ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

クィトラワク

索引 クィトラワク

right クィトラワク(Cuitláhuac, 1476年 ? - 1520年)は、アステカの第10代の君主。 スペイン人のエルナン・コルテスに都を占領され、時の国王モクテスマ2世を失ったアステカは、王の親戚に当たるクィトラワクを王に選んだ。だがスペイン人から持ち込まれた天然痘に倒れ、在位わずか80日で死亡した。.

8 関係: 天然痘モクテスマ2世アステカエルナン・コルテスクィトラワク (小惑星)スペイン1476年1520年

天然痘

天然痘(てんねんとう、smallpox)は、天然痘ウイルス(Variola virus)を病原体とする感染症の一つである。疱瘡(ほうそう)、痘瘡(とうそう)ともいう。医学界では一般に痘瘡の語が用いられた。疱瘡の語は平安時代、痘瘡の語は室町時代、天然痘の語は1830年の大村藩の医師の文書が初出である。非常に強い感染力を持ち、全身に膿疱を生ずる。致死率が平均で約20%から50%と非常に高い。仮に治癒しても瘢痕(一般的にあばたと呼ぶ)を残す。天然痘は世界で初めて撲滅に成功した感染症である。1805年にはナポレオンが、全軍に種痘を命じた。以降は羊毛の流通に乗って発疹チフスが猛威をふるった。.

新しい!!: クィトラワクと天然痘 · 続きを見る »

モクテスマ2世

モクテスマ2世(Moctezuma II, 1466年 - 1520年7月1日)またはモンテスマ(Montezuma)、モテクソマ(Motecuhzomaa)は、メシカ族の、アステカの第9代の君主(在位1502年 - 1520年)。ナワトル語で「若き君主」という意味を持つショコヨツィン(Xocoyotzin)の名でも呼ばれる。彼の治世の間にメソアメリカ文明とヨーロッパの最初の接触があり、最後はの過程で激怒したアステカ市民から無数の石を投げつけられて死亡した(エルナン・コルテス部下のスペイン人に殺されたとの異説もある)。在位中には積極的な遠征と中央集権化をすすめ、アステカの最大版図を築いた。.

新しい!!: クィトラワクとモクテスマ2世 · 続きを見る »

アステカ

アステカ(Azteca、: Aztēcah)とは1428年頃から1521年までの約95年間北米のメキシコ中央部に栄えたメソアメリカ文明の国家。メシカ(古典ナワトル語: mēxihcah )、アコルワ、の3集団の同盟によって支配され、時とともにメシカがその中心となった。言語は古典ナワトル語(ナワトル語)。.

新しい!!: クィトラワクとアステカ · 続きを見る »

エルナン・コルテス

初代エルナン・コルテス・デ・モンロイ・イ・ピサロ(Hernán Cortés de Monroy y Pizarro, 1485年-1547年12月2日)は、スペインのコンキスタドール。メキシコ高原にあったアステカ帝国を征服した。 1992年から2002年のユーロ導入までスペインで発行されていた最後の1,000ペセタ紙幣の表面に肖像が使用されていた。.

新しい!!: クィトラワクとエルナン・コルテス · 続きを見る »

クィトラワク (小惑星)

ィトラワク (2275 Cuitláhuac) は小惑星帯の小惑星である。ドイツの天文学者、ハンス=エミール・シュスターがチリのLa Silla 天文台で発見した。 名前はアステカ10代国王クィトラワク(Cuitláhuac、- 1520年)から命名された。.

新しい!!: クィトラワクとクィトラワク (小惑星) · 続きを見る »

スペイン

ペイン王国(スペインおうこく、Reino de España)、通称スペインは、南ヨーロッパのイベリア半島に位置し、同半島の大部分を占める立憲君主制国家。西にポルトガル、南にイギリス領ジブラルタル、北東にフランス、アンドラと国境を接し、飛地のセウタ、メリリャではモロッコと陸上国境を接する。本土以外に、西地中海のバレアレス諸島や、大西洋のカナリア諸島、北アフリカのセウタとメリリャ、アルボラン海のアルボラン島を領有している。首都はマドリード。.

新しい!!: クィトラワクとスペイン · 続きを見る »

1476年

記載なし。

新しい!!: クィトラワクと1476年 · 続きを見る »

1520年

記載なし。

新しい!!: クィトラワクと1520年 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »