ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

オービタル・サイエンシズ

索引 オービタル・サイエンシズ

ービタル・サイエンシズ(英: Orbital Sciences Corporation、通称OSC、またはOrbital)は、人工衛星の製造・打ち上げを行うアメリカ合衆国の企業である。バージニア州のダレスに本社を持つ。打ち上げシステムグループはミサイル防衛とも関わっている。かつてはORBIMAGE(現GeoEye)とGPSレシーバーのMagellan lineも有していたが、タレスに売却している。 2014年4月29日に、ATK社の航空宇宙・防衛部門と対等合併することで合意し、オービタルATK社(Orbital ATK Inc.)を新社名にすることになった。この合併は、2015年2月10日に実施される。.

65 関係: AIM (人工衛星)ATKランチ・システムズ・グループ太平洋ミサイル試射場射場人工衛星会長企業ペガサス (ロケット)ミノタウロス (ロケット)ミノタウロスIVミノタウロスVミサイル防衛チャンドラー (アリゾナ州)バージニア州メリーランド州ロケットヴァンデンバーグ空軍基地トーラスロケットトール5ピースキーパー (ミサイル)ドーン (探査機)ニュー・ミレニアム計画アメリカ合衆国アリゾナ州アンタレス (ロケット)インテルサットエドワーズ空軍基地オリオン (宇宙船)オレンジ郡 (カリフォルニア州)オービタルATKオプタスカナリア諸島カリフォルニア州クェゼリン環礁グリーンベルト (メリーランド州)グローバル・ポジショニング・システムケープカナベラル空軍基地コディアック打上げ基地シグナス (宇宙船)タレス・グループ再使用型宇宙往還機商業軌道輸送サービスBSAT-2aBSAT-2c社長運動エネルギー迎撃弾衛星バス軌道上炭素観測衛星英語GALEX (人工衛星)...GBI (ミサイル)GeoEyeIBEX (人工衛星)KT (通信企業)NTTドコモNuSTARSORCEX-34 (航空機)X-43 (航空機)最高執行責任者最高経営責任者最高財務責任者放送衛星システム打ち上げ脱出システム1982年 インデックスを展開 (15 もっと) »

AIM (人工衛星)

AIM (Aeronomy of Ice in the Mesosphere) は夜光雲の観測のためにNASAがSMEXの一環として開発した人工衛星である。2007年4月25日にロッキード L-1011からペガサスXLで空中発射され、600kmの極軌道に乗せられた。当初26か月の予定であった運用期間は2012年9月まで延長されている。夜光雲は極中間圏雲としても知られ、他の雲よりずっと高い上空約80kmの大気圏内で発生する。このような雲が形成されるための条件(気温、水蒸気、塵)の特定に役立つことが、AIMには期待されている。夜光雲は1885年に初めて観測され、近年は発生頻度が増えているとされる。.

新しい!!: オービタル・サイエンシズとAIM (人工衛星) · 続きを見る »

ATKランチ・システムズ・グループ

トライデントII(D5)FBM。サイオコール製の第1段固体燃料ロケット・エンジンを点火している。 ATKランチ・システムズ・グループ()は、初期にはゴム及び関連した化学製品に携わり、後にロケットとミサイルの推進システムに携わるアメリカ合衆国の企業である。ATKとは親会社のアライアント・テックシステムズ の略(NYSEコード)である。 2006年に現在の社名になるまで、社名は一定ではなかったものの常にThiokolの名が入っていた。Thiokolは、同社の最初の製品のポリサルファイド系ポリマーの商品名で、ギリシア語で硫黄を意味するΘειο(theio)と接着剤を意味するκολλα(kolla)の混成語である。 日本では、東レによるポリサルファイドポリマのライセンス製品の商標「チオコールLP」があるため「チオコール」と呼ばれることもあるが、ロケット関係をはじめとして一般には「サイオコール」というカタカナ書きが広く使われている(たとえば文科省によるロケット関連の資料等)。この記事では前述の東レの製品以外については「サイオコール」を使っている。 同社は、合併・分割・買収・売却を繰り返す間に次のように社名が変わった。.

新しい!!: オービタル・サイエンシズとATKランチ・システムズ・グループ · 続きを見る »

太平洋ミサイル試射場

太平洋ミサイル試射場(Pacific Missile Range Facility:PMRF)はハワイ州カウアイ島西岸バーキング・サンズにある、多角的な試験と訓練が可能なように設備が整えられた世界最大のミサイル試射場。(IATA空港コード:BKH、ICAO空港コード:PHBK).

新しい!!: オービタル・サイエンシズと太平洋ミサイル試射場 · 続きを見る »

射場

内之浦宇宙空間観測所。安全性を考慮して海岸沿いに建設されている。また傾斜発射する理由はロケットを早く海上に出して、万一事故が発生した場合の被害を少なくするためである。 ケネディ宇宙センター。 バイコヌール宇宙基地から打ち上げられたソユーズTMA-5(2004年10月14日) 射場(しゃじょう、launch site)とは、ロケット等を打ち上げる施設のこと。発射場とも呼ばれる。宇宙へ向けて人工衛星を打ち上げるローンチ・ヴィークルの射場については宇宙船基地などと呼ぶこともある。通常はNASAなどの宇宙開発機関が管理する。空軍の基地と人工衛星の射場が共用されていることもある。 静止衛星の射場は、地球の自転を利用してロケット燃料をなるべく使わずに軌道速度を得るため、赤道に近い場所にあることが多い。.

新しい!!: オービタル・サイエンシズと射場 · 続きを見る »

人工衛星

GPS衛星の軌道アニメーション 人工衛星(じんこうえいせい)とは、惑星、主に地球の軌道上に存在し、具体的な目的を持つ人工天体。地球では、ある物体をロケットに載せて第一宇宙速度(理論上、海抜0 mでは約 7.9 km/s.

新しい!!: オービタル・サイエンシズと人工衛星 · 続きを見る »

会長

会長(かいちょう)は、会の長・責任者を指す言葉である。会長はその団体・組織を代表したり、あるいは会務を総理する。.

新しい!!: オービタル・サイエンシズと会長 · 続きを見る »

企業

企業(きぎょう、business)とは、営利を目的として一定の計画に従って経済活動を行う経済主体(経済単位)である。社会的企業を区別するために営利企業とも言う。家計・政府と並ぶ経済主体の一つ。国(中央政府)や地方公共団体が保有する企業を公企業(こうきぎょう)、そうでない企業を私企業(しきぎょう)という。通常は企業といえば私企業を指す。日常用語としての「企業」は多くの場合、会社と同義だが、個人商店も企業に含まれるので、企業のほうが広い概念である。 広義の企業は、営利目的に限らず、一定の計画に従い継続的意図を持って経済活動を行う独立の経済主体(経済単位)を指す。.

新しい!!: オービタル・サイエンシズと企業 · 続きを見る »

ペガサス (ロケット)

ペガサスロケットは、アメリカのオービタル・サイエンシズ社(OSC)が開発した空中発射ロケットで、主な用途は人工衛星の打ち上げである。名称はスタートレックシリーズのU.S.S.ペガサスから。.

新しい!!: オービタル・サイエンシズとペガサス (ロケット) · 続きを見る »

ミノタウロス (ロケット)

ミノタウロス(Minotaur)はアメリカ合衆国の固体燃料ロケットシリーズ。ミニットマンとピースキーパー大陸間弾道ミサイルを転用している。製造はオービタル・サイエンシズが行っている。 ミノタウロスIは小型人工衛星を低軌道に投入するために使用される。ミノタウロスII(キメラ、またはTLVとしても知られる)は弾道飛行に使用され、おもにトラッキングや弾道弾迎撃ミサイル試験のターゲットとして使用される。ミノタウロスIIIも弾道飛行に使用される。ミノタウロスIVは衛星打ち上げに使用され、低軌道投入能力はミノタウロスIのそれより大きい。ミノタウロスVは2013年9月に初打ち上げに成功した機種で、静止トランスファ軌道や月遷移軌道を含む、より高い軌道への投入が可能な設計をしている。ミノタウロスI、IIはミニットマンミサイル派生で、ミノタウロスIII、IV、Vはピースキーパー派生である。ミノタウロスIとIV, Vが現役。.

新しい!!: オービタル・サイエンシズとミノタウロス (ロケット) · 続きを見る »

ミノタウロスIV

ミノタウロスIV(Minotaur IV、別名 Peacekeeper SLV、OSP-2 PK)はピースキーパーミサイルから派生したアメリカ合衆国の使い捨て型ロケット。オービタル・サイエンシズが運用し、2010年4月22日にHTV-2a超音速機を搭載して初飛行を行った。初の衛星打ち上げは2010年9月26日のアメリカ空軍のSBSS打上げである。 ミノタウロスIVは4段ロケット、低軌道に1735kgのペイロード投入能力がある。初めの3段にピースキーパーミサイルを用い、4段目には通常型はOrion-38を、より性能の高いミノタウロスIV+ではStar-48Vを用いる。4段目を用いないミノタウロスIV Liteは弾道飛行に使用される。5段ロケットのミノタウロスVが現在開発中である。.

新しい!!: オービタル・サイエンシズとミノタウロスIV · 続きを見る »

ミノタウロスV

ミノタウロスV(Minotaur V)はアメリカ合衆国の使い捨て型ロケット。ミノタウロスIVの発展系で、ミノタウロスIV自体はピースキーパーミサイルの派生系である。オービタル・サイエンシズが開発を行い、初飛行として2013年9月7日にアメリカ航空宇宙局 (NASA) の月探査機を打ち上げた。 ミノタウロスVは5段ロケットで、ペイロード投入能力は静止トランスファ軌道に640kgまで、あるいは月遷移軌道に447kgまでとなるよう設計されている。ミノタウロスIV+に5段目としてスター37を搭載する。スター37にはスピン安定型のスター37FMと、3軸安定型のスター37FMVの2つのバージョンがある。 ミノタウロスVの打上げに適用可能な射場として、ヴァンデンバーグ空軍基地のLC-8、中部大西洋地域宇宙基地のPad 0B、およびコディアック打上げ基地のPad 1があるが、2009年の段階で中部大西洋地域宇宙基地以外からの打上げ予定はない。.

新しい!!: オービタル・サイエンシズとミノタウロスV · 続きを見る »

ミサイル防衛

ミサイル防衛(ミサイルぼうえい、)または弾道ミサイル防衛(だんどうミサイルぼうえい、)は、主に弾道ミサイルからある特定の区域を防衛すること及びその構想である。敵のミサイルを迎撃するミサイル防衛は時代と共にその名称が変遷して国家の安全保障にとって重要になってきている。 スタンダードミサイル SM-3.

新しい!!: オービタル・サイエンシズとミサイル防衛 · 続きを見る »

チャンドラー (アリゾナ州)

チャンドラー(Chandler)は、アメリカ合衆国アリゾナ州マリコパ郡の都市であり、州都フェニックスを含むフェニックス都市圏の著名な郊外部になっている。北と西はテンピに、北はメサに西はフェニックスに、南はヒラ川インディアン居留地に、また東はギルバートに接している。2010年の国勢調査での人口は236,123人となっている。市内には多数の質素なトラクト・ハウスがある。インテルやオービタル・サイエンシズなど技術系会社のサテライト・オフィスもある。.

新しい!!: オービタル・サイエンシズとチャンドラー (アリゾナ州) · 続きを見る »

バージニア州

バージニア州(Commonwealth of Virginia)は、アメリカ合衆国東部、大西洋岸の南部に位置する州(コモンウェルス)である。2010年国勢調査による人口は8,001,024人だった。アメリカ合衆国50州の中で、陸地面積では第35位、人口では第12位である。ヴァージニア州とも表記される。 イギリスと独立戦争をした13州のうちの一つである。南北戦争では南部連邦側に属し、激戦地となった。 州都はリッチモンド市、人口最大都市はバージニアビーチ市である。.

新しい!!: オービタル・サイエンシズとバージニア州 · 続きを見る »

メリーランド州

メリーランド州(State of Maryland、略号MD、)は、アメリカ合衆国東部の大西洋岸にあり、ワシントンD.C.に隣接して中部大西洋岸地域(Mid-Atlantic States)を構成する州の一つである。アメリカ合衆国50州の中で、陸地面積では第42位、人口では第19位である。人口密度が高い。南と西はバージニア州、ウェストバージニア州、ワシントンD.C.に、北はペンシルベニア州、東はデラウェア州と接している。 州名の由来は、当時、イングランド国内で禁じられていたカトリック信仰の擁護者的存在になったヘンリエッタ・マリア・オブ・フランス王妃(イングランド内戦・ピューリタン革命で処刑されることになるチャールズ1世の妃)の名前であり、イギリス植民地時代に彼女の栄誉を称えて名付けられた Retrieved on 2007-02-07.

新しい!!: オービタル・サイエンシズとメリーランド州 · 続きを見る »

ロケット

ット(rocket)は、自らの質量の一部を後方に射出し、その反作用で進む力(推力)を得る装置(ロケットエンジン)、もしくはその推力を利用して移動する装置である。外気から酸化剤を取り込む物(ジェットエンジン)は除く。 狭義にはロケットエンジン自体をいうが、先端部に人工衛星や宇宙探査機などのペイロードを搭載して宇宙空間の特定の軌道に投入させる手段として使われる、ロケットエンジンを推進力とするローンチ・ヴィークル(打ち上げ機)全体をロケットということも多い。 また、ロケットの先端部に核弾頭や爆発物などの軍事用のペイロードを搭載して標的や目的地に着弾させる場合にはミサイルとして区別され、弾道飛行をして目的地に着弾させるものを特に弾道ミサイルとして区別している。なお、北朝鮮による人工衛星の打ち上げは国際社会から事実上の弾道ミサイル発射実験と見なされており国際連合安全保障理事会決議1718と1874と2087でも禁止されているため、特に日本国内においては人工衛星打ち上げであってもロケットではなくミサイルと報道されている。 なお、推力を得るために射出される質量(推進剤、プロペラント)が何か、それらを動かすエネルギーは何から得るかにより、ロケットは様々な方式に分類されるが、ここでは最も一般的に使われている化学ロケット(化学燃料ロケット)を中心に述べる。 ロケットの語源は、1379年にイタリアの芸術家兼技術者であるムラトーリが西欧で初めて火薬推進式のロケットを作り、それを形状にちなんで『ロッケッタ』と名づけたことによる。.

新しい!!: オービタル・サイエンシズとロケット · 続きを見る »

ヴァンデンバーグ空軍基地

ヴァンデンバーグ空軍基地(ヴァンデンバーグくうぐんきち、Vandenberg Air Force Base)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州にあるアメリカ空軍の基地である。カリフォルニア州の南部、サンタバーバラ郡にあり、ミサイル・ロケットの射場となっている。.

新しい!!: オービタル・サイエンシズとヴァンデンバーグ空軍基地 · 続きを見る »

トーラスロケット

トーラスロケット()はオービタル・サイエンシズ社(OSC)が開発した人工衛星打ち上げ用の使い捨て全段固体燃料ロケットである。「トーラス」とはおうし座の英名である。.

新しい!!: オービタル・サイエンシズとトーラスロケット · 続きを見る »

トール5

トール5(Thor 5)またはトール2Rはノルウェーの通信衛星。Telenor社が保有している。 Star-2衛星バスをベースにし、オービタル・サイエンシズ社が製造した。重量約1900kg、24本のKu bandトランスポンダを搭載し、北欧を始め、ヨーロッパや中東諸国などに衛星放送サービスを提供する。 2008年2月11日にProton-M/Briz-Mによって打ち上げられた。打上げ後、上段のBriz-Mがトール5を直接静止軌道に投入した。.

新しい!!: オービタル・サイエンシズとトール5 · 続きを見る »

ピースキーパー (ミサイル)

イロから発射されたピースキーパーICBM。アメリカで最初にコールドローンチ方式を採用したピースキーパーICBMの発射にあたっては、最初に高圧ガスによってサイロからミサイルが打ち出され、一定の高度に到達した時点でミサイルの推進エンジンに点火されてミサイルが上昇を開始する。従来のホットローンチ方式ではサイロ内でミサイルのロケットエンジンに点火されるためサイロ内部が高温のロケットエンジンの排気に晒されて破壊されてしまうが、コールドローンチ方式であればサイロはミサイル発射後も機能に問題を生じることが無く再利用が可能とされていた。 米国のICBM'''LGM-118A ピースキーパー'''の発射実験によりクェゼリン環礁に落下する再突入体 LGM-118A ピースキーパー(Peacekeeper)はアメリカ空軍がかつて運用していた、大陸間弾道ミサイルである。マーティン・マリエッタ社が主契約者となり生産された。START-IIやモスクワ条約の締結により2002年に退役が決定、2005年9月15日に退役・廃棄が完了している。.

新しい!!: オービタル・サイエンシズとピースキーパー (ミサイル) · 続きを見る »

ドーン (探査機)

ドーン(Dawn)は、アメリカ航空宇宙局 (NASA) が打ち上げた、準惑星ケレスおよび小惑星ベスタを目標とする無人探査機で、ディスカバリー計画のミッションの一つである。史上初の、小惑星帯に半永久的にとどまる人工物となる予定である。Dawnとは、「夜明け・あけぼの・暁」などを意味している。.

新しい!!: オービタル・サイエンシズとドーン (探査機) · 続きを見る »

ニュー・ミレニアム計画

ニュー・ミレニアム計画(英: New Millennium Program - NMP)とは宇宙探査・人工衛星における新技術の革新を目指すNASAのプロジェクト。ブッシュ政権下のFY2009予算より、計画への資金援助が削除されたため、事実上中止された計画である 当初、ニュー・ミレニアム計画の宇宙機は、惑星間工学ミッションにはディープスペースの名が、地球観測工学ミッションには地球観測(Earth Observing)の名が与えられた。2000年の計画見直しにより、二つの工学ミッションは統合され、ニュー・ミレニアム計画はSpace Technology (ST)に改名された。.

新しい!!: オービタル・サイエンシズとニュー・ミレニアム計画 · 続きを見る »

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国(アメリカがっしゅうこく、)、通称アメリカ、米国(べいこく)は、50の州および連邦区から成る連邦共和国である。アメリカ本土の48州およびワシントンD.C.は、カナダとメキシコの間の北アメリカ中央に位置する。アラスカ州は北アメリカ北西部の角に位置し、東ではカナダと、西ではベーリング海峡をはさんでロシアと国境を接している。ハワイ州は中部太平洋における島嶼群である。同国は、太平洋およびカリブに5つの有人の海外領土および9つの無人の海外領土を有する。985万平方キロメートル (km2) の総面積は世界第3位または第4位、3億1千7百万人の人口は世界第3位である。同国は世界で最も民族的に多様かつ多文化な国の1つであり、これは多くの国からの大規模な移住の産物とされているAdams, J.Q.;Strother-Adams, Pearlie (2001).

新しい!!: オービタル・サイエンシズとアメリカ合衆国 · 続きを見る »

アリゾナ州

アリゾナ州(State of Arizona 、hoozdo hahoodzo )は、アメリカ合衆国の南西部にある州である。地域区分としてはロッキー山脈西部およびアメリカ合衆国西部にも含められる。世界遺産のグランド・キャニオンを擁することで知られる。元来銅と綿花の生産がさかんで、1980年代に南部サンベルトの一角として発展したが、1990年代に入るまで、ハイテク産業の発展に追いつけなかった。今日ではハイテク産業の一大拠点となっており、カリフォルニア州からの企業流入が著しい。 州都および最大都市はフェニックス市である。第2の都市はツーソンであり、その後に続くのはフェニックス都市圏に入っている8都市、すなわちメサ、グレンデール、チャンドラー、スコッツデール、ギルバート、テンピ、ピオリア、サプライズ、さらにユマ郡のユマである。 アメリカ合衆国の州になったのは1912年2月14日で、48番目の州であり、合衆国本土では最後の州だった。非常に暑い夏と温暖な冬の砂漠気候が特徴であるが、北部の松林や山岳部では低地の砂漠よりもかなり涼しい気候になる。 アリゾナ州はいわゆるフォー・コーナーズと呼ばれる4州の1つである。ニューメキシコ州、ユタ州、ネバダ州およびカリフォルニア州と境を接しており、コロラド州とは州北東部のフォーコーナーズの1点で接している。メキシコのソノラ州とバハ・カリフォルニア州とも国境で接しており、その総延長は389マイル (626 km) になる。人口規模はアメリカ合衆国の内陸州としては最大である。州内にはグランド・キャニオン国立公園がある他、多くの国立の森、公園、保護地域がある。領域の4分の1以上は連邦信託地となっており、ナバホ族、ホピ族、トホノ・オーダム族とアパッチ族、さらにはヤヴァパイ族、クチャン族、フアラパイ族などユマン部族の土地になっている。.

新しい!!: オービタル・サイエンシズとアリゾナ州 · 続きを見る »

アンタレス (ロケット)

アンタレス(、アンタリーズ)はアメリカ合衆国のオービタル・サイエンシズ社(OSC、2015年以降オービタルATK)により開発され、打ち上げられている中型ロケット。2013年4月21日に初打ち上げが行われて成功した。 2011年12月に計画名のトーラスIIが、さそり座の1等星アンタレスにちなんでアンタレス (Antares) に名称変更されることになったと発表された。同社のロケットは、Pegasus, Taurus, Minotaurというようにギリシャ神話にちなんで命名されていた。.

新しい!!: オービタル・サイエンシズとアンタレス (ロケット) · 続きを見る »

インテルサット

インテルサット(Intelsat)は、アメリカ合衆国ワシントンD.C.に本拠地を置く電気通信事業者である。.

新しい!!: オービタル・サイエンシズとインテルサット · 続きを見る »

エドワーズ空軍基地

ドワーズ空軍基地(エドワーズくうぐんきち、Edwards Air Force Base)は、アメリカ合衆国のカリフォルニア州の東部にあるアメリカ空軍の基地である。モハーヴェ砂漠のロジャース乾湖(ミューロック乾湖)に作られている。さまざまな機体のテスト飛行が行われる航空機開発の拠点として知られ、スペースシャトルの帰還時にケネディ宇宙センターへの帰還が困難なときには同基地に帰還することで知られている。.

新しい!!: オービタル・サイエンシズとエドワーズ空軍基地 · 続きを見る »

オリオン (宇宙船)

リオン(、またオライオンとも)は、アメリカ航空宇宙局 (NASA) がスペースシャトルの代替として開発中の有人ミッション用の宇宙船である。 当初はCrew Exploration Vehicle(クルー・エクスプロレイション・ビークル、略称はCEV)と呼ばれていたが、2006年8月22日に、オリオン座にちなみ「オリオン」と正式に命名された。この宇宙船は国際宇宙ステーション (ISS) への人員輸送や、次期有人月着陸計画(コンステレーション計画)への使用を前提に開発されていたが、2010年にコンステレーション計画が中止されたため、新たに「オリオン宇宙船」(Orion Multi-Purpose Crew Vehicle、略称はMPCV)として、ISSへの人員と貨物の輸送と回収に用途が変更されて開発が続けられている。その後、この機体は小惑星の有人探査にも使うことが表明された。オリオンの開発は、ロッキード・マーティンが行なっている。 2014年12月4日に無人試験機による初飛行が計画されたものの天候と技術的トラブルの影響で翌日の12月5日米時間午前7時5分に打ち上げが実行された。.

新しい!!: オービタル・サイエンシズとオリオン (宇宙船) · 続きを見る »

オレンジ郡 (カリフォルニア州)

レンジ郡(Orange County, California)はアメリカ合衆国カリフォルニア州南部の郡である。郡庁所在地はサンタアナ市である。人口は3,056,865人 (2005年見込み)。カリフォルニア州の郡で2番目に人口が多く、アメリカ合衆国内では5番目に人口が多い。大統領府の行政管理予算局(OMB)は、オレンジ郡の “カリフォルニア州サンタアナ-アナハイム-アーバイン” を全米の大都市圏の一つとして選定している。 また、ディズニーランドがあることで有名な観光地であり、南カリフォルニア海岸部に広がる世界的なハイテク研究地域「テックコースト」の中心地でもある。アナハイムにはメジャーリーグ球団のロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムが本拠地にしているエンゼル・スタジアム・オブ・アナハイムがある。 郡の名称は柑橘類のオレンジから。また郡内にオレンジ市も存在する。.

新しい!!: オービタル・サイエンシズとオレンジ郡 (カリフォルニア州) · 続きを見る »

オービタルATK

ービタルATK(Orbital ATK Inc.)は、アメリカ合衆国の航空宇宙・防衛企業である。2015年にオービタル・サイエンシズとアライアント・テックシステムズの航空宇宙部門の対等合併により設立された。 オービタルATKは、4セグメント型のスペースシャトル固体燃料補助ロケットを元にスペース・ローンチ・システム用の5セグメント型固体燃料ブースターを開発する契約を引き継いでいる。.

新しい!!: オービタル・サイエンシズとオービタルATK · 続きを見る »

オプタス

プタス()は、オーストラリア第2の通信会社。シンガポール最大の通信会社シンガポール・テレコムに所有されている。 オプタスのブランドの他、ヴァージン・モバイル・オーストラリア(、携帯電話市場)、ネットワークサービスのを運営。.

新しい!!: オービタル・サイエンシズとオプタス · 続きを見る »

カナリア諸島

ナリア諸島(カナリアしょとう、Islas Canarias)は、アフリカ大陸の北西沿岸に近い大西洋上にある、7つの島からなるスペイン領の群島である。カナリアス諸島ともいう。諸島全体でカナリア諸島自治州を構成する。大陸で最も近いモロッコ王国からの距離は100km~500km程度である。.

新しい!!: オービタル・サイエンシズとカナリア諸島 · 続きを見る »

カリフォルニア州

リフォルニア州(State of California、Estado de California、中:加利福尼亚州、加州)は、アメリカ合衆国西部、太平洋岸の州。アメリカ西海岸の大部分を占める。州都は、サクラメントである。.

新しい!!: オービタル・サイエンシズとカリフォルニア州 · 続きを見る »

クェゼリン環礁

ピースキーパー弾道ミサイル実験で落下する疑似核弾頭 クェゼリン環礁(クェゼリンかんしょう、 )とはマーシャル諸島、ラリック列島にある環礁。クワジェリン、クワジャリンとも呼ばれる。.

新しい!!: オービタル・サイエンシズとクェゼリン環礁 · 続きを見る »

グリーンベルト (メリーランド州)

リーンベルト(Greenbelt)は、アメリカ合衆国メリーランド州プリンスジョージズ郡に位置する都市である。2010年国勢調査での人口は23,068 人だった。現在のグリーンベルト市内には、地元で「オールド・グリーンベルト」と呼ばれる歴史的な計画都市が入っており、グリーンベルト歴史地区として指定されている。 ニューディール政策の時代に設立された公共の協同組合町として広く知られている。1935年に、ウィスコンシン州グリーンデール(ミルウォーキーの近く)と、オハイオ州グリーンヒルズ(シンシナティの近く)と共に、アメリカ合衆国再定住管理局の下で計画された「緑の」町3か所の1つである。.

新しい!!: オービタル・サイエンシズとグリーンベルト (メリーランド州) · 続きを見る »

グローバル・ポジショニング・システム

船舶用GPS受信機 グローバル・ポジショニング・システム(Global Positioning System, Global Positioning Satellite, GPS、全地球測位システム)とは、アメリカ合衆国によって運用される衛星測位システム(地球上の現在位置を測定するためのシステムのこと)を指す。 ロラン-C(Loran-C: Long Range Navigation C)システムなどの後継にあたる。.

新しい!!: オービタル・サイエンシズとグローバル・ポジショニング・システム · 続きを見る »

ケープカナベラル空軍基地

ープカナベラル空軍基地 (Cape Canaveral Air Force Station, CCAFS) は、アメリカ合衆国フロリダ州ケープカナベラルのメリット島にあるアメリカ空軍施設で、アメリカ国防総省の宇宙ロケット打ち上げ基地である。 通常の空軍基地 (Air Force Base) とは異なるため、ケープカナベラル空軍ステーションとも訳される。Cape Canaveral Air Station (CCAS) とも呼ぶ。 併設されているケネディ宇宙センター (KSC) と共に、アメリカ東部宇宙ミサイルセンターを成す。ケネディ宇宙センターが有人ロケット(スペースシャトル)の打ち上げを担当するのに対し、ケープカナベラル空軍基地はアトラスやタイタン、デルタなど主に無人ロケットの打ち上げを担当している。 近隣のパトリック空軍基地に司令部を持つ、空軍宇宙軍団第45宇宙航空団 (45th Space Wing) により運用されている。.

新しい!!: オービタル・サイエンシズとケープカナベラル空軍基地 · 続きを見る »

コディアック打上げ基地

ディアック打上げ基地(Kodiak Launch Complex, KLC)はアラスカ州コディアック島に位置する商用ロケット発射施設。アラスカ州の公共企業体であるアラスカエアロスペース社が保有・運用する, 2009, accessed 2010-04-26.

新しい!!: オービタル・サイエンシズとコディアック打上げ基地 · 続きを見る »

シグナス (宇宙船)

ナス(Cygnus)は、アメリカ航空宇宙局 (NASA) の商業軌道輸送サービス (COTS) の契約に則り、オービタル・サイエンシズ社 (OSC) の開発した国際宇宙ステーションへの物資補給を目的とした無人宇宙補給機である。.

新しい!!: オービタル・サイエンシズとシグナス (宇宙船) · 続きを見る »

タレス・グループ

タレス・グループ(Thales Group)はフランスの大手電機企業であり、航空宇宙分野、防衛分野、交通システム分野、セキュリティ分野での情報システムと各種サービスを提供している。フランスのパリ近郊のラ・デファンスに本社があり、ユーロネクストのパリ証券取引所に上場している。(ユーロネクスト:) 2000年末にイギリスの防衛機器メーカー「Racal Electronics plc」を£1.3bn(13億ポンド)で吸収合併した時に合わせて、社名を「トムソンCSF」(Thomson-CSF)から「タレス」(Thales)に変更した。タレスは下記のようにフランス政府が筆頭株主で、世界中の50ヶ国以上で活動している。2006年には70,000人の従業員を擁して、130億ユーロの総収益をあげた。世界中の企業規模の順位でいえば、2010年のFortune500社リストでは475位であり、軍需産業だけに限れば11位であった。売り上げの60%が軍需部門で、この割合は毎年あまり変わらない。 古代ギリシアの哲学者の名前「Θαλῆς Thalēs」からとっており、フランス語に由来するやと発音される。.

新しい!!: オービタル・サイエンシズとタレス・グループ · 続きを見る »

再使用型宇宙往還機

最もRLVに近い宇宙船スペースシャトル 再使用型宇宙往還機(さいしようがたうちゅうおうかんき、)とは、宇宙に繰り返し打ち上げることのできる打ち上げ機。使い捨て型ロケット (ELV) と対となる用語である。なお、単段式のRLVはSSTOとも呼ばれる。.

新しい!!: オービタル・サイエンシズと再使用型宇宙往還機 · 続きを見る »

商業軌道輸送サービス

ドラゴン宇宙船 商業軌道輸送サービス(しょうぎょうきどうゆそうサービス、)は、NASAが計画し調整を行なっている国際宇宙ステーション (ISS) への民間企業による輸送サービス計画である。この計画は2006年1月18日に発表された。 NASAは『少なくとも2015年までには国際宇宙ステーションへの商業輸送が必要になるだろう』と提案した。 COTSは商業補給サービス (Commercial Resupply Services, CRS) 計画とは区別しなければならない。COTSは補給機の開発に関わるものであり、CRSは実際の運搬を行うサービスになる。COTSはマイルストーンの進捗に応じてNASAからの支払いが行われるもので、将来的な輸送契約を約束するものではない。一方、CRSは義務的な契約となるため、契約者は計画の失敗時には責任を有することになる。関連する計画に商業乗員輸送開発 があり、こちらは国際宇宙ステーションのクルーの交代サービスを行うための商業有人宇宙機だけの開発を目指す。COTS、CRS、CCDevの3つのプログラムは、NASAのCommercial Crew and Cargo Program Office (C3PO) が管理している。.

新しい!!: オービタル・サイエンシズと商業軌道輸送サービス · 続きを見る »

BSAT-2a

BSAT-2aとは、かつて放送衛星システムが所有していたBSデジタル用の放送衛星である。メーカーはオービタル・サイエンシズ社で、2001年3月9日にアリアン5ロケットによりギアナ宇宙センターから打ち上げられた。 BSAT-2aは衛星バスにSTARバスを採用、箱形の構体に太陽電池パネルを2葉備える。Kuバンドのトランスポンダを4本(予備4本)搭載し、2.2mのアンテナで通信する。 本来はBSデジタルの放送開始前の2000年秋に打ち上げ予定だったがメーカでの製造トラブルに見舞われ、打ち上げがほぼ半年延期された(その間にBSデジタル放送はBSAT-1bを使って開始された)。打ち上げ後も2001年9月、2001年11月、2004年2月と3度のトラブルが発生したため2004年4月から予備衛星だったBSAT-2cに役割を譲り、2013年1月29日には老朽化と燃料枯渇により運用終了、軌道外投棄(デオービット)された。.

新しい!!: オービタル・サイエンシズとBSAT-2a · 続きを見る »

BSAT-2c

BSAT-2cとは、かつて放送衛星システムが所有していたBSデジタル用の放送衛星である。メーカはオービタル・サイエンシズでSTARバスを使用。2003年6月12日にアリアン5ロケットにより打ち上げられた。 予備衛星となるべく2001年7月13日にアリアン5ロケットにより打ち上げられたBSAT-2bがロケットのトラブルが原因で打ち上げに失敗したため、代わりの予備衛星として調達された。 2004年4月から、トラブルが相次いだBSAT-2aに代わりBSデジタル放送の送信に使用されていたが、2008年9月に中継器に一過性のトラブルが生じたため、役割をBSAT-3aに譲り予備衛星となり、2013年8月1日には老朽化と燃料枯渇により運用終了、軌道外投棄(デオービット)された。.

新しい!!: オービタル・サイエンシズとBSAT-2c · 続きを見る »

社長

長(しゃちょう)とは会社や社団などにおける最高責任者の呼.

新しい!!: オービタル・サイエンシズと社長 · 続きを見る »

運動エネルギー迎撃弾

右:Kinetic Energy Interceptor、左:SM-3 運動エネルギー迎撃弾(うんどうエネルギーげいげきだん)は、アメリカ合衆国の弾道弾迎撃ミサイル。キネティック・エネルギー・インターセプターとも(英語表記ではKinetic Energy Interceptor:略称はKEI)。米ノースロップ・グラマン社がアメリカミサイル防衛局との契約に基づいて2010年現在開発中の3段式の固体ロケット・モーターを備えたミサイルである。.

新しい!!: オービタル・サイエンシズと運動エネルギー迎撃弾 · 続きを見る »

衛星バス

衛星バス(英: Satellite bus)とは人工衛星としての基本機能に必要な機器(バス機器)と衛星の主構造の総称。これに対してその衛星がミッションを遂行するにあたって必要な機器のことをミッション機器と呼び、これらは区別される。 衛星の目的が違っても電力系や推進系などは共通であるため、毎回新規に開発するよりも、実績のある設計を流用することにより製造費用が安くなり、製造期間も短縮できることから、主に通信衛星といった商用の衛星には共通の衛星バスが用いられている。現在では衛星バスは、小型衛星、中型衛星、大型衛星用にそれぞれシリーズ化されており、ユーザニーズに応じて選ぶことが出来るようになっている。通信機器や観測装置などユーザごとに異なるミッション機器のみを専用に設計して搭載することで、製造期間を短縮することが出来る。 自動車開発で利用されるプラットフォームの人工衛星版といえる。 ヒューズ・エアクラフト社の衛星バスがこの分野での成功を収め、50機以上が製造されてこの流れを作った。その後HS-393, HS-601, HS-701(現在のBoeing-702)と続いている。その他、社のFS-1300(現在のロラール社(Space Systems/Loral)のLS-1300)、ロッキード・マーティン社のA2100バスなども多数の衛星を受注している。.

新しい!!: オービタル・サイエンシズと衛星バス · 続きを見る »

軌道上炭素観測衛星

軌道上炭素観測衛星(きどうじょうたんそかんそくえいせい、英:Orbiting Carbon Observatory, OCO)とは、アメリカ合衆国の地球観測衛星、及びそれを用いた観測ミッションのことである(以降この衛星をOCO衛星と呼ぶ)。NASAは宇宙から地球全体にわたる大気中二酸化炭素ガス(CO2)の量を観測しその情報を提供する事を予定していた。初号機は、2009年2月24日の打ち上げに失敗し失われてしまった。OCO衛星を軌道へと運ぶトーラスXLロケットの上昇時にペイロードフェアリングの分離に失敗したのである。フェアリングの投棄に失敗したことで予定通りにロケット全体の軽量化ができなくなった。フェアリングによる余計な重量がかさんだため、ロケットは、OCO衛星の投入に必要な軌道速度に到達することができなくなり、そのまま大気圏内に落下し、南極近くのインド洋に墜落してしまった。NASAの2010年度予算要求はOCO衛星の代替品の開発と打ち上げのために1億7000万米ドルを盛り込んだ。.

新しい!!: オービタル・サイエンシズと軌道上炭素観測衛星 · 続きを見る »

英語

アメリカ英語とイギリス英語は特徴がある 英語(えいご、)は、イ・ヨーロッパ語族のゲルマン語派に属し、イギリス・イングランド地方を発祥とする言語である。.

新しい!!: オービタル・サイエンシズと英語 · 続きを見る »

GALEX (人工衛星)

GALEX (Galaxy Evolution Explorer) は2003年4月28日に打ち上げられたNASAのSMEX計画の7番目の観測衛星となる紫外線宇宙望遠鏡である。ペガサスXLによって高度697km、軌道傾斜角29度の地球軌道上に投入された。 ファーストライトは2003年5月21日に撮影されたヘルクレス座方向の画像で、スペースシャトルコロンビア号の乗組員に捧げられた。同年に事故を起こしたコロンビア号の最後の交信が、2月1日8:59 (EST) のテキサス上空ヘルクレス座方向であった。 GALEXは4年間の初期ミッションの間に1000万個の銀河を含む星図を作成し、2008年から延長ミッションに入った。2010年には搭載された2つの検出器のうち片方が運用終了となり、近紫外線の波長帯のみで観測を続けた。2012年2月、GALEXはスタンバイモードに切り替えられ、2012年中には完全に退役する予定となっていたが、2012年5月に、GALEXの運用をカリフォルニア工科大学へ移管して民間資金で運用を継続することになったと発表した 。 2013年6月28日に、NASAはGALEXに最後のコマンドを送って退役させた。.

新しい!!: オービタル・サイエンシズとGALEX (人工衛星) · 続きを見る »

GBI (ミサイル)

GBI()は、アメリカ合衆国のミサイル防衛に用いられる弾道弾迎撃ミサイルである。 迎撃対象として想定される大陸間弾道ミサイル (ICBM) の飛翔経路は、加速しつつ上昇するブースト段階、慣性で大気圏外を飛行するミッドコース段階、大気圏に再突入して目標に向けて落下するターミナル段階より成り、アメリカのミサイル防衛計画においては、それぞれの段階に対応する迎撃手段がミサイル防衛庁の統括の下に開発されている。ミッドコース段階の迎撃システムはさらに地上配備のGMD (Ground-based Midcourse Defense) と海上配備のSMD (Sea-based Midcourse Defense) に大別され、前者に用いられる迎撃ミサイルが本項のGBIである。.

新しい!!: オービタル・サイエンシズとGBI (ミサイル) · 続きを見る »

GeoEye

GeoEye社はバージニア州ハーンドンに所在地を置く世界最大の商業的衛星画像企業。GeoEye社の本社はバージニア州ハーンドンに所在する。衛星運用はハーンドンとソーントンで行われている。セントルイスでは追加的イメージ処理が提供されている。世界各地に複数の地上局を持つ。 1992年、私企業の衛星画像の商業利用を認めた陸域リモートセンシング政策法の制定直後にオービタル・サイエンシズ社の一部門として立ち上げられ、1997年にはオービタル・イメージング社(ORBIMAGE)として独立企業となった。2006年にコロラド州、デンバーに所在し、レイセオンとロッキード・マーチンが設立・運営し、IKONOSを打ち上げていたスペース・イメージング社を5800万ドルで取得した。スペース・イメージング社を取得した後、GeoEye社に改名した。 ORBIMAGEの最初の最初の取締役はオービタル社の取締役であったDavid W. Thompsonであり、当時オービタル社が60%の株式を持っていたが、現在では株式は保有していない。2001年以降、取締役は元宇宙飛行士のジェームス・A・エイブラムソンである。 2億5300万km2の面積の衛星画像をマイクロソフトやYahoo!などの検索エンジンに提供している。GoogleはGeoEye-1衛星のオンラインマッピング利用を独占している。また、アメリカ国家地球空間情報局への主要提供者にもなっている。競合会社にはDigitalGlobeやスポット・イメージ(Spot Image)社などが存在する。 2011年、Geoeye社は宇宙財団のSpace Technology Hall of Fameに先進的商業地球画像衛星の業績から殿堂入りしている。 2012年7月23日にGeoEye社とデジタルグローブ(DigitalGlobe)社は合併することで合意に達し、2013年1月に合併が行われて、存続会社はデジタルグローブ社となった。.

新しい!!: オービタル・サイエンシズとGeoEye · 続きを見る »

IBEX (人工衛星)

IBEX (Interstellar Boundary Explorer) はNASAの人工衛星で、太陽系と星間宇宙との境界付近の地図を作成しようとしている。NASAのSMEXの1つである。2008年10月19日にペガサスXLで打ち上げられた。活動は2年間の予定で、この間に太陽系外縁の全領域を撮像する。 サウスウエスト研究所 (en) が中心となり、搭載機器のうちIBEX-Hiはロスアラモス国立研究所と、IBEX-Loはロッキード・マーティンのアドバンスド・テクノロジー・センターと共同開発した。衛星の基本部分と試験場はオービタル・サイエンシズが提供した。.

新しい!!: オービタル・サイエンシズとIBEX (人工衛星) · 続きを見る »

KT (通信企業)

KT(ケイティー)は大韓民国最大の通信事業者である。 本社所在地はソウル特別市南方の京畿道城南市。韓国取引所(旧韓国証券取引所、証券コード:030200)、ニューヨーク証券取引所(証券コード:KTC)に株式を上場している。 KT&Gと直接の関係はない。.

新しい!!: オービタル・サイエンシズとKT (通信企業) · 続きを見る »

NTTドコモ

株式会社NTTドコモ(エヌティティドコモ、NTT DOCOMO, INC.)は、携帯電話等の無線通信サービスを提供する日本の最大手移動体通信事業者である。日本電信電話株式会社(NTT)の子会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。.

新しい!!: オービタル・サイエンシズとNTTドコモ · 続きを見る »

NuSTAR

NuSTARは、銀河系の中心にある超大質量ブラックホールを高エネルギーX線で初めて撮影した。 NuSTAR(Nuclear Spectroscopic Telescope Array)は、高エネルギーX線を観測するためのX線宇宙望遠鏡である。焦点を合わせるために、ヴォルター望遠鏡の機構を採用している。5から80keVのエネルギー範囲で運用される。アメリカ航空宇宙局(NASA)のSMEX計画の11機目(SMEX-11)の衛星であり、チャンドラやXMM-Newtonを超えるエネルギーのX線を観測する初めての宇宙望遠鏡である。2012年3月21日には、打上げ機のソフトウェアの不具合が原因で打上げが延期されたが、同年6月13日に打上げに成功した。 最大の目的は、太陽より10億倍も重いブラックホールを詳細に観測し、また超新星残骸の画像を撮影することにより、活動銀河核で粒子が光速近くまで加速される機構や重い恒星の爆発により重元素が生成される機構を解明することである。.

新しい!!: オービタル・サイエンシズとNuSTAR · 続きを見る »

SORCE

SORCE(Solar Radiation and Climate Experiment)は、太陽からのX線、紫外線、可視光、近赤外線、合計放射量を最新の機器で測定することを目的としたアメリカ航空宇宙局の人工衛星である。SORCEによって測定されたデータは、特に長期の気候変動への対処、気象予測の強化、オゾン層とUV-B放射の観測等に用いられた。またこれらの測定結果は太陽及びその地球や人間への影響の研究に不可欠なものである。 SORCEでは、人工衛星に搭載された最新の放射計、分光計、フォトダイオード、ボロメータ等を用いて太陽からの放射の観測を行った。SORCEは、太陽のデータを蓄積しながら地球を周回した。スペクトル測定では、構成元素の種類や量を表す太陽の放射の色を測定することで、太陽の放射照度を同定できる。SORCEにより得られたデータは、太陽の放射をモデル化し、その地球の大気や気候への影響を説明、予測するために用いられた。 SORCEは2003年1月25日にペガサスXLで、高度645km、軌道傾斜角40°の軌道に打ち上げられた。コロラド大学ボルダー校の大気・宇宙物理学研究所によって運用されており、1979年から観測を開始されたERBセンサによる全太陽光の放射量の精密測定を引き継いでおりACRIMシリーズの計測装置と共に運用が続けられている。SORCEは、太陽の総放射量の95%を占める1nmから2000nmの範囲のスペクトルも測定した。SORCEには、Total Irradiance Monitor (TIM)、Solar Stellar Irradiance Comparison Experiment (SOLSTICE)、Spectral Irradiance Monitor (SIM)、XUV Photometer System (XPS)の4つの機器が搭載された。 SORCEは、2013年1月に運用10周年を迎え、依然として観測を継続している。.

新しい!!: オービタル・サイエンシズとSORCE · 続きを見る »

X-34 (航空機)

X-34は、アメリカ合衆国のオービタル・サイエンシズ社が開発していた再使用型宇宙往還機の技術試験機。アメリカ航空宇宙局(NASA)の発注によるものである。2001年に開発が中止された。.

新しい!!: オービタル・サイエンシズとX-34 (航空機) · 続きを見る »

X-43 (航空機)

X-43は、NASAで開発、実験が行われた、スクラムジェットエンジン搭載の無人試験機である。愛称はハイパーX(Hyper-X)。2004年11月16日に、エア・ブリージングエンジン(空気吸込み型エンジン。ようは、ロケット推進ではない、という意味)を搭載した機体としては最高速度となる時速12,144 km(7,546 mph、マッハ9.68)を記録した世界最速の航空機である。.

新しい!!: オービタル・サイエンシズとX-43 (航空機) · 続きを見る »

最高執行責任者

最高執行責任者(さいこうしっこうせきにんしゃ、chief operating officer又はchief operations officer、略語:COO)は、アメリカ合衆国内の法人において理事会(法人が会社の場合は取締役会)(board of directors) の指揮の下で法人の事業運営に関する業務執行を統括する役員、執行役員又は執行役(officer、又は executive officer)の名称、若しくは最高執行責任者として選任された人物のことである。 最高執行責任者は、事業運営担当役員 (director of operations、又はoperations director)、事業運営担当の副理事長又は副社長 (vice-president of operations)、エグゼクティブ・ディレクター (executive director) 等の職務を兼任することがある。.

新しい!!: オービタル・サイエンシズと最高執行責任者 · 続きを見る »

最高経営責任者

最高経営責任者(さいこうけいえいせきにんしゃ、chief executive officer、略語: CEO)とは、アメリカ合衆国内の法人において理事会(法人が会社の場合は取締役会)(board of directors) の指揮の下で法人のすべての業務執行を統括する役員、執行役員又は執行役(officer、または executive officer)の名称、若しくは最高経営責任者として選任された人物のことである。統括業務執行役員などと和訳されることもある。イギリスにおいては、同様の職務を行う役員を業務執行役員(managing director、略語: )、またはチーフ・エクゼクティブ(chief executive)という。また、非営利団体ではエグゼクティブ・ディレクター(executive director、略語: )の名称が使われることもある。.

新しい!!: オービタル・サイエンシズと最高経営責任者 · 続きを見る »

最高財務責任者

最高財務責任者(さいこうざいむせきにんしゃ、chief financial officer、略語:CFO)とは、アメリカ合衆国内の法人において理事会(法人が会社の場合は取締役会)(board of directors) の指揮の下で法人の財務に関する業務執行を統括する役員、執行役員又は執行役(officer、又は executive officer)の名称、若しくは最高財務責任者として選任された人物のことである。CFOの代わりに会計役 (treasurer) または財務担当副理事長又は副社長 (vice-president of finance) を置く法人もある。英国においては財務担当役員(finance director)が同様の職務を行う。 また、最高財務責任者は企業に限らず、フロリダ州政府の州財務官 (State Treasurer) の名称としても使われる。.

新しい!!: オービタル・サイエンシズと最高財務責任者 · 続きを見る »

放送衛星システム

株式会社放送衛星システム(ほうそうえいせいシステム、Broadcasting Satellite System Corporation、通称:B-SAT)は、放送衛星の運用管理と衛星基幹放送局の提供業務を行う基幹放送局提供事業者(旧受託放送事業者)である。日本放送協会(NHK)と在京民放テレビ各社の出資によって設立された。 BS放送の受託放送役務は、2000年12月1日よりデジタル放送のみで行っていたが、2007年11月1日よりアナログ放送についても開始。これによりNHKとWOWOWは、保有していたBS(アナログ)テレビジョン放送局の無線局免許状が前日限りで廃止となり、それぞれ委託放送事業者(後に衛星基幹放送事業者)へ移行した。2011年6月30日、改正放送法の施行により、受託放送事業者は基幹放送局提供事業者とみなされ、「放送局」の保有は継続するが「放送事業者」ではなくなった。.

新しい!!: オービタル・サイエンシズと放送衛星システム · 続きを見る »

打ち上げ脱出システム

LESの発射試験(アポロPAT-1) アポロ宇宙船の打ち上げ脱出システム 炎上するロケットから脱出するソユーズT-10-1号のカプセル。これは試験や誤発射以外で打ち上げ脱出システムが用いられた唯一の例となっている。 打ち上げ脱出システム (Launch Escape System: LES)(またはLaunch Abort System: LAS) とは、有人宇宙船の乗員モジュールの先端に取り付けられているロケットモジュールである。たとえば爆発の危機など、乗員に差し迫った脅威がある緊急時に、打ち上げロケットから乗員モジュールを瞬時に離脱させることを目的とする。脱出ロケットは乗員モジュールの上に取り付けられ、ロケットエンジンの噴流が乗員モジュールに当たらないように角度が付けられた分離ノズルとなっていることが特徴である。乗員モジュールの上に立つ塔のような形態のものには、打ち上げプロセスを中断して作動させることから「アボートタワー」という通称がある。.

新しい!!: オービタル・サイエンシズと打ち上げ脱出システム · 続きを見る »

1982年

この項目では、国際的な視点に基づいた1982年について記載する。.

新しい!!: オービタル・サイエンシズと1982年 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

オービタル・サイエンスオービタルサイエンシズオービタルサイエンス

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »