ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

カール・ノイベルグ

索引 カール・ノイベルグ

ール・ノイベルグ(Carl Neuberg, 1877年7月29日 - 1956年5月30日)は、ドイツ・ハノーファー出身の後年はアメリカで活躍した生化学者。しばしば、「生化学の父」と呼ばれる。 アルコール発酵、解糖作用、糖アミノ酸の生化学、酵素化学について研究した。アルコール発酵におけるカルボキシラーゼの発見、それに基づくノイベルグの発酵形式の発見、グリセリン発酵の模式などの多くの優れた研究を残した。フルクトース-6-リン酸はノイベルクエスイテルともよばれている。.

16 関係: マックス・プランク研究所ノイベルグの発酵形式ハノーファーフルクトース-6-リン酸フンボルト大学ベルリンドイツニューヨーク大学アメリカ合衆国アルコール発酵カルボキシル化生化学解糖系1877年1956年5月30日7月29日

マックス・プランク研究所

マックス・プランク研究所(マックス・プランクけんきゅうしょ)は、マックス・プランク学術振興協会(e.(マックス‐プランク‐ゲゼルシャフト・ツア・フェルデルング・デア・ヴィッセンシャフテン・エーファオ)、略称:MPG(エムペーゲー))が運営する、ドイツを代表する学術研究機関の日本語における総称である。MPGが運営する各研究機関は、ドイツ語では「Max-Planck-Institut für ○○」(○○は研究分野)のように名づけられており、日本語では「マックス・プランク○○研究所」と訳している。MPGが運営する研究機関は、2006年5月現在で78に上る。.

新しい!!: カール・ノイベルグとマックス・プランク研究所 · 続きを見る »

ノイベルグの発酵形式

ノイベルグの発酵形式(—はっこうけいしき、Neuberg's scheme of fermentation)は酵母によるグルコースの発酵機構をカール・ノイベルグが分類したもので、5つの形式に分かれる。 第1形式は糖からエタノールと二酸化炭素を生成する発酵で、従来ゲイ=リュサックの式といわれたものである。 第2形式は発酵液に亜硫酸ナトリウムを加えて発酵中間体のアルデヒドと付加化合物をつくり、発酵液中にグリセリンが生成する発酵である。 第3形式は糖液をアルカリ性にして発酵させ、グリセリン、エタノール、酢酸を生成する発酵である。第2・第3形式はグリセリン発酵とも呼ばれている。 アーサー・ハーデンとウィリアム・ヤング (William John Young) は糖類の発酵中間体としてヘキソース二リン酸エステルを分離した。ヘキソース二リン酸エステルにやや大量の新鮮な酵母とトルエンを加えて発酵させるとグリセリンとピルビン酸が生成する。これが第4形式である。この場合のヘキソース二リン酸エステルは糖の発酵で生じたものであるから、結局下式によって示される発酵である。 第4形式よりも少量の酵母とトルエンをヘキソース二リン酸エステルに加えるとメチルグリオキサールが生じる。ノイベルグはこれを第5形式としたが現在では認めていない。 Category:発酵.

新しい!!: カール・ノイベルグとノイベルグの発酵形式 · 続きを見る »

ハノーファー

ルンスト・アウグスト 新市庁舎 旧市街の旧市庁舎 19世紀の国立オペラ劇場 ハノーファー(Hannover )は、ライネ川沿いにある北ドイツの主要都市のひとつ。ニーダーザクセン州の州都である。 人口515,948人(2004年)。地域の行政の中心地としても政治的力点の置かれた町である。日本語では、ドイツ語における一般的な発音に近いハノーファーまたはハノーファのほか、ハノーヴァー、ハノーバーと表記されることもある。.

新しい!!: カール・ノイベルグとハノーファー · 続きを見る »

フルクトース-6-リン酸

フルクトース-6-リン酸(フルクトース-6-リンさん、Fructose 6-phosphate、F6P)とは、6位の炭素がリン酸化したフルクトース分子のことである。β-D型の分子は細胞中に多量に存在する。細胞に取り込まれたグルコースとフルクトースの大部分はこの形に変換される。別名のノイベルグエステルは、ドイツの生化学者カール・ノイベルグにちなんでいる。.

新しい!!: カール・ノイベルグとフルクトース-6-リン酸 · 続きを見る »

フンボルト大学ベルリン

アレクサンダー・フォン・フンボルトの像 ベルリン・フンボルト大学(Humboldt-Universität zu Berlin)またはフンボルト大学ベルリンは、ドイツのベルリンにある大学。ドイツにおけるエクセレンス・イニシアティブ(Exzellenzinitiative)に指定された11のエリート大学の一つ。 プロイセン王国に1810年、教育改革者で言語学者のヴィルヘルム・フォン・フンボルトによってフリードリヒ・ヴィルヘルム大学 (Friedrich-Wilhelms-Universität) として創立された。ベルリンでは最も古い大学で、第二次世界大戦後にはフンボルト大学と改称され、ドイツ再統一後に現称となった。以下、本項では「フンボルト大学」と呼称する。.

新しい!!: カール・ノイベルグとフンボルト大学ベルリン · 続きを見る »

ドイツ

ドイツ連邦共和国(ドイツれんぽうきょうわこく、Bundesrepublik Deutschland)、通称ドイツ(Deutschland)は、ヨーロッパ中西部に位置する連邦制共和国である。もともと「ドイツ連邦共和国」という国は西欧に分類されているが、東ドイツ(ドイツ民主共和国)の民主化と東西ドイツの統一により、「中欧」または「中西欧」として再び分類されるようになっている。.

新しい!!: カール・ノイベルグとドイツ · 続きを見る »

ニューヨーク大学

NYUの図書館(ボブスト図書館) ニューヨーク大学 (英:New York University, NYU)は、アメリカ合衆国、ニューヨーク市マンハッタン区にある全米有数の大規模な私立総合大学である。校訓は、Perstare et praestare "To persevere and to excel"。 大学ランキングにおいて世界的指標であるタイムズ・ハイアー・エデュケーションの世界大学ランキングでの総合30位(全米18位)である。 特に国際法学、税法学で全米ランク1位のニューヨーク大学・ロー・スクールや経営大学院(MBA)全米ランク10位のビジネススクールは全米屈指のトップ校として有名であり、その他「不動産」、「出版」、「スポーツビジネス」など専門分野の経営を学ぶ修士課程も知られている。 社会科学や人文科学、数学、公共政策学、看護学等の大学院ランキングでもトップ10に位置する有名な存在であり、これまでに24名以上のノーベル賞受賞者を輩出。芸術学部演劇学科及び映画学科は世界的に高い評価を受けており、30名以上のアカデミー賞受賞者等、数多くの映画監督や有名俳優を輩出している。卒業生が幅広い分野で活躍しているのが特徴。.

新しい!!: カール・ノイベルグとニューヨーク大学 · 続きを見る »

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国(アメリカがっしゅうこく、)、通称アメリカ、米国(べいこく)は、50の州および連邦区から成る連邦共和国である。アメリカ本土の48州およびワシントンD.C.は、カナダとメキシコの間の北アメリカ中央に位置する。アラスカ州は北アメリカ北西部の角に位置し、東ではカナダと、西ではベーリング海峡をはさんでロシアと国境を接している。ハワイ州は中部太平洋における島嶼群である。同国は、太平洋およびカリブに5つの有人の海外領土および9つの無人の海外領土を有する。985万平方キロメートル (km2) の総面積は世界第3位または第4位、3億1千7百万人の人口は世界第3位である。同国は世界で最も民族的に多様かつ多文化な国の1つであり、これは多くの国からの大規模な移住の産物とされているAdams, J.Q.;Strother-Adams, Pearlie (2001).

新しい!!: カール・ノイベルグとアメリカ合衆国 · 続きを見る »

アルコール発酵

アルコール発酵 (アルコールはっこう、) は、グルコース、フルクトース、ショ糖などの糖を分解して、エタノールと二酸化炭素を生成し、エネルギーを得る代謝プロセスであり、酸素を必要としない嫌気的反応である。酵母は酸素がないところで、糖を用いてアルコール発酵する代表的な生物である。その応用範囲は、燃料としてのエタノール(バイオエタノール)の大量生産やアルコール飲料、パンなど食品の生産など多岐に渡る。 酵母によらない発酵は、「カーボニック・マセレーション」と呼ばれる反応であり、高濃度の二酸化炭素または窒素ガス中(低酸素雰囲気)に置かれたブドウの果実中で起こる嫌気的反応で、酵素の作用により糖がアルコールに変化する。この手法はボジョレー・ヌーヴォーの醸造の際に用いられている。.

新しい!!: カール・ノイベルグとアルコール発酵 · 続きを見る »

カルボキシル化

ルボキシル化(カルボキシルか、Carboxylation)は、基質にカルボン酸を導入する化学反応である。逆の反応は脱炭酸反応である。.

新しい!!: カール・ノイベルグとカルボキシル化 · 続きを見る »

生化学

生化学(せいかがく、英語:biochemistry)は生命現象を化学的に研究する生化学辞典第2版、p.713 【生化学】生物学または化学の一分野である。生物化学(せいぶつかがく、biological chemistry)とも言う(若干生化学と生物化学で指す意味や範囲が違うことがある。生物化学は化学の一分野として生体物質を扱う学問を指すことが多い)。生物を成り立たせている物質と、それが合成や分解を起こすしくみ、そしてそれぞれが生体システムの中で持つ役割の究明を目的とする。.

新しい!!: カール・ノイベルグと生化学 · 続きを見る »

解糖系

解糖系 解糖系(かいとうけい、Glycolysis)とは、生体内に存在する生化学反応経路の名称であり、グルコースをピルビン酸などの有機酸に分解(異化)し、グルコースに含まれる高い結合エネルギーを生物が使いやすい形に変換していくための代謝過程である。ほとんど全ての生物が解糖系を持っており、もっとも原始的な代謝系とされている。嫌気状態(けんきじょうたい、無酸素状態のこと)でも起こりうる代謝系の代表的なものである一方で、得られる還元力やピルビン酸が電子伝達系やクエン酸回路に受け渡されることで好気呼吸の一部としても機能する。.

新しい!!: カール・ノイベルグと解糖系 · 続きを見る »

1877年

記載なし。

新しい!!: カール・ノイベルグと1877年 · 続きを見る »

1956年

記載なし。

新しい!!: カール・ノイベルグと1956年 · 続きを見る »

5月30日

5月30日(ごがつさんじゅうにち)はグレゴリオ暦で年始から150日目(閏年では151日目)にあたり、年末まではあと215日ある。誕生花はオリーブ。.

新しい!!: カール・ノイベルグと5月30日 · 続きを見る »

7月29日

7月29日(しちがつにじゅうくにち)は、グレゴリオ暦で年始から210日目(閏年では211日目)にあたり、年末まであと155日ある。誕生花はサボテン、エキザカム。.

新しい!!: カール・ノイベルグと7月29日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

カール・ノイベルク

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »