ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

キツツキ科

索引 キツツキ科

ツツキ科(きつつきか、)は、鳥綱キツツキ目の科である。キツツキ(啄木鳥)あるいは古語でケラ(啄木鳥)と呼ばれる。.

42 関係: 南アメリカ大陸古語姉妹群平凡社北アメリカ大陸ミユビゲラミツオシエ科ノグチゲラハシボソキツツキユーラシアヨーロッパアオゲラフィリピンアリツカゲラアリスイアカゲラインドネシアイギリスオオハシ下目キューバキリハシ亜目キツツキ亜目キツツキ科キツツキ目クマゲラシルスイキツツキスリランカズアカキツツキサイエンス国際鳥類学会議草原講談社鳥類趾 (鳥類)黒田長久雑食果実森林昆虫日本1986年2000年2001年

南アメリカ大陸

南アメリカ大陸(みなみアメリカたいりく)は、アメリカ大陸のうち、パナマ地峡より南側の部分である。東は大西洋、西は太平洋に面していて、北は北アメリカ大陸とパナマ地峡で接する。南米大陸(なんべいたいりく)とも呼ばれる。 ゴンドワナ大陸が分裂して生成した。 約3000万年前に南極大陸と分離してから、約200万年前にパナマ地峡ができるまで、孤立大陸であったため、独特の動植物が進化し、固有種が多い。また、ギアナ高地やアマゾンなどの熱帯雨林も、種の多様性に大きく貢献している。 生物地理区的には、中央アメリカ南部とともに新熱帯区に区分される。.

新しい!!: キツツキ科と南アメリカ大陸 · 続きを見る »

古語

古語(こご)は、言語自体が変化した結果、廃れた言語。以下のようなものがある。.

新しい!!: キツツキ科と古語 · 続きを見る »

姉妹群

姉妹群(しまいぐん、sister group or sister taxon)とは、系統樹において注目するクレードにもっとも近縁なクレードである 。説明のため、下の分岐図で考えてみる。 Aの姉妹群はBである。逆にBの姉妹群はAである。AとB(および両者の最も近い共通祖先)を合わせたクレードABの姉妹群はCである。クレードABC全体は、それ自体がより大きな系統樹において有根化されており、より外の分類群が姉妹群になる。標準的な分岐学では、A、B、Cは、個体、種、高次分類群などすべて可能である。種の場合は、姉妹群は姉妹種(sister species)と呼ばれる。 姉妹群という語は系統解析で用いられ、解析で認識されるグループのみが姉妹群として扱われる。その例が鳥である。鳥の姉妹群はふつうはワニとされるが、これは現生の分類群のみを対象とした場合の話である 。鳥の系統樹は恐竜に根づかせられ、遡ってワニと鳥の最も近い共通祖先に至るまでいくつもの絶滅種が分岐している よって姉妹群という用語は相対的なもので、解析に用いるグループ、種のみの中で、最も近いもの、ということに注意しなければならない。.

新しい!!: キツツキ科と姉妹群 · 続きを見る »

平凡社

株式会社平凡社(へいぼんしゃ)は、日本の出版社。百科事典の出版社として有名で、多様な一般書のほか岩波書店、筑摩書房と並んで学術・教養性の強い出版物を多く刊行する。現在も継続刊行中の東洋文庫(1963年創刊)、『別冊 太陽』(1972年創刊)などは歴史が古い。社名の「平」の字は、厳密には二つの点が末広がりになった旧字体「」を用いる(大正末期創業のため)。.

新しい!!: キツツキ科と平凡社 · 続きを見る »

北アメリカ大陸

北アメリカ大陸(きたアメリカたいりく、North American continent)、通称北米大陸(ほくべいたいりく)は、現在においては南北アメリカ大陸のうち、パナマ地峡より北側の部分のこと。かつてはローラシア大陸から分かれ、ゴンドワナ大陸から分かれた南アメリカ大陸とは別々に存在していた大陸であった。面積は約2400万平方キロメートルである。.

新しい!!: キツツキ科と北アメリカ大陸 · 続きを見る »

ミユビゲラ

ミユビゲラ(三趾啄木鳥、学名:Picoides tridactylus) は、キツツキ目キツツキ科に分類される鳥類の一種。キツツキの一種。.

新しい!!: キツツキ科とミユビゲラ · 続きを見る »

ミツオシエ科

ミツオシエ科(-か、Indicatoridae)は、鳥綱キツツキ目に属する科。模式属はミツオシエ属。.

新しい!!: キツツキ科とミツオシエ科 · 続きを見る »

ノグチゲラ

ノグチゲラ(野口啄木鳥安部直哉 『山溪名前図鑑 野鳥の名前』、山と溪谷社、2008年、113頁。、Sapheopipo noguchii)は、鳥綱キツツキ科ノグチゲラ属に分類される鳥類。本種のみでノグチゲラ属を構成する。.

新しい!!: キツツキ科とノグチゲラ · 続きを見る »

ハシボソキツツキ

ハシボソキツツキ(学名:Colaptes auratus)は、キツツキ目キツツキ科に分類される鳥類の一種。 中型のキツツキ。.

新しい!!: キツツキ科とハシボソキツツキ · 続きを見る »

ユーラシア

ユーラシア (Eurasia) は、ヨーロッパとアジアを合わせた領域を示す造語である。Eurasia は Europe(あるいはEuropa) と Asia からのかばん語である。.

新しい!!: キツツキ科とユーラシア · 続きを見る »

ヨーロッパアオゲラ

ヨーロッパアオゲラ(学名:Picus viridis、英名:Eurasian Green Woodpecker)は、キツツキ目キツツキ科に分類される鳥類の一種。.

新しい!!: キツツキ科とヨーロッパアオゲラ · 続きを見る »

フィリピン

フィリピン共和国(フィリピンきょうわこく、Republika ng Pilipinas、Republic of the Philippines、) 通称フィリピンは、東南アジアに位置する共和制国家である。島国であり、フィリピン海を挟んで日本とパラオ、ルソン海峡を挟んで台湾、スールー海を挟んでマレーシア、セレベス海を挟んでインドネシア、南シナ海を挟んで中国およびベトナムと対する。フィリピンの東にはフィリピン海、西には南シナ海、南にはセレベス海が広がる。首都はマニラで、最大の都市はケソンである。国名のフィリピンは16世紀のスペイン皇太子フェリペからちなんでいる。.

新しい!!: キツツキ科とフィリピン · 続きを見る »

アリツカゲラ

アリツカゲラ(蟻塚啄木鳥 学名:Colaptes campestris)は、鳥綱キツツキ目キツツキ科に分類される鳥類。.

新しい!!: キツツキ科とアリツカゲラ · 続きを見る »

アリスイ

アリスイ(蟻吸、Jynx torquilla)は、キツツキ科アリスイ属に分類される鳥類。アリスイ属の模式種。.

新しい!!: キツツキ科とアリスイ · 続きを見る »

アカゲラ

アカゲラ (赤啄木鳥、Dendrocopos major)は、キツツキ目キツツキ科アカゲラ属に分類される鳥類。.

新しい!!: キツツキ科とアカゲラ · 続きを見る »

インドネシア

インドネシア共和国(インドネシアきょうわこく、)、通称インドネシアは、東南アジア南部に位置する共和制国家。首都はジャワ島に位置するジャカルタ。 5,110kmと東西に非常に長く、また世界最多の島嶼を抱える島国である。赤道にまたがる1万3,466もの大小の島により構成される。人口は2億3,000万人を超える世界第4位の規模であり、また世界最大のムスリム人口を有する国家としても知られる。 島々によって構成されている国家であるため、その広大な領域に対して陸上の国境線で面しているのは、ティモール島における東ティモール、カリマンタン島(ボルネオ島)におけるマレーシア、ニューギニア島におけるパプアニューギニアの3国だけである。 海を隔てて近接している国家は、パラオ、インド(アンダマン・ニコバル諸島)、フィリピン、シンガポール、オーストラリアである。 ASEANの盟主とされ、ASEAN本部が首都ジャカルタにある。そのため、2009年以降、アメリカ、中国など50か国あまりのASEAN大使が、ジャカルタに常駐。日本も、2011年(平成23年)5月26日、ジャカルタにASEAN日本政府代表部を開設し、大使を常駐させている。.

新しい!!: キツツキ科とインドネシア · 続きを見る »

イギリス

レートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称の一例としてイギリス、あるいは英国(えいこく)は、ヨーロッパ大陸の北西岸に位置するグレートブリテン島・アイルランド島北東部・その他多くの島々から成る同君連合型の主権国家である。イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されている。 また、イギリスの擬人化にジョン・ブル、ブリタニアがある。.

新しい!!: キツツキ科とイギリス · 続きを見る »

オオハシ下目

ハシ下目(おおはしかもく、学名 )は、鳥類キツツキ目の下目である。ゴシキドリ類 (Barbets)* とオオハシ類 が含まれる。 キツツキ下目 と姉妹群で、合わせてキツツキ亜目を構成する。 オオハシ下目は5科からなる。うちオオハシ類はオオハシ科のみで、残りの4科はゴシキドリ類である。ゴシキドリ科とオオハシゴシキドリ科(およびオオハシ科)は中南米、ハバシゴシキドリ科はアフリカ、オオゴシキドリ科は熱帯アジアに生息する。ゴシキドリ類はオオハシ類を内包する側系統である。 かつてはこれらはオオハシ科とゴシキドリ科に分けられ、合わせてオオハシ上科 (またはゴシキドリ上科 )とされてきた。しかし1980年代にゴシキドリ科の一部がオオゴシキドリ科・ハバシゴシキドリ科に分離されオオハシ上科からも外され、それらの上にオオハシ下目が設けられた(初期はオオハシ小目 とも)。さらに2000年代にゴシキドリ科からオオハシゴシキドリ科が分離され、5科となった。 ここでのオオハシ上科全体をオオハシ科(またはゴシキドリ科)とし、オオハシ下目全体で3科とする説もある。しかし、オオハシ類とゴシキドリ類の形態上の顕著な相違点から、これらが区別できるよう5科に分けることが多い。.

新しい!!: キツツキ科とオオハシ下目 · 続きを見る »

キューバ

ューバ共和国(キューバきょうわこく、República de Cuba)、通称キューバは、カリブ海の大アンティル諸島(西インド諸島の一部)に位置する、ラテンアメリカの共和制国家である。首都はハバナ。 キューバ本島とその周辺の島嶼からなる島国。ウィンドワード海峡を隔てて東にはイスパニョーラ島のハイチとドミニカ共和国が、南には英領ケイマン諸島とジャマイカが存在する。西はユカタン海峡を挟んでメキシコのユカタン半島と、北はフロリダ海峡を隔てて北に145km先のアメリカ合衆国フロリダ州(フロリダ半島)と向かい合う。北東にはバハマや英領タークス・カイコス諸島が存在する。 フィリピンのルソン島ほどの面積を持つ島国で、地理的には北アメリカに含まれ、広義の中央アメリカにも含まれる。南北アメリカ大陸間、及びラテンアメリカとヨーロッパを結ぶ要路に位置している。アメリカ合衆国とは「アメリカ合衆国の裏庭」とも呼ばれるほど関りが深かったが、キューバ革命により、南北アメリカ大陸で初めて反米・親ソ連の社会主義政権が1959年に成立。その後は「カリブに浮かぶ赤い島」と形容されることもある。.

新しい!!: キツツキ科とキューバ · 続きを見る »

キリハシ亜目

リハシ目(きりはしもく、学名 )は、鳥類キツツキ目の亜目である。 中南米(新熱帯区)に分布する。.

新しい!!: キツツキ科とキリハシ亜目 · 続きを見る »

キツツキ亜目

ツツキ亜目(きつつきあもく、学名 )は、鳥類キツツキ目の亜目である。 南極・オーストラリア区以外の世界中に分布する。 5科377種 、日本に11種が生息する。.

新しい!!: キツツキ科とキツツキ亜目 · 続きを見る »

キツツキ科

ツツキ科(きつつきか、)は、鳥綱キツツキ目の科である。キツツキ(啄木鳥)あるいは古語でケラ(啄木鳥)と呼ばれる。.

新しい!!: キツツキ科とキツツキ科 · 続きを見る »

キツツキ目

ツツキ目(キツツキもく、学名 )は鳥類の目である。.

新しい!!: キツツキ科とキツツキ目 · 続きを見る »

クマゲラ

マゲラ (熊啄木鳥安部直哉 『山渓名前図鑑 野鳥の名前』、山と渓谷社、2008年、136頁。、Dryocopus martius)は、キツツキ目キツツキ科クマゲラ属に分類される鳥類。.

新しい!!: キツツキ科とクマゲラ · 続きを見る »

シルスイキツツキ

ルスイキツツキ(学名:Sphyrapicus varius)は、鳥類の一種。キツツキの仲間。新北区、新熱帯区に生息する。英名はYellow-bellied Sapsucker。.

新しい!!: キツツキ科とシルスイキツツキ · 続きを見る »

スリランカ

リランカ民主社会主義共和国(スリランカみんしゅしゃかいしゅぎきょうわこく)、通称スリランカは、南アジアのインド亜大陸の南東にポーク海峡を隔てて位置する共和制国家。首都はスリジャヤワルダナプラコッテ。 1948年2月4日、イギリスから自治領(英連邦王国)のセイロンとして独立。1972年にはスリランカ共和国に改称し、英連邦内の共和国となり、1978年から現在の国名となった。人口は約2120万(2016年)である。島国で、現在もこの国が占める主たる島をセイロン島と呼ぶ。国名をスリランカに改称したシリマヴォ・バンダラナイケは世界初の女性首相である。また、国民の7割が仏教徒(上座部仏教)である。.

新しい!!: キツツキ科とスリランカ · 続きを見る »

ズアカキツツキ

アカキツツキ(頭赤啄木鳥、学名:Melanerpes erythrocephalus)は、キツツキ目キツツキ科に分類される鳥類の一種である。.

新しい!!: キツツキ科とズアカキツツキ · 続きを見る »

サイエンス

『サイエンス』(Science)は、1880年に創刊され、現在アメリカ科学振興協会 (AAAS)によって発行されている学術雑誌である。.

新しい!!: キツツキ科とサイエンス · 続きを見る »

国際鳥類学会議

国際鳥類学会議(こくさいちょうるいがくかいぎ、International Ornithological Congress。)は、定期的に開催されている鳥類学者の国際的な研究集会である。主催者は国際鳥類学委員会。いずれもIOCと略される。「国際鳥学会議」とも訳される。なお、しばしば、「国際鳥学会」、「国際鳥類学会」等と言われることがあるが、定常的に会員を擁する「学会」(society)ではないので、これらの訳語は不適切である。 1884年に始まり、1926年からは(第二次世界大戦による1942年と1946年の休止を除き)4年ごとに開かれている。.

新しい!!: キツツキ科と国際鳥類学会議 · 続きを見る »

草原

草原(そうげん、くさはら)は、草に覆われ、木がまったくない、または、ほとんど存在しない大地である。.

新しい!!: キツツキ科と草原 · 続きを見る »

講談社

株式会社講談社(こうだんしゃ、英称:Kodansha Ltd.)は、日本の総合出版社。創業者の野間清治の一族が経営する同族企業。.

新しい!!: キツツキ科と講談社 · 続きを見る »

鳥類

鳥類(ちょうるい)とは、鳥綱(ちょうこう、Aves)すなわち脊椎動物亜門(脊椎動物)の一綱岩波生物学辞典 第4版、928頁。広辞苑 第五版、1751頁。に属する動物群の総称。日常語で鳥(とり)と呼ばれる動物である。 現生鳥類 (Modern birds) はくちばしを持つ卵生の脊椎動物であり、一般的には(つまり以下の項目は当てはまらない種や齢が現生する)体表が羽毛で覆われた恒温動物で、歯はなく、前肢が翼になって、飛翔のための適応が顕著であり、二足歩行を行う『鳥類学辞典』 (2004)、552-553頁。.

新しい!!: キツツキ科と鳥類 · 続きを見る »

趾 (鳥類)

三前趾足 Anisodactyl 、対趾足 Zygodactyl 、三趾足 Tridactyl 、二趾足 Didactyl 趾(あしゆび、Dactyly, toe)とは、鳥類特有の足のつま先に該当する部分である。 鳥類の趾では、第5趾が完全に退化しており、基本は4本の趾を持つ。 第1趾が後方を向く形が多く、これは木の枝を掴む際に好都合な形状をしている。この場合を三前趾足(さんぜんしそく)または正足(せいそく)と呼ぶ。 それぞれ第1趾(後趾)、第2趾(内趾)、第3趾(中趾)、第4趾(外趾)のように別称がある。 なお、ダチョウ目のエミューでは、第1趾が退化して三趾となっており、ダチョウではさらに第2趾が退化して二趾(第3趾、第4趾)となっている。 キジ類のうちのウコッケイは、例外的に趾が5本ある。.

新しい!!: キツツキ科と趾 (鳥類) · 続きを見る »

黒田長久

黒田 長久(くろだ ながひさ、1916年11月23日 - 2009年2月26日)は日本の鳥類学者、軍人、外務官僚。 侯爵で鳥類学者だった黒田長礼の長男。母は閑院宮載仁親王二女・茂子女王。妻は侯爵、海軍中将の醍醐忠重の娘、和子。黒田長政から数えて福岡黒田家15代目の当主である。今上天皇ははとこに当たる。同じ鳥類学者である山階芳麿は義理の従兄弟でもある。父と同じく日本鳥学会会長を務めた。.

新しい!!: キツツキ科と黒田長久 · 続きを見る »

雑食

雑食(ざっしょく)とは、人間又は動物が他の動物の肉、植物双方を食べることである。.

新しい!!: キツツキ科と雑食 · 続きを見る »

果実

果実(かじつ).

新しい!!: キツツキ科と果実 · 続きを見る »

森林

森林(しんりん)は、広範囲にわたって樹木が密集している場所である。集団としての樹木だけでなく、そこに存在するそれ以外の生物および土壌を含めた総体を指す。 樹木が密生している植物群落を樹林(じゅりん)という。高木からなる樹林を森林、高木林(こうぼくりん)、低木からなるものを低木林(ていぼくりん)という。 森林、高木林のうち、比較的小規模・低密度のものを林(はやし)、そうでないものを森(もり、杜)とも呼ぶが、明確な区別はない。なお日本語の「林(はやし)」は「生やし」を語源とし、「森(もり)」は「盛り」と同語源であるという。日本の農林水産省は、人工的なもの(人工林)を林、自然にできたもの(自然林)を森と定めているのは語源に沿ったものといえる。なお、林業分野ではむしろ人工林を指して森林と言うことが多い。また、これも科学的な用語ではないが、木の比較的まばらなものを疎林(そりん)、密集したものを密林(みつりん)という。広域にわたって樹木が繁茂し、高所から見ると海のように見える大きな森林を樹海(じゅかい)という。国際連合食糧農業機関(FAO)は、森林を「樹冠投影面積が10%以上であり、0.5ヘクタール以上の広さがあり、成木となると5m以上となる樹種の樹林であり、農地等森林以外の目的に使用されていない土地」と定義している。ただしこの定義の場合、低木林は森林に含まれないこととなる。.

新しい!!: キツツキ科と森林 · 続きを見る »

昆虫

昆虫(こんちゅう)は、節足動物門汎甲殻類六脚亜門昆虫綱(学名: )の総称である。昆虫類という言葉もあるが、多少意味が曖昧で、六脚類の意味で使うこともある。なお、かつては全ての六脚虫を昆虫綱に含めていたが、分類体系が見直され、現在はトビムシなど原始的な群のいくつかが除外されることが多い。この項ではこれらにも触れてある。 昆虫は、硬い外骨格をもった節足動物の中でも、特に陸上で進化したグループである。ほとんどの種は陸上で生活し、淡水中に棲息するものは若干、海中で棲息する種は例外的である。水中で生活する昆虫は水生昆虫(水棲昆虫)とよばれ、陸上で進化した祖先から二次的に水中生活に適応したものと考えられている。 世界の様々な気候、環境に適応しており、種多様性が非常に高い。現時点で昆虫綱全体で80万種以上が知られている。現在知られている生物種に限れば、半分以上は昆虫である。.

新しい!!: キツツキ科と昆虫 · 続きを見る »

日本

日本国(にっぽんこく、にほんこく、ひのもとのくに)、または日本(にっぽん、にほん、ひのもと)は、東アジアに位置する日本列島(北海道・本州・四国・九州の主要四島およびそれに付随する島々)及び、南西諸島・伊豆諸島・小笠原諸島などから成る島国広辞苑第5版。.

新しい!!: キツツキ科と日本 · 続きを見る »

1986年

この項目では、国際的な視点に基づいた1986年について記載する。.

新しい!!: キツツキ科と1986年 · 続きを見る »

2000年

400年ぶりの世紀末閏年(20世紀および2千年紀最後の年)である100で割り切れるが、400でも割り切れる年であるため、閏年のままとなる(グレゴリオ暦の規定による)。。Y2Kと表記されることもある(“Year 2000 ”の略。“2000”を“2K ”で表す)。また、ミレニアムとも呼ばれる。 この項目では、国際的な視点に基づいた2000年について記載する。.

新しい!!: キツツキ科と2000年 · 続きを見る »

2001年

また、21世紀および3千年紀における最初の年でもある。この項目では、国際的な視点に基づいた2001年について記載する。.

新しい!!: キツツキ科と2001年 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

アリスイ亜科キツツキ亜科

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »