ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

カバナチュアン

索引 カバナチュアン

バナチュアン市 (Lungsod ng Cabanatuan; Dakbayan sa Cabanatuan; Lakanbalen ning Cabanatuan; Siyudad na Cabanatuan; Ciudad ti Cabanatuan)はフィリピン共和国のルソン島の中部ルソン地方の新エシハ州の都市である。2010年時点で人口は約27.3万人で、州内最大且つ中部ルソン地方でも5番目に多い。 カバナチュアンには3万台以上の三輪車が走っており、「三輪車の首都」を名乗っている。 カガヤン谷道路に沿った戦略的な位置に有る事から、州における経済や教育、医療、娯楽、買い物、交通の中心になっている。1965年までは州都だった。旧州庁舎は現在も行政が管理し使用している。.

24 関係: 中部ルソン地方バランガイバギオ大地震バターン死の行進ルソン島ヌエヴァ・エシハ州フィリピンアメリカ合衆国アントニオ・ルナイスラム教カトリック教会サバナ気候第二次世界大戦日本1750年1780年1850年1899年1917年1945年1950年1957年1965年1990年

中部ルソン地方

中部ルソン地方(Central Luzon, Region III)は、フィリピン北部ルソン島中部の地方である。メトロ・マニラ(Metro Manila)と呼ばれるマニラ首都圏(National Capital Region, NCR)とともに北タガログ地方(Northern Tagarog, Region III)であったが、2地方に分けられた。中心都市はサンフェルナンド(San Fernando)である。.

新しい!!: カバナチュアンと中部ルソン地方 · 続きを見る »

バランガイ

マリンドゥケ、ボアク、マイボでの市庁舎。 バランガイ(英語:barangay, タガログ語:baranggay)は、フィリピンの都市(cities)と町(Municipalities)を構成する最小の地方自治単位であり、村、地区または区を表す独自のフィリピン語である。また、バリオ(barrio)という旧名でも知られる。バランガイは地名においてしばしば「Brgy」または「Bgy」と略される。2006年12月31日現在、フィリピンには合計41,995のバランガイがある。 現代の行政におけるバランガイという語とその構造は、フェルディナンド・マルコス大統領の統治期間に古いバリオから交換して考案された。そしてバランガイは、1991年の地方自治体規約の下で成文化された。.

新しい!!: カバナチュアンとバランガイ · 続きを見る »

バギオ大地震

バギオ大地震(バギオだいじしん)は、フィリピンのバギオで1990年7月16日16時26分に発生したマグニチュード7.8の地震。ルソン島地震、1990年フィリピン地震佐藤忠信、東原紘道、小長井一男 京都大学防災研究所年報34巻 1991年4月1日 pp.63-80等ともよばれる。 110km以上におよぶ地震断層が地表に現れ、横ずれは最大で5mに達した。液状化現象、地盤沈下、斜面崩壊が各地で見られ、被災範囲は東西約100km、南北約150kmにわたった。翌17日に逆断層運動によると考えられるモーメントマグニチュード6.4の最大余震が発生した。 1621人が死亡し、数千人が負傷した。当時のバギオでは最高級のホテルであったハイアット・テラス・ホテルをはじめ、ホテルなどの建築物が多数倒壊した。.

新しい!!: カバナチュアンとバギオ大地震 · 続きを見る »

バターン死の行進

バターン死の行進(バターンしのこうしん、Martsa ng Kamatayan sa Bataan、Bataan Death March)とは、第二次大戦中の日本軍によるフィリピン進攻作戦において、バターン半島で日本軍に投降したアメリカ軍・フィリピン軍の捕虜が、捕虜収容所に移動する際に多数死亡した行進のことを言う。全長は120kmで、その半分は鉄道とトラックで運ばれ、残り42kmを3日間徒歩で移動した。 フィリピンでは、日本がアメリカ軍を破ってバターン半島を陥落させた4月9日を2009年から (Araw ng Kagitingan) としてフィリピン・アメリカの戦士を称える休日として定めている。.

新しい!!: カバナチュアンとバターン死の行進 · 続きを見る »

ルソン島

ルソン島(ルソンとう、呂宋島、フィリピン語:Luzon)は、フィリピン諸島のうちで最も面積の大きな島。面積はおよそ10万4688km2。フィリピンの総面積の35%を占め、世界で17番目に大きな島であり、世界で4番目に人口が多い島でもある。首都マニラやフィリピンで最も人口が多いケソン、およびそれらを包括する首都圏メトロ・マニラが同島に所在しており、フィリピンの政治・経済で特に重要な位置を占めている。.

新しい!!: カバナチュアンとルソン島 · 続きを見る »

ヌエヴァ・エシハ州

ヌエヴァ・エシハ州(Province of Nueva Ecija)は、フィリピン北部ルソン島の州である。中部ルソン地方(Central Luzon, Region III)に属している。東部にアウロラ州、南部にブラカン州、南西部にパンパンガ州、西部にタルラック州、北西部にイロコス地方のパンガシナン州、北部にカガヤン・バレー地方のヌエヴァ・ヴィスカヤ州と接する内陸州である。面積は5,284.3km2、人口は1,659,883人(2000年)、州都はパラヤン(Palayan)であるが、最大の都市はカバナトゥアン(Cabanatuan)である。.

新しい!!: カバナチュアンとヌエヴァ・エシハ州 · 続きを見る »

フィリピン

フィリピン共和国(フィリピンきょうわこく、Republika ng Pilipinas、Republic of the Philippines、) 通称フィリピンは、東南アジアに位置する共和制国家である。島国であり、フィリピン海を挟んで日本とパラオ、ルソン海峡を挟んで台湾、スールー海を挟んでマレーシア、セレベス海を挟んでインドネシア、南シナ海を挟んで中国およびベトナムと対する。フィリピンの東にはフィリピン海、西には南シナ海、南にはセレベス海が広がる。首都はマニラで、最大の都市はケソンである。国名のフィリピンは16世紀のスペイン皇太子フェリペからちなんでいる。.

新しい!!: カバナチュアンとフィリピン · 続きを見る »

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国(アメリカがっしゅうこく、)、通称アメリカ、米国(べいこく)は、50の州および連邦区から成る連邦共和国である。アメリカ本土の48州およびワシントンD.C.は、カナダとメキシコの間の北アメリカ中央に位置する。アラスカ州は北アメリカ北西部の角に位置し、東ではカナダと、西ではベーリング海峡をはさんでロシアと国境を接している。ハワイ州は中部太平洋における島嶼群である。同国は、太平洋およびカリブに5つの有人の海外領土および9つの無人の海外領土を有する。985万平方キロメートル (km2) の総面積は世界第3位または第4位、3億1千7百万人の人口は世界第3位である。同国は世界で最も民族的に多様かつ多文化な国の1つであり、これは多くの国からの大規模な移住の産物とされているAdams, J.Q.;Strother-Adams, Pearlie (2001).

新しい!!: カバナチュアンとアメリカ合衆国 · 続きを見る »

アントニオ・ルナ

アントニオ・ルナ(Antonio Luna de San Pedro y Novicio-Ancheta,1866年10月29日 - 1899年6月5日)は、フィリピンの軍人、薬剤師。フィリピン初の軍事学校を創設し、米比戦争ではフィリピン第一共和国の最も優れた将校とみられている。フィリピン革命軍の指揮官アルテミオ・リカルテを引き継ぎ、ゲリラ軍を組織した。またマニラ北部に建設したルナ防衛線は戦時中にアメリカ軍に苦戦を強いた。 アントニオ・ルナ.

新しい!!: カバナチュアンとアントニオ・ルナ · 続きを見る »

イスラム教

イスラム教(イスラムきょう、イスラーム教、イスラーム、和名・漢字圏名:回教)は、唯一絶対の神(アラビア語でアッラー)を信仰し、神が最後の預言者を通じて人々に下した(啓示した)とされるクルアーンの教えを信じ、従う一神教である。 ユダヤ教やチゲリスト教の影響を受けた唯一神教で、偶像崇拝猶、いわゆる『偶像崇拝』が神像を用いた礼拝と同義であるのかを巡っては、宗教や個人により大きな開きがあるを徹底的に排除し、神への奉仕を重んじ、信徒同士の相互扶助関係や一体感を重んじる点に大きな特色があるとされる。アッラーを崇拝するが、アッラーとは、もともとアラビアの多神教の神々の中の一人であったが、ムハンマドがメッカを占領すると、他の多神教の神々の像は全て破壊され、そして作ることや描くことも禁止され、その神だけを崇拝するようになった。.

新しい!!: カバナチュアンとイスラム教 · 続きを見る »

カトリック教会

トリック教会(カトリックきょうかい、)は、ローマ教皇を中心として全世界に12億人以上の信徒を有するキリスト教最大の教派。その中心をローマの司教座に置くことからローマ教会、ローマ・カトリック教会とも呼ばれる。.

新しい!!: カバナチュアンとカトリック教会 · 続きを見る »

サバナ気候

バナ気候(サバナきこう)とはケッペンの気候区分における気候区のひとつで熱帯に属する。亜熱帯高圧帯の南北移動を原因とする雨季と乾季の明確な分化が特徴である。サバンナ気候、サヴァナ気候とも呼ばれる。記号はAwでAは熱帯、wは冬に乾燥(wintertrocken)を表す。 植生は疎林とイネ科の植物からなる草原となる。乾季には樹木は落葉し、草原も枯れる。日照時間が長く肥沃な土壌であり、コーヒー、サトウキビ、綿花などが栽培される。.

新しい!!: カバナチュアンとサバナ気候 · 続きを見る »

第二次世界大戦

二次世界大戦(だいにじせかいたいせん、Zweiter Weltkrieg、World War II)は、1939年から1945年までの6年間、ドイツ、日本、イタリアの日独伊三国同盟を中心とする枢軸国陣営と、イギリス、ソビエト連邦、アメリカ 、などの連合国陣営との間で戦われた全世界的規模の巨大戦争。1939年9月のドイツ軍によるポーランド侵攻と続くソ連軍による侵攻、そして英仏からドイツへの宣戦布告はいずれもヨーロッパを戦場とした。その後1941年12月の日本とイギリス、アメリカ、オランダとの開戦によって、戦火は文字通り全世界に拡大し、人類史上最大の大戦争となった。.

新しい!!: カバナチュアンと第二次世界大戦 · 続きを見る »

日本

日本国(にっぽんこく、にほんこく、ひのもとのくに)、または日本(にっぽん、にほん、ひのもと)は、東アジアに位置する日本列島(北海道・本州・四国・九州の主要四島およびそれに付随する島々)及び、南西諸島・伊豆諸島・小笠原諸島などから成る島国広辞苑第5版。.

新しい!!: カバナチュアンと日本 · 続きを見る »

1750年

記載なし。

新しい!!: カバナチュアンと1750年 · 続きを見る »

1780年

記載なし。

新しい!!: カバナチュアンと1780年 · 続きを見る »

1850年

記載なし。

新しい!!: カバナチュアンと1850年 · 続きを見る »

1899年

記載なし。

新しい!!: カバナチュアンと1899年 · 続きを見る »

1917年

記載なし。

新しい!!: カバナチュアンと1917年 · 続きを見る »

1945年

この年に第二次世界大戦が終結したため、世界史の大きな転換点となった年である。.

新しい!!: カバナチュアンと1945年 · 続きを見る »

1950年

記載なし。

新しい!!: カバナチュアンと1950年 · 続きを見る »

1957年

記載なし。

新しい!!: カバナチュアンと1957年 · 続きを見る »

1965年

記載なし。

新しい!!: カバナチュアンと1965年 · 続きを見る »

1990年

この項目では、国際的な視点に基づいた1990年について記載する。.

新しい!!: カバナチュアンと1990年 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »