ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

オリンピア・マンチーニ

索引 オリンピア・マンチーニ

リンピア・マンチーニ オリンピア・マンチーニ 1700年 オリンピア・マンチーニ(Olympia Mancini, 1638年 - 1708年10月9日)は、ソワソン伯ウジェーヌ・モーリス・ド・サヴォワの妻。フランス王ルイ14世の愛妾でもあった。フランス語名はオランプ(Olympe)。 ミケーレ・マンチーニ男爵と妻ジェローラマ・マザリーニの次女として、ローマで生まれた。1650年に父が亡くなると、母はフランスにいる兄ジュール・マザラン枢機卿を頼ってパリへ移り住んだ。娘達に玉の輿を望んだ母だったが、美しいマンチーニ姉妹(長女ラウラ、三女マリー、四女オルタンス、五女マリー・アンヌ)は、従姉妹にあたるマルティノッツィ姉妹と共に『マザリネット』(Mazarinettes)と呼ばれてもてはやされ、王侯貴族の関心を引いたのだった。彼女は王弟オルレアン公フィリップ1世の妻アンリエットと仲が良かった。 1657年2月、ソワソン伯ウジェーヌと結婚。8子を生むが、その幾人かはルイ14世との子ではないかと言われている。.

34 関係: マリー・マンシーニマリー・ルイーズ・ドルレアンマリア・アンナ・マンチーニマザリネットハプスブルク帝国ラ・ヴォワザンラウラ・マンチーニルイ14世 (フランス王)ルイーズ・ド・ラ・ヴァリエールローマヘンリエッタ・アン・ステュアートブリュッセルパリピエトロ・アントニオ・フィオッコフランス王国フランス語フィリップ1世 (オルレアン公)アンリ・デマレイングランドウジェーヌ・モーリス・ド・サヴォワ=ソワソンオルレアン公オルタンス・マンチーニオイゲン・フォン・ザヴォイエンオスマン帝国ジュール・マザラン枢機卿10月9日1638年1650年1657年1679年1680年1708年1月23日

マリー・マンシーニ

マリー・マンシーニ(仏:Marie Mancini, 1639年8月28日 - 1715年5月8日)は、ジュール・マザラン枢機卿の姪で、マザリネットの一人。フランス王ルイ14世の初恋の相手として有名になった。ナポリ王国パリアーノ公爵ロレンツォ・オノフリオ・コロンナ王子の妃。 ローマで、ミケーレ・ロレンツォ・マンチーニ男爵とジェローラマ・マザリーニの三女として生まれた。イタリア名は、マリア(アンナ.

新しい!!: オリンピア・マンチーニとマリー・マンシーニ · 続きを見る »

マリー・ルイーズ・ドルレアン

マリー・ルイーズ・ドルレアン (Marie Louise d'Orléans, 1662年4月26日 - 1689年2月12日)は、スペイン王カルロス2世の最初の王妃。スペイン語名はマリア・ルイサ・デ・オルレアンス(Maria Luisa de Orléans)。.

新しい!!: オリンピア・マンチーニとマリー・ルイーズ・ドルレアン · 続きを見る »

マリア・アンナ・マンチーニ

マリア・アンナ・マンチーニ(1700年) マリア・アンナ・マンチーニ(イタリア語表記:Maria Anna Mancini, 1649年 - 1714年6月20日)は、ブイヨン公ゴドフロワ・モーリス・ド・ラ・トゥール・ドーヴェルニュ(テュレンヌ元帥の甥)の妻。ミケーレ・マンチーニとジェローラマ・マザリーニの五女としてローマで生まれた。フランス語名マリー・アンヌ・マンシニ(Marie Anne Mancini)。姉にラウラ、オリンピア、マリー、オルテンシアがいる。 父の死と共に、母は兄のマザラン枢機卿を頼り、子供達を連れてフランスに移住した。姉妹は美しい姪達を政略結婚させて自分の地位向上を謀った伯父マザランの力でフランス宮廷に出入りするようになり、1662年にマリア・アンナはブイヨン公ゴドフロワ・モーリス・ド・ラ・トゥール・ドーヴェルニュと結婚した。詩人ジャン・ド・ラ・フォンテーヌのパトロンにもなった。 長姉のラウラが1657年に亡くなり、ラウラの夫ルイ2世が教会に入ると、彼女の息子であるルイ・ジョゼフとフィリップを引き取り養育した。1679年の次姉オリンピアによるルイ14世の寵姫・ルイーズ・ド・ラ・ヴァリエール毒殺容疑で自分の地位も危うくなるが、反オリンピア派となり地位を守った。 1714年、パリで65歳で死去した。.

新しい!!: オリンピア・マンチーニとマリア・アンナ・マンチーニ · 続きを見る »

マザリネット

ュール・マザラン/ジュリオ・マツァリーノ枢機卿 マザリネット(Mazarinettes)は、フランス王ルイ14世の事実上の宰相を務めたイタリア人枢機卿ジュール・マザランの、7人の姪たちの総称である。 マザランは1647年から1653年にかけ、彼女たちを3人の甥と共に故国イタリアからパリ宮廷に呼び寄せた。そして、姪たちをフランスとイタリアの有力な王侯貴族に嫁がせた。身分の不釣り合いな縁組に消極的な縁談相手を何とか納得させるため、マザランは姪たちに莫大な持参金を持たせた。.

新しい!!: オリンピア・マンチーニとマザリネット · 続きを見る »

ハプスブルク帝国

ハプスブルク帝国(ハプスブルクていこく)大津留厚「ハプスブルク帝国」世界民族問題事典、平凡社、2002年は、オーストリア系ハプスブルク家(のちハプスブルク=ロートリンゲン家)の君主により統治された、神聖ローマ帝国内外の領邦国家などの国家群による同君連合である。単一の「帝国」ではなかった、あるいは推戴する君主が「皇帝」でなかった時代もあるが、日本語ではこの呼称が用いられることが多い。ドイツ語では Habsburgermonarchie または Habsburgisches Reich であるが、前者は直訳するとハプスブルク君主国であり、後者の場合もライヒ (Reich) は必ずしも「帝国」を意味しない。 成立年はハプスブルク家がオーストリア大公国に加えてハンガリー王国、ボヘミア王国(ボヘミア王冠領)を獲得した1526年とされる。1804年までは公式の名称を持っていなかったが、同時代の人々ですらこれを事実上の国家として認識し、オーストリアと呼称していた。1804年から1867年まではオーストリア帝国、1867年から1918年まではオーストリア=ハンガリー帝国を総称とした。 ただし、これより古い時代の、神聖ローマ皇帝とスペイン王を兼ねたカール5世を君主とする国家群なども、広く「ハプスブルク家の帝国」といった意味で「ハプスブルク帝国」と呼ばれることがある。 ハプスブルク帝国(ハプスブルク家)の旗.

新しい!!: オリンピア・マンチーニとハプスブルク帝国 · 続きを見る »

ラ・ヴォワザン

ラ・ヴォワザン(La Voisin、1640年4月11日 - 1680年2月20日)は、17世紀のフランスの黒魔術師、毒薬製造・販売者。本名はカトリーヌ・モンヴォワザン(Catherine Montvoisin)、旧姓はカトリーヌ・デエー(Catherine Deshayes)。当時のフランスで流行していた数々の毒殺事件の主犯ともいえる女性である。.

新しい!!: オリンピア・マンチーニとラ・ヴォワザン · 続きを見る »

ラウラ・マンチーニ

ラウラ・マンチーニ ラウラ・マンチーニ(Laura Mancini, 別名Victoire, 1636年 - 1657年2月8日)はヴァンドーム公ルイ2世の妻。フランス語名ではロール(Laure)と呼ばれた。ミケーレ・マンチーニとジェローラマ・マザリーニの長女でマザリネットのうちマンチーニ5人姉妹の長女であり、ジュール・マザラン枢機卿の姪であり、プリンツ・オイゲンの叔母にあたる。 1651年、アンリ4世の孫に当たるヴァンドーム公ルイ2世と結婚。マンチーニ姉妹らの父親の死後、マザラン枢機卿は美しいマンチーニ姉妹を政略結婚に利用し、自分の地位を上げようと企んだ。フランスに引き取られたラウラたちは「美しいマンチーニ姉妹」とフランス宮廷でもてはやされた。.

新しい!!: オリンピア・マンチーニとラウラ・マンチーニ · 続きを見る »

ルイ14世 (フランス王)

ルイ14世(仏:Louis XIV、1638年9月5日 - 1715年9月1日)は、ブルボン朝第3代のフランス王国国王(在位:1643年5月14日 - 1715年9月1日)である。ナバラ王国国王としてはルイス3世(バスク語:Luis III.a)である。ルイ13世の長子であり、妃はスペイン国王であるフェリペ4世の娘マリー・テレーズ・ドートリッシュである。王朝の最盛期を築き、太陽王(Roi-Soleil)と呼ばれた。 父の死後、幼くしてフランス国王に即位し、宰相ジュール・マザランの補佐を得てフロンドの乱を鎮圧した。1661年に親政を開始するとジャン=バティスト・コルベールを登用して中央集権と重商主義政策を推進した。対外戦争を積極的に行い、帰属戦争、仏蘭戦争で領土を拡張して権威を高めると、ジャック=ベニーニュ・ボシュエの唱える王権神授説・ガリカニスムを掲げ、絶対君主制を確立した。さらにミディ運河とヴェルサイユ宮殿を建設した。治世後半のアウクスブルク同盟戦争、スペイン継承戦争では苦戦し、晩年には莫大な戦費調達と放漫財政によりフランスは深刻な財政難に陥った。 72年もの在位期間はフランス史上最長であり、18世紀の啓蒙主義思想家ヴォルテールはルイ14世の治世を「大世紀」(グラン・シエクル Grand Siècle)と称えている。また、「中世以後の国家元首として最長の在位期間を持つ人物」としてギネス世界記録にも認定されている。 また、メヌエットを宮廷舞踊に取り入れ、メヌエットを最初に踊った人と言われ、その時、太陽神アポロンに変装して踊った姿から「太陽王」と言う諢名がついたとも言われる。.

新しい!!: オリンピア・マンチーニとルイ14世 (フランス王) · 続きを見る »

ルイーズ・ド・ラ・ヴァリエール

フランソワーズ・ルイーズ・ド・ラ・ボーム・ル・ブラン(, 1644年8月6日 - 1710年6月7日)は、フランスの貴族。フランス王ルイ14世の愛妾(公妾)となり、ラ・ヴァリエール女公爵()とヴォージュール女公爵()の称号を与えられた。.

新しい!!: オリンピア・マンチーニとルイーズ・ド・ラ・ヴァリエール · 続きを見る »

ローマ

ーマ(Roma、Roma)は、イタリアの首都。欧州有数の世界都市であり、ラツィオ州の州都、ローマ県のコムーネの一つで、ローマ県の県都でもある。英語とフランス語の表記は「Rome」。.

新しい!!: オリンピア・マンチーニとローマ · 続きを見る »

ヘンリエッタ・アン・ステュアート

ヘンリエッタ・アン・ステュアート(Henrietta Anne Stuart, 1644年6月16日 - 1670年6月30日)は、イングランド・スコットランドの王族で、フランス王ルイ14世の弟オルレアン公フィリップ1世の妃。兄のチャールズ2世はヘンリエッタのことを“ミネッテ”(Minette、子猫ちゃんという意味)と呼んで可愛がり、フランスではアンリエット・ダングルテール(Henriette d'Angleterre)、または単にマダム(Madame)と呼ばれた。.

新しい!!: オリンピア・マンチーニとヘンリエッタ・アン・ステュアート · 続きを見る »

ブリュッセル

ブリュッセル市庁舎 ブリュッセル( 、 、 、 )は、ベルギーの首都である。名称は「沼、湿地(bruoc、bruc、broek)」、「家(sella、zele)」という単語から来ている。ブリュッセル単独で、ベルギーの連邦構成主体である3つの地域のうちの一つ、ブリュッセル首都圏地域(、)を構成している。 人口116万人(2014年)。他の2つの地域と比べて面積は161km2と相対的に狭いが、約30km2の森林地域を除いて、その領域のほとんどが市街化されている。ユーロクリアと国際銀行間通信協会に加え、ロスチャイルド系グループ・ブリュッセル・ランバート本部と本部まで抱える、欧州有数の世界都市である。2013年に行われたアメリカのダウ・ジョーンズらによる調査は、ブリュッセルを世界24位の金融センターと評価している。 16世紀より欧州郵便網(帝国郵便)の起点であった歴史を持つ。1893年、フレンチ・コロニアル・ユニオンのジョゼフ・シェレが国際植民地学院の設立を提唱し、翌年に議会の承認を得た。学院は、植民地の行政・法制を比較研究する目的でブリュッセルにおかれた。戦後にブリュッセルはNATO の原点となり、現在では欧州連合の主要機関とアメリカ合衆国通商代表部の事務所が置かれている。.

新しい!!: オリンピア・マンチーニとブリュッセル · 続きを見る »

パリ

ランドサット パリの行政区 パリ(Paris、巴里)は、フランス北部、イル=ド=フランス地域圏にある都市。フランスの首都であり、イル=ド=フランス地域圏の首府である。 フランス最大の都市であり、同国の政治、経済、文化などの中心である。ロンドン、ニューヨーク、香港、東京などと並ぶ世界トップクラスの世界都市でもある。行政上では、1コミューン単独で県を構成する特別市であり、ルーヴル美術館を含む1区を中心に、時計回りに20の行政区が並ぶ(エスカルゴと形容される)。.

新しい!!: オリンピア・マンチーニとパリ · 続きを見る »

ピエトロ・アントニオ・フィオッコ

ピエトロ・アントニオ・フィオッコ(Pietro Antonio Fiocco, 1654年2月3日 - 1714年9月3日)は、イタリア出身の盛期バロック音楽の作曲家。より高名なジョゼフ=エクトル・フィオッコは実子である。後半生にフランス語圏に移ったため、ピエール=アントワーヌ (Pierre-Antoine) というフランス語名も残している。 ヴェネツィア出身。幼年期やイタリアで受けた音楽教育については、何も分かっていないが、音楽家として名を揚げ、オランダ総督によってアムステルダムに招かれる。エレナ・ラピタ・ダ・パリデ(Helena Rapita da Paride)の曲集には、フィオッコの作曲した数楽章が含まれている。1681年にジャン=バティスト・リュリの歌劇《アルセスト》のハノーファー公演のために、序幕の追加作曲を担当。1882年夏にオーストリア領ネーデルラントの首府ブリュッセルに引越し、トゥルン・ウント・タクシス侯爵ウジェーヌ=アレクサンドルの宮廷に仕官する。ノートルダム・デ・ヴィクトワール教会の聖歌隊長に指名され、ミサ曲やモテットを含む宗教曲を作曲した。ブリュッセルにて他界。 Category:1654年生 Category:1714年没 Category:バロックの作曲家 Category:オランダの作曲家 Category:ベルギーの作曲家 Category:ヴェネツィア出身の人物.

新しい!!: オリンピア・マンチーニとピエトロ・アントニオ・フィオッコ · 続きを見る »

フランス王国

フランス王国(フランスおうこく、Royaume de France)は、現在のフランス共和国の領域にかつて存在し、その前身となった王国。起源はフランク王国に遡り、「フランス王国」の名も「フランク王国」の発音が変化したものである。また、西フランク王国とフランス王国は同一の王国を指す歴史学上の別名であり、一般にはユーグ・カペーが西フランク王に即位した987年以降の西フランク王国を指して「フランス王国」と呼び、それ以前のフランス王国を指して西フランク王国と呼ぶ。これを前提とすると、1789年のフランス革命まで800年間、さらに1848年にオルレアン朝が倒れて王政が廃止されるまで、第一共和政・第一帝政期(1792年 - 1814年)を挟んで約840~860年間、存続したことになる。.

新しい!!: オリンピア・マンチーニとフランス王国 · 続きを見る »

フランス語

フランス語(フランスご)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派に属する言語。ロマンス諸語のひとつで、ラテン語の口語(俗ラテン語)から変化したフランス北部のオイル語(またはウィ語、langue d'oïl)が母体と言われている。日本語では、仏蘭西語、略して仏語とも書く。 世界で英語(約80の国・地域)に次ぐ2番目に多くの国・地域で使用されている言語で、フランス、スイス、ベルギー、カナダの他、かつてフランスやベルギーの領域だった諸国を中心に29カ国で公用語になっている(フランス語圏を参照)。全世界で1億2,300万人が主要言語として使用し、総話者数は2億人以上である。国際連合、欧州連合等の公用語の一つにも選ばれている。このフランス語の話者を、'''フランコフォン''' (francophone) と言う。.

新しい!!: オリンピア・マンチーニとフランス語 · 続きを見る »

フィリップ1世 (オルレアン公)

フィリップ・ド・フランス(Philippe de France)またはフィリップ・ドルレアン(Philippe d'Orléans, 1640年9月21日 - 1701年6月9日)は、フランス・ブルボン朝の王族。フランス王ルイ13世と王妃アンヌ・ドートリッシュの次男でルイ14世の弟。オルレアン公(フィリップ1世)。ブルボン=オルレアン家(単にオルレアン家として知られる)の初代当主。.

新しい!!: オリンピア・マンチーニとフィリップ1世 (オルレアン公) · 続きを見る »

アンリ・デマレ

アンリ・デマレ(Henri DesmaretsまたはDesmarest、1661年2月 パリ - 1741年9月7日 リュネヴィル)はフランス盛期バロック音楽の作曲家。 フランス王国宮廷礼拝堂の聖歌隊員として活動を始め、音楽的神童として認められる。1682年3月に、自作の《エンディミオン Endymion》によってオペラ作曲家としてデビュー。翌1683年にルイ14世から900ルーヴルの年金を下賜される。1696年に最初の夫人が他界した後、修道女マリー=マルグリットを愛人に迎え、彼女の修道院からの脱走を手助けした咎に問われて、死刑を宣告される。1699年8月5日にフランスを脱出し、マリーともにネーデルラントに避難した。1701年にフェリペ5世によってスペイン宮廷音楽家に雇われ、1707年にロレーヌ大公に仕えた。1720年に、ブルゴーニュ大公によって赦免された。.

新しい!!: オリンピア・マンチーニとアンリ・デマレ · 続きを見る »

イングランド

イングランド(England)は、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(イギリス)を構成する4つの「国」(country)の一つである。人口は連合王国の83%以上、面積はグレートブリテン島の南部の約3分の2を占める。北方はスコットランドと、西方はウェールズと接する。北海、アイリッシュ海、大西洋、イギリス海峡に面している。 イングランドの名称は、ドイツ北部アンゲルン半島出身のゲルマン人の一種であるアングル人の土地を意味する「Engla-land」に由来する。イングランドは、ウェールズとともにかつてのイングランド王国を構成していた。.

新しい!!: オリンピア・マンチーニとイングランド · 続きを見る »

ウジェーヌ・モーリス・ド・サヴォワ=ソワソン

ワソン伯ウジェーヌ・モーリス ウジェーヌ・モーリス・ド・サヴォワ(Eugène Maurice de Savoie, 1635年3月2日 シャンベリ - 1673年6月6日 ヴェストファーレン)は、ルイ14世に仕えたフランスの軍人、貴族である。家名はサヴォワ=ソワソン(Savoie-Soissons)またはサヴォワ=カリニヨン(Savoie-Carignan)とも称される。サヴォイア家支族サヴォイア=カリニャーノ家傍系のサヴォワ=ソワソン家の祖で、ソワソンおよびドルー伯爵。父はカリニャーノ公トンマーゾ・フランチェスコ・ディ・サヴォイア、母はブルボン=コンデ家傍系のマリー・ド・ブルボン=コンデで、母からソワソン伯爵位を相続したことからソワソンの家名でも呼ばれることになった。 オーストリアに仕えた将軍プリンツ・オイゲン(ウジェーヌ・ド・サヴォワ)の父である。.

新しい!!: オリンピア・マンチーニとウジェーヌ・モーリス・ド・サヴォワ=ソワソン · 続きを見る »

オルレアン公

ルレアン公(duc d'Orléans)は、フランスの公爵位の一つ。ヴァロワ朝期にフランス王フィリップ6世が2番目の息子フィリップに授けて以来、王太子に次ぐ王家の男子(王太子もしくは王の最年長の弟)に授けられた、フランスの公爵位のうちでも特に格の高いものであった。正嫡の男子がいれば公爵位は継承されたが、実際に2代以上にわたり直系継承されたのはヴァロワ=オルレアン家とブルボン=オルレアン家(いわゆるオルレアン家)の2例である。7月王政(オルレアン朝)の王ルイ・フィリップは後者から出た。.

新しい!!: オリンピア・マンチーニとオルレアン公 · 続きを見る »

オルタンス・マンチーニ

ルタンス・マンチーニ(Hortense Mancini, 1646年 - 1699年11月9日)は、イングランド・スコットランド国王チャールズ2世の愛妾。オルテンシア(Ortensia)とも呼ばれた。ミケーレ・マンチーニとジェローラマ・マザリーニの四女で、ジュール・マザラン枢機卿は伯父に当たる。マザリネットの1人で姉にラウラ、オリンピア、マリー、妹にマリー・アンヌがいる。.

新しい!!: オリンピア・マンチーニとオルタンス・マンチーニ · 続きを見る »

オイゲン・フォン・ザヴォイエン

イゲン・フランツ・フォン・ザヴォイエン=カリグナン(Eugen Franz von Savoyen-Carignan, 1663年10月16日 - 1736年4月24日)は、オーストリアに仕えた軍人・政治家。プリンツ・オイゲン(Prinz Eugen)の呼び名で知られる。 サヴォイア家の血を引くフランス生まれの貴族で、サヴォイア公の男系子孫にあたることから、公子(プリンツ)の称号をもって呼ばれた。.

新しい!!: オリンピア・マンチーニとオイゲン・フォン・ザヴォイエン · 続きを見る »

オスマン帝国

マン帝国(オスマンていこく、)は、テュルク系(後のトルコ人)のオスマン家出身の君主(皇帝)を戴く多民族帝国。英語圏ではオットマン帝国 (Ottoman Empire) と表記される。15世紀には東ローマ帝国を滅ぼしてその首都であったコンスタンティノポリスを征服、この都市を自らの首都とした(オスマン帝国の首都となったこの都市は、やがてイスタンブールと通称されるようになる)。17世紀の最大版図は、東西はアゼルバイジャンからモロッコに至り、南北はイエメンからウクライナ、ハンガリー、チェコスロバキアに至る広大な領域に及んだ。.

新しい!!: オリンピア・マンチーニとオスマン帝国 · 続きを見る »

ジュール・マザラン

ュール・マザラン(Jules Mazarin, 1602年7月14日 - 1661年3月9日)は、17世紀フランス王国の政治家、枢機卿。イタリア人でイタリア名はジュリオ・マッツァリーノ(Giulio Mazarino)。ラテン語形はユリウス・ライムンドゥス・マザリヌス(Iulius Raimundus Mazarinus)なので、ジュール・レーモン・マザランとも。.

新しい!!: オリンピア・マンチーニとジュール・マザラン · 続きを見る »

枢機卿

枢機卿(すうききょう、すうきけい、、)は、カトリック教会における教皇の最高顧問である。重要な案件について教皇を直接に補佐する「枢機卿団」を構成すると同時に、個々の枢機卿は、教会全体にかかわる日常的な職務について教皇を助ける。 正式な称号は「聖なるローマ教会の枢機卿()」 で、枢機卿(カーディナル)という言葉自体はラテン語の「Cardo(カルド.

新しい!!: オリンピア・マンチーニと枢機卿 · 続きを見る »

10月9日

10月9日(じゅうがつここのか)は、グレゴリオ暦で年始から282日目(閏年では283日目)にあたり、年末まであと83日ある。誕生花は ホトトギス。.

新しい!!: オリンピア・マンチーニと10月9日 · 続きを見る »

1638年

記載なし。

新しい!!: オリンピア・マンチーニと1638年 · 続きを見る »

1650年

記載なし。

新しい!!: オリンピア・マンチーニと1650年 · 続きを見る »

1657年

記載なし。

新しい!!: オリンピア・マンチーニと1657年 · 続きを見る »

1679年

記載なし。

新しい!!: オリンピア・マンチーニと1679年 · 続きを見る »

1680年

記載なし。

新しい!!: オリンピア・マンチーニと1680年 · 続きを見る »

1708年

記載なし。

新しい!!: オリンピア・マンチーニと1708年 · 続きを見る »

1月23日

1月23日(いちがつにじゅうさんにち)は、グレゴリオ暦で年始から23日目に当たり、年末まであと342日(閏年では343日)ある。誕生花は、スノーフレークなど。.

新しい!!: オリンピア・マンチーニと1月23日 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »