ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

thumb オ・ボーロ(O Bolo)はスペイン、ガリシア州、オウレンセ県の自治体で。コマルカ・デ・バルデオーラスに属する。自治体住民名簿によると、2010年の人口は1,117人(2009年:1,139人、2004年:1,286人、2003年:1,326人)。住民呼称はbolés/-esa。カスティーリャ語表記はEl Bollo(エル・ボージョ)。 ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は99.69%(2001年)。.

13 関係: ペティンマンサネーダラロウコビアナ・ド・ボーロア・ベイガオウレンセ県ガリシア州ガリシア社会主義者党ガリシア語コマルカ・デ・バルデオーラススペインスペイン語国民党 (スペイン)

ペティン

thumb ペティン(Petín)はスペイン、ガリシア州、オウレンセ県の自治体、コマルカ・デ・バルデオーラスに属する。ガリシア統計局によると、2010年の人口は1,032人(2009年:1,030人、2004年:1,095人、2003年:1,099人)。住民呼称はpetinés/-esa。 ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は92.55%(2001年)。.

新しい!!: オ・ボーロとペティン · 続きを見る »

マンサネーダ

マンサネーダ(Manzaneda)はスペイン、ガリシア州、オウレンセ県の自治体で、コマルカ・ダ・テーラ・デ・トリーベス、そしてリベイラ・サクラ地域に属する。ガリシア統計局によると、2009年の人口は1,028人(2004年:1,150人)。住民呼称は、規範では認められていないが、男女同形のmanzanedenseが使われる。 ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は98.00%(2001年)。.

新しい!!: オ・ボーロとマンサネーダ · 続きを見る »

ラロウコ

ラロウコ(Larouco)はスペイン、ガリシア州、オウレンセ県の自治体で、コマルカ・デ・バルデオーラスに属する。ガリシア統計局によると、2010年の人口は584人(2009年:581人、2004年:570人、2003年:570人)。カスティーリャ語表記はLaroco(ラローコ)。 ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は96.54%(2001年)。.

新しい!!: オ・ボーロとラロウコ · 続きを見る »

ビアナ・ド・ボーロ

thumb ビアナ・ド・ボーロ(Viana do Bolo)はスペイン、ガリシア州、オウレンセ県の自治体で、コマルカ・デ・ビアナに属する。自治体住民名簿によると2009年の人口は1,365人(2003年:1,468人)。住民呼称はvianés/-esa。カスティーリャ語表記はViana del Bollo(ビアナ・デル・ボージョ)。 ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は94.95%(2001年)。.

新しい!!: オ・ボーロとビアナ・ド・ボーロ · 続きを見る »

ア・ベイガ

ア・ベイガ(A Veiga)はスペイン、ガリシア州、オウレンセ県の自治体で、コマルカ・デ・バルデオーラスに属する。ガリシア統計局によると、2009年の人口は1,106人(2003年:1,341人)。住民呼称は、男女同形のveiguense。カスティーリャ語表記はLa Vega(ラ・ベガ)。 ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は97.85%(2001年)。.

新しい!!: オ・ボーロとア・ベイガ · 続きを見る »

オウレンセ県

ウレンセ県()は、スペインのガリシア州の県で、同州で唯一海に接していない内陸県である。北は同州のルーゴ県、北から西にかけてはポンテベドラ県、東はカスティーリャ・イ・レオン州のレオン県とサモーラ県、南はポルトガルのブラガ県、ヴィラ・レアル県、ブラガンサ県と、西はポルトガルのヴィアナ・ド・カステロ県 に接している。県都はオウレンセ。カスティーリャ語表記ではProvincia de Orense(オレンセ県)。.

新しい!!: オ・ボーロとオウレンセ県 · 続きを見る »

ガリシア州

リシア州(Galicia、あるいはGaliza)は、スペインの自治州の1つである。スペイン北西に位置し、南はポルトガル、東はアストゥリアス州とカスティーリャ・イ・レオン州に接し、北と西は1490キロメートルの海岸で大西洋とカンタブリア海に面する。州都はサンティアゴ・デ・コンポステーラ。自治州政府はシュンタ・デ・ガリシア(Xunta de Galicia)。.

新しい!!: オ・ボーロとガリシア州 · 続きを見る »

ガリシア社会主義者党

リシア社会主義者党()は全国政党スペイン社会労働党を構成するガリシア自治州での支部政党組織。政治思想はと社会民主主義を基調とする。現有党勢は、自治体議員981、ガリシア4県県議会議員計34(ア・コルーニャ県:9、ルーゴ県:11、オウレンセ県:8、ポンテベドラ県:6)、スペイン国会下院議席6(ア・コルーニャ県:2、ルーゴ県:1、オウレンセ県:1、ポンテベドラ県:2)、同上院議席4(各県1議席)、ガリシア7都市のうちビーゴ、オウレンセ、ルーゴの首長職をガリシア民族主義ブロック(BNG)との連立によって確保している(2012年6月時点)。 書記長職は2009年3月4日までが1998年以来務め、2001年からは同党のガリシア自治州政府首相候補となっていた。2005年の自治州選挙では、PSdeGは25議席を獲得、1990年以来過半数を制し、州政府与党であったガリシア国民党(PPdeG)は過半数を失った。ガリシア社会主義者党はガリシア民族主義ブロックと合意に至り、トウリーニョを首班とする連立政権が誕生した(2005年7月)。4年後の2009年の選挙では、国民党が過半数の議席を得、政権を手放すこととなった。 エミリオ・ペレス・トウリーニョは敗北の責任をとって書記長職を辞任、3月4日副書記長のリカルド・バレーラ・サンチェスが書記長代行に就任、4月25日の特別党大会まで党のかじ取りをとることとなった。4月25日の特別党大会での新書記長選出について、同党オウレンセ支部の書記長の名が取りざたされ始めた、結局そのマヌエル・”パチ”・バスケスが90%の賛成票で書記長に選出された。 ガリシア社会主義者党の青年組織はXuventudes Socialistas de Galicia(XSG)。.

新しい!!: オ・ボーロとガリシア社会主義者党 · 続きを見る »

ガリシア語

リシア語(o galego、a lingua galega)は、インド・ヨーロッパ語族イタリック語派の1言語。スペイン北西部ガリシア州でガリシア人を中心に使われている。ISO 639による言語コードは、2字がgl, 3字がglgで表される。 Associaçom Galega da Línguaにも、Academia Galega da Língua Portuguesaにも、ガリシア語はポルトガル語の方言だと見なされている。.

新しい!!: オ・ボーロとガリシア語 · 続きを見る »

コマルカ・デ・バルデオーラス

マルカ・デ・バルデオーラス(Comarca de Valdeorras)はガリシア州オウレンセ県のコマルカで、同県の北東部に位置し、カスティーリャ・イ・レオン州に接している。 オ・バルコ・デ・バルデオーラス、オ・ボーロ、カルバジェーダ・デ・バルデオーラス、ラロウコ、ペティン、ア・ルーア、ルビアー、ア・ベイガ、ビラマルティン・デ・バルデオーラスの9の自治体によって構成される。 隣接するコマルカは、西がコマルカ・デ・キローガとコマルカ・ダ・テーラ・デ・トリーベス、南がコマルカ・デ・ビアナで、北から東にかけてはカスティーリャ・イ・レオン州のレオン県と、そして東南はサモーラ県と接している。 面積は969.2km²で、2010年の人口は28,217人(2007年:28,740人)。コマルカの中心地区はオ・バルコ・デ・バルデオーラスのオ・バルコ教区のオ・バルコ地区で、2番目の核となる地区はア・ルーアのア・ルーア・デ・バルデオーラス教区のア・ルーア・デ・バルデオーラス地区。.

新しい!!: オ・ボーロとコマルカ・デ・バルデオーラス · 続きを見る »

スペイン

ペイン王国(スペインおうこく、Reino de España)、通称スペインは、南ヨーロッパのイベリア半島に位置し、同半島の大部分を占める立憲君主制国家。西にポルトガル、南にイギリス領ジブラルタル、北東にフランス、アンドラと国境を接し、飛地のセウタ、メリリャではモロッコと陸上国境を接する。本土以外に、西地中海のバレアレス諸島や、大西洋のカナリア諸島、北アフリカのセウタとメリリャ、アルボラン海のアルボラン島を領有している。首都はマドリード。.

新しい!!: オ・ボーロとスペイン · 続きを見る »

スペイン語

ペイン語(スペインご、)もしくはカスティーリャ語(カスティーリャご、)は、インド・ヨーロッパ語族イタリック語派に属する言語。略して西語とも書く。.

新しい!!: オ・ボーロとスペイン語 · 続きを見る »

国民党 (スペイン)

国民党(こくみんとう、Partido Popular、略称:PP)は、スペインの中道右派の政党。中道左派のスペイン社会労働党と二大政党を形成する。日本の外務省では民衆党との訳語を当てている。.

新しい!!: オ・ボーロと国民党 (スペイン) · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »