ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

クリケット

索引 クリケット

リケット(cricket、 )は、フィールド上1チーム11名の2チームによって半径70メートルほどの広大なフィールド(クリケットではオーヴァル:oval と呼ばれる)で行われるバットとボールを用いるスポーツである。.

86 関係: 南アフリカ共和国古フランス語古英語巨人の星上流階級中期オランダ語二階堂トクヨペサパッロバングラデシュバットメルボルン・クリケット・グラウンドライン・フリードリヒ・ヴィルヘルム大学ボンラグビーレッグブレークボールボウリング (クリケット)トムス・エンタテインメントトゥエンティ20ブルゴーニュ公国プロ野球選手パキスタンテューダー朝テニスボール・クリケットテスト・クリケットフィンランドドナルド・ブラッドマンニュージーランドホッケーダグラス・アダムズベージュアーサー・コナン・ドイルアボリジニアパルトヘイトアヒルアフタヌーン・ティーインディアン・プレミアリーグインドインド亜大陸インド・ルピーイングランドイングランド王政復古イートン・カレッジイニングイギリスイギリス帝国イギリス連邦エドワード1世 (イングランド王)エドワード2世 (イングランド王)オーバルオーストララシア...オーストラリアカウンティ・チャンピオンシップギルフォード (イングランド)クリケット・ワールドカップクリケットニュージーランド代表クリケットインド代表クリケットイングランド代表クリケットオーストラリア代表クリケット選手一覧クリケット西インド諸島代表ケント (イングランド)ジャスパー・ヴァイナルジンバブエジ・アッシズスポーツスリランカスーラジ ザ・ライジングスターサミュエル・ジョンソンサッカー国際クリケット評議会産経新聞西インド諸島講談社黒執事近代オリンピック野球野球の歴史枢やな検視官木村昇吾日本日本クリケット協会日本野球機構16世紀1900年パリオリンピックのクリケット競技2008年 インデックスを展開 (36 もっと) »

南アフリカ共和国

南アフリカ共和国(みなみアフリカきょうわこく)、通称南アフリカは、アフリカ大陸最南端に位置する共和制国家。イギリス連邦加盟国のひとつ。東にスワジランド、モザンビーク、北にジンバブエ、ボツワナ、西にナミビアと国境を接し、レソトを四方から囲んでいる。南アフリカは首都機能をプレトリア(行政府)、ケープタウン(立法府)、ブルームフォンテーン(司法府)に分散させているが、各国の大使館はプレトリアに置いていることから国を代表する首都はプレトリアと認知されている。.

新しい!!: クリケットと南アフリカ共和国 · 続きを見る »

古フランス語

古フランス語(こふらんすご、ancien français)は、9世紀から14世紀にかけて現在のフランス北部を中心に話されていたフランス語である。 西ローマ帝国の崩壊(476年)以降、俗ラテン語の地域ごとの分化はとどまるところを知らず、ガリア(フランス)の俗ラテン語はガロ=ロマンス語と呼ばれる方言群となった。フランス語はそうしたガロ=ロマンス語の一つであるが、古フランス語と言うときには現代フランス語の直接の祖だけでなく、ガロ=ロマンス語の諸方言全体を指す。 14世紀には、ガロ=ロマンス語は、フランス南部のオック語との対比の上で、オイル語として認識されるようになり、ついで14世紀半ばには、そのオイル語のイル=ド=フランス方言(パリ周辺の方言。フランシアン語とも)に基づいて中期フランス語(期のフランス語)が生じていった。 古フランス語(ガロ=ロマンス方言連続体)が土着の言葉として話されていた領域は、おおまかに言ってフランス王国の歴史的領土とその封臣領、ブルゴーニュ公国、それにロレーヌ公国とサヴォワ伯国を東限としたものである(全体としては現在の北仏および中央フランス、ベルギーのワロン地域、スイス西部、イタリア北部となる)。しかし古フランス語の影響が及んだ地域はそれよりずっと広く、イングランド、シチリア、十字軍諸国に当時の社会における支配階級の言語として、また通商の言語として伝播した(なお、異民族間の共通語を表す「リングワ・フランカ」は「フランク人の言葉」という意味だが、実際に十字軍時代から東地中海で通商に用いられ「リングワ・フランカ」と呼ばれたロマンス語系のピジン言語は実質的にはオック語とイタリア語に基づくものである)。.

新しい!!: クリケットと古フランス語 · 続きを見る »

古英語

古英語(こえいご、古英語:, )または古期英語、アングロ・サクソン語()は、5世紀半ばから12世紀を中心にイングランドで使われた、インド・ヨーロッパ語族ゲルマン語派に属し、現代英語の祖語にあたる言語。 言語学者によっては西ゲルマン語群に分類する。現在のドイツ語の古語に当たる古ドイツ語のうち、古フランク語および古ザクセン語などの「古低ドイツ語」とは近縁にある。辞書などではしばしばOEと略記する。現在は死語と化している。 バイキングによりイングランドに古ノルド語が持ち込まれ、古英語に影響を与えた。他のゲルマン諸語と古ノルド語はまだ相互理解可能であった。古英語は均一の言語ではなく、方言があり、時期によっても異なる。ゲルマン人の一派であるアングル人とサクソン人の言葉が、グレートブリテン島移住に伴い、イングランド(アングル人の地)へ持ち込まれたことに始まる。のちイングランドに来襲したデーン人の言語であるデーン語(古ノルド語の一種)などの要素も、入り込んだ。 古英語に対して、古英語以降16世紀までの英語を中英語、17世紀頃までを初期近代英語それ以降を現代英語と言う。古英語の使われた時期を確定することは困難である。おそらく4世紀半ばにはグレートブリテン島での古英語の使用は始まっていた。古英語と中英語の境として、ウィリアム1世によってノルマン・フランス語の語彙が大幅に流入した1066年のノルマン・コンクエストを採用することが多い。しかしこのことはこの時期以降、古英語が使われなくなったことを意味しない。.

新しい!!: クリケットと古英語 · 続きを見る »

巨人の星

『巨人の星』(きょじんのほし)は、原作:梶原一騎、作画:川崎のぼるによる日本の漫画作品。本項では、続編である『新巨人の星』についても併せて解説する。.

新しい!!: クリケットと巨人の星 · 続きを見る »

上流階級

上流階級(じょうりゅうかいきゅう、Upper class)は、社会的に上層に位置する階層から成る階級。社会学などでは大きな富、そして政府などの権力と近い地位を持った、貴族や大地主、大企業のオーナー社長などからなる社会階級として定義される。.

新しい!!: クリケットと上流階級 · 続きを見る »

中期オランダ語

中期オランダ語(ちゅうきオランダご、、)は西ゲルマン語群の方言をいくつかまとめた言語グループである。1150年から1500年に掛けて話し言葉や書き言葉として使用された。.

新しい!!: クリケットと中期オランダ語 · 続きを見る »

二階堂トクヨ

二階堂トクヨ(にかいどう トクヨ、1880年12月5日 - 1941年7月17日)は、宮城県大崎市(旧三本木町)出身の教育者。日本女子体育大学創設者 広報おおさき 2010年2月号。.

新しい!!: クリケットと二階堂トクヨ · 続きを見る »

ペサパッロ

技場。図の上部の半円がホームベース、1 Pesäと書かれた部分が1塁である。3塁ランナーはラインの外側を回るようにしてホームに戻ってこなければならない。 ペサパッロ(Pesäpallo)は、野球がフィンランドにおいて変化したもので、1922年に最初の試合が行われた。英語ではFinnish Baseball(フィンランド式野球)とも呼ばれる。フィンランドの元陸上選手の政治活動家、ラウリ・ピカラ(ラウリ・"タハコ"・ピヒカラ)によって考案された。.

新しい!!: クリケットとペサパッロ · 続きを見る »

バングラデシュ

バングラデシュ人民共和国(バングラデシュじんみんきょうわこく、গণপ্রজাতন্ত্রী বাংলাদেশ)、通称バングラデシュは、南アジアにあるイスラム教徒主体の国。イギリス連邦加盟国、通貨はタカ、人口1億5,940万人、首都はダッカ。 北と東西の三方はインド、南東部はミャンマーと国境を接する。南はインド洋に面する。西側で隣接するインド西ベンガル州とともにベンガル語圏に属す。 1971年にパキスタンから独立。バングラデシュはベンガル語で「ベンガル人の国」を意味する。都市国家を除くと世界で最も人口密度が高い国で、人口数は世界第7位。 ベンガル湾に注ぐ大河ガンジス川を有する。豊富な水資源から米やジュートの生産に適し、かつて「黄金のベンガル」と称された豊かな地域であったが、インフラの未整備や行政の非能率から、現在はアジアの最貧国に属する。近年は労働力の豊富さ、アジア最低水準の労働コストの低廉さに注目した、多国籍製造業の進出が著しい。.

新しい!!: クリケットとバングラデシュ · 続きを見る »

バット

バット(一般名詞).

新しい!!: クリケットとバット · 続きを見る »

メルボルン・クリケット・グラウンド

メルボルン・クリケット・グラウンド(Melbourne Cricket Ground)は、オーストラリア・メルボルンのヤラ公園にあるクリケット用競技場。1956年のメルボルンオリンピック、2006年コモンウェルスゲームズのメイン会場でもあった。また、オーストラリアンフットボールのAFLグランドファイナルの舞台にもなる。2005年12月に、ビクトリア州遺産とオーストラリア国定遺産に指定された。オセアニア最大のスタジアムである。.

新しい!!: クリケットとメルボルン・クリケット・グラウンド · 続きを見る »

ライン・フリードリヒ・ヴィルヘルム大学ボン

ライン・フリードリヒ・ヴィルヘルム大学ボン(Universität Bonn)は、ドイツのボンにある総合大学。通称はボン大学。 以降、本項では「ボン大学」と呼称する。.

新しい!!: クリケットとライン・フリードリヒ・ヴィルヘルム大学ボン · 続きを見る »

ラグビー

ラグビー(rugby)は、イギリスラグビー校発祥のフットボールの一種。現在、ラグビーユニオンとラグビーリーグの2つのスポーツとして主に行われている。日本でのラグビーは通常ラグビーユニオンである。和名で闘球やラ式蹴球とも呼ばれる。.

新しい!!: クリケットとラグビー · 続きを見る »

レッグブレーク

レッグブレークあるいはレッグスピン レッグブレーク(leg break)は、クリケットにおける投球法の一種。右投げボウラーの投球方法である。レッグブレークは口語的にleggiesあるいはwrist spinnersとしても知られている。これは、オフスピナーの場合は指でボールに回転を与えるのに対して、レッグブレークでは主に手首を使うためである。 レッグブレークは、ボールの縫い目が全ての指にかかるように掌でクリケットボールをつかむことによって投げられる。ボールが放たれる時、手首が左へ回転し、ボールは小指の方から手を出ていき、後方から見て反時計回りの回転がボールに加わる。ボールがピッチでバウンドした時、この回転によってボールはボウラー(投手)の視点から左の方へそれる。これはバッツマン(打者)か見ると右であり、右打ちバッツマンのオフサイドに向かうボールである。ボールはレッグサイドから離れていく(break away)ため、「レッグブレーク」の名前が付けられている。 レッグスピンボウラーは、距離やラインを調整することにより変化を付けながら、大部分はレッグブレークを投球する。 レッグブレークは右打ちバッツマンにとって難しい球種の一つであると考えられている。これは、バッツマンの体からボールが離れていくためである。もしボールの変化について判断を誤り、バットの外側のエッジにひっかけてしまうと、ウィケットキーパーや守備の選手にキャッチされてしまうこととなる。 左打ちバッツマンはレッグスピンボウリングにあまり苦労することはない。これは、ボールがバッツマンの体に向かってくるため、空振りやエッジにひっかけてもボールがバッツマンの足に当たるためである。このことが、左打ちバッツマンからレッグブレークによってアウトをとるのを難しくしている。ボールの変化が大きいため、ボールがバッツマンの背後を回ってスタンプにヒットすることもある。 ボウラーによってレッグブレークの動作によって投げられたボールは反対方向に回転する(すなわちボウラーから見て左から右)。こういったボールは通常レッグブレークとは呼ばれず、「レフトアーム・アンオーソドクス・スピナー」あるいは「チャイナマン」と呼ばれる。著名なレッグスピンボウラーには、Richie Benaud、Prijwal Naidu、、がいる。.

新しい!!: クリケットとレッグブレーク · 続きを見る »

ボール

ボール()はゲーム(球技や遊戯)などに使う球形の用具。中は空洞で球形の皮膜や外殻に包まれていることが多いが、中まで詰まったボール(例:ビリヤードの球や、芯にコルクなどを利用する野球ボール)や球形でないボール(例:ラグビーやアメリカンフットボールの長球形のボール)もある。 チーム競技にはボールを使った球技が多い。球技では、ゲームの成り行きはプレイヤーが投げたり打ったり蹴ったりしたボールの状態に左右される。またボールは一人や少人数でできる遊び、たとえばキャッチボールやビー玉、ジャグリング(ボールジャグリング)などにも使われる。 工業の分野では長持ちする金属でできた小さなボールがボールベアリングに使われるほか、強盗犯などに投げつける防犯用のカラーボールもあるなど、ボールの用途は遊戯用以外にも広がっている。.

新しい!!: クリケットとボール · 続きを見る »

ボウリング (クリケット)

ボウリングの基礎 ダレン・ゴフのボウリング クリケットにおけるボウリング(bowling)は、バッツマンによって守られたウィケットに向かってボールを推進させる動作である。ボウリングに長けた選手は「ボウラー」と呼ばれる。有能なバッツマンでもあるボウラーは「オールラウンダー」として知られている。ボウリングはスローイングと厳密に規定された生体力学的定義によって簡単に区別される。ボウリングではスローイングと異なり肘を伸ばして投球しなければならない。バッツマンに向けてボールを投げる単一の動作は「ボール」あるいは「デリバリー」と呼ばれる。ボウラーは6球を1組として投球する、これはと呼ばれる。ボウラーが1オーバーを投げ終わると、チームメイトがピッチの逆端から投球を始める。クリケット競技規則では、どのようにボールがボウルされなければならないかを定めている。もしボールが不正に投球されると、アンパイアは「ノー・ボール」とコールする。ボールがスタンプから離れすぎていたり、バッツマンが打てない程に高すぎたりした場合は、アンパイアは「ワイド」とコールする。 ボウラーには、速球を武器とするファスト・ボウラーから、ボールを空中やバウンドした後に方向を変えようと試みるスイング・ボウラー/シーム・ボウラー、様々な軌道やスピンでバッツマンを騙そうと試みるスロー・ボウラーなど様々なタイプがいる。スピン・ボウラーは通常かなり遅いボールを投げ、バウンド後に急激にボールの進行方向が変わるようにボールにスピンを与える。.

新しい!!: クリケットとボウリング (クリケット) · 続きを見る »

トムス・エンタテインメント

株式会社トムス・エンタテインメント()は、日本のアニメ制作会社。日本動画協会正会員。.

新しい!!: クリケットとトムス・エンタテインメント · 続きを見る »

トゥエンティ20

トゥエンティ20(トゥエンティトゥエンティ, Twenty20)は、クリケットの試合形式の一つである。 従来のクリケットと違い、短い時間で試合が終わるという利点がある。観客数が伸び悩んでいたイギリスのクリケット団体はこの形式を採用し、観客増を試みている。イングランド・ウェールズ・クリケット協会(England and Wales Cricket Board、略称ECB)で2003年に導入した。 トゥエンティ20は両チームともに1イニングのみ、20(120球)限定のルールである。試合は1イニング75分ずつで、合計約2時間半で終わるため、他の人気スポーツの試合と同じくらいの長さとなる。観客やテレビ中継の視聴者に魅力的になるよう配慮され、その点は成功している。但しイングランド・ウェールズ・クリケット協会はトゥエンティ20が他のクリケット試合方式にとって替わるものではなく、引き続き競技されるものとしている。 このルール発表後、さまざまな国でも導入されることとなった。国際大会では少なくとも一回はこのルールでの試合が開催され、国内大会でも試験的に導入されている国が多い。世界初のトゥエンティ20国際大会であるICCワールド・トゥエンティ20は2007年に南アフリカにて実施され、インドがパキスタンを下し優勝した。インディアン・プレミアリーグが現在トゥエンティ20としては最大規模で最も人気がある。 現在トゥエンティ20・インターナショナル(T20I)には下記の17の国が参加している。 また、国内試合でトゥエンティ20型式を導入している国としては、イングランド、パキスタン、南アフリカ、スリランカ、オーストリア、ニュージーランド、西インド諸島、インド、ジンバブエ、ケニア、カナダ、アメリカ合衆国などがある。日本でもジャパンカップ、学生選手権、2013年開始の日本プレミアリーグはトゥエンティ20型式で行われている。 アジア競技大会では2010年より、トゥエンティ20型式でクリケット競技が新設された。(アジア競技大会クリケット競技も参照).

新しい!!: クリケットとトゥエンティ20 · 続きを見る »

ブルゴーニュ公国

ブルゴーニュ公領 ブルゴーニュ公国(ブルゴーニュこうこく、仏:État bourguignon エタ ブルギニョン)は、14世紀から15世紀のフランス東部からドイツ西部にかけて存在した、ブルゴーニュ公領(Duché de Bourgogne)を中心とする、ヴァロワ=ブルゴーニュ家のブルゴーニュ公(Duc de Bourgogne)の支配領域ないしその支配体制をいう。なお正確にはブルゴーニュ公爵領と隣接するブルゴーニュ伯領(フランシュ=コンテ地域圏)とは区別を要する。.

新しい!!: クリケットとブルゴーニュ公国 · 続きを見る »

プロ野球選手

プロ野球選手(プロやきゅうせんしゅ)とは、営利を目的とする野球チーム(プロ野球チームまたは、プロ野球球団と呼ばれる)と契約し、年間シーズンの一連の試合に出場して報酬を得ることを本業とする野球選手のことである。.

新しい!!: クリケットとプロ野球選手 · 続きを見る »

パキスタン

パキスタン・イスラム共和国(パキスタン・イスラムきょうわこく、اسلامی جمہوریہ پاکِستان)、通称パキスタンは、南アジアの国家で、イギリス連邦加盟国である。首都はイスラマバード。最大の都市はカラチ。面積は80万kmで日本 (38万km) の約2倍程。東はインド、北東は中華人民共和国、北西はアフガニスタン、西はイランと国境を接し、南はインド洋に面する。国土の中心部を流れるインダス川の流域に国民の75%以上が住み、人口の増加が著しい国の一つである。.

新しい!!: クリケットとパキスタン · 続きを見る »

テューダー朝

テューダー朝(テューダーちょう、英語:Tudor dynasty)は、イングランド王国(1485年 - 1603年)およびアイルランド王国(1541年 - 1603年)の王朝。チューダー朝とも。薔薇戦争を勝ち抜き、ヨーク朝を倒して王位を得た。女系を通じてランカスター朝に繋がる。.

新しい!!: クリケットとテューダー朝 · 続きを見る »

テニスボール・クリケット

テニスボール・クリケット(Tennis ball cricket)は、テニスボールあるいはテープボールを使用して行われるクリケットの一種である。Tape ball cricketとしても知られている。インド、パキスタン、バングラデシュ、スリランカといった南アジアのクリケット国で非常に人気がある。また、UAE、オマーン、バーレーン、カタールといった中東の国々に済む南アジア人国外居住者やアメリカ合衆国、オーストラリア、カナダの移民によってもプレーされている。 テニスボール・クリケットで使われるテニスボールの重量はテニス用よりも重く、プロクリケットボールに近い。.

新しい!!: クリケットとテニスボール・クリケット · 続きを見る »

テスト・クリケット

テスト・クリケット(Test cricket)はクリケットにおける試合の一種。国際クリケット評議会(ICC)に認定を受けた12のナショナルチームしか行うことができないという格式高い試合形式であり、テストという略称で愛されている。 最初の試合は1877年3月にメルボルン・クリケット・グラウンドで行われたオーストラリア対イングランドであり、オーストラリアが45ラン差でイングランドに勝利した。.

新しい!!: クリケットとテスト・クリケット · 続きを見る »

フィンランド

フィンランド共和国(フィンランドきょうわこく、Suomen tasavalta、Republiken Finland)、通称フィンランドは、北ヨーロッパに位置する共和制国家。北欧諸国の一つであり、西はスウェーデン、北はノルウェー、東はロシアと隣接し、南はフィンランド湾を挟んでエストニアが位置している。 首都ヘルシンキは露仏同盟以来、ロシアの主要都市であるサンクトペテルブルク方面へ西側諸国が投資や往来をするための前線基地となってきた。同じく直近の旧領ヴィボルグはサイマー運河の出口であったが、現在はロシア領で、ノルド・ストリームの経由地となっている。ロシアと欧州諸国の間にある地政学的な重要性から、勢力争いの舞台や戦場にも度々なってきた。 中立的外交の裏では、外交・安全保障やエネルギー政策を巡り東西の綱引きが行われている。国内には原子力発電所があり、オンカロ処分場は2020年に開設されれば世界初の使用済み核燃料の最終処分場となる。情報産業も政治と関係しており、エスコ・アホという首相経験者がノキア取締役を務めている。 人口や経済規模は小さいが、一人当たりGDPなどを見ると豊かで自由な民主主義国として知られている。フィンランドはOECDレビューにおいて「世界で最も競争的であり、かつ市民は人生に満足している国の一つである」と2014年には報告された。フィンランドは収入、雇用と所得、住居、ワークライフバランス、保健状態、教育と技能、社会的結びつき、市民契約、環境の質、個人の安全、主観的幸福の各評価において、すべての点でOECD加盟国平均を上回っている。.

新しい!!: クリケットとフィンランド · 続きを見る »

ドナルド・ブラッドマン

ドナルド・ジョージ・ブラッドマン(Donald George Bradman 、1908年8月27日 – 2001年2月25日)は、オーストラリアのニューサウスウェールズ州・クータマンドラ出身のクリケット選手。ザ・ドン(The Don)と呼ばれ、クリケットの歴史の中でも最も偉大なバッツマンの一人に数えられている。特にテストクリケットでの通算打率99.94は歴代選手の中でも抜きんでており、最高のバッツマンの座を確固たるものにしている。 また、彼が若いころはひとりでクリケットスタンプとゴルフボールを使い練習していたという話はオーストラリアの伝承の一つに数えられており 、わずか2年で目覚ましい活躍からオーストラリアのテストクリケットチームに加入した。22歳の誕生日を前に多くの高得点の記録を残し(現在も一部の記録は破られていない)、当時大恐慌に襲われていたオーストラリアにおいてスポーツ界のヒーローとなった。約20年間の選手時代の間、安定して高得点を残したことから、彼の前のオーストラリア代表キャプテンビル・ブラウンはオーストラリアの打者三人分の価値があるとの言葉を残している。また、クリケットの戦術の一つボディラインはイングランドチームが彼のバッティングに対抗して編み出した戦術である。 1987年には彼の博物館がオーストラリア国内で初めて生存中の人物であるにもかかわらず開設した博物館としてニューサウスウェールズ州のボールズに開かれた。2008年8月27日には彼の生誕の百周年記念として、王立オーストラリア造幣所が彼の顔の5ドル記念硬貨を発行した。 File:D.G.Bradman.png File:Bradman 1937.JPG File:Fingleton Bradman.jpg File:Bradman chaired.jpg File:Bradman 1928.jpg File:Bradman stand.jpg File:Bradman's Cottage at Temora Rural Museum.jpg File:Inside Bradman's Cottage at Temora Rural Museum.jpg File:Bradman Barnes 234.jpg File:Bradman and wife.jpg File:MCG Bradman statue.jpg File:Bradman Museum 2.JPG File:Bradman Museum 1.JPG File:Bradman c.1928.jpg File:Bradman Stand.jpg File:Don Bradman graph 1948.png File:Bradman Stand, Adelaide Oval.jpg File:MCG Bradman statue base.jpg File:Bradman Oval Bowral - fence.jpg File:Bradman&Bat.jpg File:Don Bradman and Stan McCabe.jpg File:Donald Bradman australian cricket player pic.JPG File:Don Bradman statue at Adelaide Oval.jpg File:BradmanWedding.jpg File:Bradmanstatue.jpg File:BradmanHooksVoce.jpg File:Donald Bradman practises his drive, 1936 (StateLibQld 1 101600).jpg File:Aus1930Team.jpg.

新しい!!: クリケットとドナルド・ブラッドマン · 続きを見る »

ニュージーランド

ニュージーランド(New Zealand)は、南西太平洋のオセアニアのポリネシアに位置する立憲君主制国家であり、ニュージーランド王国を構成する最大の主体地域である。島国であり、二つの主要な島と、多くの小さな島々からなる。北西に2,000km離れたオーストラリア大陸(オーストラリア連邦)と対する。南方の南極大陸とは2,600km離れている。北はトンガ、ニューカレドニア、フィジーがある。イギリス連邦加盟国であり、英連邦王国の一国となっている。.

新しい!!: クリケットとニュージーランド · 続きを見る »

ホッケー

ホッケー(フィールドホッケー)の試合中の様子 ホッケー(hockey)は、チームで行われるスポーツ競技のひとつ。2つのチームに分かれて、先の曲がった棒(スティック)でボールまたはパックを誘導し、それを相手チームが守備しているゴールへ入れるのが目的。 一般的にホッケーと言えばフィールドホッケーを指す。漢字では杖球と表記される。.

新しい!!: クリケットとホッケー · 続きを見る »

ダグラス・アダムズ

ダグラス・アダムズ(Douglas Adams、1952年3月11日 ‐2001年5月11日)は、イギリスの脚本家、SF作家。ファンの間ではBop Ad や Bob、もしくはDNA(フルネーム "Douglas Noël Adams"より)と呼ばれている。存命中に全世界で1500万部売れた『銀河ヒッチハイク・ガイド』の作者として知られる。同作品は1978年にBBCのラジオドラマとして始まったもので、続編も書かれ、テレビドラマ、演劇、コミックス、コンピュータゲーム、映画(2005)などになっている。イギリスのラジオ文化への貢献により、The Radio Academy の殿堂入りを果たしている。 ファンが "Bop Ad" と呼ぶのは、サインが読みにくく "Bop Ad" のように読めるためである。動物や環境保護活動家でもあり、速い車とカメラとApple Macを愛した。無神論者であり、水たまりが世界を認識したとしたら「これは私がいる興味深い世界であり、私がいる興味深い穴は私に中々うまく合っている。実のところこの穴はものすごくよく合っているから、私を入れるために作られたに違いない!」と思うだろうという有名な言葉がある。生物学者リチャード・ドーキンスは著書『神は妄想である』(2006) をアダムズに捧げ、アダムズの死について「科学は友人を失い、文学は有名人を失い、マウンテンゴリラとクロサイは勇敢な擁護者を失った」と記している。.

新しい!!: クリケットとダグラス・アダムズ · 続きを見る »

ベージュ

ベージュ(フランス語・英語 beige)は、色名の1つ。ベージとも。 本来は、染めていない羊毛での毛織物をベージュと言った。色名としてのベージュはその織物の色、つまり、極めて薄い黄色ないし茶色である。.

新しい!!: クリケットとベージュ · 続きを見る »

アーサー・コナン・ドイル

ー・アーサー・イグナティウス・コナン・ドイルスタシャワー(2010) p.40(Sir Arthur Ignatius Conan Doyle,,, 1859年5月22日 – 1930年7月7日)は、イギリスの作家、医師、政治活動家。 推理小説・歴史小説・SF小説などを多数著した。とりわけ『シャーロック・ホームズ』シリーズの著者として知られ、現代のミステリ作品の基礎を築いた。SF分野では『失われた世界』、『』などチャレンジャー教授が活躍する作品群を、また歴史小説でも『』やシリーズなどを著している。 1902年にナイトに叙せられ、「サー」の称号を得た。.

新しい!!: クリケットとアーサー・コナン・ドイル · 続きを見る »

アボリジニ

アボリジニのダンサー ディジュリドゥを吹く男性 アーネムランドの芸術家 アボリジニの農民たち(1858年) アボリジニ(Aborigine)は、オーストラリア大陸と周辺島嶼(タスマニア島など。ニューギニアやニュージーランドなどは含まない)の先住民である。イギリスを中心とするヨーロッパ人たちによる植民地化の以前からオーストラリア大陸やその周辺諸島に居住していた先住民の子孫たちである。オーストラリア先住民という場合はトレス海峡諸島民を含む。 「アボリジニ」に差別的な響きが強いうえ、言語集団が分かれていたオーストラリア先住民の多様性への配慮から、近年のオーストラリアでは呼称としてほとんど使われなくなった。代わりに現在ではアボリジナル、アボリジナル・ピープル、アボリジナル・オーストラリアン(Aboriginal Australians)またはオーストラリア先住民(オーストラリアせんじゅうみん、Indigenous Australians)という表現が一般化しつつある。.

新しい!!: クリケットとアボリジニ · 続きを見る »

アパルトヘイト

ダーバンビーチ条例第37節に基づき、この海水浴場は白人種集団に属する者専用とされる」と英語、アフリカーンス語、ズールー語で併記された1989年撮影の標識 アパルトヘイト(Apartheidアフリカーンス語およびオランダ語の発音。ドイツ語では「アパルトハイト」と呼ばれる。)は、アフリカーンス語で「分離、隔離」を意味する言葉で、特に南アフリカ共和国における白人と非白人(黒人、インド、パキスタン、マレーシアなどからのアジア系住民や、カラードとよばれる混血民)の諸関係を規定する人種隔離政策のことを指す。 かねてから数々の人種差別的立法のあった南アフリカにおいて1948年に法制として確立され、以後強力に推進されたが、1994年全人種による初の総選挙が行われ、この制度は撤廃された。.

新しい!!: クリケットとアパルトヘイト · 続きを見る »

アヒル

アヒル(鶩、または家鴨)は、水鳥のカモ科のマガモを原種とする家禽で、生物学的にはマガモと同種である。ヨーロッパや中国などで飼育が始まり、飼育が容易なこともあり、世界中で幅広く飼育されている。.

新しい!!: クリケットとアヒル · 続きを見る »

アフタヌーン・ティー

アフタヌーン・ティー(Afternoon tea)はイギリス発祥の喫茶習慣。 紅茶と共に軽食や菓子を摂る習慣である。日本においては、英国の上流階級文化の精髄の一つとして認識されている。そのため、単に飲食を楽しむだけのものではなく社交の場として使われ、礼儀作法、室内装飾、家具調度、使用されている食器や飾られている花、会話内容など広範な分野のセンスや知識・教養が要求されると思われている。しかし、現代の英国においては、上流階級から労働者階級まで広く普及した習慣であり、高級ホテルのティールームなど以外では気どった礼儀作法や堅苦しい会話等とは無縁である。.

新しい!!: クリケットとアフタヌーン・ティー · 続きを見る »

インディアン・プレミアリーグ

インディアン・プレミアリーグ(Indian Premier League、IPL)はインドのトゥエンティ20方式のクリケットリーグである。現在はVivoが冠スポンサー。本部はムンバイにある。.

新しい!!: クリケットとインディアン・プレミアリーグ · 続きを見る »

インド

インドは、南アジアに位置し、インド洋の大半とインド亜大陸を領有する連邦共和制国家である。ヒンディー語の正式名称भारत गणराज्य(ラテン文字転写: Bhārat Gaṇarājya、バーラト・ガナラージヤ、Republic of India)を日本語訳したインド共和国とも呼ばれる。 西から時計回りにパキスタン、中華人民共和国、ネパール、ブータン、バングラデシュ、ミャンマー、スリランカ、モルディブ、インドネシアに接しており、アラビア海とベンガル湾の二つの海湾に挟まれて、国内にガンジス川が流れている。首都はニューデリー、最大都市はムンバイ。 1947年にイギリスから独立。インダス文明に遡る古い歴史、世界第二位の人口を持つ。国花は蓮、国樹は印度菩提樹、国獣はベンガルトラ、国鳥はインドクジャク、国の遺産動物はインドゾウである。.

新しい!!: クリケットとインド · 続きを見る »

インド亜大陸

インド亜大陸(インドあたいりく)は、インド半島ともいい、南アジアのインド・バングラデシュ・パキスタン・ネパール・ブータンなどの国々を含む亜大陸・半島。かつては独立したインド大陸であった。 「インド亜大陸」という語はしばしば「南アジア」と同義に使われる。.

新しい!!: クリケットとインド亜大陸 · 続きを見る »

インド・ルピー

インド・ルピー(India Rupee)は、インドの通貨の単位のひとつである。英字では「Rs」と、ISO 4217では「INR」と表示される。インド・ルピー通貨の発行はインド準備銀行が実施している。補助単位として「パイサ(単数:Paisa、複数:Paise)」があり、1ルピー.

新しい!!: クリケットとインド・ルピー · 続きを見る »

イングランド

イングランド(England)は、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(イギリス)を構成する4つの「国」(country)の一つである。人口は連合王国の83%以上、面積はグレートブリテン島の南部の約3分の2を占める。北方はスコットランドと、西方はウェールズと接する。北海、アイリッシュ海、大西洋、イギリス海峡に面している。 イングランドの名称は、ドイツ北部アンゲルン半島出身のゲルマン人の一種であるアングル人の土地を意味する「Engla-land」に由来する。イングランドは、ウェールズとともにかつてのイングランド王国を構成していた。.

新しい!!: クリケットとイングランド · 続きを見る »

イングランド王政復古

イングランド王政復古は、三王国戦争に続く空位期間後にイングランド、スコットランド、アイルランドの王家がチャールズ2世のもとで復古した1660年に始まった。英語の "Restoration" という単語は実際に起きた出来事「王政復古」と新政治体制が作られた「王政復古期」両方の意味を持つ。 「王政復古期」はチャールズ2世の在位期間(1660年 - 1685年)をさすのに用いられることが多く、弟ジェームズ2世の短い在位期間(1685年 - 1688年)をさすのにも用いられる。文脈によってはアン女王が死に、ジョージ1世が即位してハノーヴァー朝が始まる1714年まで、つまり後期ステュアート朝時代すべてをさすこともある。たとえば英語の「王政復古喜劇」には名誉革命(1688年 − 1689年)以降の1710年に書かれた作品なども含まれる。.

新しい!!: クリケットとイングランド王政復古 · 続きを見る »

イートン・カレッジ

イートン・カレッジ(Eton College、またはイートン校。正式名称King's College of Our Lady of Eton beside Windsor)は、1440年に創設された英国の男子全寮制のパブリックスクール。ロンドン西郊に位置する。 王室のある街ウィンザーとはテムズ川を渡って対岸に位置するバークシャー州イートンに広大な学校敷地を持ち、ゴシック様式の校舎や礼拝堂、歴史博物館などが軒を並べる。各界に多くの著名人を輩出し、特に過去19人の首相を出している英国一の名門校とされている。.

新しい!!: クリケットとイートン・カレッジ · 続きを見る »

イニング

イニング(innings)(アメリカ英語ではinning)は、スポーツ、特に野球・ソフトボール・クリケットにおいて、攻撃を行う間の試合の部分である。 他の多くのスポーツでは、試合の長さはそれぞれのスポーツのルールによって定められた時間によって決定され、ボール、または同じような用具を取ることによって攻撃と防御の役割が活動的に入れ替わる。しかし冒頭に挙げた3つの競技では、1つのチームは攻撃側として点数を取ることを試み(どちらのスポーツでも得点となる)、もう1つのチームは守備側として攻撃を行うチームの得点を防ぎ、アウトを獲得する。守備側のチームが決められた数のアウトを取った場合に攻守を交代し、経過時間とは関係なく試合が進行する。.

新しい!!: クリケットとイニング · 続きを見る »

イギリス

レートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称の一例としてイギリス、あるいは英国(えいこく)は、ヨーロッパ大陸の北西岸に位置するグレートブリテン島・アイルランド島北東部・その他多くの島々から成る同君連合型の主権国家である。イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されている。 また、イギリスの擬人化にジョン・ブル、ブリタニアがある。.

新しい!!: クリケットとイギリス · 続きを見る »

イギリス帝国

イギリス帝国(イギリスていこく、British Empire)は、イギリスとその植民地・海外領土などの総称である。大英帝国(だいえいていこく)ともいう。 帝国は時代ごとの性質により、以下のように区分できる。.

新しい!!: クリケットとイギリス帝国 · 続きを見る »

イギリス連邦

イギリス連邦(イギリスれんぽう、Commonwealth of Nations、旧名:British Commonwealth)は、かつてのイギリス帝国(大英帝国)がその前身となって発足し、主にイギリスとその植民地であった独立の主権国家から成る、緩やかな国家連合(集合体)である。英連邦(えいれんぽう)ともいう。実態は、民族の共通の利益の中で、また国際的な理解と世界平和の促進の中で、協議し、協力する自発的な独立の主権国の組織である(コモンウェルス原則の宣言前文)と再定義され、ゆるやかな独立主権国家の連合となった(一国の国家形態としての連邦国家ではなく、また構成国各国は必ずしも同君連合の関係にあるとも限らない)。.

新しい!!: クリケットとイギリス連邦 · 続きを見る »

エドワード1世 (イングランド王)

ドワード1世(Edward I, 1239年6月17日 - 1307年7月7日)は、プランタジネット朝のイングランド王(在位1272年11月17日 - 1307年7月7日)。 ヘンリー3世の長男であり、1272年に父王の崩御で即位し、以降1307年の崩御までイングランド王として君臨した。内政面では法整備を進めたことや1295年に代議制議会の要素が強い模範議会を招集したことなどが特筆される。外交は近隣諸国との戦争に明け暮れ、ウェールズやスコットランドに侵攻して併合したり、アキテーヌを巡ってフランスと戦争するなどした。しかしスコットランド支配は激しい抵抗運動を招いて最終的には破綻し、フランスとの戦争はやがて百年戦争へと繋がっていく。 渾名は "Longshanks"(ロングシャンクス、「長い足」「長脛王」、身長が190cmあったため)および"Hammer of the Scots"(ハンマー・オブ・ザ・スコッツ、「スコットランド人への鉄槌」)。.

新しい!!: クリケットとエドワード1世 (イングランド王) · 続きを見る »

エドワード2世 (イングランド王)

ドワード2世(Edward II, 1284年4月25日 - 1327年9月21日)は、プランタジネット朝のイングランド王(在位:1307年7月7日 - 1327年1月20日)。 エドワード1世の子。1307年に父王の崩御で即位。ギャヴィストンやディスペンサー父子などの寵臣に政治を主導させ、諸侯や議会との対立を深めた。1326年に王妃イザベラが起こしたクーデタで幽閉の身となり、その翌年には議会から廃位されたうえ、王妃の密命で殺害された。.

新しい!!: クリケットとエドワード2世 (イングランド王) · 続きを見る »

オーバル

ーバル、オーヴァル(、あるいは 、いずれも卵を意味する から)は、幾何学で卵形や長円や、あるいは楕円に似た曲線のことを指す。また卵形・長円形・楕円形のことも指す。他の曲線と異なり、「オーバル」には明確な定義がなく、様々な曲線がオーバルと呼ばれる。 長円形の競技場も「オーバル」と呼ばれる。クリケット競技場は楕円形をなしており「オーバル」と呼ばれる。オーストラリアの都市では、クリケットおよびオージーフットボールに使われるスタジアムに「オーヴァル」の名がつけられている。モータースポーツでは長円形のコースを持つサーキットのことを指し(詳細はオーバルトラックを参照)、日本ではツインリンクもてぎが該当する。また競輪では京王閣競輪場(東京オーヴァル京王閣)など、一部の競輪場の愛称に使われる。.

新しい!!: クリケットとオーバル · 続きを見る »

オーストララシア

ーストララシアまたはオーストラレーシア(Australasia)は、オーストラリア大陸・ニュージーランド北島・ニュージーランド南島・ニューギニア島およびその近海の諸島(インドネシアの領域を含む)を指す地域区分である。 この名前は、1756年にシャルル・ド・ブロスが著書『Histoire des navigations aux terres australes』の中で初めて使ったものである。Australasiaはラテン語で「アジアの南」という意味であり、ポリネシアや太平洋の南東部(マゼラニカ)と区別した。 生物学的には、オーストララシアは、他の地域と共通の祖先を持ちながら、他の地域にはない動植物が見られる地域である。 (オーストラリア区・生物地理区参照) この単語はその知名度や使用例の少なさ、そして多彩な分野で使われる事から、内包する範囲が大きく変化(右の画像のように)する。さらに、この単語が国家を示す場合においては、さらに狭い、オーストラリアとニュージーランドの2国のみを指すことが多い。.

新しい!!: クリケットとオーストララシア · 続きを見る »

オーストラリア

ーストラリア連邦(オーストラリアれんぽう、Commonwealth of Australia)、またはオーストラリア(Australia)は、オーストラリア大陸本土、タスマニア島及び多数の小島から成りオセアニアに属する国。南方の南極大陸とは7,877km離れている。イギリス連邦加盟国であり、英連邦王国の一国となっている。日本での略称は「豪州」である。.

新しい!!: クリケットとオーストラリア · 続きを見る »

カウンティ・チャンピオンシップ

ウンティ・チャンピオンシップ(County Championship、スポンサー名義でSpecsavers County Championship)は、イングランド・ウェールズクリケット評議会(ECB)が1890年から実施しているファーストクラス・クリケットのカウンティ別対抗戦である。.

新しい!!: クリケットとカウンティ・チャンピオンシップ · 続きを見る »

ギルフォード (イングランド)

ルフォード(Guildford)は、イングランドのサリー州にあるタウンで、同州およびのカウンティ・タウンにもなっている。 2011年の人口は13万7200人。 首都ロンドンの南西43kmに位置している。 ギルフォードは、ローマ人がブリテン島から去ったすぐ後に、サクソン人によって建設されたことが、考古学的に証明されている。 1086年のドゥームズデイ・ブックには、'Geldeford'や'Gildeford'と記されている。.

新しい!!: クリケットとギルフォード (イングランド) · 続きを見る »

クリケット・ワールドカップ

ICCクリケット・ワールドカップ()は、国際クリケット評議会(ICC)が主催する、ナショナルチームによるクリケットの世界選手権である。試合形式はワン・デイ・インターナショナル(ODI)。 1975年に第1回大会が行われて以来、4年に1度開催されている。2015年の第11回大会には14チームが参加し、オーストラリアが優勝した。最多優勝はオーストラリアの5度である。.

新しい!!: クリケットとクリケット・ワールドカップ · 続きを見る »

クリケットニュージーランド代表

リケットニュージーランド代表は、クリケット・ニュージーランドにより組織されるクリケットのナショナルチーム。愛称でブラックキャップスと呼ばれている。.

新しい!!: クリケットとクリケットニュージーランド代表 · 続きを見る »

クリケットインド代表

リケットインド代表(India national cricket team)はインドクリケット管理委員会により組織されるインドのクリケットナショナルチームである。.

新しい!!: クリケットとクリケットインド代表 · 続きを見る »

クリケットイングランド代表

リケットイングランド代表(England cricket team)はイギリス本土のうちイングランドとウェールズ(1992年まではスコットランドも含まれていた)の選手で構成されるECB(イングランド・ウェールズクリケット評議会)が管轄するクリケットのナショナルチームである。1903年から96年まではメリルボーン・クリケット・クラブ(MCC)が管轄していた。 最初の国際試合は1877年3月15日から19日まで行われたオーストラリア戦である。.

新しい!!: クリケットとクリケットイングランド代表 · 続きを見る »

クリケットオーストラリア代表

リケットオーストラリア代表(Australia national cricket team)はクリケット・オーストラリアにより組織されるクリケットのナショナルチーム。ホームグラウンドはメルボルン・クリケット・グラウンド。初のテストマッチは1877年の対イングランド戦。.

新しい!!: クリケットとクリケットオーストラリア代表 · 続きを見る »

クリケット選手一覧

リケット選手一覧(くりけっとせんしゅいちらん)は、はクリケット選手を姓の五十音順に並べた一覧。ワンデイ・インターナショナルとテストマッチのクリケット選手両方を含む。.

新しい!!: クリケットとクリケット選手一覧 · 続きを見る »

クリケット西インド諸島代表

リケット西インド諸島代表選手の一人、Learie Constantine。 クリケット西インド諸島代表(West Indies cricket team)は西インド諸島の主に英語圏の国々やイギリスの海外領土を代表するクリケットの多国籍ナショナルチーム。 クリケット・ワールドカップなどでは単に「西インド諸島(The West Indies)」などと表記されるが、一般的にカリブ海全域の諸島を指す地理上の「西インド諸島」とは異なる概念である。.

新しい!!: クリケットとクリケット西インド諸島代表 · 続きを見る »

ケント (イングランド)

ント(Kent)はイングランドの地域で、ロンドンの南東にあり、ケント州(the county of Kent, Kent county)とも呼ばれる。州都はメイドストーンである。ケントはイースト・サセックス、サリー、大ロンドンと接し、テームズ川中流にエセックスとのはっきりした境界がある。ケントには英仏海峡トンネルに沿ってフランスと名ばかりの境界が途中まであり、ケントという名前は、ケント王国から来ている。 ケントには市が2つあり、カンタベリー大主教のいるカンタベリーとロチェスター主教のいるロチェスターである。しかし、地方政府が再編された1998年からロチェスターは行政上の監督のできる市としての権限を失ったが、現在復活に向けた試みが行われている。その他の町は、下記の一覧表を参照のこと。 「イングランドの庭園」という渾名のためにケントは絵に描いたような田園州と思われているかも知れないが、農業経営は今も産業である。何世紀以上も他の多くの産業は重要であったし、今も重要なものがある。羊毛製の生地製造、製鉄、製紙、セメント、工学、以上全ては工業分野である。漁業と観光は(特に海岸のリゾート地で)多くの人が従事している。東部ケントの炭田は、20世紀に採掘され、ダンゲネスにダンゲネス発電所がある。それでもサネット地域はイングランド南東部の最貧地区の1つと考えられている。 フェリー港、英仏海峡トンネル、2つの自動車道は、ヨーロッパ大陸と結んでいる。マンストンとロチェスターに空港が、ヘッドコーンとリッドに小規模の飛行場がある。 ケントに住む有名人は、チャールズ・ディケンズとチャールズ・ダーウィンなどがいる。ウィンストン・チャーチルの家だったチャートウェルもケントにある。 ケントの史跡調査は、ヴィクトリア朝州史調査制度で制限されているが、広範囲にわたる調査は、1755年 - 1805年にエドワード・ヘイステッドにより50年以上にわたって行われた。ウィリアム・ランバルドは16世紀初期の作家であった。 ケントはケント紙の発祥の地である。またタバコのケントも同地に由来があるとも言われている。 テニス選手権の最高峰ウィンブルドン選手権で、優勝者を表彰するのはケント公である。.

新しい!!: クリケットとケント (イングランド) · 続きを見る »

ジャスパー・ヴァイナル

ャスパー・ヴァイナル(Jasper Vinall、1590年 ‐ 1624年8月28日)は、イングランド出身のクリケット選手。競技の中で初めて死亡したクリケット選手として知られている。1624年8月28日にフィールダーとしてイースト・サセックスのホーステッドケインズで開催された試合にフィールダーとして出場していた彼は、バッツマンが二回目の打撃を試みた際にバットの直撃を頭に受けて死亡した。このことは検死官により裁判所に報告されたが、裁判所は不幸な事故であったとの判決を下したティモシー・J・マッキャン, Sussex Cricket in the Eighteenth Century, Sussex Record Society, 2004。 この事件においての死者のジャスパー・ヴァイナルと、打球を放ったエドワード・タイは共に試合が開催されたところとは別のウェストホースリーの出身であり 、この当時から異なる教区同士でのクリケットの試合が開催されていることを示している 。 1647年にはウエスト・サセックスのセルセイにおいてヘンリー・ブランドが同様に死亡している。 クリケットの規則として知られている最初のものは1744年のもので、このときにはすでにバッツマンがボールを2度打つのは禁止されている。この規則がいつ制定されたのかはまだ分かっていない。.

新しい!!: クリケットとジャスパー・ヴァイナル · 続きを見る »

ジンバブエ

ンバブエ共和国(ジンバブエきょうわこく)、通称ジンバブエは、アフリカ大陸の南部に位置する共和制の国家である。首都はハラレ。内陸国であり、モザンビーク、ザンビア、ボツワナ、南アフリカ共和国に隣接する。なお、地図を一見すると接しているように見えるナミビアとは、ザンビア、ボツワナを挟んで150メートルほど離れている。2003年に脱退するまでイギリス連邦の加盟国だった。 初代首相、2代目大統領を務めたロバート・ムガベは1980年のジンバブエ共和国成立以来、37年の長期に渡って権力の座につき、その強権的な政治手法が指摘されてきたが、2017年11月の国防軍によるクーデターで失脚した。.

新しい!!: クリケットとジンバブエ · 続きを見る »

ジ・アッシズ

・アッシズの優勝骨壺 ジ・アッシズ(The Ashes)はクリケットイングランド代表とクリケットオーストラリア代表との間で行われるクリケットのテストマッチシリーズのことである。.

新しい!!: クリケットとジ・アッシズ · 続きを見る »

スポーツ

ポーツ 平田そういちろうが生み出した天才的文学.

新しい!!: クリケットとスポーツ · 続きを見る »

スリランカ

リランカ民主社会主義共和国(スリランカみんしゅしゃかいしゅぎきょうわこく)、通称スリランカは、南アジアのインド亜大陸の南東にポーク海峡を隔てて位置する共和制国家。首都はスリジャヤワルダナプラコッテ。 1948年2月4日、イギリスから自治領(英連邦王国)のセイロンとして独立。1972年にはスリランカ共和国に改称し、英連邦内の共和国となり、1978年から現在の国名となった。人口は約2120万(2016年)である。島国で、現在もこの国が占める主たる島をセイロン島と呼ぶ。国名をスリランカに改称したシリマヴォ・バンダラナイケは世界初の女性首相である。また、国民の7割が仏教徒(上座部仏教)である。.

新しい!!: クリケットとスリランカ · 続きを見る »

スーラジ ザ・ライジングスター

『スーラジ ザ・ライジングスター』(Suraj: The Rising Star)は、日本・インド合作のテレビアニメ。『巨人の星』を原案としており、舞台をインドに移し、野球でなく同地で人気のクリケットに変更している。 スーラジは主人公の名前であり、インドの公用語であるヒンディー語で太陽を意味する。また「ライジングスター」は“新星”のこと。 インドでは、colorsにて2012年12月23日から日曜日の10:00 - 10:30に放送、第1シリーズは全26話。2013年6月の放送終了後には、別のチャンネルでの再放送が確定。また、第2シリーズ以降の展開も検討しているという。 日本では2013年8月よりニコニコチャンネルで配信された。.

新しい!!: クリケットとスーラジ ザ・ライジングスター · 続きを見る »

サミュエル・ジョンソン

ミュエル・ジョンソン(、1709年9月18日(ユリウス暦9月7日) - 1784年12月13日)は、イングランドの文学者(詩人、批評家、文献学者)。「英語辞典」(1755年)の編集で知られる。 18世紀英国において「文壇の大御所」と呼ばれた。親しげに「ジョンソン博士(ドクター・ジョンソン)」と称される。その有名な警句から、しばしば「典型的なイギリス人」と呼ばれる。主著に『英語辞典』、『詩人列伝』、『シェイクスピア全集』(校訂・注釈)など。.

新しい!!: クリケットとサミュエル・ジョンソン · 続きを見る »

サッカー

ッカー(soccer, football)は、丸い球体を用いて1チーム11人の2チーム間で行われるスポーツ競技のひとつである。アソシエーション・フットボール(association football; 協会式フットボールの意)ないしはアソシエーション式フットボール日本語ではこれを略して「ア式蹴球(あしきしゅうきゅう)」とも呼ぶことがある。とも呼ばれる。他のフットボールと比較して、手の使用が極端に制限されるという、大きな特徴がある。蹴球ともいう。 現在サッカーは、200を越える国と地域で、2億5千万人を超える選手達によってプレーされており、4年に一度行われるFIFAワールドカップのテレビ視聴者数は全世界で300億人を超えており、世界で最も人気のあるスポーツといえる。試合は、それぞれの短い方の端の中央にゴールがある長方形の芝生あるいは人工芝のフィールドでプレーされる。試合の目的は、相手ゴールにボールを入れ得点することである。 スポーツ文化としてのサッカーについては、サッカー文化を参照。.

新しい!!: クリケットとサッカー · 続きを見る »

国際クリケット評議会

本部のあるドバイのオフィス 国際クリケット評議会(International Cricket Council)はクリケットを統括する国際組織。創立は1909年。本部はアラブ首長国連邦のドバイにある。フルメンバー10ヵ国、アソシエートメンバー37ヵ国、アフィリエートメンバー59ヵ国の合計106ヵ国または地域の協会が所属している。クリケット・ワールドカップなどの大会を主催し、またテストマッチ、ワンデイ・インターナショナル(ODI)、トゥエンティ20・インターナショナルなどの審判を任命し派遣する。.

新しい!!: クリケットと国際クリケット評議会 · 続きを見る »

産経新聞

旧題字の看板を掲示する販売店も存在する 産経新聞(さんけいしんぶん、題字は産經新聞、英称:THE SANKEI SHIMBUN)は、産業経済新聞社が発行する日本の新聞。 産業経済新聞社はフジテレビジョンやニッポン放送、ポニーキャニオンなどとともにフジサンケイグループに属する。 大阪新聞の僚紙である日本工業新聞(1933年(昭和8年)6月20日創刊)を前身とし、時事新報の流れを汲む。キャッチフレーズは「モノをいう新聞」。.

新しい!!: クリケットと産経新聞 · 続きを見る »

西インド諸島

西インド諸島(にしインドしょとう、West Indies、Indias Occidentales、Antilles (Indes occidentales)、West-Indië)は、南北アメリカ大陸に挟まれたカリブ海域にある群島である。アメリカ合衆国のフロリダ半島南端、および、メキシコのユカタン半島東端から、ベネズエラの北西部沿岸にかけて、少なくとも7000の島、小島、岩礁、珊瑚礁がカーブを描くようにして連なる。これらの島々が、大西洋と、メキシコ湾、カリブ海の境界線を形成している。.

新しい!!: クリケットと西インド諸島 · 続きを見る »

講談社

株式会社講談社(こうだんしゃ、英称:Kodansha Ltd.)は、日本の総合出版社。創業者の野間清治の一族が経営する同族企業。.

新しい!!: クリケットと講談社 · 続きを見る »

黒執事

『黒執事』(くろしつじ)は、枢やなによる日本の漫画作品。.

新しい!!: クリケットと黒執事 · 続きを見る »

近代オリンピック

近代オリンピック(きんだいオリンピック、、)は、国際オリンピック委員会(英:)が開催する世界的な総合スポーツ大会。現在、夏季大会と冬季大会の各大会が4年に1度、夏季大会は西暦で4の倍数の年、冬季大会は4の倍数でない偶数の年で2年ずらして開催されるので、2年に1度開催されることになる。 日本語ではオリンピック、またそのシンボルマークから五輪と呼ぶこともある。.

新しい!!: クリケットと近代オリンピック · 続きを見る »

野球

本塁に突入する走者と阻もうとする捕手 野球(やきゅう)は、フィールドと呼ばれる屋外球技場(もしくはそれを模した屋内球技場)で行われる集団球技のスポーツである。 「野球」と言う言葉は、明治期に日本で中馬庚が作った和製漢語である。英語のベースボール (baseball) を指す。.

新しい!!: クリケットと野球 · 続きを見る »

野球の歴史

この項では、野球の歴史(やきゅうのれきし)について説明する。 ただし、野球の起源に関しては諸説があるため、現在最も有力とされている説を中心に話を進めることとする。.

新しい!!: クリケットと野球の歴史 · 続きを見る »

枢やな

枢 やな(とぼそ やな、1984年1月24日 - )は、日本の漫画家、同人作家。女性。埼玉県蕨市出身。現在は神奈川県横浜市在住。血液型はO型。水瓶座。.

新しい!!: クリケットと枢やな · 続きを見る »

検視官

検視官(けんしかん、検屍官、英Coroner)とは、検視を行う職種のこと。.

新しい!!: クリケットと検視官 · 続きを見る »

木村昇吾

木村 昇吾(きむら しょうご、1980年4月16日 - )は、大阪府大阪市城東区出身のクリケット選手で、元プロ野球選手(内野手、外野手)。右投左打。.

新しい!!: クリケットと木村昇吾 · 続きを見る »

日本

日本国(にっぽんこく、にほんこく、ひのもとのくに)、または日本(にっぽん、にほん、ひのもと)は、東アジアに位置する日本列島(北海道・本州・四国・九州の主要四島およびそれに付随する島々)及び、南西諸島・伊豆諸島・小笠原諸島などから成る島国広辞苑第5版。.

新しい!!: クリケットと日本 · 続きを見る »

日本クリケット協会

一般社団法人日本クリケット協会(にほんクリケットきょうかい、、略称:JCA)は、国際クリケット評議会に加盟する日本におけるクリケットの統括団体。2001年に特定非営利活動法人となった。本部は東京都港区にある。会長は山田誠(神戸市外国語大学教授)である。.

新しい!!: クリケットと日本クリケット協会 · 続きを見る »

日本野球機構

一般社団法人日本野球機構(にほんやきゅうきこう、Nippon Professional Baseball Organization、略称:NPB)は、日本プロ野球のセントラル・リーグ及びパシフィック・リーグを統括する元文部科学省スポーツ・青少年局所管の一般社団法人。公益財団法人日本プロスポーツ協会加盟団体。日本国内で「プロ野球」とは、この日本野球機構が統括するものを指す。 英称は、以前の Professional Baseball Organization of Japan からに変更。.

新しい!!: クリケットと日本野球機構 · 続きを見る »

16世紀

16世紀(じゅうろくせいき)は、西暦1501年から西暦1600年までの100年間を指す世紀。 盛期ルネサンス。歴代ローマ教皇の庇護によりイタリア・ルネサンスの中心はローマに移動した。画像はこの時代に再建がなされたローマのサン・ピエトロ大聖堂の内部。 カール5世。スペイン王を兼ねイタリア各地やネーデルラントも支配したが周辺諸国との戦いにも明け暮れた。画像はティツィアーノによる騎馬像(プラド美術館蔵)。 「太陽の沈まない帝国」。カール5世の息子フェリペ2世の時代にスペインは目覚ましい発展を遂げ貿易網は地球全体に及んだ。画像はフェリペ2世によって建てられたエル・エスコリアル修道院。ここには王宮も併設されておりフェリペ2世はここで執務を行った。.

新しい!!: クリケットと16世紀 · 続きを見る »

1900年パリオリンピックのクリケット競技

日本での知名度はあまり高くないが、100以上の国と地域で行われているクリケットにおいて日本クリケット協会パリオリンピック にて初めてクリケット競技が1900年8月19日に行われた。パリオリンピックはクリケットがオリンピックで実施された唯一の大会であり、以後実施されていない。.

新しい!!: クリケットと1900年パリオリンピックのクリケット競技 · 続きを見る »

2008年

この項目では、国際的な視点に基づいた2008年について記載する。.

新しい!!: クリケットと2008年 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

クリケット選手

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »