ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

グレゴリウス12世 (ローマ教皇)

索引 グレゴリウス12世 (ローマ教皇)

グレゴリウス12世(Gregorius XII, 1326年 - 1417年10月18日)は、教会大分裂の時期に選出されたローマ教皇(在位:1406年 - 1415年)である。 ヴェネツィア出身で、本名はアンジェロ・コレル(Angelo Coraria)。インノケンティウス7世の急死後、ローマ教皇に選出される。アヴィニョンに対立教皇ベネディクトゥス13世がいた。 1409年、ローマ・フランス双方の枢機卿が集まり、教会大分裂を収束すべくピサ教会会議を開催する。当時は公会議主義の主張が高まっていた時期である。グレゴリウス12世及びベネディクトゥス13世の両教皇は会議に出席しなかったが、公会議は2人を廃位とし、ミラノ大司教を新たに教皇に選出した(アレクサンデル5世)。しかし、グレゴリウス12世もベネディクトゥス13世も同意しなかった為、3人の教皇が鼎立する状態になった。アレクサンデル5世は急死し、ヨハネス23世がその後を継ぐ。 1414年から開催されたコンスタンツ公会議でグレゴリウス12世を含む3人の教皇が廃位を宣言される。グレゴリウス12世は退位に同意し、1417年にマルティヌス5世が選出されると、ようやく教会大分裂が解消された。 グレゴリウス12世は晩年をアンコーナで過ごし、レカナーティで死去。エウゲニウス4世は甥に当たる。 Category:教皇 Category:ヴェネツィア出身の人物 Category:1326年生 Category:1417年没.

30 関係: 大司教対立教皇ミラノマルティヌス5世 (ローマ教皇)ヨハネス23世 (対立教皇)レカナーティローマヴェネツィアヴェネツィア共和国ピサ教会会議フランス王国ベネディクトゥス13世 (対立教皇)アレクサンデル5世 (対立教皇)アンコーナアヴィニョンインノケンティウス7世 (ローマ教皇)エウゲニウス4世 (ローマ教皇)コンスタンツ公会議公会議主義枢機卿教会大分裂教皇教皇領10月18日1326年1406年1409年1414年1415年1417年

大司教

大司教の紋章 大司教(だいしきょう、Archiepiscopus)は、カトリック教会の聖職者位階司教の範疇に属する聖務職。正教会と聖公会では大主教に相当する。他言語のほとんどでは区別せず、たとえば英語ではともにアーチビショップ(archbishop)である。 カトリック教会の教会法において4種類に分類される。.

新しい!!: グレゴリウス12世 (ローマ教皇)と大司教 · 続きを見る »

対立教皇

対立教皇(たいりつきょうこう、Antipapa、Antipope)は、キリスト教の歴史において、正当な教皇に対抗してたてられた教皇のこと、あるいはローマ教皇であることを宣言しながらも、同時代人あるいは後世の人からその地位が正統なものであると認められなかった人々のこと。 通常、対立教皇というのは教皇選挙者たち(中世以降は枢機卿団)によって、ある人物が教皇に選ばれたあとでそれに反対する人々によって立てられることが多い。一般的に対立教皇ということばは古代から中世にかけての歴史用語であるが、近代以降であっても教皇空位主義者(後述)などで教皇を自称する人々を広義での対立教皇と呼ぶこともある。.

新しい!!: グレゴリウス12世 (ローマ教皇)と対立教皇 · 続きを見る »

ミラノ

ミラノ(Milano)は、イタリアで最大の都市圏人口を擁する都市で、ミラノ県の県都およびロンバルディア州の州都である。ヨーロッパ有数の世界都市。イタリア語のアクセントの関係でミラーノと記されることもある。英語ではミラン(Milan)、フランス語ではミラン(Milan)、ドイツ語ではマイラント(Mailand)、スペイン語ではミラン(Milán)、ラテン語ではメディオラーヌム(Mediolanum)と言う。.

新しい!!: グレゴリウス12世 (ローマ教皇)とミラノ · 続きを見る »

マルティヌス5世 (ローマ教皇)

マルティヌス5世(Martinus V、1368年 - 1431年2月20日、在位:1417年11月11日 - 1431年2月20日)は、コンスタンツ公会議での教会大分裂の解消後に選出されたローマ教皇である。本名オットーネ・コロンナ(Ottone Colonna)。.

新しい!!: グレゴリウス12世 (ローマ教皇)とマルティヌス5世 (ローマ教皇) · 続きを見る »

ヨハネス23世 (対立教皇)

ヨハネス23世(Ioannes XXIII (antipapa)、1370年頃 - 1419年12月22日、在位:1410年 - 1415年)は教会大分裂(シスマ)の時期の対立教皇である。当時、ヨハネス23世とローマ教皇グレゴリウス12世(在位:1406年 - 1415年) 、アヴィニョンの対立教皇ベネディクトゥス13世(在位:1394年 - 1417年)の3人の教皇が並び立っていた。 ナポリ出身、本名はバルダッサレ・コッサ(Baldassare Cossa)。経歴は怪しく海賊、軍人であったとも言われる。ピサ教会会議で選出されたアレクサンデル5世(対立教皇、在位:1409年 - 1410年)の急死後、メディチ家当主ジョヴァンニ・ディ・ビッチの支援でコッサが教皇位に就く。アレクサンデル5世はコッサに殺されたとの噂もあったという。メディチ銀行は教皇庁との取引で莫大な利益を上げた。 1411年、ルイ2世・ダンジューと共にローマを占拠するが、1413年、ローマ派のナポリ王ラディズラーオにローマを追われ、フィレンツェに逃亡する。教会大分裂の事態を解消する為、神聖ローマ帝国皇帝ジギスムントの圧力で1414年、ドイツにコンスタンツ公会議(ヤン・フスの断罪でも知られる)を召集するが、ヨハネス23世はコンスタンツから逃亡。公会議で3人の教皇は廃位され、1417年に新たにマルティヌス5世が選出される。 ヨハネス23世はこの公会議で、異端、聖職売買をはじめ、海賊、殺人、強姦、男色、近親相姦など様々な罪状で告発、拘禁されるが、ジョヴァンニの尽力で釈放された。これらの罪状は恐らく捏造されたものだと考えられている。その死後、サン・ジョヴァンニ洗礼堂(フィレンツェ大聖堂に隣接)にヨハネス23世の墓碑が造られた。 対立教皇ヨハネス23世の死後500年以上に渡って、歴代最多の人数が名乗った教皇ヨハネスの名は使用されないままであった。この名前のうち、16世はこのヨハネス23世と同じ対立教皇と見做されるが、次のヨハネスが17世を名乗ったために歴代の代数にそのまま組み込まれている。また15・17・18・19世及び16世は、14世と15世との間にもう一人教皇ヨハネスが存在したという11世紀時点での認識に基づき、このヨハネス23世の時代に至るまで一つずつずれて序数計上がされていた。従ってヨハネス20世という教皇が存在しないまま、この時代に至るまで誤った序数計上が続いていたのである。 1958年、正規の教皇としてヨハネス23世が選出された。この時も序数修正は成されなかったが、結果的にこの対立教皇ヨハネス23世を含めると、教皇ヨハネスの数は序数と同じ23人となる。.

新しい!!: グレゴリウス12世 (ローマ教皇)とヨハネス23世 (対立教皇) · 続きを見る »

レカナーティ

レカナーティ(Recanati)は、イタリア共和国マルケ州マチェラータ県にある、人口約2万1000人の基礎自治体(コムーネ)。.

新しい!!: グレゴリウス12世 (ローマ教皇)とレカナーティ · 続きを見る »

ローマ

ーマ(Roma、Roma)は、イタリアの首都。欧州有数の世界都市であり、ラツィオ州の州都、ローマ県のコムーネの一つで、ローマ県の県都でもある。英語とフランス語の表記は「Rome」。.

新しい!!: グレゴリウス12世 (ローマ教皇)とローマ · 続きを見る »

ヴェネツィア

ヴェネツィア(Venezia)は、イタリア共和国北東部に位置する都市で、その周辺地域を含む人口約26万人の基礎自治体(コムーネ)。ヴェネト州の州都、ヴェネツィア県の県都である。ヴの表記によりベネチアと表記されることもある。 中世にはヴェネツィア共和国の首都として栄えた都市で、「アドリア海の女王」「水の都」などの別名をもつ。英語では「Venice」と呼ばれ、これに由来して日本語でもヴェニス、ベニスと呼ばれることもある。.

新しい!!: グレゴリウス12世 (ローマ教皇)とヴェネツィア · 続きを見る »

ヴェネツィア共和国

ヴェネツィア共和国(薄赤)の領域はポー平原北部からイストリア半島、ダルマチアに及んでいた。1494年時点の状況 最も高貴な共和国ヴェネツィア(もっともこうきなきょうわこく ヴェネツィア、Serenìsima Repùblica de Venexia(Venessia)、Serenissima Repubblica di Venezia)、通称ヴェネツィア共和国(ヴェネツィアきょうわこく、、)は、現在の東北イタリアのヴェネツィアを本拠とした歴史上の国家である。7世紀末期から1797年まで1000年以上の間に亘り、歴史上最も長く続いた共和国である。「最も高貴な国」や「アドリア海の女王」とも呼ばれる。東地中海貿易によって栄えた海洋国家であった。また、信教の自由や法の支配が徹底されており、元首の息子であっても法を犯せば平等に処罰された。.

新しい!!: グレゴリウス12世 (ローマ教皇)とヴェネツィア共和国 · 続きを見る »

ピサ教会会議

ピサ教会会議(ピサきょうかいかいぎ)またはピサ公会議(ピサこうかいぎ)は、ローマ・アヴィニョンの教皇が並び立つ教会大分裂という事態収拾のため、1409年にピサで開かれたカトリック教会の会議。現在のローマ・カトリック教会の立場としては正式な公会議ではない。 ローマ・アヴィニョン双方の枢機卿が招集し、グレゴリウス12世とベネディクトゥス13世の廃位を決め、全会一致でアレクサンデル5世の選出を決める。しかし、2人の教皇(会議は欠席)は納得せず、ついに3人の教皇が鼎立する事態になった。この会議自体は失敗に終わったが、以後公会議主義への流れが強くなり、1414年からのコンスタンツ公会議につながっていく。.

新しい!!: グレゴリウス12世 (ローマ教皇)とピサ教会会議 · 続きを見る »

フランス王国

フランス王国(フランスおうこく、Royaume de France)は、現在のフランス共和国の領域にかつて存在し、その前身となった王国。起源はフランク王国に遡り、「フランス王国」の名も「フランク王国」の発音が変化したものである。また、西フランク王国とフランス王国は同一の王国を指す歴史学上の別名であり、一般にはユーグ・カペーが西フランク王に即位した987年以降の西フランク王国を指して「フランス王国」と呼び、それ以前のフランス王国を指して西フランク王国と呼ぶ。これを前提とすると、1789年のフランス革命まで800年間、さらに1848年にオルレアン朝が倒れて王政が廃止されるまで、第一共和政・第一帝政期(1792年 - 1814年)を挟んで約840~860年間、存続したことになる。.

新しい!!: グレゴリウス12世 (ローマ教皇)とフランス王国 · 続きを見る »

ベネディクトゥス13世 (対立教皇)

ベネディクトゥス13世(Benedictus XIII,1328年11月25日 - 1423年5月23日)は、カトリック教会の対立教皇(在位:1394年 - 1417年)。アラゴンではエル・パパ・ルナ(El Papa Luna)として知られる。.

新しい!!: グレゴリウス12世 (ローマ教皇)とベネディクトゥス13世 (対立教皇) · 続きを見る »

アレクサンデル5世 (対立教皇)

アレクサンデル5世(Alexander V 1339年 - 1410年5月3日、在位:1409年 - 1410年)は教会大分裂の時期の教皇の1人。ピサ教会会議で教皇に選出されるが、正式な選出とはみなされず、カトリック教会では対立教皇とされている。但し、1492年に教皇に選出されたロドリゴ・ボルジアはアレクサンデルを名乗ったが、彼はアレクサンデル6世となっている。 クレタ島生まれのギリシャ人で本名はピーター・フィランジェ・デ=カンディア(Peter Philarges de Candia) 、イタリアではピエトロ・フィラルゴ(Pietro Filargo)と呼ばれていた。神学者であり、1402年にミラノ大司教になっている。当時の教会大分裂という事態収拾の為、1409年ピサ教会会議が開催されるが、2人の教皇(グレゴリウス12世・ベネディクトゥス13世)が廃位された後、全会一致で新たに教皇に選出される。しかし、2人の教皇は納得せず、3人の教皇が鼎立する事態になった。なお、アレクサンデル5世がピサ教会会議で選出された背景として、ギリシャ正教会と合一への期待があったという。 教皇選出の翌年、ボローニャで逝去。バルダッサレ・コッサ(後継者のヨハネス23世)に毒殺されたとも噂された。 あれくさんてる5 あれくさんてる5 あれくさんてる5.

新しい!!: グレゴリウス12世 (ローマ教皇)とアレクサンデル5世 (対立教皇) · 続きを見る »

アンコーナ

アンコーナ(Ancona)は、イタリア共和国中部のアドリア海沿岸にある港湾都市で、その周辺地域を含む人口約10万人の基礎自治体(コムーネ)。マルケ州の州都であり、アンコーナ県の県都である。 古代ギリシア人によって築かれた都市に起源を持ち、中世には海洋共和国として繁栄した。.

新しい!!: グレゴリウス12世 (ローマ教皇)とアンコーナ · 続きを見る »

アヴィニョン

アヴィニョン(Avignon)は、フランスの南東部に位置する都市(コミューン)で、ヴォクリューズ県の県庁所在地である。.

新しい!!: グレゴリウス12世 (ローマ教皇)とアヴィニョン · 続きを見る »

インノケンティウス7世 (ローマ教皇)

インノケンティウス7世(Innocens VII, 1336年 - 1406年11月6日)は、ローマ教皇(在位:1404年 - 1406年)。15世紀初め、教会大分裂の時期の教皇である(アヴィニョン対立教皇はベネディクトゥス13世)。 アブルッツォ地方スルモーナの出身で、本名はコジモ・デ・ミリョラーティ(Cosimo de' Migliorati)。法律家として有名であった。 コンクラーヴェ(教皇選挙)で選出後、市民の暴動が起きるが、ナポリ王ラディズラーオ1世の軍によって鎮圧される。1405年に再びコロンナ家が反乱を起こし、教皇はヴィテルボに逃れる。反乱鎮圧後、ローマに戻るが、1406年に急死した。 Category:教皇 Category:1336年生 Category:1406年没.

新しい!!: グレゴリウス12世 (ローマ教皇)とインノケンティウス7世 (ローマ教皇) · 続きを見る »

エウゲニウス4世 (ローマ教皇)

ウゲニウス4世(Eugenius IV, 1383年 - 1447年2月23日)はバーゼル公会議の際のローマ教皇である(在位:1431年 - 1447年)。.

新しい!!: グレゴリウス12世 (ローマ教皇)とエウゲニウス4世 (ローマ教皇) · 続きを見る »

コンスタンツ公会議

ンスタンツ公会議(コンスタンツこうかいぎ)は1414年から1418年にかけてドイツのコンスタンツで開催されたカトリック教会の公会議。3人の対立教皇を廃し、一人の正統なローマ教皇を立てることで教会大分裂(シスマ)を終結させた。またジョン・ウィクリフと、その影響を受けたヤン・フスを有罪とした。コンスタンツ公会議は教皇権が失墜した中で、公会議主義者が主導した唯一の公会議となった。.

新しい!!: グレゴリウス12世 (ローマ教皇)とコンスタンツ公会議 · 続きを見る »

公会議主義

公会議主義(こうかいぎしゅぎ、Conciliarism)は、キリスト教・カトリック教会の歴史において公会議にこそ教会内の至上決定権があると唱える思想のことである。 公会議主義のルーツは、13世紀に絶頂に達した教皇権に対する抑止力としての公会議の役割が注目されたことにある。神学者たちの中でも、公会議の権威が教皇権を超えるものであるという認識を持つものが現れ始めた。たとえばオッカムのウィリアムや、パドヴァのマルシリウスといった神学者たちが公会議主義を支持する思想的枠組みを作った。 14世紀に入るとフランス王の圧力によって教皇がアヴィニョンに移動するという事件が起こり(アヴィニョン捕囚)、さらにローマ・アヴィニョンに教皇が並び立つという異常な事態(教会大分裂、西方離教)に至ると、公会議に対して.

新しい!!: グレゴリウス12世 (ローマ教皇)と公会議主義 · 続きを見る »

枢機卿

枢機卿(すうききょう、すうきけい、、)は、カトリック教会における教皇の最高顧問である。重要な案件について教皇を直接に補佐する「枢機卿団」を構成すると同時に、個々の枢機卿は、教会全体にかかわる日常的な職務について教皇を助ける。 正式な称号は「聖なるローマ教会の枢機卿()」 で、枢機卿(カーディナル)という言葉自体はラテン語の「Cardo(カルド.

新しい!!: グレゴリウス12世 (ローマ教皇)と枢機卿 · 続きを見る »

教会大分裂

教会大分裂赤がアヴィニョン教皇庁支持。青がローマ教皇庁支持。緑のポルトガルは当初アヴィニョン支持だったが、ローマ支持に転じた 教会大分裂(きょうかいだいぶんれつ、Magnum schisma occidentale)とは、1378年から1417年の間、ローマとアヴィニョンにそれぞれローマ教皇が立ち、カトリック教会が分裂した状態の事である。最も有名なシスマの1つで、単に「シスマ」という場合はこの事件を指すことも多く、また、「大シスマ」とも呼ばれる(「大シスマ」は、東西教会の分裂を指すこともある)。西方大離教、西方教会大分裂ともいう。.

新しい!!: グレゴリウス12世 (ローマ教皇)と教会大分裂 · 続きを見る »

教皇

教皇(きょうこう、Pāpa、Πάπας Pápas、The Pope)は、キリスト教の最高位聖職者の称号。一般的にはカトリック教会のローマ司教にして全世界のカトリック教徒の精神的指導者であるローマ教皇を指す。ヴァティカン市国の首長。教皇の地位は「教皇位」、あるいは「教皇座」と呼ばれる。また、教皇の権威のことを「聖座」、「使徒座」ということもある。現在の教皇はフランシスコ(第266代)。 日本語では「ローマ法王」と表記されることも多いが、日本のカトリック教会の中央団体であるカトリック中央協議会は「ローマ教皇」の表記を推奨している(後述)。またカトリックの内部では「教父」の呼称を用いる場合もある。なお、退位した教皇の称号は名誉教皇(名誉法王とも)という。 本項では主にローマ教皇について記述する。その他の教皇については称号の変遷とその他の「教皇」の節を参照。.

新しい!!: グレゴリウス12世 (ローマ教皇)と教皇 · 続きを見る »

教皇領

教皇領(きょうこうりょう、ラテン語:Status Pontificius, イタリア語:Stato Pontificio)は、ローマ教皇あるいはローマ教皇庁の支配していた領土である。歴史的には国家としての体裁も持ったため、教皇国、教皇国家とも呼ばれる。.

新しい!!: グレゴリウス12世 (ローマ教皇)と教皇領 · 続きを見る »

10月18日

10月18日(じゅうがつじゅうはちにち)は、グレゴリオ暦で年始から291日目(閏年では292日目)にあたり、年末まであと74日ある。.

新しい!!: グレゴリウス12世 (ローマ教皇)と10月18日 · 続きを見る »

1326年

記載なし。

新しい!!: グレゴリウス12世 (ローマ教皇)と1326年 · 続きを見る »

1406年

記載なし。

新しい!!: グレゴリウス12世 (ローマ教皇)と1406年 · 続きを見る »

1409年

記載なし。

新しい!!: グレゴリウス12世 (ローマ教皇)と1409年 · 続きを見る »

1414年

記載なし。

新しい!!: グレゴリウス12世 (ローマ教皇)と1414年 · 続きを見る »

1415年

記載なし。

新しい!!: グレゴリウス12世 (ローマ教皇)と1415年 · 続きを見る »

1417年

記載なし。

新しい!!: グレゴリウス12世 (ローマ教皇)と1417年 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

グレゴリウス12世

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »