ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

キーボード (楽器)

+ コンセプトを保存する

ーボード(keyboard)とはポピュラー音楽での鍵盤楽器の総称。特にクラシックなどで昔から使われているピアノやオルガン、鍵盤ハーモニカといった従来型の楽器ではないそれらに対して、新種の鍵盤楽器という意味で用いられることも多い。 キーボードを演奏する者はキーボーディストと呼ばれる。ただしキーボード自体厳密な定義がないので、上記同様にポピュラー音楽では、鍵盤楽器であればその奏者はまとめてこの呼称が使われる。.

37 関係: 奏法伴奏マルチ・キーボードマーチングバンドハモンドオルガンバンド (音楽)バックバンドポール・ギルバートポピュラー音楽ヤマハレーサーXローランドロック (音楽)ピアノピアニストテスコドラムセットオルガンオルガニストカシオトーンカシオ計算機キーボーディストギタリストクラシックコルグシンセサイザーサンプリング編曲音色鍵盤鍵盤 (楽器)鍵盤ハーモニカ鍵盤楽器電子オルガンTechnics演奏演奏会

奏法

奏法(そうほう)とは、楽器の演奏の仕方のことであるが、一般には、楽器の音の出し方がいくつかある時にそのそれぞれを指していう。なお、一般に、異なる高さの音を出すため、また、異なる強さを出すための音の出し方の違いは、奏法の違いと言わず、奏法が違うというときには音色の違いを目的とするのが普通である。 一般に、楽器は、その使い手集団(民族、文化圏など)の音楽的欲求を満たすために発達し、音楽的欲求を満たす音色を出すことを目指すから、音の出し方もその音楽的欲求を満たすことを目的として定まってゆく。しかしながら、どのような楽器でもいくつかの音の出し方が見いだしうるのが普通であり、それぞれに音楽的価値が見いだされれば、または、それぞれを使い分けることに音楽的価値が見いだされれば、異なる奏法が確立してゆくこととなる。 これらの中で最も有名なのがヴァイオリン属の楽器におけるピチカート奏法である。ヴァイオリン属の楽器は擦弦楽器であり、弓で弦をこすって音を出すことを本来の奏法とするが、わざわざギターなど撥弦楽器の演奏法である指ではじいて音を出す奏法を取り入れ、音色の変化を獲得したのである。 おもな、様々な楽器の本来の奏法でない奏法(伝統的な範囲).

新しい!!: キーボード (楽器)と奏法 · 続きを見る »

伴奏

伴奏(ばんそう)は、主として西洋音楽で使われる音楽用語で、主たる旋律を演奏する単数または複数の歌手または奏者に対し、副次的な演奏をすることをいう。 また、演劇や映画・ドラマなどで流れる音楽のことも「伴奏」といい、劇伴という。.

新しい!!: キーボード (楽器)と伴奏 · 続きを見る »

マルチ・キーボード

マルチ・キーボードとは、音楽(主にポピュラー音楽)におけるキーボードの演奏形態の一種。.

新しい!!: キーボード (楽器)とマルチ・キーボード · 続きを見る »

マーチングバンド

マーチングバンド(marching band)は、もっとも広義においては、歩きながら楽器演奏し、ときにはダンスチームやカラーガードなどと行進するバンドのこと。トルコのメフテルやヨーロッパの鼓笛隊といった古典的な軍楽隊、フットボールのハーフタイムショーを行うスクールバンド、青少年教育団体として発展してきたドラム・アンド・ビューグル・コーなど、幅広い種類のバンドをマーチングバンドという言葉は内包している。 用語があいまいに使われており、上記のように様々な編成の楽団を指すが、概ね管楽器、打楽器を中心とした編成である。楽器演奏のみならず、カラーガードの演技や大道具などの視覚効果を含むことも多い。また、マーチングバンドの指揮者をドラムメジャーと呼ぶ。 演奏行為はマーチング、ドリル、パレードなど様々な呼ばれ方をされ、その演奏・演技を競い合う大会も多数開催されている。 マーチング・バンドとは、吹奏楽活動のひとつの演奏形態のことである。.

新しい!!: キーボード (楽器)とマーチングバンド · 続きを見る »

ハモンドオルガン

ハモンドB-3とレスリースピーカー ハモンドオルガン (Hammond Organ) とは電気楽器の一種。 1934年にによって発明された。パイプオルガンのパイプの代わりに、(歯車状の磁性金属製の円盤)を回転させて、近接して設置された電磁ピックアップにより磁界変化の波を音源として出力する。このように生成された正弦波を基音または倍音として、パイプオルガンと同様にミックスして音を作り出す。 機種や演奏環境によって若干の差異はあるが、空気感に富む明朗な音色が特徴である。複雑な発音方式から生じる深みのあるサウンドを利して、ジャズやロックなど比較的近代的な音楽に導入している例も少なからず見受けられる。.

新しい!!: キーボード (楽器)とハモンドオルガン · 続きを見る »

バンド (音楽)

バンド(band)または楽団(がくだん)は、楽曲を演奏する集団のこと。.

新しい!!: キーボード (楽器)とバンド (音楽) · 続きを見る »

バックバンド

バックバンドは、主にソロ歌手や、小編成のユニットの後ろで生演奏をする音楽バンドのこと。バッキングバンド、サポートミュージシャン。.

新しい!!: キーボード (楽器)とバックバンド · 続きを見る »

ポール・ギルバート

ポール・ギルバート(Paul Gilbert、本名はPaul Brandon Gilbert 1966年11月6日 - )はアメリカのギタリスト、ミュージシャン、作曲家。.

新しい!!: キーボード (楽器)とポール・ギルバート · 続きを見る »

ポピュラー音楽

ポピュラー音楽(ポピュラーおんがく、popular music ポピュラー・ミュージック)とは、広く人々の好みに訴えかける音楽のことであるOxford Dictionaries.

新しい!!: キーボード (楽器)とポピュラー音楽 · 続きを見る »

ヤマハ

本社(2006年11月25日撮影) 別角度から ヤマハ株式会社()は、楽器・半導体・音響機器(オーディオ・ビジュアル)・スポーツ用品・自動車部品製造発売を手がける日本のメーカーであり、日経平均株価の構成銘柄の一つ。 1969年にピアノ生産台数で世界一となり、販売額ベースで現在でも世界首位のほか、ハーモニカやリコーダー、ピアニカといった学校教材用楽器からエレクトリックギターやドラム、ヴァイオリン、チェロ、トランペット、サクソフォーンなど100種類以上もの多岐に渡る楽器を生産するなど、世界最大の総合楽器メーカーであると同時に業界の盟主でもある。大手二輪メーカーであるヤマハ発動機は二輪製造部門が独立して設立されたものである。.

新しい!!: キーボード (楽器)とヤマハ · 続きを見る »

レーサーX

レーサーX(Racer X)は、アメリカ・カリフォルニア州・ロサンゼルスで結成されたヘヴィメタルバンド。バンドを率いるポール・ギルバートをはじめ、メンバー全員がテクニカルな演奏をする事が特徴である。.

新しい!!: キーボード (楽器)とレーサーX · 続きを見る »

ローランド

ーランド株式会社()は、日本の大手電子楽器メーカー。自らが創業したエース電子工業を退社した梯郁太郎が、1972年(昭和47年)に大阪市で創業。長らく、本社・広報機能を大阪に、製造・研究開発拠点を静岡県浜松市に置いていたが、2005年(平成17年)に、本社を浜松に移転した。.

新しい!!: キーボード (楽器)とローランド · 続きを見る »

ロック (音楽)

音楽ジャンルとしてのロック、ないし、ロック・ミュージック、ロック音楽(ロックおんがく、rock music)は、1950年代にアメリカ合衆国におけるロックンロールを起源とし、1960年代以降、特にイギリスやアメリカ合衆国で、幅広く多様な様式へと展開したポピュラー音楽のジャンルであるP.

新しい!!: キーボード (楽器)とロック (音楽) · 続きを見る »

ピアノ

ピアノは、弦をハンマーで叩くことで発音する鍵盤楽器の一種である。鍵を押すと、鍵に連動したハンマーが対応する弦を叩き、音が出る。また、内部機構の面からは打楽器と弦楽器の特徴も併せ持った打弦楽器に分類される。 一般に据え付けて用いる大型の楽器で、現代の標準的なピアノは88鍵を備え、音域が非常に広く、オーケストラの全音域よりも広いフランツ・リストの『ハンガリー狂詩曲』やビゼーの『子供の遊び』、モーリス・ラヴェルのほとんどの作品にみられるように、多くのオーケストラの作品はピアノ曲の編曲である。Samuel Adler, The Study of Orchestration (Third Edition, NORTON, 2002) p.666-667.

新しい!!: キーボード (楽器)とピアノ · 続きを見る »

ピアニスト

youtube ピアニスト (pianist) またはピアノ奏者(ピアノそうしゃ)は、広義にはピアノの演奏を行う人のこと、狭義には、職業的なピアノ奏者のこと(日本で多く見られる用法)。本記事では狭義、広義のピアニストの両方を解説する。なお、ピアノで伴奏を行う人(伴奏者)のことを、アカンパニスト (accompanist) と呼ぶ場合がある。.

新しい!!: キーボード (楽器)とピアニスト · 続きを見る »

テスコ

テ.

新しい!!: キーボード (楽器)とテスコ · 続きを見る »

ドラムセット

ドラムセットは、大小様々なドラムやシンバル等の打楽器を一人の奏者が演奏可能な配置にまとめたもの。特定の楽器の名称では無く概念である。通常椅子に腰掛けて演奏する。主にポピュラー音楽で使用される。ドラムキット、ドラムス、ドラムセットの楽器パートや演奏者(ドラマー)を表す言葉としてドラムスとも呼ぶ。略称はDr.、Ds.またはDrums.。 ドラムセットに組み込まれる打楽器類の種類や数は、奏者の好み・音楽的方向性・経済的事情等により多種多様である。ドラムセット(ドラムの組み合わせ)と言う名称であるが、シンバルなどのドラムで無い打楽器がセットの中に組み込まれている。.

新しい!!: キーボード (楽器)とドラムセット · 続きを見る »

オルガン

ルガン (organ) は、加圧した空気を鍵盤で選択したパイプに送ることで発音する鍵盤楽器であり、パイプオルガンとも呼ばれる。パイプオルガンに準じた鍵盤楽器である、リードオルガンや電子オルガンもオルガンの名で呼ばれる。.

新しい!!: キーボード (楽器)とオルガン · 続きを見る »

オルガニスト

ルガニスト(organist)とは、オルガンの演奏家のことを言う。クラシック音楽の場合には主にパイプオルガンを対象とし、ポピュラー音楽の場合は電子オルガンを対象とする。ここでは多様性確保のため、ロックやソウル、ジャズなどのポピュラー音楽・大衆音楽と、芸術音楽の双方のオルガニストについて記述する。.

新しい!!: キーボード (楽器)とオルガニスト · 続きを見る »

カシオトーン

トーン(Casiotone )は、カシオ計算機株式会社が製造・販売している電子楽器(キーボード)の総称である。最初に発売された製品は1980年1月の「カシオトーンCT-201」であった。現在では、公式にはこの呼称ではなくなってはいるものの、カシオの電子キーボード全体もしくは自動伴奏機能「カシオコード」を搭載したキーボードを指す言葉として一部で使われている。.

新しい!!: キーボード (楽器)とカシオトーン · 続きを見る »

カシオ計算機

計算機株式会社(カシオけいさんき、CASIO COMPUTER CO., LTD.)は、電卓、電子辞書、電子楽器、時計、デジタルカメラなどを扱う日本の電機メーカー。本社所在地は東京都渋谷区本町1-6-2。東証第1部上場(証券コード6952)。通称カシオ(CASIO)。.

新しい!!: キーボード (楽器)とカシオ計算機 · 続きを見る »

キーボーディスト

ーボーディスト(keyboardist)は、ピアノ、オルガン、シンセサイザーなどのキーボード(鍵盤楽器)を演奏するミュージシャン。キーボード奏者、キーボードプレイヤーともいう。メロトロンやクラビネットの演奏をするプレイヤーもいる。 バンド編成のグループに於いて、キーボーディストがいた場合、非常に充実した豊かなサウンドあるいは楽曲そのものに対し包摂的な彩りを加えることができるため、ギター、ベース、ドラムに続いて、非常に重要度の高い役割を持つパートである。.

新しい!!: キーボード (楽器)とキーボーディスト · 続きを見る »

ギタリスト

タリスト(Guitarist)は、ギター演奏者の通称。ギタープレイヤーとも称される。.

新しい!!: キーボード (楽器)とギタリスト · 続きを見る »

クラシック

ラシック (classic) は、「階級」を表すラテン語「class(クラス)」に由来し、「最高クラスの」=「一流の」という意味であるが、ここから転じて「古典」、「格式のある」の意でも用いられる。文学、音楽などの芸術作品や服装、行事に対して用いられる。ここから、各分野において、歴史的に長く、評価の定まった物事を指して、単に「クラシック」と呼ぶ場合がある。.

新しい!!: キーボード (楽器)とクラシック · 続きを見る »

コルグ

株式会社コルグ(英文社名KORG INC. )はシンセサイザーやデジタルピアノなど電子楽器を製造、販売しているメーカー。本社所在地は東京都稲城市矢野口4015-2(京王よみうりランド駅前)。アンプメーカーVOXをはじめ、海外の楽器/音響機器メーカー数社(Paul Reed Smith、Warwick、Moog、ARTURIA、ALLEN & HEATH(英語版) 他)の日本正規輸入代理店でもある。.

新しい!!: キーボード (楽器)とコルグ · 続きを見る »

シンセサイザー

ミニモーグ」 シンセサイザー(synthesizer)は、一般的には主に電子工学的手法により楽音等を合成(synthesize:シンセサイズ)する楽器「ミュージック・シンセサイザー」の総称。電子楽器、音源と呼ばれることもある。.

新しい!!: キーボード (楽器)とシンセサイザー · 続きを見る »

サンプリング

音楽におけるサンプリング(sampling)は、過去の曲や音源の一部を引用し、再構築して新たな楽曲を製作する音楽製作法・表現技法のこと。または楽器音や自然界の音をサンプラーで録音し、楽曲の中に組み入れることである。 サンプリングは元々、ミュジーク・コンクレートとで作業している実験音楽のミュージシャンによって開発されたもので、やレコードを物理的に操作して蓄音機で演奏されていた。1960年代後半までに、テープ・ループ・サンプリングの使用は、ミニマル・ミュージックの発展とサイケデリック・ロックとジャズ・フュージョンのプロデュースに影響を与えた。 ヒップホップ・ミュージックは、2つのターンテーブルとミキシング・コンソールでレコードを操作することを実験した1970年代のDJらから生まれた、サンプリング技術に基づいた最初のポピュラー音楽ジャンルである。1970年代半ばから1980年代初頭の電子音楽とディスコの登場、1980年代のエレクトロニック・ダンス・ミュージックとインダストリアルの発展、1980年代以降のコンテンポラリー・R&Bからインディー・ロックまでのヒップホップの世界的影響である。歴史的には、サンプリングはハードウェアの特殊な部分であるサンプラーで行われていたが、今日ではソフトウェアが一般的に使用されている。しかし、も使用でき、の人々は伝統的な方法でサンプリングを続けている。近代的なデジタル制作方法にサンプリングルーツを組み込むことで、クラシック音楽、ジャズ、様々なフォークソングなど、サンプリングの発明に先立つジャンルだけでなく、多くのポピュラー音楽にサンプリングが導入されるようになった。 多くの場合、「サンプル」は、歌の一部、例えばリズム・によって構成され、それは別の歌のビートを作るのに用いられる。例えば、DJから開発されたヒップホップ・ミュージックは、ブレイクをループする。1960年代後半のソウルとファンクのレコーディングソング「」とアーメンブレイクは、ダンス・ミュージックとヒップホップで使用されている最も一般的なサンプルの1つであり、ブレイクビーツのようないくつかのサブジャンル全体は、主にこれらのサンプルの複雑な並び替えに基づいている。ロック・レコーディングのサンプルも新しい曲の基礎になった。例えば、レッド・ツェッペリンの「レヴィー・ブレイク」のドラムサウンドは、ビースティ・ボーイズ、ドクター・ドレー、エミネム、マイク・オールドフィールド、、、デペッシュ・モード、イレイジャーなどのアーティストによってサンプリングされた。サンプルは、映画、テレビ番組、広告など非音楽メディアで話された単語やフレーズで構成することも可能である。 サンプリングは、既存の録音の使用を必ずしも意味するものではない。多くの作曲家やミュージシャンが、自分で作ったフィールドレコーディングをサンプリングして作品や曲を作ったり、オリジナルのレコーディングをサンプリングするアーティストもいる。例えば、トリップ・ホップバンドのポーティスヘッドは、既存のサンプルを使用しているだけでなく、曲を作る為に元々演奏していた音楽部分をしたり、操作したり、サンプリングしたりしている。 サンプリングの使用は法的にも音楽的にも議論の余地がある。1940年代から1960年代に技術を開発した実験音楽のミュージシャンは、サンプルから楽曲を製作する前に、フィールドレコーディングの被験者や著作権所有者に知らせなかった、または、認可を取らないことがあった。ヒップホップが地元のダンスパーティに限られた1970年代には、関係者に対して録音された音楽をサンプリングするための著作権の手続きをする必要がなかった。ジャンルが1980年のラップを中心としたレコーディングになり、それが主流になると、法的手続きを取る必要が生じた。それは最も成功したDJ以外のDJ、音楽プロデューサー、ラッパーにとっては困難なことだった。その結果、多数のレコーディングアーティストが非認定のサンプル使用で法的問題に直面した一方で、現在のアメリカ合衆国の著作権法の制限や創造性への彼らの世界的な影響も厳しく監視されるようになった。 法的問題の他にも、サンプリングは賛否両論の評価を受けている。今日のヒップホップDJはサンプリングの方法が異なる。いくつかの批評家、特にと見なされる人は、全てのサンプリングが創造性に欠けているとの信念を表明しているが、サンプリングは革新的で革命的な技術である。サンプリングされた作品について、サンプリングの有無に関わらず、その実行に関する幅広い意見が見られる。.

新しい!!: キーボード (楽器)とサンプリング · 続きを見る »

編曲

編曲(へんきょく、)は、既存の楽曲において主旋律をそのままに、それ以外の部分に手を加えて、楽曲に幅を持たせる作業の事である。主旋律に手を加える場合は、変奏と呼ぶ。英語表記では「arrangement」「transcription」の2つが用いられるが、「arrangement」の場合は主に、演奏(あるいは音源化)の際に、本来の楽曲のイメージとは異なるイメージを喚起させる目的による改題、編曲を指す。 編曲の作業は往々にして技術的なものだが、編曲者(アレンジャー)の創造的な試みが許されている場であり、時には意外な曲のリバイバルにつながることがある。『展覧会の絵』などはその一例である。 一般的に、本格的な編曲には複数の楽器のオーケストレーションが出来なければならず、楽器の音色と音楽理論に関する高度な知識が必要であるとされる。.

新しい!!: キーボード (楽器)と編曲 · 続きを見る »

音色

音色(おんしょく、ねいろ、timbre)とは、音の質を表現するために用いられる用語である。音高や音圧が同じであっても音色の異なる音は異なる聞こえ方をする。.

新しい!!: キーボード (楽器)と音色 · 続きを見る »

鍵盤

鍵盤(けんばん)- 英語の"key board"の訳として生まれた漢語。.

新しい!!: キーボード (楽器)と鍵盤 · 続きを見る »

鍵盤 (楽器)

鍵盤(けんばん)は、楽器の演奏機構の一つ。特定の音高に関連付けられる操作媒体である鍵を並べたものである。鍵盤楽器の操作部。.

新しい!!: キーボード (楽器)と鍵盤 (楽器) · 続きを見る »

鍵盤ハーモニカ

鍵盤ハーモニカ(けんばんハーモニカ)は、楽器の一種。ハーモニカと同じく金属のフリーリードを呼気で鳴らす鍵盤楽器である。ピアノのような鍵盤が並んでいるが、ハーモニカの一種である。 鍵盤と連動したバルブの開閉によって、特定のリードを確実に演奏することが出来るが、ハーモニカと違い吸気で鳴らすことは出来ない。「ピアニカ」「メロディオン」などはメーカーの商標名であるが、通称として一般的に普及している。略して「ケンハモ」「鍵ハモ」「鍵ハ」などと称する場合もある。.

新しい!!: キーボード (楽器)と鍵盤ハーモニカ · 続きを見る »

鍵盤楽器

鍵盤楽器(けんばんがっき)は、鍵盤を操作することによって演奏する楽器の総称である。オルガン、チェンバロ、ピアノなどが代表的な鍵盤楽器である。1980年代以降はシンセサイザーなど電子楽器としての鍵盤楽器も一般的になっている。.

新しい!!: キーボード (楽器)と鍵盤楽器 · 続きを見る »

電子オルガン

電子オルガン(でんしオルガン、英語:electronic organ)は、電子楽器の一種。鍵盤を操作し、電子回路から発生する信号でスピーカーを鳴らして演奏する。その開発のアイデアの原点は、パイプオルガン、シアターオルガンに由来している。電子オルガンは、コンボタイプ、チャーチモデル、ホームオルガンなど演奏される音楽や用途によって分類されている。電子楽器として一段型のシンセサイザーやポータブルキーボード、電子ピアノへの需要が高まる現在でも、多段鍵盤を持ちペダル鍵盤を有する電子オルガンは、ニーズがあり楽器としての一定の評価を得ている。熱心な愛好家も少なからず存在している。.

新しい!!: キーボード (楽器)と電子オルガン · 続きを見る »

Technics

Technics(テクニクス)は、パナソニック株式会社(旧・松下電器産業株式会社)の音響機器向けブランド、および登録商標。1965年発売のスピーカー「SB-1204」のペットネーム「Technics 1」で初めて用いられた。2010年に主力製品だったTechnics SL-1200Mk6が販売終了となり、一部のアクセサリを除きブランドとして一旦終息したが、2014年度より欧州および日本において再展開されている。1980年代以降はレコードプレイヤーのTechnics SL-1200シリーズが、クラブDJ用機材としてデファクトスタンダードとなっていた。.

新しい!!: キーボード (楽器)とTechnics · 続きを見る »

演奏

演奏(えんそう)とは、音楽行為の中で音を出す行為をいう。なお、「奏」の漢字を含んでいるが、演奏には楽器を奏でるばかりでなく、歌を歌う行為も含まれる。.

新しい!!: キーボード (楽器)と演奏 · 続きを見る »

演奏会

津軽三味線の演奏会 演奏会(えんそうかい、concert コンサート、recital リサイタル)とは、専ら音楽そのものを聞きにくる聴衆をターゲットとして音楽を演奏するイベント。ポピュラー音楽においては専ら、ライブあるいはライヴ (LIVE) とも呼ばれている。生演奏でなくても、「フィルムコンサート」「ビデオコンサート」というように使われる場合もある。 音楽の演奏を含む物であっても、オペラ、バレエ、ミュージカル等のように、演劇や踊りの付属物、伴奏としての性格が強い場合や、パーティなどで、余興、BGMとして演奏される場合は、演奏会とはみなさない場合が多い。.

新しい!!: キーボード (楽器)と演奏会 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

Keyboards電子キーボード

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »