ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

グレン・L・マーティン

索引 グレン・L・マーティン

レン・L・マーティン・カンパニー(The Glenn L. Martin Company、単にマーティンとも)は、1912年8月に設立されたアメリカの航空機メーカーである。設立者はグレン・マーティン(Glenn L. Martin)。1961年にアメリカン・マリエッタと合併してマーティン・マリエッタになり、2006年現在はロッキードと合併して、ロッキード・マーティンとなっている。 有名な機体は、第二次世界大戦中のB-26 マローダーである。 マーチン社は後にそれぞれの会社を設立するドナルド・ダグラス(Donald Douglas)、ローレンス・ベル(Lawrence Bell)、ジェームス・マクドネル(James S. McDonnell)らの技術者が属していた。 後にボーイングを設立する ウィリアム・ボーイング(William Boeing)も飛行機事業にのりだすのにマーティン社の飛行機を購入することからはじめている。.

26 関係: マーチン M130マーチン2-0-2マーチン4-0-4マーティン・マリエッタロッキードロッキード・マーティンボーイングイングリッシュ・エレクトリック キャンベラウィリアム・ボーイングカリフォルニア州サンタアナ (カリフォルニア州)B-10 (航空機)B-26 (航空機)B-29 (航空機)第二次世界大戦航空機航空機メーカーの一覧P5M (航空機)P6M (航空機)PBM (航空機)XB-48 (航空機)XB-51 (航空機)1912年1961年2006年8月

マーチン M130

マーチン M130 チャイナクリッパ- マーチン M130(Martin model 130)とは、マーチン社が製造し1934年に初飛行した大型4発飛行艇である。パンアメリカン航空(パンナム)からの発注は3艇のみであったが、そのうちの1号艇が「チャイナ・クリッパー(China Clipper)」と命名されたため、一般にはこちらの名称が有名である。.

新しい!!: グレン・L・マーティンとマーチン M130 · 続きを見る »

マーチン2-0-2

マーチン2-0-2(Martin2-0-2)は、アメリカ合衆国の航空機メーカーのマーチン(現在のロッキード・マーティン)が第二次世界大戦後に開発・製造した双発レシプロ旅客機である。 なお「マーチン202」と表記されることも多いが、正式には「マーチン2-0-2」と表記する。.

新しい!!: グレン・L・マーティンとマーチン2-0-2 · 続きを見る »

マーチン4-0-4

マーチン4-0-4(Martin4-0-4)とはアメリカ合衆国の航空機メーカーのマーチン(現在のロッキード・マーティン)が第二次世界大戦後に開発・製造した双発レシプロ旅客機である。.

新しい!!: グレン・L・マーティンとマーチン4-0-4 · 続きを見る »

マーティン・マリエッタ

マーティン・マリエッタ(Martin Marietta)は、1961年にマーティンとアメリカン・マリエッタの合併によってできた、航空機メーカーである。1993年にゼネラル・エレクトリックの航空宇宙部門を買収。1995年3月に別の航空機メーカー、ロッキードと合併し、現在はロッキード・マーティンとなっている。.

新しい!!: グレン・L・マーティンとマーティン・マリエッタ · 続きを見る »

ロッキード

ッキード トライスター ロッキード(Lockheed Corporation)は、アメリカ合衆国の航空機メーカーで主に軍用機を製造していた。マーティン・マリエッタ社と合併し、現在はロッキード・マーティンである。.

新しい!!: グレン・L・マーティンとロッキード · 続きを見る »

ロッキード・マーティン

ッキード・マーティン(Lockheed Martin、NYSE:)は、アメリカ合衆国の航空機・宇宙船の開発製造会社。1995年にロッキード社とマーティン・マリエッタ社が合併して現在のロッキード・マーティン社が生まれた。 ロッキード・マーティンは、ボーイング、BAEシステムズ、ノースロップ・グラマン、ジェネラル・ダイナミクス、レイセオンなどとともに、世界の主要な軍需企業である。ストックホルム国際平和研究所が発行するSIPRI Yearbookによると、軍需部門の売上高の世界ランキングは、1998年は1位、1999年は1位、2000年は1位、2001年は2位、2002年は2位、2003年は1位、2004年は2位、2005年は2位、2006年は2位、2007年は3位、2008年は2位、2009年は1位、2010年は1位である。 2012年現在で世界の最新鋭ステルス戦闘機であるF-22やF-35の開発・製造を行っていることで有名である。極秘先進技術設計チーム「スカンクワークス」が多数の傑作軍用機を生み出したことでも有名である。日本語では「ロッキード・マーチン」と表記されることもある。.

新しい!!: グレン・L・マーティンとロッキード・マーティン · 続きを見る »

ボーイング

ボーイング(The Boeing Company)は、アメリカ合衆国に所在する世界最大の航空宇宙機器開発製造会社。1997年にマクドネル・ダグラス社を買収したため、現在アメリカで唯一の大型旅客機メーカーであり、ヨーロッパのエアバスと世界市場を二分する巨大企業である。また旅客機だけでなく、軍用機、ミサイル、宇宙船や宇宙機器などの研究開発・設計製造を行う。機体の設計に関して、有限要素法の設計手法の導入に先んじていて、その技術は車輌構体設計など他分野にも技術供与されており、世界の航空宇宙機器業界をリードしている。.

新しい!!: グレン・L・マーティンとボーイング · 続きを見る »

イングリッシュ・エレクトリック キャンベラ

イングリッシュ・エレクトリック キャンベラ (English Electric Canberra) は、イギリスのイングリッシュ・エレクトリック社が開発しイギリス空軍に採用されたジェット爆撃機である。初飛行1949年で、2006年にイギリス空軍では退役した。 速度性能や高高度性能、低空での操作性を評価され、イングリッシュ・エレクトリック社は爆撃機型を土台に偵察機型や練習機型も開発した。また、アメリカ合衆国やオーストラリアにも採用され、各国でライセンス生産された。.

新しい!!: グレン・L・マーティンとイングリッシュ・エレクトリック キャンベラ · 続きを見る »

ウィリアム・ボーイング

ウィリアム・ボーイング(左)、フレデリック・ブラント・レンチュラー(右) right ウィリアム・エドワード・ボーイング(William Edward Boeing、1881年10月1日 - 1956年9月28日)は航空機メーカーボーイングの設立者。デトロイトの生まれ。エール大学出身。 グリーンウッド材木会社の社長の時、1909年シアトルに旅行し、初めて飛行機を見て航空機に魅せられた。 1916年、ボーイングはパシフィック・エアロ・プロダクツ(Pacific Aero Products) を設立したが、1917年にアメリカが第一次世界大戦に参戦したのを機にボーイング・エアプレーン(Boeing Airplane Company)に改名し、海軍から50機の注文を得た。大戦が終わるまでに、航空郵便の事業でも成功した。1929年、プラット・アンド・ホイットニー(Pratt & Whitney)などの航空産業企業数社とユナイテッド・エアクラフト・アンド・トランスポート(United Aircraft and ransport Corporation)を設立した。 1934年に独占禁止法により、ユナイテッド・エアクラフト・アンド・トランスポートは、ボーイング・エアプレーン(Boeing Airplane Company、後のボーイング)とユナイテッド・エアクラフト(United Aircraft Company、後のユナイテッド・テクノロジーズ)とユナイテッド航空に分割された。 ボーイングは1934年に航空事業から引退し、晩年は不動産開発や馬の繁殖に勤しんだ。彼が第2次世界大戦前にシアトル周辺で買い占めた土地の多くは今ではゴルフ場になっている。 1956年、ヨット中に心臓発作で死亡、享年74歳。遺灰はボーイングが愛したカナダブリティッシュ・コロンビア州のヨット場に流された。.

新しい!!: グレン・L・マーティンとウィリアム・ボーイング · 続きを見る »

カリフォルニア州

リフォルニア州(State of California、Estado de California、中:加利福尼亚州、加州)は、アメリカ合衆国西部、太平洋岸の州。アメリカ西海岸の大部分を占める。州都は、サクラメントである。.

新しい!!: グレン・L・マーティンとカリフォルニア州 · 続きを見る »

サンタアナ (カリフォルニア州)

ンタアナ(Santa Ana)はアメリカ合衆国カリフォルニア州オレンジ郡の郡庁所在地である。サンタアナ川が流れ、太平洋からおおよそ10 マイル内陸に展開している。.

新しい!!: グレン・L・マーティンとサンタアナ (カリフォルニア州) · 続きを見る »

B-10 (航空機)

B-10は、アメリカ陸軍航空隊向けにマーチン社が開発した爆撃機である。.

新しい!!: グレン・L・マーティンとB-10 (航空機) · 続きを見る »

B-26 (航空機)

B-26 マローダーは、アメリカ陸軍航空隊向けにマーチン社が開発し、第二次世界大戦中に配備された高速爆撃機である。アメリカ軍における公式ニックネームはマローダー(Marauder:略奪)。 同時期に開発されたB-25 ミッチェルより高性能だったが、操縦の難しさから初期型では事故が多発し、乗員には「マーダラー(人殺し)」「キラー・プレーン(殺人機)」「ウィドウ・メーカー(未亡人製造機)」と呼ばれて嫌われた。その結果、B-25に比べて生産数や使用国の数で大きく差がつく結果となった。.

新しい!!: グレン・L・マーティンとB-26 (航空機) · 続きを見る »

B-29 (航空機)

B-29は、アメリカのボーイングが開発した大型戦略爆撃機。 愛称はスーパーフォートレス(Superfortress.

新しい!!: グレン・L・マーティンとB-29 (航空機) · 続きを見る »

第二次世界大戦

二次世界大戦(だいにじせかいたいせん、Zweiter Weltkrieg、World War II)は、1939年から1945年までの6年間、ドイツ、日本、イタリアの日独伊三国同盟を中心とする枢軸国陣営と、イギリス、ソビエト連邦、アメリカ 、などの連合国陣営との間で戦われた全世界的規模の巨大戦争。1939年9月のドイツ軍によるポーランド侵攻と続くソ連軍による侵攻、そして英仏からドイツへの宣戦布告はいずれもヨーロッパを戦場とした。その後1941年12月の日本とイギリス、アメリカ、オランダとの開戦によって、戦火は文字通り全世界に拡大し、人類史上最大の大戦争となった。.

新しい!!: グレン・L・マーティンと第二次世界大戦 · 続きを見る »

航空機

航空機(こうくうき、aircraftブリタニカ百科事典「航空機」)は、大気中を飛行する機械の総称である広辞苑 第五版 p.889「航空機」。.

新しい!!: グレン・L・マーティンと航空機 · 続きを見る »

航空機メーカーの一覧

航空機メーカーの一覧(こうくうきメーカーのいちらん)は、世界の航空機製造会社の一覧である。 航空機メーカーの合併や改称がある場合、原則として記事執筆時点で存続している会社名の下にインデントして、合併前の会社や改名前の会社名を列挙する。会社名の後ろの括弧でくくった年号はその名前での活動期間である。 なお、合併によりどちらかが同名称で残った場合には重複して表記することはしない。.

新しい!!: グレン・L・マーティンと航空機メーカーの一覧 · 続きを見る »

P5M (航空機)

P5M マーリン(P5M Marlin)はマーチン社(メリーランド州ミドルリバー)が製作したレシプロ双発の飛行艇である。1951年から1960年代の後半に掛けて、アメリカ海軍で哨戒任務につき、また、アメリカ沿岸警備隊やフランス海軍でも使用された。1962年以降はP-5と改称された。 愛称のマーリン(Marlin)は魚のカジキのこと(ロールス・ロイスのエンジン名などに使用されたマーリン(Merlin、鳥のコチョウゲンボウの意)とは別の語)。.

新しい!!: グレン・L・マーティンとP5M (航空機) · 続きを見る »

P6M (航空機)

P6Mはアメリカ合衆国のマーチン社が開発したターボジェットエンジン搭載飛行艇。愛称はシーマスター(SeaMaster)。量産型の製造まで至ったが、実運用はなされなかった。.

新しい!!: グレン・L・マーティンとP6M (航空機) · 続きを見る »

PBM (航空機)

マーチン PBM3S マリナー マーチン PBMはアメリカ合衆国のマーチン社が開発した飛行艇である。愛称はマリナー(MARINER)。 MARINER とは“船員・水夫”の意。.

新しい!!: グレン・L・マーティンとPBM (航空機) · 続きを見る »

XB-48 (航空機)

XB-48(Martin XB-48)はアメリカ合衆国のマーチン社が開発した試作ジェット爆撃機である。.

新しい!!: グレン・L・マーティンとXB-48 (航空機) · 続きを見る »

XB-51 (航空機)

XB-51は、アメリカのマーチン社が試作したジェット爆撃機。初飛行は1949年。試作のみで、制式採用はされなかった。.

新しい!!: グレン・L・マーティンとXB-51 (航空機) · 続きを見る »

1912年

記載なし。

新しい!!: グレン・L・マーティンと1912年 · 続きを見る »

1961年

記載なし。

新しい!!: グレン・L・マーティンと1961年 · 続きを見る »

2006年

この項目では、国際的な視点に基づいた2006年について記載する。.

新しい!!: グレン・L・マーティンと2006年 · 続きを見る »

8月

8月(はちがつ)は、グレゴリオ暦で年の第8の月に当たり、31日ある。 日本では、旧暦8月を葉月(はづき)と呼び、現在では新暦8月の別名としても用いる。葉月の由来は諸説ある。木の葉が紅葉して落ちる月「葉落ち月」「葉月」であるという説が有名である。他には、稲の穂が張る「穂張り月(ほはりづき)」という説や、雁が初めて来る「初来月(はつきづき)」という説、南方からの台風が多く来る「南風月(はえづき)」という説などがある。また、「月見月(つきみづき)」の別名もある。 英語名 August は、ローマ皇帝アウグストゥスに由来する。アウグストゥスは紀元前1世紀、誤って運用されていたユリウス暦の運用を修正するとともに、8月の名称を「6番目の月」を意味する "Sextilis" から自分の名に変更した。よく見かけられる通説に、彼がそれまで30日であった8月の日数を31日に増やし、その分を2月の日数から減らしたため2月の日数が28日となったというものがある。これは11世紀の学者ヨハネス・ド・サクロボスコが提唱したものであり、8月の名称変更以前からすでに2月は短く、8月は長かった事を示す文献が複数発見されているため、この通説は現在では否定されている(詳細はユリウス暦を参照)。.

新しい!!: グレン・L・マーティンと8月 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

マーチン (航空機メーカー)

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »