ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ガソリン税

索引 ガソリン税

リン税(ガソリンぜい)とは、正式には「揮発油税及び地方揮発油税」をいう。現在1リットル当たり53.8円の税金が課され、そのうち25.1円が後述する暫定税率分。 いずれも、国税・間接税・目的税(地方揮発油税は「地方」という文字が入っているためか、地方税だと説明するサイトもあるが、これは誤りで正しくは国税である)。 歩みやその問題点については、「揮発油税」、「地方揮発油税」、「道路特定財源」を参考のこと。.

47 関係: 二重課税地方税地方揮発油税ガソリン国会ガソリン値下げ隊国税租税租税特別措置法第169回国会目的税道路特定財源制度衆議院衆議院の再議決軽油引取税自動車取得税自動車重量税揮発油税東日本大震災民主党 (日本 1998-2016)沖縄の復帰に伴う特別措置に関する法律沖縄県消費税本土10月1日11月30日12月1日1970年1972年1973年1974年1977年1993年2007年2008年2009年2010年2011年2012年2014年2015年2016年2018年3月31日4月27日5月14日5月15日5月1日

二重課税

二重課税(にじゅうかぜい)とは、一般的に一つの課税原因(税金が課されることとされている取引や事実関係)に関して同種の租税が2回以上課される状態をいう。.

新しい!!: ガソリン税と二重課税 · 続きを見る »

地方税

地方税(ちほうぜい)とは、地方における行政府が課税し、地方における行政府に対して納付する税金のこと。国家が課税し国家に対して納付する国税に対して言う。.

新しい!!: ガソリン税と地方税 · 続きを見る »

地方揮発油税

地方揮発油税(ちほうきはつゆぜい)は、ガソリンに課し地方自治体に財源を譲与することを目的とする税金であり(地方揮発油税法1条)、地方譲与税と呼ばれる税の内の一つ。国税、間接税の一つ。 ガソリンにかかるガソリン税は、揮発油税と地方揮発油税を合わせた名称である。.

新しい!!: ガソリン税と地方揮発油税 · 続きを見る »

ガソリン国会

リン国会(ガソリンこっかい)は、道路特定財源のためのガソリン税や自動車重量税の暫定税率に関する審議が行われた第169回国会の通称。.

新しい!!: ガソリン税とガソリン国会 · 続きを見る »

ガソリン値下げ隊

リン値下げ隊(ガソリンねさげたい)とは、2008年(平成20年)1月15日に、日本のガソリン税暫定税率廃止を目的に結成された、民主党の国会議員グループである。.

新しい!!: ガソリン税とガソリン値下げ隊 · 続きを見る »

国税

国税(こくぜい)とは、税の最終負担者が直接間接を問わず、納税義務者を通じて国庫に納付する税金のこと。国税は、中央税ともいわれ、地方税(都道府県税等)に対しては、中央税とも考えられる。 なお、日本政府の徴税担当部局である国税庁を指して国税と略称することがある。これに対し、徴税企画部局である主税局を指して主税と略する。.

新しい!!: ガソリン税と国税 · 続きを見る »

租税

租税(そぜい、税(ぜい)、tax)とは、国や地方公共団体(政府等)が、公共財や公共サービスの経費として、法令の定めに基づいて国民や住民に負担を求める金銭である。現代社会においてほとんどの国が物納や労働ではなく「お金(おかね、その国で使用されている通貨)」による納税方法を採用しており、日本では税金(ぜいきん)と呼ばれている。 税制(ぜいせい)とは、「租税制度」を指す用語であり、国家の運営に係る歳入歳出(財政)の根幹、また政治経済(経世済民)そのものである。商売や契約・取引等の行為及び所得や有形無形の財産などに対して税を賦課することを課税(かぜい)、課税された税を納めることを納税(のうぜい)、徴収することを徴税(ちょうぜい)、それらについての事務を税務(ぜいむ)という。政府の財政状況において租税徴収額を減額することを減税、逆に増額することを増税という。.

新しい!!: ガソリン税と租税 · 続きを見る »

租税特別措置法

租税特別措置法(そぜいとくべつそちほう、昭和32年3月31日法律第26号)は、国税に関する特例を定めた日本の法律である。租税特別措置法(昭和21年法律第15号)を全部改正して制定された。.

新しい!!: ガソリン税と租税特別措置法 · 続きを見る »

第169回国会

169回国会(だい169かいこっかい)は、2008年1月18日に召集された通常国会である。2008年1月15日に閉会した第168回国会からわずか3日の間に召集された。会期は、6月15日までの150日間が予定されていたが、6月21日まで延長された。.

新しい!!: ガソリン税と第169回国会 · 続きを見る »

目的税

(もくてきぜい)とは、その使途を特定して徴収される租税。特定財源とも。特別会計にて処理されることが多い。.

新しい!!: ガソリン税と目的税 · 続きを見る »

道路特定財源制度

道路特定財源制度(どうろとくていざいげんせいど)とは、自動車の利用者が道路の維持・整備費を負担する、受益者負担の原則に基づく、かつて存在した日本の目的税(特定財源)。2009年4月30日に「改正道路整備事業に係る国の財政上の特別措置に関する法律」が成立したことにより2008年度限りで廃止された(一般財源化された)。 なお分かりやすくするため記述の一部等を省略・概略化・言換え等している場合がある。.

新しい!!: ガソリン税と道路特定財源制度 · 続きを見る »

衆議院

衆議院(しゅうぎいん、House of Representatives)は、日本の立法府たる国会の議院の一つで、参議院とともにこれを構成する(日本国憲法第42条)。 1890年(明治23年)の大日本帝国憲法の施行に伴い帝国議会の一院として成立した議院であり、1947年(昭和22年)の日本国憲法の施行に伴って国会の一院として成立した。いずれも下院にあたる。.

新しい!!: ガソリン税と衆議院 · 続きを見る »

衆議院の再議決

衆議院の再議決(しゅうぎいんのさいぎけつ)とは、日本国憲法第59条第2項に規定されるいわゆる「衆議院の再可決」を目的として行われる、衆議院本会議での採決であり、対象は法律案に限られる。憲法のこの規定は、衆議院の優越規定の一つとされる。.

新しい!!: ガソリン税と衆議院の再議決 · 続きを見る »

軽油引取税

軽油引取税(けいゆひきとりぜい)は、日本の地方税法に定められた地方税・普通税のひとつ(地方税法第144条)。特約業者又は元売業者からの軽油の引取りのうち軽油の現実の納入を伴うものに対し課税する。なお、創設時は目的税であった。.

新しい!!: ガソリン税と軽油引取税 · 続きを見る »

自動車取得税

自動車取得税(じどうしゃしゅとくぜい)は、都道府県が、取得価額が50万円を超える自動車の取得に対し、その取得者に課す税金である(地方税法第113条-第143条、本法附則第12条の2の2)。.

新しい!!: ガソリン税と自動車取得税 · 続きを見る »

自動車重量税

自動車重量税(じどうしゃじゅうりょうぜい)は検査自動車と届出軽自動車に対して課される日本の租税(国税)である。揮発油税とともに田中角栄が提案し、施行された朝日新聞 2013年1月24日朝刊。.

新しい!!: ガソリン税と自動車重量税 · 続きを見る »

揮発油税

揮発油税(きはつゆぜい)は、揮発油税法(昭和32年4月6日法律第55号)に基づき、製造所から移出される又は保税地域から引き取られる揮発油に対して課される税金である。従来の道路特定財源の一つ。揮発油税と地方揮発油税とをあわせて、ガソリン税といわれる。租税特別措置法に規定されている。.

新しい!!: ガソリン税と揮発油税 · 続きを見る »

東日本大震災

東日本大震災(ひがしにほんだいしんさい)は、2011年(平成23年)3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震による災害およびこれに伴う福島第一原子力発電所事故による災害である。大規模な地震災害であることから大震災と呼称される。 発生した日付から3.11(さんてんいちいち)、311(さんいちいち)と称することもある。 津波によって浸水した宮城県仙台市宮城野区沿岸(2011年3月12日)。津波火災も発生した。 津波によって破壊された岩手県陸前高田市小友町(2011年4月3日).

新しい!!: ガソリン税と東日本大震災 · 続きを見る »

民主党 (日本 1998-2016)

民主党(みんしゅとう、)は、かつて存在した日本の政党。略称は民主、DPJ。.

新しい!!: ガソリン税と民主党 (日本 1998-2016) · 続きを見る »

沖縄の復帰に伴う特別措置に関する法律

沖縄の復帰に伴う特別措置に関する法律(おきなわのふっきにともなうとくべつそちにかんするほうりつ、1971年(昭和46年)12月31日法律第129号)は、沖縄県の復帰に伴い、本邦の諸制度の沖縄県の区域における円滑な実施を図るために必要な特別措置を定める法律である(法律第1条)。通称沖縄復帰特別措置法。.

新しい!!: ガソリン税と沖縄の復帰に伴う特別措置に関する法律 · 続きを見る »

沖縄県

沖縄県(おきなわけん)は、日本で最も西に位置する県。沖縄本島・宮古島・石垣島など多くの島々から構成される。県庁所在地は那覇市。.

新しい!!: ガソリン税と沖縄県 · 続きを見る »

消費税

消費税(しょうひぜい、consumption tax) は、消費に対して課される租税。1953年にフランス大蔵省の官僚モーリス・ローレが考案した間接税の一種であり、財貨・サービスの取引により生ずる付加価値に着目して課税する仕組みである。 消費した本人が直接的に納税する直接消費税と、徴収納付義務者が代わって納税する間接消費税に分類できる。前者の「直接消費税」にはゴルフ場利用税などが該当し、後者の「間接消費税」には酒税などが該当する。間接消費税はさらに課税対象とする物品・サービスの消費を特定のものに限定するかどうかに応じ、個別消費税と一般消費税に分類できる。.

新しい!!: ガソリン税と消費税 · 続きを見る »

本土

本土(ほんど)は、ある国において本国を意味する、あるいは離島からみた中心となる地域や島を指す。また植民地や遠隔に領土として島を持つ国家は、それらを除いた国土を本土と呼ぶ場合がある。.

新しい!!: ガソリン税と本土 · 続きを見る »

10月1日

10月1日(じゅうがつついたち)はグレゴリオ暦で年始から274日目(閏年では275日目)にあたり、年末まであと91日ある。.

新しい!!: ガソリン税と10月1日 · 続きを見る »

11月30日

11月30日(じゅういちがつさんじゅうにち)はグレゴリオ暦で年始から334日目(閏年では335日目)にあたり、年末まであと31日ある。11月の最終日である。.

新しい!!: ガソリン税と11月30日 · 続きを見る »

12月1日

12月1日(じゅうにがつついたち)は、グレゴリオ暦で年始から335日目(閏年では336日目)にあたり、年末まであと30日ある。.

新しい!!: ガソリン税と12月1日 · 続きを見る »

1970年

記載なし。

新しい!!: ガソリン税と1970年 · 続きを見る »

1972年

協定世界時による計測では、この年は(閏年で)閏秒による秒の追加が年内に2度あり、過去最も長かった年である。.

新しい!!: ガソリン税と1972年 · 続きを見る »

1973年

記載なし。

新しい!!: ガソリン税と1973年 · 続きを見る »

1974年

記載なし。

新しい!!: ガソリン税と1974年 · 続きを見る »

1977年

記載なし。

新しい!!: ガソリン税と1977年 · 続きを見る »

1993年

この項目では、国際的な視点に基づいた1993年について記載する。.

新しい!!: ガソリン税と1993年 · 続きを見る »

2007年

この項目では、国際的な視点に基づいた2007年について記載する。.

新しい!!: ガソリン税と2007年 · 続きを見る »

2008年

この項目では、国際的な視点に基づいた2008年について記載する。.

新しい!!: ガソリン税と2008年 · 続きを見る »

2009年

この項目では、国際的な視点に基づいた2009年について記載する。.

新しい!!: ガソリン税と2009年 · 続きを見る »

2010年

この項目では、国際的な視点に基づいた2010年について記載する。.

新しい!!: ガソリン税と2010年 · 続きを見る »

2011年

この項目では、国際的な視点に基づいた2011年について記載する。.

新しい!!: ガソリン税と2011年 · 続きを見る »

2012年

この項目では、国際的な視点に基づいた2012年について記載する。.

新しい!!: ガソリン税と2012年 · 続きを見る »

2014年

この項目では、国際的な視点に基づいた2014年について記載する。.

新しい!!: ガソリン税と2014年 · 続きを見る »

2015年

この項目では、国際的な視点に基づいた2015年について記載する。.

新しい!!: ガソリン税と2015年 · 続きを見る »

2016年

この項目では、国際的な視点に基づいた2016年について記載する。.

新しい!!: ガソリン税と2016年 · 続きを見る »

2018年

この項目では、国際的な視点に基づいた2018年について記載する。.

新しい!!: ガソリン税と2018年 · 続きを見る »

3月31日

3月31日(さんがつさんじゅういちにち)はグレゴリオ暦で年始から90日目(閏年では91日目)にあたり、年末まであと275日ある。3月の最終日。 日本では前年4月始まりの年度最終日とされている。.

新しい!!: ガソリン税と3月31日 · 続きを見る »

4月27日

4月27日(しがつにじゅうななにち、しがつにじゅうしちにち)はグレゴリオ暦で年始から117日目(閏年では118日目)にあたり、年末まではあと248日ある。誕生花はシラネアオイ、カルミヤ。.

新しい!!: ガソリン税と4月27日 · 続きを見る »

5月14日

5月14日(ごがつじゅうよっか、ごがつじゅうよんにち)はグレゴリオ暦で年始から134日目(閏年では135日目)にあたり、年末まではあと231日ある。誕生花はシラン。.

新しい!!: ガソリン税と5月14日 · 続きを見る »

5月15日

5月15日(ごがつじゅうごにち)は、グレゴリオ暦で年始から135日目(閏年では136日目)にあたり、年末まではあと230日ある。誕生花はドクダミ。.

新しい!!: ガソリン税と5月15日 · 続きを見る »

5月1日

5月1日(ごがつついたち)はグレゴリオ暦で年始から121日目(閏年では122日目)にあたり、年末まであと244日ある。誕生花はプリムラ・ポリアンサ。.

新しい!!: ガソリン税と5月1日 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »