二人の聖人、聖フィロセイ(Άγια Φιλοθέη)と、コンスタンディヌーポリ総主教聖グリゴリオスの墓がある。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と生神女福音大聖堂 (アテネ) · 続きを見る »

青年トルコ人革命

青年トルコ人革命 ---- ミドハト憲法復活を祝うリトグラフ(1908年) 青年トルコ人革命(せいねんトルコじんかくめい)は、1908年にオスマン帝国で起こった政変。「統一と進歩委員会」メンバーの将校が中心となってマケドニア駐留軍がスルタン・アブデュルハミト2世に反乱を起こし、スルタンに専制政治を放棄させた。 1878年にアブデュルハミト2世によって停止されたオスマン帝国憲法(ミドハト憲法)の復活を目指す青年トルコ人運動の結実として起こったことからこの名がある。 狭義の「青年トルコ人革命」は1908年7月に起こった軍人の蜂起とそれをきっかけにした憲政の復活のことを指すが、1909年4月に「3月31日事件」と呼ばれる反革命クーデターが鎮圧され、アブデュルハミト2世が廃位されるところまでを含めることもある。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と青年トルコ人革命 · 続きを見る »

首都

ブラジルの首都、ブラジリア ボリビアの憲法上の首都、スクレ オーストラリアの首都、キャンベラ 南アフリカ共和国の首都の一つ、プレトリア フィリピンの首都圏、マニラ首都圏 ベトナムの首都、ハノイ 首都(しゅと、Capital city)とは、一国の中心となる都市のことを指す。ほとんどの場合にはその国の中央政府が所在し、国家元首等の国の最高指導者が拠点とする都市のことである。ただ、場合によっては、中央政府の所在とは別に、その国のシンボル的存在として認められている都市が首都とされることもある。首府・国都・都などとも呼ばれ、また、帝制国家や王制国家の場合は帝都・王都等の称がある。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と首都 · 続きを見る »

議会

議会が開かれる議場の例(日本参議院) 議会(ぎかい)は、通常は選挙によって選出された議員によって構成され、法律の制定(立法)などを行う機関(立法府)。近代の議会では通常、選挙民の代表、法律の制定、政府の監視(行政監督権)の3機能を持つ。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と議会 · 続きを見る »

近代オリンピック

近代オリンピック(きんだいオリンピック、、)は、国際オリンピック委員会(英:)が開催する世界的な総合スポーツ大会。現在、夏季大会と冬季大会の各大会が4年に1度、夏季大会は西暦で4の倍数の年、冬季大会は4の倍数でない偶数の年で2年ずらして開催されるので、2年に1度開催されることになる。 日本語ではオリンピック、またそのシンボルマークから五輪と呼ぶこともある。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と近代オリンピック · 続きを見る »

露土戦争 (1877年-1878年)

露土戦争(ろとせんそう、1877年 - 1878年)は、ロシア帝国とオスマン帝国(トルコ)の間で起こった戦争のひとつ(他の露土戦争については、露土戦争を参照オスマン帝国とロシアの間の戦争はしばしば起こっているが、狭義の露土戦争はこの戦争のことをいう。『世界史を読む事典』(1994)p.117)。 バルカン半島に在住するオスマン帝国領下のスラヴ系諸民族がトルコ人の支配に対して反乱し、それを支援するかたちでロシアが介入して起こった『世界史を読む事典』(1994)p.117。ロシア帝国の勝利で終わった。 ルーマニアでは「ルーマニア独立戦争」、トルコではイスラームの暦年(ヒジュラ暦1293年)にちなんで「93年戦争 (Doksanüç Harbi)」、また「オスマン・ロシア戦争」とも呼ばれた。ギリシャ独立戦争に続いて、東ヨーロッパ諸国の独立回復のための重要な戦役となった。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と露土戦争 (1877年-1878年) · 続きを見る »

英語

アメリカ英語とイギリス英語は特徴がある 英語(えいご、)は、イ・ヨーロッパ語族のゲルマン語派に属し、イギリス・イングランド地方を発祥とする言語である。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と英語 · 続きを見る »

暗殺

リンカーン大統領の暗殺を描いた絵画(米国) ガンディー・暗殺されたインドの政治家 金玉均・暗殺された李氏朝鮮の政治家 ジョン・レノン・イングランド出身の音楽家、銃弾を受け死去 坂本龍馬・幕末の英雄、盟友の中岡と共に死去 暗殺(あんさつ)は、主に政治的、宗教的または実利的な理由により、要人殺害を密かに計画・立案し、不意打ちを狙って実行する殺人行為(謀殺)のこと。 見せしめや弾圧、粛清の一種としても存在する。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と暗殺 · 続きを見る »

推定相続人

推定相続人(すいていそうぞくにん)は、現状のままで相続が開始した場合、直ちに相続人となるべき者をいう。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と推定相続人 · 続きを見る »

東ルメリ自治州

東ルメリ自治州(ひがしルメリじちしゅう)は、1878年から1885年にかけて現在のブルガリア南部に存在した、オスマン帝国の地方行政単位。東ルメリアとも呼ばれる。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と東ルメリ自治州 · 続きを見る »

民族統一主義

民族統一主義(みんぞくとういつしゅぎ、Irredentism)とは、同一民族の居住地域であるにもかかわらず、歴史的経緯から複数国家の領域となっている地域を自国に編入しようとする運動のことである。「同一民族統一(併合)主義」とも呼ぶ。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と民族統一主義 · 続きを見る »

最後通牒

最後通牒(さいごつうちょう)あるいは最後通告(さいごつうこく、Ultimatum)とは、外交文書の一つで、国際交渉において最終的な要求を文書で提示することで交渉の終わりを示唆し、それを相手国が受け入れなければ交渉を打ち切る意思を表明することである。 一般的に国家間の国際紛争の場合は、相手が受け入れない時は交渉の打ち切りは軍事的な実力行使の段階に移ることを意味するため、戦争を宣言する行為に準ずるものとなる。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と最後通牒 · 続きを見る »

拷問

拷問(ごうもん、torture)とは、被害者の自由を奪った上で肉体的・精神的に痛めつけることにより、加害者の要求に従うように強要する事。特に被害者の持つ情報を自白させる目的で行われることが多い。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と拷問 · 続きを見る »

普通選挙

普通選挙(ふつうせんきょ、universal suffrage)とは、ある組織において選挙の際に、若干の例外を除き全ての成人が選挙権を行使できる選挙形式を指す。対比語は制限選挙など。 歴史的には、国政選挙において財産(納税額)等の制限を設けずに選挙権を行使できる選挙形式を指す場合が多く、当初は全男性成人が選挙権を持つ男子普通選挙も「普通選挙」という表現が使用され、女性成人も含む場合は「完全普通選挙」等とも呼ばれたが、現在では性別による選挙権の排除をする場合は「普通選挙」との表現は使用されなくなってきている。 若干の例外は、一般的に普通選挙と言われる場合にも存在する。知的障害者、重大な犯罪を犯し収監中の者、選挙法違反などによる公民権停止処分を受けた者などがあるが、これらの人々を選挙権から排除することの正当性をめぐっては、重要な議論がある(例えば日本における公職選挙法の制限の規定をめぐる訴訟などを参照)。日本の公職選挙法では、成年被後見人に対する選挙権の剥奪が行われていたが、違憲判決に基づいて、この制限は撤廃された。 また、通常、選挙権についてこの言葉は使われるが、広い意味では、選挙権と被選挙権ともに選挙権に含めるので、選挙権のみをすべての成人に認めても、被選挙権について成人年齢以上の制限を課したりするなど、成人であること以外の制限を課す場合にも、「普通選挙」とできるかにも議論がある。たとえば、日本の供託金は、国際的に見ると非常に高く、「高額な供託金制度は、経済的理由で選挙権・被選挙権の帰属ならびに行使を制限してはならないという普通選挙の原則に抵触する」という指摘もある。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と普通選挙 · 続きを見る »

10月19日

10月19日(じゅうがつじゅうくにち)は、グレゴリオ暦で年始から292日目(閏年では293日目)にあたり、年末まであと73日ある。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と10月19日 · 続きを見る »

10月30日

10月30日(じゅうがつさんじゅうにち)は、グレゴリオ暦で年始から303日目(閏年では304日目)にあたり、年末まであと62日ある。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と10月30日 · 続きを見る »

10月31日

10月31日(じゅうがつさんじゅういちにち)は、グレゴリオ暦で年始から304日目(閏年では305日目)にあたり、年末まであと61日ある。10月の最終日である。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と10月31日 · 続きを見る »

10月8日

10月8日(じゅうがつようか)は、グレゴリオ暦で年始から281日目(閏年では282日目)にあたり、年末まであと84日ある。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と10月8日 · 続きを見る »

11月28日

11月28日(じゅういちがつにじゅうはちにち)は、グレゴリオ暦で年始から332日目(閏年では333日目)にあたり、年末まであと33日ある。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と11月28日 · 続きを見る »

11月9日

11月9日(じゅういちがつここのか)はグレゴリオ暦で年始から313日目(閏年では314日目)にあたり、年末まであと52日ある。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と11月9日 · 続きを見る »

12月24日

12月24日(じゅうにがつにじゅうよっか、じゅうにがつにじゅうよんにち)は、グレゴリオ暦で年始から358日目(閏年では359日目)にあたり、年末まであと7日ある。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と12月24日 · 続きを見る »

1832年

記載なし。

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と1832年 · 続きを見る »

1845年

記載なし。

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と1845年 · 続きを見る »

1852年

記載なし。

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と1852年 · 続きを見る »

1863年

記載なし。

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と1863年 · 続きを見る »

1864年

記載なし。

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と1864年 · 続きを見る »

1866年

記載なし。

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と1866年 · 続きを見る »

1868年

記載なし。

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と1868年 · 続きを見る »

1869年

記載なし。

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と1869年 · 続きを見る »

1870年

記載なし。

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と1870年 · 続きを見る »

1872年

記載なし。

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と1872年 · 続きを見る »

1876年

記載なし。

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と1876年 · 続きを見る »

1877年

記載なし。

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と1877年 · 続きを見る »

1878年

記載なし。

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と1878年 · 続きを見る »

1880年

記載なし。

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と1880年 · 続きを見る »

1881年

記載なし。

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と1881年 · 続きを見る »

1882年

記載なし。

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と1882年 · 続きを見る »

1888年

記載なし。

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と1888年 · 続きを見る »

1891年

記載なし。

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と1891年 · 続きを見る »

1896年

記載なし。

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と1896年 · 続きを見る »

1896年アテネオリンピック

本大会の優勝メダル 1896年アテネオリンピックは、1896年4月6日から4月15日まで(当時のギリシャのユリウス暦では3月25日から4月3日まで)、ギリシャのアテネで行われた夏季オリンピック。近代五輪最初の大会として開催された。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と1896年アテネオリンピック · 続きを見る »

1897年

記載なし。

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と1897年 · 続きを見る »

1898年

記載なし。

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と1898年 · 続きを見る »

1901年

20世紀最初の年である。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と1901年 · 続きを見る »

1906年

記載なし。

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と1906年 · 続きを見る »

1908年

記載なし。

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と1908年 · 続きを見る »

1910年

記載なし。

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と1910年 · 続きを見る »

1912年

記載なし。

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と1912年 · 続きを見る »

1913年

記載なし。

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と1913年 · 続きを見る »

1920年

記載なし。

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と1920年 · 続きを見る »

1923年

記載なし。

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と1923年 · 続きを見る »

1938年

記載なし。

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と1938年 · 続きを見る »

1940年

記載なし。

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と1940年 · 続きを見る »

1944年

記載なし。

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と1944年 · 続きを見る »

1954年

記載なし。

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と1954年 · 続きを見る »

1957年

記載なし。

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と1957年 · 続きを見る »

1月22日

1月22日(いちがつにじゅうににち)はグレゴリオ暦で年始から22日目に当たり、年末まであと343日(閏年では344日)ある。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と1月22日 · 続きを見る »

3月18日

3月18日(さんがつじゅうはちにち)は、グレゴリオ暦で年始から77日目(閏年では78日目)にあたり、年末まであと288日ある。誕生花にはアネモネなどがある。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と3月18日 · 続きを見る »

3月30日

3月30日(さんがつさんじゅうにち)はグレゴリオ暦で年始から89日目(閏年では90日目)にあたり、年末まであと276日ある。.

新しい!!: ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)と3月30日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

ゲオルギオス1世

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »