ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

オーストラリアレコード産業協会

索引 オーストラリアレコード産業協会

ーストラリアレコード産業協会(Australian Recording Industry Association)はオーストラリア大手のレコード協会である。音楽ライセンスと印税の集配と管理を監督している。協会は100以上の会員が存在し、1人から5人程度の従業員で運営されている小さいレーベルから中規模の会社、メジャーレーベルの子会社までが含まれる。ARIAはレコード会社の経営陣にが行う会議によって運営されている。オーストラリア全土のCD売り上げなどを集計したチャート「ARIAチャート」・オーストラリアレコード産業協会が主催する音楽賞「ARIAミュージック・アワード」などで知られる。 2006年にARIAはモトローラ、ノヴァ(ラジオ局)とスポンサー契約を結び、チャートの外観と運営方法を変更した。モトローラはチャート名にネーミングライツを使い、メディアでMotorola ARIAチャートと呼ばれるようにした。ARIAはウェブサイトは再デザインされるだろうとコメントしている。ノヴァとの契約ではARIAチャートがウェブサイトに掲載される前に日曜午後のラジオ番組でシングルチャートを下位から放送するようになった。.

15 関係: ARIAミュージック・アワードARIAチャートチャートモトローラレコード会社ディスクジョッキーデジタルミレニアム著作権法オーストラリアオーストラリアンアイドルコンパクトディスクゴールドディスク音楽プロデューサー著作権侵害ITunes Store業界団体

ARIAミュージック・アワード

ARIAミュージック・アワード(ARIA Music Awards)は、オーストラリア音楽業界大手のオーストラリアレコード産業協会が主催する、1978年にオーストラリアの音楽業界の優れた作品を称える目的で作られた音楽賞。.

新しい!!: オーストラリアレコード産業協会とARIAミュージック・アワード · 続きを見る »

ARIAチャート

ARIAチャート (ARIA Charts) は、オーストラリアレコード産業協会 (ARIA) が週次に発表する、オーストラリアの音楽セールスチャートである。ARIAチャートには、オーストラリアの様々なジャンルのシングルとアルバムのセールスチャートがある。ARIAは、1988年6月26日週より独自のチャートの作成を開始した。その前は、1983年中旬からケント・ミュージック・レポートにARIAはライセンスを与えていた。ケント・ミュージック・レポートは、後にオーストラリア・ミュージック・レポートに改称し、1999年に終了した。 ARIAチャートの種類.

新しい!!: オーストラリアレコード産業協会とARIAチャート · 続きを見る »

チャート

チャート.

新しい!!: オーストラリアレコード産業協会とチャート · 続きを見る »

モトローラ

モトローラ(Motorola, Inc., NYSE:)は、かつて存在したアメリカ合衆国の電子・通信機器メーカーである。 2011年1月4日をもって、二つの独立した公開会社であるモトローラ・モビリティ及びモトローラ・ソリューションズに分割された。本社所在地はシカゴ近郊のイリノイ州シャンバーグであり、分割以降はモトローラ・ソリューションズが引き継いでいる。.

新しい!!: オーストラリアレコード産業協会とモトローラ · 続きを見る »

レコード会社

レコード会社(record label)、レーベルは、音楽作品が録音・録画された記録媒体を専門に制作販売や広告代理業務などを行う事業者。.

新しい!!: オーストラリアレコード産業協会とレコード会社 · 続きを見る »

ディスクジョッキー

ディスクジョッキー(disc jockey)またはDJ(ディージェイ)とは、既存の音楽を再生機器で音を出す、またはそれを選曲、操作、指示する人物。 ディスクジョッキーのディスクはレコード盤の事を指していたが、カセットテープ、CD、またはデジタルオーディオファイルと音楽を記録した媒体が増えているため包括的な用語として用いられる。 複数の意味が存在するため、以下で詳しく解説する。.

新しい!!: オーストラリアレコード産業協会とディスクジョッキー · 続きを見る »

デジタルミレニアム著作権法

デジタルミレニアム著作権法(デジタルミレニアムちょさくけんほう、:DMCA)は、アメリカ合衆国で1998年10月に成立し、2000年10月に施行された連邦法。米国著作権法(U.S. Code, Title 17)等の一部を改正する法律である。.

新しい!!: オーストラリアレコード産業協会とデジタルミレニアム著作権法 · 続きを見る »

オーストラリア

ーストラリア連邦(オーストラリアれんぽう、Commonwealth of Australia)、またはオーストラリア(Australia)は、オーストラリア大陸本土、タスマニア島及び多数の小島から成りオセアニアに属する国。南方の南極大陸とは7,877km離れている。イギリス連邦加盟国であり、英連邦王国の一国となっている。日本での略称は「豪州」である。.

新しい!!: オーストラリアレコード産業協会とオーストラリア · 続きを見る »

オーストラリアンアイドル

『オーストラリアンアイドル』(Australian Idol)は、オーストラリアのNetwork Tenで放送されていた音楽オーディション番組。ポップアイドルのオーストラリア版。.

新しい!!: オーストラリアレコード産業協会とオーストラリアンアイドル · 続きを見る »

コンパクトディスク

ンパクトディスク(、CD(シーディー))とはデジタル情報を記録するためのメディアである。光ディスク規格の一つでレコードに代わり音楽を記録するため、ソニーとフィリップスが共同開発した。現在ではコンピュータ用のデータなど、派生規格の普及により音楽以外のデジタル情報収録(画像や動画など)にも用いられる。音楽CDについてはCD-DAも参照。.

新しい!!: オーストラリアレコード産業協会とコンパクトディスク · 続きを見る »

ゴールドディスク

ールドディスクは、各国別に設けられた基準に基づきその国内におけるレコード(CDの登場以降はCDを含む)売上枚数もしくは出荷枚数に応じて、当該楽曲に対し与えられる賞である。以降は基本的に「ダブル―」(2倍)、「トリプル―」(3倍)、「クワドラプル―」(4倍)…と増えていく。各国毎に下位にシルバーディスク、上位にプラチナディスク、ダイヤモンドディスクなどが用意されている場合もあるほか、シングルやアルバム、ビデオなどで別の基準を定めている場合もある。受賞曲には記念品として、額に収められ銘板が添えられた銀・金・プラチナの色のレコードが贈られる。 ゴールドディスクの起源は売り上げに貢献した作品を生んだアーティストに対して各レコード会社が与えるもので、120万枚を売り上げた映画『』(20世紀フォックス、1941年)で使用されたグレン・ミラー「チャタヌーガ・チュー・チュー」に対してRCAレコードが1942年2月に授与したのが始まりである。.

新しい!!: オーストラリアレコード産業協会とゴールドディスク · 続きを見る »

音楽プロデューサー

音楽プロデューサー(おんがくプロデューサー、record producer)とは、音楽のプロデューサーで、レコードやCD・LD などの音源制作や、コンサートや映画などの企画で音楽制作面全般を指揮する役割の職名である。.

新しい!!: オーストラリアレコード産業協会と音楽プロデューサー · 続きを見る »

著作権侵害

著作権侵害(ちょさくけんしんがい)とは、著作権の目的となっている著作物を、著作権が及ぶ範囲で利用する行為であって、その利用について正当な権原を有しない第三者によって行われるものをいう。.

新しい!!: オーストラリアレコード産業協会と著作権侵害 · 続きを見る »

ITunes Store

iTunes Store(アイチューンズ・ストア)とは、アップルが運営している音楽配信、動画配信、映画配信、映画レンタル、アプリケーション提供などを行うコンテンツ配信サービスである。.

新しい!!: オーストラリアレコード産業協会とITunes Store · 続きを見る »

業界団体

業界団体(ぎょうかいだんたい)は、企業や団体、あるいは医師や弁護士など、特定の業務に携わる個人を会員として構成される非営利団体である。利益団体(圧力団体)の形態の一つであることが多い。専門職は、職能団体(しょくのうだんたい)と呼ばれる。 基本的には、業種ごとに結成される。業種を横断した連合会のような場合は、経済団体(けいざいだんたい)あるいは経営者団体(けいえいしゃだんたい)と称する団体もある。 公正競争規約の適切な運用を図ることを目的とし、消費者庁・公正取引委員会の認定により公正取引協議会となった団体も含む。.

新しい!!: オーストラリアレコード産業協会と業界団体 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

Australian Record Industry AssociationAustralian Recording Industry Association

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »