ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

カトナ

索引 カトナ

トナ(カトゥナ、Qatna、アラビア語:قطنا、現在のアル=マシュラファ al-Mashrafah المشرفة)はシリアにある古代の都市国家の遺跡。ホムスの北東18km、オロンテス川の支流ワジ・イル=アスワド(Wadi il-Aswad)にある遺丘テル=エル=ミシュリフェ(Tell-el-Mishrife)にある。遺丘(テル)の面積は1平方kmで、西シリアでも最大級の青銅器時代の都市である。遺丘はシリア砂漠の石灰岩の台地のへりに位置し、肥沃なホムス盆地に面している。.

73 関係: 城壁ミタンニマリ (シリア)チャリオットハンムラビハツォルバビロンバビロニアメギドメソポタミアヤムハドヤスマフ・アダドラムセス3世レバノン山脈トリポリ (レバノン)トトメス1世トトメス3世パルミラヒッタイトビブロステルフルリ人ドイツホムスアマルナアマルナ文書アメンホテプ1世アメンホテプ2世アメンホテプ4世アメンエムハト2世アラム人アララハアラビア語アレッポアッカド語アッシュールアテンアクロポリスイタリアウル第三王朝エマルエバーハルト・カール大学テュービンゲンエジプトエジプト第12王朝エジプト第18王朝エジプト第20王朝オロンテス川カルナック神殿キプロス島...クレタ島シャムシ・アダド1世シュッピルリウマ1世シリアシリア砂漠ジムリ・リムスフィンクススズ紀元前12世紀紀元前7世紀遺丘青銅器時代間取り楔形文字新バビロニア1924年1927年1929年1980年代1994年1999年2002年 インデックスを展開 (23 もっと) »

城壁

城壁(じょうへき、ラテン語 moenia フランス語 muraille、英語 defensive wall) は、城の周囲を囲んで建設された防御壁のことである。城郭都市では都市全体を囲い、また境界線(国境)上に建設し、外敵の攻撃から内側を守る。構造材は石材、レンガ、木材、土(版築)など様々なものがある。日本では城(正確には城砦)の石垣・塀を指すことも多い。.

新しい!!: カトナと城壁 · 続きを見る »

松本城の堀 大坂城の堀 堀(ほり)は、敵や動物の侵入を防ぐため、古代から近世にわたって、城、寺、豪族の住居、集落、古墳などの周囲に掘られた溝のことである。.

新しい!!: カトナと堀 · 続きを見る »

ミタンニ

'''ミタンニ'''の版図 ミタンニ(ヒッタイト語:Mi-ta-an-niあるいはMi-it-ta-ni、アッシリア語: Ḫa-ni-gal-bat - 「ハニガルバト」)はフルリ人が紀元前16世紀頃メソポタミア北部のハブル川上流域を中心に建国した王国である。多民族社会で戦士階級に支配される封建的国家であり、支配階級はインド・アーリア語派の出自を持つと推定される(後述)。.

新しい!!: カトナとミタンニ · 続きを見る »

マリ (シリア)

古代オリエントの地図 マリ(Mari、現在のシリア領内のテル・ハリリ Tell Hariri)は、ユーフラテス川中流の右岸(西岸)にあった古代シュメール(シュメル)およびアムル人の都市国家。現在のシリアの町アブ・カマル(Abu Kamal)の北西11km、デリゾールの南東120kmに位置する。紀元前5千年紀には住居があったとみられるが、都市として繁栄したのは紀元前2900年頃から紀元前1759年にかけてのことで、その後ハンムラビによって破壊された。.

新しい!!: カトナとマリ (シリア) · 続きを見る »

チャリオット

チャリオットの発祥地と伝播紀元前2000年ごろシンタシュタ・ペトロフカ文化で発明され、急速に世界中へ広まった。 チャリオット(Chariot)とは古代の戦争に用いられた戦闘用馬車である。一般に戦車と訳される。戦車とは本来、古代中国で使われていた戦闘用馬車のことである。中国では現在まで一貫して「戦車」はチャリオットを指し、第一次世界大戦時に誕生した現代戦車はTankの音を漢字化した「坦克」と呼ぶ。現代戦車を「戦車」としたのは日本独自の訳語である。ここでは、古代中国の戦車も含む、戦闘馬車全般について記す。.

新しい!!: カトナとチャリオット · 続きを見る »

ハンムラビ

ハンムラビ(アッカド語:Hammurabi、あるいは ハンムラピ Hammu-rapi)は、都市国家バビロン第6代王。後に、メソポタミアに勢力を拡大しバビロニア帝国の初代王となる。アムル人。 ウル・ナンム法典に次ぐ人類最古の記録された法律、ハンムラビ法典を制定して、中央集権をはかったことで知られる。なお、「ハムラビ」や「ハムラビ法典」と表記することもある。。.

新しい!!: カトナとハンムラビ · 続きを見る »

ハツォル

ハツォル(英:Hazor)は、旧約聖書に登場する地名である。。 北パレスチナの有力な町である。ガリラヤ湖の北、フーレ湖の西南8kmにある。現在のテル・ハツォルであると。.

新しい!!: カトナとハツォル · 続きを見る »

バビロン

バビロンはメソポタミア地方の古代都市。市域はバグダードの南方約90kmの地点にユーフラテス川をまたいで広がる。.

新しい!!: カトナとバビロン · 続きを見る »

バビロニア

バビロニア(Βαβυλωνία、Babylonia)、またはバビュロニアは、現代のイラク南部、ティグリス川とユーフラテス川下流の沖積平野一帯を指す歴史地理的領域。南北は概ね現在のバグダード周辺からペルシア湾まで、東西はザグロス山脈からシリア砂漠やアラビア砂漠までの範囲に相当するオリエント事典, pp.440-442.

新しい!!: カトナとバビロニア · 続きを見る »

メギド

メギド (מגידו) はイスラエルにある丘であり、神学的、歴史的、地勢的な理由により知られている。古代においてメギドは有力な都市国家であり、この地をイエス率いる光の勢力とサタンや反キリスト的集団による闇の勢力が最終決戦を行うハルマゲドンの地であると、聖書から解釈している者もいる。.

新しい!!: カトナとメギド · 続きを見る »

メソポタミア

メソポタミアに関連した地域の位置関係 メソポタミア(、ギリシャ語で「複数の河の間」)は、チグリス川とユーフラテス川の間の沖積平野である。現在のイラクの一部にあたる。 古代メソポタミア文明は、メソポタミアに生まれた複数の文明を総称する呼び名で、世界最古の文明であるとされてきた。文明初期の中心となったのは民族系統が不明のシュメール人である。 地域的に、北部がアッシリア、南部がバビロニアで、バビロニアのうち北部バビロニアがアッカド、下流地域の南部バビロニアがシュメールとさらに分けられる。南部の下流域であるシュメールから、上流の北部に向かって文明が広がっていった。土地が非常に肥沃で、数々の勢力の基盤となったが、森林伐採の過多などで、上流の塩気の強い土が流れてくるようになり、農地として使えない砂漠化が起きた。 古代メソポタミアは、多くの民族の興亡の歴史である。 例えば、シュメール、バビロニア(首都バビロン)、アッシリア、アッカド(ムロデ王国の四つの都市のひとつ)、ヒッタイト、ミタンニ、エラム、古代ペルシャ人の国々があった。古代メソポタミア文明は、紀元前4世紀、アレクサンドロス3世(大王)の遠征によってその終息をむかえヘレニズムの世界の一部となる。.

新しい!!: カトナとメソポタミア · 続きを見る »

ヤムハド

ヤムハド(Yamhad、 Jamhad、 Yamkhad)は古代のシリアにあったアムル人の王国。その中心はハルペ(ハラプ、ハルパ)の街(現在のハラブ、別名アレッポ)にあった。アムル人のほかにもフルリ人が住んでおり、フルリ文化の影響がみられる。ヤムハド王国は青銅器時代中期、紀元前19世紀頃から紀元前17世紀後半頃にかけて栄え、南の王国カトナと争った。ヤムハドは最終的に紀元前16世紀、ヒッタイトにより滅ぼされている。 ヤムハドの中心はハルペ(今日のアレッポ)で、その周辺の広い範囲を勢力圏としていた。その正確な範囲は分からないが、主に現在のシリア北部からトルコ南東部が領域だった。シリア砂漠の北、「肥沃な三日月地帯」の北部一帯を占めたヤムハドは、豊かな農業地帯のほかメソポタミアから地中海を結ぶ交易路を手中に収め、1世紀半にわたり北シリア・北メソポタミアに君臨する豊かで強力な国家となった。ハルペにはキプロス島の銅、中央アジアの錫、アナトリアやレバノンの山から切りだされる木材、エーゲ海やメソポタミアの奢侈品などがもたらされ、こうした物資を中継したほか、周囲の農村からの穀物や織物などを各地に輸出した。 ヤムハドではフルリ人も多く、アムル人の信仰するヤムハドの主神・風の神(Hadad、アッカド語: )のほかに、フルリ人の信仰する同様の風の神テシュブ(Teshub)が祀られた。アレッポ人が信仰した神は、メソポタミアの東にあるヌジから地中海側のウガリット、北の小アジアに至る幅広い範囲で信仰される風神が土着化したものである。.

新しい!!: カトナとヤムハド · 続きを見る »

ヤスマフ・アダド

ヤスマフ・アダド(Yasmah Adad、生没年不詳)は古アッシリア王国時代のアッシリア王シャムシ・アダド1世の息子である。同王によってマリ王ヤフドゥン・リムが倒された後、マリ王に任じられていた。 ただし彼が独自に取れる政策は多くは無かったらしい事が、マリ遺跡から発見された彼と父王シャムシ・アダド1世の間でやり取りされた文書類から理解される。に拠った兄のイシュメ・ダガン1世ともども、統治に関してはシャムシ・アダド1世の細かい指示を受けている。 シャムシ・アダド1世が紀元前1781年に死ぬと、アッシリアはエシュヌンナ王イバル・ピ・エル2世の攻撃を受け、マリ方面の統制を失った。その後ヤフドゥン・リムの息子ジムリ・リムがバビロンの王ハンムラビの支援を受けて王座奪回を謀り、マリ王位はジムリ・リムに奪われた。その後のヤスマフ・アダドの消息は不明である。 書籍によってはヤスマフ・アッドゥと記述される。これはアッカド語で記述されるAdadが、アムル語など西セム系の言語ではアッドゥと発音される事による。 Category:アッシリアの君主 Category:マリ.

新しい!!: カトナとヤスマフ・アダド · 続きを見る »

ラムセス3世

ラムセス3世 (Ramesses III) は、エジプト新王国・第20王朝の2代目のファラオである。古代エジプトで大きな権威を持った最後のファラオと称されている。「ラメセス3世」や「ラメス3世」という表記も見られる。以下の本文中における「ラムセス」の表記は全て「ラムセス3世」を表す。.

新しい!!: カトナとラムセス3世 · 続きを見る »

レバノン山脈

レバノン山脈(Jebel Lubnān)は、レバノンの中央を南北に走る全長約160kmの山脈。ジェベル・エル・ガールとも呼ばれる。中東であるのに関わらず、標高3,000m級の山々には雪が積もるため、アラム語で「白」を表すラバンがレバノンの語源となった。最高峰はカーネット・アッサウダー山(Qurnet as Saudā’)の3,088mである。東側にペガーと言われるヨルダン地溝帯が走り、その東側にアンチレバノン山脈、ヘルモン山脈が連なる。山脈の西側は東側よりも降水量が多い。 レバノンの山脈にはかつてレバノン杉が鬱蒼と繁っていたが、腐りにくいのと頑丈であることから、古代エジプトのピラミッド製造に大量伐採され、保護地区に僅かに残るのみである。レバノンの象徴でもあるこの杉の植林作業が進められている。 かつてはキリスト教マロン派とイスラム教ドルーズ派の住民が混住していたが、19-20世紀の両宗派の対立やドルーズ派のシリアへの移住などから、現在は北部にマロン派が、南部にはドルーズ派が集中して居住する。山腹には階段耕作によって果樹やジャガイモが栽培されている。 Category:アジアの山地 Category:レバノンの地形.

新しい!!: カトナとレバノン山脈 · 続きを見る »

トリポリ (レバノン)

トリポリ (Tripoli) は、東地中海沿岸に広がるレバノンの第二の都市であり、北レバノン県の県都でもある。アラビア語ではタラーブルス という。 首都ベイルートと同じく港町で、レバノン第二の港でもある。人口50万人。住民の80%はスンニ派ムスリムである。.

新しい!!: カトナとトリポリ (レバノン) · 続きを見る »

トトメス1世

トトメス1世(Thutmose I、在位:紀元前1524年 - 1518年、あるいは紀元前1506年 - 1493年)は、古代エジプト第18王朝の第3代ファラオ(王)。.

新しい!!: カトナとトトメス1世 · 続きを見る »

トトメス3世

トトメス3世像(エジプト考古学博物館蔵)。 トトメス3世(Thutmose III)は、古代エジプト第18王朝6代目のファラオ(在位:紀元前1479年頃 - 紀元前1425年頃)。.

新しい!!: カトナとトトメス3世 · 続きを見る »

パルミラ

バアル・シャミン(バアルシャメン、Beelshamên)、太陽神マラクベル(Malakbêl)。1世紀ごろの浮彫、シリアの Bir Wereb, Wadi Miyah 付近で発見、ルーヴル美術館所蔵。 パルミラ(Palmyra)は、シリア中央部のホムス県タドモル(タドムル、تدمر、アルファベット転写:Tadmor)にあるローマ帝国支配時の都市遺跡。シリアを代表する遺跡の1つである。1980年、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。ローマ様式の建造物が多数残っており、ローマ式の円形劇場や、浴場、四面門が代表的。ラテン語読みによるパルミュラとも呼ばれる。.

新しい!!: カトナとパルミラ · 続きを見る »

ヒッタイト

ヒッタイト(英:Hittites)は、インド・ヨーロッパ語族のヒッタイト語を話し、紀元前15世紀頃アナトリア半島に王国を築いた民族、またはこの民族が建国したヒッタイト帝国(王国とも)を指す。なお、民族としてのヒッタイトは、ヒッタイト人と表記されることもある。 他の民族が青銅器しか作れなかった時代に、高度な製鉄技術によりメソポタミアを征服した。最初の鉄器文化を築いたとされる。 首都ハットゥシャ(現在のトルコのボアズキョイ遺跡)の発掘が進められている。.

新しい!!: カトナとヒッタイト · 続きを見る »

ビブロス

聖ヨハネ洗礼教会 ローマ劇場 ビブロス(ギリシャ語:Βύβλος、ラテン文字表記:Byblos)は、レバノンの首都であるベイルートの北方約30kmにある地中海沿岸の都市。古代にはフェニキア人の都市として栄えた。「ビブロス」はギリシャ人がつけた呼び名で、本来は「グブラ」のちに「ゲバル」。現在はジュベイル(Jbeil)と呼ばれている。遺跡群はユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されている。.

新しい!!: カトナとビブロス · 続きを見る »

テル

テル.

新しい!!: カトナとテル · 続きを見る »

フルリ人

フルリ人(Hurrian)またはフリ人は、古代オリエントで活動した人々。紀元前25世紀頃から記録に登場する。彼らは北メソポタミア、及びその東西の地域に居住していた。彼らの故郷は恐らくコーカサス山脈であり、北方から移住してきたと考えられるが、確かではない。現在知られている彼らの根拠地はスバル(Subar)の地であり、ハブール川流域や後には北メソポタミアと歴史的シリアのいたるところで小国を形成した。フルリ人達が建てた国の中で最も大きく、有力であったのはミタンニ王国であった。.

新しい!!: カトナとフルリ人 · 続きを見る »

ドイツ

ドイツ連邦共和国(ドイツれんぽうきょうわこく、Bundesrepublik Deutschland)、通称ドイツ(Deutschland)は、ヨーロッパ中西部に位置する連邦制共和国である。もともと「ドイツ連邦共和国」という国は西欧に分類されているが、東ドイツ(ドイツ民主共和国)の民主化と東西ドイツの統一により、「中欧」または「中西欧」として再び分類されるようになっている。.

新しい!!: カトナとドイツ · 続きを見る »

ホムス

ホムス(Homs、アラビア語: حمص、Ḥimṣ、ヒムシュ、ヒムス)は、シリア(シリア・アラブ共和国)西部にある都市で、ホムス県の県都である。地中海から若干離れた内陸にあり、海抜はおよそ450m、オロンテス川沿いにある。現在の人口は650,000人という見積もりから1,200,000人という見積もりまで様々である。 シリアの二大都市、ダマスカスとアレッポの中間に位置し、ダマスカスからは北へ160km、アレッポからは南に190km。シリア第三の大都市であり、またタルトゥースなど地中海沿岸都市とダマスカスやアレッポなど内陸の都市を結ぶ結節点でもある。ホムスの西側には、地中海沿いに伸びるレバノン山脈が途切れヌサイリーヤ山脈が始まる大きな峠(Homs Gap)があり、この峠が古来から地中海側とオロンテス川流域・メソポタミア方面を結ぶ交易上・軍事上の重要な道となってきた。ホムスは古代から、この峠の東の入口を扼し地中海へとつながる拠点都市である。 古代ローマ時代はエメサ(Emesa)の名で知られた重要都市であったため多くの遺跡が残るほか、十字軍の拠点だったクラック・デ・シュヴァリエが近郊にあり、ホムスと地中海側のトリポリとをつなぐ峠を見張るように建てられている。イスラム初期の正統カリフ時代の武将、ハーリド・イブン=アル=ワリードの墓所もある。.

新しい!!: カトナとホムス · 続きを見る »

アマルナ

アマルナまたはエル・アマルナ(العمارنة al-‘amārnah)は、ナイル川東岸、現在のエジプトのミニヤー県に位置する場所である。アル・アマルナ、テル・エル・アマルナとも呼ばれる(後述)。県都のミニヤーから南に58km、首都カイロからは南に312km、ルクソールからは北に402kmの位置にある。アマルナの地には現在、いくつかの村がある。 アマルナには多数の古代エジプトの考古遺跡がある。紀元前1353年ごろ、エジプト第18王朝後期のファラオ・アメンホテプ4世が新たな首都として建設したが、短期間で放棄された都市だった。古代エジプトではアケトアテン (Akhetaten) と呼ばれていた。アケトアテンとは「アテン神の地平線」の意である。 アマルナ革命の間はシナイ半島以東の治安維持が難しくなった。ブルナ・ブリアシュがエジプトへ送った使節がカナン北部のアッコンで地元領主の略奪隊に襲われている。ブルナ・ブリアシュはエジプトに犯人の処刑と被害の弁償を訴えている。さもないと使者の往来が全く絶たれるとも書いた。 この場所は後のローマ帝国時代や初期のコプト正教会時代にも使われており、都市の南部の発掘ではそれらの時代の遺構が見つかっている。.

新しい!!: カトナとアマルナ · 続きを見る »

アマルナ文書

アマルナ文書(Amarna letters)は、エジプト中部のナイル川東岸アマルナで発見された楔形文字の書かれた粘土板文書である。.

新しい!!: カトナとアマルナ文書 · 続きを見る »

アメンホテプ1世

アメンホテプ1世(在位:紀元前1551年 - 紀元前1524年)は、古代エジプト第18王朝の第2代ファラオ(王)。即位名はジェセルカラー。意味は「聖なるはラーの魂」。.

新しい!!: カトナとアメンホテプ1世 · 続きを見る »

アメンホテプ2世

アメンホテプ2世(Amenhotep II, 在位:紀元前1453年 - 1419年、あるいは紀元前1427年 - 1400年)は、古代エジプト第18王朝の第7代ファラオ(王)。即位名はアアケペルウラー。意味は「偉大なるかなラー神の出現」。 父トトメス3世同様に遠征を行い、内政でも見事な手腕を発揮して父が回復したエジプトの国威と広大な帝国を維持することに成功した。 陵墓は後に王家の谷と呼ばれる土地に築かれ、後代には王たちのミイラを墓荒らしから守るために安置する場所として使われた。また彼のミイラはカイロのエジプト考古学博物館に所蔵されており、身長183センチと、現存するファラオのミイラの中では最も長身とされている。 Category:ファラオ Category:エジプト第18王朝.

新しい!!: カトナとアメンホテプ2世 · 続きを見る »

アメンホテプ4世

アメンホテプ4世(Amenhotep IV、紀元前1362年? - 紀元前1333年?)は、古代エジプト第18王朝の王(ファラオ)(在位:紀元前1353年? - 紀元前1336年頃?)。別名アクエンアテン。「アメンホテプ」は「アメンヘテプ」とも表記する。.

新しい!!: カトナとアメンホテプ4世 · 続きを見る »

アメンエムハト2世

アメンエムハト2世(Amenemhat II, 在位:紀元前1929年 - 紀元前1895年)は、古代エジプト第12王朝の第3代ファラオ(王)。.

新しい!!: カトナとアメンエムハト2世 · 続きを見る »

アラム人

アラム人(英:Aramaeans)とは、古代オリエントの遊牧民。隊商貿易で活躍した。.

新しい!!: カトナとアラム人 · 続きを見る »

アララハ

アララハ(Alalakh、Alalah)はアムク川(Amuq)の河谷にあった古代オリエントの都市国家の遺跡。現在のトルコ南部、シリアとの国境に近いハタイ県のアンタキヤ(アンティオキア)の近くにある。テル・アトチャナ(Tell Atchana)という大きな遺丘(テル)が、古代のアララハの跡であると同定されている。.

新しい!!: カトナとアララハ · 続きを見る »

アラビア語

アラビア語(アラビアご、اللغة العربية, UNGEGN式:al-lughatu l-ʻarabīyah, アッ.

新しい!!: カトナとアラビア語 · 続きを見る »

アレッポ

アレッポ(حلب(Halab), Halep、Alep, イタリア語・Aleppo)は、シリア(シリア・アラブ共和国)北部にある都市である。トルコとの国境に近い。人口は2008年現在で約167万人あり、シリア最大の都市である。 アラブ語では「新鮮な乳」の意味の「ハラブ」と呼ぶ。アレッポはシリア地方でも最古の都市の内の一つで、古代にはハルペ (Khalpe) の名で知られた。古代ギリシア人は、ユーフラテス川流域(メソポタミア)と地中海の中間に当たる戦略上の要地であるこの町を占領してベロエア (Beroea) と呼んだこともある。もともとは、クウェイク川両岸の広くて肥沃な谷にある、幾つかの丘の集まりの上に建てられた都市だった。 ハラブ県の領域は市の周辺16,000 km²に及びアル=バーブ、サフィラ、マンビジ、アイン・アル=アラブなどの近郊農村都市を抱え、住民は370万人にのぼる。2007年の推計では4,393,000人とシリア最大の県である。 かつてレバント貿易で賑わう国際市場であったが、列強の近代鉄道政策がイズミルを選好した。現在、アレッポ国際空港で中東や欧州各国と結ばれている。.

新しい!!: カトナとアレッポ · 続きを見る »

アッカド語

アッカド語(アッカド語: - EME.ak.kA.Dû4 - lišānum akkadītum)は、「アッシリア・バビロニア語(Assyro-Babylonian)」とも呼ばれ、古代メソポタミアで、主にアッシリア人やカルデア人(バビロニア人)やミタンニ人に話されていた言語。当時は国際共通語でもあった。アフロ・アジア語族セム語派に分類される。現在知られているなかで最も古いセム語である。楔形文字で表記された。またシュメール語からの借用語が非常に多いのも特徴の一つである。.

新しい!!: カトナとアッカド語 · 続きを見る »

アッシュール

アッシュール(アッカド語: 𒀸𒋗𒁺 𐎹 - Aššūrāyu、アッシリア語: 𒀸𒋩 - ašsur)は、アッシリアの最初の首都となったチグリス川西岸の都市、およびそれを中心とする地域、あるいはその主神。現在のイラクの(サラーフッディーン県)に位置する。.

新しい!!: カトナとアッシュール · 続きを見る »

アテン

アテンを崇拝するファラオアメンホテプ4世と彼の家族。 アテン、アトン(Aten)は、エジプトの太陽神の一つ。.

新しい!!: カトナとアテン · 続きを見る »

アクロポリス

アテナイのアクロポリス アクロポリス(ἀκρόπολις)とは、古代ギリシアのポリスのシンボルとなった小高い丘のこと。アクロポリスは「高いところ、城市」を意味し、防壁で固められた自然の丘に神殿や砦が築かれているのが普通である。 歴史王以下の諸王の居城であったと伝えられている。ポリス成立後は、神殿や有事の際の避難場としての機能を有する宗教的、軍事的中核として位置づけられるようになった。ポリス成立以前の王城は、都市国家のシンボルとしてのアクロポリスへとその姿を変えたのである。 また、ホメロスによる叙事詩『オデュッセイア』には、「魂のアクロポリス」「肉体のアクロポリス」といった比喩的表現をみることもできる。.

新しい!!: カトナとアクロポリス · 続きを見る »

イタリア

イタリア共和国(イタリアきょうわこく, IPA:, Repubblica Italiana)、通称イタリアは南ヨーロッパにおける単一国家、議会制共和国である。総面積は301,338平方キロメートル (km2) で、イタリアではロスティバル(lo Stivale)と称されるブーツ状の国土をしており、国土の大部分は温帯に属する。地中海性気候が農業と歴史に大きく影響している。.

新しい!!: カトナとイタリア · 続きを見る »

ウル第三王朝

ナンナを祀る神殿が頂座に置かれた。 ウル第三王朝(ウルだい3おうちょう、3rd dynasty of Ur)は、紀元前22世紀から紀元前21世紀にかけてメソポタミアを支配した王朝。 ウルの軍事司令官であったウル・ナンムが自立して、前22世紀末にウル第三王朝が建てられた。建国者のウル・ナンムは、神殿の建築や運河の建設などを行うとともに、ウル・ナンム法典と称される法典を定めた。この法典は、のちに古バビロニア王国でまとめられるハンムラビ法典に影響を与えたと考えられる。第2代シュルギの時代までに行政機構が確立し、王権の神格化も進んでいった。 しかし、まもなくこの王朝はアムル人やエラム人の侵入に苦慮することとなった。シュルギ王やのちのシュ・シン王は、彼らの侵入を防ぐために防壁を設けた。 紀元前2004年(または紀元前1940年)、シュ・シンの息子であるイビ・シン王の時代にエラムが侵攻するとウルは陥落。エラム人によって王ははるか東方へ連行され、これをもってウル第三王朝は滅亡した。.

新しい!!: カトナとウル第三王朝 · 続きを見る »

エマル

マル(Emar) はシリア北東部のユーフラテス川中流にある古代の都市国家。アレッポとラッカの中間、南へ流れるユーフラテス川が東へ向きを変えるあたりの南岸にあるテル・メスケネ(Tell Meskene)の遺跡が古代のエマルだとされている。高台にある遺跡の範囲は 1000m × 700m におよび、現在はユーフラテスを堰き止めた人工湖アサド湖の湖畔に位置する。 エマルは楔形文字の書かれた粘土板多数が発見されたことで、ウガリット・マリ・エブラと並ぶ古代シリアの重要な考古学遺跡となっている。紀元前2500年にまでさかのぼるこれらの文書や、1970年代以来の遺丘(テル)の発掘結果から、エマルは上メソポタミア・アナトリア・シリアの勢力圏の境界にある青銅器時代の重要な交易拠点であったとみられる。他の都市遺跡と違い、エマルから見つかった粘土板は宮廷や政府のものではなく、民間同士の取引、裁判記録、不動産取引、婚姻、遺言、養子縁組など、民間の営みに関するものだった。神官の家からは、メソポタミアの伝統に関する文学や語彙集などの文書、地元の信仰に関わる儀式の文書などが発見されている。 テル・メスケネの発掘が始まったのは、ユーフラテス川を堰き止めて人工湖アサド湖を作る巨大ダム・「タバカ・ダム」(Tabaqah Dam)の建設が進んでいた1970年代前半で、近隣のテル・アブ・フレイラ(Tell Abu Hureyra)などの遺跡とともに、ダムに水が満ちる前に調査が行われた。テル・メスケネの調査は、フランスの二つの考古学チームにより1972年から1976年にかけて行われた。この発掘では水の神バアルとその陪神アスタルトのものと考えられる聖域を構成する神殿地区が明らかになった。これは青銅器時代後期(紀元前13世紀から紀元前12世紀初期)にさかのぼるとみられる。また700枚以上の粘土板が見つかり、その中から都市の名が判明した。街は三方向を城壁に、残り一辺を深い濠に囲まれ、通りが交差して長方形の街区をなしていた。土地はテラス状に整地され、3つの部屋と2階への階段からなる同じような間取りの家が建ち並んでいた。高台には神殿2つと宮殿があった。 しかしフランス隊の発掘調査が完了すると遺跡は見張りのないまま放置され、組織的な盗掘が行われて遺跡は荒らされてしまった。また多数の楔形文字の粘土板が、埋蔵状況などの背景や文脈から切り離されてしまった状態で、盗掘品を扱う古美術市場に流出した。1992年、シリア文化省考古総局は遺跡の監督を開始した。新しい調査により、さらに初期の地層(中期および初期青銅器時代、紀元前3千年紀後半および紀元前2千年紀前半)が発掘されている。.

新しい!!: カトナとエマル · 続きを見る »

エバーハルト・カール大学テュービンゲン

バーハルト・カール大学テュービンゲン(Eberhard-Karls-Universität Tübingen)は、ドイツ・テュービンゲンにある総合大学。通称はテュービンゲン大学。以下、本項内ではこの通称を用いる。.

新しい!!: カトナとエバーハルト・カール大学テュービンゲン · 続きを見る »

エジプト

プト・アラブ共和国(エジプト・アラブきょうわこく、جمهورية مصر العربية)、通称エジプトは、中東・アフリカの共和国。首都はカイロ。 西にリビア、南にスーダン、北東にイスラエルと隣接し、北は地中海、東は紅海に面している。南北に流れるナイル川の河谷とデルタ地帯(ナイル・デルタ)のほかは、国土の大部分が砂漠である。ナイル河口の東に地中海と紅海を結ぶスエズ運河がある。.

新しい!!: カトナとエジプト · 続きを見る »

エジプト第12王朝

プト第12王朝(紀元前1991年頃 - 紀元前1782年頃)は、エジプト中王国時代の古代エジプト王朝。第1中間期を終わらせた第11王朝に継続する政権であった。その終了を以てエジプト第2中間期の始まりとする見解があるフィネガン 1983, p.287屋形ら 1998, p.442クレイトン 1999, p.88。.

新しい!!: カトナとエジプト第12王朝 · 続きを見る »

エジプト第18王朝

プト第18王朝(紀元前1570年頃 - 紀元前1293年頃)は新王国時代最初の古代エジプト王朝。政権としては第2中間期のテーベ(古代エジプト語:ネウト、現在のルクソール)政権である第17王朝と完全に連続した政権であるが、エジプト統一を成し遂げたイアフメス1世以降は第18王朝とするのが慣例となっている。エジプトの再統一による国力増大によって数々の大規模建築が残され、ヌビア、シリア地方に勢力を拡大し、オリエント世界に覇を唱えた。 「古代エジプトのナポレオン」と称されたトトメス3世、世界初の一神教ともいわれるアテン神信仰を追求したアメンヘテプ4世(アクエンアテン)、黄金のマスクによって知られるトゥトアンクアメン(ツタンカーメン)、女性としては初めてエジプトに実質的な支配権を確立したハトシェプスト、など、古代エジプトの代表的な王が数多くこの王朝に属している。王朝後半には王統が断絶したと考えられているが、最後の王ホルエムヘブはその混乱を克服し、宰相ラムセス1世を後継者に指名した。彼が第19王朝を開き、新王国の繁栄はなおも継承された。.

新しい!!: カトナとエジプト第18王朝 · 続きを見る »

エジプト第20王朝

プト第20王朝(紀元前1185年頃 - 紀元前1070年頃)は新王国時代の古代エジプト王朝。新王国の繁栄が終わりを告げ、古代エジプトが衰退し始める時代を統治した王朝である。ほとんどの王がラムセスと言う名を持っていることからラムセス王朝と呼ばれることもある。.

新しい!!: カトナとエジプト第20王朝 · 続きを見る »

オロンテス川

ンテス川(オロンテスがわ、Orontes)、またはアラビア語でアシ川(アースィー川、نهر العاصي 、Nahr al-ʿĀsī、Nahr al-Asi、ナハル・アル=アースィー)、トルコ語でアシ川(アスィ川、Asi Nehri)は、レバノンに発し、シリアとトルコを流れる河川である。 古代オリエントでは主要な川の一つであり、ドラコ川 (Draco) 、ティフォン川 (Typhon) 、アクシオス川 (Axius) とも呼ばれた。アクシオスは地元の呼び名であり、これが後にアラビア語の「アシ」 (‘Asi) へと変化したとされる。「アシ」は「逆らう」の意であり、地中海から内陸方向に逆流しているように見えることがあるため「逆流する川」といわれるが、アラブ人はこの名の由来を、「流れの激しさ」や「メッカとは逆の方向へ流れるから」とも説明してきた。.

新しい!!: カトナとオロンテス川 · 続きを見る »

カルナック神殿

ルナック神殿平面図 (標記: 英語)* モンチュの神域 - Precinct of Montu * アメン=ラーの神域 - Precinct of Amen-Re* ムトの神域 - Precinct of Mut カルナック神殿(カルナックしんでん、معبد الكرنك 、Karnak Temple、Temple of Karnak 、またはカルナック神殿複合体、Karnak Temple Complex)は、古代エジプトの神殿複合体であり、カルナク (Karnak 〈〉) とも記される大英博物館 古代エジプト百科事典 (1997)、130-132頁。エジプトの首都カイロからナイル川を南におよそ670キロメートルさかのぼった古代エジプト 王・神・墓 (2002)、34頁東岸に位置し、新王国時代(紀元前1550-1069年頃大英博物館 古代エジプト百科事典 (1997)、599-607頁)に繁栄した古代の首都テーベ(古名ワセト大英博物館 古代エジプト百科事典 (1997)、344頁、現在のルクソールとその近辺)に建てられた磯崎新の建築談義 #1 (2001)、79頁。その巨大都市テーベの一部であるカルナック複合体の名は、近隣にあって一部を取り囲む、ルクソールの北およそ3キロメートルにある現代の村、エル=カルナックより名付けられている。西岸には歴代の王が眠る王家の谷や貴族の墓、ハトシェプスト女王葬祭殿などがある。歴代の王が寄進して増改築を重ね拡張された巨大な複合体であり古代エジプト神殿大百科 (2002)、48-50頁、中心はアメン神(アモンエジプトの神々事典 (1997)、24-27頁、アムン、アメン=ラー、アムン=ラー大英博物館 古代エジプト百科事典 (1997)、42-44頁、101頁)に捧げられたアメン大神殿(アメン=ラーの神域)となっている古代エジプト神殿大百科 (2002)、154頁。.

新しい!!: カトナとカルナック神殿 · 続きを見る »

キプロス島

プロス島(キプロスとう)は、東地中海のシリア・アナトリア半島の沿岸にある島。地中海ではシチリア島、サルデーニャ島に次いで3番目に大きな島である。.

新しい!!: カトナとキプロス島 · 続きを見る »

クレタ島

レタ島(Κρήτη / Kriti; Crete)は、ギリシャ共和国南方の地中海に浮かぶ同国最大の島。古代ミノア文明が栄えた土地で、クノッソス宮殿をはじめとする多くの遺跡を持つ。また、温暖な気候や自然景観から地中海の代表的な観光地でもある。 クレタ島は島全体で、ギリシャ共和国の広域自治体であるペリフェリア(地方)を構成する。首府はイラクリオ(イラクリオン)。.

新しい!!: カトナとクレタ島 · 続きを見る »

シャムシ・アダド1世

ャムシ・アダド1世(Shamshi Adad、生年不詳 - 前1781年)は、古アッシリア時代の王(在位:前1813年 - 前1781年)であり、オリエント世界に覇を唱えた人物である。アッシリア史上最も重要な王の一人である。アッシリア王名表によればアッシリアの第39代目の王であるがこの時代に関するアッシリア王名表の実証性は低い(後述)。.

新しい!!: カトナとシャムシ・アダド1世 · 続きを見る »

シュッピルリウマ1世

ュッピルリウマ1世(Šuppiluliuma I、在位:紀元前1355年頃 - 紀元前1320年頃)は、ヒッタイトの大王。ヒッタイトの政治混乱を収め、大国としての礎を築いた。王妃は、、、。.

新しい!!: カトナとシュッピルリウマ1世 · 続きを見る »

シリア

リア・アラブ共和国(シリア・アラブきょうわこく、)、通称シリアは、中東・西アジアの共和制国家。北にトルコ、東にイラク、南にヨルダン、西にレバノン、南西にイスラエルと国境を接し、北西は東地中海に面する。首都はダマスカス。「シリア」という言葉は、国境を持つ国家ではなく、周辺のレバノンやパレスチナを含めた地域(歴史的シリア、大シリア、ローマ帝国のシリア属州)を指すこともある。.

新しい!!: カトナとシリア · 続きを見る »

シリア砂漠

リア砂漠(シリアさばく、Syrian Desert、アラビア語:بادية الشام, badiyah ash sham, 別名シリア・アラビア砂漠 Syro-Arabian desert)はシリア、ヨルダン、イラク各国の内陸部にまたがる砂漠地帯。ステップと砂漠の複合した植生の荒地である。西はシリアのオロンテス川渓谷、東はシリアからイラクへ流れるユーフラテス川渓谷に及ぶ。北はシリア北部の肥沃な草原・森林へ至り、南はネフド砂漠などアラビア半島内陸の砂漠へとつながる。 砂漠の中にはパルミラ(タドモル)をはじめ多くのオアシスがあり、砂漠を横切る隊商の中継地となってきた。シリアの首都ダマスカスも、シリア砂漠のオアシス都市である。シリア砂漠の多くは高原地帯で、東のユーフラテス川に向かってなだらかに低くなっており、その中に多くのワジが谷を作る。砂漠の北方にはアッ.

新しい!!: カトナとシリア砂漠 · 続きを見る »

ジムリ・リム

ムリ・リム(Zimri lim、在位:紀元前1775年頃 - 紀元前1761年)は、紀元前18世紀頃の古代メソポタミアの国家マリの王。当時のメソポタミアの多くの王と同じく彼もアムル系の王であった。彼の時代の文書史料がマリから大量に発見されており、当時の政治史を復元する上で第一級の史料となっている。.

新しい!!: カトナとジムリ・リム · 続きを見る »

スフィンクス

フィンクス(Sphinx)は、エジプト神話やギリシア神話、メソポタミア神話などに登場する、ライオンの身体と人間の顔を持った神聖な存在あるいは怪物。古典ギリシア語ではスピンクス(Σφίγξ, Sphinx)といい、スフィンクスとはこの英語読みである。.

新しい!!: カトナとスフィンクス · 続きを見る »

スズ

(錫、Tin、Zinn)とは、典型元素の中の炭素族元素に分類される金属で、原子番号50の元素である。元素記号は Sn。.

新しい!!: カトナとスズ · 続きを見る »

紀元前12世紀

デルタの戦い。画像はこの戦いで「海の民」と戦うエジプト第20王朝のファラオ・ラムセス3世(メディネト・ハブのラムセス3世葬祭殿の浮き彫り)。 ウガリット遺跡。楔形文字を表音文字化したウガリット文字の粘土板が大量に出土したことでも知られる。画像は前1200年のカタストロフで廃墟となった宮殿の入り口。 オルメカの巨石人頭像(カベサ・オルメカ)。メソアメリカ最古のオルメカ文化ではサン・ロレンソ一帯の繁栄が見られた。ラ・ベンタに繁栄の中心が移る紀元前900年代までをサン・ロレンソ相と呼ぶ。 紀元前12世紀(きげんぜんじゅうにせいき)は、西暦による紀元前1200年から紀元前1101年までの100年間を指す世紀。.

新しい!!: カトナと紀元前12世紀 · 続きを見る »

紀元前7世紀

アッシリアの世界帝国。強力な軍事力と過酷な統治体制でアッシリアは最初の「世界帝国」を樹立した。画像は都ニネヴェの北宮殿を飾っていたアッシリア王アッシュールバニパルの浮き彫り(ロンドンの大英博物館蔵)。 第25王朝の崩壊とともにエジプトを離れ故地へと南下したヌビア人はこの地に幾つものピラミッドを造営した。 スパルタ。第二次メッセニア戦争でメッセニア人に勝利したことでスパルタは厳しい軍律を定める国民皆兵の社会を確立した。画像は現在のスパルタで、前景に古代の遺跡を、中景に新市街スパルティを、後景にタイゲトス山を望むことができる。 騎馬民族スキタイ。スキタイはユーラシア中央部に拠点を持ち交易や略奪を通じてオリエント諸国に大きな影響を与えた。画像はアゼルバイジャンのミンガチェヴィルで発見された黄金製動物意匠のベルトの留め金。 神武天皇。『日本書紀』『古事記』の神武東征の記録によると日向高千穂から出立し瀬戸内海を経て大和に入り、橿原宮で即位し初代の天皇になったとされる。画像は月岡芳年『大日本名将鑑』の金の鵄(とび)を従えて敵を圧倒する神武天皇。 紀元前7世紀(きげんぜんななせいき、きげんぜんしちせいき)は、西暦による紀元前700年から紀元前601年までの100年間を指す世紀。.

新しい!!: カトナと紀元前7世紀 · 続きを見る »

銅(どう)は原子番号29の元素。元素記号は Cu。 周期表では金、銀と同じく11族に属する遷移金属である。英語でcopper、ラテン語でcuprumと言う。.

新しい!!: カトナと銅 · 続きを見る »

遺丘

在のエリコ市街地近郊の遺丘、テル・エッ・スルタン。近くに泉がわく場所があることから、町が長年この場所に作られ、その廃墟が丘となって積み上がった。これが古代のエリコの町の遺跡とみられる シリア北部テル・ブラク遺跡NE地区の遺丘 遺丘(いきゅう、tell)とは、ある場所に繰り返し集落や都市が築かれた結果、その場所が丘のように盛り上がった状態、又はその場所。集落や都市の形成、放棄、整地の繰り返しにより形成されるため、層状の遺跡となる。.

新しい!!: カトナと遺丘 · 続きを見る »

青銅器時代

青銅器時代(せいどうきじだい)は、考古学ないし歴史学において、石を利用した石器の代わりに青銅を利用した青銅器が主要な道具として使われた時代を指す術語である。.

新しい!!: カトナと青銅器時代 · 続きを見る »

間取り

間取り(まどり)は、完成した建築物の内部における部屋や区画の配置、ないし、建築物の設計段階において、その建築物内部の部屋や区画の配置を計画する行為をいう。後者の場合は「平面計画」「ゾーニング」とも呼ぶ。本項では、日本における一般的な住宅の例を中心に述べる。.

新しい!!: カトナと間取り · 続きを見る »

楔形文字

楔形文字(くさびがたもじ、せっけいもじ)とは、世界四大文明の一つであるメソポタミア文明で使用されていた古代文字である。 筆記には水で練った粘土板に、葦を削ったペンが使われた。最古の出土品は紀元前3400年にまで遡ることができる。文字としては人類史上最も古いものの一つであり、古さでは紀元前3200年前後から使われていた古代エジプトの象形文字に匹敵する。.

新しい!!: カトナと楔形文字 · 続きを見る »

新バビロニア

新バビロニア(しんバビロニア、紀元前625年 - 紀元前539年)は、ナボポラッサルによりメソポタミア南部のバビロニアを中心に建国され、アケメネス朝ペルシアのキュロス2世によって征服されるまで、地中海沿岸地域に至る広大な領土を支配した帝国。首都はバビロン。以前はカルデア王国とも呼ばれたが、現在の研究によればナボポラッサルはカルデア人ではなく、この呼称は正しいとはいえない。.

新しい!!: カトナと新バビロニア · 続きを見る »

1924年

記載なし。

新しい!!: カトナと1924年 · 続きを見る »

1927年

記載なし。

新しい!!: カトナと1927年 · 続きを見る »

1929年

記載なし。

新しい!!: カトナと1929年 · 続きを見る »

1980年代

1980年代(せんきゅうひゃくはちじゅうねんだい)は、西暦(グレゴリオ暦)1980年から1989年までの10年間を指す十年紀。この項目では、国際的な視点に基づいた1980年代について記載する。.

新しい!!: カトナと1980年代 · 続きを見る »

1994年

この項目では、国際的な視点に基づいた1994年について記載する。.

新しい!!: カトナと1994年 · 続きを見る »

1999年

1990年代最後の年であり、1000の位が1になる最後の年でもある。 この項目では、国際的な視点に基づいた1999年について記載する。.

新しい!!: カトナと1999年 · 続きを見る »

2002年

この項目では、国際的な視点に基づいた2002年について記載する。.

新しい!!: カトナと2002年 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »