ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ

索引 カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ

パー・ダーヴィト・フリードリヒ(ドイツ語:Caspar David Friedrich、1774年9月5日 - 1840年5月7日)はドイツの画家。グライフスヴァルト出身、ドレスデンで没する。フィリップ・オットー・ルンゲとともに、ドイツのロマン主義絵画を代表する。宗教的含意をふくむ風景画によって知られる。カスパル・ダーヴィト・フリードリヒとも。.

61 関係: うつ病崇高人格廃墟後遺症ナポレオン・ボナパルトナポレオン戦争ペンムゼウムスインゼルヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテヨハン・クリスチャン・ダールロマン主義ヴァイマルボヘミアプロイセン国王フィリップ・オットー・ルンゲドレスデンドレスデン美術館ドイツドイツ語ベルリンろうそくアンドレイ・タルコフスキーインクカシワグライフスヴァルトゲルハルト・フォン・キューゲルゲンコペンハーゲンシュトラールズントスウェーデンスケートセピア石鹸素描画家風景画角川学芸出版麻痺脳卒中自殺雲海の上の旅人東山魁夷水死油彩1774年1794年1799年1805年1807年...1810年1813年1814年1816年1818年1833年1835年1836年1840年5月7日9月5日 インデックスを展開 (11 もっと) »

うつ病

うつ病(うつびょう、鬱病、欝病、Clinical Depression)は、気分障害の一種であり、抑うつ気分、意欲・興味・精神活動の低下、焦燥(しょうそう)、食欲低下、不眠、持続する悲しみ・不安などを特徴とした精神障害である。 『精神障害の診断と統計マニュアル』第5版 (DSM-5) には、うつ病の診断名と大うつ病性障害(だいうつびょうせいしょうがい、Major depressive disorder)が併記されており、この記事では主にこれらについて取り上げる。これは1日のほとんどや、ほぼ毎日、2、3週間は抑うつであり、さらに著しい機能の障害を引き起こすほど重症である場合である。1 - 2年続く死別の反応、経済破綻、重い病気への反応は理解可能な正常な反応である場合がある。 有病者数は世界で3.5億人ほどで一般的であり、世界の障害調整生命年(DALY)において第3位(4.3%)に位置づけられる。しかし多くの国にて治療につながっておらず、先進国であろうと適切にうつ病と診断されていない事が多く、その一方ではうつ病と誤診されたために間違った抗うつ薬投与がなされている。WHOはうつ病の未治療率を56.3%と推定し(2004年)、mhGAPプログラムにて診療ガイドラインおよびクリニカルパスを公開している。.

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒとうつ病 · 続きを見る »

崇高

崇高(すうこう)とは美的範疇であり、巨大なもの、勇壮なものに対したとき対象に対して抱く感情また心的イメージをいう美学上の概念である。計算、測定、模倣の不可能な、何にも比較できない偉大さを指し、自然やその広大さについていわれることが多い。.

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒと崇高 · 続きを見る »

人格

人格(じんかく)は、個人の心理面での特性。人柄。または人間の人としての主体。 日本では当初哲学的な概念として輸入され、明治時代に井上哲次郎が英語のPersonality/Person、ドイツ語のPersönlichkeit/Personに相当する漢語として造語したものである。発達心理学、教育学においては、人間の成長の過程において形成されていくものとみなされることが多い。.

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒと人格 · 続きを見る »

廃墟

廃墟(はいきょ、廃虚とも、英語:Ruins、ドイツ語:Ruine)とは、建物や施設、鉄道、集落などが使われないまま放置され、荒れ果てた状態になっているものを指す。.

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒと廃墟 · 続きを見る »

後遺症

後遺症(こういしょう)とは、病気・怪我など急性期症状が治癒した後も、機能障害などの症状や傷痕が残ること。.

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒと後遺症 · 続きを見る »

ナポレオン・ボナパルト

ダヴィッド『ベルナール峠からアルプスを越えるボナパルト』 ナポレオン一世皇家の紋章 ナポレオン・ボナパルト(Napoléon Bonaparte、1769年8月15日 - 1821年5月5日)または、省略して、ナポレオンは、革命期のフランスの軍人・政治家である。ナポレオン1世(Napoléon Ier、在位:1804年 - 1814年、1815年)としてフランス第一帝政の皇帝にも即位した。 フランス革命後の混乱を収拾して軍事独裁政権を樹立した。大陸軍(グランダルメ)と名付けた巨大な軍隊を築き上げてナポレオン戦争を引き起こし、幾多の勝利と婚姻政策によって、イギリス、ロシア、オスマン帝国の領土を除いたヨーロッパ大陸の大半を勢力下に置いたが、最終的には敗北して失脚した。.

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒとナポレオン・ボナパルト · 続きを見る »

ナポレオン戦争

1811年のヨーロッパ。濃い青はフランス帝国の領土。薄い青はフランスの衛星国 ナポレオン戦争(ナポレオンせんそう、Guerres napoléoniennes、Napoleonic Wars、Napoleonische Kriege)は、1803年にアミアンの和約が破れてから、1815年にナポレオン・ボナパルトが完全に敗北するまでの期間を通して行われた戦争である。 ナポレオンⅠ世率いるフランス帝国とその同盟諸国から動員された大陸軍(グランダルメ)が、イギリス、オーストリア、ロシア、プロイセンなどのヨーロッパ列強諸国を中心にして結成された対仏大同盟の諸軍隊と交戦した。.

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒとナポレオン戦争 · 続きを見る »

ペン

ペン(pen)とは、硬筆の筆記具のうち、インクによって書く物の総称である。例えば、サインペン、フェルトペン、ボールペンなど「ペン」と付く物の他に、万年筆などもペンに当たる。元々は羽根ペンのようなつけペン形式で、先端にインクを適宜付け、毛管現象などでインクを保持させつつ書く形態であった。近代以降、ペンにインクが内蔵された形態が発達した。.

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒとペン · 続きを見る »

ムゼウムスインゼル

ムゼウムスインゼル(Museumsinsel)はドイツの首都ベルリンの観光スポット。南北に流れるシュプレー川の中州にて、ブランデンブルク門から東に伸びるウンター・デン・リンデン街を境とする北半分の地区を指す。ベルリン美術館(Staatliche Museen zu Berlin)を構成する5つの博物館・美術館が集まっている事より「博物館島」と呼ばれる。ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されている。.

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒとムゼウムスインゼル · 続きを見る »

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(Johann Wolfgang von Goethe、1749年8月28日 - 1832年3月22日)は、ドイツの詩人、劇作家、小説家、自然科学者(色彩論、形態学、生物学、地質学、自然哲学、汎神論)、政治家、法律家。ドイツを代表する文豪であり、小説『若きウェルテルの悩み』『ヴィルヘルム・マイスターの修業時代』、叙事詩『ヘルマンとドロテーア』、詩劇『ファウスト』など広い分野で重要な作品を残した。 その文学活動は大きく3期に分けられる。初期のゲーテはヘルダーに教えを受けたシュトゥルム・ウント・ドラングの代表的詩人であり、25歳のときに出版した『若きウェルテルの悩み』でヨーロッパ中にその文名を轟かせた。その後ヴァイマル公国の宮廷顧問(その後枢密顧問官・政務長官つまり宰相も務めた)となりしばらく公務に没頭するが、シュタイン夫人との恋愛やイタリアへの旅行などを経て古代の調和的な美に目覚めていき、『エグモント』『ヘルマンとドロテーア』『ヴィルヘルム・マイスターの修業時代』などを執筆、シラーとともにドイツ文学における古典主義時代を築いていく。 シラーの死を経た晩年も創作意欲は衰えず、公務や自然科学研究を続けながら『親和力』『ヴィルヘルム・マイスターの遍歴時代』『西東詩集』など円熟した作品を成した。大作『ファウスト』は20代から死の直前まで書き継がれたライフ・ワークである。ほかに旅行記『』、自伝『詩と真実』や、自然科学者として「植物変態論」『色彩論』などの著作を残している。.

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒとヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ · 続きを見る »

ヨハン・クリスチャン・ダール

ヨハン・クリスチャン・ダール(Johan Christian Dahl、1788年2月24日 - 1857年10月14日)は、19世紀のノルウェーの画家。ロマン派の代表的画家に数えられる。.

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒとヨハン・クリスチャン・ダール · 続きを見る »

ロマン主義

マン主義(ロマンしゅぎ、Romanticism、Romantisme、Romantik、Romanticismo、Romanticismo、Romantismo)は、主として18世紀末から19世紀前半にヨーロッパで、その後にヨーロッパの影響を受けた諸地域で起こった精神運動の一つである。それまでの理性偏重、合理主義などに対し感受性や主観に重きをおいた一連の運動であり、古典主義と対をなす。恋愛賛美、民族意識の高揚、中世への憧憬といった特徴をもち、近代国民国家形成を促進した。その動きは文芸・美術・音楽・演劇など様々な芸術分野に及んだ。のちに、その反動として写実主義・自然主義などをもたらした。 ドラクロワ『アルジェの女たち』(1834年、ルーヴル美術館所蔵).

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒとロマン主義 · 続きを見る »

ヴァイマル

ヴァイマル(Weimar )は、ドイツ・テューリンゲン州の都市で、主要な歴史的文化都市のひとつ。ワイマール、ヴァイマール、ワイマル、ヴァイマー、ワイマー、ウァイマーなどとも表記される。慣用的に「ワイマール」と表記されることが多い。 面積は84,27 km2、人口は約人。主な宗教はキリスト教プロテスタントルター派。1999年には欧州文化首都に選ばれている。.

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒとヴァイマル · 続きを見る »

ボヘミア

ボヘミア(Bohemia、Čechy、Böhmen, ベーメン)は、現在のチェコの西部・中部地方を指す歴史的地名。古くはより広くポーランドの南部からチェコの北部にかけての地方を指した。西はドイツで、東は同じくチェコ領であるモラヴィア、北はポーランド(シレジア)、南はオーストリアである。 この地方は牧畜が盛んである。牧童の黒い皮の帽子に皮のズボンにベストは、オーストリア帝国の馬術や馬を扱う人たちに気に入られた。このスタイルは、オーストリアと遠戚関係にあるスペインを経て、アメリカのカウボーイの服装になったといわれる。西欧にも伝わり、芸術家気取り、芸術家趣味と解されて、ボヘミアンやボヘミアニズムという言い方も生まれた。 '''ボヘミア''' チェコ西部から中部に位置する緑色の部分.

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒとボヘミア · 続きを見る »

プロイセン国王

プロイセン国王(プロイセンこくおう、ドイツ語:König von Preußen)は、1701年(正確には1772年)から1918年まで使用されたホーエンツォレルン家のプロイセン君主による世襲の称号である。1871年以降はドイツ皇帝の称号も兼ねた。.

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒとプロイセン国王 · 続きを見る »

フィリップ・オットー・ルンゲ

フィリップ・オットー・ルンゲ(Philipp Otto Runge, 1777年7月23日 - 1810年12月2日)は、ドイツのロマン主義を代表する画家の1人。.

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒとフィリップ・オットー・ルンゲ · 続きを見る »

ドレスデン

ドレスデン(ドレースデン、Dresden、)は、ドイツ連邦共和国ザクセン州の州都でありエルベ川の谷間に位置している都市である。人口は約51万人(2008年)である。.

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒとドレスデン · 続きを見る »

ドレスデン美術館

ドレスデン美術館 (Staatliche Kunstsammlungen Dresden) は、ドイツのドレスデンにある美術館である。ドイツ語名のStaatliche Kunstsammlungen Dresdenは「国立アートコレクション」の意で、ラファエッロ、ジョルジョーネをはじめとするヨーロッパの古典絵画を展示する古典絵画館 (Gemäldegalerie Alte Meister) と、19世紀から20世紀の絵画を集めた近代絵画館 (Galerie Neue Meister) のほか、陶磁器コレクション、古代彫刻コレクション、「緑の丸天井(グリーン・ヴォールト)」(ザクセン王家の宝物館)など、ドレスデン市内にある計12の博物館を含んでいる。日本語では「ドレスデン国立美術館」「ドレスデン絵画館」などと訳される場合もある。本項では、日本における特別展の名称などにしばしば使われる「ドレスデン美術館」という名称を使用することとする。 ザクセン王国の古都・ドレスデンは第二次大戦で街の大部分が破壊されたが、ツヴィンガー宮殿をはじめとする壮麗なバロック建築は見事に復元・修復され、「バロックの都」の面影を伝えている。ドレスデン美術館の基礎となるコレクションは、16世紀のザクセン選帝侯の時代から始まっているが、コレクションが強化されたのは18世紀のフリードリヒ・アウグスト1世(アウグスト強王)の時代である。アウグスト強王が1711年から1728年にかけて十数年をかけて建立したツヴィンガー宮殿は、ドイツの後期バロック建築の代表作として知られる。同宮殿は、第二次世界大戦で破壊されたが、1960年までに復興され、往時と変わらぬ姿をとどめている。 ツヴィンガー宮殿には1855年に公開された「古典絵画館」(アルテ・マイスター)があり、ラファエッロの『システィーナの聖母』をはじめとするルネサンスやバロックの名画が展示されている。世界に30数点しか残っていないフェルメールの作品が2点所蔵されていることも特筆される。ツヴィンガー宮殿には他に、ドイツのマイセン陶磁や日本の伊万里焼を収集した陶磁器コレクションもある。 一方、19世紀から20世紀のドイツ絵画、フランス印象派絵画などを集めた「近代絵画館」(ノイエ・マイスター)は、ツヴィンガー宮殿の東方に位置するアルベルティヌムにある。アルベルティヌムはもともと武器庫として16世紀に建てられたものである。なお、アルベルティヌムにあったザクセン王家の宝飾品コレクション「緑の丸天井」 (Grünes Gewölbe) は、2004年から市内のレジデンツ城に移転している。.

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒとドレスデン美術館 · 続きを見る »

ドイツ

ドイツ連邦共和国(ドイツれんぽうきょうわこく、Bundesrepublik Deutschland)、通称ドイツ(Deutschland)は、ヨーロッパ中西部に位置する連邦制共和国である。もともと「ドイツ連邦共和国」という国は西欧に分類されているが、東ドイツ(ドイツ民主共和国)の民主化と東西ドイツの統一により、「中欧」または「中西欧」として再び分類されるようになっている。.

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒとドイツ · 続きを見る »

ドイツ語

ドイツ語(ドイツご、独:Deutsch、deutsche Sprache)は、インド・ヨーロッパ語族・ゲルマン語派の西ゲルマン語群に属する言語である。 話者人口は約1億3000万人、そのうち約1億人が第一言語としている。漢字では独逸語と書き、一般に独語あるいは独と略す。ISO 639による言語コードは2字が de、3字が deu である。 現在インターネットの使用人口の全体の約3パーセントがドイツ語であり、英語、中国語、スペイン語、日本語、ポルトガル語に次ぐ第6の言語である。ウェブページ数においては全サイトのうち約6パーセントがドイツ語のページであり、英語に次ぐ第2の言語である。EU圏内では、母語人口は域内最大(ヨーロッパ全土ではロシア語に次いで多い)であり、話者人口は、英語に次いで2番目に多い。 しかし、歴史的にドイツ、オーストリアの拡張政策が主に欧州本土内で行われたこともあり、英語、フランス語、スペイン語のように世界語化はしておらず、基本的に同一民族による母語地域と、これに隣接した旧支配民族の使用地域がほとんどを占めている。上記の事情と、両国の大幅な領土縮小も影響して、欧州では非常に多くの国で母語使用されているのも特徴である。.

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒとドイツ語 · 続きを見る »

ベルリン

ベルリン(Berlin 、伯林)は、ドイツ北東部、ベルリン・ブランデンブルク大都市圏地域の中心に位置する都市である。16ある連邦州のうちの一つで、市域人口は万人とドイツでは最大の都市で欧州連合の市域人口ではロンドンに次いで2番目に多く、都市的地域の人口は7番目に多い。同国の首都と定められている。.

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒとベルリン · 続きを見る »

ろうそく

ろうそく (漢字表記:蝋燭あるいは蠟燭、 キャンドル)とは、綿糸などを縒り合わせたもの(ねじりあわせたもの)を芯にして、芯の周囲に蝋(ろう)やパラフィンを成型したもののこと。芯に火を点して灯りなどとして用いる。ロウソク、ローソクとも。 芯の先に点った炎によって周囲の蝋が融けて芯に染み込み、さらにそれが気化して燃焼することで燃え続けるしくみである。炎はほぼ一定の明るさを保つ。粗悪なものを除く。 芯として用いられるのは三つ編みにした綿糸(めんし)やイグサ(灯心草)で、芯を据えた型に蝋(ろう、パラフィン)を流し込んだり、融けた蝋を芯に繰り返し絡ませたりして作られる。 光源の明るさの単位「カンデラ(燭光)」は、もともと特定の規格のろうそくの明るさを基準として決められた単位である。 ろうそくに関する著作では、マイケル・ファラデーの『ロウソクの科学』が有名。.

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒとろうそく · 続きを見る »

アンドレイ・タルコフスキー

アンドレイ・タルコフスキー(ロシア語:Андрей Арсеньевич Тарковский, アンドレイ・アルセーニエヴィチ・タルコフスキー, 英語:Andrei Arsenyevich Tarkovsky, 1932年4月4日 - 1986年12月29日)は、ソ連の映画監督である。「映像の詩人」と呼ばれ、叙情的とも言える自然描写、とりわけ「水」の象徴性を巧みに利用した独特の映像美で知られる。深い精神性を探求し、後期から晩年にかけて、人類の救済をテーマとした作品を制作・監督する。表現の自由を求めてソ連を亡命し、故郷に還ることなく、パリにて54歳で客死する。.

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒとアンドレイ・タルコフスキー · 続きを見る »

インク

ラーインクとペン 万年筆と文字 インク()とは顔料・染料を含んだ液体、ジェル、固体で、文字を書いたり表面に色付けするために用いられるものである。油性、水性などの種類がある。筆記や印刷で用いるものはオランダ語由来のインキ()と呼ぶ場合が多い。 日本や中国で古くから使われている墨もインクの一種である。 油性インクは長時間未使用のまま保存するとインクが固まってしまう、水性インクは保存には優れているが水に濡れると滲んでしまう弱点がある。近年はボールペンやプリンターなどで「水性顔料インク」が多用されている。長期の保存に耐え、水に濡れても滲みにくく手についても水洗いで落とせるなどといった利点を持っている。.

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒとインク · 続きを見る »

カシワ

ワ林(北海道中札内村) カシワ(柏、槲、学名Quercus dentata)は、ブナ目ブナ科の落葉中高木。英語では Japanese Emperor Oak, Kashiwa Oak, Daimyo oak, chêne de Daimyo (フランス語)などと称する。.

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒとカシワ · 続きを見る »

グライフスヴァルト

街の風景 郊外の風車 カスパー・ダヴィット・フリードリヒの絵画 グライフスヴァルト (Greifswald) はドイツ連邦共和国の都市。メクレンブルク=フォアポンメルン州に属する。人口は約5万4千人(2008年)で、同州第5の都市である。グライフシュヴァルトとも表記される。ドイツ・ロマン主義の代表的な画家であるカスパー・ダーヴィト・フリードリヒの出身地である。 1995年より、当市の公式名は "Universitäts- und Hansestadt Greifswald"(英: University and Hanseatic City of Greifswald、日: 大学とハンザ都市グライフスヴァルト)となった。また、2011年9月に郡市再編成が実施され、それまで郡から切り離された郡独立市であったグライフスヴァルトは、新しく起立されたフォアポンメルン=グライフスヴァルト郡に編入され、その郡都となった。.

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒとグライフスヴァルト · 続きを見る »

ゲルハルト・フォン・キューゲルゲン

フランツ・ゲルハルト・フォン・キューゲルゲン(Franz Gerhard von Kügelgen、1772年2月26日 - 1820年3月27日)は、ドイツの画家。肖像画や歴史画で知られる。ドレスデンの芸術学院で講師を務め、プロイセンとロシア帝国の芸術学院の会員であった。双子の弟のカール・フォン・キューゲルゲンも画家である。 バッハラッハ・アム・ライン出身。1789年に学校を卒業後、コブレンツで絵を学んだ。1791年にボンに移り、マクシミリアン・フランツ・フォン・エスターライヒ選帝侯やフェルディナント・アウグスト・フォン・シュピーゲル、ヴァルトシュタイン伯を描いた。選帝侯の出資で弟とともにローマやミュンヘン、リガに留学した。 1800年にヘレーネ・マリー・ツォーゲ・フォン・マントイッフェルと結婚、ヴィルヘルム(1802年生)、ゲルハルト(1806年生)、アーデルハイト(1808年生)の三子をもうけた。長男のヴィルヘルムは1802年にサンクトペテルブルクで生まれ、後に画家になった。 キューゲルゲンはその生涯でカスパー・ダーヴィト・フリードリヒ、ゲーテ、ヘルダー、アウグスト・フォン・コッツェブー、シラー、ヨハン・ゴットフリート・ソイメ、ルートヴィヒ・ウーラント、ツァハリアス・ヴェルナー、ヴィーラント、ヨハン・カール・シモン・モルゲンシュテルンなどの肖像を描いた。ドレスデンで住まいとした Gottessegen は、初期ロマン主義の芸術家や支持者が集うサロンとなった。 1820年、キューゲルゲンはロシュヴィッツのアトリエからドレスデンに向かう途中、山賊に殺害された。遺体はドレスデンのふるいカトリック墓地に葬られた。 小惑星のキューゲルゲン (11313) は彼と息子のヴィルヘルムにちなみ命名された。.

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒとゲルハルト・フォン・キューゲルゲン · 続きを見る »

コペンハーゲン

ペンハーゲン(Kopenhagen )、クブンハウン(ケブンハウン)(København 、コゥペンヘイゲン(Copenhagen )は、デンマークの首都。デンマーク最大の都市で、自治市の人口は52万人。市名はデンマーク語の"Kjøbmandehavn"(商人たちの港)に由来する。「北欧のパリ」と比喩される。.

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒとコペンハーゲン · 続きを見る »

シュトラールズント

ュトラールズント(Stralsund)はドイツの都市。メクレンブルク=フォアポンメルン州フォアポンメルン=リューゲン郡に属する(郡庁所在地)。人口は約5万8千人(2008年)で、同州第4の都市である。スウェーデン語ではストラルスンドと呼ばれる。 2002年にUNESCOの世界遺産(文化遺産)「シュトラールズント歴史地区とヴィスマール歴史地区」の一部として登録された。.

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒとシュトラールズント · 続きを見る »

スウェーデン

ウェーデン王国(スウェーデンおうこく、スウェーデン語: )、通称スウェーデンは、北ヨーロッパのスカンディナヴィア半島に位置する立憲君主制国家。首都はストックホルム。西にノルウェー、北東にフィンランドと国境を接し、南西にカテガット海峡を挟んでデンマークと近接する。東から南にはバルト海が存在し、対岸のロシアやドイツとの関わりが深い。法定最低賃金は存在しておらず、スウェーデン国外の大企業や機関投資家に経済を左右されている。.

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒとスウェーデン · 続きを見る »

スケート

アイススケート スケート、アイススケート() は、氷を張った面(スケートリンク)の上を、刃のついた靴(スケート靴)で刃の先を氷に当てて滑るスポーツ。スキーと並ぶ代表的な冬季スポーツである。 スケート靴の摩擦抵抗の低さと、体中心から外側に向けて蹴りだす力により、平地で使用する体力が少なくとも高速で滑走する事が出来る。(超高速度滑走やスピンやジャンプなど競技類はそれなりの筋力を使用する).

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒとスケート · 続きを見る »

セピア

ピア(sepia)とは、イカ墨のこと。ギリシア、スペインやイタリアなど一部の国ではコウイカそのものをも指す。 耐光性・耐水性のあるイカ墨由来のインクが漬けペン用として長く使われておりその色味についてセピア色と呼ばれていた。その後、イカ墨インクは粒子の粗さゆえに万年筆を詰まらせる事もあり消えていったが、初期の白黒写真の経年劣化が鶏卵紙由来の黄ばみと画像の退色が進むものでその色味がセピア色であった。それゆえに古写真由来の懐古的な事を示すイメージ色としてセピア色が定着した。.

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒとセピア · 続きを見る »

石鹸

石鹸(石鹼、せっけん、せきけん)とは一般に汚れ落としの洗浄剤を指し、より化学的には高級脂肪酸の塩の総称である。 工業的に動植物の油脂から製造され、特に純石鹸(じゅんせっけん)と呼ぶ場合は、脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムだけで、添加物を含まない石鹸を指すが、多くは炭酸塩や香料などの添加物を含む。 界面活性剤であり、油や油を含む汚れを水に分散させる作用により洗浄能力を持つ。また、細菌の細胞膜やウイルスのエンベロープを破壊するため、一部の病原体に対して消毒効果を発揮する。 水を溶媒として溶かして使用するが、水なしで使えるよう工夫されたドライシャンプーが介護や災害時に使われているほか、宇宙ステーションでも使用されている。 マルセイユ石鹸(サヴォン・ド・マルセイユ).

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒと石鹸 · 続きを見る »

素描

素描(そびょう、すがき)、デッサン()、ドローイング()とは、物体の形体、明暗などを平面に描画する美術の制作技法、過程、あるいは作品のこと。これに準ずるものを指す場合もある。これについては後述する。.

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒと素描 · 続きを見る »

画家

Jost Ammanによる木版画(1568年) 画家(がか)は、絵画を制作する者の総称である。日本画や洋画など、画風や画材・作成スタイルなどによって、様々なタイプの画家が存在する。画家たちで形成されるコミュニティー(社会)を画壇(がだん)という。.

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒと画家 · 続きを見る »

風景画

『印象・日の出』クロード・モネ1872年 風景画(ふうけいが)は山、渓谷、木々、河川、森などの景観を描いた絵画である。多くの場合空が描かれ、天候が記述される。.

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒと風景画 · 続きを見る »

角川学芸出版

角川学芸出版(かどかわがくげいしゅっぱん)は、日本の出版社・KADOKAWAと角川文化振興財団の共通ブランド。 本項では、ブランドカンパニー化以前の株式会社角川学芸出版についても解説する。.

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒと角川学芸出版 · 続きを見る »

麻痺

麻痺(まひ、痲痹とも)とは、一般的には、四肢などが完全に機能を喪失していることや、感覚が鈍って、もしくは完全に失われた状態を指す。比喩的に使われることも多く、「金銭感覚が麻痺する」「交通麻痺(=極度の交通渋滞や災害等により、道路機能が失われること)」などの用例がある。 医学用語としての麻痺は、中枢神経あるいは末梢神経の障害により、身体機能の一部が損なわれる状態をさす。例えば運動しようとしても、四肢などに十分な力の入らない・四肢の感覚が鈍く感じる状態(不全麻痺)、またはまったく動かすことができない・感覚がまったく感じられない状態(完全麻痺)を指し、一般用語の不随に近い意味を持つ。麻痺には、運動神経が障害される運動麻痺と、感覚神経が障害される感覚麻痺(知覚麻痺)がある。また中枢が障害される中枢性麻痺と末梢神経が障害される末梢性麻痺に分類される。.

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒと麻痺 · 続きを見る »

脳卒中

脳卒中(のうそっちゅう)とは、脳内の出血や血管障害を原因とする発作。 日本では1951年から約30年間、日本人の死亡原因の一位を占めた。 脳卒中はである。脳血管障害と言い換えられることもあるが、厳密には「脳血管障害」の方が指す範囲が広く、検査で初めて発見される程度の場合も含む。 中風、中気、あたりとも。.

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒと脳卒中 · 続きを見る »

自殺

自殺(じさつ)とは、自分で自分を殺すこと。自害、自死、自決、自尽、自裁などとも言い、状況や方法で表現を使い分ける場合がある。 世界保健機関(WHO)によると、世界で2014年時点で毎年約80万人が自殺している。世界の自殺の75%は低中所得国で起こり、自殺は各国において死因の10位以内に入り、特に15〜29歳の年代では2位になっている(2012年)と報告している。 自殺は様々な事情が複雑に絡み合って生じる場合が多い。高所得国における主な理由は精神疾患(特にうつ病とアルコール乱用)であり、ほか金銭的問題、人間関係の破綻、慢性痛や病気などがある。WHOは「自殺は、そのほとんどが防ぐことのできる社会的な問題。適切な防止策を打てば自殺が防止できる」としている。そのうえでWHOは、一人一人のこの上なく尊い生命を守るため、本格的な予防戦略である世界自殺予防戦略(SUPRE)を実施している。このようなWHOに準ずる形で、各国で行政・公的機関・NPO・有志の方々による多種多様な自殺予防活動が行われている。日本では『支援情報検索サイト』『いきる・ささえる相談窓口』などが設けられていて「もしあなたが悩みを抱えていたら、ぜひ相談してください」と呼びかけている。日本では景気の回復に伴い、1978年から統計が始まった10万人あたりの自殺率が過去最低を下回った。.

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒと自殺 · 続きを見る »

雲海の上の旅人

『雲海の上の旅人』(うんかいのうえのたびびと、Der Wanderer über dem Nebelmeer, )は、ドイツ・ロマン主義の画家カスパー・ダーヴィト・フリードリヒが1818年に描いた油彩画。ドイツ、ハンブルク美術館所蔵。.

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒと雲海の上の旅人 · 続きを見る »

東山魁夷

東山 魁夷(ひがしやま かいい、1908年(明治41年)7月8日 - 1999年(平成11年)5月6日)は、日本の画家、著述家。昭和を代表する日本画家の一人といわれる。文化勲章受章者。千葉県市川市名誉市民。本名は東山 新吉(ひがしやま しんきち)。.

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒと東山魁夷 · 続きを見る »

水死

水死(すいし)とは、溺水によって引き起こされる窒息死の一種である。溺死(できし)ともいう。.

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒと水死 · 続きを見る »

氷(冰、こおり)とは、固体の状態にある水のこと。 なお、天文学では宇宙空間に存在する一酸化炭素や二酸化炭素、メタンなど水以外の低分子物質の固体をも氷(誤解を避けるためには「○○の氷」)と呼ぶこともある。また惑星科学では、天王星や海王星の内部に存在する高温高密度の水やアンモニアの液体のことを氷と呼ぶことがある。さらに日常語でも、固体の二酸化炭素をドライアイスと呼ぶ。しかしこの記事では、水の固体を扱う。.

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒと氷 · 続きを見る »

油彩

油彩(ゆさい)には、以下の2つの意味がある。.

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒと油彩 · 続きを見る »

1774年

記載なし。

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒと1774年 · 続きを見る »

1794年

記載なし。

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒと1794年 · 続きを見る »

1799年

記載なし。

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒと1799年 · 続きを見る »

1805年

記載なし。

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒと1805年 · 続きを見る »

1807年

記載なし。

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒと1807年 · 続きを見る »

1810年

記載なし。

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒと1810年 · 続きを見る »

1813年

記載なし。

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒと1813年 · 続きを見る »

1814年

記載なし。

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒと1814年 · 続きを見る »

1816年

記載なし。

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒと1816年 · 続きを見る »

1818年

記載なし。

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒと1818年 · 続きを見る »

1833年

記載なし。

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒと1833年 · 続きを見る »

1835年

記載なし。

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒと1835年 · 続きを見る »

1836年

記載なし。

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒと1836年 · 続きを見る »

1840年

記載なし。

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒと1840年 · 続きを見る »

5月7日

5月7日(ごがつなのか)はグレゴリオ暦で年始から127日目(閏年では128日目)にあたり、年末まではあと238日ある。誕生花はボタン。.

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒと5月7日 · 続きを見る »

9月5日

9月5日(くがついつか)はグレゴリオ暦で年始から248日目(閏年では249日目)にあたり、年末まであと117日ある。.

新しい!!: カスパー・ダーヴィト・フリードリヒと9月5日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

カスパル・ダヴィト・フリードリヒカスパー・ダヴィット・フリードリヒカスパー・ダーヴィット・フリードリヒカスパー・ダーヴィド・フリードリヒカスパー・ダーフィト・フリードリヒ

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »