ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

カール・ルートヴィヒ・フォン・バーデン

+ コンセプトを保存する

ール・ルートヴィヒ・フォン・バーデン(Karl Ludwig von Baden, 1755年2月14日 - 1801年12月16日)は、バーデン=ドゥルラハ辺境伯カール・フリードリヒ(後の初代バーデン大公)の長男。世子(Erbprinz)であったが、父より先に没したため即位することはなかった。 1755年2月14日、バーデン=ドゥルラハ辺境伯カール・フリードリヒとその最初の妃であったヘッセン=ダルムシュタット方伯ルートヴィヒ8世の娘カロリーネ・ルイーゼの間に第一子としてカールスルーエで生まれた。 1801年12月16日、カール・ルートヴィヒはスウェーデンのアルボーガ(現ヴェストマンランド地方ヴェストマンランド県)で死去した。バーデン辺境伯は1803年に選帝侯に、1806年に大公となるが、父カール・フリードリヒの死後、その地位は次男のカールが嗣いだ。.

38 関係: 大公マリー・フォン・バーデン (1782-1808)マクシミリアン1世 (バイエルン王)バーデン (領邦)バイエルン国王ルートヴィヒ2世 (ヘッセン大公)ルートヴィヒ8世 (ヘッセン=ダルムシュタット方伯)ルートヴィヒ9世 (ヘッセン=ダルムシュタット方伯)ロシア皇帝ヴィルヘルミーネ・フォン・バーデンヴェストマンランド地方ヴェストマンランド県ヘッセン大公国ヘッセン=ダルムシュタット方伯領ブラウンシュヴァイク公国フリーデリケ・フォン・バーデンフリードリヒ・ヴィルヘルム (ブラウンシュヴァイク公)アマーリエ・フォン・ヘッセン=ダルムシュタットアレクサンドル1世エリザヴェータ・アレクセーエヴナエルププリンツカロリーネ・フォン・バーデンカール (バーデン大公)カール・フリードリヒ (バーデン大公)カールスルーエグスタフ4世アドルフ (スウェーデン王)ステファニー・ド・ボアルネスウェーデンスウェーデン君主一覧選帝侯12月16日1755年1774年1801年1803年1806年2月14日7月15日

大公

大公(たいこう、、)は、称号の一つ。ヨーロッパの称号のうち公と訳されるものよりさらに上の称号を訳すのに使われる。大公と訳される称号には、grand duke などいくつかある(以下、原義を示すのに便宜上原則として英語を用いる)。.

新しい!!: カール・ルートヴィヒ・フォン・バーデンと大公 · 続きを見る »

マリー・フォン・バーデン (1782-1808)

ブラウンシュヴァイク公爵夫人マリー、ヨハン・ハインリヒ・シュレーダー(Johann Heinrich Schröder)画 マリー・エリーザベト・ヴィルヘルミーネ・フォン・バーデン(Marie Elisabeth Wilhelmine von Baden, 1782年9月7日 カールスルーエ - 1808年12月8日 ブルッフザール)は、ドイツのバーデン辺境伯家の公女で、ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル公フリードリヒ・ヴィルヘルムの妻。 バーデンの世継ぎ公子カール・ルートヴィヒと、その妻でヘッセン=ダルムシュタット方伯ルートヴィヒ9世の娘であるアマーリエの間の五女として生まれた。1802年11月1日にブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル公爵家の四男フリードリヒ・ヴィルヘルムと結婚した。 夫の領地が属するブラウンシュヴァイク=リューネブルク公爵領がナポレオンの弟ジェローム・ボナパルトの創設したヴェストファーレン王国領に併合されると、マリーは2人の幼い息子と一緒に弟カールの住むプフォルツハイムに避難し、1808年に出産に際して死去した。.

新しい!!: カール・ルートヴィヒ・フォン・バーデンとマリー・フォン・バーデン (1782-1808) · 続きを見る »

マクシミリアン1世 (バイエルン王)

マクシミリアン1世(Maximilian I., 1756年5月27日 - 1825年10月13日)は、最後のバイエルン選帝侯(マクシミリアン4世ヨーゼフ、在位:1799年 - 1805年)および初代バイエルン王(在位:1806年 - 1825年)。全名はマクシミリアン・マリア・ミヒャエル・ヨハン・バプティスト・フランツ・デ・パウラ・ヨーゼフ・カスパール・イグナティウス・ネポムク(Maximilian Maria Michael Johann Baptist Franz de Paula Joseph Kaspar Ignatius Nepomuk)。マックス・ヨーゼフ(Max Joseph)の愛称で知られる。.

新しい!!: カール・ルートヴィヒ・フォン・バーデンとマクシミリアン1世 (バイエルン王) · 続きを見る »

バーデン (領邦)

バーデン(標準, アレマン語: )は、ドイツ南西部、現在のバーデン=ヴュルテンベルク州に存在した領邦。辺境伯領、後に大公国として12世紀から20世紀初頭まで存続した。 1112年にツェーリンゲン家のヘルマン2世がシュヴァーベンにおいて辺境伯となり、子孫が代々所領と財産を引き継いでいったことから始まる。バーデン家内で抗争を繰り広げ、幾度かの分裂を繰り返したが、1771年にバーデン=ドゥルラハ辺境伯カール・フリードリヒが所領を統一、バーデン辺境伯となった。また、カール・フリードリヒはナポレオン戦争最中の1803年に選帝侯となり、1806年に帝国が解体すると大公となった。1815年にドイツ連邦へ加盟した。1840年、バーデン大公国邦有鉄道会社を設立した。1866年、南ドイツ連邦への加盟が予定された。1871年にドイツ帝国の構成国となり、1918年のドイツ革命まで存続した。.

新しい!!: カール・ルートヴィヒ・フォン・バーデンとバーデン (領邦) · 続きを見る »

バイエルン国王

バイエルン国王(König von Bayern)は、1806年から1918年までバイエルン王国(現在のバイエルン州およびプファルツ)を統治したヴィッテルスバッハ家の君主の世襲の称号である。約1000年以上前にカロリング朝下でのバイエルン王国が存在したので、これは2番目の王国ということになる。.

新しい!!: カール・ルートヴィヒ・フォン・バーデンとバイエルン国王 · 続きを見る »

ルートヴィヒ2世 (ヘッセン大公)

ヘッセン大公ルートヴィヒ2世 ルートヴィヒ2世(Ludwig II.

新しい!!: カール・ルートヴィヒ・フォン・バーデンとルートヴィヒ2世 (ヘッセン大公) · 続きを見る »

ルートヴィヒ8世 (ヘッセン=ダルムシュタット方伯)

ルートヴィヒ8世(Ludwig VIII.

新しい!!: カール・ルートヴィヒ・フォン・バーデンとルートヴィヒ8世 (ヘッセン=ダルムシュタット方伯) · 続きを見る »

ルートヴィヒ9世 (ヘッセン=ダルムシュタット方伯)

ルートヴィヒ9世 ルートヴィヒ9世(Ludwig IX.

新しい!!: カール・ルートヴィヒ・フォン・バーデンとルートヴィヒ9世 (ヘッセン=ダルムシュタット方伯) · 続きを見る »

ロシア皇帝

ア皇帝(ロシアこうてい、Императоры России)は、1721年から1917年までのロシア帝国で用いられた君主号である。正式名称は全ロシアのインペラートルないし全ロシアのインペラトリーツァ。 インペラトルの称号は大北方戦争にて勝利したことにより採用され、ヨーロッパにおける皇帝号に適応させる形で出現した。 «всероссийский»(全ルーシの)の接頭辞はウラジーミル・スーズダリ大公国時代のロシアの君主が用いていたвсея Руси»という表現を継続しているという意味合いが含まれていた。.

新しい!!: カール・ルートヴィヒ・フォン・バーデンとロシア皇帝 · 続きを見る »

ヴィルヘルミーネ・フォン・バーデン

ヴィルヘルミーネ・ルイーゼ・フォン・バーデン(Wilhelmine Luise von Baden, 1788年9月10日 - 1836年1月27日)は、ヘッセン大公ルートヴィヒ2世の妃。 バーデン大公世子カール・ルートヴィヒとその妃アマーリエ・フォン・ヘッセン=ダルムシュタットの末娘として、カールスルーエで生まれた。姉にバイエルン王妃カロリーネ、ロシア皇后エリザヴェータ・アレクセーエヴナ、スウェーデン王妃フリーデリケ、兄にバーデン大公カールらがいる。 1804年6月、従兄にあたるルートヴィヒ2世と結婚し、7子を生んだ。そのうちエリーザベト以下4人の父親はルートヴィヒ2世ではなく、ヴィルヘルミーネの愛人アウグスト・ルートヴィヒ・フォン・スナルクラン・ド・グランシーだと言われている。.

新しい!!: カール・ルートヴィヒ・フォン・バーデンとヴィルヘルミーネ・フォン・バーデン · 続きを見る »

ヴェストマンランド地方

ヴェストマンランド地方()はスウェーデン中部スヴェアランドの地方の1つ。.

新しい!!: カール・ルートヴィヒ・フォン・バーデンとヴェストマンランド地方 · 続きを見る »

ヴェストマンランド県

ヴェストマンランド県(Västmanlands län)とは、スウェーデンの県の一つで略号はU。スウェーデン中部に位置し、南側はスウェーデン第三の湖メーラレン湖に面している。県庁所在地はヴェステロース(Västerås)市。県の面積は6318平方キロメートルで、2005年現在の人口は26万1005人。 ヴェステロースはスウェーデンの中でも歴史的の古い都市で、スウェーデンがカルマル同盟から離脱(独立)した後、グスタフ1世が1527年に最初の身分制議会を招集したのもヴェステロースであった。但し、一般的には1435年にアルボーガでも議会的な集会があったされ、こちらの方を最初のスウェーデンの議会とする説もある。 ヴェステロース市にはメーラルダーレン大学(Mälardalens högskola)がキャンパスの内の一つを置いている。もう一方のキャンパスは、メーラレン湖を挟んで対岸のエスキルストゥーナ市にある。.

新しい!!: カール・ルートヴィヒ・フォン・バーデンとヴェストマンランド県 · 続きを見る »

ヘッセン大公国

ヘッセン大公国 (Großherzogtum Hessen)は、ドイツ中部にかつてあった国。神聖ローマ帝国の解体後、1806年にナポレオンがかつてのヘッセン=ダルムシュタット方伯を大公の位に格上げした結果成立した。この成立の経緯から、この国は時にヘッセン=ダルムシュタットと呼ばれていた。.

新しい!!: カール・ルートヴィヒ・フォン・バーデンとヘッセン大公国 · 続きを見る »

ヘッセン=ダルムシュタット方伯領

ヘッセン=ダルムシュタット方伯の紋章、1736年 1789年のヘッセン=ダルムシュタット(小豆色で示された地域) ヘッセン=ダルムシュタット方伯領(Landgrafschaft Hessen-Darmstadt)は、神聖ローマ帝国の領邦国家。1567年にヘッセン方伯フィリップ1世の4人の息子達がヘッセン方伯領を分割相続した際に成立し、首都をダルムシュタットにおいた。ナポレオン戦争の結果として1806年に神聖ローマ帝国が消滅すると、ヘッセン=ダルムシュタットはヘッセン大公国に昇格した。 ヘッセン=ダルムシュタット方伯領は、ヘッセン方伯フィリップ1世の4人の息子達のうち一番年下のゲオルク1世の相続領として成立した。 1604年にヘッセン=マールブルク方伯領の相続人が絶えると、マールブルク方伯領の継承をめぐってカルヴァン派領邦のヘッセン=カッセルとルター派領邦のヘッセン=ダルムシュタットの間で長期間にわたる激しい対立関係が生じた。ヘッセン=カッセルの影響下にあったマールブルク大学がカルヴァン派大学だったため、ヘッセン=ダルムシュタット方伯家はこれに対抗して1607年にルター派大学のギーセン大学を創設した。同族関係にあるヘッセン=カッセルとヘッセン=ダルムシュタットの争いは三十年戦争にまで及び、前者がプロテスタント側で戦ったのに対し、後者は神聖ローマ皇帝軍に味方をした。 1803年の帝国代表者会議主要決議に伴う聖俗の諸領邦の世俗化と陪臣化により、ヘッセン=ダルムシュタットは広大な近隣地域を自領に併合することができた。ヘッセン=ダルムシュタットに組み込まれた主な地域としては、ケルン大司教領の一部だったヴェストファーレン公国、マインツ大司教領やヴォルムス司教領の一部があった。1806年の神聖ローマ帝国消滅に際して、ヘッセン家の家長であるヘッセン(=カッセル)選帝侯ヴィルヘルム1世が廃位され領国を没収されると、時のヘッセン=ダルムシュタット方伯ルートヴィヒ10世はヘッセン大公を号した。.

新しい!!: カール・ルートヴィヒ・フォン・バーデンとヘッセン=ダルムシュタット方伯領 · 続きを見る »

ブラウンシュヴァイク公国

ブラウンシュヴァイク公国(Herzogtum Braunschweig)は、ドイツ連邦、北ドイツ連邦、ドイツ帝国の領邦の一つ。1815年のウィーン会議の結果、かつて神聖ローマ帝国のブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル公領だった地域を領土として創設された公国である。首都はブラウンシュヴァイク。.

新しい!!: カール・ルートヴィヒ・フォン・バーデンとブラウンシュヴァイク公国 · 続きを見る »

フリーデリケ・フォン・バーデン

タフ4世アドルフとフリーデリケ フリーデリケ・フォン・バーデン(Friederike Dorothea Wilhelmina von Baden, 1781年3月12日 - 1826年9月25日)は、スウェーデン王グスタフ4世アドルフの王妃。スウェーデン語名はフレドリカ(Fredrika av Baden)。.

新しい!!: カール・ルートヴィヒ・フォン・バーデンとフリーデリケ・フォン・バーデン · 続きを見る »

フリードリヒ・ヴィルヘルム (ブラウンシュヴァイク公)

フリードリヒ・ヴィルヘルム、ヨハン・クリスティアン・アウグスト・シュヴァルツ画、1809年 ブラウンシュヴァイク市内のフリードリヒ・ヴィルヘルム像 フリードリヒ・ヴィルヘルム(ドイツ語:Friedrich Wilhelm, 1771年10月9日 - 1815年6月15日)は、ドイツのブラウンシュヴァイク=リューネブルク公の1人。ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル侯(在位:1806年 - 1807年)及びエールス公(在位:1805年 - 1815年)、後にブラウンシュヴァイク公(在位:1813年 - 1815年)。義勇兵組織「黒い軍勢」を率いてナポレオンのドイツ支配に抵抗し、黒公爵(Schwarze Herzog)の異名をとった。.

新しい!!: カール・ルートヴィヒ・フォン・バーデンとフリードリヒ・ヴィルヘルム (ブラウンシュヴァイク公) · 続きを見る »

アマーリエ・フォン・ヘッセン=ダルムシュタット

アマーリエ・フォン・ヘッセン=ダルムシュタット フリーデリケ・アマーリエ・フォン・ヘッセン=ダルムシュタット(ドイツ語:Friederike Amalie von Hessen-Darmstadt, 1754年6月20日 - 1832年7月28日)は、バーデン大公子カール・ルートヴィヒ・フォン・バーデンの妃。 後のヘッセン=ダルムシュタット方伯ルートヴィヒ9世と妃ヘンリエッテ・カロリーネ・フォン・プファルツ=ツヴァイブリュッケンの次女として、父のプロイセン軍人としての任地プレンツラウで生まれた。 1772年には母カロリーネや姉妹たちとともにサンクトペテルブルクを訪問した。ロシア皇太子パーヴェル(後のパーヴェル1世)の花嫁選びのためであり、パーヴェル自身がヘッセン=ダルムシュタット家の姫たちの中から、アマーリエの1歳年下の妹ヴィルヘルミーネ(ナターリア・アレクセーエヴナと改名)を選んだ。 1774年、従兄にあたるカール・ルートヴィヒと結婚した。彼女はバーデン大公家での暮らしを最初は居心地悪く感じた。父方の叔母であり、義母となった大公妃カロリーネ・ルイーゼとの不仲が原因であった。 1783年、義母カロリーネ・ルイーゼの死去によって、アマーリエはバーデン宮廷の最高位の女性となった。その時期は、息子カール(のちの大公カール)がステファニー・ド・ボアルネと結婚するまで続いた。アマーリエは、ナポレオン・ボナパルトの義理の姪にあたり後に養女とされたステファニーとカールの結婚を阻止しようとした。アマーリエと、バーデン大公カール・フリードリヒの後添となったルイーゼ(のちの大公レオポルトの母)はどちらも、ブルヒザル城へ移るようにという命令を承知できなかったのである。 ナポレオンは、ブルヒザルにあるシュパイアー司教公の旧邸宅を所有していた。1803年にこの城はバーデン大公家の所有となり、アマーリエはここで暮らすようになった。アマーリエには12万ギルダーの年金が与えられた。ハイデルベルク近郊のロールバッハ城を義理の息子で母方の従弟でもあるバイエルン王マクシミリアン1世から贈られ、アマーリエはここを夏の離宮とした。ロールバッハ城にて、アマーリエは義理の息子であるロシア皇帝アレクサンドル1世、オーストリア皇帝フランツ1世や、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテの訪問を受けている。 アマーリエは、義理の息子たちへの強力な影響力を駆使し、ウィーン会議のため欧州に滞在していたアレクサンドル1世に貢献した。そのために、ナポレオンによって作られ広大なバーデン大公国は領地を奪われることなく存続したのである。.

新しい!!: カール・ルートヴィヒ・フォン・バーデンとアマーリエ・フォン・ヘッセン=ダルムシュタット · 続きを見る »

アレクサンドル1世

アレクサンドル1世(、アレクサンドル・パヴロヴィチ・ロマノフ、、1777年12月23日 - 1825年12月1日)は、ロマノフ朝第10代ロシア皇帝(在位:1801年3月23日 - 1825年12月1日)、初代ポーランド立憲王国国王(アレクサンデル1世、在位:1815年6月9日 - 1825年12月1日)、初代フィンランド大公(アレクサンテリ1世、在位:1809年9月17日 - 1825年12月1日)。 皇帝パーヴェル1世と皇后マリア・フョードロヴナの第1皇子。父帝暗殺後に帝位を継承し、当初は自由主義的改革を志向して開明的な政策をとったが、ナポレオン戦争を経て、治世後半は強権的反動政治に転じた。外交政策では、ナポレオン1世失脚後開かれたウィーン会議で主導的な役割を演じ、以後のヨーロッパにおける君主主義、正統主義的反動体制の確立に尽力した。また、キリスト教倫理観に基づく神聖同盟を結成してヨーロッパ諸国のあらゆる自由主義運動や国民主義運動の弾圧に協力した他、オスマン帝国に対する対イスラム十字軍を目論んだ。アレクサンドル1世の治世中、ロシア帝国はフィンランドとポーランドを獲得した。歴代皇帝中、最も複雑怪奇な性格の持ち主とされ、矛盾に満ちていた。.

新しい!!: カール・ルートヴィヒ・フォン・バーデンとアレクサンドル1世 · 続きを見る »

エリザヴェータ・アレクセーエヴナ

リザヴェータ・アレクセーエヴナ(, 1779年1月24日 - 1826年5月4日)は、ロシア皇帝アレクサンドル1世の皇后。カールスルーエで、バーデン大公女ルイーゼ・マリー・アウグステ・フォン・バーデン(Luise Marie Auguste von Baden)として生まれた。.

新しい!!: カール・ルートヴィヒ・フォン・バーデンとエリザヴェータ・アレクセーエヴナ · 続きを見る »

エルププリンツ

アロイス(1968年 - )は、現在も法的に「エルププリンツ」の称号を有している。 エルププリンツ(Erbprinz)は、ドイツ語圏(神聖ローマ帝国、ドイツ連邦、ドイツ帝国など)の諸侯の法定推定相続人が名乗る称号。フランス語圏においては、プランス・エレディテール(prince héréditaire)またはプランス・エリティエ(prince héritier)の称号が同様に用いられる。国家主権ないし等族領主身分を有する諸侯(王より下位の公爵、フュルストなど)の法定推定相続人が帯びた。諸侯家のほとんどは世襲制度としてサリカ法典に準拠する父系長子相続制を採用していたため、エルププリンツの称号は現君主の最年長の男子(または最近親の父系親族)に与えられた。1919年のヴァイマル憲法の制定により、ドイツ国内における他の貴族称号とともに廃止された。日本語では皇太子と訳されることも多いが、相続する称号に応じて公世子、侯世子の訳語が充てられることもある。.

新しい!!: カール・ルートヴィヒ・フォン・バーデンとエルププリンツ · 続きを見る »

カロリーネ・フォン・バーデン

リーネ・フォン・バーデン(Karoline von Baden, 1776年1月13日 - 1841年11月13日)は、バイエルン王マクシミリアン1世の2度目の妻。最初のバイエルン王妃となった。.

新しい!!: カール・ルートヴィヒ・フォン・バーデンとカロリーネ・フォン・バーデン · 続きを見る »

カール (バーデン大公)

ール(Karl, 1786年7月8日 - 1818年12月8日)は、バーデン大公国の第2代大公(在位: 1811年 - 1818年)。全名はカール・ルートヴィヒ・フリードリヒ(Karl Ludwig Friedrich)。初代バーデン大公カール・フリードリヒの孫。 1786年7月8日、バーデン=ドゥルラハ辺境伯カール・フリードリヒの長男であるカール・ルートヴィヒと、その妃でヘッセン=ダルムシュタット方伯ルートヴィヒ9世の娘であるアマーリエの間に第6子(次男)としてカールスルーエで生まれた。兄のカール・フリードリヒはこのとき既に歿していたため、1801年に父がスウェーデンで事故死すると法定推定相続人となった。 バーデンは1803年に選帝侯となり、さらに1806年に神聖ローマ帝国が解体すると大公国となった。1811年に祖父が死去するとカールは大公位に即いた。当初バーデンはライン同盟に加盟していたが、1813年のライプツィヒの戦いの後はフランスから離れた。クレメンス・メッテルニヒが主宰したウィーン会議に参加し、1815年に成立したドイツ連邦の原加盟国となった。 1818年12月8日にラシュタットで死去。息子はともに夭逝していたため、叔父のルートヴィヒ1世が大公位を嗣いだ。 素性不明の捨て子カスパー・ハウザーに関する噂の一つに、カスパー・ハウザーは1812年に誕生後すぐに死去したとされたカールの長男であったというものがある。.

新しい!!: カール・ルートヴィヒ・フォン・バーデンとカール (バーデン大公) · 続きを見る »

カール・フリードリヒ (バーデン大公)

ール・フリードリヒ(Karl Friedrich, 1728年11月22日 - 1811年6月10日)は、バーデン=ドゥルラハ辺境伯(在位:1738年 - 1771年)、バーデン辺境伯(在位:1771年 - 1803年)、バーデン選帝侯(在位:1803年 - 1806年)、初代バーデン大公(在位:1806年 - 1811年)。バーデン=ドゥルラハ辺境伯カール3世の次男フリードリヒとオラニエ公ヨハン・ウィレム・フリーゾの娘アマーリエの子として、カールスルーエで生まれた。 1732年に父が死去、1738年に祖父も亡くなったため、バーデン=ドゥルラハ辺境伯領を継承した。但し、幼少のため父の従弟に当たるカール・アウグストが1746年まで後見人となった。1771年、バーデン=バーデン辺境伯アウグスト・ゲオルクが子の無いまま死去、遺領を相続して統合、バーデン辺境伯となった。名君とされており、学校、大学、法学校、公的サービス、経済・文化、都市開発を支援した。また、1767年に拷問を、1783年には農奴制を廃止した。 1803年に選帝侯となったが、神聖ローマ帝国自体が1806年に消滅したため、選帝権を行使することは名実共になかった。大臣ライツェンシュタインの政治的手腕によって、バーデンはコンスタンツ司教座、バーゼル司教座、シュトラスブルク司教座、シュパイヤー司教座、ブライスガウ、オルテナウ、プファルツ選帝侯領東部を獲得し、帝国消滅の年にバーデン大公国が成立、ライン同盟に加盟した。1811年に死去、孫のカールが大公位を継いだ。.

新しい!!: カール・ルートヴィヒ・フォン・バーデンとカール・フリードリヒ (バーデン大公) · 続きを見る »

カールスルーエ

宮殿 Marktplatz広場にあるピラミッド カールスルーエ(標準ドイツ語:Karlsruhe、アレマン語:Karlsrueh)は、ドイツ連邦共和国の都市。バーデン=ヴュルテンベルク州に属する。人口は約30万人で、同州ではシュトゥットガルトに続く第二の規模の都市である。 ドイツ連邦共和国の最高裁判所に該当する連邦憲法裁判所(Bundesverfassungsgericht) や連邦裁判所(Bundesgerichtshof)の所在地として、ドイツの「司法首都」となっている。.

新しい!!: カール・ルートヴィヒ・フォン・バーデンとカールスルーエ · 続きを見る »

グスタフ4世アドルフ (スウェーデン王)

タフ4世アドルフ グスタフ4世アドルフ(Gustav IV Adolf,1778年11月1日 - 1837年2月7日)は、スウェーデン・ホルシュタイン=ゴットルプ王朝第3代国王(在位:1792年 - 1809年)。グスタフ3世とデンマーク王フレゼリク5世の娘ソフィア・マグダレーナの子。.

新しい!!: カール・ルートヴィヒ・フォン・バーデンとグスタフ4世アドルフ (スウェーデン王) · 続きを見る »

ステファニー・ド・ボアルネ

テファニー・ルイーズ・アドリアンヌ・ド・ボアルネ(Stéphanie Louise Adrienne de Beauharnais, 1789年8月28日 - 1860年1月29日)は、バーデン大公カールの妃。.

新しい!!: カール・ルートヴィヒ・フォン・バーデンとステファニー・ド・ボアルネ · 続きを見る »

スウェーデン

ウェーデン王国(スウェーデンおうこく、スウェーデン語: )、通称スウェーデンは、北ヨーロッパのスカンディナヴィア半島に位置する立憲君主制国家。首都はストックホルム。西にノルウェー、北東にフィンランドと国境を接し、南西にカテガット海峡を挟んでデンマークと近接する。東から南にはバルト海が存在し、対岸のロシアやドイツとの関わりが深い。法定最低賃金は存在しておらず、スウェーデン国外の大企業や機関投資家に経済を左右されている。.

新しい!!: カール・ルートヴィヒ・フォン・バーデンとスウェーデン · 続きを見る »

スウェーデン君主一覧

タフ1世 (1496年-1560年)、 在位 1523年-1560年 エリク14世 (1533年-1577年)、 在位 1560年-1568年 カール9世 (1550年-1611年)、 在位 1604年-1611年 グスタフ2世アドルフ (1594年-1632年)、 在位 1611年-1632年 クリスティーナ (1626年 - 1689年)、 在位1632年-1654年 カール10世グスタフ (1622年-1660年)、 在位 1654年-1660年 カール11世 (1655-1697)、 在位 1660-1697 グスタフ3世 (1746年-1792年)、 在位 1771年-1792年 スウェーデン君主一覧では、過去にスウェーデンを統治した王たちを一覧する。 ヴァイキングの部族を起源とするスウェーデンの王は、初期はデンマークやノルウェーの君主を兼ねる場合が往々にして見られた。カルマル同盟によるデンマークとの同君連合およびウップランド貴族のヴァーサ王朝を経て、近世以降はドイツ系の王朝が続いてきた。 現在はナポレオン旗下のフランス元帥であったジャン=バティスト・ベルナドットを祖とするベルナドッテ王朝であり、王位継承は1980年施行の憲法改正により最長子相続制をとっている。 なおカール王およびエリク王の即位番号は、16世紀ごろに生まれたゴート起源説により信じられている架空の王の存在を含めた番号である。.

新しい!!: カール・ルートヴィヒ・フォン・バーデンとスウェーデン君主一覧 · 続きを見る »

選帝侯

ハインリヒ7世時代) 選帝侯(せんていこう、Kurfürst)は、神聖ローマ帝国において、ローマ王(ドイツ王)すなわち神聖ローマ帝国の君主に対する選挙権(選定権)を有した諸侯のことである。選挙権以外にも他の帝国諸侯とは一線を画した数々の特権を有した。選挙侯(せんきょこう)または選定侯(せんていこう)ともいう。.

新しい!!: カール・ルートヴィヒ・フォン・バーデンと選帝侯 · 続きを見る »

12月16日

12月16日(じゅうにがつじゅうろくにち)はグレゴリオ暦で年始から350日目(閏年では351日目)にあたり、年末まであと15日ある。.

新しい!!: カール・ルートヴィヒ・フォン・バーデンと12月16日 · 続きを見る »

1755年

記載なし。

新しい!!: カール・ルートヴィヒ・フォン・バーデンと1755年 · 続きを見る »

1774年

記載なし。

新しい!!: カール・ルートヴィヒ・フォン・バーデンと1774年 · 続きを見る »

1801年

19世紀最初の年である。.

新しい!!: カール・ルートヴィヒ・フォン・バーデンと1801年 · 続きを見る »

1803年

記載なし。

新しい!!: カール・ルートヴィヒ・フォン・バーデンと1803年 · 続きを見る »

1806年

記載なし。

新しい!!: カール・ルートヴィヒ・フォン・バーデンと1806年 · 続きを見る »

2月14日

2月14日(にがつじゅうよっか、にがつじゅうよんにち)は、グレゴリオ暦で年始から45日目にあたり、年末まであと320日(閏年では321日)ある。.

新しい!!: カール・ルートヴィヒ・フォン・バーデンと2月14日 · 続きを見る »

7月15日

7月15日(しちがつじゅうごにち)はグレゴリオ暦で年始から196日目(閏年では197日目)にあたり、年末まであと169日ある。誕生花はネムノキ、カンナ。.

新しい!!: カール・ルートヴィヒ・フォン・バーデンと7月15日 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »