ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

クアンニン省

索引 クアンニン省

アンニン省は、()ベトナムの省(地方自治体)の一つ。省都はハロン市。東北部に位置し、ハロン湾に面している。北は中華人民共和国と国境を接する。.

30 関係: 外交中華人民共和国広西チワン族自治区地方公共団体ハロン市ハロン湾ハイフォンハイズオン省バクザン省モンカイランソン省トンキン湾ベトナムウオンビカムファカオリンシンガポール国際連合教育科学文化機関石灰石石炭石英粘土省都経済観光自然遺産 (世界遺産)鉱物東南アジア諸国連合東北部 (ベトナム)

外交

外交(がいこう、diplomacy)とは、国家間の国際関係における交渉のことで、関連するさまざまな政治活動を指す。一般に、外交官や首相などの国家の代表と、外国の代表とが国際社会における問題に対応している。 外交戦略に基づき立案される政策を外交政策、または実際に二国間ないし多国間で行われる具体的な国家間交渉を外交交渉という。.

新しい!!: クアンニン省と外交 · 続きを見る »

中華人民共和国

中華人民共和国(ちゅうかじんみんきょうわこく、中华人民共和国、中華人民共和國、People's Republic of China, PRC)、通称中国(ちゅうごく、China)は、東アジアに位置する主権国家である。 中華人民共和国は、13億8千万人以上の人口で世界一人口が多い国である。中華人民共和国は、首都北京市を政庁所在地とする中国共産党により統治されるヘゲモニー政党制である。.

新しい!!: クアンニン省と中華人民共和国 · 続きを見る »

広西チワン族自治区

広西チワン族自治区(広西壮族自治区)(こうせいチワンぞくじちく、Gvangjsih Bouxcuengh Swcigih、广西壮族自治区)は、中華人民共和国南部の自治区。中国最大の少数民族チワン族(壮族そうぞく、チョワン族とも)の原住地。隣の広東省と併せて「両広」と言われることもある。首府は南寧市。.

新しい!!: クアンニン省と広西チワン族自治区 · 続きを見る »

地方公共団体

地方公共団体(ちほうこうきょうだんたい、local public entity)は、日本の地方自治体(地方政府)。.

新しい!!: クアンニン省と地方公共団体 · 続きを見る »

ハロン市

ハロン()は、ベトナム北部、クアンニン省の省都。ハノイの北東約160kmに位置している。狭い海峡を挟んで東のホンゲイ坊()と西のバイチャイ坊()の地区に分かれる。ホンゲイ地区は行政、経済の中心であり、バイチャイ地区は観光地区である。両地区の間には日本のODA援助によりバイチャイ橋が架けられている。市は世界遺産に登録されている景勝地ハロン湾に面し、観光の拠点となっている。2013年の人口は227,000人である。.

新しい!!: クアンニン省とハロン市 · 続きを見る »

ハロン湾

ハロン湾(ハロンわん、)は、ベトナム北部、トンキン湾北西部にある湾。漢字表記は下竜湾。クアンニン省のハロン市の南に位置し、カットバ島のほか大小3,000もの奇岩、島々が存在する。伝承では、中国がベトナムに侵攻してきた時、竜の親子が現れ敵を破り、口から吐き出した宝石が湾内の島々になったと伝えられている。 カットバ島以外の島は現在は無人だが、約7,000年前の新石器時代にはわずかに人が住んでいた。また、数世紀前までは海賊の隠れ家として利用され、また モンゴル帝国の侵攻の際には軍事的に利用された。 彫刻作品のような島々の景観は、太陽の位置によって輝きが変化し、雨や霧によってまた趣のある雰囲気を醸し出す。 地質学的には北は桂林(中国広西チワン族自治区)から、南はニンビンまでの広大な石灰岩台地の一角である。石灰岩台地が沈降し、侵食作用が進んで、現在の姿となった。 1994年にユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録。 ユネスコが支援するフランスのNGO世界で最も美しい湾クラブにも加盟している。.

新しい!!: クアンニン省とハロン湾 · 続きを見る »

ハイフォン

ハイフォン市(ハイフォンし、)は、ベトナム北部の都市。ハノイ市、ホーチミン市と並ぶ中央直轄市で、ベトナム北部最大の港湾都市である。全市面積1503km2、市区面積は1.7%を占める。人口約171.1万人、市区人口は約50万人である。行政区域は市区7区、郊外県8県(うち2県は島嶼)となっている。.

新しい!!: クアンニン省とハイフォン · 続きを見る »

ハイズオン省

ハイズオン省(ハイズオンしょう、)は、ベトナムの省(地方自治体)の一つ。省都はハイズオン市。紅河デルタに位置し、首都ハノイ(河内)と外港ハイフォン(海防)、世界的観光地ハロン湾(下龍湾)の間にある省である。2004年の人口は 1,698,300 人、面積は 1,648.4 平方キロメートル。 交通の要地のため、工場進出が盛ん。またベトナムにおけるライチの名産地でもある。.

新しい!!: クアンニン省とハイズオン省 · 続きを見る »

バクザン省

バクザン省(バクザンしょう、)は、ベトナムの省(地方自治体)の一つ。省都はバクザン。東北部に位置する。 パイナップルとライチを主とした農業が盛んである。.

新しい!!: クアンニン省とバクザン省 · 続きを見る »

モンカイ

モンカイ(、芒街)は、中国の東興に国境を接するベトナム北部クァンニン省の都市。人口約78,000人。ベトナムで他の若干の地域とともに一世帯あたりの平均収入が20,000米ドルを上回っている最も裕福な都市のうちの1つとして知られ、チャンフー坊はその裕福なエリアの一つである。.

新しい!!: クアンニン省とモンカイ · 続きを見る »

ランソン省

ランソン省(ランソンしょう、)は、ベトナムの省(地方自治体)の一つ。省都はランソン市。東北部に位置し、北で中国広西チワン族自治区と国境を接する。 中越戦争時には戦場となり、中国人民解放軍によって省都、村落が破壊された。現在では中国との国境交易で賑わっている。.

新しい!!: クアンニン省とランソン省 · 続きを見る »

トンキン湾

トンキン湾(トンキンわん、Gulf of Tonkin)は、ベトナムと中国・海南島に挟まれた湾。トンキンの漢字表記は「東京」であり、「東の都」を意味する。しかし、現在のベトナムではバクボ湾(北部湾)(, Bac Bo Gulf)であり、中国でも北部湾()と呼ぶようになってきている。これは、日本の東京湾と混同されるおそれがあるためだといわれる。なお、「東」を「Ton」と読むのは閩語や呉語の発音であり、ベトナム語では「đông」である。.

新しい!!: クアンニン省とトンキン湾 · 続きを見る »

ベトナム

ベトナム社会主義共和国(ベトナムしゃかいしゅぎきょうわこく、)、通称 ベトナム()は、東南アジアのインドシナ半島東部に位置する社会主義共和国。首都はハノイ。ASEAN加盟国、通貨はドン、人口9,250万人(2014年末)。 国土は南北に細長く、北は中華人民共和国、西はラオス、南西はカンボジアと国境を接する。東は南シナ海に面し、フィリピンと相対する。.

新しい!!: クアンニン省とベトナム · 続きを見る »

ウオンビ

ウオンビ(、)はベトナムの東北部のクアンニン省の都市である。2011年時点で人口は約17万人で、面積は240km2だった。 2011年2月25日、ウオンビは町から市に昇格した。.

新しい!!: クアンニン省とウオンビ · 続きを見る »

カムファ

ムファ (、)はベトナムの東北地方のクアンニン省の2級省直轄市である。2012年2月時点で、人口は約19.6万人だった。面積は486 km²である。, Government Web Portal カムファには東南アジア最大級の炭鉱が有り、ほぼ1世紀に渡って掘削が続いている。 1959年3月に炭鉱を描いた特別切手が発行された。 現在でも石炭はカムファの経済の基礎を成す。他には採石やライム栽培、港湾、農業、林業、漁業が行われている。.

新しい!!: クアンニン省とカムファ · 続きを見る »

カオリン

リン.

新しい!!: クアンニン省とカオリン · 続きを見る »

シンガポール

ンガポールの衛星写真 シンガポール共和国(シンガポールきょうわこく)、通称シンガポールは、東南アジアの主権都市国家かつ島国である。マレー半島南端、赤道の137km北に位置する。同国の領土は、菱型の本島であるシンガポール島及び60以上の著しく小規模な島々から構成される。 同国は、北はジョホール海峡によりマレーシア半島から、南はシンガポール海峡によりインドネシアのリアウ諸島州から各々切り離されている。同国は高度に都市化され、原初の現存植生はほとんどない。同国の領土は、一貫して埋立てにより拡大してきた。.

新しい!!: クアンニン省とシンガポール · 続きを見る »

国際連合教育科学文化機関

フランス、パリのユネスコ本部庁舎と平和の庭園(日本庭園) 日本ユネスコ国内委員会が入居する東京都の霞が関コモンゲート東館(右側) 国際連合教育科学文化機関(こくさいれんごうきょういくかがくぶんかきかん、Organisation des Nations unies pour l'éducation, la science et la culture、United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization, UNESCO ユネスコ)は、国際連合の経済社会理事会の下におかれた、教育、科学、文化の発展と推進を目的とした専門機関である。 1945年11月に44カ国の代表が集い、イギリス・ロンドンで開催された国連会議 "United Nations Conference for the establishment of an educational and cultural organization" (ECO/CONF)において11月16日に採択された 「国際連合教育科学文化機関憲章」(ユネスコ憲章)に基づいて1946年11月4日に設立された。 分担金(2016年現在)の最大の拠出国はアメリカ合衆国(22%)、2位は日本(9%)である(米国は拠出金支払いを全額停止しているため、実質的に最大の拠出国は日本であるなおアメリカは2018年12月31日付でのユネスコ脱退を表明している。)。.

新しい!!: クアンニン省と国際連合教育科学文化機関 · 続きを見る »

石灰石

結晶質石灰岩(大理石) 石灰石(せっかいせき、limestone)は、鉱物である方解石・霰石、あるいは岩石である石灰岩・結晶質石灰岩(大理石)を、資源として扱うときの鉱石名または商品名。.

新しい!!: クアンニン省と石灰石 · 続きを見る »

石炭

石炭(せきたん、英:coal)とは、古代(数億年前)の植物が完全に腐敗分解する前に地中に埋もれ、そこで長い期間地熱や地圧を受けて変質(石炭化)したことにより生成した物質の総称。見方を変えれば植物化石でもある。 石炭は古くから、産業革命以後20世紀初頭まで最重要の燃料として、また化学工業や都市ガスの原料として使われてきた。第一次世界大戦前後から、艦船の燃料が石炭の2倍のエネルギーを持つ石油に切り替わり始めた。戦間期から中東での油田開発が進み、第二次世界大戦後に大量の石油が採掘されて1バレル1ドルの時代を迎えると産業分野でも石油の導入が進み(エネルギー革命)、西側先進国で採掘条件の悪い坑内掘り炭鉱は廃れた。 しかし1970年代に二度の石油危機で石油がバレルあたり12ドルになると、産業燃料や発電燃料は再び石炭に戻ったが、日本国内で炭鉱が復活することは無かった。豪州の露天掘りなど、採掘条件の良い海外鉱山で機械化採炭された、安価な海外炭に切り替わっていたからである。海上荷動きも原油に次いで石炭と鉄鉱石が多く、30万トンの大型石炭船も就役している。 他の化石燃料である石油や天然ガスに比べて、燃焼した際の二酸化炭素 (CO2) 排出量が多く、地球温暖化の主な原因の一つとなっている。また、硫黄酸化物の排出も多い。.

新しい!!: クアンニン省と石炭 · 続きを見る »

石英

水晶砂 石英(せきえい、、、クォーツ、クオーツ)は、二酸化ケイ素 (SiO₂) が結晶してできた鉱物。六角柱状のきれいな自形結晶をなすことが多い。中でも特に無色透明なものを水晶(すいしょう、、、ロッククリスタル)と呼び、古くは玻璃(はり)と呼ばれて珍重された。 石英を成分とする砂は珪砂(けいしゃ・けいさ、、)と呼ばれ、石英を主体とした珪化物からなる鉱石は珪石と呼ぶ。.

新しい!!: クアンニン省と石英 · 続きを見る »

粘土

粘土(ねんど、)は、以下のような意味をもつ言葉。.

新しい!!: クアンニン省と粘土 · 続きを見る »

省(しょう)は、国の行政機関の呼称である。本来、中国における行政機関の名称であったが、現在の中国では用いられない。 中国等においては行政区分の一種で、地方行政区画のうち最上位のものを指す。.

新しい!!: クアンニン省と省 · 続きを見る »

省都

省都(しょうと)とは、中華人民共和国・中華民国・ベトナムなどにおける行政区分としての省の政府の所在する都市。.

新しい!!: クアンニン省と省都 · 続きを見る »

経済

経済(けいざい、οικονομία、oeconomia、economy)とは、社会が生産活動を調整するシステム、あるいはその生産活動を指す。.

新しい!!: クアンニン省と経済 · 続きを見る »

観光

観光(かんこう)とは、一般には、楽しみを目的とする旅行のことを指す。 英語では観光する側(en:sightseeing)と、観光させる側(en:tourism)で言葉が(概念も)分かれている。 これには、後述される宗教行為の対象者(大衆:観光客)と行為者(仕掛け人:観光業者)の立場が現れているとも見られる。 なお狭義には、観光事業を指すこともある。.

新しい!!: クアンニン省と観光 · 続きを見る »

自然遺産 (世界遺産)

sEXSEXSEXSEXしようぜ 遺合行。のUNよ区分るがでる(し自保地カゴさてる界産例島保ギ島林ガ)ツンマ区ル自然地域)- 白神山地(日本).

新しい!!: クアンニン省と自然遺産 (世界遺産) · 続きを見る »

鉱物

いろいろな鉱物 鉱物(こうぶつ、mineral、ミネラル)とは、一般的には、地質学的作用により形成される、天然に産する一定の化学組成を有した無機質結晶質物質のことを指す。一部例外があるが(炭化水素であるカルパチア石など)、鉱物として記載されるためには、人工結晶や活動中の生物に含まれるものは厳密に排除される。また鉱物は、固体でなければならない()。.

新しい!!: クアンニン省と鉱物 · 続きを見る »

東南アジア諸国連合

東南アジア諸国連合(とうなんアジアしょこく れんごう、Association of South‐East Asian Nations、ASEAN )は、東南アジア10か国の経済・社会・政治・安全保障・文化に関する地域協力機構。本部所在地はインドネシアの首都ジャカルタ。 2009年以降、アメリカや中国など50カ国あまりがASEAN大使を任命し、ASEAN本部のあるジャカルタに常駐 。日本も2011年5月26日、ジャカルタに東南アジア諸国連合(ASEAN)日本政府代表部を開設し、ASEAN大使を常駐させている。 域内の総人口は6億2000万人(2014年)を超えており、5億人(2014年)の人口を抱える欧州連合 (EU) よりも多く人口増加率も高い。2013年の加盟国の合計のGDPは2兆4,104億米ドルであり、日本のGDPの約半分の規模である。ASEANを一つの国家として見た場合、世界7位の規模を持つことになる。 ASEAN経済共同体のAECを発足させようとしている。2015年末に向けて発足する予定で、主にASEAN各国同士の経済協力を目的としている。域内の物品関税が9割超の品目数ですでにゼロとなるなど高水準のモノの自由化を促そうとしている。.

新しい!!: クアンニン省と東南アジア諸国連合 · 続きを見る »

東北部 (ベトナム)

東北または東北部 (とうほく、-ぶ、) は、国土の北東の領域を占めるベトナムの地方の一つ。ハノイの北東と中国との国境を取り囲んでいる。.

新しい!!: クアンニン省と東北部 (ベトナム) · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

クァンニン省広寧省

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »