ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

クライム映画

索引 クライム映画

ライム映画(クライムえいが)とは、犯罪を題材にした映画である。犯罪映画(はんざいえいが)とも称される。.

15 関係: ミニミニ大作戦 (1969年の映画)ミニミニ大作戦 (2003年の映画)バウンドワンダとダイヤと優しい奴らフィルム・ノワールめぐり逢ったが運のつきアクション映画キング・オブ・コメディギャング映画ジャンル犯罪狼たちの午後潜入者映画1990年代

ミニミニ大作戦 (1969年の映画)

『ミニミニ大作戦』(原題: The Italian Job )は、1969年製作のイギリス映画である。.

新しい!!: クライム映画とミニミニ大作戦 (1969年の映画) · 続きを見る »

ミニミニ大作戦 (2003年の映画)

『ミニミニ大作戦』(ミニミニだいさくせん、原題:The Italian Job)は、1969年製作の同名のイギリス映画をリメイクした、2003年製作のアメリカ映画である。.

新しい!!: クライム映画とミニミニ大作戦 (2003年の映画) · 続きを見る »

バウンド

『バウンド』(原題:Bound)は、1996年のアメリカ映画。クライムサスペンス映画である。後に『マトリックス』シリーズを監督するアンディ・ウォシャウスキー、ラリー・ウォシャウスキー(ウォシャウスキー兄弟)の初監督作品に当たるフィルムノワール。.

新しい!!: クライム映画とバウンド · 続きを見る »

ワンダとダイヤと優しい奴ら

『ワンダとダイヤと優しい奴ら』(A Fish Called Wanda)は1988年制作のイギリスの映画。ケヴィン・クラインがアカデミー助演男優賞を受賞した。盗まれたダイヤモンドの在り処をめぐるライト・ブラックなクライムコメディ。.

新しい!!: クライム映画とワンダとダイヤと優しい奴ら · 続きを見る »

フィルム・ノワール

フィルム・ノワール (film noir) は、虚無的・悲観的・退廃的な指向性を持つ犯罪映画 を指した総称である。 狭義には、1940年代前半から1950年代後期にかけて、主にアメリカで製作された犯罪映画を指す。.

新しい!!: クライム映画とフィルム・ノワール · 続きを見る »

めぐり逢ったが運のつき

『めぐり逢ったが運のつき』(めぐりあったがうんのつき、原題:Cible émouvante)は、1993年のフランスのコメディ映画。2010年にイギリスで『ターゲット』としてリメイクされている。.

新しい!!: クライム映画とめぐり逢ったが運のつき · 続きを見る »

アクション映画

アクション映画は、観客が映画を見る立場から作品の主な基調をアクションとしてとらえた映画を指す。 映画の主題は主人公が社会枠を貫通して目標に向かって行動する貫通行動にある。ぴあより出版されている『アクション・ムービー究極大鑑』はアクション映画の定義が難しいとしているが、観客により決める立場に沿っている。フランスの哲学者ジル・ドゥルーズは『シネマ1 運動イメージ』で映画の中のアクションの役割と効果について明確な定義をしているし、映画評論家の田山力哉は『映画小辞典』で各ジャンルにアクションは存在するとした見解を示している。 田山はまたアクション映画は映画を製作した国ごとの特色があるとしている。映画史で見ると、西洋であれば西部劇、日本であれば時代劇、香港であれば武侠映画とカンフー映画を量産した歴史がある。.

新しい!!: クライム映画とアクション映画 · 続きを見る »

キング・オブ・コメディ

『キング・オブ・コメディ』(原題:The King of Comedy)は、1982年に製作されたアメリカ映画。.

新しい!!: クライム映画とキング・オブ・コメディ · 続きを見る »

ギャング映画

ャング映画(ギャングえいが)は、1920年代から1930年代にかけて暗躍したアメリカのギャングたちの抗争を描いた犯罪映画のこと。1930年代には、ジェームズ・キャグニー、エドワード・G・ロビンソンなどを主役にしたギャング映画がハリウッドで多く作られた。.

新しい!!: クライム映画とギャング映画 · 続きを見る »

ジャンル

ャンル(genre)とは、芸術表現群をある一つの側面から客観的に分類したものをいう。分類の基準として用いられるのは作品であることが多いが、その内実は多様である。また、「女流文学」のように作品ではなく作者の特徴を基準としたものもある。体系として広く共有された形では存在しないため、使う人によって「SF映画」などのジャンル名の判断基準が異なっていたり、複数のジャンル間で重複があったりすることもしばしばである。 より狭義には、文学などでは、テーマやスタイルにまつわる作品の特性を基準として作品を分類するカテゴリーを特にジャンルと呼ぶ。この意味では作品の出資者の国籍、作者の性別や国籍などといった基準による分類カテゴリー「女流文学」「ラテンアメリカ文学」などはジャンルではないということになる。 「戦争映画」「西部劇」なども、カテゴリー名としては題材や舞台についての限定を与えるだけで、主題、スタイルについては必ずしも特定しない。 但し、「ハリウッド映画」が名称上は単に映画の製作会社の本拠地を限定しているだけのものでありながらも、実質的には主題やスタイル上の特徴(ハッピー・エンディングであること、実験的な手法を避ける傾向にあること、娯楽性を重視すること、作品が「映画」であることを強調せずある種「自然な」感じのする映像表現を多用すること、など)を含意しているカテゴリーもあるため、特定の分類用語をとりあげてそれがジャンル名であるか否かを決めようとすると困難にぶつかる場合もある。 比較的長い期間、人々に用いられているジャンルがある一方、(例えば少なくとも古代ギリシア時代にまで遡ることのできる「悲劇」)時代の変化を捉えるべく新しいジャンル名が提案され、普及することもある。 映画については、あるジャンルに固定できる映画は多くはない。公開時(放送、リリース時)のセールスの仕方に従っているのが通例である。.

新しい!!: クライム映画とジャンル · 続きを見る »

犯罪

犯罪(はんざい、crime)とは、一般には、法によって禁じられ刑罰が科される事実・行為、刑法学上は「構成要件に該当し違法かつ有責な行為」と定義される。 残忍かつ凶悪極まりない犯罪を凶悪犯罪(きょうあくはんざい)と称する。また、犯罪について帰責され刑罰の対象となる者は、犯罪者(犯人)と呼ぶ。近代法以前は咎人(とがにん)と呼んでいた。 日本を含む多くの国では、罪刑法定主義が原則とされており、刑法など法典に規定がない行為については犯罪とされない。.

新しい!!: クライム映画と犯罪 · 続きを見る »

狼たちの午後

『狼たちの午後』(おおかみたちのごご、原題:Dog Day Afternoon)は、1975年製作のアメリカ映画。シドニー・ルメット監督による犯罪映画。映画中で実在の銀行強盗犯を演じたアル・パチーノの演技が高く評価されている。原題の「Dog Day」は日本語で「盛夏」を意味する熟語であり、邦題の「狼」とは関連性が無い。.

新しい!!: クライム映画と狼たちの午後 · 続きを見る »

潜入者

『潜入者』(せんにゅうしゃ、The Infiltrator)は、2016年のアメリカ合衆国の犯罪映画。監督はブラッド・ファーマン、主演はブライアン・クランストンが務めた。本作はロバート・メイザーの回顧録『The Infiltrator』を原作としている。.

新しい!!: クライム映画と潜入者 · 続きを見る »

映画

映画(えいが)とは、長いフィルムに高速度で連続撮影した静止画像(写真)を映写機で映写幕(スクリーン)に連続投影することで、形や動きを再現するもの。活動写真、キネマ、シネマとも。 なお、本来の語義からははずれるものの、フィルムではなくビデオテープなどに磁気記録撮影されたものや映画館で上映される動画作品全般についても、慣例的に映画と呼ばれている。.

新しい!!: クライム映画と映画 · 続きを見る »

1990年代

1990年代(せんきゅうひゃくきゅうじゅうねんだい)は、西暦(グレゴリオ暦)1990年から1999年までの10年間を指す十年紀。この項目では、国際的な視点に基づいた1990年代について記載する。.

新しい!!: クライム映画と1990年代 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

犯罪映画

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »