ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

カボ・デルガード州

索引 カボ・デルガード州

ボ・デルガード州(Província de Cabo Delgado)は、モザンビーク北東部にある州である。面積は82,625km2、人口は1,525,634人(2002年)である。州都はペンバ(Pemba)、旧称ポルト・アメリア(Porto Amélia)。.

18 関係: 平野ペンバ (モザンビーク)ナンプーラ州マテモ島マコンデ族ムトワラ州モザンビークモザンビークの州ニアサ州インド洋イボ島キリンバス諸島コモロコモロ諸島シーラカンスタンザニア海岸2002年

平野

平野(へいや)または平地(へいち)とは、山地に対して、低く平らな広い地形のことをさす地理用語である。山の中の平らな所は平野とは呼ばず、盆地、あるいは高原という。.

新しい!!: カボ・デルガード州と平野 · 続きを見る »

ペンバ (モザンビーク)

ペンバ(Pemba)、旧称ポルト・アメリア(Porto Amélia)は、モザンビーク共和国の都市、カボ・デルガード州の州都である。 1904年にポルトガルの特許会社ニアッサによって、半島の南西部に建設された都市であり、時の王妃アメリー・ドルレアンにちなんで、ポルト・アメリアと命名された。ポルトガル植民地様式の建築で知られた都市であったが、1975年の独立時に、ペンバに改称されている。 天然の良港に恵まれた都市であり、2009年の調査では、人口153,900人。 マリンスポーツやダイビングの穴場として知られる他、観光にも力を入れており、5つ星級とされるペンバ・ビーチ・ホテルを中核にビーチリゾート、マリンリゾート等が開発の途上にある。 Category:モザンビークの都市.

新しい!!: カボ・デルガード州とペンバ (モザンビーク) · 続きを見る »

ナンプーラ州

ナンプーラ州(Nampula província)は、モザンビーク北東部の州である。旧称モザンビーク州(Moçambique província)。面積は81,606km2、人口は3,410,141人(2002年)。州都は、ナンプーラ(Nampula cidade)。.

新しい!!: カボ・デルガード州とナンプーラ州 · 続きを見る »

マテモ島

マテモ島(Matemo)はモザンビーク・キリンバス諸島を構成する島のひとつ。イボ島の北西に位置し、自然が多く残されている。モザンビーク北部のカボ・デルガード州に属し、同州の州都・ペンバから約100km離れている。面積は約24km2であり、ヤシの木立と砂浜を持つ。この島には2つの村があり、一つは旧来の住民の住む村で、もう一方はラニ・リゾーツグループ傘下のマテモ・アイランド・リゾートを中心とした村である。.

新しい!!: カボ・デルガード州とマテモ島 · 続きを見る »

マコンデ族

マコンデ族は、タンザニア南部からモザンビーク北部に住む、バントゥー語族の部族。木彫りの伝統を持つことで有名。マコンデ語のほか両国の公用語のスワヒリ語もしくはポルトガル語を話す。.

新しい!!: カボ・デルガード州とマコンデ族 · 続きを見る »

ムトワラ州

ムトワラ州(Mkoa wa Mtwara)は、タンザニア南東部の州である。北部にリンディ州、西部にルヴマ州、南部にロヴマ川を挟んでモザンビークのカボ・デルガード州、ニアサ州と接している。東部はインド洋が広がる。北方のリンディ州も元々はムトワラ州の区域であったが、分かれたためにこの州はかなり小さくなってしまった。人口1,128,523人(2002年)、州都はモザンビーク国境に近い海辺の都市ムトワラである。 Category:タンザニアの州.

新しい!!: カボ・デルガード州とムトワラ州 · 続きを見る »

モザンビーク

モザンビーク共和国(モザンビークきょうわこく)、通称モザンビークは、アフリカ大陸南東部に位置する共和制国家である。南に南アフリカ共和国、南西にスワジランド、西にジンバブエ、北西にザンビア、マラウイ、北にタンザニアと国境を接し、モザンビーク海峡を隔てて東にマダガスカルとコモロが存在する。首都はマプト。 旧ポルトガルの植民地であり、1964年からモザンビーク独立戦争を戦い抜いた後の1975年に独立を達成した。しかし、独立後も1977年から1992年までモザンビーク内戦が続いた。内戦終結後は好調な経済成長を続ける反面、HIV/AIDSの蔓延が問題となっている。ポルトガル語諸国共同体、ポルトガル語公用語アフリカ諸国の加盟国であるが、隣接国が全て英語圏の国家であるため1995年からイギリス連邦に加盟している。.

新しい!!: カボ・デルガード州とモザンビーク · 続きを見る »

モザンビークの州

モザンビークは、以下10の州 (província) 、及び州と同格の1つの市 (cidade) に分かれる。.

新しい!!: カボ・デルガード州とモザンビークの州 · 続きを見る »

ニアサ州

ニアサ州(Niassa província)は、モザンビークの北西に位置する州である。面積は129,056km2あり、国内で最大。人口は848,900人(1999年)。州都は、リシンガ(Lichinga)、旧称ヴィラ・カブラル(Vila Cabral)。.

新しい!!: カボ・デルガード州とニアサ州 · 続きを見る »

インド洋

インド洋(印度洋、インドよう、英:Indian Ocean、羅:Oceanus Indicus オーケアヌス・インディクス)は、太平洋、大西洋と並ぶ三大洋の一つである。三大洋中最も小さい。面積は約7355万平方kmである。地球表面の水の約20パーセントが含まれる。インド洋の推定水量は292131000km³である。「インド洋」の名はインドに由来する。.

新しい!!: カボ・デルガード州とインド洋 · 続きを見る »

イボ島

イボ島(Ilha do Ibo)は東アフリカのインド洋にあるキリンバス諸島(:en:Quirimbas Islands)に属する島で、モザンビーク北部のカボ・デルガード州に属する,2011-02-22閲覧。。南緯12度21分、東経40度38分に位置する。人口は3,054人(1997年人口調査)。.

新しい!!: カボ・デルガード州とイボ島 · 続きを見る »

キリンバス諸島

リンバス諸島はモザンビーク海峡に浮かぶモザンビーク領の島。 モザンビーク北東部カボ・デルガード州に属し、イボ島、マテモ島、キリンバ島、Metundo島、Quisiva島、Vamizi島、Rolas島など、およそ32の島からなる。 もともとは漁民の集落があった。16世紀にアラブ人の交易拠点周辺で人口が増加しポルトガル人の交易路として発展した。ポルトガルが都市の占領を始めるとアラブ人は他所へ移動。アラブ人はポルトガルとの交易と拒否し、その結果攻撃を受けて60人のムスリム商人が死傷し、その資産は焼き払われた。諸島は1975年のモザンビーク独立までポルトガル統治下にあった。独立前は有人島は4つのみであったが、現在では多くの島に住民がいる。 南部の11の島はキリンバス国立公園に含まれる。.

新しい!!: カボ・デルガード州とキリンバス諸島 · 続きを見る »

コモロ

モロ連合(コモロれんごう、Union des Comores)、通称コモロは、インド洋のコモロ諸島のグランドコモロ島(ンジャジジャ島)、アンジュアン島(ヌズワニ島)、モヘリ島(ムワリ島)で構成される国家。コモロ政府はフランス領マヨット島(マオレ島)の領有権も主張している。海を隔てて西にはモザンビークがあり、東南にはマダガスカルがある。首都であるモロニはグランドコモロ島(ンジャジジャ島)に位置している。 1975年7月6日、フランスから独立したものの頻繁にクーデターが発生し現在においても世界最貧国の1つであり、度重なる政治危機から経済発展が進んでいない。近海ではたびたびシーラカンスが捕獲される。.

新しい!!: カボ・デルガード州とコモロ · 続きを見る »

コモロ諸島

モロ諸島(コモロしょとう、、)は、アフリカ大陸東南部、マダガスカル島とモザンビークの間にある諸島。主にグランドコモロ島(ンジャジジャ島)、アンジュアン島(ムズワニ島)、モヘリ島(ムワリ島)、マヨット島の4島から成り、最大の島はグランドコモロ島。このうち前者3島はコモロ連合、マヨット島はフランスの統治下にある。この諸島の近海でシーラカンスが発見され、一躍この地は有名になった。 産業はバニラなどの香料生産と、若干の農業・漁業があるが、コモロ領の3島の経済事情は厳しく、生活水準も貧しい。他方、マヨット島は、フランスからの援助や開発により、住民の生活水準はコモロ領の島々より格段に高い。.

新しい!!: カボ・デルガード州とコモロ諸島 · 続きを見る »

シーラカンス

ーラカンス(学名:Coelacanthiformes)は、シーラカンス目()に属する魚類。化石種も現生種も含めた総称である。管椎目(かんついもく)とも呼ばれる。.

新しい!!: カボ・デルガード州とシーラカンス · 続きを見る »

タンザニア

タンザニア連合共和国(タンザニアれんごうきょうわこく)、通称タンザニアは、東アフリカに位置する共和制国家で、イギリス連邦加盟国である。ケニア、ウガンダ、ルワンダ、ブルンジ、ザンビア、マラウイ、モザンビークと国境を接し、タンガニーカ湖対岸にはコンゴ民主共和国があり、またインド洋に面する。1996年に立法府の議事堂が法律上の新首都ドドマに移転されたが、その他の政府官庁は旧首都ダルエスサラームにある。 東アフリカ大陸部のタンガニーカとインド洋島嶼部のザンジバルから構成され、ザンジバルは中央政府から強い自治権を確保したザンジバル革命政府によって統治されている。また、アフリカでも有数の大自然に恵まれ、文化的にもスワヒリ語を国語とし、アフリカ在来の言語が大きな役割を果たしている数少ない国家である。.

新しい!!: カボ・デルガード州とタンザニア · 続きを見る »

海岸

日本南端の海岸来間島の長間浜 磯の海岸(千葉県鴨川市) フィリピン共和国バタンガス州ナスグブ町の海岸 海岸(かいがん)とは、陸が海に接する部分のこと。海辺(うみべ)、渚・沚(なぎさ)、汀(みぎわ)、水際(みずぎわ・すいさい)などともいう。.

新しい!!: カボ・デルガード州と海岸 · 続きを見る »

2002年

この項目では、国際的な視点に基づいた2002年について記載する。.

新しい!!: カボ・デルガード州と2002年 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

カーボ・デルガード州

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »