ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ートバイとは、原動機を搭載した二輪車である広辞苑 第五版「ガソリン機関による動力で走る二輪車」(出典:大辞泉)。大辞泉では「ガソリン機関による」とされたが、2012年現在ではガソリン機関だけでなく、モーターやガスタービンを動力とするものも市販されている。。単車(たんしゃ)や自動二輪車(じどうにりんしゃ)とも呼ばれる。オートを省略してバイクとも呼ばれる(ただ、自転車を意味する英語の bike との混同の恐れがある)。.

281 関係: 原動機原動機付自転車偵察十文字大元単気筒エンジン台湾名古屋TTレース大型自動二輪車大久保力大動脈大阪府大正大日本帝国陸軍富国強兵小型自動二輪車将校山本条太郎川西航空機中島飛行機中華人民共和国中華民国中流階級世界人口三ない運動三井物産三種の神器 (電化製品)三菱・360三菱・ミニカ三菱・ミニキャブ三菱・シルバーピジョン三菱重工業三菱自動車工業三栄書房一式戦闘機九七式側車付自動二輪車平凡社交通事故交通戦争人口使用済自動車の再資源化等に関する法律心肺蘇生法心臓マレーシアマン島TTレースノンシンクロトランスミッションノートンマニュアルトランスミッションマニクール・サーキットチェーンハンドルバー (自転車)...ハーレーダビッドソンハブ (機械)バンドブレーキバブル景気ポケットバイクモペッドモリタ宮田工業モータリゼーションモーターサイクル・ダイアリーズモト・グッツィヤマハ・YA-1ヤマハ発動機ラビットスクーターライト兄弟リム (機械)レプリカレシプロエンジンローラーチェーンロードレース世界選手権ワイパートランスミッショントライアンフ (オートバイ)トライクトルクトルクコンバータトーハツブレリオ XIブレーキプロペラシャフトピアッジオデュアルパーパスデュアルクラッチトランスミッションディスクブレーキフランスフレーム (オートバイ)フレイルチェストドラムブレーキドーバー海峡ドイツドゥカティホンダ・カブダットサンダイカストベトナム制輪子アメリカ合衆国アメリカ軍アメリカ英語アルミニウム合金アンザーニインディアン (オートバイ)インドインドネシアイギリスイタリアウィーンウィーン万国博覧会ウィキメディア・コモンズエンジンオイルエアバッグオート三輪オートマチックトランスミッションオートバイ (雑誌)オートバイの二人乗りオートバイ競技オートバイ用オイルオートバイ用品オートバイ製造者の一覧オーストリアキャブレターギネス世界記録クランクケースクランクシャフトクラッチクライドラーゴットリープ・ダイムラーシートベルトジャイロ効果ジェットエンジンスポークスロットルスプロケットスクータースクーター製造者の一覧スズキ (企業)スズキ・GSX1300Rハヤブサタンデムタイヤタイ王国サーボ機構サーキットサイドバルブサイドカーサスペンションサスペンション (オートバイ)内外出版社内燃機関出力全地形対応車全国二輪車用品連合会全日本オートバイ耐久ロードレース先進国動力四式戦闘機BMWC1CEマーク神武景気第一次世界大戦第二次世界大戦縦置きエンジン産業無段変速機燃料タンク特定二輪車目黒製作所直列型エンジン発明家白バイDKW銀河 (航空機)道路交通法道路運送車両法運転免許頭部外傷飛行機高速道路でのオートバイの通行条件負荷財閥解体車輪軍用車両軍用機軸受近代化錯覚鈴鹿サーキット船橋オートレース場開発途上国蒸気機関肝臓脊髄損傷脾臓自動車自転車鉄道若き血英語電動機速度連合国軍最高司令官総司令部陸王 (オートバイ)HY戦争SUBARUVベルト暴走族押しがけ東南アジア村田延治横置きエンジン機関 (機械)歯付ベルト歯車比水平対向エンジン気胸渋滞滑車潤滑本田技研工業明治明治維新昼間点灯浅間高原自動車テストコース日本日本におけるオートバイ日本の降伏日本語愛知県慶應義塾大学書類チューン普通自動二輪車1863年1873年1883年1885年1886年1898年1902年1903年1907年1909年1910年1914年1917年1922年1923年1927年1928年1930年1931年1933年1934年1935年1936年1937年1943年1945年1946年1948年1950年1952年1953年1958年1959年1960年1961年1962年1963年1964年1970年代1980年代1989年1990年代2000年代2006年20世紀2ストローク機関3月21日4ストローク機関8月29日 インデックスを展開 (231 もっと) »

原動機

原動機(げんどうき、)は、自然界に存在するさまざまなエネルギーを機械的な仕事(力学的エネルギー)に変換する機械・装置の総称。狭義にはタービンなどの仕事を発生する機械そのものを指すが、広義には蒸気原動機、動力プラントなどのシステム全体を指すこともある。.

新しい!!: オートバイと原動機 · 続きを見る »

原動機付自転車

原動機付自転車(げんどうきつきじてんしゃ、Motorized bicycle)とは、日本の法規における車両区分のひとつである。 道路交通法では50cc以下 (電動機の場合は定格出力0.6kW以下)、道路運送車両法では125cc以下 (電動機の場合は定格出力1.0kW以下)の原動機を備えた二輪車(側車のない場合に限る)が該当し、法規上の条件を満たせば三輪、あるいは四輪のものもこの区分に該当する場合がある。省略して原付(げんつき)と呼ばれることも多い。.

新しい!!: オートバイと原動機付自転車 · 続きを見る »

偵察

様々な事柄についての情報を、目視観測などの手段を通じて能動的にかつひそかに収集する活動。.

新しい!!: オートバイと偵察 · 続きを見る »

十文字大元

十文字 大元(じゅうもんじ だいげん、1868年 - 1924年12月21日、『講談社 日本人名大辞典』、講談社、コトバンク、2009年12月24日閲覧。)は、日本の実業家、活動写真弁士、自彊術家である。金門製作所創立者、日本初の活動写真弁士のひとりであり、自彊術の命名者である。.

新しい!!: オートバイと十文字大元 · 続きを見る »

単気筒エンジン

単気筒エンジン(たんきとうエンジン)とは、シリンダーの数が一つのエンジン。.

新しい!!: オートバイと単気筒エンジン · 続きを見る »

台湾

台湾(タイワン、臺灣 / 台灣、台: Tâi-oân)は、東アジアの国である。 1945年に当時中国大陸を本拠地とした中華民国の統治下に入り、1949年に中華民国政府が台湾に移転した。1955年以降、中華民国は台湾本島以外にも澎湖諸島、金門島、馬祖島、東沙諸島、南沙諸島の太平島を実効支配しているが、全体の面積に占める台湾(本島)の割合は99%以上になる。そのため、中華民国の通称として「台湾」と表記される(詳細は定義参照)。近隣諸国としては、東及び北東に日本、南にフィリピンがある。事実上の首都は台北市である。台北県が直轄市となったことにより成立した新北市は、台北市及びその外港である基隆市を囲む大都市圏を包含し、2018年時点では同島で人口最多の都市である。.

新しい!!: オートバイと台湾 · 続きを見る »

名古屋TTレース

名古屋TTレース(なごやTTレース)は、1953年に中京地域で開催されたオートバイレースである。正式な大会名称は全日本選抜優良軽オートバイ旅行賞パレード。.

新しい!!: オートバイと名古屋TTレース · 続きを見る »

大型自動二輪車

大型自動二輪車(おおがたじどうにりんしゃ)とは、日本の道路交通法によるオートバイの区分のひとつで、総排気量400ccを超えるものを指す。.

新しい!!: オートバイと大型自動二輪車 · 続きを見る »

大久保力

大久保 力(おおくぼ りき、1939年 - )は、日本のレーシングドライバー、自動車ジャーナリスト。東京都小金井市出身 - リキさんのサーキット日本史。元モーター新党代表。.

新しい!!: オートバイと大久保力 · 続きを見る »

大動脈

# 解剖学: 心臓より流れ出し全身に血流を送り出す大元となる動脈。この項目で記述。.

新しい!!: オートバイと大動脈 · 続きを見る »

大阪府

大阪府(おおさかふ)は、近畿地方に属する日本の都道府県の一つ。府庁所在地は大阪市。.

新しい!!: オートバイと大阪府 · 続きを見る »

大正

大正(たいしょう)は日本の元号の一つ。明治の後、昭和の前。大正天皇の在位期間である1912年(明治45年/大正元年)7月30日から1926年(大正15年/昭和元年)12月25日までの期間。.

新しい!!: オートバイと大正 · 続きを見る »

大日本帝国陸軍

大日本帝国陸軍(だいにっぽんていこくりくぐん、だいにほんていこくりくぐん、旧字体:大日本帝國陸軍)は、1871年(明治4年) - 1945年(昭和20年)まで日本 (大日本帝国) に存在していた軍隊組織である。通常は、単に日本陸軍や帝国陸軍と呼ばれた。解体後は、陸上自衛隊との区別などのため旧日本陸軍もしくは旧帝国陸軍という名称も使用される。.

新しい!!: オートバイと大日本帝国陸軍 · 続きを見る »

富国強兵

富国強兵(ふこくきょうへい)とは、国家の経済を発展させて軍事力の増強を促す政策をいう。.

新しい!!: オートバイと富国強兵 · 続きを見る »

小型自動二輪車

小型自動二輪車(こがたじどうにりんしゃ)とは、日本におけるオートバイの区分の一つで、道路交通法では「普通自動二輪車(小型)」、道路運送車両法では側車(サイドカー)のないものが「第二種原動機付自転車」で、側車(サイドカー)のあるものが「軽自動車(軽二輪)」にそれぞれ分類されるものを指す通称である。具体的には排気量50ccを超え125cc以下または定格出力0.6kWを超え1kW以下のものを指す。.

新しい!!: オートバイと小型自動二輪車 · 続きを見る »

将校

将校(しょうこう、officer)とは、広義には少尉以上の軍人を意味する士官の類義語、狭義には軍隊において主に兵科に属し部隊指揮官としての任にある士官を指す。 ただし、大日本帝国において陸軍と海軍とでは「将校」自体の意味や用法が異なっていた事や、日本語でいう士官も将校も英語においては「オフィサー(officer)」に対応付けられているなど、日本以外の軍隊における士官と将校の厳密な定義付けは不適当な為、本項では主に旧日本軍での事情について詳述する。.

新しい!!: オートバイと将校 · 続きを見る »

山本条太郎

山本条太郎の肖像写真 山本 条太郎(やまもと じょうたろう、1867年11月6日(慶応3年10月11日) - 1936年(昭和11年)3月25日)は日本の実業家・政治家。三井物産の経営に携わったのち代議士となり、満州鉄道社長として満州開発に尽力した。.

新しい!!: オートバイと山本条太郎 · 続きを見る »

川西航空機

九七式飛行艇 川西航空機(かわにしこうくうき)は、かつてあった日本の航空機メーカーであり、現在の新明和工業の前身である。九四式水上偵察機、九七式飛行艇、二式飛行艇、紫電改などの海軍用航空機を製造した。特に水上機と飛行艇に定評を持つメーカーとなった。.

新しい!!: オートバイと川西航空機 · 続きを見る »

中島飛行機

中島飛行機株式会社(なかじまひこうきかぶしきがいしゃ)は、1917年(大正6年)から1945年(昭和20年)まで存在した日本の航空機・航空エンジンメーカー。通称は中島(なかじま)。創業者は中島知久平。 エンジンや機体の開発を独自に行う能力と、自社での一貫生産を可能とする高い技術力を備え、第二次世界大戦終戦までは東洋最大、世界有数の航空機メーカーであった。.

新しい!!: オートバイと中島飛行機 · 続きを見る »

中華人民共和国

中華人民共和国(ちゅうかじんみんきょうわこく、中华人民共和国、中華人民共和國、People's Republic of China, PRC)、通称中国(ちゅうごく、China)は、東アジアに位置する主権国家である。 中華人民共和国は、13億8千万人以上の人口で世界一人口が多い国である。中華人民共和国は、首都北京市を政庁所在地とする中国共産党により統治されるヘゲモニー政党制である。.

新しい!!: オートバイと中華人民共和国 · 続きを見る »

中華民国

中華民国(ちゅうかみんこく)は、東アジアに位置する民主共和制国家。 アジアで2番目の共和国として1912年に中国大陸で成立し、国共内戦により中国大陸で中華人民共和国が建国された1949年以降は台湾島と周辺の島嶼群など(自由地区)のみを実効支配する海洋国家となった。自由地区は、日本やフィリピン、中華人民共和国などと領海を接する。 議会制民主主義・資本主義体制国であり、1971年までは国際連合安全保障理事会常任理事国として国際社会に大きな影響を与えていた。しかし国連の代表権問題や一つの中国政策により、中華人民共和国が中華民国を国家承認しないように要求しているため、2018年5月24日現在では中華民国を正式に国家として承認している国は18か国に留まる。上記の経緯があるため以前の国交を結んでいた国々を中心に、日本を含めて多くの国々と活発な経済的文化的な交流が行われている。台湾島及びその周辺島嶼群を含む地域名である台湾(たいわん)と表記されるのが一般的である。.

新しい!!: オートバイと中華民国 · 続きを見る »

中流階級

中流階級(ちゅうりゅうかいきゅう、Middle class)とは、社会学などでは上流階級と労働者階級の間の幅広い社会階層を含む階級として定義されるものである。.

新しい!!: オートバイと中流階級 · 続きを見る »

世界人口

国連の推計値(低位) 世界人口(せかいじんこう)とは、ある時点において地球上に存在するヒトの数。世界における人口 国連の2011年版「世界人口白書」によると、2011年10月31日に世界人口が70億人に到達したと推計されている。また、アメリカ国勢調査局の推計では70億人の到達が2012年3月12日頃とされている。 なお、現在の世界人口の約半分が各国政府の研究者の憶測で推算されているため、資料を閲覧する際には注意を払う必要がある。 18世紀の産業革命以降に世界人口の増加ペースが早くなってきた。そして、20世紀に人類は人口爆発と呼ばれる人類史上最大の人口増加を経験した。国連の推定では19世紀末の1900年におよそ16億人だった世界人口は20世紀半ばの1950年におよそ25億人となり、20世紀末の1998年にはおよそ60億人にまで急増、特に第二次世界大戦後の増加が著しい。現在の人口は過去6000年間に存在した全ての人口のおおよそ5分の1にあたる。 以下は国連などにおける大凡の人口推定および推計値である。世界人口が50億人に到達したと推計される1987年7月11日を記念して、国連人口基金ではこの日を「世界人口デー」と1989年に制定している。.

新しい!!: オートバイと世界人口 · 続きを見る »

三ない運動

三ない運動(正式名称:高校生に対するオートバイと自動車の三ない運動、こうこうせいにたいするオートバイとじどうしゃのさんないうんどう)とは、高校生によるオートバイ(第1種原動機付自転車を含む)ならびに自動車の運転免許証取得や車両購入、運転を禁止するため、「免許を取らせない」「買わせない」「運転させない」というスローガンを掲げた日本の社会運動のことである。.

新しい!!: オートバイと三ない運動 · 続きを見る »

三井物産

三井物産株式会社(みついぶっさん、)は、三井グループの大手総合商社。三井不動産、三井銀行(現・三井住友銀行)と並ぶ『三井新御三家』の一つ。通称は物産。.

新しい!!: オートバイと三井物産 · 続きを見る »

三種の神器 (電化製品)

テレビが出始めたころ、多くの人々がテレビの前に群がった。 電化製品の三種の神器(さんしゅのじんぎ)とは、戦後日本において、新時代の生活必需品として宣伝された3種類の耐久消費財である。 歴代天皇に伝わる三種の神器になぞらえた呼称は、新しい生活・消費習慣を表すマスコミ主導のキャッチコピーであり、豊かさや憧れの象徴でもある。そのため、「三種の神器」と呼ばれ始めた時点における当該製品群の普及率はそれほど高くない。.

新しい!!: オートバイと三種の神器 (電化製品) · 続きを見る »

三菱・360

三菱・360は1961年(昭和36年)に新三菱重工業(現・三菱自動車工業)が発売した同社初の4輪商用軽自動車である。 製造は倉敷の水島製作所が担当(『360cc軽自動車のすべて』三栄書房 41頁参照)。1946年以来製造を行ってきた三菱・みずしま系貨物型オート三輪の技術と、1959年(昭和34年)発売以降年産10000台以上を売り上げていた軽オート三輪三菱・レオでの経験・実績を踏まえて開発された軽ボンネットバンであり、1962年(昭和37年)の初代三菱・ミニカ、1966年(昭和41年)の初代三菱・ミニキャブのベースともなった。.

新しい!!: オートバイと三菱・360 · 続きを見る »

三菱・ミニカ

ミニカ(MINICA )は、三菱自動車工業で販売されていたハッチバック(初代のみノッチバックセダン)型軽自動車のブランド(商標)、および車名である。.

新しい!!: オートバイと三菱・ミニカ · 続きを見る »

三菱・ミニキャブ

ミニキャブ(MINICAB )は、三菱自動車工業が販売している軽商用車。.

新しい!!: オートバイと三菱・ミニキャブ · 続きを見る »

三菱・シルバーピジョン

ルバーピジョンは、中日本重工業(→新三菱重工業→現・三菱重工業)が製造販売していたスクーターのシリーズ名, scootermaniac.orgである。.

新しい!!: オートバイと三菱・シルバーピジョン · 続きを見る »

三菱重工業

三菱重工業株式会社(みつびしじゅうこうぎょう、)は、三菱グループの三菱金曜会及び三菱広報委員会に属する日本の企業。.

新しい!!: オートバイと三菱重工業 · 続きを見る »

三菱自動車工業

三菱自動車工業株式会社(みつびしじどうしゃこうぎょう、略称:三菱自動車(みつびしじどうしゃ)・三菱自工(みつびしじこう)、Mitsubishi Motors Corporation、略称:)は、日本の自動車メーカーである。1970年に三菱重工業から独立した。 グローバルブランドスローガンは「Drive your Ambition」。 2016年10月に日産自動車が筆頭株主となり、ルノー.

新しい!!: オートバイと三菱自動車工業 · 続きを見る »

三栄書房

三栄書房株式会社(さんえいしょぼう)は、日本の出版社。主に自動車雑誌を発行している。.

新しい!!: オートバイと三栄書房 · 続きを見る »

一式戦闘機

一式戦闘機(いっしきせんとうき、いちしき-)は、第二次世界大戦時の大日本帝国陸軍の戦闘機。キ番号(試作名称)はキ43。愛称は隼(はやぶさ)。呼称・略称は一式戦、一戦、ヨンサンなど。連合軍のコードネームはOscar(オスカー)。開発は中島飛行機、製造は中島および立川飛行機二型の量産時点から立川でも生産されており、さらに三型の全ては立川で移管生産された。立川陸軍航空工廠では少数の一型が生産されている。。 四式戦闘機「疾風」(キ84)とともに帝国陸軍を代表する戦闘機として、太平洋戦争(大東亜戦争)における事実上の主力機として使用された。総生産機数は5,700機以上で、旧日本軍の戦闘機としては海軍の零式艦上戦闘機に次いで2番目に多く、陸軍機としては第1位総生産機数日本軍第3位、陸軍機第2位は大戦後期の主力機である四式戦。。.

新しい!!: オートバイと一式戦闘機 · 続きを見る »

九七式側車付自動二輪車

九七式側車付自動二輪車(きゅうななしきそくしゃつきじどうにりんしゃ)は、1937年(昭和12年)制式の大日本帝国陸軍のサイドカーである。皇紀の下二桁から九七式とされた。.

新しい!!: オートバイと九七式側車付自動二輪車 · 続きを見る »

平凡社

株式会社平凡社(へいぼんしゃ)は、日本の出版社。百科事典の出版社として有名で、多様な一般書のほか岩波書店、筑摩書房と並んで学術・教養性の強い出版物を多く刊行する。現在も継続刊行中の東洋文庫(1963年創刊)、『別冊 太陽』(1972年創刊)などは歴史が古い。社名の「平」の字は、厳密には二つの点が末広がりになった旧字体「」を用いる(大正末期創業のため)。.

新しい!!: オートバイと平凡社 · 続きを見る »

交通事故

木に正面衝突した単独事故 横転したトラックミキサ 交通事故(こうつうじこ)とは、広義には陸上・海上・航空交通における事故の総称をいう。交通安全の施策や統計などでは道路交通事故のほか、鉄道交通事故、海上交通事故、航空交通事故などを含む広い意味で用いられる場合もある。一般的には道路における自動車・自転車・歩行者などの間に発生した道路交通事故を指すことが多い。 以下では基本的に道路交通事故について記述する。踏切事故を含む鉄道の事故は鉄道事故、船舶の事故は海難事故・水難事故(川下りなど)、航空機の事故は航空事故の項をそれぞれ参照。.

新しい!!: オートバイと交通事故 · 続きを見る »

交通戦争

交通戦争(こうつうせんそう)とは、昭和30年代(1955年 - 1964年)以降、交通事故死者数の水準が日清戦争での日本側の戦死者数(2年間で1万7282人)を上回る勢いで増加したことから、この状況は一種の「戦争状態」であるとして付けられた名称である。 日本における交通事故での死者数は、1970年(昭和45年)にピークに達するが、この後減少する。しかし、1980年(昭和55年)より再び増加に転じ、1988年(昭和63年)には1万人を超え、第二次交通戦争とも呼ばれる状況となった。.

新しい!!: オートバイと交通戦争 · 続きを見る »

人口

人口(じんこう、仏: 英: Population、独: Bevölkerung)は、ある人間集団の総体を指す概念であり、またその集団を構成する人間の総数を指す統計上の概念である。.

新しい!!: オートバイと人口 · 続きを見る »

使用済自動車の再資源化等に関する法律

使用済自動車の再資源化等に関する法律(しようずみじどうしゃのさいしげんかとうにかんするほうりつ、平成14年7月12日法律第87号)は、資源のリサイクルに関する日本の法律。略称は自動車リサイクル法。最近改正2012年8月1日(平成24年8月1日法律第53号)。.

新しい!!: オートバイと使用済自動車の再資源化等に関する法律 · 続きを見る »

年越し

年越し(としこし)は1年の最後の日、グレゴリオ暦で12月31日であり、多くの地域ではシルヴェスターの日と呼ぶ。多くの国で、年越しの夜の会合で多くの人が踊り、食べ、酒を飲んで、新年を迎える花火で祝う。年越しの礼拝に行く人たちもいる。祝祭は通常、深夜0時を過ぎ1月1日(元日)まで続く。キリバスとサモアが最も早く新年を迎える国であり、ハワイ州ホノルルが最後の地域である。.

新しい!!: オートバイと年越し · 続きを見る »

年末年始

年末年始(ねんまつねんし)は、厳密な定義はないが、1年の終わりから翌年の初頭の期間の総称である(具体的な期間は使用する場面によって異なる)。 当項目では日本における年末年始を主題として解説している。.

新しい!!: オートバイと年末年始 · 続きを見る »

クリスマス

リスマス()は、イエス・キリストの降誕(誕生)を祝う祭である(誕生日ではなく降誕を記念する日)『キリスト教大事典 改訂新版』350〜351頁、教文館、1977年 改訂新版第四版。毎年12月25日に祝われるが、正教会のうちユリウス暦を使用するものは、グレゴリオ暦の1月7日に該当する日にクリスマスを祝う()。ただし、キリスト教で最も重要な祭と位置づけられるのはクリスマスではなく、復活祭である正教会の出典:()カトリック教会の出典:(カトリック中央協議会)聖公会の出典:(日本聖公会 東京教区 主教 植田仁太郎)プロテスタントの出典:『キリスト教大事典』910頁、教文館、1973年9月30日 改訂新版第二版。 キリスト教に先立つユダヤ教の暦、ローマ帝国の暦、およびこれらを引き継いだ教会暦では日没を一日の境目としているので、クリスマス・イヴと呼ばれる12月24日夕刻から朝までも、教会暦上はクリスマスと同じ日に数えられる。教会では降誕祭といった表記もある。 一般的年中行事としても楽しまれ、ジングルベルなどのクリスマスソングは多くの人に親しまれている。.

新しい!!: オートバイとクリスマス · 続きを見る »

クリスマス・イヴ

リスマス・イヴ』1904年 - 1905年、 スウェーデン人画家のカール・ラーション(1853年 - 1919年)による水彩画。 クリスマス・イヴ()、クリスマス・イブは、クリスマスの前夜、すなわち12月24日の夜を指す英語の音訳である。「イヴ」() は「(夜、晩)」と同義の古語「」の語末音が消失したものである。 転じて、俗に12月24日全体を指すこともある。日常会話では単に「イヴ」と呼ばれることが多い。.

新しい!!: オートバイとクリスマス・イヴ · 続きを見る »

元日

元日(がんじつ)は年の最初の日。日付はグレゴリオ暦では1月1日(改暦前は旧暦正月一日)。元旦(がんたん)ともいうが、この場合は特にその日の朝を指すこともある日本国語大辞典第二版編集委員会・小学館国語辞典編集部編『日本国語大辞典』第二版、小学館。.

新しい!!: オートバイと元日 · 続きを見る »

心肺蘇生法

心肺蘇生法(しんぱいそせいほう、CardioPulmonary Resuscitation, CPR)は、呼吸が止まり、心臓も動いていないと見られる人の救命へのチャンスを維持するために行う循環の補助方法である。 心臓マッサージを主に行い、余裕があれば気道確保、呼吸の補助方法である人工呼吸も行う。日本での119番によって指示が得られる。 心肺蘇生法(以下CPRと略)は、特殊な器具や医薬品を用いずに行う一次救命処置(Basic Life Support, BLS)と、BLSのみでは心拍が再開しない場合に、救急車内や病院などで救急救命士や医師が気管挿入や高濃度酸素、薬剤投与も用いて行う二次救命処置(Advanced Life Support, ALS)の範囲がある。またBLSの範囲でも救急車内や病院などで行うCPRと、市民救助者が救急車が来るまでの間に行うCPRは異なる。訓練を受けていない市民救助者と訓練をうけている市民救助者でも一部異なる。ここでは市民救助者によるBLSの範囲のCPRについて解説する。.

新しい!!: オートバイと心肺蘇生法 · 続きを見る »

心臓

心臓と肺。古版『グレイの解剖学』より 心臓(しんぞう)とは、血液循環の原動力となる器官のこと大辞泉【心臓】。血液循環系の中枢器官のこと広辞苑 第五版 p.1386【心臓】。.

新しい!!: オートバイと心臓 · 続きを見る »

マレーシア

マレーシア(ジャウィ語: مليسيا、Malaysia、Malaysia)は、東南アジアのマレー半島南部とボルネオ島北部を領域とする連邦立憲君主制国家で、イギリス連邦加盟国である。タイ、インドネシア、ブルネイと陸上の国境線で接しており、シンガポール、フィリピンと海を隔てて近接する。ASEANの一員。.

新しい!!: オートバイとマレーシア · 続きを見る »

マン島TTレース

マン島TTレース(マンとうティーティーレース、英:The Isle of Man Tourist Trophy Race )は、1907年からイギリス王室属国のマン島(Isle of Man)で開催されているオートバイ競技である。競技は世界最古の議会で『青空議会』としても知られるマン島議会ティンワルドが制定した公道閉鎖令に基づき公道を閉鎖して行なわれる。.

新しい!!: オートバイとマン島TTレース · 続きを見る »

ノンシンクロトランスミッション

ノンシンクロトランスミッション()は変速機構に回転速度を同期させる機構(シンクロメッシュ)を持たないマニュアルトランスミッションである。主にトラクターなどの農業機械や大型の貨物自動車、オートバイなどで用いられている。このうち常時噛合(コンスタントメッシュ)式のものはドグミッションとも呼ばれる。.

新しい!!: オートバイとノンシンクロトランスミッション · 続きを見る »

ノートン

ノートン (Norton).

新しい!!: オートバイとノートン · 続きを見る »

マニュアルトランスミッション

マニュアルトランスミッション車におけるシフトノブの例 5速マニュアル車のシフトパターンの例 マニュアルトランスミッション()もしくは手動変速機(しゅどうへんそくき)とは運転者が減速比(ギア)を選択して操作するトランスミッション(変速機)。主に内燃機関が原動機である自動車やオートバイ・農業機械などに装備されている。操作が容易なオートマチックトランスミッション(自動変速機)が普及して極めて少数になりつつある。.

新しい!!: オートバイとマニュアルトランスミッション · 続きを見る »

マニクール・サーキット

ーキット・デ・ヌヴェール・マニ=クール(仏: Circuit de Nevers Magny-Cours, マニクール・サーキット)は、フランスの中部ヌヴェールからおよそ13km南のマニクール村にあるサーキット。全長4411m。.

新しい!!: オートバイとマニクール・サーキット · 続きを見る »

チェーン

チェーン、チェイン(chain)は、鎖または、鎖状の物のこと。以下の各項もこの派生である。.

新しい!!: オートバイとチェーン · 続きを見る »

ハンドルバー (自転車)

ハンドルバー は自転車の部品の1つ。その両端を手でつかみ回転させて自転車の進行方向を変えると同時に乗員の体を支える機能がある。 全体的にはオートバイなどのそれに類似するが、自転車のものは寸法が自転車独自の規格に適合している。 自転車競技において、その特性から様々なハンドルに交換、用いる事があり、それぞれの目的に特化したハンドルが登場している。また同種のハンドルバーに異なる呼称が使われる場合もある (例:とんぼハンドルとオールラウンダーバー、アップハンドルとライザーバーなど) 。 ストレートハンドル(バーエンドバー付き).

新しい!!: オートバイとハンドルバー (自転車) · 続きを見る »

ハーレーダビッドソン

ハーレーダビッドソン本来の発音は「ハーレイ・デイヴィッドソン」に近い。 (Harley-Davidson, Inc.) (H-D、またはハーレー)は、アメリカ合衆国のオートバイメーカー。1903年にウィスコンシン州ミルウォーキーに設立された。 世界恐慌を生き残ったアメリカの2大オートバイメーカーの1つ(もう1社はインディアン).

新しい!!: オートバイとハーレーダビッドソン · 続きを見る »

ハブ (機械)

ハブ()は円形または放射状の回転部品における軸付近の部位または構成部品である。元来は車輪のスポーク(輻)を車輪中心で放射状に固定する部品であるが、歯車やプーリー、プロペラなどの機械要素においても広く用いられる。.

新しい!!: オートバイとハブ (機械) · 続きを見る »

バンドブレーキ

バンドブレーキ は、円筒形の回転体の外周を帯状の摩擦材で締め付ける形式のブレーキである。帯ブレーキともいわれ、各種の産業機械や一部の自動車用自動変速機などにも使われている。 以下、本記事では自転車の後輪に使用されるバンドブレーキについて述べる。.

新しい!!: オートバイとバンドブレーキ · 続きを見る »

バブル景気

1989年(平成元年)に、三菱地所が約2200億円で買収したニューヨークのロックフェラー・センター。当時の日本企業による国外不動産買い漁りの象徴となった。 バブル景気(バブルけいき、bubble boom)は、景気動向指数(CI)上は、1986年(昭和61年)12月から1991年(平成3年)2月までの51か月間に、日本で起こった資産価格の上昇と好景気、およびそれに付随して起こった社会現象とされる。情勢自体はバブル経済と同一であり、平成景気(へいせいけいき)や平成バブル(へいせいバブル)とも呼ばれる。日本国政府の公式見解では数値上、第11循環という呼称で、指標を示している。 ただし、多くの人が好景気の雰囲気を感じ始めたのはブラックマンデーをすぎた1988年頃からであり、政府見解では、1992年2月までこの好景気の雰囲気は維持されていたと考えられている。 また、アメリカの2003年以後の住宅と金融を中心にした資産価格の高騰、景気拡大期を米国バブルなどと呼称する。ここでは、かつて日本で起きた事象について説明する。.

新しい!!: オートバイとバブル景気 · 続きを見る »

ポケットバイク

ポケットバイク(pocket bike)、通称ポケバイとは、1970年代に日本で誕生したミニチュアサイズのオートバイのことである。.

新しい!!: オートバイとポケットバイク · 続きを見る »

モペッド

VéloSoleX) モペッド(Moped)はペダル付きのオートバイで、エンジンや電気モーターなどの原動機だけで走行することも、ペダルをこいで人力だけで走行することも可能な車両の総称である。Motor(モーター、原動機)と Pedal(ペダル)のかばん語が語源とされる。日本の年配者を中心にバタバタあるいはペケペケと呼ばれる場合もある。.

新しい!!: オートバイとモペッド · 続きを見る »

モリタ宮田工業

モリタ宮田工業株式会社(モリタみやたこうぎょう、MORITA MIYATA CORPORATION )は神奈川県茅ヶ崎市に本社を置く消火器・消火設備を製造する企業である。2014年に宮田工業がモリタ防災テックを合併するとともに商号変更した。.

新しい!!: オートバイとモリタ宮田工業 · 続きを見る »

モータリゼーション

モータリゼーション (motorization) とは英語で「動力化」「自動車化」を意味する言葉で、すなわち自動車が社会と大衆に広く普及し、生活必需品化する現 象である。狭義では、自家用乗用車の普及という意味で言われることが多い。 国立国語研究所では、その「外来語」言い換え提案の中で「車社会化」という代替表現を提示している。.

新しい!!: オートバイとモータリゼーション · 続きを見る »

モーターサイクル・ダイアリーズ

『モーターサイクル・ダイアリーズ』(Diarios de motocicleta、The Motorcycle Diaries)は2004年公開の映画。チェ・ゲバラの若き日の南米旅行記『チェ・ゲバラ モーターサイクル南米旅行日記』をもとに、ロバート・レッドフォードとヴァルテル・サレスらによって映画化された。 ウルグアイ人の音楽家、ホルヘ・ドレクスレルによるこの映画の主題歌「河を渡って木立の中へ(Al Otro Lado del Río)」は、2005年にスペイン語の楽曲として初めてアカデミー歌曲賞を受賞した。.

新しい!!: オートバイとモーターサイクル・ダイアリーズ · 続きを見る »

モト・グッツィ

モト・グッツィ(Moto Guzzi)は1921年に設立『モトグッツィの世界にようこそ!』p.010-011「モトグッツィ、個性の秘密」。され、ピアッジオ社の傘下にあるイタリア最古のオートバイメーカーである。日本ではしばしばモト・グッチなどと表記されることもあるが、同じくイタリアに本社のある大手ファッションブランドのグッチスペルがGucciであることに留意。とは資本関係を含め全く関連はない。.

新しい!!: オートバイとモト・グッツィ · 続きを見る »

ヤマハ・YA-1

ヤマハ・YA-1(ワイエー-ワン)は、日本楽器(現ヤマハ)が開発・製造・発売したオートバイである。.

新しい!!: オートバイとヤマハ・YA-1 · 続きを見る »

ヤマハ発動機

ヤマハ発動機株式会社(ヤマハはつどうき、Yamaha Motor Co., Ltd.)は、日本楽器製造(現在のヤマハ)の二輪部門が独立して誕生した、主にオートバイを中心とした輸送用機器を製造するメーカー。二輪の売上規模は世界第2位であり、船外機やウォータービークルの販売台数は世界首位。ヤマハ発動機サッカー部は、サッカーJリーグの名門ジュビロ磐田の母体である。.

新しい!!: オートバイとヤマハ発動機 · 続きを見る »

ラビットスクーター

ラビット(Rabbit )は、1945年の終戦により中島飛行機から改名した富士産業(現・SUBARU)が製造販売したスクータータイプのオートバイである。 一般にはラビットスクーターの名でも知られる。.

新しい!!: オートバイとラビットスクーター · 続きを見る »

ライト兄弟

ライト兄弟(ライトきょうだい、英: Wright Brothers)は、アメリカ出身の動力飛行機の発明者ブラジル文部文化省の公式見解では、ライト兄弟に3年遅れて初飛行を果たしたアルベルト・サントス=デュモンこそが飛行機の発明者であり、これを公式に宣言したフランス航空協会の賞状が存在する。ライト兄弟は秘密実験だったのに対してサントス・ドュモンは公開試験で成功させたとしている。さらにライト兄弟の初飛行は斜面を駆け下り、カタパルトを用いていたとしている。このような説がブラジルでは広く信じられているが、それは史実に反する。45馬力のエンジンを搭載したサントス・デュモンの飛行機は操縦性能などの点ではるかにライト兄弟の初飛行より優れていたが、当然のことながらライト兄弟の飛行機も3年間で大きな進化をしていた。で世界初の飛行機パイロット。世界最先端のグライダーパイロットでもある。自転車屋兄弟は自転車屋の店舗を何度も移している。1箇所がデイトン市内に史跡として整備されている他、デトロイトのフォード博物館内に移設されたものがある。をしながら兄弟で研究を続け、1903年に世界初の有人動力飛行に成功した。 ただし、世界初という点についてはグスターヴ・ホワイトヘッドによる1901年8月の初飛行が世界初であるという指摘があり、グスターヴ・ホワイトヘッドによる飛行が世界初とする説もある。 1906年に万国国際法学会は、各国の自衛に供されぬかぎり航空は自由という原則を採った原則はPaul Fauchille の考え方を基礎にしている。。14対9という多数決の結果は、航空技術の熾烈な競争を招いた。機先をとった彼らの特許はアンリ・ドゥッシュ=ド=ラ=ムルトに購入された。.

新しい!!: オートバイとライト兄弟 · 続きを見る »

リム (機械)

リム(rim)は、鉄道車両・自動車・オートバイ・自転車などの車輪を構成する部品の一つ。 車輪の外縁部にあって全体の形状を支えている硬質の円環。.

新しい!!: オートバイとリム (機械) · 続きを見る »

レプリカ

韓国の博物館に展示されている七支刀のレプリカ サイエンス・ミュージアムに展示されている階差機関2号のレプリカ レプリカ()とは複製品のこと。 本来は「オリジナルの製作者自身によって作られたコピー(複製品)」を指していたが、現在では製作者かどうかは問わないことが多い。 ローマ帝国では、ハドリアヌス帝の時代には職業的な複製業が成立し、ギリシア時代のほとんどの作品のレプリカが作られた。原作が失われてしまった場合は、レプリカが学術的・芸術的に重要な価値を持つ。.

新しい!!: オートバイとレプリカ · 続きを見る »

レシプロエンジン

レシプロエンジン(英語:reciprocating engine)は、往復動機関あるいはピストンエンジン・ピストン機関とも呼ばれる熱機関の一形式である。 燃料の燃焼による熱エネルギーを作動流体の圧力(膨張力)としてまず往復運動に変換し、ついで回転運動の力学的エネルギーとして取り出す原動機である。燃焼エネルギーをそのまま回転運動として取り出すタービンエンジンやロータリーエンジンと対置される概念でもある。 レシプロエンジンは、自動車や船舶、20世紀前半までの航空機、非電化の鉄道で用いられる鉄道車両、といった乗り物の動力源としては最も一般的なもので、他に発電機やポンプなどの定置動力にも用いられる。.

新しい!!: オートバイとレシプロエンジン · 続きを見る »

ローラーチェーン

ーラーチェーンとスプロケット ローラーチェーンとは動力などを張力として伝達する機械要素である。スプロケットと組み合わせて使用される場合が一般的である。本項ではローラーチェーンに類似する他の動力伝達用チェーンについても触れる。.

新しい!!: オートバイとローラーチェーン · 続きを見る »

ロードレース世界選手権

ードレース世界選手権(ロードレースせかいせんしゅけん)は、オートバイによるモータースポーツ。国際モーターサイクリズム連盟(FIM)が統括し、に始まった二輪ロードレースの最高峰カテゴリーである。現在はドルナ社(DORNA)が各種権利等を管理している。 かつての正式名称は『FIM Road Racing World Championship Grand Prix』で、シリーズの略称はまではWGP(World Grand Prixの略)が一般的だったが、に500ccクラスがMotoGPクラスに改編されたのを機に、現在はシリーズ全体の略称にもMotoGPが使われている。なお2016年シーズンより正式名称から「Road Racing」の表記が外された 。 現在は、レース専用に開発された二輪車を用い、レース専用に建設された世界各地のサーキットを転戦し、ライダーとマシンの速さを競うという内容になっている。かつては公道用市販車を改造したマシンも出場しており、公道を封鎖したコースも数多く使用されていた。 選手権はエンジンの排気量別に3つのクラスに分かれており、MotoGPクラスは4ストローク1000cc、Moto2クラスは4気筒4ストローク600cc(ホンダのワンメイク)、Moto3クラスは単気筒4ストロークの250ccエンジンを使用する。 歴代チャンピオンに関してはロードレース世界チャンピオンの一覧を参照のこと。.

新しい!!: オートバイとロードレース世界選手権 · 続きを見る »

ワイパー

自動車のワイパー ワイパー(Wiper)とは、汚れや不純物を拭き取る機構である。 自動車等の輸送機器に装備されるもの、住宅の窓ガラスや床を拭くもの、精密部品など工業製品用のものなどがあり、ウエスや紙製のものもある。毎年6月6日はワイパーの日である。.

新しい!!: オートバイとワイパー · 続きを見る »

トランスミッション

後退ギア付き5速トランスミッション(2009年式フォルクスワーゲン・ゴルフ) 自動車におけるトランスミッション()とは、歯車や軸などからなり、動力源の動力をトルクや回転数、回転方向を変えて活軸へと伝達する組立部品(ASSY)である。歯車の組合せによるものはギアボックス()とも呼ばれる。イギリス英語では「トランスミッション」はギアボックスやクラッチ、プロペラシャフト、デファレンシャル、ドライブシャフトといった駆動伝達経路全体を指す。一方、アメリカ英語では「ギアボックス」は速度とトルクを変換する歯車装置のすべてを指し、「トランスミッション」は自動車などの、減速比が変更できるギアボックスの一種として区別される。日本語では変速機または変速機構とも呼ばれる。.

新しい!!: オートバイとトランスミッション · 続きを見る »

トライアンフ (オートバイ)

トライアンフ(Triumph )は、イギリスを拠点とするオートバイ製造販売会社、およびそのブランドである。 現存する最古のオートバイ製造販売会社のひとつであるが、その社名や経営母体は幾度もの変遷を経ている。現在の会社名は「トライアンフ・モーターサイクル」(Triumph Motorcycles Ltd )であり、本記事では同社の前身である「トライアンフ・エンジニアリング」などについても解説する。.

新しい!!: オートバイとトライアンフ (オートバイ) · 続きを見る »

トライク

トライク(Trike)は、3つの車輪が車両中心線に対して左右対称な二等辺三角形に配置されたオートバイである。三輪バイクと呼ばれることもある。前輪が2輪で後輪が1輪のトライクは逆トライク、リバーストライクとも呼ばれる。オートバイのようにリーンできるものはそれぞれリーニングトライク、リーニングリバーストライクと呼ばれる。ただし、オートバイの後部が荷台になっている貨物運搬用のものは日本では一般にはトライクと呼ばれず、伝統的にオート三輪と呼ばれている。 なお、英語で trike とは3個の車輪を意味し、日本でもスポーツタイプの三輪自転車をトライクと言う事がある。また、自動車タイプのもの(三輪自動車 )も英語では trike である。.

新しい!!: オートバイとトライク · 続きを見る »

トルク

トルク(torque)とは、力学において、ある固定された回転軸を中心にはたらく、回転軸のまわりの力のモーメントである。一般的には「ねじりの強さ」として表される。力矩、ねじりモーメントとも言う。.

新しい!!: オートバイとトルク · 続きを見る »

トルクコンバータ

トルクコンバータ構成部品の展開モデル トルクコンバータのカットモデル トルクコンバータ()は、流体の力学的作用を利用した変速機である。「トルコン」と略されることも多い。.

新しい!!: オートバイとトルクコンバータ · 続きを見る »

トーハツ

トーハツ株式会社(Tohatsu Corporation)は、船外機、消防ポンプを主に生産販売している日本の製造業者。トーハツの名で知られる。一頃はホンダを凌ぐ日本一のオートバイメーカーとなったこともある。.

新しい!!: オートバイとトーハツ · 続きを見る »

ブレリオ XI

ブレリオ XI(フランス語:Blériot XI)は、フランスの初期の航空機。 製作者でもあるルイ・ブレリオが、1909年7月25日、史上初の固定翼航空機によるドーバー海峡横断飛行に成功した際の乗機として知られる。.

新しい!!: オートバイとブレリオ XI · 続きを見る »

ブレーキ

ブレーキ (Brake) は、運動、移動する物体の減速、あるいは停止を行う装置である。これらの動作を制動と呼ぶため、制動装置(せいどうそうち)ともいわれる。 自転車、自動車、オートバイ、鉄道車両、航空機、エレベーター、競技用のソリ(ボブスレーなど)といった乗り物にはおおむね搭載されている。また、高速な稼動部を有したり、精密な停止制御が必要な機械類などでも、ブレーキを持つものがある。原義から転じて、変化を抑制する意味の単語としても用いられる(「景気にブレーキがかかる」など)。 自動車用ブレーキの一例(ランボルギーニ・ムルシエラゴのブレンボ製ディスクブレーキ).

新しい!!: オートバイとブレーキ · 続きを見る »

プロペラシャフト

プロペラシャフト(propeller shaft)は乗り物に用いられる部品の1つで、原動機の動力を軸の回転によって伝達を行なう。元来はスクリュープロペラを駆動する軸のことであるが、船舶以外でも同様に進行方向と平行に配置される動力伝達軸を総じてこのように呼ぶ。.

新しい!!: オートバイとプロペラシャフト · 続きを見る »

ピアッジオ

ピアッジオ(Piaggio & C. S.p.A., ピアジオ・ピアッジョとも)は、イタリアのポンテデーラに所在するオートバイおよび自動車のメーカーである。オートバイのブランドを7つ保有しており、オートバイ産業ではヨーロッパで最大手、世界第4位のメーカーである。.

新しい!!: オートバイとピアッジオ · 続きを見る »

デュアルパーパス

デュアルパーパス(dual purpose)は、オートバイの車種を分類するカテゴリの一つで、未舗装路や不整地(オフロード)での走行を考慮した装備や構造を持ち、なおかつ舗装路や公道(オンロード)での走行にも対応しているものを指す。「オフロードバイク」や「オン・オフモデル」または「オフロードタイプ」などと呼ばれることもあるが、公道を走るための保安基準を満たしていないオフロード専用の車種とは区別してデュアルパーパスと呼ばれる。.

新しい!!: オートバイとデュアルパーパス · 続きを見る »

デュアルクラッチトランスミッション

6速DCTのカットモデル(フォルクスワーゲンのDCT) デュアルクラッチトランスミッション(Dual Clutch Transmission)とは、自動車など車両用の有段自動変速機の一種で、ギアが2系統ありそれぞれにクラッチがあることからこの名前がある。 略してDCTと表記される。日本では、デュアルクラッチのほかツインクラッチとも称される。またダブルクラッチと呼ばれることもあるが、運転技法の「ダブルクラッチ」中吹かしの際のクラッチペダルの操作方法。とは異なるので注意が必要である。.

新しい!!: オートバイとデュアルクラッチトランスミッション · 続きを見る »

ディスクブレーキ

ディスクブレーキ (disc brake) は、制動装置の一種であり、主に航空機、自動車、オートバイ、自転車、鉄道車両に使用されている。車輪とともに回転する金属の円盤を、パッドなどで両側から挟み込むことによって制動する。一般的に円盤はブレーキローター、挟み込む機構はブレーキキャリパーと称される。.

新しい!!: オートバイとディスクブレーキ · 続きを見る »

フランス

フランス共和国(フランスきょうわこく、République française)、通称フランス(France)は、西ヨーロッパの領土並びに複数の海外地域および領土から成る単一主権国家である。フランス・メトロポリテーヌ(本土)は地中海からイギリス海峡および北海へ、ライン川から大西洋へと広がる。 2、人口は6,6600000人である。-->.

新しい!!: オートバイとフランス · 続きを見る »

フレーム (オートバイ)

ートバイのフレームとは、オートバイの車体の骨格を構成する部品、あるいは構造である。.

新しい!!: オートバイとフレーム (オートバイ) · 続きを見る »

フレイルチェスト

フレイルチェスト(胸壁動揺)とは、単独ないし複数の各肋骨において二箇所以上の骨折をきたし、患者の呼吸運動によって起こる胸腔内圧に対し他の肋骨とは独立した運動をみる肋骨骨折様式。動揺胸郭ともいう。激痛を伴い患者の呼吸を著しく障害する。.

新しい!!: オートバイとフレイルチェスト · 続きを見る »

ドラムブレーキ

ートバイ用のドラムブレーキを分解したところ. ドラムブレーキ(drum brake)とは、軸とともに回転する円筒形状の部材(ドラム)に制輪子(brake shoe)を押し付けて制動力や拘束力を得るブレーキの一種である。.

新しい!!: オートバイとドラムブレーキ · 続きを見る »

ドーバー海峡

ドーバー海峡(ドーバーかいきょう、Strait of Dover)は、イギリスとフランスを隔てるイギリス海峡の最狭部である。フランス語ではカレー海峡(Pas de Calais)と呼ばれる。.

新しい!!: オートバイとドーバー海峡 · 続きを見る »

ドイツ

ドイツ連邦共和国(ドイツれんぽうきょうわこく、Bundesrepublik Deutschland)、通称ドイツ(Deutschland)は、ヨーロッパ中西部に位置する連邦制共和国である。もともと「ドイツ連邦共和国」という国は西欧に分類されているが、東ドイツ(ドイツ民主共和国)の民主化と東西ドイツの統一により、「中欧」または「中西欧」として再び分類されるようになっている。.

新しい!!: オートバイとドイツ · 続きを見る »

ドゥカティ

ドゥカティ本社 ドゥカティ()とは、イタリアのボローニャを拠点とするオートバイメーカー・販売会社である。アウディは2012年4月にドゥカティを買収した。 reuters.com.

新しい!!: オートバイとドゥカティ · 続きを見る »

ホンダ・カブ

ブ (Cub) は、本田技研工業が製造販売するオートバイである。.

新しい!!: オートバイとホンダ・カブ · 続きを見る »

ダットサン

ダットサン(Datsun)は、日産自動車が2013年より新興国向けに展開している自動車ブランド。 1986年以前は、日産自動車のブランド名として、日本国内外でブルーバードなどの名車を展開していた。本項目ではそれらについても詳説する。.

新しい!!: オートバイとダットサン · 続きを見る »

ダイカスト

ダイカスト (die casting) とは、金型鋳造法のひとつで、金型に溶融した金属を圧入することにより、高い寸法精度の鋳物を短時間に大量に生産する鋳造方式のことである。ダイキャストとも言われる。またこの鋳造法だけでなくダイカストによる製品をもいう。ダイカストをとらえて「鋳物の産業革命」と称す向きもある。.

新しい!!: オートバイとダイカスト · 続きを見る »

ベトナム

ベトナム社会主義共和国(ベトナムしゃかいしゅぎきょうわこく、)、通称 ベトナム()は、東南アジアのインドシナ半島東部に位置する社会主義共和国。首都はハノイ。ASEAN加盟国、通貨はドン、人口9,250万人(2014年末)。 国土は南北に細長く、北は中華人民共和国、西はラオス、南西はカンボジアと国境を接する。東は南シナ海に面し、フィリピンと相対する。.

新しい!!: オートバイとベトナム · 続きを見る »

制輪子

制輪子(せいりんし)またはブレーキシュー(brake shoe)は、ブレーキ装置の一部で、自動車のドラムブレーキや鉄道車両の踏面ブレーキ、自転車のブレーキなどに用いられて、対象とする物体に押し当てて摩擦により制動力を得る部品である。ディスクブレーキにおいては、同様の部品をブレーキパッドという。.

新しい!!: オートバイと制輪子 · 続きを見る »

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国(アメリカがっしゅうこく、)、通称アメリカ、米国(べいこく)は、50の州および連邦区から成る連邦共和国である。アメリカ本土の48州およびワシントンD.C.は、カナダとメキシコの間の北アメリカ中央に位置する。アラスカ州は北アメリカ北西部の角に位置し、東ではカナダと、西ではベーリング海峡をはさんでロシアと国境を接している。ハワイ州は中部太平洋における島嶼群である。同国は、太平洋およびカリブに5つの有人の海外領土および9つの無人の海外領土を有する。985万平方キロメートル (km2) の総面積は世界第3位または第4位、3億1千7百万人の人口は世界第3位である。同国は世界で最も民族的に多様かつ多文化な国の1つであり、これは多くの国からの大規模な移住の産物とされているAdams, J.Q.;Strother-Adams, Pearlie (2001).

新しい!!: オートバイとアメリカ合衆国 · 続きを見る »

アメリカ軍

アメリカ軍(アメリカぐん、United States Armed Forces)は、アメリカ合衆国が有する軍隊。アメリカ合衆国軍(アメリカがっしゅうこくぐん)、合衆国軍(がっしゅうこくぐん)とも呼ばれ、日本では米軍(べいぐん)と略される。.

新しい!!: オートバイとアメリカ軍 · 続きを見る »

アメリカ英語

アメリカ英語(アメリカえいご、)は、アメリカ合衆国で使用されている英語の方言。米語(べいご)、米国語とも呼ばれる。.

新しい!!: オートバイとアメリカ英語 · 続きを見る »

アルミニウム合金

アルミニウム合金(アルミニウムごうきん、)は、アルミニウムを主成分とする合金である。アルミニウムには軽いという特徴がある一方、純アルミニウムは軟らかい金属であるため、銅(Cu)、マンガン(Mn)、ケイ素(Si)、マグネシウム(Mg)、亜鉛(Zn)、ニッケル(Ni)などと合金にすることで強度など金属材料としての特性の向上が図られる。アルミニウム合金を加工する場合、大きく分けて展伸法と鋳造法が採用される。 アルミニウム合金の軽さと強度を応用した例として、航空機材料としてのジュラルミンの利用が挙げられる。ジュラルミンはAl-Zn-Mg-Cu系のアルミニウム合金である。 アルミニウム合金は高い強度を持つ反面、溶接・溶断は特に難しく、用途変更に応じた改造や、破損の際の修繕は鋼などに比べて困難である。.

新しい!!: オートバイとアルミニウム合金 · 続きを見る »

アンザーニ

アンザーニ(Anzani)は、イタリア人アレッサンドロ・アンザーニ(1877-1956)が設立したエンジンメーカーである。その英国、フランス、イタリアの工場では、航空機、自動車、船舶、オートバイ用の工業所有権付き(無断コピー禁止)のエンジンを製作した。.

新しい!!: オートバイとアンザーニ · 続きを見る »

インディアン (オートバイ)

チーフ(1920年) スカウト(1928年) インディアン(Indian)とは.

新しい!!: オートバイとインディアン (オートバイ) · 続きを見る »

インド

インドは、南アジアに位置し、インド洋の大半とインド亜大陸を領有する連邦共和制国家である。ヒンディー語の正式名称भारत गणराज्य(ラテン文字転写: Bhārat Gaṇarājya、バーラト・ガナラージヤ、Republic of India)を日本語訳したインド共和国とも呼ばれる。 西から時計回りにパキスタン、中華人民共和国、ネパール、ブータン、バングラデシュ、ミャンマー、スリランカ、モルディブ、インドネシアに接しており、アラビア海とベンガル湾の二つの海湾に挟まれて、国内にガンジス川が流れている。首都はニューデリー、最大都市はムンバイ。 1947年にイギリスから独立。インダス文明に遡る古い歴史、世界第二位の人口を持つ。国花は蓮、国樹は印度菩提樹、国獣はベンガルトラ、国鳥はインドクジャク、国の遺産動物はインドゾウである。.

新しい!!: オートバイとインド · 続きを見る »

インドネシア

インドネシア共和国(インドネシアきょうわこく、)、通称インドネシアは、東南アジア南部に位置する共和制国家。首都はジャワ島に位置するジャカルタ。 5,110kmと東西に非常に長く、また世界最多の島嶼を抱える島国である。赤道にまたがる1万3,466もの大小の島により構成される。人口は2億3,000万人を超える世界第4位の規模であり、また世界最大のムスリム人口を有する国家としても知られる。 島々によって構成されている国家であるため、その広大な領域に対して陸上の国境線で面しているのは、ティモール島における東ティモール、カリマンタン島(ボルネオ島)におけるマレーシア、ニューギニア島におけるパプアニューギニアの3国だけである。 海を隔てて近接している国家は、パラオ、インド(アンダマン・ニコバル諸島)、フィリピン、シンガポール、オーストラリアである。 ASEANの盟主とされ、ASEAN本部が首都ジャカルタにある。そのため、2009年以降、アメリカ、中国など50か国あまりのASEAN大使が、ジャカルタに常駐。日本も、2011年(平成23年)5月26日、ジャカルタにASEAN日本政府代表部を開設し、大使を常駐させている。.

新しい!!: オートバイとインドネシア · 続きを見る »

イギリス

レートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称の一例としてイギリス、あるいは英国(えいこく)は、ヨーロッパ大陸の北西岸に位置するグレートブリテン島・アイルランド島北東部・その他多くの島々から成る同君連合型の主権国家である。イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されている。 また、イギリスの擬人化にジョン・ブル、ブリタニアがある。.

新しい!!: オートバイとイギリス · 続きを見る »

イタリア

イタリア共和国(イタリアきょうわこく, IPA:, Repubblica Italiana)、通称イタリアは南ヨーロッパにおける単一国家、議会制共和国である。総面積は301,338平方キロメートル (km2) で、イタリアではロスティバル(lo Stivale)と称されるブーツ状の国土をしており、国土の大部分は温帯に属する。地中海性気候が農業と歴史に大きく影響している。.

新しい!!: オートバイとイタリア · 続きを見る »

ウィーン

ウィーン(標準Wien〈ヴィーン〉、Wean〈ヴェアン〉、Vienne〈ヴィエンヌ〉、Vienna〈ヴィエナ〉)は、オーストリアの首都。2017年1月1日時点の人口は186万7582人。都市単独で一つの連邦州であり、ヨーロッパ有数の世界都市である。位置は、北緯48度12分5秒、東経16度22分38秒。第一次世界大戦まではオーストリア=ハンガリー帝国の首都としてドイツを除く中東欧の大部分に君臨し、さらに19世紀後半まではドイツ連邦や神聖ローマ帝国を通じて形式上はドイツ民族全体の帝都でもあった。クラシック音楽が盛んで過去にモーツァルトやベートーヴェン、シューベルトなど、多くの作曲家が活躍したことから「音楽の都」・「楽都」とも呼ばれる。.

新しい!!: オートバイとウィーン · 続きを見る »

ウィーン万国博覧会

ウィーン万国博覧会(ウィーンばんこくはくらんかい, Weltausstellung 1873 Wien, Expo 1873)は、1873年5月1日から10月31日までオーストリア=ハンガリー帝国の首都ウィーン中心部にあるリングシュトラーセ内・プラーター公園で、開催された国際博覧会である。.

新しい!!: オートバイとウィーン万国博覧会 · 続きを見る »

ウィキメディア・コモンズ

ウィキメディア・コモンズ(または略してコモンズ、Wikimedia Commons)は、ウィキペディアと同じくウィキメディア財団による姉妹プロジェクトであり、「すべてのウィキメディアプロジェクトをはじめ、誰でも自由に利用できる画像・音声・動画、その他あらゆる情報を包括し供給する」ことを目的とする。2004年9月7日に活動を開始した。2009年9月、ファイル数が500万点を突破した。同様のライセンスを持つ。 ウィキペディアと同じMediaWikiというウィキ・ソフトウェアを使用しており、誰でも編集できる。ウィキペディアのような言語別の運用の形式を取らず多言語運用となっている。アップロードされたコンテンツはウィキペディアをはじめとする各プロジェクトのページから呼び出され、ウィキペディアなどに直接アップロードした画像と同じように取り扱われる。 iOSとAndroidに対応したファイルアップロード用のアプリが公開されている。.

新しい!!: オートバイとウィキメディア・コモンズ · 続きを見る »

エンジンオイル

ンジンオイル (engine oil) とは、エンジンに使用するための油であり、様々な機能の為に使用されるが、主となる潤滑作用を元に潤滑油とも呼び、モーターオイル (motor oil) と呼ぶこともある。 ここでは、主に自動車やオートバイ(二輪車)などに使われるエンジン用のエンジンオイルについて述べる。.

新しい!!: オートバイとエンジンオイル · 続きを見る »

エアバッグ

アバッグ作動後の状態(スペインの自動車セアト・イビサ、衝突を感知してから0.3秒で膨らむ) エアバッグ()とは、膨らんだ袋体を用いて移動体の運動エネルギーを吸収、もしくは衝撃緩和する装置のことである。 身近なところでは自動車の乗員保護システムの中の1つとしてエアバッグがあり、SRSエアバッグシステム(SRSはSupplemental Restraint System(補助拘束装置)の略)と呼ばれる。Supplemental(補助)とあるように、エアバッグはあくまでシートベルト着装を前提とした上で、その効果を最大限に発揮する乗員保護システムの1つである。したがって、シートベルトを着用していないとその効果は発揮されない。それどころか、最悪の場合はエアバッグにより死亡する場合もある(後述)。 前席(運転席と助手席)に加え、一部車種では後部座席用も用意された。現在では側面からの衝突に対応するサイドエアバッグやカーテンエアバッグ、膝にかかる衝撃を緩和するためのニーエアバッグ、さらにはシートベルトを膨らませる方式のものもある。 オートバイ・自転車のライダー用や歩行者用のエアバッグも販売されている。また、火星探査機が火星に着陸する際にエアバッグを利用して着陸するなど、さまざまな方面で衝撃吸収のために利用されている。なお、エアバッグは保安基準の対象外であるため取り外しても特に罰則等はないが、取り外しや故障によって警告灯が点灯している場合は車検が受け付けられない。.

新しい!!: オートバイとエアバッグ · 続きを見る »

オート三輪

ート三輪(オートさんりん)は、三輪自動車の貨物自動車である三輪トラックを指す。日本で用いられる呼称。 軽便・安価で、悪路と過積載に強く、小回りの利く特性から、日本では1930年代から1950年代に隆盛を極めたが、その後、より価格性能比に勝る四輪トラックの登場により取って代わられ衰退した。 オート三輪など前一輪後二輪のものは斜め前に引く力に弱い。特に旋回中にブレーキを使った場合、制動による慣性力と遠心力の合成により斜め前に力が働き、前一輪では横方向に踏ん張りが効かず内側後輪が持ち上がる。多くはハンドルとブレーキを戻せば避けられるが、ハンドルを切りパニックブレーキをかける事でより回転が増し容易に横転する。 「オート三輪」の呼称は、自走式、つまりエンジン付き三輪車の意味で、日本で三輪車の多数派であったトラック、ないしは、その派生形の貨物車を指す語として定着している。客室を架装してタクシーにも使用された例があり、極まれに乗用登録のものも見られるが、極めて例外的なものである。またそのため、当初から乗用車として設計された3輪式乗用車(例 ダイハツ・Beeや、富士自動車(現・コマツユーティリティ)・フジキャビン、イギリスのリライアント、ボンドなど)は、トラックシャシをベースとしているわけではないため、通常「オート三輪」とは呼ばれない。 この記事では、日本において小型自動車扱いであった三輪トラックの「オート三輪」と、そのブームの少し後にブームとなった、軽自動車扱いの軽三輪トラックについて主に述べる。.

新しい!!: オートバイとオート三輪 · 続きを見る »

オートマチックトランスミッション

ートマチックトランスミッション(、AT)あるいは自動変速機(じどうへんそくき)とは、自動車やオートバイの変速機の一種で、車速やエンジンの回転速度に応じて変速比を自動的に切り替える機能を備えたトランスミッション(変速機)の総称である。.

新しい!!: オートバイとオートマチックトランスミッション · 続きを見る »

オートバイ (雑誌)

ートバイ(Autoby)は、モーターマガジン社が発行する日本のオートバイ雑誌。創刊時より月刊・毎月1日発売を維持している。 創刊から90年以上の歴史を持ち、現存する日本のオートバイ雑誌の中では最も古い。2016年現在の発行部数は公称35万部。.

新しい!!: オートバイとオートバイ (雑誌) · 続きを見る »

オートバイの二人乗り

ートバイの二人乗り(オートバイのふたりのり)では、原動機を搭載した二輪車であるオートバイに、運転者以外の者を乗車させる場合の各国の法的規制について記述する。.

新しい!!: オートバイとオートバイの二人乗り · 続きを見る »

オートバイ競技

ートバイ競技(オートバイきょうぎ、英: Motorcycle sport)とはオートバイやそれに類する乗り物に乗って、スピードや運転技術などを競うスポーツである。.

新しい!!: オートバイとオートバイ競技 · 続きを見る »

オートバイ用オイル

ヤマハ発動機純正オートバイ用エンジンオイル オートバイ用オイル(オートバイようオイル)はオートバイに用いることを目的として製造、販売されているオイル(油脂)である。エンジンなどに用いる潤滑油のほか、サスペンションのショックアブソーバーに用いるオイルがある。.

新しい!!: オートバイとオートバイ用オイル · 続きを見る »

オートバイ用品

ートバイ用品(オートバイようひん、motorcycle supply)は、オートバイの運用に際して用いられる道具や衣類、消耗品などの総称である。オートバイが「バイク」とも呼ばれるように、用品に関してもバイク用品と呼ばれることがある。.

新しい!!: オートバイとオートバイ用品 · 続きを見る »

オートバイ製造者の一覧

ートバイ製造者の一覧では、オートバイの製造を行う企業・団体を羅列する。なお、この一覧は一般的な二輪車の車体を製造するメーカーのみ記述し、スノーモービル、ATV(全地形対応車)、サイドカーならびにトライクのみのメーカーは記述しない。スクーター製造者についてはスクーター製造者の一覧を参照。 地球を、欧州(ヨーロッパ)から始めて各大陸をおおむねぐるりと東回りするように配列して表示する。 特に日本へ直行する場合は→#日本の製造者・ブランド.

新しい!!: オートバイとオートバイ製造者の一覧 · 続きを見る »

オーストリア

ーストリア共和国(オーストリアきょうわこく、、バイエルン語: )、通称オーストリアは、ヨーロッパの連邦共和制国家。首都は音楽の都といわれたウィーン。 ドイツの南方、中部ヨーロッパの内陸に位置し、西側はリヒテンシュタイン、スイスと、南はイタリアとスロベニア、東はハンガリーとスロバキア、北はドイツとチェコと隣接する。基本的には中欧とされるが、歴史的には西欧や東欧に分類されたこともある。.

新しい!!: オートバイとオーストリア · 続きを見る »

キャブレター

ャブレター(carburetor)はガソリンや液化石油ガスなどを燃料とする予混合燃焼機関において、電気などの動力源を利用せずに燃料を空気と混合する装置である。ガソリンやメタノールのように常温常圧で液体の燃料はベルヌーイの法則を利用して吸入空気へ霧状に散布して、噴霧粒子が蒸発することで混合される。英語ではcarburatorと表記される場合や、イングランド地域の英語でcarburettorと表記される場合もあり、"kahr-buh-rey-ter"(米)や"kahr-byuh-ret-er"(英)と発音されるRandom House Dictionaryより。。日本語では気化器と呼ばれる場合もあり、戦前や戦後間もなくの頃は原語の発音により近いカーブレーターと表記されることもあった。.

新しい!!: オートバイとキャブレター · 続きを見る »

ギネス世界記録

橋の科学館に展示された認定証(明石海峡大橋) ギネス世界記録(ギネスせかいきろく、Guinness World Records)は、「世界一」を収集する書籍であり、世界一の記録を「ガイドライン」と呼ばれる基準に従い認定し続ける組織でもある。 よく認知されているのが、年に一度出版されるギネス世界記録の本。2000年版までは『The Guinness Book of Records』として刊行されており、それを略した「ギネスブック」と呼ばれる。毎年9月に発行され、様々な分野の世界一が何かを認定、掲載している。記録認定を行っているギネス世界記録には様々な地域から申請が届く。日本には、「ギネスワールドレコーズジャパン」という名称の日本支社がある。.

新しい!!: オートバイとギネス世界記録 · 続きを見る »

クランクケース

ランクケース(crankcase)とはレシプロエンジンを構成する構造の一つで、クランクシャフトが納められる箱状の部位である。.

新しい!!: オートバイとクランクケース · 続きを見る »

クランクシャフト

ランクシャフト (crankshaft) は、エンジンの構成部品の一つ。ピストンの往復運動を回転力に変えるための軸。曲柄軸、クランク軸、エンジンの主軸となる屈曲軸。かつて日本語では曲軸と言われた。 クランクシャフトが文献に現れるのはアル=ジャザリの1206年の著作が最古である。.

新しい!!: オートバイとクランクシャフト · 続きを見る »

クラッチ

ラッチプレート(中央)はプレッシャープレート(右)のプレートスプリング(ダイヤフラムスプリング)に押さえつけられ、摩擦力により動力を伝達している。クラッチペダルの操作によりレリーズフォーク(クラッチレバー)の端部に荷重がかかり(黒色矢印)、レリーズベアリング(スラストベアリング)がプレートスプリングの中心付近を押すことでプレートスプリングによる圧着荷重が解放され、回転を遮断する。この図のレリーズフォークはプレートスプリングを原動機の方向に押す「プッシュ式」であるが、原動機から離す方向へプレートスプリングを引く「プル式」もある。 クラッチ(Clutch)は、2つの動力伝達軸の間で回転を伝達したり遮断したりする機械要素である大西1997 pp9-19。機械的に噛み合う構造や摩擦力を利用した構造のほか、粘性や電磁力を用いる方式がある。.

新しい!!: オートバイとクラッチ · 続きを見る »

クライドラー

ライドラー・フローレット クライドラー (Kreidler) は、かつてドイツにあったオートバイメーカーおよびオートバイのブランド。小排気量オートバイやモペッドを専門に製造していたクライドラー社は、シュトゥットガルトとルートヴィヒスブルクに挟まれたコルンヴェストハイムに本拠を置いていた。.

新しい!!: オートバイとクライドラー · 続きを見る »

ゴットリープ・ダイムラー

ットリープ・ヴィルヘルム・ダイムラー(Gottlieb Wilhelm Daimler, 1834年3月17日 - 1900年3月6日)は、ドイツの技術者。.

新しい!!: オートバイとゴットリープ・ダイムラー · 続きを見る »

シートベルト

3点式シートベルト シートベルトとは、乗員の身体を座席に拘束することで、座席外へ投げ出され負傷することを防ぐためのベルト状の安全装置。自動車のほか、飛行機、ロケット、ローラーコースターなどの乗物にも付けられている。安全ベルトともいう。 ここでは主に自動車用シートベルトについて記述する。.

新しい!!: オートバイとシートベルト · 続きを見る »

ジャイロ効果

ャイロ効果(ジャイロこうか)とは、一般には物体が自転運動をすると(自転が高速なほど)姿勢を乱されにくくなる現象を指す。.

新しい!!: オートバイとジャイロ効果 · 続きを見る »

ジェットエンジン

ェットエンジン(jet engine)とは、外部から空気を取り入れて噴流(ジェット)を生成し、その反作用を推進に利用する熱機関である。ジェットの生成エネルギーには、取り込んだ空気に含まれる酸素と燃料との化学反応(燃焼)の熱エネルギーが利用される。狭義には、空気吸い込み型の噴流エンジンだけを指す。また、主に航空機(固定翼機、回転翼機)やミサイルの推進機関または動力源として使用される。 ジェット推進は、噴流の反作用により推進力を得る。具体的には、噴流が生み出す運動量変化による反作用(反動)がダクトノズルやプラグノズルに伝わり、推進力が生成される。なお、ジェット推進と同様の噴流が最終的に生成されるものであっても、熱力学的に噴流を生成していないもの、例えばプロペラやファン推力などは、通常はジェット推進には含めない。プロペラやファンは、直接的には回転翼による揚力を推力としている。 ジェット推進を利用している熱機関であっても、ジェット推進を利用しているエンジン全てがジェットエンジンと認識されているわけではなく、外部から取り込んだ空気を利用しないもの(典型的には、ロケットエンジン)は、通俗的にはジェットエンジンに含められていない。ジェットエンジンとロケットエンジンは、用途とメカニズムが異なる。具体的には、ジェットエンジンは、推進のためのジェット噴流を生成するために外部から空気を取り入れる必要があるのに対し、ロケットエンジンは酸化剤を搭載して噴出ガスの反動で進むため、宇宙空間でも使用可能である点が強調される。その代わりにロケットエンジンの燃焼器より前に噴流は全くない。そのため吸気側の噴流も推進力に利用するジェットエンジンと比較して構造も大気中の効率も大幅に異なり、区別して扱われる。 現代の実用ジェットエンジンのほとんどは噴流の持続的な生成にガスタービン原動機を使っている。タービンとはラテン語の「回転するもの」という語源から来た連続回転機のことである。このため、連続的にガスジェットを生成できることが好都合であるが、実際にはタービンを使わないジェットエンジンも多数あり、タービンの有無はジェットエンジンであるか否かの本質とは関係ない。ただしガスタービン原動機を使うことで、回転翼推力とジェット推力の複合出力エンジンとして様々な最適化が可能になり、複数の形式が生まれた。 さらに、ジェットエンジンは熱機関の分類(すなわち「内燃機関」か「外燃機関」か)からも独立した概念である。つまり、ジェットエンジンは基本的には内燃機関であるが、実用化されていないものの、原子力ジェットエンジンのような純粋な外燃機関のジェットエンジンも存在しうる。.

新しい!!: オートバイとジェットエンジン · 続きを見る »

スポーク

自転車用のワイヤースポークホイール(中心から放射状に伸びる線状部品がスポーク) 鉄道車両の例。水掻き状のリブのついたスポーク動輪が特徴。(国鉄C55形蒸気機関車) スポーク(spoke)とは、輻(や)のこと。車輪を構成する部材のひとつ。.

新しい!!: オートバイとスポーク · 続きを見る »

スロットル

ットル(throttle)は流体を制御する機構のひとつで、流路断面積を変化させて流量を制御する装置である。主要な構成部品である弁(バルブ)はスロットルバルブ(throttle valve)あるいは絞り弁と呼ばれ、弁を操作するための構造はスロットルレバー(throttle lever)、'''スロットルペダル'''(throttle pedal)、ガスペダル(gas pedal)、スロットルグリップ(throttle grip)などのように呼ばれる。あるいは操作部を指してスロットルと略称する場合もある。.

新しい!!: オートバイとスロットル · 続きを見る »

スプロケット

16Tのスプロケット(片ボス、キー溝あり) スプロケット(sprocket)とは軸の回転をローラーチェーンに伝達したり、ローラーチェーンの回転を軸に伝達するための歯車のことである。チェーンホイールとも呼ばれる。身近な物ではオートバイ、自転車、無限軌道などの駆動伝達、写真や映画のフィルムの給送部品に広く用いられている。.

新しい!!: オートバイとスプロケット · 続きを見る »

スクーター

ーター(英:Scooter)、はオートバイのうち運転者の足元にあるステップ状のフロアに足を乗せて運転する車種の総称である。.

新しい!!: オートバイとスクーター · 続きを見る »

スクーター製造者の一覧

ーター製造者の一覧では、オートバイの中でもスクーターの製造を行う企業・団体を羅列する。それ以外のオートバイ製造者は「オートバイ製造者の一覧」を参照。 欧州から始めておおむね地球を東回りにぐるりと一周する順に記述する。 日本へ直行したい場合は→#日本の製造者・ブランド.

新しい!!: オートバイとスクーター製造者の一覧 · 続きを見る »

スズキ (企業)

株式会社(SUZUKI MOTOR CORPORATION)は、日本の四輪車及び二輪車のメーカーである。 四輪車の世界販売台数は第10位、国内販売台数は第3位、二輪車の世界販売台数は第8位、国内販売台数は第3位、船外機では販売台数世界第3位である。.

新しい!!: オートバイとスズキ (企業) · 続きを見る »

スズキ・GSX1300Rハヤブサ

GSX1300Rハヤブサ(ジーエスエックスせんさんびゃくアール ハヤブサ)はスズキが製造販売しているオートバイ(大型自動二輪車)である。 日本向け仕様は 隼(ハヤブサ)の名称で発売されている。当初はGSX1300R Hayabusaの車名で発表され、9年にわたるモデルライフの途中、Hayabusa 1300に変更されたが、テールカウルにはそのままGSX1300Rの表示がなされており、現行モデルも同様である。なおスズキ内のモデルナンバー(型番)はGSX1300RAとなっている。.

新しい!!: オートバイとスズキ・GSX1300Rハヤブサ · 続きを見る »

タンデム

タンデム()は、本来直列二頭立の馬車(前後に二頭の馬を並べる)。転じて、.

新しい!!: オートバイとタンデム · 続きを見る »

タイヤ

乗用車用タイヤ タイヤ(Tire, Tyre)は、車輪(ホイール)のリムを丸く囲む帯状の構造で、路面・地面あるいは軌道の上を転がる踏面(トレッド)を形成するものの総称である。ここではゴムタイヤについて述べる。漢字標記式: 輪胎(輪.

新しい!!: オートバイとタイヤ · 続きを見る »

タイ王国

タイ王国(タイおうこく、ราชอาณาจักรไทย )、通称タイ(ประเทศไทย )は、東南アジアに位置する君主制国家。東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国、通貨はバーツ、人口6,718万人、首都はバンコク。 国土は、インドシナ半島中央部とマレー半島北部を占める。南はマレーシア、東はカンボジア、北はラオス、西はミャンマーと国境を接する。マレー半島北部の西はアンダマン海、東はタイランド湾に面する。 2014年にプラユット将軍率いる国軍が軍事クーデターを起こし、従来の憲法(2007年憲法)と議会を廃止し実権掌握以降、軍事独裁政権が継続している。 2016年10月13日にプーミポン・アドゥンラヤデート(プミポン)国王が崩御。 同年12月1日にワチラーロンコーンが国王に即位した。 2017年4月7日に新憲法が公布され、同日施行された。.

新しい!!: オートバイとタイ王国 · 続きを見る »

サーボ機構

ーボ機構(サーボきこう)とは、物体の位置、方位、姿勢などを制御量として、目標値に追従するように自動で作動する機構。自動制御装置。サーボ(Servo) の語源はラテン語の"servus"(英語のslave・servantの意)。 ファクトリーオートメーションやロボット分野では欠かせない技術となっている。コントローラ(司令部)がサーボアンプ(制御部)をとおしてサーボモータ(駆動・検出部)を制御し、サーボモータは制御の状態を確認し制御部にフィードバックする。 また、自動車等のブレーキ等では、ブレーキペダルの踏力から直接の油圧によりそのままブレーキ装置を働かせるだけではなく、何らかのサーボ機構を利用するものがあり、それをサーボと呼ぶ。ドラムブレーキ(自動車など)や、自転車等のいわゆる「サーボブレーキ」における、ブレーキ機構自身の摩擦力によって、より強くブレーキが効く方向に正帰還的な働きがあるという特性を「セルフサーボ特性」と呼ぶが、そのためか、踏力を補助する『倍力装置』等と理解されていることも多いようである(参考: ブレーキブースター)。.

新しい!!: オートバイとサーボ機構 · 続きを見る »

サーキット

ドイツのニュルブルクリンク サーキット (Circuit) とは、モータースポーツを行うための競技施設であり、周回走路と付随施設の総称である。.

新しい!!: オートバイとサーキット · 続きを見る »

サイドバルブ

イドバルブ(Sidevalve engine、省略形はSV)とは、4サイクルレシプロエンジンの1形式。主要諸元表などには日本語で「側弁式」(そくべんしき)と表記されている場合も多い。また、シリンダーヘッドが平らな形をしていることから、「フラットヘッドエンジン」とも呼ばれている。.

新しい!!: オートバイとサイドバルブ · 続きを見る »

サイドカー

ートバイは「NSU Max」、サイドカーは「バイワーゲン」製のもの。サイドカー&オートバイとしてはオーソドックスな組み合わせのうちのひとつ。 貨物運搬用の側車付き自転車 サイドカー(Sidecar)あるいは側車(そくしゃ)とは、オートバイや自転車などの二輪車の横にもう一輪の車台を取り付けた変則的な三輪車、あるいはその横に取り付ける部分のことを言う。競技用のものは一体型。.

新しい!!: オートバイとサイドカー · 続きを見る »

サスペンション

ペンション(suspension)または懸架装置(けんかそうち)とは、主に車両において、路面の凹凸を車体に伝えない緩衝装置としての機能と、車輪、車軸の位置決め、車輪を路面に対して押さえつける機能を持つことで、乗り心地や操縦安定性などを向上させる機構である。また、その他の機械類における、防振機構(インシュレーター)のことを指す場合もある。.

新しい!!: オートバイとサスペンション · 続きを見る »

サスペンション (オートバイ)

ートバイにおけるサスペンションは、車体を構成する要素の一つで、車軸を支持しながら路面の凸凹を吸収して振動を抑制しタイヤの接地を適切に保つための構造をもっている。典型的なオートバイはフロントサスペンションにテレスコピックフォークを、リアサスペンションにスイングアームを持つ。.

新しい!!: オートバイとサスペンション (オートバイ) · 続きを見る »

内外出版社

内外出版社(ないがいしゅっぱんしゃ)は、1959年に設立された日本の出版社である。おもに自動車や釣りなどの趣味の雑誌やムックを発行している。.

新しい!!: オートバイと内外出版社 · 続きを見る »

内燃機関

4ストロークエンジン) (1)吸入 (2)圧縮 (3)燃焼・膨張 (4)排気 内燃機関(ないねんきかん)とは、燃料をシリンダー内で燃焼させ、燃焼ガスを直接作動流体として用いて、その熱エネルギーによって仕事をする原動機 特許庁。これに対して、燃焼ガスと作動流体が異なる原動機を外燃機関という。 インターナル・コンバッション・エンジン() の訳語であり、内部(インターナル)で燃料を燃焼(コンバッション)させて動力を取り出す機関(エンジン)である。「機関」も「エンジン」も、複雑な機構を持つ装置という意味を持つが、ここでは発動機という意味である。.

新しい!!: オートバイと内燃機関 · 続きを見る »

出力

出力(しゅつりょく)は、何らかの対象から出る信号や力、またその種類や大きさのことである。入力の対義語。アウトプット(output)ともいう。 主に以下のような分野の用語として使われる。.

新しい!!: オートバイと出力 · 続きを見る »

全地形対応車

全地形対応車(ぜんちけいたいおうしゃ、、略:、、略:)は、不整地を含む様々な地形を進むことのできる原動機付きの車両である。 米国規格協会(ANSI)の定義によると、全幅50インチ以下、重量600ポンド以下で、低圧タイヤを装着し、跨座式シートと棒形ハンドルで操縦される車両とされている。日本ではバギー、四輪バギー、海外ではクアッド、クアッドバイクとも称されている。.

新しい!!: オートバイと全地形対応車 · 続きを見る »

全国二輪車用品連合会

一般社団法人全国二輪車用品連合会(ぜんこくにりんしゃようひんれんごうかい)は、日本においてオートバイの部品やオートバイ用品を生産・販売する企業を会員とする一般社団法人である。英語表記では Japan Motorcycle Accessories Association となり、略称は「JMCA」である。.

新しい!!: オートバイと全国二輪車用品連合会 · 続きを見る »

全日本オートバイ耐久ロードレース

全日本オートバイ耐久ロードレース(ぜんにほんオートバイたいきゅうロードレース)は、群馬県の浅間山麓で1955年から1959年までの間に3回開催されたオートバイレースのイベントである。一般的に浅間高原レースまたは浅間火山レースの通称で知られ、戦後日本のモータースポーツ黎明期における日本初の本格的なロードレースとして位置付けられるレースである。 なお、同時期に同じコースで開催された第1回および第2回全日本モーターサイクルクラブマンレース大会についてもこの項で述べる。.

新しい!!: オートバイと全日本オートバイ耐久ロードレース · 続きを見る »

先進国

先進国(せんしんこく、)とは、高度な工業化を達成し、技術水準ならびに生活水準の高い、経済発展が大きく進んだ国家のこと。後進国(現在では開発途上国、発展途上国の呼称が一般的)に対して、こう呼ばれることがある。.

新しい!!: オートバイと先進国 · 続きを見る »

動力

動力(どうりょく、power)とは、機械等を動かすために必要となるエネルギーのこと。「動力性能」という語があるが、その場合は仕事率を指すことが多い。.

新しい!!: オートバイと動力 · 続きを見る »

四式戦闘機

四式戦闘機(よんしきせんとうき)は、第二次世界大戦時の大日本帝国陸軍の戦闘機。キ番号(試作名称)はキ84。愛称は疾風(はやて)。呼称・略称は四式戦、四戦、ハチヨン、大東亜決戦機、決戦機など。連合軍のコードネームはFrank(フランク)。開発・製造は中島飛行機。.

新しい!!: オートバイと四式戦闘機 · 続きを見る »

BMW

BMW(ビーエムダブリュー、Bayerische Motoren Werke AG、バイエルン発動機製造株式会社)は、ドイツのバイエルン州ミュンヘンを拠点とする自動車および自動二輪車、エンジンメーカーである。 他にも、英国のロールス・ロイスとMINIの2社を傘下のカー・ブランドとして所有している。また、BMW Motorradを子会社として所有する。本社ビルはエンジンのシリンダーを模した円筒形を4つ組み合わせたような形をしており、フィーア・ツュリンダー (Vier Zylinder)、英語でフォー・シリンダーズ (Four Cylinders) と呼ばれる。.

新しい!!: オートバイとBMW · 続きを見る »

C1

C1.

新しい!!: オートバイとC1 · 続きを見る »

CEマーク

CEマーク CEマークは、商品がすべてのEU (欧州連合) 加盟国の基準を満たすものに付けられる基準適合マーク。表示することをCEマーキングという。.

新しい!!: オートバイとCEマーク · 続きを見る »

新年

新年(しんねん、)は世界各地で使われている暦年の新しい年の始めをいう。学年、会計年度上の新年という場合もある。.

新しい!!: オートバイと新年 · 続きを見る »

神武景気

武景気のテレビ神武景気(じんむけいき)とは、日本の高度経済成長のはじまりの1954年(昭和29年)12月から1957年(昭和32年)6月までに発生した好景気の通称のことである。1955年(昭和30年)に数量景気(すうりょうけいき)とも呼ばれた。.

新しい!!: オートバイと神武景気 · 続きを見る »

第一次世界大戦

一次世界大戦(だいいちじせかいたいせん、World War I、略称WWI)は、1914年7月28日から1918年11月11日にかけて戦われた世界大戦である。.

新しい!!: オートバイと第一次世界大戦 · 続きを見る »

第二次世界大戦

二次世界大戦(だいにじせかいたいせん、Zweiter Weltkrieg、World War II)は、1939年から1945年までの6年間、ドイツ、日本、イタリアの日独伊三国同盟を中心とする枢軸国陣営と、イギリス、ソビエト連邦、アメリカ 、などの連合国陣営との間で戦われた全世界的規模の巨大戦争。1939年9月のドイツ軍によるポーランド侵攻と続くソ連軍による侵攻、そして英仏からドイツへの宣戦布告はいずれもヨーロッパを戦場とした。その後1941年12月の日本とイギリス、アメリカ、オランダとの開戦によって、戦火は文字通り全世界に拡大し、人類史上最大の大戦争となった。.

新しい!!: オートバイと第二次世界大戦 · 続きを見る »

縦置きエンジン

縦置きエンジン(たておきエンジン)とは、主に輸送機器たる乗り物において搭載されているエンジンのクランクシャフトが進行方向に平行、かつ前後方向に搭載されている状態をいう。英語では longitudinal engine が正式だが、進行方向を地図の北に見立てて north-south engine(ノース=サウス・エンジン)という言い方も広く用いられる。例えば「エンジンはノース=サウスだ」という文があれば、「エンジンは縦置きだ」という意味を持つ。 自動車の場合、フロントエンジン・リアドライブ配置の場合には縦置きであることが多く、実際にそのような構造をした車両が多い。リアエンジンやミッドシップエンジンでは、コンパクトにまとめたい等の理由で横置きすることも多い。差動機構が不要なオートバイ等では回転方向を90度変えるためのかさ歯車を採用する場合もあったが、現代においても自動車の入出力に相当する大トルクを担保するかさ歯車を製造出来る製造業者は数少ない。 フロントエンジン・フロントドライブ配置のいわゆるFF車の場合には、横置きが多数派であるが、乗り心地や運動性能にこだわったり、四輪駆動の派生モデルを考慮しているメーカーや車種(例えば国外メーカーであればアウディ、国内メーカーであれば水平対向エンジンを多く搭載しているスバルやホンダなど)では縦置きした車もある。FF車ではエンジンを縦置きにすることで左右のドライブトレーンの長さが均等になり、トルクステアを防止することができるため走行性能の向上に寄与する。.

新しい!!: オートバイと縦置きエンジン · 続きを見る »

産業

産業(さんぎょう、)とは、人々が生活するうえで必要とされるものを生み出したり、提供したりする経済活動のこと。また、経済活動の分類の単位という意味でも使われる。 産業は、社会的な分業として行われる製品・サービスの生産・分配にかかわるすべての活動を意味し、公営・民営のかかわりなく、また営利・非営利のかかわりなく、教育、宗教、公務などの活動をも含む概念である。なお、日本語の「産業」という語は西周によるものとされている毎日新聞社編『話のネタ』PHP文庫 p.55 1998年。.

新しい!!: オートバイと産業 · 続きを見る »

無段変速機

無段変速機(むだんへんそくき)、または連続可変トランスミッション(れんぞくかへんトランスミッション、Continuously Variable Transmission、CVT)とは、歯車以外の機構を用い変速比を連続的に変化させる動力伝達機構(トランスミッション)である。多くはオートバイや自動車用を指すが、それらに限らず工作機械の軸回転速度を変える機構や発電機の出力を変える機構などにも広く使われている。 この項では自動車用摩擦式無段変速機を中心に述べ、摩擦によらない無段変速機についても触れる。.

新しい!!: オートバイと無段変速機 · 続きを見る »

燃料タンク

燃料タンク(ねんりょうタンク)は、燃料の保存、運搬、貯蔵等を目的とした容器である。.

新しい!!: オートバイと燃料タンク · 続きを見る »

特定二輪車

特定二輪車(とくていにりんしゃ)とは、日本の道路交通法において2009年9月1日から施行されたトライク(三輪の自動車)の区分で、特定大型自動二輪車と特定普通自動二輪車の総称である。 日本の企業ではヤマハ発動機が2014年にヤマハ・トリシティを発売して以降、積極的に販売車やコンセプトカーを展開している。.

新しい!!: オートバイと特定二輪車 · 続きを見る »

目黒製作所

黒製作所 (めぐろせいさくしょ)は、かつて日本に存在したオートバイメーカーで、「メグロ」の通称で知られる。第二次大戦前からの日本メーカーとしては最も長く活動していたが、川崎重工業に吸収された。 カワサキメグロ SG.

新しい!!: オートバイと目黒製作所 · 続きを見る »

直列型エンジン

列型エンジン(ちょくれつがたエンジン、Inline-engine、Straight-engine)は、レシプロエンジンの形式の一つ。1本のクランクシャフトに対して、複数のシリンダー(気筒)を直列に並べたエンジンであり、実際に製造されたシリンダー(気筒)の数は最低で2個、最大が14個である。.

新しい!!: オートバイと直列型エンジン · 続きを見る »

発明家

明家(はつめいか、)は、一般に発明を行う個人を指す。また、狭義では、その中でも特に、組織に属さず個人で発明を行う者(いわゆる個人発明家)を指す場合や、後世に多大な影響を与えた重要な発明を行った者を指す場合もある。.

新しい!!: オートバイと発明家 · 続きを見る »

白バイ

白バイ(しろバイ)とは、警察が主に交通取締業務に必要な各種装備を取り付けた白塗りのオートバイの日本での呼称である。英語圏では単にPolice motorcycle(警察のオートバイ)と呼ばれる。.

新しい!!: オートバイと白バイ · 続きを見る »

DKW

DKW Auto Union logotype DKW(日本では一般に「デーカーヴェー」と読まれることが多い)は、ドイツの歴史的な自動車とオートバイ製造企業であった。 ドイツでは後発のオートバイ・自動車メーカーでありながら、1920-30年代に得意技術である2ストロークエンジンを活かして急成長を遂げ、1932年のドイツ国内民族メーカー4社合同によるアウトウニオン設立の中核企業となった。「DKW」ブランドは1960年代まで用いられ、そのモデルは以後のアウディ車の母体となった。 「DKW」の語源はもともと「蒸気自動車」を意味するDampf Kraft Wagenで、第一次世界大戦中にまで起源をさかのぼるが、その後は様々な惹句に語呂合わせされた時期もあったものの、1930年代以降は特段の意味は持たない名称となった。.

新しい!!: オートバイとDKW · 続きを見る »

銀河 (航空機)

銀河(ぎんが)は大日本帝国海軍(以下、海軍)が開発・実用化した双発爆撃機。海軍の航空機関連技術開発を統括する航空技術廠(以下、空技廠)が大型急降下爆撃機として開発した機体だが、一式陸上攻撃機(以下、一式陸攻)の後継機として太平洋戦争後半の戦いに投入された。連合国軍によるコードネームは「Frances」。連合軍は当初本機を戦闘機と誤認して「Francis」という男性名を付けたが、爆撃機と判明した後に女性名である「Frances」に変更したという。.

新しい!!: オートバイと銀河 (航空機) · 続きを見る »

道路交通法

道路交通法(どうろこうつうほう、昭和35年6月25日法律第105号)は、道路における危険を防止し、その他交通の安全と円滑を図り、及び道路の交通に起因する障害の防止に資することを目的とする(1条)、日本の法律である。略称は「道交法」。 車両等を運転して本法に違反すると「懲役・禁錮・罰金などの刑事処分」「累積点数で免許証の効力が停止または取り消される行政処分」「被害者の損害を賠償する民事処分」が課される。.

新しい!!: オートバイと道路交通法 · 続きを見る »

道路運送車両法

道路運送車両法(どうろうんそうしゃりょうほう)は、日本の法律である。この法律の目的は、「道路運送車両(自動車、原動機付自転車および軽車両)に関し、所有権についての公証等を行い、並びに安全性の確保及び公害の防止その他の環境の保全並びに整備についての技術の向上を図り、併せて自動車の整備事業の健全な発達に資することにより、公共の福祉を増進すること」(同法1条)とされる。 近年では、自動車のリサイクル促進、リコール制度、「不正改造」などに関して法改正が行われている。.

新しい!!: オートバイと道路運送車両法 · 続きを見る »

運転免許

運転免許(うんてんめんきょ)とは、運転に一定の技量が必要な機械装置や設備の運転に対する免許のことである。免許の保有を証明して交付される公文書を運転免許証という。.

新しい!!: オートバイと運転免許 · 続きを見る »

頭部外傷

頭部外傷(とうぶがいしょう、、)は、頭部に外力が加わって損傷が生じた状態の総称である。外傷性脳損傷を続発させることも少なくなく、発生段階からこれを伴うこともある。.

新しい!!: オートバイと頭部外傷 · 続きを見る »

飛行機

飛行機(ひこうき、airplane, aeroplane, plane)とは、空中を飛行する機械である航空機のうち、ジェットエンジンの噴射もしくはプロペラの回転から推力を得て加速前進し、かつ、その前進移動と固定翼によって得る揚力で滑空及び浮上するものをいう平凡社『世界大百科事典』23巻1988年版 p.409-417【飛行機】 項目執筆担当木村秀政・導入部p.409-410。 「飛行機」という表現は、森鴎外が「小倉日記」1901年(明治34年)3月1日条に記したのが初出だとされる。.

新しい!!: オートバイと飛行機 · 続きを見る »

高速道路でのオートバイの通行条件

イタリアの高速道路入口の通行禁止標識。“600メートル先 自動車専用1.249cc以下のサイドカー2.149cc以下の二輪車3.自転車・歩行者・軽車両(馬車など)お断り” 高速道路でのオートバイの通行条件(こうそくどうろでのオートバイのつうこうじょうけん)は、オートバイの高速道路での通行に関連した規則をいう。.

新しい!!: オートバイと高速道路でのオートバイの通行条件 · 続きを見る »

負荷

負荷(ふか).

新しい!!: オートバイと負荷 · 続きを見る »

財閥解体

財閥解体(ざいばつかいたい)は、国際政治方針で財閥などの巨大企業が解体される現象である。.

新しい!!: オートバイと財閥解体 · 続きを見る »

車輪

車輪(しゃりん) とは、軸にとりつけた円形(の外周)の部品のこと。 小さな力で物を移動させるために用いられる。 車輪が無いと、1. 物を持ち上げつつ移動させるか、2. あるいは物を地面・床面に接触した状態で押したり引いたりしなければならない。1の場合、持ち上げる(持ち上げ続ける)のに大きな力を要する。2.の場合、すべり摩擦よりも大きな力で押したり引いたりしなければならなくなる。車にはたらく摩擦は「転がり摩擦」で、これはすべり摩擦よりも遥かに小さく、遥かに小さな力で押す(引く)だけで移動させることができる。 たとえば、普通自動車(おおむね1トン超)でも、車輪が付いていてブレーキさえ解除していれば、男性が独りで押しているとゆっくりと動き出すほどに転がり抵抗は小さい。もしも車輪がついていなかったら、男性1人で1トンのものは持ち上げることができず移動させられない。また通常の地面に車輪無しの1トンの鉄の箱が接触した状態では、1人の男性では押したり引いたりして移動させることは不可能である。車輪の ある/なし でそれほどの差がある。 また、中型ジェット旅客機のように重いものですら、車輪が出ていてブレーキが解除してあれば男性一人が引いて、数メートルほどなら移動させることができるほどに、転がり摩擦というのは小さい(そもそもそれほどに小さいからこそ、ときどきテレビなどで男性がジェット機を引いて、さも「怪力」であるかのようなフリをする、というパフォーマンスができるのであり、実は、少し力が強い、という程度の人でも移動させられる。)。 ピラミッドの石材運搬時に、丸い材木(ころ)を下に敷いて運搬を効率化したような例は、古くから行われていたと想像できるが、円盤状の板材の車輪に車軸を通して回転可能にした構造は、人類の発明の中でも偉大なものの一つであるといわれることもある。 一般的に言う「車輪」「ホイール」「ウィール」は接地しているタイヤ(ゴムや軟質の鉄などで出来ている)やチューブまで回転部分全てを指す。が分野によっては区分される場合がある。自動車の分野では硬質の部分だけでも「wheel ホイール」と言う。(この記事中で、一部、硬質の部分だけを指している箇所がある。) Wheelのカタカナ表記は業界によって異なる、自動車やオートバイなどでは「ホイール」と呼ばれ、スケートボードやローラースケート、あるいはミニカーの商標などは「ウィール」と記述される。.

新しい!!: オートバイと車輪 · 続きを見る »

軍用車両

上自衛隊の車両(ナンバープレートが民間車両のように都道府県別の登録ではない)(73式大型トラック) 軍用車両(ぐんようしゃりょう)は、軍隊で軍事目的に使用される車両の総称である。トラックのように民間でも用いられるものから、戦車のように専用に作られたものまで幅広い種類がある。 軍用車両は目立ち難いよう艶消しのOD色(濃緑色)や砂漠色(サンドカラー)で塗装されることが多い。PKOなどでは、防御のために軍用車両を用いるが、同時に中立性を主張するために白色など独特の塗装が施される。 ボディの形状もデザインを優先し曲線を多用している民間車両に対し、修理の便宜や装甲性、経済性を図るため平面な鋼板をそのまま利用している場合が多い。 自衛隊車両はナンバープレートが一般車両のものと異なるため、業務用の乗用車であっても識別が容易である。 特に装甲の施されたものを装甲戦闘車両(AFV)と呼ぶ事がある。.

新しい!!: オートバイと軍用車両 · 続きを見る »

軍用機

軍用機(ぐんようき、military aircraft)は、国の軍事的活動のためにその国の機関が使用する航空機。さらに反政府組織が使用する航空機を含む場合もある。また、軍隊のシリアルナンバーが付いているものを軍用機、民間国籍の登録番号が付いているものを民間機と、記号で区別する方法もある。ただし、軍の運用する要人輸送機に民間国籍記号を付けている国もあるため、この区別には例外がある。.

新しい!!: オートバイと軍用機 · 続きを見る »

軸受

軸受(じくうけ)とは機械要素のひとつで、回転や往復運動する相手部品に接して荷重を受け、軸などを支持する部品である。日本では英語の"bearing"(bear.

新しい!!: オートバイと軸受 · 続きを見る »

近代化

近代化(きんだいか)とは、社会を近代的な状態に変えること。即ち、政治・経済が、国民国家と産業化を特徴とする形態に変えることである。.

新しい!!: オートバイと近代化 · 続きを見る »

錯覚

錯覚(さっかく、英:illusion)とは、感覚器に異常がないのにもかかわらず、実際とは異なる知覚を得てしまう現象のことである。対象物に対して誤った感覚や認識を得るのが錯覚であり、存在しない対象物を存在すると見なしてしまう幻覚とは区別される。 一般に、錯覚は知覚の誤りと考えられていて、感覚・知覚・認識過程のどこかの部分がミスしたことで生じる、と認識されている 藤井輝男 重野純(編)「錯視」『キーワードコレクション 心理学』改訂版 新曜社 2012 ISBN 9784788512900 pp.108-111.

新しい!!: オートバイと錯覚 · 続きを見る »

鈴鹿サーキット

鈴鹿サーキット(すずかサーキット、Suzuka Circuit)は、三重県鈴鹿市にある国際レーシングコースを中心としたレジャー施設。F1日本グランプリや鈴鹿8時間耐久ロードレースなどの開催で知られる。レーシングコースの他に遊園地やホテル等があり、モビリティリゾート(自動車を題材とする行楽地)を形成している。 日本初の全面舗装と観客席の両方を備えたサーキットとして、1962年に本田技研工業(ホンダ)によって建設された。現在はホンダグループでモータースポーツ関連施設を運営する会社、モビリティランドによって運営されている。.

新しい!!: オートバイと鈴鹿サーキット · 続きを見る »

''アメリゴ・ヴェスプッチ'' 船(ふね、舟、舩)とは、人や物をのせて水上を渡航(移動)する目的で作られた乗り物の総称である広辞苑 第五版 p.2354「ふね【船・舟・槽】」。 基本的には海、湖、川などの水上を移動する乗り物を指しているが、広い意味では水中を移動する潜水艇や潜水艦も含まれる。動力は人力・帆・原動機などにより得る。 大和言葉、つまりひらがなやカタカナの「ふね」「フネ」は広範囲のものを指しており、規模や用途の違いに応じて「船・舟・槽・艦」などの漢字が使い分けられている。よりかしこまった総称では船舶(せんぱく)あるいは船艇(せんてい)などとも呼ばれる(→#呼称参照)。 水上を移動するための乗り物には、ホバークラフトのようにエアクッションや表面効果を利用した船に近いものも存在する。また、水上機や飛行艇のように飛行機の機能と船の機能を組み合わせた乗り物も存在し、水上機のフロートや飛行艇の艇体は「浮舟」(うきぶね)と表現される。 なお、宇宙船や飛行船などの水上以外を航行する比較的大型の乗り物も「ふね」「船」「シップ」などと呼ばれる。これらについては宇宙船、飛行船などの各記事を参照のこと。また舟に形状が似ているもの、例えば刺身を盛る浅めの容器、セメントを混ぜるための容器(プラ舟)等々も、その形状から「舟」と呼ばれる。これらについても容器など、各記事を参照のこと。.

新しい!!: オートバイと船 · 続きを見る »

船橋オートレース場

船橋オートレース場(ふなばしオートレースじょう)は、千葉県船橋市浜町に存在したオートレース場。2016年3月末をもって廃止された。施行者は千葉県および船橋市。施設所有は株式会社よみうりランド、土地所有は三井不動産株式会社。 実況は基本的に吉原完、二宮淳一。堂前英男や文化放送高橋将市、かつては奥野国英も担当していた。.

新しい!!: オートバイと船橋オートレース場 · 続きを見る »

帆船の舵 スクリューの後方に配された舵。大型船。金属製。 舵(かじ、rudder ラダー)とは、主に船舶の進行方向を自在に定めるための機構、およびその操作部を指す。 水中の板そのものを舵と呼ぶと同時に、船の操縦者である「操舵手」が操作する輪状の操作部も舵、または「操舵輪」と呼ばれる。操舵手が舵を操作することを「操舵」と呼ぶ。 船舶にならい、航空機や自動車などでも進行方向を変える操作を「操舵」と呼んだり、その機構を同じく「舵」と呼ぶ場合がある。それらの多様な操向に関しては、動翼やステアリングを参照のこと。.

新しい!!: オートバイと舵 · 続きを見る »

開発途上国

開発途上国(かいはつとじょうこく)とは、経済発展や開発の水準が先進国に比べて低く、経済成長の途上にある国を指す。発展途上国(はってんとじょうこく)、または単に途上国(とじょうこく)とも言われる。一般的には、経済協力開発機構(OECD)の開発援助委員会(DAC)が作成する「援助受取国・地域リスト」(DACリスト)第I部に記載されている国や地域が該当する。 東南アジア、中東、アフリカ、ラテンアメリカ、オセアニア、東ヨーロッパ、NIS諸国の国々に多い。近年の急速な経済成長から新興国と称される国がある一方で、後発開発途上国に指定される国もあり、一言で「開発途上国」と称しても国のあり方は多様である。.

新しい!!: オートバイと開発途上国 · 続きを見る »

蒸気機関

蒸気機関(じょうききかん)は、ボイラで発生した蒸気のもつ熱エネルギーを機械的仕事に変換する熱機関の一部であり、ボイラ等と組み合わせて一つの熱機関となる。作業物質である水を外部より加熱する外燃機関に分類される。 蒸気機関には、蒸気をシリンダに導き、ピストンを往復運動させる往復動型のものと、蒸気で羽根車をまわすタービン型のものとが存在する。本稿では主として往復動型のものを説明する。タービン型のものについては蒸気タービンを参照のこと。.

新しい!!: オートバイと蒸気機関 · 続きを見る »

肝臓

肝臓(かんぞう、ἧπαρ (hepar)、iecur、Leber、Liver)は、哺乳類・鳥類・齧歯類・両生類・爬虫類・魚類等の脊椎動物に存在する臓器の一つ。 ヒトの場合は腹部の右上に位置する内臓である。ヒトにおいては最大の内臓であり、体内維持に必須の機能も多く、特に生体の内部環境の維持に大きな役割を果たしている。 本稿では主にヒトについて記載する。.

新しい!!: オートバイと肝臓 · 続きを見る »

脊髄損傷

脊髄損傷(せきずいそんしょう、英語:Spinal Cord Injury)は、主として脊柱に強い外力が加えられることにより脊椎を損壊し、脊髄に損傷をうける病態である。また、脊髄腫瘍やヘルニアなど内的原因によっても類似の障害が発生する。略して脊損(せきそん)とも呼ばれる。 脊髄を含む中枢神経系は末梢神経と異なり、一度損傷すると修復・再生されることは無い。現代の医学でも、これを回復させる決定的治療法は未だ存在しない。.

新しい!!: オートバイと脊髄損傷 · 続きを見る »

脾臓

脾臓(ひぞう)は、循環器系内に組み込まれた臓器である生化学辞典第2版、p.1042 【脾臓】。以下の記述は特に断りがない限りヒトの脾臓について記述する。.

新しい!!: オートバイと脾臓 · 続きを見る »

自動車

特殊作業車の例(ダンプカー) 自動車(じどうしゃ、car, automobile)とは、原動機の動力によって車輪を回転させ、軌条や架線を用いずに路上を走る車のこと。.

新しい!!: オートバイと自動車 · 続きを見る »

自転車

ードバイク マウンテンバイク 日本のシティサイクル かつて日本で主流であった実用車 自転車(じてんしゃ)とは、主に乗り手の人力により車輪を駆動させて推進力を得て、乗り手の操作で進路を決めて地上を走行する乗り物である。 自動車などと比較して、移動距離当たりのエネルギーが少なく、路上の専有面積が少なく、有害な排出ガスが発生しない。人間自らの脚による徒歩や走行と比較すると、少ないエネルギーや疲労でより遠くに早く効率的に移動できる。このため日本や欧州諸国のような先進国では、健康増進効果への期待や、環境(地球環境・局所的な環境の両方)への負荷の少ない移動手段として広く利用されている。自動車に比べて安価に購入でき、燃料が不要なことから、道路整備が遅れているうえに国民の所得水準が低く発展途上国でも重要な移動手段である。 英語の bicycle, bike は二輪を意味し、日本においてもバイクと呼ぶことがあるが、日本語の「自転車」は三輪(時に一輪や四輪)をも含む。人力による操作がほとんど必要ない電動自転車や原動機付自転車にも使われ、定義は曖昧である。.

新しい!!: オートバイと自転車 · 続きを見る »

鉄道

鉄道(てつどう、railway railroad)とは、等間隔に設置された2本の鉄製の軌条(レール)またはそれに代わる物を案内路として車輪を有する車両が走行する交通機関である。線路・停車場などの施設、旅客や貨物を輸送する列車、運行管理や信号保安まで様々な要素で構成される一連の体系である。 広い意味では、レール、案内軌条などの案内路に誘導されて走行する車両を用いた交通機関を指し、懸垂式・跨座式のモノレール、案内軌条式のAGT(新交通システム)、鋼索鉄道(ケーブルカー)、浮上式鉄道を含む。日本では鉄道事業法の許可、または、軌道法の特許を得て敷設される。トロリーバス(無軌条電車)は、架線が張られたルートを集電装置(トロリー)により集電した電気を動力として走行するバスであるが、鉄道事業法に基づく鉄道、または、軌道法上の「軌道に準ずる」軌道として扱われる。ロープウェイも鉄道事業法、または、軌道法の対象であるが、索道という扱いとなる。 なお、本項では鉄製レールの案内路を有する鉄道について解説する。.

新しい!!: オートバイと鉄道 · 続きを見る »

若き血

若き血 慶應義塾 応援歌 『若き血』(わかきち)は慶應義塾大学を中心に慶應義塾の設置する教育機関で使用されている応援歌である。作詞・作曲とも堀内敬三。1927年に発表。.

新しい!!: オートバイと若き血 · 続きを見る »

英語

アメリカ英語とイギリス英語は特徴がある 英語(えいご、)は、イ・ヨーロッパ語族のゲルマン語派に属し、イギリス・イングランド地方を発祥とする言語である。.

新しい!!: オートバイと英語 · 続きを見る »

電動機

様々な電動機。006P型電池との比較。 電動機(でんどうき、Electric motor)とは、電気エネルギーを力学的エネルギーに変換する電力機器、原動機の総称。モーター、電気モーターとも呼ばれる「モーター」というカタカナ表記に関して、電気学会に於いては「モータ」という表記方を定めている他、電動機メーカーによっては「モーター」のドイツ語表記“Motor”の20世紀前半までドイツ語発音の模範とされた「舞台発音」に基づいた発音方に倣って「モートル」(或いは「モトール」)という表記方を用いているところが見られる《日本電産Webサイト内『』ページ後半に掲載されているコラム『モーターの語源』より;なお「モートル」という表記は、現在、少なくとも日立系列の日立産機システムと東芝系列の東芝産業機器システムに於いて、主にブランド名の中で用いられている》。 一般に、磁場(磁界)と電流の相互作用(ローレンツ力)による力を利用して回転運動を出力するものが多いが、直線運動を得るリニアモーターや磁場を用いず超音波振動を利用する超音波モータなども実用化されている。静電気力を利用した静電モーターも古くから知られている。 なお、本来、「モータ(ー)」("motor")という言葉は「動力」を意味し、特に電動機に限定した用語ではない。それゆえ、何らかの動力の役割を果たす装置は、モーターと形容されることもよくある(ロケットモーターなど)。 以下では、電磁力により回転力を生み出す一般的な電動機を中心に説明し、それ以外のリニアモーターや超音波モータは末尾で簡単に説明する。.

新しい!!: オートバイと電動機 · 続きを見る »

速度

速度(そくど、velocity)は、単位時間当たりの物体の位置の変化量である。.

新しい!!: オートバイと速度 · 続きを見る »

連合国軍最高司令官総司令部

連合国軍最高司令官総司令部(れんごうこくぐんさいこうしれいかんそうしれいぶ)とは、第二次世界大戦終結に伴うポツダム宣言を執行するために日本で占領政策を実施した連合国軍機関である。連合国軍最高司令部、連合国最高司令官総司令部とも。職員はアメリカ合衆国軍人とアメリカの民間人が多数で、他にイギリス軍人やオーストラリア軍人らで構成されていた。 極東委員会の下に位置し、最高責任者は連合国軍最高司令官(連合国最高司令官 Supreme Commander for the Allied Powers; SCAP)。日本では、総司令部 (General Headquarters) の頭字語であるGHQや進駐軍という通称が用いられた。支配ではなくポツダム宣言の執行が本来の役目である。結果として、連合国軍占領下の日本は対外関係を一切遼断され、日本と外国との間の人・物資・資本の移動はSCAP の許可によってのみ行われた。.

新しい!!: オートバイと連合国軍最高司令官総司令部 · 続きを見る »

陸王 (オートバイ)

王VFD1200(1950年) 陸王RQ750(1953年) 陸王(りくおう)とは、かつて日本で製造販売されていたオートバイのブランドである。 生産された車両は主としてアメリカのハーレーダビッドソンを源流としていた。.

新しい!!: オートバイと陸王 (オートバイ) · 続きを見る »

HY戦争

HY戦争(エイチワイせんそう)は、1979年(昭和54年)頃から1983年(昭和58年)頃にかけて、本田技研工業(以下:「ホンダ」)とヤマハ発動機(以下:「ヤマハ」)がオートバイ市場において激しくしのぎを削った覇権争いを指す。.

新しい!!: オートバイとHY戦争 · 続きを見る »

SUBARU

株式会社SUBARU(スバル、)は、日本の重工業メーカーである。 かつての商号は、「富士重工業株式会社」(ふじじゅうこうぎょう、略称:富士重(ふじじゅう)・富士重工(ふじじゅうこう)、、略称:FHI)であったが、2017年4月1日に自動車のブランド名として広く浸透していた「SUBARU」(スバル)に商号を変更した。.

新しい!!: オートバイとSUBARU · 続きを見る »

Vベルト

Vベルト(ぶいべると・英語表記Vee belts)は、ローラーチェーンや歯付ベルトなどと同じ巻掛け伝動装置の一種で、動力の伝達に摩擦力を使う(摩擦伝動)ベルトドライブ(回転型の動力伝達機構)の一種である。ベルト断面の外周側が広く内周側が狭いため、台形を逆さにした形状(V字形状)をしている。動力伝達手段として自動車や工業機械などに広く普及しているベルトである。.

新しい!!: オートバイとVベルト · 続きを見る »

暴走族

暴走族(ぼうそうぞく)は、道路交通法第68条違反、または著しく交通の危険や他人に迷惑を及ぼすおそれがある集団を指す。 2016年時点では、日本全国に193グループが確認されている。 主に日本に見られる、オートバイや乗用車を用いて騒音を伴う無秩序な運転をする集団。 別名は「珍走団」とも呼ばれる。 女性だけで構成される暴走族は「レディース」や「女珍」とも呼ばれる。 数取団』のコスプレ 暴走車両の典型的改造が施された車両 集団による交通の妨害や危険をもたらす一連の行動は、主に道路交通法の共同危険行為として罰せられる。また、集団の自動車やオートバイは、ほとんどが違法改造車であるため、この点で検挙されることもある。逆に車両が無改造であっても、それで暴走族としての名指しを免れるわけではない。 2004年11月現在、共同危険行為で摘発された場合、最高で2年の懲役または50万円の罰金、交通反則通告制度に基づく違反点数25点が課され、運転免許取り消し後の欠格期間(免許を再取得できない期間)が数年におよぶ。このため、摘発された場合には、その後の就業に支障をきたす部分もあり、取り締まりも年々強化されていることから、全盛期と比べて構成者の大幅な減少も見られ、兵庫県では暴走族グループ(5人以上が所属するグループ)が姿を消した。 一方で、小人数でゲリラ的に暴走するケースが増えている。このことは「たまたまその場に居合わせただけ」という逃げ口が設けられるため、「集団」に対する取り締まり方法である共同危険行為を適用しにくいという問題も生じさせている。また、警察車両がこれらの犯罪行為を確認したとしても、自動車の入り込めない路地裏などへ逃げ込まれるといったケースも増加している。 近年、少子高齢化や暴走族の後継者不足により暴走族の高齢化が問題になっており、過去に一度解散した暴走族のメンバーや新規の中年デビューが元暴走族を名乗り旧車會として活動するケースが見られる。.

新しい!!: オートバイと暴走族 · 続きを見る »

押しがけ

押しがけ(おしがけ、push starting)は、自動車やオートバイなどに搭載されたエンジンを、車両を押して始動させる手段。 多くの場合は人力で車両を押す。 従来のキャブレター方式のエンジンはバッテリーが完全放電状態であってもこの方法でエンジンを始動できる可能性があるが、近年の燃料噴射装置を採用するエンジンではECUや燃料ポンプ、インジェクター、点火系が動作可能な最低限のバッテリー残量がない場合は押しがけや引きがけで始動できない場合もある。.

新しい!!: オートバイと押しがけ · 続きを見る »

東南アジア

東南アジア(とうなんアジア)は、中国より南、インドより東のアジア地域を指す。インドシナ半島、マレー半島、インドネシア諸島、フィリピン諸島などを含む。主に、大陸部東南アジアと島嶼部東南アジアに分けられる。 '''東南アジア''' 東南アジアの地図 東南アジアの範域.

新しい!!: オートバイと東南アジア · 続きを見る »

村田延治

村田 延治(むらた のぶじ、生年不明 - 1961年(昭和36年)3月29日)は、日本のオートバイメカニック。実業家。.

新しい!!: オートバイと村田延治 · 続きを見る »

横置きエンジン

横置きエンジン(よこおきエンジン)とは、エンジンのクランクシャフトが進行方向に対して横方向に搭載されているエンジンのことをいう。英語では「transverse engine」(トランスバース・エンジン)がフォーマルな言い方だが、自動車前方を地図の北に見立てて「east-west engine」(イースト=ウェスト・エンジン)という言い方も広く用いられる。.

新しい!!: オートバイと横置きエンジン · 続きを見る »

機関 (機械)

メルセデス車のV6内燃機関 機関(きかん)は、ある形態のエネルギーを力学的運動(力学的エネルギー)に変換するために設計された機械である。エンジン(engine)またはモーター(motor)とも呼ばれる。内燃機関や蒸気機関(外燃機関)などの熱機関は、燃料を燃焼させて熱を作り出し、この熱から仕事として力学的エネルギーを取り出す。電動機は電気エネルギーを機械的運動へと変換する。空気機関は圧縮空気の圧力エネルギー(エンタルピー)を使い、ぜんまい仕掛けのおもちゃなどのぜんまい仕掛けは弾性歪エネルギーを回転運動や直線運動へ変換する。生物系において、筋肉中のミオシンのような分子モーターは化学エネルギーを用いて、骨格の力学的な運動を作り出す。.

新しい!!: オートバイと機関 (機械) · 続きを見る »

歯付ベルト

歯付ベルト(はつきベルト、toothed belt)またはコグドベルト(cogged belt)とは機械要素の1つで、平行する2軸間で回転を伝達するために用いられる歯付きのベルトのこと。.

新しい!!: オートバイと歯付ベルト · 続きを見る »

歯車比

農業機械の歯車。 歯車比 1:1.62 歯車比(はぐるまひ)は2つの歯車またはローラーチェーンでつながれた2つのスプロケットの歯数の比、ないしは駆動ベルトでつながれた2つの滑車の周長の比である。歯数比、ギア(ギヤ)比、ギア(ギヤ)レシオ(gear ratio)と呼ばれることもある。.

新しい!!: オートバイと歯車比 · 続きを見る »

水平対向エンジン

水平対向エンジン(すいへいたいこうエンジン、Horizontally-opposed cylinder engine)とは、レシプロエンジンの形式の一つで、1本のクランクシャフトをはさんでシリンダーを左右に水平に配置し、対になるピストン同士が必ず向かい合うように下降か上昇するエンジンである『モーターファン・イラストレーテッド』Vol.20 p.052。 気筒配置や外形の似たエンジンとして180°V型エンジンがあり(詳細は後述)、広義にはこれを水平対向エンジンに含む場合がある。なお外観上から水平対向エンジンであるか180°V型エンジンであるかを識別することは、極めて困難である。 以下本項では、「水平対向エンジン」と「180°V型エンジン」とを区別して呼び、これらの総称としては「フラットエンジン(Flat engine)」と呼ぶことにする。.

新しい!!: オートバイと水平対向エンジン · 続きを見る »

気胸

気胸(ききょう、Pneumothorax)は、胸腔内で気体が肺を圧迫し、肺が外気を取り込めなくなった状態である。.

新しい!!: オートバイと気胸 · 続きを見る »

渋滞

渋滞(じゅうたい、英語:traffic jam、traffic congestion)とは、インフラストラクチャーの能力を越える動体の流入により移動速度が遅くなった状態をいう。道路交通上の交通渋滞(こうつうじゅうたい)を特に渋滞と呼ぶこともある。.

新しい!!: オートバイと渋滞 · 続きを見る »

滑車

船で使われている滑車。このような滑車は一般に「ブロック」と呼ばれている。 滑車(かっしゃ)とは、中央に1本の軸を持つ自由回転可能な円盤(索輪)と、その円盤(索輪)を支持して他の物体に接続するための構造部とで構成される機構であり、円盤(索輪)外周部に接する棒状物または索状物の方向を案内する目的のほか、索状物の張力を他の物体に伝達したり 索状物へ張力を与える目的に用いる器具である。 ロープ、ケーブル、ベルト、あるいは鎖などの柔軟性を持った索状物を円盤の周囲にかけて使う場合には、円盤外周に沿って2つのフランジとその間に溝を設けて索状物が逸脱しないようにするのが一般的である。。力の方向を変えたり、引張力を伝達するだけではなく、を向上させるのにも多用されている。5種類ある単純機械の1つである。英語では複数の滑車を組み合わせた装置を と呼ぶが、日本語では「滑車装置」あるいは「複滑車」「組み合わせ滑車」などと呼ぶ。.

新しい!!: オートバイと滑車 · 続きを見る »

潤滑

潤滑(じゅんかつ、英語:lubrication)とは、摩擦のある物体間に、潤滑油やグリースなどといった潤滑剤を供給したり、トライボケミカル反応によりそういった物質を合成することで、摩擦力や摩耗を低減させる方法をいう。.

新しい!!: オートバイと潤滑 · 続きを見る »

本田技研工業

本田技研工業株式会社(ほんだぎけんこうぎょう、英称: Honda Motor Co., Ltd.)は、東京都港区に本社を置く日本の輸送機器及び機械工業メーカーであり、四輪車では、2015年度販売台数世界第7位、二輪車では、販売台数、売上規模とも世界首位で、船外機は販売台数世界第4位である。.

新しい!!: オートバイと本田技研工業 · 続きを見る »

明治

明治(めいじ)は日本の元号の一つ。慶応の後、大正の前。新暦1868年1月25日(旧暦慶応4年1月1日/明治元年1月1日)から1912年(明治45年)7月30日までの期間を指す。日本での一世一元の制による最初の元号。明治天皇在位期間とほぼ一致する。ただし、実際に改元の詔書が出されたのは新暦1868年10月23日(旧暦慶応4年9月8日)で慶応4年1月1日に遡って明治元年1月1日とすると定めた。これが、明治時代である。.

新しい!!: オートバイと明治 · 続きを見る »

明治維新

Le Monde illustré』1869年2月20日刊行号内の挿絵。 明治維新(めいじいしん、Meiji Restoration, Meiji Revolution)とは、明治時代初期の日本が行った大々的な一連の維新をいう。江戸幕府に対する倒幕運動から明治政府による天皇親政体制への転換と、それに伴う一連の改革を指す。その範囲は、中央官制・法制・宮廷・身分制・地方行政・金融・流通・産業・経済・文化・教育・外交・宗教・思想政策など多岐に及んでいるため、どこまでが明治維新に含まれるのかは必ずしも明確ではない。.

新しい!!: オートバイと明治維新 · 続きを見る »

昼間点灯

昼間点灯(ちゅうかんてんとう)とは、昼間の明るいうちから車両の前照灯などを点灯させることで、英語では Daytime Running Lamps(略してDRL。Daylight Running Lamps や Daytime Running Lightsと表記することもある)と呼ばれている。デイライト、デーライトともいう。自動車用としては1970年代から被視認性を高めて交通事故防止に繋がるとして世界中で研究が始まり、スウェーデンをはじめとするスカンディナヴィア諸国から世界に広まっている。日本では東海道新幹線が1964年の開業以来実施しており、鉄道、緊急自動車、事業用自動車、オートバイ以外では一般的ではなかったが、2000年代に入った頃からLEDの昼間点灯用ライト(後述)の販売開始に伴い、ドレスアップ目的なども含め、普及が進んでいる。 類似の施策として、トワイライト・オンがある。これは常時点灯とはしないが日没に先立ち前照灯を点灯することで、特に事故の多い薄暮の時間帯の交通事故防止を目指す取り組みである。この場合の「運動推進時間」(点灯時間)について、たとえば東京都中野区では「日没のおおむね1時間前」としている。.

新しい!!: オートバイと昼間点灯 · 続きを見る »

浅間高原自動車テストコース

250px 浅間高原自動車テストコース(あさまこうげんじどうしゃテストコース)とは、群馬県浅間山麓に存在していたレースコース(サーキット)。日本初のメーカー参加レースである全日本オートバイ耐久ロードレース(通称:浅間火山レース)の舞台となった。ただし第1回浅間火山レース(1955年)の時点ではまだコースが完成しておらず、北軽井沢の公道を封鎖してレースが行われた。.

新しい!!: オートバイと浅間高原自動車テストコース · 続きを見る »

日本

日本国(にっぽんこく、にほんこく、ひのもとのくに)、または日本(にっぽん、にほん、ひのもと)は、東アジアに位置する日本列島(北海道・本州・四国・九州の主要四島およびそれに付随する島々)及び、南西諸島・伊豆諸島・小笠原諸島などから成る島国広辞苑第5版。.

新しい!!: オートバイと日本 · 続きを見る »

日本におけるオートバイ

日本におけるオートバイ(にほんにおけるオートバイ)では、日本においてのオートバイの免許区分、法令、環境について述べる。なお日本のオートバイ史については、日本のオートバイ史を参照。.

新しい!!: オートバイと日本におけるオートバイ · 続きを見る »

日本の降伏

加瀬俊一 日本の降伏(にっぽんのこうふく、にほんのこうふく)では、第二次世界大戦(太平洋戦争・大東亜戦争)末期の日本による「ポツダム宣言」の受諾を経た、日本による降伏文書の署名に至る日本、および日本の各占領地における経過を説明する。.

新しい!!: オートバイと日本の降伏 · 続きを見る »

日本語

日本語(にほんご、にっぽんご「にっぽんご」を見出し語に立てている国語辞典は日本国語大辞典など少数にとどまる。)は、主に日本国内や日本人同士の間で使用されている言語である。 日本は法令によって公用語を規定していないが、法令その他の公用文は全て日本語で記述され、各種法令において日本語を用いることが規定され、学校教育においては「国語」として学習を課されるなど、事実上、唯一の公用語となっている。 使用人口について正確な統計はないが、日本国内の人口、および日本国外に住む日本人や日系人、日本がかつて統治した地域の一部住民など、約1億3千万人以上と考えられている。統計によって前後する場合もあるが、この数は世界の母語話者数で上位10位以内に入る人数である。 日本で生まれ育ったほとんどの人は、日本語を母語とする多くの場合、外国籍であっても日本で生まれ育てば日本語が一番話しやすい。しかし日本語以外を母語として育つ場合もあり、また琉球語を日本語と別の言語とする立場を採る考え方などもあるため、一概に「全て」と言い切れるわけではない。。日本語の文法体系や音韻体系を反映する手話として日本語対応手話がある。 2017年4月現在、インターネット上の言語使用者数は、英語、中国語、スペイン語、アラビア語、ポルトガル語、マレー語に次いで7番目に多い。.

新しい!!: オートバイと日本語 · 続きを見る »

愛知県

愛知県(あいちけん)は、太平洋に面する日本の県の一つ。県庁所在地は名古屋市。.

新しい!!: オートバイと愛知県 · 続きを見る »

慶應義塾大学

記載なし。

新しい!!: オートバイと慶應義塾大学 · 続きを見る »

書類チューン

書類チューン(しょるいチューン)とは、実際には改造されていない車両に関してあたかも改造したかのように装って申請書類を作成し、従来とは異なる区分に登録する違法行為の通称である。50ccのオートバイを第二種原動機付自転車(原付二種)として登録する際に行われることが多い。.

新しい!!: オートバイと書類チューン · 続きを見る »

普通自動二輪車

普通自動二輪車(ふつうじどうにりんしゃ)とは、日本の道路交通法における車両区分の一つである。排気量が50cc超400cc以下の二輪の自動車(オートバイ)を指し、1996年の道路交通法改正で定義された名称である。 普通自動二輪車の運転免許には、「小型限定」というものもあり、それは、50cc超125cc以下の普通自動二輪車に運転範囲を限定した免許である。なお、50cc超125cc以下の普通自動二輪車は、道路交通法においては普通自動二輪車に該当するものの、道路運送車両法においては側車(サイドカー)がある場合を除き、「原動機付自転車」に該当するので、道路運送車両法の区別が異なるので、「小型自動二輪車」として区別されることが多い。ちなみに、小型自動二輪車は日本の道路交通法からすれば、「小型自動二輪車」という独立した車種区別ではないため、運転免許制度からみても独立した運転免許ではなく、あくまでも普通自動二輪車に該当する車両区別である。こうしたことによって、普通自動二輪車の限定免許に「小型限定」というものがある。 本項では基本的に125cc超の普通自動二輪車について記述する。.

新しい!!: オートバイと普通自動二輪車 · 続きを見る »

1863年

記載なし。

新しい!!: オートバイと1863年 · 続きを見る »

1873年

記載なし。

新しい!!: オートバイと1873年 · 続きを見る »

1883年

記載なし。

新しい!!: オートバイと1883年 · 続きを見る »

1885年

記載なし。

新しい!!: オートバイと1885年 · 続きを見る »

1886年

記載なし。

新しい!!: オートバイと1886年 · 続きを見る »

1898年

記載なし。

新しい!!: オートバイと1898年 · 続きを見る »

1902年

記載なし。

新しい!!: オートバイと1902年 · 続きを見る »

1903年

記載なし。

新しい!!: オートバイと1903年 · 続きを見る »

1907年

記載なし。

新しい!!: オートバイと1907年 · 続きを見る »

1909年

記載なし。

新しい!!: オートバイと1909年 · 続きを見る »

1910年

記載なし。

新しい!!: オートバイと1910年 · 続きを見る »

1914年

記載なし。

新しい!!: オートバイと1914年 · 続きを見る »

1917年

記載なし。

新しい!!: オートバイと1917年 · 続きを見る »

1922年

記載なし。

新しい!!: オートバイと1922年 · 続きを見る »

1923年

記載なし。

新しい!!: オートバイと1923年 · 続きを見る »

1927年

記載なし。

新しい!!: オートバイと1927年 · 続きを見る »

1928年

記載なし。

新しい!!: オートバイと1928年 · 続きを見る »

1930年

記載なし。

新しい!!: オートバイと1930年 · 続きを見る »

1931年

記載なし。

新しい!!: オートバイと1931年 · 続きを見る »

1933年

記載なし。

新しい!!: オートバイと1933年 · 続きを見る »

1934年

記載なし。

新しい!!: オートバイと1934年 · 続きを見る »

1935年

記載なし。

新しい!!: オートバイと1935年 · 続きを見る »

1936年

記載なし。

新しい!!: オートバイと1936年 · 続きを見る »

1937年

記載なし。

新しい!!: オートバイと1937年 · 続きを見る »

1943年

記載なし。

新しい!!: オートバイと1943年 · 続きを見る »

1945年

この年に第二次世界大戦が終結したため、世界史の大きな転換点となった年である。.

新しい!!: オートバイと1945年 · 続きを見る »

1946年

記載なし。

新しい!!: オートバイと1946年 · 続きを見る »

1948年

記載なし。

新しい!!: オートバイと1948年 · 続きを見る »

1950年

記載なし。

新しい!!: オートバイと1950年 · 続きを見る »

1952年

この項目では、国際的な視点に基づいた1952年について記載する。.

新しい!!: オートバイと1952年 · 続きを見る »

1953年

記載なし。

新しい!!: オートバイと1953年 · 続きを見る »

1958年

記載なし。

新しい!!: オートバイと1958年 · 続きを見る »

1959年

記載なし。

新しい!!: オートバイと1959年 · 続きを見る »

1960年

アフリカにおいて当時西欧諸国の植民地であった地域の多数が独立を達成した年であることに因み、アフリカの年と呼ばれる。.

新しい!!: オートバイと1960年 · 続きを見る »

1961年

記載なし。

新しい!!: オートバイと1961年 · 続きを見る »

1962年

記載なし。

新しい!!: オートバイと1962年 · 続きを見る »

1963年

記載なし。

新しい!!: オートバイと1963年 · 続きを見る »

1964年

記載なし。

新しい!!: オートバイと1964年 · 続きを見る »

1970年代

1970年代(せんきゅうひゃくななじゅうねんだい)は、西暦(グレゴリオ暦)1970年から1979年までの10年間を指す十年紀。この項目では、国際的な視点に基づいた1970年代について記載する。.

新しい!!: オートバイと1970年代 · 続きを見る »

1980年代

1980年代(せんきゅうひゃくはちじゅうねんだい)は、西暦(グレゴリオ暦)1980年から1989年までの10年間を指す十年紀。この項目では、国際的な視点に基づいた1980年代について記載する。.

新しい!!: オートバイと1980年代 · 続きを見る »

1989年

この項目では、国際的な視点に基づいた1989年について記載する。.

新しい!!: オートバイと1989年 · 続きを見る »

1990年代

1990年代(せんきゅうひゃくきゅうじゅうねんだい)は、西暦(グレゴリオ暦)1990年から1999年までの10年間を指す十年紀。この項目では、国際的な視点に基づいた1990年代について記載する。.

新しい!!: オートバイと1990年代 · 続きを見る »

2000年代

2000年代(にせんねんだい).

新しい!!: オートバイと2000年代 · 続きを見る »

2006年

この項目では、国際的な視点に基づいた2006年について記載する。.

新しい!!: オートバイと2006年 · 続きを見る »

2018年

この項目では、国際的な視点に基づいた2018年について記載する。.

新しい!!: オートバイと2018年 · 続きを見る »

2019年

この項目では、国際的な視点に基づいた2019年について記載する。.

新しい!!: オートバイと2019年 · 続きを見る »

20世紀

摩天楼群) 20世紀(にじっせいき、にじゅっせいき)とは、西暦1901年から西暦2000年までの100年間を指す世紀。2千年紀における最後の世紀である。漢字で二十世紀の他に、廿世紀と表記される場合もある。.

新しい!!: オートバイと20世紀 · 続きを見る »

2ストローク機関

2ストローク機関(ツーストロークきかん)は内燃機関の一種で、2行程で1周期とする2ストローク1サイクルレシプロエンジン式の名称。2サイクル機関・2行程機関とも呼ばれ、また、2ストとも略される。.

新しい!!: オートバイと2ストローク機関 · 続きを見る »

3月21日

3月21日(さんがつにじゅういちにち)はグレゴリオ暦で年始から80日目(閏年では81日目)にあたり、年末まであと285日ある。.

新しい!!: オートバイと3月21日 · 続きを見る »

4ストローク機関

4ストローク機関(1) 吸入(2) 圧縮(3) 燃焼・膨張(4) 排気 4ストローク機関(フォーストロークきかん、Four-stroke cycle engine)は容積型内燃機関の一種で、エンジンの動作周期の間に4つの行程を経る、4ストローク/1サイクルエンジンのことである。4サイクル機関や4行程機関、略して4ストとも呼ばれる。.

新しい!!: オートバイと4ストローク機関 · 続きを見る »

8月29日

8月29日(はちがつにじゅうくにち)はグレゴリオ暦で年始から241日目(閏年では242日目)にあたり、年末まであと124日ある。.

新しい!!: オートバイと8月29日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

Autobikeモーターバイクモーターサイクルオンロードバイクオートバイクオードバイ二輪自動車小型二輪車小型自動2輪車自二車自二輪自動2輪車自動二輪

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »