ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

カビンダ

索引 カビンダ

ビンダ州(Cabinda)は、アンゴラの飛び地の地方行政区分の一つ。コンゴ共和国とコンゴ民主共和国に囲まれたアフリカの南西海岸にある。面積は7270km2、州都はカビンダ。 沖合は世界的にも重要な石油生産地域であり、アンゴラ内戦時、カビンダは内戦の被害から巻き込まれずに済んだ。カビンダのほかの経済は、熱帯林地帯で年約8万トンの木材を輸出。コーヒー、ココアを産出し、燐鉱石を産出。アブラヤシも栽培されている。 Republic of Cabindaの暫定旗.

19 関係: 宗主国ペペテラマヨンベポルトガルリンアンゴラアンゴラ内戦アンゴラ共和国軍アブラヤシアフリカカビンダ (都市)ゲリラコンゴ共和国コンゴ民主共和国コーヒーココアサッカートーゴ代表石油飛地

宗主国

宗主国(そうしゅこく)とは、実際の権力は対等もしくは逆転しているが格式や権威において上下関係を有するか、または格式や名目上の権威においては対等だが権限範囲において上下関係を有する諸国において、その最上位にあって他の関係諸国を下位とする国である。.

新しい!!: カビンダと宗主国 · 続きを見る »

ペペテラ

ペペテラのサイン。 ペペテラ(Pepetela, 1941年 - )はアンゴラの作家。アンゴラ西部のベンゲラ出身。ポルトガル系アンゴラ人。本名は、アルトゥール・カルロス・マウリシオ・ペスターナ・ドス・サントス(Artur Carlos Maurício Pestana dos Santos)。ペペテラとは、ウンブンド語で「まつ毛」を意味し、ポルトガル語でまつ毛を意味する本名のペスターナとかけてこの名を選んだ。ポルトガル語で執筆を行なう。 MPLA(アンゴラ解放人民運動)の一員としてアンゴラ独立戦争に参加し、その体験をもとに小説『マヨンベ』を執筆した。マヨンベとは、物語の舞台となるアンゴラの飛び地であるカビンダの熱帯雨林を指す。 1997年にカモンイス賞を受賞した。.

新しい!!: カビンダとペペテラ · 続きを見る »

マヨンベ

マヨンベとは、アンゴラの作家ペペテラの小説である。1980年に出版された。.

新しい!!: カビンダとマヨンベ · 続きを見る »

ポルトガル

ポルトガル共和国(ポルトガルきょうわこく、República Portuguesa、República Pertuesa)、通称ポルトガルは、南ヨーロッパのイベリア半島に位置する共和制国家である。北と東にスペインと国境を接し、国境線の総延長は1,214kmに及ぶ。西と南は大西洋に面している。ヨーロッパ大陸部以外にも、大西洋上にアソーレス諸島とマデイラ諸島を領有している。首都はリスボン。 ポルトガルはユーラシア大陸最西端の国家である。ヨーロッパで最初に海路で中国や日本など東アジアとの接触を持った。.

新しい!!: カビンダとポルトガル · 続きを見る »

リン

リン(燐、、)は原子番号 15、原子量 30.97 の元素である。元素記号は P。窒素族元素の一つ。白リン(黄リン)・赤リン・紫リン・黒リンなどの同素体が存在する。+III(例:六酸化四リン PO)、+IV(例:八酸化四リン PO)、+V(例:五酸化二リン PO)などの酸化数をとる。.

新しい!!: カビンダとリン · 続きを見る »

アンゴラ

アンゴラ共和国(アンゴラきょうわこく)、通称アンゴラは、アフリカ南西部に位置する共和制国家。東にザンビア、南にナミビア、北にコンゴ民主共和国と国境を接し、西は大西洋に面している。コンゴ民主共和国を挟んで飛地のカビンダが存在し、カビンダは北にコンゴ共和国と国境を接する。首都はルアンダ。 旧ポルトガル植民地であり、1961年からアンゴラ独立戦争を戦い、1975年に独立を達成した。独立後も1975年から2002年まで内戦が続いたが、内戦終結後は石油やダイヤモンドなどの豊富な資源を背景に急激な経済発展を続けている。しかし、1000万を越える敷設地雷や首都ルアンダの物価が世界一高い2009年8月28日閲覧など課題も多い。ポルトガル語諸国共同体、ポルトガル語公用語アフリカ諸国の加盟国であり、アフリカ最大のポルトガル語人口を擁する国である。.

新しい!!: カビンダとアンゴラ · 続きを見る »

アンゴラ内戦

アンゴラ内戦(アンゴラないせん)は、アフリカのアンゴラで1975年から2002年まで続いた内戦。ソビエト連邦、キューバ、SWAPOの支援を受けたMPLAと、アメリカ、南アフリカ、ザイール、中華人民共和国の支援を受けたUNITA、FNLAによる内戦で、典型的な米ソ代理戦争である。.

新しい!!: カビンダとアンゴラ内戦 · 続きを見る »

アンゴラ共和国軍

アンゴラ軍(アンゴラぐん)は、アンゴラ共和国の軍隊である。 陸軍、海軍(Marinha de Guerra、MGA)、空軍及び防空軍の3軍に分れ、総兵力11万を擁する。陸軍が最大の組織であり、10万以上の兵力を有する。海軍は、3,000人の兵員と小型の哨戒艇を運用し、空軍は戦闘機・輸送機を含むロシア製の装備を7,000人の兵員で運用する。 飛地のカビンダの独立運動を抑えるために展開しており、コンゴ民主共和国とコンゴ共和国にも少数の人員が駐留している。.

新しい!!: カビンダとアンゴラ共和国軍 · 続きを見る »

アブラヤシ

アブラヤシ(oil palm, Elaeis)は、ヤシ科アブラヤシ属に分類される植物の総称。アンゴラやガンビア周辺の西アフリカを原産とするギニアアブラヤシ(Elaeis guineensis)と、中南米の熱帯域原産のアメリカアブラヤシ(Elaeis oleifera)の2種が知られる。 ギニアアブラヤシは古くから中部アフリカの熱帯雨林地帯で広く栽培されており、単にアブラヤシと言えばこの種を指すことが多い。アメリカアブラヤシはCorozo属にも分類されることがある。中南米熱帯域では、ヤシ科植物の多様性は高いもののアフリカ大陸や東南アジアと異なってヤシ科植物の栽培利用文化が発達しなかった。しかし、アメリカアブラヤシは中南米熱帯域で例外的に利用文化が発達した植物である。 成木は単一の幹からなり、高さ20mに達する。葉は羽状で長さ3-5mほどのものが、年間に若木では約30枚、樹齢10年以上の木では約20枚が新しく生える。花は3枚の花弁と3枚のがく片からできており、個々は小さいが密集した集団を形成する。受粉してから果実が成熟するまでは約6ヶ月かかる。果実は鶏卵大で集団をなし、油分の多い多肉質の果肉(中果皮)と、同じく油分に富んだ1つの種子から構成され、重さは1房あたり40-50kgほどになる。 果肉と種子から油脂が取れ、商業作物としてマレーシアを中心に大規模な栽培(プランテーション農業)が行われている。栽培品種の中にはギニアアブラヤシとアメリカアブラヤシの交配品種もある。.

新しい!!: カビンダとアブラヤシ · 続きを見る »

アフリカ

衛星画像 NASA) 南部アフリカ アフリカ(ラテン語:Āfrica、英語:Africa)は、広義にはアフリカ大陸およびその周辺のマダガスカル島などの島嶼・海域を含む地域の総称で、六大州の一つ。阿州。漢字表記は阿弗利加。.

新しい!!: カビンダとアフリカ · 続きを見る »

カビンダ (都市)

ビンダ(Cabinda)は、アンゴラの飛び地であるカビンダ州に位置する都市である。カビンダ人にはチオワ(Tchiowa)と呼ばれている。 カビンダでは反政府ゲリラ組織の=カビンダ軍(pt:Frente para a Libertação do Enclave de Cabinda - Forças Armadas de Cabinda,FLEC-FAC)が存在しカビンダ共和国と言う名称で分離独立を宣言しており、外国人の誘拐や、ゲリラ活動等を繰り返している。2003年5月以降、同組織幹部が相次いで政府軍に投降しており、組織として弱体化していたが、未だに政府側との平和的な話し合いには応じず、小規模ながらカビンダの分離独立を求めてゲリラ活動を続けている。 2009年のカビンダ市の人口は377,931人。 街はポルトガル人によって奴隷貿易のために築かれた港に起源を持つ。.

新しい!!: カビンダとカビンダ (都市) · 続きを見る »

ゲリラ

リラ(guerrilla)は、ゲリラ戦(遊撃戦)と呼ばれる不正規戦闘を行う民兵またはその組織のことでパルチザンとも呼ばれる。ゲリラ戦とは、予め攻撃する敵を定めず、戦線外において小規模な部隊を運用して、臨機応変に奇襲、待ち伏せ、後方支援の破壊といった、攪乱や攻撃を行う戦法、またはその戦法が用いられた戦闘を指す。 なお日本の警察用語では、上記と異なる定義がなされる。警察庁が発行する警察白書では、施設などを攻撃する対物テロを「ゲリラ」、個人を標的とする対人テロを「テロ」と区分している。もっとも、事件の中にはどちらに該当するか区分付きがたいケース(例:警視庁独身寮爆破事件)もあり、一般国民に対する広報では、「テロ・ゲリラ」と一括して取り扱っている。.

新しい!!: カビンダとゲリラ · 続きを見る »

コンゴ共和国

ンゴ共和国(コンゴきょうわこく)は、中部アフリカに位置する共和制国家。東にコンゴ民主共和国、北にカメルーンと中央アフリカ、西にガボン、南にアンゴラの飛地カビンダと国境を接している。首都はブラザヴィル。 二つのコンゴとアンゴラ北部は15世紀頃まではコンゴ王国の一体的な領域だったが、16世紀にポルトガルによる征服を経た後に、19世紀のベルリン会議でベルギー領(現在のコンゴ民主共和国)とフランス領(現在のコンゴ共和国)とポルトガル領に分けられた。1970年から1991年までの期間は左翼クーデターによりコンゴ人民共和国だった。.

新しい!!: カビンダとコンゴ共和国 · 続きを見る »

コンゴ民主共和国

衛星写真 コンゴ民主共和国(コンゴみんしゅきょうわこく)は、中部アフリカに位置する共和制国家。北西にコンゴ共和国、南西にアンゴラ、南にザンビア、東にタンザニア、ブルンジ、ルワンダ、北東にウガンダ、南スーダン、北に中央アフリカ共和国と国境を接し、西は大西洋に面する。首都はキンシャサである。 アフリカ大陸中央部のコンゴ川流域に広がり、アルジェリアに続いてアフリカ大陸で第2位の面積を擁し、世界全体でも第11位の面積を擁する広大な国家である。1997年に現在の国名に改められたが、それまでの国名のザイールとしてもよく知られる。熱帯性気候。.

新しい!!: カビンダとコンゴ民主共和国 · 続きを見る »

コーヒー

ーヒー コーヒー( )は、コーヒー豆(コーヒーノキの種子)を焙煎し挽いた粉末から、湯または水で成分を抽出した飲料。歴史への登場は酒や茶には遅れるが、多くの国で飲用されている嗜好飲料である。家庭や飲食店、職場などで飲用され、コーヒーの専門ショップも多数存在する。抽出前の粉末や粉砕前の焙煎豆も、同じくコーヒーと呼ばれることもある。日本語では「珈琲」と当て字されているフリーランス雑学ライダーズ編『あて字のおもしろ雑学』 p.125 1988年 永岡書店。 世界各国において、コーヒーを提供する場の喫茶店(コーヒー・ハウス、カフェ、カフェー)は近代、知識人や文学、美術などさまざまな分野の芸術家の集まる場として、文化的にも大きな役割を果たしてきた。さらに、貿易規模が大きい一次産品であるため、経済上も重要視されている。大体北回帰線と南回帰線の間(コーヒーベルト)の約70箇国で生産され、アメリカ、ヨーロッパ、日本など全世界に輸出されている。カフェインに代表される薬理活性成分を含むことから医学・薬学の面から研究の対象となっている。.

新しい!!: カビンダとコーヒー · 続きを見る »

ココア

ア(cocoa、 コウコウ )とは、広義には、カカオ豆およびカカオ豆を原料とするチョコレートの各種中間製品(カカオペースト(カカオマスを滑らかにしたもの)、狭義のココア、ココアバターなど)、狭義には、カカオマスの油脂分(ココアバター)を減らした固形物、または、その粉末ココアパウダーや、ココアパウダーを溶かした飲料の略称である。以下では主に狭義のココアを説明する。 飲料のココアとホット・チョコレートには厳密な区別は存在しない。区別をする場合、例えば、飲料のココアは、ココアバターを減らすことで粘性を低くし飲みやすくするために、ココアパウダーから作られ、ホット・チョコレートは、ココアバターをより多く含んだクーベルチュール・チョコレートから作られる、などと区別する。.

新しい!!: カビンダとココア · 続きを見る »

サッカートーゴ代表

ッカートーゴ代表は、トーゴサッカー連盟により構成されるトーゴのサッカーのナショナルチームである。ホームスタジアムは首都のロメにある。 2006 FIFAワールドカップ予選では前回の日韓大会で旋風を巻き起こしたセネガルを抑えて、ワールドカップ初出場を決めた。しかし、アフリカネイションズカップではグループリーグで敗退、ワールドカップ本大会でも3戦全敗となりグループリーグ敗退に終わった。その後は3大会連続アフリカ予選でいずれも敗退し低迷が続いている。.

新しい!!: カビンダとサッカートーゴ代表 · 続きを見る »

石油

石油(せきゆ)とは、炭化水素を主成分として、ほかに少量の硫黄・酸素・窒素などさまざまな物質を含む液状の油で、鉱物資源の一種である。地下の油田から採掘後、ガス、水分、異物などを大まかに除去した精製前のものを特に原油(げんゆ)という。 原油の瓶詰め 石油タン.

新しい!!: カビンダと石油 · 続きを見る »

飛地

飛地(とびち、飛び地)とは、一つの国の領土や行政区画、町会等の内、地理的に分離している一部分である。土地の一部が「他所に飛んでいる」と見られることからこう呼ばれる。 オエクシ)が飛地にあたる。.

新しい!!: カビンダと飛地 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

カビンダ州

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »