ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

キャラジ

索引 キャラジ

ャラジは、イランアルボルズ州の州都である。カラジとも表記する。テヘランの西20kmに位置し、アルボルズ山脈の麓にある。人口は、1,967,005人(2011年調査)、テヘラン、マシュハド、エスファハーンに続いて、イラン国内4番目である。 キャラジは、旅行の魅力と一緒に、学問と教育の複合体としてとても有名である。.

9 関係: マシュハドテヘランアルボルズ山脈アルボルズ州イランイランの州エスファハーンケッペンの気候区分ステップ気候

マシュハド

マシュハド(مشهد; Mashhad)はイラン第二の都市でシーア派の聖廟都市のひとつ。テヘランの東、約850kmに位置し、ラザヴィー・ホラーサーン州の州都である。2006年現在の人口は約250万人。日本語ではマシャド、マシュッハド、メシェド、メシェッド、マスハッド、マシュハッドなどと表記されるがいずれも著しい転訛。.

新しい!!: キャラジとマシュハド · 続きを見る »

テヘラン

テヘラン(ペルシア語: تهران; Tehrān 、英語:Tehran)は、西アジア、イランの首都で同国最大の都市でありかつテヘラン州の州都。人口12,223,598人。2016年の都市圏人口は1,367万人であり、世界有数の大都市圏を形成している。 テヘランはイランの文化的中心でもあり、多数の博物館、美術館、宮殿、文化センター、高等教育機関を擁する。宗教的中心でもあり、イスラム教のモスクのみならず、キリスト教の教会やユダヤ教のシナゴーグも各所にみられる。住民の大多数はシーア派イスラム教徒。20世紀から21世紀にかけて、イラン各地から大量の人口流入があり人口が急増した。 テヘランの住民は、ペルシア人が大多数を占めているMohammad Jalal Abbasi-Shavazi, Peter McDonald, Meimanat Hosseini-Chavoshi, "The Fertility Transition in Iran: Revolution and Reproduction", Springer, 2009.

新しい!!: キャラジとテヘラン · 続きを見る »

アルボルズ山脈

テヘランから見えるアルボルズ山脈 アルボルズ山脈(Alburz Mountains、ペルシャ語でReshteh-Kūhhā-ye Alborz,رشته کوه‌های البرز)は、イラン北部のカスピ海を臨む山脈である。ヨーロッパ語経由でエルブルズなどと転訛して表記することもある。最高峰はダマーヴァンド山(Mt.

新しい!!: キャラジとアルボルズ山脈 · 続きを見る »

アルボルズ州

アルボルズ州(ペルシア語: استان البرز Ostān-e Alborz)はイランの州(オスターン)。イラン北部にあって州都はキャラジ。面積5,833km²、人口は2006年調査で約220万人。アルボルズ州はキャラジ、サーヴォジボラーグ、ターレガーン、ナザラーバードの各郡(シャフレスターン)を擁する。.

新しい!!: キャラジとアルボルズ州 · 続きを見る »

イラン

イラン・イスラム共和国(イラン・イスラムきょうわこく、جمهوری اسلامی ایران)、通称イランは、西アジア・中東のイスラム共和制国家。ペルシア、ペルシャともいう。北にアゼルバイジャン、アルメニア、トルクメニスタン、東にパキスタン、アフガニスタン、西にトルコ、イラクと境を接する。また、ペルシア湾をはさんでクウェート、サウジアラビア、バーレーン、カタール、アラブ首長国連邦に面する。首都はテヘラン。 1979年のルーホッラー・ホメイニー師によるイラン・イスラーム革命により、宗教上の最高指導者が国の最高権力を持つイスラム共和制を樹立しており、シーア派イスラームが国教である。世界有数の石油の産出地でもある。.

新しい!!: キャラジとイラン · 続きを見る »

イランの州

イラン・イスラーム共和国は31の州(ペルシア語: استان Ostān オスターン)から構成される。.

新しい!!: キャラジとイランの州 · 続きを見る »

エスファハーン

ファハーン(اصفهان; Eṣfahān) は、イランの都市。エスファハーン州の州都。テヘランの南約340kmに位置する『西アジア』、108頁。日本語では、慣例的にイスファハン、イスファハーンとも表記される。 古くからの政治・文化・交通の拠点であり蒲生「イスパハーン」『アジア歴史事典』1巻、168頁、16世紀末にサファヴィー朝の首都に定められ発展した。当時の繁栄は「エスファハーンは世界の半分(Esfahān nesf-e jahān ast、エスファハーン・ネスフェ・ジャハーン)」と賞賛され20世紀のイランの作家サーデグ・ヘダーヤトは、1932年に同名の紀行文『エスファハーンは世界の半分』を発表した。(『事典 イスラームの都市性』、59頁)、この街を訪れたヨーロッパの商人も繁栄の記録を残している。イラン人にとってエスファハーンは歴史的・文化的に重要な町であり、町の美しさは「イランの真珠」と例えられる。 町は16世紀以前に建設された旧市街と、サファヴィー朝の王アッバース1世が建設した新市街で構成される。有名なイマーム・モスク(王のモスク1979年のイラン革命でパフラヴィー朝が崩壊した後、王(シャー)という言葉の使用が禁止されたため、王のモスクはイマーム・モスク、王の広場はイマーム広場に改称された。(宮田『物語イランの歴史 誇り高きペルシアの系譜』、83-84頁))などがある新市街のイマーム広場(王の広場)は、ユネスコにより世界遺産に登録されている。 町の住人は出費に厳しい「倹約家」「吝嗇家」として良くも悪くも有名であり、他の地域の人間からは敬遠されることがある『西アジア』、111頁。イランでは「エスファハーンはいいところだ。エスファハーン人さえいなければ」という住民を揶揄する言葉も知られている上岡『イラン』、291-293頁。また、エスファハーンの人間は訛りが強いことでも知られ、言葉を聞いただけで容易に出身地が判別できるほどだと言われる。.

新しい!!: キャラジとエスファハーン · 続きを見る »

ケッペンの気候区分

ッペンの気候区分(ケッペンのきこうくぶん、)は、ドイツの気候学者ウラジミール・ペーター・ケッペンが、植生分布に注目して考案した気候区分である。.

新しい!!: キャラジとケッペンの気候区分 · 続きを見る »

ステップ気候

テップ気候(ステップきこう)とはケッペンの気候区分における気候区のひとつで、乾燥帯に属する。記号はBSで、BShとBSkに分かれる。BSのSはドイツ語のSteppe(ステップ)に由来する。 アリソフの気候区分では気候帯4-1.亜熱帯大陸性気候に相当する。.

新しい!!: キャラジとステップ気候 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »