ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

オリンパス・ペン

索引 オリンパス・ペン

ペン EES ペン E-P1 オリンパス・ペン(Olympus Pen )は、オリンパスが製造・販売するカメラ、およびそのシリーズである。 1959年にハーフサイズカメラとして発売され、その後に派生機種・後継機種が発売されてシリーズ化された。後年には派生シリーズとして一眼レフカメラの「オリンパス・ペンF」シリーズが世に出ている。ペン・シリーズは普及型の「ペンEE3」が1986年まで生産され、長くオリンパスの大衆カメラ需要を担った。 さらに2009年には、本名称を冠したデジタルカメラのシリーズ(後述)も発売している。デジタルカメラ版は厳密にはフィルムカメラ版の派生・後継機種ではないが、フィルム版旧ペンシリーズと同コンセプトの元に、同シリーズを引き継いでいる。 2012年現在、現行の機種はデジタルカメラのシリーズのみとなり、フィルムカメラのシリーズは販売終了となっている。.

43 関係: 原価計算一眼レフカメラミラーレス一眼カメラマイクロフォーサーズシステムハーフサイズカメラバリアングル液晶モータードライブ (カメラ)ユーザインタフェースライカレンズ付きフィルムパナソニック・ルミックスGシリーズテッサーデジタルカメラフラッシュマチックフェイルセーフドーナツドイツエレクトロニックフラッシュエイ出版社オリンパスオリンパス・ペン ライト E-PL1オリンパス・ペン ライト E-PL2オリンパス・ペン E-P1オリンパス・ペン E-P2オリンパス・ペンFオリンパス・PEN-FオリンパスE-システムカメラズイコーズイコーデジタルレンズ第二次世界大戦米谷美久露出計朝日ソノラマ日本電産コパル1954年1956年1958年1959年1963年1986年2009年7月1日

原価計算

原価計算(げんかけいさん、)は、製品やサービスの原価を計算すること、または、その方法である。.

新しい!!: オリンパス・ペンと原価計算 · 続きを見る »

一眼レフカメラ

アサヒフレックス」 一眼レフカメラ(いちがんレフカメラ、英:Single-lens reflex camera 、SLR)とはスチルカメラの構造による分類のひとつで、撮影に使用するレンズと撮像面(フィルムもしくは固体撮像素子)の間に鏡(ミラー)を置き、実際に撮影されるイメージを光学ファインダーで確認することができるものをいう。 撮影用の光学系とファインダー用の光学系が一系統であるため(一眼)、ファインダーから見える像が撮影される写真の像と一致する。 ドイツ語のシュピーゲル・レフレックス(Spiegel-reflex-kamera 、鏡の反射)という言葉通り、反射鏡を使ってファインダースクリーンに結像させる機構が特徴であり、レフの語源もここにある。 フィルムカメラ、デジタルカメラの両方に存在し、20世紀中盤以降から現在に至るまで、レンズ交換可能なカメラの主流となっている方式である。 なお、一眼レフと異なる構造を持つカメラとしては、二眼レフカメラやレンジファインダーカメラなどが挙げられる。また、ミラーレス一眼カメラはデジタルカメラの一種であり、構造が異なるため、ここでは取り上げない。.

新しい!!: オリンパス・ペンと一眼レフカメラ · 続きを見る »

ミラーレス一眼カメラ

世界初のミラーレス一眼カメラ「パナソニック・ルミックスDMC-G1」 ミラーレス一眼カメラ(ミラーレスいちがんカメラ)とはデジタルカメラの分類のひとつで、一眼レフカメラの光学式ファインダーの代わりに電子ビューファインダーや液晶ディスプレイを通じて像を確認する形式のレンズ交換式デジタルカメラの総称である。 ミラーレス一眼の呼称は、従来の一眼レフカメラと比較して、撮影用レンズの入射光を光学式ファインダーに導くための反射ミラーが存在しないことに由来する。ミラーレス式カメラ、ミラーレス機などとも称される。市場では画質・表現力が同等のデジタル一眼レフカメラとひとくくりに分類され、デジタル一眼カメラもしくはレンズ交換式カメラという表現を用いるメーカーや販売店、価格比較サイトも見られる。 メーカーによってはあえてミラーレスと呼称せず、独自の名称を使用しているメーカーも存在しているニコンではレンズ交換式アドバンストカメラと称している。。 CIPAは統計上の呼称として「ノンレフレックス」を使用するデジカメWatch 2012年2月9日が、これにはミラーレス一眼の他に、コンパクトシステムカメラ、レンズ交換式レンジファインダーカメラ、カメラユニット交換式カメラなどが含まれた総称となるので注意が必要である。.

新しい!!: オリンパス・ペンとミラーレス一眼カメラ · 続きを見る »

マイクロフォーサーズシステム

パナソニック・ルミックス DMC-G1 オリンパス・ペン E-P1 オリンパスのコンセプトモデルフォトキナ2008に参考出品された。 パナソニック・AVCCAM AG-AF100 マイクロフォーサーズシステム(Micro Four Thirds System )は、レンズ交換式デジタルカメラにおける共通規格のひとつであり、フォーサーズシステムの拡張規格である。オリンパスとパナソニックによって策定され、2008年8月5日に発表された。同年10月31日には1号機であるパナソニック・ルミックスDMC-G1が発売された。.

新しい!!: オリンパス・ペンとマイクロフォーサーズシステム · 続きを見る »

ハーフサイズカメラ

ハーフサイズカメラ は、135フィルムを、いわゆる「ライカ判」(36mm×24mm)の半分のハーフ判にて使用するカメラである。ハーフカメラともいう。.

新しい!!: オリンパス・ペンとハーフサイズカメラ · 続きを見る »

バリアングル液晶

バリアングル液晶(バリアングルえきしょう)とは、デジタルカメラ等に装着されている液晶画面を、自由な方向に動かすことができる機能が備わった液晶画面のことである。 液晶画面を見ながら撮影する(ライブビュー)場合、カメラ本体の方向にかかわらず液晶を見やすい方向に曲げられるため、カメラの位置や角度が自由にできる利点がある。 また、光学情報を電気信号に変えるデジタルカメラならではの表示方法とも言える。.

新しい!!: オリンパス・ペンとバリアングル液晶 · 続きを見る »

モータードライブ (カメラ)

モータードライブ(Motordrive )とは、カメラのフィルム巻上げの自動化と高速化を可能にするためのカメラアクセサリーである。「モードラ」の略称が浸透している。 ロールフィルムを使用するカメラでは、シャッターレリーズによる露光終了後に人の手によってフィルムを巻き上げレバーまたは巻き上げノブにより巻き上げ、シャッターをチャージするという作業が必要である。このため報道写真や動物写真で必要な高速連写が不可能に近かった。そこで高速連写を可能にするために開発された自動巻き上げ装置がモータードライブである。.

新しい!!: オリンパス・ペンとモータードライブ (カメラ) · 続きを見る »

ユーザインタフェース

ユーザインタフェース(User Interface, UI)または使用者インタフェースは、機械、特にコンピュータとその機械の利用者(通常は人間)の間での情報をやりとりするためのインタフェースである。ユーザインターフェース/ユーザインタ(ー)フェイス/ユーザーインターフェ(イ/ー)スなどの表記ゆれが見られるが、本記事では「ユーザインタフェース」で統一する。ユーザインタフェースは以下の手段を提供する。.

新しい!!: オリンパス・ペンとユーザインタフェース · 続きを見る »

ライカ

ライカ I, 1927 ライカM3 ライカ(Leica) とは.

新しい!!: オリンパス・ペンとライカ · 続きを見る »

レンズ付きフィルム

自販機 レンズ付きフィルム(レンズつきフィルム)は、フィルムを工場で最初から内蔵した状態で販売され、撮影後は筐体ごとそのまま現像工場(ないしラボ店)で回収されることを前提とした構造の、軽便なカメラである。1980年代に出現し、一時広く普及した。一般的に「使い捨てカメラ」と呼ばれることもあるが、メーカー等の写真業界では、その様な呼称はしていない(詳細は後節「#レンズ付きフィルムの出現」を参照)。.

新しい!!: オリンパス・ペンとレンズ付きフィルム · 続きを見る »

パナソニック・ルミックスGシリーズ

ルミックスGシリーズ(LUMIX G Series)は、パナソニックが製造・販売するミラーレス一眼カメラのシリーズである。製品の型番はDMC-Gで統一されている。同社のデジタルカメラシリーズであるルミックスの派生シリーズとなる。 マイクロフォーサーズシステム規格を採用している。.

新しい!!: オリンパス・ペンとパナソニック・ルミックスGシリーズ · 続きを見る »

テッサー

テッサー テッサー(Tessar )はカール・ツァイスが製品化した単焦点写真レンズ、およびその構造の名称である。カール・ツァイスを代表する名玉の一つ『ツァイス・イコン物語』p.92。。.

新しい!!: オリンパス・ペンとテッサー · 続きを見る »

デジタルカメラ

デジタルカメラ (digital still camera、DSC) とは、撮像素子で撮影した画像をデジタルデータとして記録するカメラである。世界で初めてコダックが開発した。 一般に「デジタルカメラ」といえば静止画を撮影する「デジタルスチルカメラ」を指し、動画を撮影録画する「デジタルカムコーダ」ビデオカメラは、本来は撮影するのみの撮像機を指し、撮影と録画が同時にできるものはカムコーダという。だが一般家庭向けにも広く普及したVTRを“ビデオデッキ”、または単に“ビデオ”とも呼称することも多く、また一般向け製品の大半は撮像と録画の両方の機能をもつため、特許など厳密な製品機能を区別を必要する以外は、カムコーダも“ビデオカメラ”の呼称が一般的になってきている。は含めない。現在では静止画撮影が可能なデジタルカムコーダや、動画撮影が可能なデジタルスチルカメラが一般的になっており、双方の性能の向上もあってその境界線が徐々になくなりつつあるが、デジタルカメラはその中でも静止画の撮影に重点を置いたモデルを指す。 「デジカメ」と省略されることも多いが、当該用語は日本国内では三洋電機および他業種各社の登録商標である(2017年4月現在)。 本項で特に断りがない限り、一眼レフカメラはデジタル一眼レフカメラを、コンパクトカメラはデジタルコンパクトカメラを指す。.

新しい!!: オリンパス・ペンとデジタルカメラ · 続きを見る »

フラッシュマチック

フラッシュマチックとは、エレクトロニックフラッシュ撮影時に、フィルムの感度とフラッシュのガイドナンバーを設定しておくと撮影距離(ピントリングの回転)に連動して絞りを適切な値に自動調節するカメラやレンズの機能。.

新しい!!: オリンパス・ペンとフラッシュマチック · 続きを見る »

フェイルセーフ

フェイルセーフ(フェールセーフ、フェイルセイフ、fail safe)とは、なんらかの装置・システムにおいて、誤操作・誤動作による障害が発生した場合、常に安全側に制御すること。またはそうなるような設計手法で信頼性設計のひとつ。これは装置やシステムが『必ず故障する』ということを前提にしたものである。.

新しい!!: オリンパス・ペンとフェイルセーフ · 続きを見る »

ドーナツ

典型的なリングドーナツ ティムビッツ(ドーナツホールズ) マラサダ チュロス ドーナツ(doughnut、donut)は、小麦粉が主成分の生地に水・砂糖・バター・卵などを加えたものであり、一般的には、油脂で揚げた甘い菓子である。内側はしっとりふんわりしたケーキのような食感のものや、モチモチした食感のものなどがあり、形状はリング状が多く、ボール状のものなどもある。 ドーナッツとも言う。戦間期には敵性語の言い換えにより「砂糖天麩羅」とも呼ばれた。 日本では下に記した専門店や、スーパーマーケット、コンビニエンスストアで販売されているが、ホットケーキミックスなどを用いると家庭でも比較的簡単に作ることができ、ドーナツ専用の「ドーナツミックス」も市販されている。日本では菓子の範疇であるが、アメリカ合衆国では朝食代わりにする人も多い。 サーターアンダーギーやベルリーナー・プファンクーヘンなど、今日ドーナツの範疇に含まれる菓子の多くは祭日や祝い事と関連が深く、油脂や砂糖が貴重品だった頃は庶民が日常的に口にできるものではなかった。調理に油脂を多く用いることから、キリスト教(カトリック)圏では伝統的に四旬節の節制が始まる前に行われる謝肉祭、ユダヤ教圏では聖油の祭日ハヌカーとの関連が深い。.

新しい!!: オリンパス・ペンとドーナツ · 続きを見る »

ドイツ

ドイツ連邦共和国(ドイツれんぽうきょうわこく、Bundesrepublik Deutschland)、通称ドイツ(Deutschland)は、ヨーロッパ中西部に位置する連邦制共和国である。もともと「ドイツ連邦共和国」という国は西欧に分類されているが、東ドイツ(ドイツ民主共和国)の民主化と東西ドイツの統一により、「中欧」または「中西欧」として再び分類されるようになっている。.

新しい!!: オリンパス・ペンとドイツ · 続きを見る »

エレクトロニックフラッシュ

フラッシュの発光アニメーション エレクトロニックフラッシュ(Electronic Flash )は主に写真撮影の際に使われる発光装置。発明以前に広く使われていたフラッシュバルブ(閃光電球)との区別のためこの名称となったが、その後フラッシュバルブが使用されなくなったため単に「フラッシュ」と略称されている場合が多い。 日本ではストロボとも呼ばれる。英語では、"strobe"は、ストロボスコープを意味する"stroboscope"やそのための照明を意味する"strobe light"の短縮形で、普通名称である。アメリカ合衆国では、ストロボリサーチ社(Storobo Research Co. )によって1950年に"Strob"(語尾に"O"も"E"も付かない)が商標登録されているが、1991年に権利期間が終了している。なお、商標登録は国毎に行われるものであり、商標登録されていない国では商標の使用は制限されない。日本においては、2013年(平成25年)現在では、エレクトロニックフラッシュについて「ストロボ」、「Strob」、「Strobe」のいずれも商標登録されていない独立行政法人工業所有権情報・研修館の特許電子図書館(IPDL)での調査による。。 メーカーによっては「スピードライト」などと呼称している場合がある。 英語圏では"Flash light"、または単に"Flash"もしくは"Strobe light"または単に"Strobe"と呼ぶことが多い。単発を"Flash light"と呼び、点滅を繰り返す場合を"Strobe light"と呼んで使い分けることもある。ただしアメリカなどでの"Flashlight"は、一般に懐中電灯のことを指す。.

新しい!!: オリンパス・ペンとエレクトロニックフラッシュ · 続きを見る »

エイ出版社

枻出版社(えいしゅっぱんしゃ)は、東京都世田谷区玉川台二丁目に本社を置く日本の出版社。シンボルマークは木と地球の絵を並べたもの(「枻」の字の図案化)。月刊誌の他はムックが多い。.

新しい!!: オリンパス・ペンとエイ出版社 · 続きを見る »

オリンパス

リンパス株式会社(Olympus Corporation)は、日本の光学機器・電子機器メーカーである。本社は東京都新宿区西新宿に所在。.

新しい!!: オリンパス・ペンとオリンパス · 続きを見る »

オリンパス・ペン ライト E-PL1

E-PL1シャンパンゴールドモデル オリンパス・ペン ライト E-PL1(OLYMPUS PEN Lite E-PL1)は、オリンパス社が製造・販売するミラーレス式一眼デジタルカメラ一眼デジタルカメラ)である。マイクロフォーサーズシステムを採用している。2010年3月5日に発売された。 オリンパスとしては3機種目のマイクロフォーサーズシステムの一眼デジタルカメラで、エントリーモデルにあたる。デジタルカメラ版のペン・シリーズ第3弾であり。前2機種よりさらに小型化したペン ライト・シリーズ第1弾 姉妹機として、マイナーチェンジ版に相当するオリンパス・ペン ライト E-PL1s(OLYMPUS PEN Lite E-PL1s)もある(後述)。.

新しい!!: オリンパス・ペンとオリンパス・ペン ライト E-PL1 · 続きを見る »

オリンパス・ペン ライト E-PL2

リンパス・ペン ライト E-PL2(OLYMPUS PEN Lite E-PL2 )は、オリンパス社が製造・販売するミラーレス式一眼デジタルカメラ(マイクロ一眼デジタルカメラ)である。マイクロフォーサーズシステムを採用している。2011年1月28日に発売された。.

新しい!!: オリンパス・ペンとオリンパス・ペン ライト E-PL2 · 続きを見る »

オリンパス・ペン E-P1

リンパス・ペン E-P1 オリンパス・ペン E-P1(OLYMPUS PEN E-P1 )は、オリンパスのミラーレス式一眼デジタルカメラである。オリンパスで初めてマイクロフォーサーズシステムを採用した機種であり、同社のペン・シリーズのデジタルカメラ版の第一号機となる。2009年7月3日発売。.

新しい!!: オリンパス・ペンとオリンパス・ペン E-P1 · 続きを見る »

オリンパス・ペン E-P2

リンパス・ペン E-P2 オリンパス・ペン E-P2(OLYMPUS PEN E-P2 )は、オリンパスが製造・販売するミラーレス式一眼デジタルカメラ(マイクロ一眼デジタルカメラ)である。マイクロフォーサーズシステムを採用している。2009年12月4日に発売された。同年7月3日発売のオリンパス・ペン E-P1の上位機種にあたる。デジタル版ペン・シリーズの第二弾となる。.

新しい!!: オリンパス・ペンとオリンパス・ペン E-P2 · 続きを見る »

オリンパス・ペンF

ペンFT ペンFは、オリンパスが1963年に発売した世界初のハーフ判レンズ交換式一眼レフカメラである。本項目では、その後シリーズ化された後継機種についても記述する。.

新しい!!: オリンパス・ペンとオリンパス・ペンF · 続きを見る »

オリンパス・PEN-F

リンパス・PEN-F(以下、PEN-F)は、オリンパスが2016年2月に発売したレンズ交換式ミラーレス一眼カメラである。同社「ペン」シリーズの最上位機種として位置づけられている。.

新しい!!: オリンパス・ペンとオリンパス・PEN-F · 続きを見る »

オリンパスE-システム

E-1 E-30 E-300 オリンパスE-システムは、オリンパスが開発した、「フォーサーズシステム規格」を採用するレンズ交換式デジタル一眼レフカメラ、およびそのシステム全体の総称である。.

新しい!!: オリンパス・ペンとオリンパスE-システム · 続きを見る »

カメラ

一眼レフカメラ、ニコンF カメラ店に並ぶさまざまなカメラ(一眼レフカメラ、レンジファインダーカメラなど) カメラ()とは、広義には「像を結ぶための光学系(レンズ等)を持ち、映像を撮影するための装置」である。また、狭義には「写真(静止画像)を撮影するための道具」である。 本項では、狭義の静止画撮影機器に関して記述する。 被写体の像を感光材料(写真フィルムなど)の上に投影し、適正な露光を与えるための装置を備えている。写真機(しゃしんき)またはキャメラともいう。また、ビデオカメラや映画用カメラ(シネカメラ)等動画を撮影するカメラと区別する意味合いから、スチル(スティル)カメラと呼ぶ場合もある。.

新しい!!: オリンパス・ペンとカメラ · 続きを見る »

ズイコー

イコー(Zuiko)は、オリンパスが展開する写真レンズのブランドである。.

新しい!!: オリンパス・ペンとズイコー · 続きを見る »

ズイコーデジタルレンズ

ED 14-54mm F2.8-3.5 IIを装着したE-30 ED 12-60mm F2.8-4.0 SWDを装着したE-3のカットモデル ズイコーデジタルレンズ(Zuiko Digital Lens )は、オリンパスが展開するデジタルカメラ用の写真レンズブランドである。 デジタル一眼レフカメラ・ミラーレス一眼カメラ用交換レンズのほか、コンパクトデジタルカメラ用のレンズブランドとしても展開されている。.

新しい!!: オリンパス・ペンとズイコーデジタルレンズ · 続きを見る »

第二次世界大戦

二次世界大戦(だいにじせかいたいせん、Zweiter Weltkrieg、World War II)は、1939年から1945年までの6年間、ドイツ、日本、イタリアの日独伊三国同盟を中心とする枢軸国陣営と、イギリス、ソビエト連邦、アメリカ 、などの連合国陣営との間で戦われた全世界的規模の巨大戦争。1939年9月のドイツ軍によるポーランド侵攻と続くソ連軍による侵攻、そして英仏からドイツへの宣戦布告はいずれもヨーロッパを戦場とした。その後1941年12月の日本とイギリス、アメリカ、オランダとの開戦によって、戦火は文字通り全世界に拡大し、人類史上最大の大戦争となった。.

新しい!!: オリンパス・ペンと第二次世界大戦 · 続きを見る »

米谷美久

米谷 美久(まいたに よしひさ、1933年1月8日 - 2009年7月30日)は、日本の光学技術者。元オリンパス光学工業常務。.

新しい!!: オリンパス・ペンと米谷美久 · 続きを見る »

露出計

電気機械式露出計(1968)旧ソビエト連邦製のレニングラード4型、反射光式単体露出計である。 露出計(ろしゅつけい、Exposure Meter )は、写真や映画の撮影において光の強度を測定し、設定すべき露出値を割り出すための機械である。露出計で光の強弱を測ることを「測光」と言う。.

新しい!!: オリンパス・ペンと露出計 · 続きを見る »

朝日ソノラマ

株式会社朝日ソノラマ(あさひソノラマ)は、かつて存在した日本の出版社である。 「ソノラマ」とはラテン語で「音」をあらわすsonusとギリシャ語で「見もの」の意味のhoramaを合わせた造語である。かつて発売していた「ソノシート」の商標権を取得していた。.

新しい!!: オリンパス・ペンと朝日ソノラマ · 続きを見る »

日本電産コパル

日本電産コパル(にほんでんさんコパル)は、日本電産グループの精密機器メーカーである。カメラ用シャッターで世界首位のシェアを持つ。.

新しい!!: オリンパス・ペンと日本電産コパル · 続きを見る »

1954年

記載なし。

新しい!!: オリンパス・ペンと1954年 · 続きを見る »

1956年

記載なし。

新しい!!: オリンパス・ペンと1956年 · 続きを見る »

1958年

記載なし。

新しい!!: オリンパス・ペンと1958年 · 続きを見る »

1959年

記載なし。

新しい!!: オリンパス・ペンと1959年 · 続きを見る »

1963年

記載なし。

新しい!!: オリンパス・ペンと1963年 · 続きを見る »

1986年

この項目では、国際的な視点に基づいた1986年について記載する。.

新しい!!: オリンパス・ペンと1986年 · 続きを見る »

2009年

この項目では、国際的な視点に基づいた2009年について記載する。.

新しい!!: オリンパス・ペンと2009年 · 続きを見る »

7月1日

7月1日(しちがつついたち)は、グレゴリオ暦で年始から182日目(閏年では183日目)にあたり、年末まであと183日ある。誕生花はアジサイ、ベゴニア。.

新しい!!: オリンパス・ペンと7月1日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

オリンパスペン

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »