ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

カスパー・ハウザー

索引 カスパー・ハウザー

パー・ハウザーの肖像画(1828~29年頃) カスパー・ハウザー(Kaspar Hauser、1812年4月30日? - 1833年12月17日)は、ドイツの孤児。16歳頃に保護されるまで長期にわたり地下の牢獄(座敷牢)に閉じ込められていたとされ、その生い立ちからしばしば野生児に分類される。 発見後に教育を施され言葉を話せるようになり自らの過去などを少しずつ語り出すようになったが、詳細が明らかになる前に何者かによって暗殺されたため、その正体と出生から保護に至るまでの正確な経緯は現在も不明なままである。特異なまでの鋭敏な五感を持っていたことでも有名。数奇な生涯は専門の研究書から文学、楽曲など様々なジャンルで取り上げられ、殺害現場となったアンスバッハでは現在、祭礼が2年ごとに行われている。.

89 関係: ことば大尉孤児宗教哲学少年座敷牢人名五感伝記ナポレオン・ボナパルトペンテコステペーター・ハントケバーデン (領邦)バイエルン王国ヤーコプ・ヴァッサーマンルートヴィヒ1世 (バイエルン王)ルイーゼ・フォン・バーデン (1811-1854)ヴェルナー・ヘルツォークヴェストファーレン・ヴィルヘルム大学トビアス・ヴァイスパンデア・シュピーゲルフローリンドイツニュルンベルクダマスカス鋼刑事施設アンスバッハアンゼルム・フォイエルバッハカール (バーデン大公)カール・フリードリヒ (バーデン大公)カスパー・ハウザーの謎クモクルト・トゥホルスキージョゼフィーヌ・ド・ボアルネジンギスカン (グループ)ステファニー・ド・ボアルネスザンヌ・ヴェガ神学者種村季弘筆談父親牛乳DNA型鑑定聖書鏡像衛兵西村克彦...解剖詰所軽騎兵黄銅関西大学野生児金属鉛筆暗殺楽曲河出書房新社法学者法医学文学文法教育教育関係人物一覧手紙12月14日12月17日1799年1806年1810年1812年1816年1818年1828年1833年1924年1926年1982年1996年2002年4月30日5月26日 インデックスを展開 (39 もっと) »

ことば

ことば、言葉、詞、コトバ.

新しい!!: カスパー・ハウザーとことば · 続きを見る »

大尉

大尉(たいじょう)は、古代日本の律令制の職名の一。左右衛門府および左右兵衛府に置かれた。長官・次官・判官・主典の四等官中の判官に相当する。 ---- 大尉(たいい、だいい)は軍隊の階級の一。 尉官の最上級であり、中尉の上、少佐の下に位置する。.

新しい!!: カスパー・ハウザーと大尉 · 続きを見る »

孤児

孤児(こじ、みなしご)とは、両親・親戚等の保護者のいない未成年者の事。狭義では生みの両親が死別、または行方不明となった未成年者を指す。 特に戦争においては戦闘や空襲によって多くの成人が死亡したため、両親を亡くし孤児となった未成年者が続出した。戦後、このような孤児は戦災孤児と呼ばれた。 また、「保護者がいない」というその様から、ある仲間や業界の内部において、師匠格や先輩格となる人物の廃業・死去、あるいは所属団体からの脱退などによって拠るべき上位の人間関係を失ってしまった若手・修行中の人物や一門弟子のことを「○○界の孤児」などと表現することがある。 権利の所在が不明な著作物の事を「孤児著作物(オーファンワークス)」と呼ぶ。.

新しい!!: カスパー・ハウザーと孤児 · 続きを見る »

宗教哲学

宗教哲学(しゅうきょうてつがく、英語:philosophy of religion)とは、宗教の存在意義や本質を究明する哲学の一分野である。18世紀末ごろにヨーロッパにおいて成立した。特定宗教の信仰内容を学問的に基礎づけることを目的とする神学や、もろもろの宗教現象を学際的な方法によって実証的に研究する宗教学とも異なり、宗教一般の本質ないし、あるべき姿を探求するとともに、宗教を理性にとって納得のゆくものとして理解することを目的とする。.

新しい!!: カスパー・ハウザーと宗教哲学 · 続きを見る »

少年

チリ共和国の少年 パキスタンの少年 マダガスカルの少年 少年(しょうねん)は、年若い人のことを指し、特に男性の未成年者で、おおよそ6、7歳から18、19歳頃までの世代を指す。女性の場合は少女とも呼ぶが、「少年法」など司法の世界では、性別を問わないことが通常である。なお、漢文などの古典における「少年」は、現代日本語よりやや対象年齢が高い「若者」「青年」のニュアンスに近く、老人に対して30歳前後ぐらいまでの若年層を含む。 各種の法律における「少年」の定義は法律により異なる。.

新しい!!: カスパー・ハウザーと少年 · 続きを見る »

座敷牢

座敷牢(ざしきろう)とは、一般的には私設の軟禁(監禁の軽いもの)施設のことである。.

新しい!!: カスパー・ハウザーと座敷牢 · 続きを見る »

人名

人名(じんめい)は、特定の人間社会において特定の個人を弁別するために使用される言語的表現又は記号の一つ。 山田太郎。典型的な形式の日本人の名前として、書類の記入例などに良く用いられる。なお「太郎」とは江戸期以前の、仮名(けみょう)の内の輩行名(はいこうめい)に由来する。 その人物の家族や家系、地域など共同体への帰属、信仰や願い、職掌、あるいは一連の音の繋がりなどをもって、人(ひと)の個人としての独立性を識別し呼称する為に付けられる語。「人名」事典は便宜上、戸籍名や通称などを使用する場合が多い。本項で扱う「人名」とは一般に「正式な名」「本当の名前」といった意を含む。.

新しい!!: カスパー・ハウザーと人名 · 続きを見る »

五感

五感(ごかん)とは、動物やヒトが外界を感知するための多種類の感覚機能のうち、古来の分類による5種類、すなわち視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚をさす。この伝統的な分類を前提として、人間の感覚全体を指すために「五感」という表現が用いられる場合もある(「五感を鋭くする」など)。.

新しい!!: カスパー・ハウザーと五感 · 続きを見る »

伝記

伝記(でんき)とは、広義には書き記された記録の総称だが、狭義には個人の事績の記録を指す。現代においては、狭義に使われることが多い。以下にそれぞれについて記す。英語名は biography である。 語源である中国語(中期漢語)としての伝記については伝(儒教における伝記)の記事を参照。.

新しい!!: カスパー・ハウザーと伝記 · 続きを見る »

ナポレオン・ボナパルト

ダヴィッド『ベルナール峠からアルプスを越えるボナパルト』 ナポレオン一世皇家の紋章 ナポレオン・ボナパルト(Napoléon Bonaparte、1769年8月15日 - 1821年5月5日)または、省略して、ナポレオンは、革命期のフランスの軍人・政治家である。ナポレオン1世(Napoléon Ier、在位:1804年 - 1814年、1815年)としてフランス第一帝政の皇帝にも即位した。 フランス革命後の混乱を収拾して軍事独裁政権を樹立した。大陸軍(グランダルメ)と名付けた巨大な軍隊を築き上げてナポレオン戦争を引き起こし、幾多の勝利と婚姻政策によって、イギリス、ロシア、オスマン帝国の領土を除いたヨーロッパ大陸の大半を勢力下に置いたが、最終的には敗北して失脚した。.

新しい!!: カスパー・ハウザーとナポレオン・ボナパルト · 続きを見る »

ペンテコステ

ペンテコステ(Pentecostes)は、聖霊降臨(せいれいこうりん)と呼ばれる新約聖書にあるエピソードの1つ。イエスの復活・昇天後、集まって祈っていた120人の信徒たちの上に、神からの聖霊が降ったという出来事のこと、およびその出来事を記念するキリスト教の祝祭日。教派により訳語は異なり、聖霊降臨祭(せいれいこうりんさい)、五旬節(ごじゅんせつ)、五旬祭(ごじゅんさい)ともいう。.

新しい!!: カスパー・ハウザーとペンテコステ · 続きを見る »

ペーター・ハントケ

ペーター・ハントケ(Peter Handke, 1942年12月6日 - )はオーストリア出身の作家。現在フランスのシャヴィーユ在住。.

新しい!!: カスパー・ハウザーとペーター・ハントケ · 続きを見る »

バーデン (領邦)

バーデン(標準, アレマン語: )は、ドイツ南西部、現在のバーデン=ヴュルテンベルク州に存在した領邦。辺境伯領、後に大公国として12世紀から20世紀初頭まで存続した。 1112年にツェーリンゲン家のヘルマン2世がシュヴァーベンにおいて辺境伯となり、子孫が代々所領と財産を引き継いでいったことから始まる。バーデン家内で抗争を繰り広げ、幾度かの分裂を繰り返したが、1771年にバーデン=ドゥルラハ辺境伯カール・フリードリヒが所領を統一、バーデン辺境伯となった。また、カール・フリードリヒはナポレオン戦争最中の1803年に選帝侯となり、1806年に帝国が解体すると大公となった。1815年にドイツ連邦へ加盟した。1840年、バーデン大公国邦有鉄道会社を設立した。1866年、南ドイツ連邦への加盟が予定された。1871年にドイツ帝国の構成国となり、1918年のドイツ革命まで存続した。.

新しい!!: カスパー・ハウザーとバーデン (領邦) · 続きを見る »

バイエルン王国

バイエルン王国(バイエルンおうこく、)は、バイエルン公国を起源として、19世紀初めから20世紀のドイツ革命まで存在したドイツ南部の王国。ミュンヘンを首都とし、ヴィッテルスバッハ家によって治められた。.

新しい!!: カスパー・ハウザーとバイエルン王国 · 続きを見る »

ヤーコプ・ヴァッサーマン

ヤーコプ・ヴァッサーマン(Jakob Wassermann、1873年3月10日 - 1934年1月1日)は、ドイツのユダヤ系作家。 小売店主の息子としてフュルトに生まれ、早くに母を亡くす。少年時代から文学に関心を持ち、新聞に作品を発表。しかし文学への野心を父に歓迎されなかったため、学校を出てからウィーンで丁稚奉公をしたが、永続きしなかった。 ニュルンベルクで兵役を終えた後、ドイツ南部とスイスに滞在。さらにミュンヘンに行き、秘書として働いた後、『ジンプリツィシムス』紙のコピーライターとなった。このころ小説『メズルジーネ』を上梓。ライナー・マリア・リルケ、フーゴ・フォン・ホーフマンスタール、トーマス・マンの知遇を得る。 1898年からウィーンで演劇批評家となり、1901年にユーリエ・シュパイアーと結婚、1915年に離婚。3年後にマルタ・カールヴァイスと再婚。 1906年からウィーンの他にアルタウスゼー・イン・デア・シュタイアーマルクにも住み、1934年、重病の末にこの地で逝去。 1926年、プロイセン芸術院の会員に選ばれたが、1933年、ナチの勃興を避けて会員を辞した。同年から、彼の著書はドイツ全土で禁書となった。 詩やエッセイや長篇小説や短篇小説に筆を振るったが、代表作は1928年のDer Fall Mauriziusと1921年の自伝『ユダヤ人としての、ドイツ人としての我が人生』である。この自伝の中で、彼はドイツ人としてのアイデンティティとユダヤ人としてのアイデンティティのせめぎ合いについて論じている。 Category:ドイツの小説家 Category:ドイツの詩人 Category:ユダヤ系ドイツ人 Category:ユダヤ人の著作家 Category:1873年生 Category:1934年没 Category:フュルト出身の人物.

新しい!!: カスパー・ハウザーとヤーコプ・ヴァッサーマン · 続きを見る »

ルートヴィヒ1世 (バイエルン王)

ルートヴィヒ1世(Ludwig I., 1786年8月25日 - 1868年2月29日)は、バイエルン王国の第2代国王(在位:1825年 - 1848年)。全名はルートヴィヒ・カール・アウグスト (Ludwig Karl August)。先王マクシミリアン1世の長子である。.

新しい!!: カスパー・ハウザーとルートヴィヒ1世 (バイエルン王) · 続きを見る »

ルイーゼ・フォン・バーデン (1811-1854)

バーデン大公女ルイーゼ、1825年 ルイーゼ・アメーリエ・シュテファニー・フォン・バーデン(Luise Amelie Stephanie von Baden, 1811年6月5日 シュヴェツィンゲン - 1854年7月19日 カールスルーエ)は、ドイツのバーデン大公家の大公女で、元スウェーデン王太子・ヴァーサ公グスタフの妻。 バーデン大公カールと、その妻でフランス皇帝ナポレオン1世の養女であるステファニー・ド・ボアルネの間の第1子、長女として生まれた。1830年11月9日にカールスルーエにおいて、スウェーデンの廃王グスタフ4世アドルフの長男のヴァーサ公グスタフと結婚した。 ヴァーサ公夫妻はウィーンのシェーンブルン宮殿の一角に住居を与えられた。従兄妹同士の関係だったが、この結婚は典型的な政略結婚で、夫婦仲は悪く、1843年には離婚した。ルイーゼは1854年にカールスルーエで死去した。.

新しい!!: カスパー・ハウザーとルイーゼ・フォン・バーデン (1811-1854) · 続きを見る »

ヴェルナー・ヘルツォーク

ヴェルナー・ヘルツォーク (Werner Herzog、本名: Werner Stipetić、1942年9月5日 - ) は、ドイツの映画監督・脚本家・オペラ演出家。ヴィム・ヴェンダース、ライナー・ヴェルナー・ファスビンダーらと並んでニュー・ジャーマン・シネマの代表的な監督である。怪優クラウス・キンスキーを起用した作品でも有名。.

新しい!!: カスパー・ハウザーとヴェルナー・ヘルツォーク · 続きを見る »

ヴェストファーレン・ヴィルヘルム大学

ヴェストファーレン・ヴィルヘルム大学(Westfälische Wilhelms-Universität, WWU)は、2005年の夏学期の時点で37,759人の学生を擁し、15の学部に130の学科から構成されるドイツでも最も大きな総合大学のひとつである。通称はミュンスター大学。大学の名称にその名を残しているのは、ミュンスター城をその居城としていたドイツ皇帝ヴィルヘルム2世である。.

新しい!!: カスパー・ハウザーとヴェストファーレン・ヴィルヘルム大学 · 続きを見る »

トビアス・ヴァイス

トビアス・ヴァイス(Tobias Weis、1985年7月30日 - )は、ドイツのサッカー選手。バーデン=ヴュルテンベルク州シュヴェービッシュ・ハル出身。ポジションはミッドフィールダー。.

新しい!!: カスパー・ハウザーとトビアス・ヴァイス · 続きを見る »

パン

ムギとエンバクのパン パン(pão パンウン)とは、小麦粉やライ麦粉などに水、酵母、塩などを加えて作った生地を発酵させた後に焼いた食品。日本語・朝鮮語・中国語での漢字表記は「麵麭」(、)など。 基本的に、小麦粉やライ麦粉などに水・酵母(イースト)を加えてパン生地にし、それを焼いた食品を指す。発酵のための酵母と糖類(砂糖など)をセットで加えることも一般的である。なお、出芽酵母を入れずに生地をつくるパンもあり、これを「無発酵パン」や「種なしパン」などと言う(その場合、出芽酵母で発酵させてから焼いたパンのほうは「発酵パン」と言う)。無発酵パンとしては、生地を薄くのばして焼くパンがあり、アフリカ・中東からインドまでの一帯でさかんに食べられている。なお、生地を発酵させるのは主として気泡を生じさせ膨張させるためであるが、出芽酵母で時間をかけて気泡を生じさせる代わりに、ベーキングパウダーや重曹を加えることで簡便に気泡を生じさせるものもある。また、生地にレーズン、ナッツなどを練り込んだり、別の食材を生地で包んだり、生地に乗せて焼くものもある(変種として、焼く代わりに、蒸したもの、揚げたものもある)。 パンは多くの国で主食となっている。アブラハムの宗教では儀式(ミサ)において用いられる。.

新しい!!: カスパー・ハウザーとパン · 続きを見る »

デア・シュピーゲル

『デア・シュピーゲル 』(Der Spiegel) は、ドイツの週刊誌。発行部数がヨーロッパで最も多いニュース週刊誌であり、毎週平均110万部が売られている。時の政府とも論陣を張る進歩的なメディアである。誌名はドイツ語で鏡の意。発行元は Spiegel-Verlag(Mirror publisher、鏡出版)で、本社はハンブルクに所在する。最近は競合誌『フォークス』(Focus) の出現で従来の勢いはない。.

新しい!!: カスパー・ハウザーとデア・シュピーゲル · 続きを見る »

フローリン

フローリン とは、オランダやドイツ諸邦、イギリスなどで使用された通貨の単位で、ギルダー(グルデン)とも呼ばれる。.

新しい!!: カスパー・ハウザーとフローリン · 続きを見る »

ドイツ

ドイツ連邦共和国(ドイツれんぽうきょうわこく、Bundesrepublik Deutschland)、通称ドイツ(Deutschland)は、ヨーロッパ中西部に位置する連邦制共和国である。もともと「ドイツ連邦共和国」という国は西欧に分類されているが、東ドイツ(ドイツ民主共和国)の民主化と東西ドイツの統一により、「中欧」または「中西欧」として再び分類されるようになっている。.

新しい!!: カスパー・ハウザーとドイツ · 続きを見る »

ニュルンベルク

ニュルンベルク(標準ドイツ語:Nürnberg 、バイエルン語:Niamberg、上部フランケン語(東フランケン語):Nämberch)は、ドイツ連邦共和国バイエルン州のミッテルフランケン行政管区に属する郡独立市。 人口50万人を超えるバイエルン州第2の都市(ドイツ全体では14番目)である。隣接するフュルト、エアランゲン、シュヴァーバッハと共にフランケン地方の経済的・文化的中心をなしている。中世からの伝統ある都市であり、ドイツ統一を主導したホーエンツォレルン家がニュルンベルク城伯を世襲した都市である。また、ナチス政権が最初の大会を開催した都市であり、それゆえナチス政権要人を裁く「ニュルンベルク裁判」が行われたことでも知られる。リヒャルト・ワーグナーの楽劇『ニュルンベルクのマイスタージンガー』の舞台としても知られる。現在も旧市街は中世の城壁で囲まれている。.

新しい!!: カスパー・ハウザーとニュルンベルク · 続きを見る »

ダマスカス鋼

ダマスカス鋼(ダマスカスこう、Damascus steel)とは、木目状の模様を特徴とする鋼であり、古代インドで開発製造されたウーツ鋼の別称である。ダマスカス鋼の名の由来は、インド産のウーツ鋼を使用し、シリアのダマスカスで刀剣などに鍛造されたことから、 この名がついた。現在は異種の金属を積層鍛造して模様を浮かび上がらせた鋼材もダマスカス鋼と呼ばれているが、本来のダマスカス鋼の模様はるつぼによる製鋼における内部結晶作用に起因するものである。.

新しい!!: カスパー・ハウザーとダマスカス鋼 · 続きを見る »

刑事施設

刑事施設(けいじしせつ)とは、日本において自由刑に処せられた者、死刑確定者、勾留された被疑者・被告人を収容する施設をいう。旧監獄法令下にあっては、行刑施設(ぎょうけいしせつ)、監獄(かんごく)と呼称されていた。.

新しい!!: カスパー・ハウザーと刑事施設 · 続きを見る »

アンスバッハ

アンスバッハ(Ansbach)は、バイエルン州ミッテルフランケンに属する郡独立市。ミッテルフランケン行政管区の本部所在地であり、アンスバッハ郡の郡庁所在地でもある。18世紀までは、オーノルツバッハ(Onolzbach)と呼ばれた。.

新しい!!: カスパー・ハウザーとアンスバッハ · 続きを見る »

アンゼルム・フォイエルバッハ

アンゼルム・フォイエルバッハ パウル・ヨハン・アンゼルム・フォン・フォイエルバッハ(Paul Johann Anselm von Feuerbach, 1775年11月14日 - 1833年5月29日)はドイツの刑法学者。名前はフォイエルバハとも表記される。.

新しい!!: カスパー・ハウザーとアンゼルム・フォイエルバッハ · 続きを見る »

カール (バーデン大公)

ール(Karl, 1786年7月8日 - 1818年12月8日)は、バーデン大公国の第2代大公(在位: 1811年 - 1818年)。全名はカール・ルートヴィヒ・フリードリヒ(Karl Ludwig Friedrich)。初代バーデン大公カール・フリードリヒの孫。 1786年7月8日、バーデン=ドゥルラハ辺境伯カール・フリードリヒの長男であるカール・ルートヴィヒと、その妃でヘッセン=ダルムシュタット方伯ルートヴィヒ9世の娘であるアマーリエの間に第6子(次男)としてカールスルーエで生まれた。兄のカール・フリードリヒはこのとき既に歿していたため、1801年に父がスウェーデンで事故死すると法定推定相続人となった。 バーデンは1803年に選帝侯となり、さらに1806年に神聖ローマ帝国が解体すると大公国となった。1811年に祖父が死去するとカールは大公位に即いた。当初バーデンはライン同盟に加盟していたが、1813年のライプツィヒの戦いの後はフランスから離れた。クレメンス・メッテルニヒが主宰したウィーン会議に参加し、1815年に成立したドイツ連邦の原加盟国となった。 1818年12月8日にラシュタットで死去。息子はともに夭逝していたため、叔父のルートヴィヒ1世が大公位を嗣いだ。 素性不明の捨て子カスパー・ハウザーに関する噂の一つに、カスパー・ハウザーは1812年に誕生後すぐに死去したとされたカールの長男であったというものがある。.

新しい!!: カスパー・ハウザーとカール (バーデン大公) · 続きを見る »

カール・フリードリヒ (バーデン大公)

ール・フリードリヒ(Karl Friedrich, 1728年11月22日 - 1811年6月10日)は、バーデン=ドゥルラハ辺境伯(在位:1738年 - 1771年)、バーデン辺境伯(在位:1771年 - 1803年)、バーデン選帝侯(在位:1803年 - 1806年)、初代バーデン大公(在位:1806年 - 1811年)。バーデン=ドゥルラハ辺境伯カール3世の次男フリードリヒとオラニエ公ヨハン・ウィレム・フリーゾの娘アマーリエの子として、カールスルーエで生まれた。 1732年に父が死去、1738年に祖父も亡くなったため、バーデン=ドゥルラハ辺境伯領を継承した。但し、幼少のため父の従弟に当たるカール・アウグストが1746年まで後見人となった。1771年、バーデン=バーデン辺境伯アウグスト・ゲオルクが子の無いまま死去、遺領を相続して統合、バーデン辺境伯となった。名君とされており、学校、大学、法学校、公的サービス、経済・文化、都市開発を支援した。また、1767年に拷問を、1783年には農奴制を廃止した。 1803年に選帝侯となったが、神聖ローマ帝国自体が1806年に消滅したため、選帝権を行使することは名実共になかった。大臣ライツェンシュタインの政治的手腕によって、バーデンはコンスタンツ司教座、バーゼル司教座、シュトラスブルク司教座、シュパイヤー司教座、ブライスガウ、オルテナウ、プファルツ選帝侯領東部を獲得し、帝国消滅の年にバーデン大公国が成立、ライン同盟に加盟した。1811年に死去、孫のカールが大公位を継いだ。.

新しい!!: カスパー・ハウザーとカール・フリードリヒ (バーデン大公) · 続きを見る »

カスパー・ハウザーの謎

『カスパー・ハウザーの謎』(原題:Jeder für sich und Gott gegen alle)は、1974年制作の西ドイツ映画。 19世紀のドイツ・ニュルンベルクに実在した素性不明の孤児カスパー・ハウザーを描いた映画。ヴェルナー・ヘルツォーク監督。.

新しい!!: カスパー・ハウザーとカスパー・ハウザーの謎 · 続きを見る »

クモ

モ(蜘蛛)、クモ類は、節足動物門鋏角亜門クモ綱クモ目に属する動物の総称である。網を張り、虫を捕食することで、一般によく知られている。この類の研究分野はクモ学と言われる。.

新しい!!: カスパー・ハウザーとクモ · 続きを見る »

クルト・トゥホルスキー

ルト・トゥホルスキー(Kurt Tucholsky, 1890年1月9日 – 1935年12月21日)は、ドイツのユダヤ人諷刺作家、ジャーナリスト。.

新しい!!: カスパー・ハウザーとクルト・トゥホルスキー · 続きを見る »

ジョゼフィーヌ・ド・ボアルネ

ョゼフィーヌ・ド・ボアルネ(Joséphine de Beauharnais、1763年6月23日 - 1814年5月29日)は、フランス皇后。ナポレオン・ボナパルトの最初の妻。貴族出身。 ホラント王妃オルタンスの母、ナポレオン3世とスウェーデン王妃ジョゼフィーヌの祖母、スウェーデン王カール15世・オスカル2世の曾祖母、スウェーデン王グスタフ5世・デンマーク王妃ロヴィーサの高祖母。.

新しい!!: カスパー・ハウザーとジョゼフィーヌ・ド・ボアルネ · 続きを見る »

ジンギスカン (グループ)

2009年ライヴ ジンギスカン(Dschinghis Khan)は、1979年から1980年代前半にかけて活躍した西ドイツの音楽グループ。.

新しい!!: カスパー・ハウザーとジンギスカン (グループ) · 続きを見る »

ステファニー・ド・ボアルネ

テファニー・ルイーズ・アドリアンヌ・ド・ボアルネ(Stéphanie Louise Adrienne de Beauharnais, 1789年8月28日 - 1860年1月29日)は、バーデン大公カールの妃。.

新しい!!: カスパー・ハウザーとステファニー・ド・ボアルネ · 続きを見る »

スザンヌ・ヴェガ

ンヌ・ヴェガ (Suzanne Vega、1959年7月11日 - )は、アメリカ合衆国出身の女性シンガーソングライター。 代表曲「Luka」らのヒットで知られる、同国を代表するポップシンガーの一人。10代の頃より始めた作詞・文学・演劇を背景に、社会派のアーティストとして非凡な才能を発揮し、数々の賞を獲得している。2008年『グラミー賞』受賞。.

新しい!!: カスパー・ハウザーとスザンヌ・ヴェガ · 続きを見る »

(かみ)は、信仰の対象として尊崇・畏怖  されるもの。 一般的には「古代ギリシア語:Θεός テオス、ラテン語:deus、Deus デウス、英:god、God」にあたる外来語の訳語として用いられるが、これらの意味と日本語における「神」は厳密には意味が異なるとされる。詳細は下記を参照。また、英語において、多神教の神々はGodではなく、頭文字を小文字にしてgod、複数形:gods、もしくはdeity、複数形:deitiesと区別する。.

新しい!!: カスパー・ハウザーと神 · 続きを見る »

神学者

学者(しんがくしゃ)は、神学の学者のことである。通例、単に「神学者」と言えばキリスト教神学を学ぶ者を指し、イスラーム神学(カラーム)など他宗教の神学を学ぶ者については「イスラーム神学者」などの表現が使われる事が多い。 正教会では聖人の称号としても用いられるが、「神学者」の称号を持つ聖人は4名のみである。.

新しい!!: カスパー・ハウザーと神学者 · 続きを見る »

種村季弘

村 季弘(たねむら すえひろ、1933年(昭和8年)3月21日 - 2004年(平成16年)8月29日)は、日本の独文学者、評論家である。 古今東西の異端的・暗黒的な文化や芸術に関する広汎な知識で知られ、クライストやホフマン、マゾッホなど独文学の翻訳の他、内外の幻想小説や美術、映画、演劇、舞踏に関する多彩な評論を展開し、錬金術や魔術、神秘学研究でも知られる。これに関連して、吸血鬼や怪物、人形、自動機械、詐欺師や奇人など、歴史上のいかがわしくも魅力的な事象を多数紹介。他方幸田露伴、岡本綺堂、泉鏡花、谷崎潤一郎をはじめとする日本文学にも深く精通し、晩年は江戸文化や食文化、温泉文化などの薀蓄をユニークなエッセーに取り上げている。 稀代の「博覧強記」として知られ、教え子の諏訪哲史は種村を “二十世紀の日本の人文科学が世界に誇るべき「知の無限迷宮」の怪人” と評している(自身が編纂した『種村季弘傑作撰Ⅰ・Ⅱ』の解説にて)。 仏文学者で評論家の澁澤龍彦との交流でも知られ、澁澤とともに日本における「幻想文学」のジャンル的な確立に貢献した。.

新しい!!: カスパー・ハウザーと種村季弘 · 続きを見る »

筆談

談(ひつだん)とは、通常であれば会話できる距離にいる人との間で、発話によってではなく、互いに文字を書いて意思を伝え合うこと。.

新しい!!: カスパー・ハウザーと筆談 · 続きを見る »

紙(かみ)とは、植物などの繊維を絡ませながら薄く平(たいら)に成形したもの。日本工業規格 (JIS) では、「植物繊維その他の繊維を膠着させて製造したもの」と定義されている。 白紙.

新しい!!: カスパー・ハウザーと紙 · 続きを見る »

父親

親(ちちおや)とは男親のことである。 「お父さん」と一般には呼び、親しみをこめて「とうさん」「とうちゃん」「親父」(おやじ)などと呼ばれる場合もある。日本語においてこれらの呼称は、養父など社会的な父親、すなわち文化人類学で言うところのペイター (pater) であるか、生物学的な遺伝的な意味での父親であるジェニター (genitor) であるかとは無関係に用いられる。 「お父さん」という呼称は、.

新しい!!: カスパー・ハウザーと父親 · 続きを見る »

牛乳

ップに入れられた牛乳 牛乳(ぎゅうにゅう、)とは、ウシの乳汁である。日本の#法律による定義は、成分を調整していない生乳が牛乳と定義され、脂肪分を調整したものが低脂肪牛乳などとされ、また商品に「牛乳」の名をつけることができる。牛乳成分を増減したり乳糖を分解すれば加工乳であり、乳飲料は牛乳由来成分以外を加えた栄養添加やコーヒーミルクなどである。牛乳の加工製品は乳製品であり、脱脂粉乳、バター、生クリーム、チーズ、ヨーグルト、アイスクリームなどが作られる。 牛乳はカルシウムが豊富な食品として知られる。脂肪分は飽和脂肪酸の比率が高く、健康上の懸念のため低脂肪牛乳などが製造されている。タンパク質のアミノ酸スコアは100だが、牛乳たんぱく質のカゼインは、特に子供にとって鶏卵に次ぐ主な食物アレルギーの原因となりうる。炭水化物は乳糖が豊富で、離乳期を過ぎたヒトでは多かれ少なかれ乳糖不耐症として消化不良となる。 牛乳の利用の歴史は古く、チーズやバターなどと共にヨーロッパ、アフリカ、インドで用いられてきた。利用のはっきりとした証拠としては、5500年から6千年前の現在のイギリスにあたる地域の陶器から牛乳の脂肪分が発見されている。そのまま飲まれた牛乳が大きく産業化されて普及するのは、19世紀に低温殺菌法が開発され、保存技術が向上してからである。そうした時代に日本や中国では牛乳は普及しておらず、日本では戦後にアメリカ合衆国からの脱脂粉乳を含む食糧支援のララ物資を経て、1954年に学校給食法が制定され、牛乳の提供を規則としてから大きく普及してきたが、50年を経た2005年には、中央酪農会議が日本人の牛乳離れを期に「牛乳に相談だ。」のキャンペーンを実施した。 栄養学者達は、牛乳がカルシウムを摂取するために適切な食品であるかに疑問を投げかけ続けている。牛乳を多く飲用すればその分だけ骨折を予防できるという主張にはデータが乏しいことに疑問を持ち、疫学研究が実施された結果、確固とした因果関係は見られていない。.

新しい!!: カスパー・ハウザーと牛乳 · 続きを見る »

DNA型鑑定

DNA型鑑定(ディーエヌエーがたかんてい)あるいはDNA鑑定とは、デオキシリボ核酸 の多型部位を検査することで個人を識別するために行う鑑定である。犯罪捜査や、親子など血縁の鑑定に利用される。また、作物や家畜の品種鑑定にも応用されている。.

新しい!!: カスパー・ハウザーとDNA型鑑定 · 続きを見る »

聖書

聖書(せいしょ)とは、キリスト教、ユダヤ教の教典、正典であり、イスラム教でも教典とされている。.

新しい!!: カスパー・ハウザーと聖書 · 続きを見る »

鏡像

鏡像(きょうぞう)とは一般的な意味では、鏡に映った像のこと。一般的な意味での鏡像は、数学的意味での鏡像と、光の反射の性質によってつながっている。鏡面が完全に平坦ならば鏡像は元の図形と合同になるが、凹面鏡や凸面鏡のように曲面の場合はその限りではない。.

新しい!!: カスパー・ハウザーと鏡像 · 続きを見る »

衛兵

衛兵(えいへい)は、警備や監視を行う兵士。.

新しい!!: カスパー・ハウザーと衛兵 · 続きを見る »

西村克彦

西村 克彦(にしむら かつひこ、1920年 - 1992年)は、刑法学者。 大阪府生まれ。1943年東京帝国大学法学部卒。46年岡山大学法学部助教授、教授、62年「共犯論序説」で九州大学法学博士。71年青山学院大学教授、88年定年退任、獨協大学教授。.

新しい!!: カスパー・ハウザーと西村克彦 · 続きを見る »

解剖

解剖(かいぼう、Dissection)は、生体に切開等を加えて解体し、構造や組織を観察すること。江戸時代には腑分けとも言われた。.

新しい!!: カスパー・ハウザーと解剖 · 続きを見る »

詰所

富山県詰所 詰所飛騨 詰所(つめしょ)とは一時的に宿泊したり、仮眠したり、待機する施設のこと。屯所(とんしょ)ともいう。江戸時代、江戸城における公式行事等の際に、大名等が家格に応じて定められた待機場所については、伺候席を参照。.

新しい!!: カスパー・ハウザーと詰所 · 続きを見る »

軽騎兵

軽騎兵(けいきへい)は、楯と鎧の重装甲を帯び、敵の主力を壊滅させる目的で使われた重騎兵と違い、最小限の装備で足の速さを活かして後方撹乱や奇襲を主とした戦闘を行う兵種である。 歴史的には、内陸ユーラシアの遊牧民の戦術に起源を持つ。この地域の牧民戦士は、遊牧生活の中で身につけた卓越した馬術と弓の技術によって弓騎兵として活躍し、近代的な火砲を基盤とする戦術が普及するまでは、ユーラシア大陸から北アフリカにかけての地域でもっとも有力な軍事勢力のひとつであった。 近代兵種としてはハンガリー王国で初めて用いられたユサール(ハサー、フザール、驃騎兵とも呼ばれる)を示すことが多いが、竜騎兵や猟騎兵や槍騎兵やコサック騎兵も含んだ広義の呼び方もある。現在では、軽装甲車両や装甲兵員輸送車、オフロードバイクを主に用い、偵察を主任務とする部隊を軽騎兵(light cavalry)と呼ぶこともある。.

新しい!!: カスパー・ハウザーと軽騎兵 · 続きを見る »

黄銅

五円硬貨。銅60-70%、亜鉛40-30%の黄銅製。 黄銅(こうどう、おうどう、)は、銅と亜鉛の合金で、特に亜鉛が20%以上のものをいう。真鍮(しんちゅう)と呼ばれることも多い。.

新しい!!: カスパー・ハウザーと黄銅 · 続きを見る »

関西大学

大正12年竣工当時の千里山学舎正.

新しい!!: カスパー・ハウザーと関西大学 · 続きを見る »

accessdate.

新しい!!: カスパー・ハウザーと肉 · 続きを見る »

野生児

野生児(やせいじ、feral child)とは、なんらかの原因により人間社会から隔離された環境で育った少年・少女のこと。野生人(やせいじん、feral man)とも。特に狼に育てられたと伝えられる事例は多く、wolf child(日本では狼少年、狼少女、狼っ子(おおかみっこ))といわれる。.

新しい!!: カスパー・ハウザーと野生児 · 続きを見る »

金属

リウム の結晶。 リチウム。原子番号が一番小さな金属 金属(きんぞく、metal)とは、展性、塑性(延性)に富み機械工作が可能な、電気および熱の良導体であり、金属光沢という特有の光沢を持つ物質の総称である。水銀を例外として常温・常圧状態では透明ではない固体となり、液化状態でも良導体性と光沢性は維持される。 単体で金属の性質を持つ元素を「金属元素」と呼び、金属内部の原子同士は金属結合という陽イオンが自由電子を媒介とする金属結晶状態にある。周期表において、ホウ素、ケイ素、ヒ素、テルル、アスタチン(これらは半金属と呼ばれる)を結ぶ斜めの線より左に位置する元素が金属元素に当たる。異なる金属同士の混合物である合金、ある種の非金属を含む相でも金属様性質を示すものは金属に含まれる。.

新しい!!: カスパー・ハウザーと金属 · 続きを見る »

色(いろ、color)は、可視光の組成の差によって感覚質の差が認められる視知覚である色知覚、および、色知覚を起こす刺激である色刺激を指す『色彩学概説』 千々岩 英彰 東京大学出版会。 色覚は、目を受容器とする感覚である視覚の機能のひとつであり、色刺激に由来する知覚である色知覚を司る。色知覚は、質量や体積のような機械的な物理量ではなく、音の大きさのような心理物理量である。例えば、物理的な対応物が擬似的に存在しないのに色を知覚する例として、ベンハムの独楽がある。同一の色刺激であっても同一の色知覚が成立するとは限らず、前後の知覚や観測者の状態によって、結果は異なる。 類語に色彩(しきさい)があり、日本工業規格JIS Z 8105:2000「色に関する用語」日本規格協会、p.

新しい!!: カスパー・ハウザーと色 · 続きを見る »

鉄(てつ、旧字体/繁体字表記:鐵、iron、ferrum)は、原子番号26の元素である。元素記号は Fe。金属元素の1つで、遷移元素である。太陽や他の天体にも豊富に存在し、地球の地殻の約5%を占め、大部分は外核・内核にある。.

新しい!!: カスパー・ハウザーと鉄 · 続きを見る »

鉛筆

鉛筆(えんぴつ)とは、筆記具・文房具の一種。顔料を細長く固めた芯(鉛筆芯)を軸(鉛筆軸)ではさんで持ち易くしたものである 紙に筆記するために使われる。鉛筆の片側の末端部分を削って露出させた芯を紙に滑らせると、紙との摩擦で芯が細かい粒子になり、紙に顔料の軌跡を残すことで筆記される。.

新しい!!: カスパー・ハウザーと鉛筆 · 続きを見る »

暗殺

リンカーン大統領の暗殺を描いた絵画(米国) ガンディー・暗殺されたインドの政治家 金玉均・暗殺された李氏朝鮮の政治家 ジョン・レノン・イングランド出身の音楽家、銃弾を受け死去 坂本龍馬・幕末の英雄、盟友の中岡と共に死去 暗殺(あんさつ)は、主に政治的、宗教的または実利的な理由により、要人殺害を密かに計画・立案し、不意打ちを狙って実行する殺人行為(謀殺)のこと。 見せしめや弾圧、粛清の一種としても存在する。.

新しい!!: カスパー・ハウザーと暗殺 · 続きを見る »

楽曲

楽曲(がっきょく)とは、音楽において続けて演奏されるひとまとまりのこと。.

新しい!!: カスパー・ハウザーと楽曲 · 続きを見る »

水面から跳ね返っていく水滴 海水 水(みず)とは、化学式 HO で表される、水素と酸素の化合物である広辞苑 第五版 p. 2551 【水】。特に湯と対比して用いられ、温度が低く、かつ凝固して氷にはなっていないものをいう。また、液状のもの全般を指すエンジンの「冷却水」など水以外の物質が多く含まれているものも水と呼ばれる場合がある。日本語以外でも、しばしば液体全般を指している。例えば、フランス語ではeau de vie(オー・ドゥ・ヴィ=命の水)がブランデー類を指すなど、eau(水)はしばしば液体全般を指している。そうした用法は、様々な言語でかなり一般的である。。 この項目では、HO の意味での水を中心としながら、幅広い意味の水について解説する。.

新しい!!: カスパー・ハウザーと水 · 続きを見る »

河出書房新社

株式会社河出書房新社(かわでしょぼうしんしゃ)は、日本の出版社である。本社は東京都渋谷区千駄ヶ谷にある。 3代目社長の河出朋久は歌人でもあり、歌集『白葉集』1-3(短歌研究社、2004-06)がある。佐佐木幸綱、高野公彦、小野茂樹など学生歌人を社員登用していたこともある。.

新しい!!: カスパー・ハウザーと河出書房新社 · 続きを見る »

法学者

Smeden og bageren. 法学者(ほうがくしゃ)は、学問分野で法学として分類される領域で研究をおこなう学者・研究者。 日本においては、大学に所属する研究者のみを指すのが通常であるが、裁判官や弁護士などの法曹・法律家や、外交官でも法学(国際法・条約)の分野で研究業績のある者を「法学者」と呼ぶこともある。 現役の法学研究者の中にも、同時に実務家(法実務家)として活躍する者もいる。.

新しい!!: カスパー・ハウザーと法学者 · 続きを見る »

法医学

法医学(ほういがく、英語:forensic medicine)は、犯罪捜査や裁判などの法の適用過程で必要とされる医学的事項を研究または応用する社会医学のことをいう。 法医学はさらに応用法医学と基礎法医学に分けられる。一般には応用法医学のうち、刑事に関連するもの、特に司法解剖に関連する分野が法医学と認知されていることがおおいが、法医学の領域はこれに限られない。法医学の実務としてはDNA型鑑定、司法解剖、行政解剖、個人情報、親子鑑定、精神鑑定などがある。 現代の医学の進歩はめざましく、それに伴い様々な倫理的・法律的な問題が浮上してきていることから、法学部の科目として法医学を開講する大学も増えている。その一方で、2007年の時津風部屋力士暴行死事件で、当初司法解剖が行われず事故死として処理されたように、医学面から犯罪性を調べる法医学者などの育成体制については減少傾向にあり、専門医が不在の県もあるために、警察庁が日本法医学会に体制の充実を求める要望書を提出する事態となっている。.

新しい!!: カスパー・ハウザーと法医学 · 続きを見る »

文学

ジャン・オノレ・フラゴナール『読書する女』(1772年) 文学(ぶんがく)とは、言語表現による芸術作品のこと。文芸ともいう。それらを研究する学問も文学と称されるが、これについては文芸学で扱う。狭義には、詩・小説・戯曲・随筆・文芸評論などを典型的な文学の例とする。 西洋での文学(、、、、)はラテン語のlittera(文字)及びその派生語litteratura(筆記、文法、教養)を語源とし、現在では主に以下の意味を持つ。.

新しい!!: カスパー・ハウザーと文学 · 続きを見る »

文法

文法(ぶんぽう、grammar)とは、言語の体系、およびそのモデル、およびそれをもとにした、ある個別言語の話し手が従うべき規範である。この記事ではもっぱら自然言語の文法について扱う。形式言語の文法については形式文法の記事を参照のこと。なお、「文法論(grammar)」という語が指すものと「統語論(syntax、分野等によっては構文論とも)」という語が指すものが同一のものであるとして扱われている場合もあるが、ここでは別とする。.

新しい!!: カスパー・ハウザーと文法 · 続きを見る »

教育

FIRST Robotics Competitionにおける学生徒弟 教育(きょういく、、education、éducation, enseignement、Bildung, Erziehung、educación、educação、Образование、تعليم)は、教え育てることであり、ある人間を望ましい状態にさせるために、心と体の両面に、意図的に働きかけることであるデジタル大辞泉。教育を受ける人の知識を増やしたり、技能を身につけさせたり、人間性を養ったりしつつ、その人が持つ能力を引き出そうとすることである。 教育の機能や効果については、さまざまなことが言われている。政治面、経済面など様々なことが挙げられている。教育は、民主化を推進することになる、と指摘されている。また経済学的に見ると、生産性が向上する、とも指摘されている。なお、教育がむしろ否定的な効果・機能を果している場合には「教育の逆機能」と呼ばれることがある。 教育を研究のする学問を教育学と言う。教育学は、哲学・心理学・社会学・歴史学などの方法を用いて教育を研究する。様々な目的で細分化されており、基礎的・基本的なものとして、教育哲学・教育社会学・教育心理学・教育史学などがあり、実践的なものとして領域教育方法論・臨床教育学・教科教育学なものがある。(中学や高校の)教師になろうとする人は、必修科目として教育学を学ぶ。(ただし大学教授は教育学を学んでいない人がなっていることは多い。) 年齢による分類もあり、乳児の場合には、その教育は乳児教育(保育)と呼ばれ、幼児の場合は幼児教育、児童の場合には児童教育、成人である場合は成人教育と呼ばれる。また、場所に着目して、家庭教育、学校教育、社会教育、世界教育(World Studies、日本では、国際理解教育と呼ぶ)という言い方もある。.

新しい!!: カスパー・ハウザーと教育 · 続きを見る »

教育関係人物一覧

教育関係人物一覧(きょういくかんけいじんぶついちらん) 教育思想家・実践家・教育学者・教育評論家・教育官僚など、教育に関係する人物の一覧。 Portal:教育/執筆依頼の「ひと」はこの一覧の赤リンクと同じにしています。この一覧に追加した場合は、テンプレートにも追加をお願いします。.

新しい!!: カスパー・ハウザーと教育関係人物一覧 · 続きを見る »

手紙

手紙(てがみ)とは、特定の相手に対して情報を伝達するための文書のこと。信書(しんしょ)、書簡・書翰(しょかん)、書状(しょじょう)などとも呼ばれる。古くは消息(しょうそく、しょうそこ)、尺牘(せきとく)とも呼ばれた。 広義には封書(封筒に入れて送る書状)、はがき(封筒に入れずに送る書状)、特定の人に向けて回覧する紙片の全般を含むが、狭義には封書のみを指して用いることも多い。英語では封書を意味する"letter"、あるいは郵便物を意味する"mail"をあてるのが一般的である。.

新しい!!: カスパー・ハウザーと手紙 · 続きを見る »

12月14日

12月14日(じゅうにがつじゅうよっか、じゅうにがつじゅうよんにち)はグレゴリオ暦で年始から348日目(閏年では349日目)にあたり、年末まであと17日ある。.

新しい!!: カスパー・ハウザーと12月14日 · 続きを見る »

12月17日

12月17日(じゅうにがつじゅうななにち、じゅうにがつじゅうしちにち)はグレゴリオ暦で年始から351日目(閏年では352日目)にあたり、年末まであと14日ある。.

新しい!!: カスパー・ハウザーと12月17日 · 続きを見る »

1799年

記載なし。

新しい!!: カスパー・ハウザーと1799年 · 続きを見る »

1806年

記載なし。

新しい!!: カスパー・ハウザーと1806年 · 続きを見る »

1810年

記載なし。

新しい!!: カスパー・ハウザーと1810年 · 続きを見る »

1812年

記載なし。

新しい!!: カスパー・ハウザーと1812年 · 続きを見る »

1816年

記載なし。

新しい!!: カスパー・ハウザーと1816年 · 続きを見る »

1818年

記載なし。

新しい!!: カスパー・ハウザーと1818年 · 続きを見る »

1828年

記載なし。

新しい!!: カスパー・ハウザーと1828年 · 続きを見る »

1833年

記載なし。

新しい!!: カスパー・ハウザーと1833年 · 続きを見る »

1924年

記載なし。

新しい!!: カスパー・ハウザーと1924年 · 続きを見る »

1926年

記載なし。

新しい!!: カスパー・ハウザーと1926年 · 続きを見る »

1982年

この項目では、国際的な視点に基づいた1982年について記載する。.

新しい!!: カスパー・ハウザーと1982年 · 続きを見る »

1996年

この項目では、国際的な視点に基づいた1996年について記載する。.

新しい!!: カスパー・ハウザーと1996年 · 続きを見る »

2002年

この項目では、国際的な視点に基づいた2002年について記載する。.

新しい!!: カスパー・ハウザーと2002年 · 続きを見る »

4月30日

4月30日(しがつさんじゅうにち)はグレゴリオ暦で年始から120日目(閏年では121日目)にあたり、年末まではあと245日ある。4月の最終日である。誕生花はナシ、ムラサキハナナ。.

新しい!!: カスパー・ハウザーと4月30日 · 続きを見る »

5月26日

5月26日(ごがつにじゅうろくにち)は、グレゴリオ暦で年始から146日目(閏年では147日目)にあたり、年末まではあと219日ある。誕生花はワサビ。.

新しい!!: カスパー・ハウザーと5月26日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

カスパール・ハウザーキャスパー・ハウザー

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »