ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

カンダブ島

索引 カンダブ島

ンダブ島(Kadavu Island)は、フィジーの島。綴りからカダブと読まれることもあるが、フィジー語の発音ではカンダブのほうが原音に近い。面積411平方キロ、人口10167人(2007年)。フィジーで4番目に大きな島である。周囲には火山性の島々が広がり、カンダブ諸島を形成している。 島の中心は中央部にあるブニセア村であり、ここに空港や高校、政府機関が集中している。ブニセアは島を東西に2分するナマラタ地峡に位置する。ビティレブ島にある首都スバから南に88km離れている。 島は東西に細長く、東西は93kmに及ぶのに対し、南北は最も狭いナマラタ地峡で365m、広い所でも13kmである。ナマラタ地峡は北のナマラタ湾と南のガロア湾とに挟まれている。カンダブの地形の特徴は嶮しい山が連なることである。最も高い山は島の西部にあるナブケレブ山で822mである。 カンダブはフィジーでも最も開発の遅れた地方である。山がちな地形のため道路は少なく、住民は自給的な農業を主としている。銀行は島内には存在しない。観光業はあまり盛んではなかったが、シュノーケリングやダイビングを中心に近年観光客が増加しており、リゾートもいくつか建設されるようになってきた。 カンダブ島をヨーロッパ人ではじめて発見したのは、戦艦プロヴィデンスに搭乗したウィリアム・ブライであり、1792年のことであった。.

9 関係: リゾートビティレブ島フィジーフィジー語ダイビングウィリアム・ブライシュノーケリングスバ1792年

リゾート

リゾート (resort) とは、大勢の人が休暇・余暇を過ごす場所のこと。行楽地。.

新しい!!: カンダブ島とリゾート · 続きを見る »

ビティレブ島

ビティレブ島(Viti Levu Island)は、太平洋南部のフィジー諸島最大の島。首都スバ、国際空港のあるナンディなどの都市があるフィジーの中心となる島である。面積は10,388kmだが、全般的に山がちで平野は少ない。一番高い山はトマニビ山(Mt.

新しい!!: カンダブ島とビティレブ島 · 続きを見る »

フィジー

フィジーの地図 フィジー共和国(フィジーきょうわこく)、通称フィジーは、オセアニアの国家で、イギリス連邦加盟国である。首都はビティレブ島のスバ。南太平洋のフィジー諸島と北に500km程離れた保護領のロツマ島に位置する群島国家である。300余の火山島と珊瑚礁からなる。西にバヌアツ、東にトンガ、北にツバルがある。.

新しい!!: カンダブ島とフィジー · 続きを見る »

フィジー語

フィジー語(-ご、Na vosa vaka-Viti)は、フィジーで話される言語。オーストロネシア語族、メラネシア語派に属す。第一言語としての話者は35万人、第二言語としての話者は20万人。1997年にフィジー協会が発足し、英語、ヒンディー語にならんで国語としての独立の運動を行っている。.

新しい!!: カンダブ島とフィジー語 · 続きを見る »

ダイビング

ダイビング (diving) /ダイブ(dive)は「飛び込み」のことで、広義には水泳競技での飛び込み種目からスカイダイビングまで含まれる。.

新しい!!: カンダブ島とダイビング · 続きを見る »

ウィリアム・ブライ

ウィリアム・ブライ(、1754年9月9日 – 1817年12月7日)はイギリス海軍の士官。海軍中将、王立協会会員、植民地管理者。有名な「バウンティ号の反乱」(1789年)の際、バウンティ号を率いていた人物として知られている。 反乱は彼の指揮に対して起こされた。彼をはじめとする19名は反乱者によってバウンティ号の搭載艇に乗せられ海上に送り出されたが、非凡な航海術によってティモール島まで辿り付いたことで記憶されている。「バウンティの反乱」からかなりの後、彼はオーストラリアのニューサウスウェールズ(NSW)の軍隊における不正なラム酒取引を正す命を受け、ニューサウスウェールズの総督に任命された。これは、ジョージ・ジョンストン少佐がジョン・マッカーサーと共謀して起こしたラム酒の反乱のきっかけとなった。.

新しい!!: カンダブ島とウィリアム・ブライ · 続きを見る »

シュノーケリング

ュノーケリング シュノーケル、マスク、フィンの3点セット シュノーケリングまたはスノーケリング(米:snorkeling、英:snorkelling、独:Schnorcheln)は、シュノーケルを身につけて、水面または比較的浅い水中を游泳するレクレーション活動またはマリンスポーツである。同様の器材を用いる場合であっても、潜水を主目的とする場合はスキンダイビングと呼んで区別される。.

新しい!!: カンダブ島とシュノーケリング · 続きを見る »

スバ

バ(Suva)は、フィジー共和国の首都であり、ナシヌーに次いで同国第2の人口を有する地方自治体である。Central Division Rewa Provinceのビティレブ島南東沿岸に位置する。1877年、オバラウ島のレブカにおけるヨーロッパ人の旧主要開拓地の地理的制約が判明した際、同国の首都はスバとすることが決定された。1882年、ヨーロッパ人居留地の統治機構はレブカからスバへと移された。 スバはフィジーの政治及び行政首都である。南太平洋最大かつ最も国際的な都市であり、域内の重要な中心地となった。太平洋地域からの学生及び成長中の海外駐在者のコミュニティが、同市の人口のかなりの部分を形成している。地方政府の法令の権限の下、スバは市議会により行政上統治されている。 2007年の国勢調査において、スバ市の人口は85,691人であった。スバは隣接するラミ, ナシヌー及びナウソリとともに、国の人口の3分の1を超えるおよそ330,000人の総人口を有する。この都市複合体はスバ-ナウソリ回廊地帯としても知られる (ラミは含まず) スヴァとも表記される。良港に恵まれた港湾都市であり、国内各地への船便が発着している。14階建てのフィジー準備銀行ビルは、市内唯一といっても過言ではない高層ビルである。.

新しい!!: カンダブ島とスバ · 続きを見る »

1792年

記載なし。

新しい!!: カンダブ島と1792年 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »