ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ケストレルエンジン

索引 ケストレルエンジン

トレルエンジン.

6 関係: レシプロエンジンロールス・ロイスロールス・ロイス ケストレルロケットエンジンケストレル (ロケットエンジン)スペースX

レシプロエンジン

レシプロエンジン(英語:reciprocating engine)は、往復動機関あるいはピストンエンジン・ピストン機関とも呼ばれる熱機関の一形式である。 燃料の燃焼による熱エネルギーを作動流体の圧力(膨張力)としてまず往復運動に変換し、ついで回転運動の力学的エネルギーとして取り出す原動機である。燃焼エネルギーをそのまま回転運動として取り出すタービンエンジンやロータリーエンジンと対置される概念でもある。 レシプロエンジンは、自動車や船舶、20世紀前半までの航空機、非電化の鉄道で用いられる鉄道車両、といった乗り物の動力源としては最も一般的なもので、他に発電機やポンプなどの定置動力にも用いられる。.

新しい!!: ケストレルエンジンとレシプロエンジン · 続きを見る »

ロールス・ロイス

ールス・ロイス日本における正規代理店による表記。英語圏では「ロールズ・ロイス」 と発音する。(三省堂『固有名詞英語発音辞典』より)()の起源は、1906年3月『ワールド・カー・ガイド27ロールス・ロイス&ベントレー』pp.21-50「創業から戦前」。にイギリスで設立された製造業者であるロールス・ロイス社 (Rolls-Royce Limited) であるが、現在は相互に独立した以下の二社となっている。.

新しい!!: ケストレルエンジンとロールス・ロイス · 続きを見る »

ロールス・ロイス ケストレル

トレルIB(イギリス空軍博物館) ケストレル(英語:Kestrel )は、ロールス・ロイスが初めて鋳造でエンジンブロックを開発した 700馬力の航空機エンジンであり、同社の後の方向性を決めた。 ケストレルはカーチス D-12を置換えるものとして開発された。ロールス・ロイスの航空機用エンジンとして初めて鋳造のエンジンブロックを使用した。初期の設計ではクランクケースにシリンダーをねじ込む設計だったが、アルミニウム製の1体の塊からシリンダーを機械加工で作る方法にした。それは単純で組み立てやすく軽量で、新しい機械加工だけが短所だった。 D-12は同時期のエンジンとしては強力で記録を更新した。ロールス・ロイスは生産を始めたばかりなので英国企業以外は入手できなかった。 ケストレルが蒸発冷却を使用していたことは優位だった。水の沸点は通常の気圧では摂氏100度だが、高度が上がると沸点が下がる。ケストレルは加圧装置を搭載して沸点を摂氏150度に保った。1927年に初めて生産されたエンジンは450馬力だった。まもなく改良されたIB型は525馬力になった。やがて徐々に改良されて1935年にXVI型では745馬力に達した。 1935年、メッサーシュミット Bf109の試作機に搭載され試験飛行に供された。 1930年代末にはオクタン価の高い航空燃料が入手できるようになりノッキングから解放された。1940年にはXXX型が1,050馬力を発揮した。.

新しい!!: ケストレルエンジンとロールス・ロイス ケストレル · 続きを見る »

ロケットエンジン

ットエンジンとは推進剤を噴射する事によってその反動で推力を得るエンジンである。ニュートンの第3法則に基づく。 同義語としてロケットモータがある。こちらは固体燃料ロケットエンジンの場合に用いられるのが一般的である。.

新しい!!: ケストレルエンジンとロケットエンジン · 続きを見る »

ケストレル (ロケットエンジン)

試験中のケストレル ケストレル (Kestrel) とは、アメリカの民間企業スペースX社が開発したロケットエンジンである。推進剤としてはケロシンのRP-1と液体酸素の組み合わせを使用し、ファルコン1ロケットの上段用エンジンとして使用されていた。.

新しい!!: ケストレルエンジンとケストレル (ロケットエンジン) · 続きを見る »

スペースX

ペース・エクスプロレーション・テクノロジーズ()、通称スペースX(SpaceX)は、ロケット・宇宙船の開発・打ち上げといった宇宙輸送(商業軌道輸送サービス)を業務とする、アメリカ合衆国の企業。2002年に決済サービスベンチャー企業PayPalの創設者、イーロン・マスクにより設立された。.

新しい!!: ケストレルエンジンとスペースX · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

ケストレル・エンジン

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »