ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

クレジット

索引 クレジット

レジット(Credit)とは、ラテン語の「貸し付け」の意味。.

33 関係: 奥付信頼俳優メダルゲームラテン語パチスロテレビ番組フィクションベットアーケードゲームクレジットカードクレジットカード (日本)クレジットタイトルゲームソフトスタッフ写真割賦販売割賦販売法借款硬貨複式簿記販売信用貸方著作物著作権通貨単位架空消費者金融映画新聞1961年7月1日

奥付

奥付(おくづけ)とは、本の本文が終わった後や巻末に設けられる書誌に関する事項(書誌事項)が記述されている部分。 和書には奥書を付ける慣習がある。洋書には通常は奥付はなく扉に標題、著者名、出版社、出版年等を記す図書館用語辞典編集委員会『最新図書館用語大辞典』柏書房、2004年、433頁(コロフォン)。この洋書のコロフォンと和書の奥付とは沿革が異なる(後述)。.

新しい!!: クレジットと奥付 · 続きを見る »

信頼

信.

新しい!!: クレジットと信頼 · 続きを見る »

俳優

俳優(はいゆう、actor)は、演劇、映画等において、その人物に扮して台詞、身振り、表情などで演じる人のこと。またその職業。役者(やくしゃ)とも呼ばれる。.

新しい!!: クレジットと俳優 · 続きを見る »

メダルゲーム

大規模ゲームセンター内のメダルゲームコーナー メダルゲームは、アーケードゲームのうち、メダルを使用するゲームである。「コインゲーム」、稀に「ギャンブル・カジノゲーム」とも呼ばれる。.

新しい!!: クレジットとメダルゲーム · 続きを見る »

ラテン語

ラテン語(ラテンご、lingua latina リングア・ラティーナ)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派の言語の一つ。ラテン・ファリスク語群。漢字表記は拉丁語・羅甸語で、拉語・羅語と略される。.

新しい!!: クレジットとラテン語 · 続きを見る »

パチスロ

ームセンターに並べられたパチスロ機 パチスロとは、「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」の適用を受ける第4号営業店(パチンコ店等)に設置される、スロットマシンに似た遊技機のことである。「パチンコ型スロットマシン」の略称。法律上は「回胴式遊技機」と称するが、業界としての正式名称は「オリンピアマシン」とすることが1981年4月に決定している。第4号営業店で稼働するパチスロは、保安通信協会(保通協)によって行われる型式試験に適合している必要がある。 カジノで稼働するスロットマシンは、回転するリールが自動的に停止するのに対し、パチスロでは遊技者がストップボタンでリールを停止させる。これは、パチンコと同様に、遊技結果に対する遊技者による技術介入を求める法的要件を満たすためである。 当初のパチスロ機は、カジノ向けに生産されていた「アップライト型」のスロットマシンの筐体を流用していたが、既存の第7号営業店舗に導入する際の利便性のために、パチンコ台を設置する枠にそのまま設置できる筐体が開発された。.

新しい!!: クレジットとパチスロ · 続きを見る »

テレビ番組

テレビ番組(テレビばんぐみ)は、テレビジョン放送によって送られるコンテンツ(番組)の総称のことである。.

新しい!!: クレジットとテレビ番組 · 続きを見る »

フィクション

フィクション(fiction)とは、作り事、虚構のこと広辞苑 第五版 p.p2298大辞泉。あるいは、作り話。創作。.

新しい!!: クレジットとフィクション · 続きを見る »

ベット

ベット.

新しい!!: クレジットとベット · 続きを見る »

アーケードゲーム

アーケードゲーム(arcade game)は、業務用ゲーム機(「アーケードゲーム機」)によるゲームのこと。古くは、典型的・代表的なものとしてはピンボールであるが、電気・機械的な装置であった。コンピュータゲームの発展後は、作品数や経済規模ではそちらが大きくなっている。英語では、「ペニーアーケード」あるいは「アミューズメントアーケード」といった語がある。.

新しい!!: クレジットとアーケードゲーム · 続きを見る »

クレジットカード

レジットカード(Credit card)とは、商品を購入する際の決済(支払)手段の一つ。又は、契約者の番号その他が記載され、及び記録されたカードである。creditとは、貸方のこと。 分割払い機能をもつものを、クレジットカード、一回払いのものをチャージカードと呼ぶこともある。それに対して、即時払いのカードは、デビットカードと呼ばれる。 クレジットカードは、その前身も含めて、アメリカ合衆国では約150年の歴史がある。.

新しい!!: クレジットとクレジットカード · 続きを見る »

クレジットカード (日本)

レジットカード (日本)では、日本におけるクレジットカードについて述べる。国際ブランド・歴史などについては親記事に記す。.

新しい!!: クレジットとクレジットカード (日本) · 続きを見る »

クレジットタイトル

レジットタイトル、クレジット とは、映画やテレビ番組、またはレコード・CDやゲームソフトにおいて、出演者(キャスト)、スタッフ、制作に関わった企業、団体などの名前を表示するものである。「クレジットする」と動詞化した使い方も見受けられる。日本ではクレジットを表示しないことを「ノンクレジット」とも称する。.

新しい!!: クレジットとクレジットタイトル · 続きを見る »

ゲームソフト

ームソフトは、コンピュータゲームのソフトウェア(コンピュータ・プログラム)である。コンピュータゲームのハードウェアであるコンピュータゲーム機に対し、1980年代なかばごろから、別に提供されるものが一般的となったため、そういった呼ばれ方をするようになった。 本来、ソフトウェアとは物理的な形を持たないものなのであるが、ゲーム業界では主としてロムカセットの時代に「物」として販売することが確立したため、その結果として中古流通が盛んになるなどといったこともあり、ゲーム業界的には、本来はハードウェアであるメディア自体も「ソフト」に含まれてしまっていることも以前は多かったが、ダウンロード販売なども増えた近年では変わってきている。.

新しい!!: クレジットとゲームソフト · 続きを見る »

スタッフ

タッフ()は、組織形態の一種。 表に出る仕事(興行など)を、裏で支える様々な部門を担当している関係者(裏方)、および、そのチームを指して言う英語であり、英語に由来する世界的共通単語である。 各分野でその役割は異なっており、その分野に適した技能を持つ専門の人もいる。.

新しい!!: クレジットとスタッフ · 続きを見る »

写真

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、.

新しい!!: クレジットと写真 · 続きを見る »

割賦販売

割賦販売(かっぷはんばい)とは、売買代金の支払いを分割して支払うことを条件とした販売方式。支払間隔に応じて週賦・旬賦・月賦・年賦などの方法がある。消費者信用のうちの、販売信用の一つ。 先に代金を支払う前払い式と、あとから代金を支払う方式がある。.

新しい!!: クレジットと割賦販売 · 続きを見る »

割賦販売法

割賦販売法(かっぷはんばいほう、昭和36年7月1日法律第159号)とは、日本の法律である。割賦販売等に係る取引の公正の確保、購入者等が受けることのある損害の防止及びクレジットカード番号等の適切な管理に必要な措置を講ずることにより、割賦販売等に係る取引の健全な発達を図るとともに、購入者等の利益を保護し、あわせて商品等の流通及び役務の提供を円滑にし、もつて国民経済の発展に寄与することを目的とする(第1条)。 当初は、現金販売を行う小売り事業者と割賦販売を行う事業者との間の取引秩序を図ることを主眼とする法律であったが、後の改正により、購入者等の利益を保護することを目的として追加するとともに、民事的効力に関する規定を盛り込んだ。消費者信用のうち販売信用に関して規定する中心的な法律で、経済産業省が所管官庁である。.

新しい!!: クレジットと割賦販売法 · 続きを見る »

借款

借款(しゃっかん)とは、国際機関と国家間または、それぞれ異なる国家の政府や公的機関間における長期間にわたる資金の融資のこと。日本では、「クレジット」とも呼ばれている。英語における正しい表記は「ローン(loan)」である。また、政府と関係の深い民間の金融機関や企業が借款の貸し手・借り手となる場合もある。.

新しい!!: クレジットと借款 · 続きを見る »

硬貨

貨(こうか)は金属で作られた貨幣である。コイン(coin)ともいわれる。かつて「コイン」は基本的に金や銀の素材金属の価値と額面の差の無い本位通貨やその補助貨幣として鋳造されることが多かったが、現在は管理通貨制度の下で不換紙幣と並列して素材の価値が額面を大きく下回る硬貨1988年以前は臨時通貨法の下、日本では事実上の現金通貨が日本銀行券と臨時補助貨幣のみであったため、硬貨は「補助貨幣」と称されていたが(『世界大百科事典』26、平凡社、2009年)、1988年に制定された通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律以降は「貨幣」と称する。のみが流通する。 他方、経済学においては『硬貨』はハードカレンシー(国際決済通貨)や本位貨幣を指すことばであり、対義語の『軟貨』(ソフトカレンシー)とは国際決済に用いられない・用いることが出来ない通貨を指す。.

新しい!!: クレジットと硬貨 · 続きを見る »

複式簿記

複式簿記(ふくしきぼき、Double-entry bookkeeping system)とは、簿記において、全ての簿記的取引を、その二面性に着眼して記録していき、貸借平均の原理に基づいて組織的に記録・計算・整理する記帳法のことをいう。.

新しい!!: クレジットと複式簿記 · 続きを見る »

販売信用

販売信用(はんばいしんよう)とは、信販会社などが信用を供与した会員等の買い物代金を、立て替えて支払うこと。クレジットとも呼ぶ。 消費者信用の形態の一つ。割賦販売(かっぷはんばい)、個品斡旋、クレジットカードによる商品、サービスの購入が該当する。直接金銭を借りるわけではないが、借金の一種とみなすことができる。.

新しい!!: クレジットと販売信用 · 続きを見る »

貸方

貸方(かしかた)、クレジット(credit)とは、複式簿記において勘定口座の右側を指す佐々木(2015)p.41。対義語は借方。.

新しい!!: クレジットと貸方 · 続きを見る »

著作物

著作物(ちょさくぶつ)とは、著作権の対象となる知的財産である。.

新しい!!: クレジットと著作物 · 続きを見る »

著作権

著作権(ちょさくけん、、コピーライト)は、明確な形を持たない無体財産権(無形固定産)である。 主な無体財産権は、書物、言語、音楽、絵画、建築、図形、映画、コンピュータプログラムなどである。また、特性が類似する特許権や商標権も含めて、知的財産権と呼称する場合もある。.

新しい!!: クレジットと著作権 · 続きを見る »

通貨単位

通貨単位(つうかたんい)とは、通貨の単位のことであり、通貨額をあらわすのに用いられる。一般に通貨記号を用いてあらわされる。たとえば日本では「円」がそれに該当する。.

新しい!!: クレジットと通貨単位 · 続きを見る »

架空

架空(かくう)とは、実在しない、実存しない、存在しないということ。.

新しい!!: クレジットと架空 · 続きを見る »

消費者金融

消費者金融の自動契約機が集まる建物(いわゆる「サラ金ビル」) 消費者金融(しょうひしゃきんゆう、)とは、消費者信用のうち、個人への金銭の貸付け(小口融資)のこと。また、貸金業業者、特に一般の個人に対する無担保での融資事業を中心とする貸金業の業態を指すことがある。 以下では特に断り書きがない限り、日本での事例について述べる。(相談については、#サラ金・多重債務 相談窓口 を参照のこと。).

新しい!!: クレジットと消費者金融 · 続きを見る »

代的な本 本(部分) 本(ほん)は、書籍(しょせき)または書物(しょもつ)とも呼ばれ、木、竹、絹布、紙等の軟質な素材に、文字、記号、図画等を筆写、印刷し、糸、糊等で装丁・製本したもの(銭存訓(1990)p.208)。狭義では、複数枚の紙が一方の端を綴じられた状態になっているもの。この状態で紙の片面をページという。本を読む場合はページをめくる事によって次々と情報を得る事が出来る。つまり、狭義の本には巻物は含まれない。端から順を追ってしかみられない巻物を伸ばして蛇腹に折り、任意のページを開ける体裁としたものを折り本といい、折本の背面(文字の書かれていない側)で綴じたものが狭義の「本」といえる。本文が縦書きなら右綴じ、本文が横書きなら左綴じにする。また、1964年のユネスコ総会で採択された国際的基準は、「本とは、表紙はページ数に入れず、本文が少なくとも49ページ以上から成る、印刷された非定期刊行物」と、定義している。5ページ以上49ページ未満は小冊子として分類している。 内容(コンテンツ)的にはほぼ従来の書籍のようなものでも、紙などに文字を書いたり印刷するのではなく、電磁的または光学的に記録・再生されるものやネットワークで流通させるものは、電子書籍という。.

新しい!!: クレジットと本 · 続きを見る »

映画

映画(えいが)とは、長いフィルムに高速度で連続撮影した静止画像(写真)を映写機で映写幕(スクリーン)に連続投影することで、形や動きを再現するもの。活動写真、キネマ、シネマとも。 なお、本来の語義からははずれるものの、フィルムではなくビデオテープなどに磁気記録撮影されたものや映画館で上映される動画作品全般についても、慣例的に映画と呼ばれている。.

新しい!!: クレジットと映画 · 続きを見る »

新聞

新聞(しんぶん)は、事件、事故や政治や経済や芸能やスポーツや国際情勢などの動向などのニュースを報じるためのメディアで、記事文章や写真、図面などが紙(新聞紙)に印刷され綴じていないものである。 「ポスト」を名に冠する新聞が存在しているのは、帝国郵便が自前の新聞を発行していたことに由来する。.

新しい!!: クレジットと新聞 · 続きを見る »

1961年

記載なし。

新しい!!: クレジットと1961年 · 続きを見る »

7月1日

7月1日(しちがつついたち)は、グレゴリオ暦で年始から182日目(閏年では183日目)にあたり、年末まであと183日ある。誕生花はアジサイ、ベゴニア。.

新しい!!: クレジットと7月1日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

ノンクレジット信用

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »