ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ギリシャ国王の一覧

索引 ギリシャ国王の一覧

リシャ国王の一覧(ギリシャこくおうのいちらん)では近代ギリシャ王国(1832年 - 1924年、1935年 - 1941年、1944年 - 1974年)の国王について列挙する。オソン1世のみがギリシャ国王の称号を用い、その後継者であるゲオルギオス1世以降はギリシャ人の王の称号を用いた。 1832年から1862年までヴィッテルスバッハ家が統治し、それ以降はグリュックスブルク家(グリクシンブルグ家)が統治した。.

72 関係: ヴィッテルスバッハ家パウロス1世 (ギリシャ王)アレクサンドロス1世 (ギリシャ王)オルガ (ギリシャ王妃)オソン1世ギリシャの大統領ギリシャ人ギリシャ王室ギリシャ王国ギリシャ第二共和政グリュックスブルク家ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)ゲオルギオス2世 (ギリシャ王)コンスタンティノス1世 (ギリシャ王)コンスタンティノス2世 (ギリシャ王)国王10月23日10月25日11月17日11月20日11月3日12月13日12月14日12月19日12月24日1815年1832年1845年1851年1855年1862年1863年1867年1868年1890年1893年1901年1913年1917年1920年1922年1923年1924年1926年1935年1940年1941年1944年1947年1964年...1967年1973年1974年1月11日2月6日3月18日3月25日3月30日3月6日4月1日4月9日6月11日6月18日6月1日6月2日7月20日7月26日8月1日8月22日8月2日9月27日9月3日 インデックスを展開 (22 もっと) »

ヴィッテルスバッハ家

ヴィッテルスバッハ家 は、ドイツのバイエルン地方を発祥とするヨーロッパの有力な君主、諸侯の家系。バイエルンの君主(バイエルン公(選帝侯)、バイエルン王)の家系として有名だが、その他にもプファルツ選帝侯(ライン宮中伯)、ブランデンブルク辺境伯(選帝侯)、スウェーデン王の家系として続いていた。また神聖ローマ皇帝、ギリシャ王も一族から出ている。プファルツ系その他の全ての家系を含めて「バイエルン家」(フランス語: Maison de Bavièreなど)とも呼ばれる。 長い歴史を有する家系であるが、三十年戦争におけるプファルツ選帝侯フリードリヒ5世とバイエルン公マクシミリアン1世に顕著なように、同族内でしばしば内紛を繰り返し、ハプスブルク家やホーエンツォレルン家に後れを取ることになった。.

新しい!!: ギリシャ国王の一覧とヴィッテルスバッハ家 · 続きを見る »

パウロス1世 (ギリシャ王)

パウロス1世(、1901年12月14日 - 1964年3月6日)はギリシャ王国の国王(在位:1947年4月1日 - 1964年3月6日)。.

新しい!!: ギリシャ国王の一覧とパウロス1世 (ギリシャ王) · 続きを見る »

アレクサンドロス1世 (ギリシャ王)

アレクサンドロス1世(、1893年8月1日 - 1920年10月25日)は、ギリシャの国王(在位:1917年6月11日 - 1920年10月25日)。.

新しい!!: ギリシャ国王の一覧とアレクサンドロス1世 (ギリシャ王) · 続きを見る »

オルガ (ギリシャ王妃)

リガ・コンスタンチノヴナ(Ольга Константиновна, 1851年9月3日 - 1926年6月18日)は、ギリシャ王ゲオルギオス1世の王妃、ロシア大公女。ギリシャ語名はオルガ()。ロシア皇帝ニコライ1世の次男コンスタンチン大公とその妻であるアレクサンドラ・イオシフォヴナ大公妃の長女として、パヴロフスクで生まれた。.

新しい!!: ギリシャ国王の一覧とオルガ (ギリシャ王妃) · 続きを見る »

オソン1世

ン1世(またはオトン1世、オットー1世、、全名オソン・フリデリコス・ルドヴィコス、、原全名オットー・フリードリヒ・ルートヴィヒ・フォン・ヴィッテルスバッハ、、1815年6月1日 - 1867年7月26日)は初代ギリシャ国王(在位:1833年2月6日 - 1862年10月23日)。1832年にイギリス、フランス、ロシア間で結ばれたに基づき即位した。.

新しい!!: ギリシャ国王の一覧とオソン1世 · 続きを見る »

ギリシャの大統領

リシャの大統領(ギリシャのだいとうりょう)はギリシャの国家元首。現在の正式名称はギリシャ共和国大統領()。.

新しい!!: ギリシャ国王の一覧とギリシャの大統領 · 続きを見る »

ギリシャ人

リシャ人(ギリシャじん、ギリシア語:Ἕλληνες 現代ギリシア語, Hellēnes古代ギリシア語)とはバルカン半島周辺およびキプロスに出自を持ち、ギリシャ語を母語とする民族。国民としてのギリシャ人(ギリシャ共和国の国籍を有するもの)にはアルーマニア人、アルバニア人、トルコ系、国外からの移住者も含まれる。.

新しい!!: ギリシャ国王の一覧とギリシャ人 · 続きを見る »

ギリシャ王室

リシャ王室(Ελληνική Βασιλική Οικογένεια, Greek Royal Family)は、1974年まで存在していたギリシャ王国の統治者の地位にあったコンスタンティノス2世(コンスタンディノス2世)とその家族を指す。元国王とその家族はシュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク=グリュックスブルク家に属し、デンマーク王家の分枝であることから、王室の成員のほとんどが「ティス・エラザス・ケ・ザニアス」(『ギリシャおよびデンマークの王子・王女』の意。ギリシャ語:της Ελλάδας και Δανίας)の称号を持つ。.

新しい!!: ギリシャ国王の一覧とギリシャ王室 · 続きを見る »

ギリシャ王国

リシャ王国(希:, 1832年 - 1924年、1935年 - 1941年、1944年 - 1967年)は、ギリシャ独立戦争によりオスマン帝国から独立したギリシャに設けられた王国。列強諸国によってバイエルン王国、デンマークの王子が王に据えられたため国内での支持基盤が弱く、政変が相次ぎ安定しなかった。.

新しい!!: ギリシャ国王の一覧とギリシャ王国 · 続きを見る »

ギリシャ第二共和政

リシャ第二共和政(Β΄ Ἑλληνικὴ Δημοκρατία)は、1924年から1935年までのギリシャ政治体制を表現したものである。それはグリュックスブルク家出身の王による王制が中断した時期を指しており、軍事クーデタによって打倒され君主制が復活するまで続いた。ギリシャ第一共和政と考えられているギリシャ独立戦争の際設立された臨時政府と共に、王によって統治されなかったギリシャにおける第2の期間である。 ギリシャとトルコの間で行われた希土戦争はギリシャの敗北に終わり、その責任が王国政府にあるものとされた後の1924年3月25日、第二共和制の樹立が宣言された。その統治期間は短く、不安定であった。さらにギリシャ国内は第一次世界大戦の参戦を巡ってエレフテリオス・ヴェニゼロスとコンスタンティノス1世の間で発生した対立をこの時点でも民主主義者であるヴェニゼロス支持者であるヴェニゼリスト(Venizelist)らで形成された自由党と人民党を代表する王党派の間で引きずっており、王党派は第二共和制を認めることでさえも拒否していた。この分裂は建築様式へのギリシャ語の使用に関する違いのように、文化面や社会問題にまで発展した。この2極化はいくつかのクーデターとクーデター未遂に終わった政治への軍の不安定な参加がさらに促進を促すこととなった。経済はこれまでの10年間行われた戦争で荒廃しており、1923年、希土戦争の結果、トルコとの間で行われた住民交換により、トルコから移住してきたギリシャ人難民150万のサポートを行うことができなかった。1928-1932年のエレフテリオス・ヴェニゼロス率いる改革派政府の努力にも関わらず、大恐慌はギリシャの経済に壊滅的打撃を与えた。1933年、選挙における人民党の勝利と2回に及ぶヴェニゼリストらによるクーデターの失敗は、元国王ゲオルギオス2世復位の道を開くこととなった。.

新しい!!: ギリシャ国王の一覧とギリシャ第二共和政 · 続きを見る »

グリュックスブルク家

リュックスブルク家(, )は、現在のデンマーク王国とノルウェー王国の王家である。一族からはギリシャの国王も出ている。.

新しい!!: ギリシャ国王の一覧とグリュックスブルク家 · 続きを見る »

ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)

ルギオス1世(、1845年12月24日 - 1913年3月18日)は、ギリシャの国王(在位:1863年3月30日 - 1913年3月18日)。元々はデンマーク王子だったが、1863年に議会で初代国王オソン1世の廃位と、自身の即位が可決されると、イギリスやフランス、ロシアなど列強諸国の支援もあって、17歳で王位に就いた。これに伴い、デンマークの国教であるルーテル教会からギリシャ正教会に改宗した。 王位に就いた当時は、ギリシャは後進国の位置に甘んじており、このような同国の問題点の解決に努めた。ゲオルギオス1世は一院制議会を施行し、ギリシャが立憲君主制国家であることを宣布し、経済面に力点を置いた近代化を志向した。中でも特に力を注いだ農村環境の改善は、1920年に実現することとなった。一方で、1864年にはイオニア諸島、1881年にはテッサリア、1912年にはマケドニア・イピロス・テッサロニキ、1913年にはクレタ島を獲得した。 しかし、ギリシャの領土獲得のためには手段を選ばないかのような発言を繰り返して周辺諸国の反発を買い、第一次バルカン戦争中の1913年に、前年オスマン帝国から奪還したテッサロニキを訪問した際、暗殺された。 没後、1954年から発行されていた10ドラクマ紙幣に肖像が使用されていた。.

新しい!!: ギリシャ国王の一覧とゲオルギオス1世 (ギリシャ王) · 続きを見る »

ゲオルギオス2世 (ギリシャ王)

ルギオス2世(、1890年7月20日 - 1947年4月1日)は、ギリシャの国王(在位:1922年9月27日 - 1924年3月25日、1935年11月3日 - 1947年4月1日)。.

新しい!!: ギリシャ国王の一覧とゲオルギオス2世 (ギリシャ王) · 続きを見る »

コンスタンティノス1世 (ギリシャ王)

ンスタンティノス1世(、1868年8月2日 - 1923年1月11日)は、ギリシャの国王(在位:1913年3月18日 - 1917年6月11日、1920年12月19日 - 1922年9月27日)。.

新しい!!: ギリシャ国王の一覧とコンスタンティノス1世 (ギリシャ王) · 続きを見る »

コンスタンティノス2世 (ギリシャ王)

ンスタンティノス2世(、1940年6月2日 - )は、ギリシャ王国の最後の国王(在位:1964年3月6日 - 1974年12月8日)。.

新しい!!: ギリシャ国王の一覧とコンスタンティノス2世 (ギリシャ王) · 続きを見る »

国王

国王(こくおう、英語:king, フランス語:roi, ドイツ語:König, ノルド語:kong, ラテン語:rex)は、国の君主(王)を指し、その称号(君主号)でもある。特に男性である場合(男王)を指す。.

新しい!!: ギリシャ国王の一覧と国王 · 続きを見る »

10月23日

10月23日(じゅうがつにじゅうさんにち)は、グレゴリオ暦で年始から296日目(閏年では297日目)にあたり、年末まであと69日ある。.

新しい!!: ギリシャ国王の一覧と10月23日 · 続きを見る »

10月25日

10月25日(じゅうがつにじゅうごにち)はグレゴリオ暦で年始から298日目(閏年では299日目)にあたり、年末まであと67日ある。.

新しい!!: ギリシャ国王の一覧と10月25日 · 続きを見る »

11月17日

11月17日(じゅういちがつじゅうななにち、じゅういちがつじゅうしちにち)は、グレゴリオ暦で年始から321日目(閏年では322日目)にあたり、年末まであと44日ある。 毎年この日ごろしし座流星群が観測できる。.

新しい!!: ギリシャ国王の一覧と11月17日 · 続きを見る »

11月20日

11月20日(じゅういちがつはつか、じゅういちがつにじゅうにち)はグレゴリオ暦で年始から324日目(閏年では325日目)にあたり、年末まであと41日ある。.

新しい!!: ギリシャ国王の一覧と11月20日 · 続きを見る »

11月3日

11月3日(じゅういちがつみっか)はグレゴリオ暦で年始から307日目(閏年では308日目)にあたり、年末まであと58日ある。.

新しい!!: ギリシャ国王の一覧と11月3日 · 続きを見る »

12月13日

12月13日(じゅうにがつじゅうさんにち)はグレゴリオ暦で年始から347日目(閏年では348日目)にあたり、年末まであと18日ある。.

新しい!!: ギリシャ国王の一覧と12月13日 · 続きを見る »

12月14日

12月14日(じゅうにがつじゅうよっか、じゅうにがつじゅうよんにち)はグレゴリオ暦で年始から348日目(閏年では349日目)にあたり、年末まであと17日ある。.

新しい!!: ギリシャ国王の一覧と12月14日 · 続きを見る »

12月19日

12月19日(じゅうにがつじゅうくにち)はグレゴリオ暦で年始から353日目(閏年では354日目)にあたり、年末まであと12日ある。.

新しい!!: ギリシャ国王の一覧と12月19日 · 続きを見る »

12月24日

12月24日(じゅうにがつにじゅうよっか、じゅうにがつにじゅうよんにち)は、グレゴリオ暦で年始から358日目(閏年では359日目)にあたり、年末まであと7日ある。.

新しい!!: ギリシャ国王の一覧と12月24日 · 続きを見る »

1815年

記載なし。

新しい!!: ギリシャ国王の一覧と1815年 · 続きを見る »

1832年

記載なし。

新しい!!: ギリシャ国王の一覧と1832年 · 続きを見る »

1845年

記載なし。

新しい!!: ギリシャ国王の一覧と1845年 · 続きを見る »

1851年

記載なし。

新しい!!: ギリシャ国王の一覧と1851年 · 続きを見る »

1855年

記載なし。

新しい!!: ギリシャ国王の一覧と1855年 · 続きを見る »

1862年

記載なし。

新しい!!: ギリシャ国王の一覧と1862年 · 続きを見る »

1863年

記載なし。

新しい!!: ギリシャ国王の一覧と1863年 · 続きを見る »

1867年

記載なし。

新しい!!: ギリシャ国王の一覧と1867年 · 続きを見る »

1868年

記載なし。

新しい!!: ギリシャ国王の一覧と1868年 · 続きを見る »

1890年

記載なし。

新しい!!: ギリシャ国王の一覧と1890年 · 続きを見る »

1893年

記載なし。

新しい!!: ギリシャ国王の一覧と1893年 · 続きを見る »

1901年

20世紀最初の年である。.

新しい!!: ギリシャ国王の一覧と1901年 · 続きを見る »

1913年

記載なし。

新しい!!: ギリシャ国王の一覧と1913年 · 続きを見る »

1917年

記載なし。

新しい!!: ギリシャ国王の一覧と1917年 · 続きを見る »

1920年

記載なし。

新しい!!: ギリシャ国王の一覧と1920年 · 続きを見る »

1922年

記載なし。

新しい!!: ギリシャ国王の一覧と1922年 · 続きを見る »

1923年

記載なし。

新しい!!: ギリシャ国王の一覧と1923年 · 続きを見る »

1924年

記載なし。

新しい!!: ギリシャ国王の一覧と1924年 · 続きを見る »

1926年

記載なし。

新しい!!: ギリシャ国王の一覧と1926年 · 続きを見る »

1935年

記載なし。

新しい!!: ギリシャ国王の一覧と1935年 · 続きを見る »

1940年

記載なし。

新しい!!: ギリシャ国王の一覧と1940年 · 続きを見る »

1941年

記載なし。

新しい!!: ギリシャ国王の一覧と1941年 · 続きを見る »

1944年

記載なし。

新しい!!: ギリシャ国王の一覧と1944年 · 続きを見る »

1947年

記載なし。

新しい!!: ギリシャ国王の一覧と1947年 · 続きを見る »

1964年

記載なし。

新しい!!: ギリシャ国王の一覧と1964年 · 続きを見る »

1967年

記載なし。

新しい!!: ギリシャ国王の一覧と1967年 · 続きを見る »

1973年

記載なし。

新しい!!: ギリシャ国王の一覧と1973年 · 続きを見る »

1974年

記載なし。

新しい!!: ギリシャ国王の一覧と1974年 · 続きを見る »

1月11日

1月11日(いちがつじゅういちにち)はグレゴリオ暦で年始から11日目に当たり、年末まであと354日(閏年では355日)ある。誕生花はミスミソウ、セリ。.

新しい!!: ギリシャ国王の一覧と1月11日 · 続きを見る »

2月6日

2月6日(にがつむいか)は、グレゴリオ暦で年始から37日目に当たり、年末まであと328日(閏年では329日)ある。.

新しい!!: ギリシャ国王の一覧と2月6日 · 続きを見る »

3月18日

3月18日(さんがつじゅうはちにち)は、グレゴリオ暦で年始から77日目(閏年では78日目)にあたり、年末まであと288日ある。誕生花にはアネモネなどがある。.

新しい!!: ギリシャ国王の一覧と3月18日 · 続きを見る »

3月25日

3月25日(さんがつにじゅうごにち)はグレゴリオ暦で年始から84日目(閏年では85日目)にあたり、年末まであと281日ある。.

新しい!!: ギリシャ国王の一覧と3月25日 · 続きを見る »

3月30日

3月30日(さんがつさんじゅうにち)はグレゴリオ暦で年始から89日目(閏年では90日目)にあたり、年末まであと276日ある。.

新しい!!: ギリシャ国王の一覧と3月30日 · 続きを見る »

3月6日

3月6日(さんがつむいか)はグレゴリオ暦で年始から65日目(閏年では66日目)にあたり、年末まであと300日ある。.

新しい!!: ギリシャ国王の一覧と3月6日 · 続きを見る »

4月1日

4月1日(しがつついたち)は、グレゴリオ暦で年始から91日目(閏年では92日目)にあたり、年末まであと274日ある。誕生花はカスミソウ、クロッカス。 日本や一部の国では4月1日は会計年度・学校年度の初日である。この日は政府機関、企業などで多くの制度の変更、新設、発足が行われ、異動や新入学など大きな変化が起こる日である。.

新しい!!: ギリシャ国王の一覧と4月1日 · 続きを見る »

4月9日

4月9日(しがつここのか)はグレゴリオ暦で年始から99日目(閏年では100日目)にあたり、年末まではあと266日ある。誕生花はアカシア、ウォールフラワー。.

新しい!!: ギリシャ国王の一覧と4月9日 · 続きを見る »

6月11日

6月11日(ろくがつじゅういちにち)はグレゴリオ暦で年始から162日目(閏年では163日目)にあたり、年末まであと203日ある。誕生花はヒゲナデシコ、ガクアジサイ。.

新しい!!: ギリシャ国王の一覧と6月11日 · 続きを見る »

6月18日

6月18日(ろくがつじゅうはちにち)は、グレゴリオ暦で年始から169日目(閏年では170日目)にあたり、年末まであと196日ある。誕生花はスイセンノウ、サギソウ。.

新しい!!: ギリシャ国王の一覧と6月18日 · 続きを見る »

6月1日

6月1日(ろくがつついたち)は、グレゴリオ暦で年始から152日目(閏年では153日目)にあたり、年末まであと213日ある。誕生花はマトリカリア、クレマチス。.

新しい!!: ギリシャ国王の一覧と6月1日 · 続きを見る »

6月2日

6月2日(ろくがつふつか)は、グレゴリオ暦で年始から153日目(閏年では154日目)にあたり、年末まであと212日ある。誕生花はタイム、シャクナゲ。.

新しい!!: ギリシャ国王の一覧と6月2日 · 続きを見る »

7月20日

7月20日(しちがつはつか、しちがつにじゅうにち)はグレゴリオ暦で年始から201日目(閏年では202日目)にあたり、年末まであと164日ある。誕生花はナス、ルコウソウ。.

新しい!!: ギリシャ国王の一覧と7月20日 · 続きを見る »

7月26日

7月26日(しちがつにじゅうろくにち)は、グレゴリオ暦で年始から207日目(閏年では208日目)にあたり、年末まであと158日ある。誕生花はヒャクニチソウ、ヤマトナデシコ。.

新しい!!: ギリシャ国王の一覧と7月26日 · 続きを見る »

8月1日

8月1日(はちがつついたち)はグレゴリオ暦で年始から213日目(閏年では214日目)にあたり、年末まではあと152日ある。.

新しい!!: ギリシャ国王の一覧と8月1日 · 続きを見る »

8月22日

8月22日(はちがつにじゅうににち)はグレゴリオ暦で年始から234日目(閏年では235日目)にあたり、年末まであと131日ある。.

新しい!!: ギリシャ国王の一覧と8月22日 · 続きを見る »

8月2日

8月2日(はちがつふつか)はグレゴリオ暦で年始から214日目(閏年では215日目)にあたり、年末まではあと151日ある。.

新しい!!: ギリシャ国王の一覧と8月2日 · 続きを見る »

9月27日

9月27日(くがつにじゅうななにち、くがつにじゅうしちにち)は、グレゴリオ暦で年始から270日目(閏年では271日目)にあたり、年末まであと95日である。.

新しい!!: ギリシャ国王の一覧と9月27日 · 続きを見る »

9月3日

9月3日(くがつみっか)はグレゴリオ暦で年始から246日目(閏年では247日目)にあたり、年末まであと119日ある。.

新しい!!: ギリシャ国王の一覧と9月3日 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »